モバイル suica 残高 移行。 定期券つきのビューカードをモバイルSuicaに登録する方法とは?

新しいiPhoneへのSuica引継ぎマニュアル 事前準備とApple Watchの移行手順も解説|TIME&SPACE by KDDI

モバイル suica 残高 移行

目 次• では、モバイルSuicaの基本情報、使い方について詳しくご紹介しましょう。 端末だけで電車の利用から切符の購入に至るまで幅広く利用できます。 電車や新幹線を頻繁に利用する方にはおすすめのサービスです。 電車や新幹線の改札機にタッチするだけで入出場できる• 提携店のレジにタッチするだけで支払いができる• 端末から利用状況を確認できる• ネットショッピグの支払いができる• 端末を盗難・紛失しても再発行できる• キャリア(キャリア決済)からチャージできる モバイルSuicaがあるだけで日々の生活を少しだけスマートにできます。 端末からモバイルSuicaサイトに入る• モバイルSuicaのアプリをダウンロードする• 登録から実際に使えるようになるまで、初めての方でも簡単に行えます。 2モバイルSuicaのおすすめポイント モバイルSuicaが簡単かつ便利なことはご理解いただけたと思います。 では、さらにお伝えしたいモバイルSuicaのおすすめポイントを見ていきましょう。 例えば、定期券や特急券を購入したあとに端末を紛失したとします。 ただし、紛失した端末が悪用されないよう、クレジットカードなどは停止しておきましょう。 携帯乗り換え(MNP)でもデータ移行できる 携帯乗り換え(MNP)でデータ移行できるのもモバイルSuicaならでは。 このあと詳しく紹介しますが、現在の端末と新しい端末。 2つの端末に対して適切な手続きをすればデータ移行ができます。 ただし、データ移行にはモバイルSuicaに対応している端末が必要です。 時間や場所に関係なくチャージできる モバイルSuicaでは時間や場所に関係なくチャージもできます。 チャージの方法は登録しているクレジットカードから。 取り扱い銀行からなら上限10,000円までで利用可能です。 3携帯乗り換え(MNP)でモバイルsuicaのデータ移行する方法 最後に、携帯乗り換え(MNP)でモバイルsuicaのデータ移行する方法をご紹介しましょう。 モバイルSuicaをデータ移行するには、現在の端末と新しい端末の両方で手続きする必要が。 モバイルSuicaのアプリを起動する• 仮に、携帯乗り換え(MNP)を先にしてしまうと、正常にデータ移行ができないことがあります。 モバイルSuicaのアプリを起動する• メールアドレスとパスワードを入力し、ログインする• 4まとめ 今回は携帯乗り換え(MNP)でモバイルSuicaのデータ移行の手順をまとめてみました。 モバイルSuicaのデータ移行の手順は大きく2つ。 現在の端末で機種変更の手続きをする• 新しい端末で登録したデータを受け取る ぜひ、携帯乗り換え(MNP)してもデータ移行して、モバイルSuicaを活用しましょう。 ちなみに、携帯乗り換え(MNP)にお悩みの方は、 ぜひ「」にご相談ください。 モバイルステーションでは各種サービスのデータ移行のサポートを行っています。

次の

「モバイルSuica」とApple Pay「Suica」の違いはなに?

モバイル suica 残高 移行

suicaの残高移行にはSIMカードが必要 suicaの残高移行にはSIMカード(携帯電話会社の電波を拾うためのカード)が必要です。 これがないと、エラーメッセージが出てアプリが起動出来ません。 上の画像のメッセージが出ます。 ちょっと以外な感じですが、SIMカードがないとアプリの起動すらできないんですよね。 Edyは普通に起動するんですが。 ただ、さっきsuica使ったんですが、その時はSIMカードなしでも支払いできた様な・・・。 すでに入っている残高を使う分には問題ないんですかね。 会員情報の変更方法が載っていますので、ナンバーポータビリティで機種変更をした人は、まず会員情報の変更を行いましょう。 suicaの残高移行の方法 suicaの残高移行は、大まかに言うと以下の手順になります。 旧スマホで残高の引き継ぎ手続きをする• 新スマホで残高の引き継ぎ手続きをする 旧スマホと新スマホの中間にsuicaのアプリが入ってくる感じになります。 実際にやってみれば簡単なので、以下の手順を参照して下さい。 ここまでの手順で、旧スマホでやることは終了です。 これはモバイルSuicaの登録時に決まるんだと思います。 僕はMy JR EASTでログインしました。 上の画像の様に、suicaの引き継ぎが完了しました。 SIMカードが必要とはちょっとやっかいでしたね。 ですが、旧スマホが手元にあるのであれば、新スマホのSIMカードを差し替えれば旧スマホを使う事が出来ます。 SIMカードの差し替えをしながら、移行作業を完了させましょう。 (ナンバーポータビリティで他社に移っている場合は無理です).

次の

手持ちのSuicaカードをApple Payに移行するとデポジットはどうなるの?

モバイル suica 残高 移行

答え: デポジット分もチャージ残高に加えてApple Payに移行されます。 解説: ICカードのSuica(以下、Suicaカード)の発行時にはデポジットとして500円が徴収されています。 Apple Payに移行するとこの500円も移行されチャージ残高の一部としてプラスされます。 以下にくわしく説明していきましょう。 SuicaカードからApple Payへ移行するとデポジット500円分はチャージに充当される Suicaカードのデポジットとはカードのレンタル代のようなもの Suicaカードは以下の場所で購入することができます。 JR東日本の駅構内にある多機能券売機• JR東日本の駅構内にあるみどりの窓口• NewDays(ニューデイズ:JR東日本系のコンビニエンスストア) Suicaを購入する際には初期費用として1,000円以上( 1,000円・2,000円・3,000円・4,000円・5,000円・10,000円のいずれか)の現金チャージを行います。 そのうち500円がデポジットとして徴収されます。 「デポジット」とはいわばSuicaカードを利用するための預り金。 ざっくり言うと「カードのレンタル代」みたいなものだと考えればいいかもしれません。 Suicaカードは利用者が所有するのではなくJR東日本から借りて利用しているのですね。 デポジットはSuicaカードを返却すれば返してもらうことができます。 SuicaカードをApple Payへ移行するとモバイルSuicaになる iPhoneでSuicaカードをスキャンするとApple PayにSuicaが登録されます。 登録後は物理的なプラスチックのSuicaカードからモバイルSuicaへと形が変わるわけですね。 Apple Payに移行が済んだ元のSuicaカードはもう利用できなくなります。 にも「登録手続きが完了した後のSuicaカードは、もう使えない状態ですので、お客さまご自身で処分してください。 」と記載されています。 Apple Payへ移行するとデポジット500円は現金チャージ分に充当される では500円分のデポジットはどうなるのでしょうか? 当然ながら移行済みのSuicaカードでデポジットを返してもらうことはできなくなりますよね。 安心してください。 デポジットもSuicaのチャージ分としてApple Payに移行します。 たとえば、チャージ残高が2,000円のSuicaカードをApple Payに移行すると、残高はデポジット500円分も合わせて2,500円となるのです。 明細には残高2,000円とデポジット分500円とに分けて記録されるのでわかりやすいでしょう。 Apple Payに一度登録したSuicaカードを元の状態に戻すことはできないので注意してください。 もちろん最初からiPhone上でモバイルSuicaとして新規発行する場合はデポジットはかかりませんよ。 Suicaインターネットサービスは2020年内にサービスが終了する予定で、JR東日本では今後はモバイルSuicaを推奨しています。 これからSuicaを利用するならデポジットも要らないモバイルSuicaの利用をオススメします!.

次の