天皇 陛下 ライフ ワーク。 半蔵門使用は天皇、皇后、皇太子一家のみ 他の皇族は乾門へ

御朱印集めがブームに 上皇陛下ゆかりの17の神社|NEWSポストセブン

天皇 陛下 ライフ ワーク

天皇陛下のお食事… 驚きの食事内容が話題に… 食べることは生きること。 いわば食は命の素です。 多くの人にとって食事は大きな関心事だと思います。 「天皇陛下って毎日どんな食事してるんだろう?」という素朴な疑問。 生前退位の話題もあり注目されている天皇陛下ですが、 皇族の方々はいったいどんなものを食べているのか・・・ 考えたことはありませんか? 少し前に佐藤健さん主演で 「天皇の料理人」というドラマも放送されました。 何と言っても、専属の料理人を抱え皇室で使われる食材には 「皇室御用達」の称号が与えられるのですから、 恐ろしく豪華なんでしょうね。 しかし、「毎日こんな食事してるの!?信じられない!」 とネットで話題になっています。 いったいどんな豪華な食事なのでしょうか… まずはどんな人がつくっているのか、 そこから迫っていきます。 天皇の食卓を預かる人 以前にTBS系で放送されていた 「天皇の料理番」というドラマはまさに皇室が舞台でした。 この物語は 1979年に出版された杉森久英さんによる小説がもとになっています。 この小説、2015年までに 3回ものテレビドラマ化がされている名作なのです! 「天皇の料理番」は宮内省大膳職司厨長(料理長)を務めた、 秋山徳蔵さんの青年期から主厨長になるまでを描いています。 秋山さんの実際の経歴をもとにしているそうです。 秋山徳蔵さんは今から100年ほど前に活躍しました。 26歳という若さで皇室の台所を預かるトップに上り詰めた天才です。 裕福な料理やの次男として生まれた秋山さんは はじめて口にした洋食「カツレツ」の味に魅了され、 洋食料理人を目指すことを決めたそうです。 小柄で穏やかな物腰でありながら眼光は鋭かったそうです。 仕事に対する誇りは人一倍強かったそうですが、 下の者の意見にも耳を傾け、 自分から頭を下げる事もあったという広い心も持ち合わせている人物だったようです。 だからこそ、若くしてトップに立つ人物としてふさわしかったのでしょうね。 さあ、こんな凄い方が先代にいる天皇の料理番。 こちらが天皇陛下のお食事です。 むしろ、一般家庭のほうが良いもの食べてる気もします。 ちなみに、天皇陛下の食事には 化学調味料を一切使わず、 塩分は1日10グラム以下、 カロリーは1800kcal以下と決められているそうです。 天皇家の長寿は、徹底した食事管理に秘密があるのかもしれません。 しかし、ファーストフード食べたり、居酒屋に行ったり・・・ 自由に食事できないというのも大変なことだと思います。 蛇足ですが、 天皇陛下は食事以外の実生活もすごく質素なんだそうですよ。 大の車好きで知られる天皇陛下の愛車は 1991年製のホンダインテグラ。 しかも、ご自分で運転されるなんてなんかほのぼのしちゃいます! こんなに立派なお人柄でちょっとお茶目(?)な天皇陛下。 いつまでもお元気で活躍して欲しいものですよね。

次の

皇室と国民の触れ合い 「密」な状態避け新たな形を模索

天皇 陛下 ライフ ワーク

天皇陛下のお食事… 驚きの食事内容が話題に… 食べることは生きること。 いわば食は命の素です。 多くの人にとって食事は大きな関心事だと思います。 「天皇陛下って毎日どんな食事してるんだろう?」という素朴な疑問。 生前退位の話題もあり注目されている天皇陛下ですが、 皇族の方々はいったいどんなものを食べているのか・・・ 考えたことはありませんか? 少し前に佐藤健さん主演で 「天皇の料理人」というドラマも放送されました。 何と言っても、専属の料理人を抱え皇室で使われる食材には 「皇室御用達」の称号が与えられるのですから、 恐ろしく豪華なんでしょうね。 しかし、「毎日こんな食事してるの!?信じられない!」 とネットで話題になっています。 いったいどんな豪華な食事なのでしょうか… まずはどんな人がつくっているのか、 そこから迫っていきます。 天皇の食卓を預かる人 以前にTBS系で放送されていた 「天皇の料理番」というドラマはまさに皇室が舞台でした。 この物語は 1979年に出版された杉森久英さんによる小説がもとになっています。 この小説、2015年までに 3回ものテレビドラマ化がされている名作なのです! 「天皇の料理番」は宮内省大膳職司厨長(料理長)を務めた、 秋山徳蔵さんの青年期から主厨長になるまでを描いています。 秋山さんの実際の経歴をもとにしているそうです。 秋山徳蔵さんは今から100年ほど前に活躍しました。 26歳という若さで皇室の台所を預かるトップに上り詰めた天才です。 裕福な料理やの次男として生まれた秋山さんは はじめて口にした洋食「カツレツ」の味に魅了され、 洋食料理人を目指すことを決めたそうです。 小柄で穏やかな物腰でありながら眼光は鋭かったそうです。 仕事に対する誇りは人一倍強かったそうですが、 下の者の意見にも耳を傾け、 自分から頭を下げる事もあったという広い心も持ち合わせている人物だったようです。 だからこそ、若くしてトップに立つ人物としてふさわしかったのでしょうね。 さあ、こんな凄い方が先代にいる天皇の料理番。 こちらが天皇陛下のお食事です。 むしろ、一般家庭のほうが良いもの食べてる気もします。 ちなみに、天皇陛下の食事には 化学調味料を一切使わず、 塩分は1日10グラム以下、 カロリーは1800kcal以下と決められているそうです。 天皇家の長寿は、徹底した食事管理に秘密があるのかもしれません。 しかし、ファーストフード食べたり、居酒屋に行ったり・・・ 自由に食事できないというのも大変なことだと思います。 蛇足ですが、 天皇陛下は食事以外の実生活もすごく質素なんだそうですよ。 大の車好きで知られる天皇陛下の愛車は 1991年製のホンダインテグラ。 しかも、ご自分で運転されるなんてなんかほのぼのしちゃいます! こんなに立派なお人柄でちょっとお茶目(?)な天皇陛下。 いつまでもお元気で活躍して欲しいものですよね。

次の

天皇陛下「もうではなくまだ還暦」 即位後初の誕生日:朝日新聞デジタル

天皇 陛下 ライフ ワーク

現在の天皇陛下が皇太子様へ譲位するというはなしがあります。 退位の時期としては2019年4月30日に退位し、5月1日即位とほぼ決まりました。 2019年5月1日から改元するのが有力のようです。 平成も31年で終わりですね。 国民の祝日である天皇誕生日はどうなってしまうのでしょうか?祝日が移動してしまうのでしょうか。 これまでの天皇陛下の崩御と即位と天皇誕生日の変遷について解説していきます。 やっぱり天皇誕生日は天皇が亡くなると変わる 昭和2年(1927年)3月4日 — 昭和64年(1989年)1月7日までは昭和天皇の誕生日であるで4月29日が天皇誕生日として祝日でした。 当然今は亡くなられたたので天皇誕生日ではありませんね。 そして天皇誕生日は現在の誕生日である12月23日に変わりました。 こうしたことから天皇陛下が変わった際にはそれにともなって祝日法が改正され祝日の日程も変更になるものと考えられますね。 近代の天皇陛下の誕生日は祝日として残っている!? 天皇誕生は天皇が変わることで変わります。 しかし過去の天皇の誕生日が祝日から消えるかと言えば一概にそうとは言えないんです。 例えば昭和天皇の誕生日であった4月29日はみどりの日とされ祝日として残っていました。 「あれ?」 と思った人はちゃんと祝日を覚えている人です!2006年まではみどりの日だったのですが、2007年に法改正され4月29日は昭和の日となりました。 その関係でみどりの日は国民の祝日だった5月4日へ移動となっています。 とは言っても11月3日は日本国憲法が交付された日でもあるのです。 そのため憲法を公布した日であるために祝日とされています。 そして11月3日が明治天皇の誕生日であったことが祝日の制定にあたり加味されていたかは定かではないところです。 近代の天皇の誕生日は大正天皇を除いて祝日として残っています。 それに乗って祝日を増やしても不思議ではないのですが大正天皇の誕生日は祝日として残っていません。 最近だと8月に山の日が追加されましたね。 同じ8月の大正天皇の誕生日は月末だったので駄目だったんですかね。 そのため2月23日が次の天皇誕生日になりますね。 2月は建国記念の日があるのでそれに加えて天皇誕生日も祝日になります。 2月の祝日が2日になるのはうれしいですね。 まず天皇誕生日は法が改正され次期天皇である皇太子徳仁親王の誕生日の2月23日に変更されるものと考えられます。 過去の天皇の誕生日は祝日として残っていることから別の祝日として残る可能性が高いのではないでしょうか。 また政府はワークライフバランスの改善を掲げています。 そのためあえて祝日を減らしてとは考えにくいです。 そのため平成天皇の誕生日は恐らく祝日として残ると予想します。 何らかの祝日となる場合も崩御されたあとなど先のことになる可能性もありそうですね。 2017年12月21日に菅官房長官が会見で「皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするのかに、こうしたことについては国民各層の幅広い議論が必要だというふうに思う」と話しているのでまだ平日になるのか祝日として残すのかは決定していなということでしょう。 新たな祝日とするための法改正をするには何かしらの祝日としての目的が必要になりますね。 祝日って何かを祝わなければならないのでそこら辺も祝日として残すには重要となるようです。 関連記事 ・ 何となく日々興味のあることを書いている一貫性のない雑記ブログです。 医療従事者なのでちょっとだけ健康のことや病気のことを書くことが多いかもです。 アーカイブ• 18 カテゴリー• 最近の投稿•

次の