卒業 ソング。 卒業ソングランキング

【2020年最新版】泣ける卒業ソングランキングTOP20

卒業 ソング

卒業シーズンが近づくと、どうしても思い出を振り返ったり、別れを前にして寂しい気持ちになりますよね。 そんな時、学校に友人と通って時期に聞いていた音楽が思い出深く感じられると思います。 と同時に、この時だからこそいわゆる「卒業ソング」の歌詞やメロディがジーン・・・と心にしみてくるものだったりします。 私にもそんな体験があります。 そこで、ぜひともそんな 素晴らしい思い出を演出する卒業ソングを選んで欲しい!ということで、今回はランキングでご紹介します。 あなたの思い出に一番寄り添ってくれる卒業ソングを選んでください。 Sponsored Link 卒業式に歌を歌うのはどうして? 卒業式に限った事ではありません。 文化祭や体育祭などでも歌を歌うという学校は多いかと思います。 これには諸説あります。 例えば• 気持ちを1つにできる• 旅立ちの決意を表す と言ったことです。 確かにそうなんですが、 私の個人的な意見はちょっと違うんです。 私流!卒業式に歌を歌うのはこの理由だ! 卒業式に歌を歌うのが上の2つの理由だけであるのなら、歌でなければいけない、ということはありません。 実際、小学校の卒業式などでは、1人1人がセリフを言いあう群読のようなことをしますよね。 これでもいいわけです。 しかし、それでも卒業式に歌を歌う!という習慣(?)が伝統的になっているのは、歌の持つ力がすごいからです。 何がすごいのか?というと、歌というのは、その歌を大人になって耳にした時に分かります。 自分が卒業式で歌った歌。 もしくは、学校の行事ごとに学年全員で歌った歌。 それが大人になって流れてきた時に、学生時代の記憶がよみがえりませんでしたか? 「ああ、そういえばあのころこんなこと考えてたな。 」 「こんなことで笑ったな。 」 といった楽しい思い出が多く蘇ってくるのです。 こうなると、何年経ってもその歌が流れるたびに、あの時のことを全国で同級生が同じ懐かしさを感じれます。 大切な思い出を彩る上で、卒業式で歌を歌うことで、これから先も同級生の繋がりや思い出を確認することができる、そんな大切な役割を担っているのではないでしょうか? Sponsored Link 泣ける感動の卒業ソングはこれだ!! この歌を歌っておけば間違いない!という歌は実はありません。 その学校や、そのクラスの特色もあるでしょう。 しかし、数ある名曲の中からどれを選ぼうか?なんて悩んでいるとそれだけで卒業式になってしまいますよね。 そこで、いくつかの素晴らしい卒業ソングをご紹介しますので、参考にして下さい。 第40位「ミチシルベ」Rihwa 透き通るような女性の声で歌いあげてくれる卒業ソングです。

次の

卒業ソングの人気おすすめランキング30選【あの頃を思い出す】

卒業 ソング

2019年の小学校で人気な卒業ソングランキング! 小学校の卒業ソングも、 近年は ポップミュージックの 人気が急上昇中です。 熱く強い友情を歌わせたら 天下一品のゆずの名曲がこちら。 離れていても同じ空を見ている、 ちゃんと思いは繋がっていると、 新しい世界への不安を覚えもする卒業式に 元気を貰える1曲として人気です。 伝説のドラマシリーズ『3年B組金八先生』の 挿入歌だったところから、 もとは失恋ソングだった曲なのに 卒業ソングの定番にスイッチしたもの。 別れの悲しみをこらえて 友へ贈る温かい言葉を探す・・・、 卒業式はそんな 大人の階段を上る 大切な場面であることを感じる歌です。 30年以上に渡って卒業式には、 必ず全国の多数の小学校に流れる名曲です。 ありがとう、さようならという シンプルながら重みある言葉が、 心の奥にこれほど響くものかと 改めて感じられるのが特徴。 友達、教室、先生と順を追って 思い出を取り混ぜながら、 感謝と別れを告げていく形式が 涙を誘うものになっています。 映画『クレヨンしんちゃん』の挿入歌から 人気の火がついて、 卒業シーンにもシンクロする内容が 一気に卒業ソングの定番への階段を駆け上った曲。 マーチのようなしっかりとしたリズムが めいめい進む道への足取りを感じさせ、 栄えある未来へ大冒険していくという 新たな世界への挑戦の意志が頼もしいものです。 ひとりで戦わねばならないように見えても いつも 記憶にいる仲間が助けてくれる、 そんな心強さをかみしめられる人気曲ですよ。 卒業と桜、のセット曲として ミリオンセラーを弾き出した 爆発的人気曲ですよね。 確かな美しい日本語で語られる別れ、 希望や励ましがどっしりと、 華やかで切ないメロディーで心に届きます。 笑顔の涙が桜のはなびらのように 絶えず降り注ぐような、 美しい卒業式には欠かせない卒業ソングです。 中学校卒業くらいになると 精神的な成長が伴っていて、 親など陰ながら刺されてくれた人への 心からの感謝が生まれていますよね。 それを切々と歌ったこの曲が、 中学校の卒業ソングの人気であるのは 当然のことかもしれません。 古い曲ですが淡々と、 そしてしんみりした優しい切なさを伴った 卒業の思い出が歌われた名曲。 友人にも恋人にも置き替えられる 大事な絆をテーマにした歌詞が、 多感な高校生の心に刺さるものとして 卒業ソングとしての人気が高いんです。 離れていても度あるごとに 強さを与えてくれる存在、 切なくも不思議な明るさがある名曲ですよ。 タイトルからしてこれ以上ないほど 強い友情を確かめ合うことが伺われて、 それぞれが新たなステージに踏み出す 卒業式向けの曲ですよね。 軽快なリズム感が清々しく、 仲間と励ましあったり時に喧嘩したりと 一緒に過ごした濃密な時間の歌詞が キュンとする内容。 ネット生まれの注目曲でしたが 一気に全国の学校において、 卒業ソングの定番になったもの。 段々 ドラマティックに展開していくメロディーが 卒業式のセレモニー雰囲気によく似合うんです。 落書きの机、教室の窓から眺める校庭など 誰もが学校生活で持つノスタルジーを、 綺麗に散りばめた歌詞が涙を誘います。 人気グループGReeeenを模して 俳優4人で結成されたグリーンボーイズ。 卒業しても仲間であることは変わりなく、 一緒に輝く未来へ肩を組んで歩いて行こうという 前向きな明るさが晴れやかな卒業式に人気です。 「さあ行くぞ!」という冒頭の掛け声も 爽やかで明るい旅立ち感たっぷり。 ノリのいいメロディーに合わせて 手をグンと上につき上げながら、 みんなで高らかに合唱するのが 流行りになっている卒業ソングですよ。 Sponsored Links 2019年の高校で人気な卒業ソングランキング! 高校生活は思春期真っただ中という 時期も重なっていますから、 初めての恋愛の思い出や 一層細やかな友情を映しとった 卒業ソングが人気です。 ポップの女王・松任谷由実さんの クラシックで美しい春の別れの曲。 古典を学んだ高校生にとって、 古語を織り込んだ耽美な歌詞が 心に響くものとなって人気なのです。 リフレインがシンプルで 複層的に何度も登場するため、 一層心にしみやすく 記憶の一コマが 蘇りやすい ものになっています。 はかない春の雰囲気たっぷりの 軽妙なメロディーに、 深い千々の想いが乱れ咲くような歌詞で 卒業式にぴったりの名曲です。 昭和の歌謡曲としても大ヒット、 故郷を離れて夢のために 大事な人と別れ、そして再会する 切ない喜びをしっとりと歌い上げた名曲。 卒業式で別れて数年後に出会ったとき、 きっと 同じのようで少し変わった姿を 見出しあう希望とその切なさという、 旅立ちの避けられない現実を代弁しています。 思春期の甘酸っぱい恋愛を思い出す曲ですが 夢と現実のはざまで悩みつつも頑張り、 いつかまた笑顔で出会えたら・・・というもの。 友情にも変換できる普遍性があり、 この先辛いことがあっても みんなとの思い出が蘇って やっていこうと思える自分へのエールにも。 こちらは何と日本を超えて 東南アジアの学校の卒業式においても 不動の人気卒業ソングになっているんです! 高校生ともなると親のありがたみも 卒業を機にしみじみ感じ、 感謝の気持ちが生まれてきます。 親元を離れてしっかりと 自分の足で道を歩いていくという、 凛とした独り立ちの意志を 温かいメロディーで包んだ名曲です。 約10年前のリリース曲ですが 以来、卒業ソングランキングには ずっと上位にあがる金字塔的な曲なんです。 心の機微を表現した切ないメロディーに 開ける未来へ向かう背中を後押しする 力強い歌詞のハーモニーが絶妙。 友人、恋人、恩師への想いが 美しいタペストリーのように仕上がった、 最後の幕引きとして掛けるのにぴったりの 堂々たる卒業ソング1位です。

次の

歌詞が泣ける感動の卒業ソングランキングBEST40!合唱にもおすすめ

卒業 ソング

2019年の小学校で人気な卒業ソングランキング! 小学校の卒業ソングも、 近年は ポップミュージックの 人気が急上昇中です。 熱く強い友情を歌わせたら 天下一品のゆずの名曲がこちら。 離れていても同じ空を見ている、 ちゃんと思いは繋がっていると、 新しい世界への不安を覚えもする卒業式に 元気を貰える1曲として人気です。 伝説のドラマシリーズ『3年B組金八先生』の 挿入歌だったところから、 もとは失恋ソングだった曲なのに 卒業ソングの定番にスイッチしたもの。 別れの悲しみをこらえて 友へ贈る温かい言葉を探す・・・、 卒業式はそんな 大人の階段を上る 大切な場面であることを感じる歌です。 30年以上に渡って卒業式には、 必ず全国の多数の小学校に流れる名曲です。 ありがとう、さようならという シンプルながら重みある言葉が、 心の奥にこれほど響くものかと 改めて感じられるのが特徴。 友達、教室、先生と順を追って 思い出を取り混ぜながら、 感謝と別れを告げていく形式が 涙を誘うものになっています。 映画『クレヨンしんちゃん』の挿入歌から 人気の火がついて、 卒業シーンにもシンクロする内容が 一気に卒業ソングの定番への階段を駆け上った曲。 マーチのようなしっかりとしたリズムが めいめい進む道への足取りを感じさせ、 栄えある未来へ大冒険していくという 新たな世界への挑戦の意志が頼もしいものです。 ひとりで戦わねばならないように見えても いつも 記憶にいる仲間が助けてくれる、 そんな心強さをかみしめられる人気曲ですよ。 卒業と桜、のセット曲として ミリオンセラーを弾き出した 爆発的人気曲ですよね。 確かな美しい日本語で語られる別れ、 希望や励ましがどっしりと、 華やかで切ないメロディーで心に届きます。 笑顔の涙が桜のはなびらのように 絶えず降り注ぐような、 美しい卒業式には欠かせない卒業ソングです。 中学校卒業くらいになると 精神的な成長が伴っていて、 親など陰ながら刺されてくれた人への 心からの感謝が生まれていますよね。 それを切々と歌ったこの曲が、 中学校の卒業ソングの人気であるのは 当然のことかもしれません。 古い曲ですが淡々と、 そしてしんみりした優しい切なさを伴った 卒業の思い出が歌われた名曲。 友人にも恋人にも置き替えられる 大事な絆をテーマにした歌詞が、 多感な高校生の心に刺さるものとして 卒業ソングとしての人気が高いんです。 離れていても度あるごとに 強さを与えてくれる存在、 切なくも不思議な明るさがある名曲ですよ。 タイトルからしてこれ以上ないほど 強い友情を確かめ合うことが伺われて、 それぞれが新たなステージに踏み出す 卒業式向けの曲ですよね。 軽快なリズム感が清々しく、 仲間と励ましあったり時に喧嘩したりと 一緒に過ごした濃密な時間の歌詞が キュンとする内容。 ネット生まれの注目曲でしたが 一気に全国の学校において、 卒業ソングの定番になったもの。 段々 ドラマティックに展開していくメロディーが 卒業式のセレモニー雰囲気によく似合うんです。 落書きの机、教室の窓から眺める校庭など 誰もが学校生活で持つノスタルジーを、 綺麗に散りばめた歌詞が涙を誘います。 人気グループGReeeenを模して 俳優4人で結成されたグリーンボーイズ。 卒業しても仲間であることは変わりなく、 一緒に輝く未来へ肩を組んで歩いて行こうという 前向きな明るさが晴れやかな卒業式に人気です。 「さあ行くぞ!」という冒頭の掛け声も 爽やかで明るい旅立ち感たっぷり。 ノリのいいメロディーに合わせて 手をグンと上につき上げながら、 みんなで高らかに合唱するのが 流行りになっている卒業ソングですよ。 Sponsored Links 2019年の高校で人気な卒業ソングランキング! 高校生活は思春期真っただ中という 時期も重なっていますから、 初めての恋愛の思い出や 一層細やかな友情を映しとった 卒業ソングが人気です。 ポップの女王・松任谷由実さんの クラシックで美しい春の別れの曲。 古典を学んだ高校生にとって、 古語を織り込んだ耽美な歌詞が 心に響くものとなって人気なのです。 リフレインがシンプルで 複層的に何度も登場するため、 一層心にしみやすく 記憶の一コマが 蘇りやすい ものになっています。 はかない春の雰囲気たっぷりの 軽妙なメロディーに、 深い千々の想いが乱れ咲くような歌詞で 卒業式にぴったりの名曲です。 昭和の歌謡曲としても大ヒット、 故郷を離れて夢のために 大事な人と別れ、そして再会する 切ない喜びをしっとりと歌い上げた名曲。 卒業式で別れて数年後に出会ったとき、 きっと 同じのようで少し変わった姿を 見出しあう希望とその切なさという、 旅立ちの避けられない現実を代弁しています。 思春期の甘酸っぱい恋愛を思い出す曲ですが 夢と現実のはざまで悩みつつも頑張り、 いつかまた笑顔で出会えたら・・・というもの。 友情にも変換できる普遍性があり、 この先辛いことがあっても みんなとの思い出が蘇って やっていこうと思える自分へのエールにも。 こちらは何と日本を超えて 東南アジアの学校の卒業式においても 不動の人気卒業ソングになっているんです! 高校生ともなると親のありがたみも 卒業を機にしみじみ感じ、 感謝の気持ちが生まれてきます。 親元を離れてしっかりと 自分の足で道を歩いていくという、 凛とした独り立ちの意志を 温かいメロディーで包んだ名曲です。 約10年前のリリース曲ですが 以来、卒業ソングランキングには ずっと上位にあがる金字塔的な曲なんです。 心の機微を表現した切ないメロディーに 開ける未来へ向かう背中を後押しする 力強い歌詞のハーモニーが絶妙。 友人、恋人、恩師への想いが 美しいタペストリーのように仕上がった、 最後の幕引きとして掛けるのにぴったりの 堂々たる卒業ソング1位です。

次の