ドラパルト評価。 ドラパルト|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】筆者が育成したドラパルトの型を全て紹介する【育成論】

ドラパルト評価

皆さんこんばんは、バイソンです。 今回はシングル環境最強格のドラパルトについて解説していきたいと思います。 このは型の種類が非常に多く、型の判別が難しいので対戦する際に立ち回りに困っている方も多いかと思います。 そこで今回はこのドラパルトというの型をできるかぎり皆さんに紹介してこのに関する理解をより深めていただければと思います。 余りにも型が多種多様なのですべてを紹介することは不可能ですが、少なくとも上位帯で見かける型はすべて紹介していきたいと思います。 最後に自分たちが考案した特殊な型のドラパルトもご紹介するので最後まで目を通してくれると幸いです。 今回は物理編、特殊編、補助編の3つに分けて紹介していきます。 型紹介 ドラパルトは非常に型が多彩ということは先述しましたが、物理でも 鬼火や 大文字などの役割破壊技を持っている可能性が十分にあり得ます。 それを念頭に入れて以下の記事をお読みください。 ~物理編~ 物理型の持ち物は主に 等があります。 順に紹介していきたいと思います。 を持っている型は基本的には耐久に振らず、ASやCS等の火力&素早さぶっぱになります。 このアイテムを持たせる利点は行動保証による対面性能、ックスを切らずとも一定の活躍が保証される点にあります。 行動保証を利用したターン稼ぎを行うこともでき、+襷で最低3ターン稼いでックスを使わせられるのも強みになっています。 メインウェポンのほかに好きな技を選択でき、柔軟に対応できるのも魅力の一つです。 またこの行動保証を利用したストッパー性能はもちろんのこと、これを利用した龍舞型も存在しています。 保険が適用されたときの爆発力は凄まじく、簡単に相手のPTを崩壊させてしまうことができます。 ほとんどの 持ちが 空を飛ぶ ( ダイジェット)を持っているので 持ちで上から破壊することが困難なことも魅力の一つです。 ただし保険が発動しなかったときの弱さが際立ってしまい、上手な処理をしてくる相手にはなかなか難しい立ち回りを強いられてしまうことになります。 また、弱点保険を バトンタッチで裏につなぐ型も存在します。 最近最上位帯で ミラーが散見されるので 採用をするのであれば基本的に最速が安定する。 有利対面での制圧力、不意打ちでの縛り性能の高さが主な利点です。 A補正の理由は 等の高耐久に対する乱数が変化するので選択肢の一つになります。 HPを犠牲に火力と範囲を手に入れているので耐久調整を行うことが難しいからです。 その分 以上の火力を確保しながら では実現できなかった柔軟性を得ることができる扱い易さが利点です。 積技からの全抜きを狙う単純な型ですが、その単純さが強いです。 持ち物による状態異常耐性が非常に魅力的で意識の外から欠伸などに合わせられるとそのまま負けに直結するパワーを秘めています。 基本的に特殊の利点は受けてくる 、対 性能で差別化されていることが多いです。 鬼火で機能停止に陥らないのもGOOD。 それでは順に紹介していきたいと思います。 特殊 の利点は物理と大体同じですが、対面から勝てるなどが若干違い や に役割を持てることが利点です。 HCベース等の選択肢もあり、耐久を高めながらサイクル戦に参加しやすい型も存在しています。 利点はほとんど同じですが見れる範囲が変わります。 AS は ダイサンダー でックス込みでも確1が取れているので対面からでならワンパン、死に出しからでも切り返しができるのが利点です。 また、私が採用する受け崩しのドラパルトがこの道具を選択しています。 この場を借りて紹介していきたいと思います。 その構築においてや受けループ系の構築の処理に手間取っていたので考案された。 初期構想ではHBベースだったがHCベースのほうが対面性能が格段に向上し、PTコンセプトにあうことが発覚して今に至る。 大抵のこのより遅い物理型には勝つことができ、誘うに対する 役割破壊に特化しているので非常に使いやすい。 命の珠にすると や に対する確定数が変わってはくるが、その反面定数による自滅のリスクが向上してしまうため での採用となっている。 に対する処理の不安は若干残るが、それ以上に耐久振り 鬼火 & 祟り目による圧倒的な対物理性能が確保されている。 構築を組む際に受け破壊枠にでこいつを採用するレベルの強さと完成度になっているので是非試してほしい。 また に強いはこの型にも強いので同居はオススメできない。 は主に壁貼り型で採用されています。 特性呪われボディでの採用も多い。 呪いや蜻蛉帰り等の自主退場技も併せ持っていることもしばしば。 等の積みダイジェット勢や、その他積みがいた場合は特に気を付けたい。 耐久振りで安全にアッキ龍舞を起動させ、 バトンタッチで裏のエースを超強化する。 構築は選んでしまうが決まってしまえば Easywinを狙うことができる。 場合によって他もあり。 かなりの長文になってしまいましたが最後までお付き合いいただきありがとうございます。 (書くのに4時間かかりましたw) 歴代で最も型が多彩でまだまだ開拓されてない型も多数あると思います。 何かありましたら bisonMUTEKIまでよろしくお願いします。 マジで強い。

次の

【ドラゴンエッグ】最強モンスターランキング【7/21更新】|ゲームエイト

ドラパルト評価

エネルギー 8 基本超エネルギー 4枚 4枚 イエッサンVを採用したドラパルトVMAXデッキ! ドラパルトVMAXは場に与えるダメージこそ130と一見地味。 しかし、と組み合わせること、またベンチにダメカンを50与えることで見た目以上の火力を発揮する。 VMAXポケモンであるため耐久力もすぐれており、イエッサンVやマオ&スイレンを使用することでドラパルトVMAXの耐久力をさらに生かすことができるのだ。 イトウシンタロウさんのコメント 2016年の世界大会で優勝したときにMタブンネEXのデッキを使っていて、その時のMタブンネEXのワザとドラパルトVMAXのワザが似ていたので、今回はドラパルトVMAXのデッキを使いました。 当時使っていたデッキを今のスタンダードに合わせた作りにしています。 決勝のドラパルトVMAXミラーの感想 決勝に勝ち上がった二人が選んだドラパルトVMAXデッキ。 ヨネダ選手 ドラパルトVMAXのワザ「ダイファントム」は必要なエネルギーが2つで、安定して戦うことができるというのが今回のデッキを選択した一番大きな理由です。 あとは新しいポケモンVMAXを使いたかったので、ストリンダーVMAXとドラパルトVMAXで悩んだ結果、ドラパルトVMAXを選びました。 イトウ選手 自分もヨネダ選手と同様にストリンダーVMAXとドラパルトVMAXで悩んでいました。 ドラパルトVMAXを選んだ理由は、ポケモンワールドチャンピオンシップス2016で優勝した時に使っていたMタブンネEXとドラパルトVMAXが似ていたためです。 HPが高く、ワザの効果も似ています。 ワザに必要なエネルギーのイメージも、MタブンネEXの「マジカルシンフォニー」はダブル無色エネルギー1枚と基本エネルギーで、ドラパルトVMAXの「ダイファントム」は基本超エネルギー2枚なのですが、多くの場合ホラー超エネルギーをつけるので、特殊エネルギー1枚と基本エネルギー1枚といった形が似ています。 そういった面で自分に向いているのではないかと思いドラパルトVMAXを選びました。 ヨネダ選手・とーしん選手のデッキ選択について ヨネダ選手 自分のデッキはドラパルトVMAXのワザをサポートするカードを多めに入れています。 エール団のしたっぱ、ボスの指令、マリィといったカードを使いながらワザをつかうことが強いと考えました。 ダメージが足りない場合はガラル ジグザグマの特性やジャイアントボムなどで補える構築にしています。 フィオネやガラル ジグザグマ、ミュウツーといったカードを入れた結果として、回収ネットが上手く使えるデッキになったので回収ネットを採用しました。 ドラパルトVMAXの「ダイファントム」をつかえる回数を増やすためのカードを多く入れているデッキです。 イトウ選手 ヨネダ選手とは真逆の考えでデッキを組んでいました。 ヨネダ選手のデッキが「ダイファントム」をつかえる回数を増やすために「攻撃的な」カードが多く入っているとすると、自分のデッキは「ダイファントム」をつかえる回数を増やすために「守備的な」カードを多く入れたデッキだといえます。 相手のワザを受けたあとも回復してワザをつかえるようなデッキになっています。 ヨネダ選手 自分もイトウ選手も「ドラパルトVMAXのワザを多くつかえるようにしている」までは考えが一緒。 イトウ選手 そうですね。 最後の選択で分岐して、採用されているカードが大きく変わった感じですね。 今ポケモンカードをプレイしている方へ ヨネダ選手 昨今外で対戦できる機会が少ないことから、「いま練習をしたほうがいいか」と迷ってる人もいると思いますが、大会で上を目指すのであれば今やっておいて損をすることは絶対にありません。 今のうちに色々なことを研究しておくと良いと思います。 イトウ選手 どんなことにも言えますが、他の人がやっていないときにやると、めちゃくちゃ有利になれます。 一人でデッキを2つ作って対戦してみるだけでも意味はあります。 ヨネダ選手 今は動画などでポケモンカードの対戦を簡単に見ることができます。 そういった動画を考えながら見ると、実戦で役に立つと思います。 イトウ選手 たしかに、動画を考えながら見るのは良いと思います。 考える癖もつきますしね。 スペシャルリーグ銀座優勝デッキレシピはこちら.

次の

【ドラパルト育成論】最速物理型×こだわりスカーフ/対策と弱点も解説|ポケモット

ドラパルト評価

はじめに こんにちは、ちべんです。 シングルランクマッチにおいて、目標にしていた最終二桁順位を達成したので、記事を書こうと思います。 構築名は、5日ほど前に会うためにアローラに旅行していたので、そこから取っています。 レンタルチーム 構築経緯 スカーフドラパルトのストッパー性能や抜き性能、またドラパルト自体のックス時の撃ち合い性能の高さを評価して、構築の出発点としました。 スカーフドラパルトの蜻蛉返りから展開した時など、裏で安定したサイクルを行うことでよりドラパルトの性能を高めると考え、汎用的な受け駒を探しました。 は、ドラパルトミラーにかなり強くなることができ、願い事、欠伸によってドラパルトを場に出す回数を増やすことができるという点でも噛み合っています。 上のサイクル選出で対応するのが難しいやパッチラゴンに比較的強く、の欠伸と相性のいい持ちのを襷枠として採用しました。 欠伸展開から通す駒、ドラパルトの鬼火を絡めた詰ませの駒を探しました。 アーマーガアは挑発によって単体で起点にできる範囲が広く、強力なダイジェットエースです。 などへの切り返しの性能を高められるように、弱点保険を持たせました。 ピクシーはこの構築で唯一の炎打点持ちで、による定数ダメへの耐性を活かした、固有の見れる範囲を持ち、盤面を整えれば多くの相手を詰ませられます。 どちらも高速再生技を持つため、受け駒としての選出も可能です。 コンセプト ・ステロや状態異常を絡めたサイクルから抜き・詰ませへの切り替え ・試合展開の中で枠を決めて通す 個体解説 持ち物: 食べ残し 特性: 精神力 性格: 腕白 数値: 202 252 -85- 178 252 - x-150-86 4 技構成: サマ/守る/欠伸/願い事 全で7番目くらいに好きで、眠り状態の時のまつ毛がとても可愛いです。 使いの方々ほどこの子を信用していないので、選出率はあまり高くありませんでしたが、出した時はほとんど勝ってくれました。 真面目にサイクルして勝てると判断した時にしか出していないので、当然といえば当然なのかもしれません。 技構成、持ち物ともに完成されているので特に言うこともなく、ックスしたことは確か一度もありませんでした。 これまでこの子を使おうとしたことは何度もありましたが、うまく使える気がせず毎回断念していました。 しかし、今回最終日にいきなり採用したらすごく頑張ってくれたので、僕の中にねむねむの魂が宿っていたのだと思います。 ドラパルト 持ち物: 拘りスカーフ 特性: すり抜け 性格: 意地っ張り 数値: 191 220 - 176 156 -103 60 - x-96 4 -171 68 H 16n-1 A 11n B 陽気珠の影打ち最高乱数以外耐え D 余り S 最速抜き抜き 技構成: ドラゴンアロー//蜻蛉返り/鬼火 この構築のエースで、入りなどには、強引にサイクルに参加させる必要があるので、耐久にかなり多く振りました。 純粋な抜き性能、ストッパー性能、時の撃ち合い性能、鬼火による起点づくり、すり抜けによる、受けの駒が隙を見せる身代わりへの耐性、全てにおいて優秀で、困ったら投げていました。 炎打点持ちがピクシーしかおらず、特に相手のアーマーガアに対して特殊炎打点が欲しくなることもありましたが、切れる技がありませんでした。 アーマーガア 持ち物: 弱点保険 特性: ミラーアーマー 性格: 陽気 数値: 205 252 -108 4 -125- x-105- 130 252 技構成: /挑発/羽休め/ビルドアップ 挑発により起点にできる範囲が非常に優秀で、ダイジェットエースとして申し分ない活躍をしてくれました。 、パッチラゴン、ジュラルドンなど、明確にこの子を止められるがいる構築には基本的に選出を控えましたが、それ以外の構築にはこの子を通しに行くことが多かったです。 弱点保険によりの炎技を起点に切り返せるところが一番の強みでした。 ミラー及び抜ける範囲意識の最速でしたが、最速ミラーは不毛なので、の有利不利も試合序盤から頭に入れて立ち回ってました。 実際にこの子が絡んだ勝ちはかなり多かったです。 襷の強みを今まで理解していませんでしたが、そのイメージが覆りました うまく使えていたかはわかりませんが…。 この子に対しての地面以外の弱点技はドラパルトに半減なので、初手に投げて襷を盾に雑にステロを撒く立ち回りをしても、頭数としてこの子を残しやすかったです。 パッチラゴンや砂のストッパーとして残す動きも多く、選出率はかなり高かったです。 つのドリルが欲しい場面もありましたが、切れる技がありませんでした。 この枠に適任であると感じたのはHBアッキの天然かマジガの2択でしたが、最終日に呪いや呪いドラパルトが蔓延していたので、他の5体でかなりしんどくなるそれらの型に強くなれるマジガで採用しました。 アッキを見た時点で天然読みされることも多く、読み間違えによってアドバンテージを得ることもたくさんありました。 耐久値自体はかなり怪しいので、アッキや鬼火を合わせてうまく場を整えられるように意識していました。 盤面さえ整えられればかなり崩されづらく、アーマーガアを出せない構築にはほとんど投げていたと思います。 8世代のGIFがなかったので7世代のGIFで代用します 持ち物: 黒いヘドロ 特性: 再生力 性格: 穏やか 数値: 157 252 - x-172-73- 213 252 -56 4 技構成: 熱湯/毒毒/自己再生/トーチカ 基本選出になる特殊受けのパーツ…のはずでしたが、この子が見せる隙を周りで補える構築が少なく、ほとんど出していませんでした。 毒の一貫があり、毒を刺したい構築や、受けたいをこの子で受けられるような構築にしか出していませんでした。 一番再検討する必要のある枠だと思いますが、もしかすると何かしら選出誘導などしてくれていたのかもしれません。 選出 基本選出のはずですが、前述の理由からほとんどこの形で出すことはありませんでした。 相手によっての使い方は変わりますが、対応範囲がやんわりと広く、一番多い選出でした。 パッチラゴン入りなどにこの出し方が多かった気がします。 ドラパルトの一番サイクルチックな選出です。 のいないカバギャラサザンガルドのような並びにこの形で出して回していました。 わかりやすいステロ欠伸展開です。 受け回しのサイクルの中でアーマーガアかピクシーかどちらで詰めていくかを考えていました。 他にもパターンはありましたが、よく記憶に残っているのはこれらの選出です。 どちらも結果を残すことはできませんでしたが、サイクルパを使わなかった理由は、8世代の対戦システムでどのようにサイクルを回せばいいかわからなかったからです。 しかし、自分が大ファンであるなごしさんがS2で最終14位という結果を残し、今期はその構築を参考にしてサイクルを使おうと決めました。 2月の中旬から下旬にかけて、2留回避のための教授とのやり取りなどリアルが忙しかったり、最後になるUSUMのレートに励んでいたりと、剣盾をやる暇がありませんでした。 USUMが終わる日に行われたバトリボオフ、終わってからのランクマ、自分が下手すぎてびっくりするほど勝てませんでした。 構築もどうしたらいいのかわからず、迷走を繰り返し、2月29日の朝4時半頃には5629位まで溶かしました。 正直最終日諦めて撤退しようかと思いました。 最終日にも構築をコロコロし、自信もなかったし、二桁なんて夢のまた夢と思っていましたが、運が良かったり構築が少しわかってきたり、最後は上振れて二桁に乗せることができました。 今まで最終順位で一番良かったのが、7世代S16の75位だったので、少しだけですが更新できてうれしいです。 とりあえずは二桁という目標を達成できたので、来期からはもっと上を目指して頑張っていこうと思います。 最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。 もやっていますので、よかったらフォローお願いします。

次の