モブ タクシー アプリ。 【2020年6月】MOV(モブ)のクーポンコードまとめ最大3,000円(タクシー配車アプリ)

【2020年】10社から比較したタクシーアプリおすすめ人気ランキングTOP5!

モブ タクシー アプリ

移動時間を短縮し、移動時間を有意義なことに使えるし、移動にかかるストレスも軽減できちゃうのです。 この移動の外注化に目覚め、他のタクシーアプリも使ってみたいと思うようになりました。 そこで今回使ってみたのが、 というタクシーアプリです。 タクシーアプリMOVとは?? DeNA さんが取り仕切っているアプリらしく、「移動する」の動詞「move」から派生してネーミングされたみたいですね。 2020年1月現在、取り扱っているエリアは• 東京都• 神奈川• 兵庫 の5エリア。 まずは乗車位置を決めていきます。 つまり、 どこでタクシーに乗りたいのか? を決めてやるわけです。 MOVでは乗車位置をピンで指定できるようになっています。 しかも、現在位置から乗車位置までどれくらいかかるのか、がわかるようになっていますね。 いやあ、すごい。 スムーズ。 目的地を決める 目的地を決めましょう。 住所、店名やサービス名でも検索できるようになっていました。 目的地を決めた時点で、• 時間 という予測情報が表示されるようになっていますよ。 タクシーを探す 目的地を決めた段階で決めたら「ここで降りる」ボタンを押します。 すると、MOVアプリがタクシーを探し始めてくれます。 タクシーとマッチングしてしまうと、迎車料金が発生するので、「ここで降りる」ボタンは覚悟を決めた上で発動しましょう。 マッチング すると、1分もかからないでタクシーの配車が決定。 タクシーの運転手の名前• タクシー会社名• ナンバープレート が表示され、どういうドライバーが迎えに来てくれるのか明白になります。 待っている場所・自分の特徴を伝える MOVのアプリで良かったのが、 ドライバーに自分の特徴を伝えられる機能 があったことですね。 僕自身、初めてMOVを使う身だったので、自分を見つけてもらえるか不安だったのです。 そこで、 「赤い服を着ています」 というメッセージを送ったところ、ちゃんとを見つけてもらえました。 また、MOVではドライバーと電話もできるらしく、タクシーが見つからないので苦戦している時に助かりますね。 タクシーを待つ すると、マップ上にタクシーが現れます。 乗る予定のタクシーの位置がマップ上で確認できるようになります。 今どこにタクシーがいて、どれぐらいできそうなのか? をリアルタイムで確認しながら待てました。 タクシーに乗る タクシーが乗車位置に到着したら、 迎車地点に到着しました というメッセージが現れます。 タクシーは本当に乗車位置ぴったりに来てくれていて、移動するまでもありませんでした。 乗車する時は、自分の名前を伝えて照合するようになっています。 「いいはしりんです」 「わかりました」 という感じですね。 その後は目的地を確認され、 「ここでいいんですかね」 「はい」 目的地に間違いがなければそのまま送ってもらいましょう。 アプリで伝えていた目的地がドライバーのスマホに表示されていて、ナビゲーションがすでに始まっている状態でしたね。 くつろぐ 後はくつろぐだけです。 車内はやはりタクシー。 しばらくタクシーを呼んでなかったので、1人でタクシーに乗る新鮮な体験になりました。 「新宿でタクシーに乗るとこういう景色が見えるのか・・・・」 と、ゴミゴミした歩道をあるく歩行者を横目に不思議な感覚におそわれました。 ドライバーは普通のタクシーの運転手の方。 カーナビに加えて、ハンドル横にスマホをホルダーでセットしていた点が普通のドライバーとの違いでした。 ドライバーの方とは天気の話をして終了です。 寒くないですか?」 「大丈夫です。 ありがとうございます」 といった感じですね。 タクシーから降りる 目的地に着いたら、後はタクシーから降りるだけです。 今回は「オンライン決済」を選択していたので、支払いはクレジットカードで済ませるようにしておきました。 降りるときの支払の手間も消えていて、 「ありがとうございました」 「忘れもんないようにね」 「ハイ」 と、下車して終わりました。 ドライバーを評価する 最後にドライバーを5段階で評価。 今回送迎してくれたドライバーの方は全く問題なかったので5つ星の評価にしておきました。 MOVのアプリでタクシーに乗ってみた感想 感想も書いときますね。 乗車位置を指定しやすくてよかった まずアプリの使い心地でよかったのが、 乗車位置の指定しやすさ です。 ピンを移動させて乗車位置を指定でき、かつ、現在地からどれくらいでたどり着けるのかを知れたのがよかったです。 前回利用したでは自動的に乗車位置を決められてしまったので、自分が狙ったところで乗車できず苦戦しましたからね。 このMOVアプリではそんなことがなくスムーズに乗れました。 乗る前に料金がわかる タクシーを乗る時に怖いのが、 降りるまでどれくらいの料金がかかるかわからない ということですよね。 僕もタクシーを使いたいのは山々だったんですが、未知の料金の恐怖からタクシーを避けていました。 その点、MOVでは目的地を指定した段階で予測料金が表示されます。 自分の財布と相談しやすく、乗車料金に納得してタクシーを呼べる点で満足度が高いです。 ドライバーが優しかった気がする これは僕の勘違いかもしれないんですが、タクシーのドライバーの方はちょっと優しかった気がします笑 流しのタクシーに乗るときは正直、 ドライバーが怖かった です。 乗るまでどんなドライバーかわからず、職人気質な人もいますし、陽気に話す方もいます。 今回のドライバーはこちらの動向を気遣ってくれて、忘れ物がないか心配してくれたり、車内の温度が快適か聞いてくれたりしました。 おそらく、ドライバー側も5段階で評価されることがわかっているので、いい乗車体験を提供しようとしてくれていたのではないでしょうかね。 迎車料金がかかるので注意 料金で1つ注意して欲しいのが、 迎車料金が含まれていない という点です。 ちなみにこの迎車料金は乗るまでわからなかったので、ちょっとそこが不満でしたね。 僕が利用した東京の新宿では、 410円の迎車料金がかかっていました。 ドライバーの方に聞いてみたところ、迎車料金は距離に応じての料金ではなく、一定の料金みたいでしたね。 迎車料金はタクシー会社によって異なるみたいなのですが、初乗り料金がかかると思っておけばいいでしょう。 ぼくの場合、迎車料金込みで 1,700円 の料金がかかってしまいました。 当然ですが、地下鉄やバスなどと比べると高く感じてしまいますね。 ただ、タクシーを自分のために呼んで運んでもらった最高の体験ができたので、料金相応だと思っています。 煩わしさが解消されている MOVのアプリを使うと、 普通のタクシーで発生していた「煩わしさ」を解消できている ということに気づきました。 目的地を伝える• 乗車料金を支払う• 体を張ってタクシーを呼び止める という煩わしさが解消されてちょっと幸せになりました。 会社員時代に道路に飛び出してタクシーを止めさせられていたのが滑稽に思えるぐらい便利でしたね、このMOVは。 ドライバーの方と連絡が取りやすい 乗車前にドライバーと連絡を取りやすかったのもいいですよね。 メッセージも送れますし電話もかけてもらえます。 正直、タクシーはいっぱい走っていますので、ちゃんと自分のタクシーに乗れるか心配でした。 MOVではドライバーと連絡が取りやすくなっているので乗り間違えは起きにくいと思います。 領収書を発行できる 領収書の発行も簡単にできます。 アプリの左メニューの「利用履歴・領収書発行」をタップし、 明細書の下にある「領収書を発行する」を選択。 メールアドレスと宛名を書いてあげると、 領収書が添付されたメールが届きます。 簡単に領収書を発行できるので経費申告しやすいんじゃないですかね。 さあ、タクシーアプリMOVを使ってみよう 以上がMOVのアプリを使ってみた感想でした。 やはり印象的だったのが 乗車のしやすさですね。 ドライバーと連絡取れますし、乗車位置はむちゃくちゃ指定しやすい。 乗車料金の支払いの手間も省けていて、普通にタクシーを乗るよりも100倍快適な体験でした。 これからタクシーアプリを使ってみたい方はMOVでデビューしてみるといいかもしれません。 今なら インストールで「500円引きのクーポン」がもらえて、 「tx20」 というクーポンを使うと、追加で500円引きできますので合計1000円引きになりますよ。

次の

【2020年】10社から比較したタクシーアプリおすすめ人気ランキングTOP5!

モブ タクシー アプリ

たびこふれ編集部のnishiurashiです。 いきなりですが、皆さん「タクシー配車アプリ」って使ったことありますか? タクシーが呼べるアプリが存在していることは知っていた私ですが、普段タクシーを使うことがほとんどないため、使ったこともなければ、インストールもしていませんでした。 ところが最近、急ぎでタクシーを呼ぶ必要があったのでタクシー会社に電話をかけたのですが、、、全然つながらない!! それなら試しにと思ってタクシー配車アプリを使ったところ、なんと!わずか10分ぐらいで自宅までタクシーが来てくれました! そのとき使ったタクシー配車アプリ「MOV」について、その良さと使い方を紹介したいと思います。 電話をかけずにアプリでタクシーが呼べる時代になりました! DeNAが提供するタクシー配車アプリ「MOV(モブ)」。 移動を意味する"MOVE"から着想して名付けられたサービスなんだそうです。 MOVの特徴がよく分かるな~と私が思ったフレーズとしては(いずれもより引用)• 乗りたいときに、確かに、つかまる。 乗りたいあなたと、乗せたいタクシーを、テクノロジーでつなぐ"次世代タクシー配車アプリ"• どんな時、どんな場所でも、スマホひとつで最寄りの1台がちゃんと迎えに来てくれる といった感じです。 どうですか?少しはイメージ出来ましたかね?本当に、 「乗りたいときに」、「スマホひとつで簡単に」、タクシーが呼べてしまうんです! 2018年12月にリリースされたMOVは、2019年10月現在、東京、神奈川、大阪、京都にて利用可能です。 利用可能なエリアがさらに広がることを期待しています! タクシー配車アプリ「MOV」をどんな状況で使ったのか? さて冒頭で、普段タクシーを使わない私が「急ぎでタクシーを呼ぶ必要があった」とお伝えしましたが、それがどんな状況だったのか少しお話させていただきます。 2019年10月11日 金 の20時ごろ、東京都内から横浜のホテルへ向かうことになっていました。 電車で1時間ぐらいの距離でしたが、荷物がかなり多かったため、タクシーを呼ぶことにしたのです。 しかしこのとき、あの甚大な被害をもたらした台風19号がまさに接近しているときであり、翌日は多くの鉄道会社で計画運休が発表されていたこともあって、タクシー会社に何社か電話しても全然つながらなかったのです。 運よくつながったときもあったのですが、いつ迎えに行けるか分からないと言われてしまい、、、ホテルで家族と合流することになっていたので、段々と焦ってきます。。。 そこで、「タクシー 配車 アプリ」とGoogle検索してたまたま見つけたのがこの「MOV」。 普段、新しいアプリを使うときは色々と調べてからインストールする私ですが、このときはそんな悠長なことを言っている場合ではありませんでしたので、とりあえずこの「MOV」を使ってみることにしました。 そしたら!あんなに電話しても呼べなかったタクシーが!アプリで予約してからわずか10分ぐらいで自宅に到着です!本当にビックリして感動しました! タクシー配車アプリ「MOV」の使い方 それでは実際にMOVの使い方をご説明します。 使い方は本当に簡単。 画面の指示に従って数ステップ進めるだけで、設定は完了します。 使い方1. 乗車場所を決める 初期設定が完了したら、次は乗車場所を指定します。 マップ上のピンを動かすことも出来ますし、住所を入力することも可能です。 もちろん、車内決済に変更することも可能です。 「行き先を入力」は入力しなくてもタクシーは来てくれます(タクシーに乗ってから行き先を伝えればOKです)。 ちなみに入力した場合は、上の画面のように目安の金額と時間が表示されます(別途迎車料金がかかります)。 使い方3. 「タクシーを呼ぶ」をタップする それでは「タクシーを呼ぶ」をタップしてみます!すると、、、 すぐに手配が開始されます!キャンセル可能な時間は3秒で、3秒たつともうタクシーが向かって来てくれるんです! こんなにすぐにタクシーが見つかって動き出してくれるのかと、本当に驚かされました! あとはタクシーが来るのを待つだけです! タクシー配車アプリ「MOV」はココがすごかった! 私はタクシー配車アプリはこのMOVしか使ったことがないので他と比較が出来ませんが、このMOVを使ってすごかったと思ったポイントを4つ挙げてみたいと思います! ココがすごい!その1. タクシーの現在地&あと何分で到着するかがわかる! 使ってみてまず驚いたのが、 タクシーが今どこにいるのかリアルタイムで把握できることです! 実際のタクシーの動きに合わせてタクシーのアイコンがマップ上を動くので、今どこにいて、どんなルートで迎えに来てくれているのかを常にチェックすることが可能です! それに合わせて、 あと何分で到着するのかが常に表示されていますので、いつ来るのか分からずにずっと待つこともありませんし、それまでに忘れ物のチェックやお手洗いなど、無駄なく準備ができますね! これは是非、実際に使ってみて体感してください!ビックリします! ココがすごい!その3. アプリ上でクレジットカード決済が出来る! タクシーを降りるときって、支払いから領収書をもらって降りるまでに、少し時間がかかる印象はありませんか? 最近では電子決済が可能なタクシーも増えてきているようですが、現金やクレジットカードだと少し手間だな~と思う方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、このMOVでは、アプリにクレジットカードを設定しておけばアプリ上で支払いが完了しますので、降車が非常にスムーズ! 今回私がタクシーを降りる際も、ドライバーさんから「アプリで既にお支払い済みですね」とすぐに言っていただけたので、ちゃんとドライバーさんも把握してくれています! ココがすごい!その4. 乗車したタクシーの履歴が確認できる! このように、アプリ上で乗車したタクシーの詳細な履歴が確認できます!表示される項目としては、• 利用日時• 決済方法• 乗車区間• タクシーのナンバープレート、車両番号• タクシー会社• タクシー会社の電話番号 などですが、特に乗ったタクシーの車両まで残っているので、万が一忘れ物をしたときなどはすぐに問い合わせ出来ますね!タクシーへの忘れ物って経験された方が結構いらっしゃるかと思いますので、この情報が残るのはとてもありがたいですね! これからはもうタクシーはアプリで呼ぶ時代! タクシー配車アプリ「MOV」、いかがでしたか?使ってみたくなりましたか? 消費増税をきっかけにスマホ決済が大々的にPRされるように、なんでもスマホで完結するような時代になってきましたが、実際に使ってみたサービスってまだまだほんの一部なんだと思っています。 そんな中、今回このタクシー配車アプリ「MOV」を使ってみて、その便利さに大変驚かされましたし、こういう便利なサービスを知らないことはもったいないな~とも思いました。 「なんだかよく分からないから」という理由で敬遠してしまうサービスって結構あると思いますが、まずはとりあえず使ってみることが大事だなとも思いました!使ってみないと分からないことも多いですしね! 皆さんも是非、タクシー配車アプリ「MOV」を一度試してみてくださいね!.

次の

【口コミ・評判】乗車しやすくてびっくり!タクシーアプリMOVを使ってみた感想

モブ タクシー アプリ

VISA• Mastercard• JCB• AMERICAN EXPRESS• Diners Club• Discover プリペイドカードや、デビットカードは登録できません。 迎車料金はかかるの? 迎車料金は、タクシー会社によってかかる場合とかからない場合があります。 確認するには、ホーム画面の 「ここで乗る」をタップした後に、 「タクシー会社:すべて」というところをタップしましょう。 タクシー会社を指定する画面に切り替わるので、ここで 「迎車料金がかかるのかどうか」確認することが出来ます。 MOV(モブ)に実際乗ってみた感想 今までに2度使いましたが、夕方は5分程度待ったものの、夜はほんの数秒でタクシーが来てくれました。 最近はコード決済可能なタクシーも増えてきましたが、MOV(モブ)の場合は、事前にクレカを登録しておくことによって 支払いのやり取りをしなくていいのが利点だと思います。

次の