約束のネバーランド 145。 約束のネバーランド145話ネタバレ感想あらすじ!【それぞれの】

約束のネバーランドのネタバレ146話最新&感想!ティファリ当日!運命の日!?

約束のネバーランド 145

スポンサーリンク 前回、予想外に早いラムダの発作によって、ハヤト達の邪血殺害計画は失敗。 ギルダの涙の頼みで、ムジカ達はノーマンと鬼との戦争を止めるため王都を目指すことに。 一方で、順調に進軍を続けるノーマンとラムダの仲間達。 みんなを鼓舞するノーマンですが、実は自身も計画を早めざるを得ない発作のリスクを抱えていました! ということで、エマ達の王都への出発とノーマンの秘密に注目して、145話の内容をお届けしていきます! スポンサーリンク 迫るデッドライン! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 ノーマンを止めるために王都へ。 出発直前、エマ達はデッドラインを確認します。 それはノーマンが王と貴族を殺し尽くすまで。 王都の鬼全ての虐殺を阻止するのは勿論だが、王達を殺し尽くせば鬼は政治機構を失う、それは俺達が交渉相手を失うということだ、とレイ。 どういうこと、と聞く年少組にエマが、そうなれば和平の道が絶たれ、戦争や混乱が止められなくなる、と説明します。 レイは、王達が集まるティファリという機会を逃したくないノーマンは、おそらく何より先に王と貴族の殲滅を実行する、と続けます。 王と貴族の殲滅、どんなに遅れてもその前には間に合わせ、ノーマンを説得しなければ。 間に合わなかった場合、待っているのは血まみれの虐殺。 エマは想像して表情を固くします。 普通に行けば5日かかる王都までの道のり。 エマとレイは3日後のデッドラインに間に合わせるため、危険度外視で近道を急ぎ、早速出発しようとします! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 そんな2人を止めたのはアンナでした。 今は11月7日の午後、厳密にはティファリまで後2日半だと。 ギリギリ間に合ってない、戦火のど真ん中に到着することになるんじゃ、とトーマやラニオンも不安げです。 やはり疲労の自覚はあるのか、エマ達も思い悩んでしまいます。 ここまでのシーンで、デッドラインまで予想以上に時間がないことが明らかに。 焦るエマとレイに対し、弟・妹達の方が冷静でした。 スポンサーリンク 馬でエマ達出発! このままでは間に合わない、という状況の中、エマとレイを呼んだのは意外な助けでした。 そこにいたのは馬に乗ったオリバー、ザック、ジリアン、ナイジェルの4人。 驚くエマ達にオリバーが言います! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 「乗れ!」 エマとレイを乗せ、森の中を馬で駆けるオリバー達。 みんな馬に乗れたの? とエマ。 ジリアン曰く付け焼刃らしいですが、問題なく乗りこなしています。 でもなんで、みんな、とくにジリアンは鬼を救うのは反対なんじゃ、とまだ戸惑っているエマ。 確かにジリアンは以前、鬼達よりまず仲間を守りたいと断言していました。 エマの問いに、何か吹っ切れたようにジリアンは言います。 仲間に危害を加える鬼は全部殺す、でも、と。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 「友達を助けたい友達を助けたいの私も」 ノーマンを助けたいエマを助けたい。 その言葉で思いを同じくするみんなは笑顔に。 オリバーがさぁとばすぞと呼びかけます。 俺達4人と4頭で、最大の速度で送り届ける。 オリバーの頼もしい言葉と共に、エマ達は王都へ、ノーマンの元へと急ぎます! 間に合わないかと思われた状況でしたが、オリバー達の協力で希望が見えてきました。 移動手段が必要になるのを見越して乗馬を習得したんでしょうか? 銃撃の腕もそうですが、グランド=ヴァレー組はとくにサバイバル力に長けている気がします。 友達を助けたい友達を助けるという心意気も合わせてかなり頼もしいです! スポンサーリンク 仲間を鼓舞するノーマン 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 一方、ノーマンとラムダの仲間達は、既に王都が見える場所にまで迫っていました。 フクロウが届けた物見からの報告を読み上げるシスロ。 ノーマンの目論見通り着々と偽の地点に集まる王都軍、予定通りティファリ当日朝に到着するだろう五摂家の親族達。 上々だな、とノーマン。 さらには例のアレについて聞くノーマンに、ヴィンセントは完璧だ、後で確認してくれと頼みます。 計画はバンジぬかりなしだと盛り上がるバーバラ。 しかしその頃、アジトに残っているヴァイオレットやポーラ、年少組達はぬかりない時ほど危ないと話していました。 ルーカスやユウゴが言っていた、と。 年少組はノーマンに限ってないとは思いつつも、焦りすぎているのではと心配そうです。 エマと自分が量産農園で鬼に見つかったことが理由にあるのだろうと言うアンナ。 それに対し、サンディはこんなに急いでる理由はそれだけなのかな、と不安混じりの疑問を口にします。 そして視点は再び進軍中のノーマン達へ。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 野営の場でノーマンは、順調な時ほど用心だと、薬の準備や休息をみんなに指示します。 エマ達が知らないノーマンが計画を急ぐ理由、それはラムダの発作のリスク。 薬や休息はそれをかろうじて抑えるために必要なもの。 既に死を覚悟しているかのようなシスロ達は、口々にノーマンへの感謝を伝えます。 ボスがいたから生きられた、ここまで来られた、とヴィンセント。 こんな体になって時間もない、でもボスのおかげで死ぬ前にこのヘドが出る世界をブチこわせる、とバーバラ。 自分達はここで果ててもボスや他の子ども達が新しい世界へ行ける、それが何よりの願いで希望だ、とシスロ。 一瞬きょとんとした様子のノーマンは、次の瞬間には馬鹿を言うなときっぱりと告げます。 驚くシスロ達に、まず僕達は無血で勝利する、誰一人戦死は許さないと言うノーマン。 それに感謝は勝ってから言え、僕達は新しい世界をつくる、そして全員でこの目で見るんだと少し笑って続けます。 その言葉に感極まるシスロ達。 さらにノーマンは仲間達全員に向かって声をあげ、鼓舞します! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 「僕達は自由だ!!今こそ1000年の苦しみを終わらせるぞ!!」 ボスの言葉でラムダの仲間達の士気は最大限に高まっていきます! ラムダの仲間達にとってノーマンが理想のボスだということが改めて分かる、絆も感じるシーンでした。 死を覚悟している自分達にも、当然のように新しい世界を見るんだと断言してくれる、確かにそんなボスになら命がけでついていきたくなりそうです。 スポンサーリンク ノーマンの秘密 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 そして時間は流れ、1人夜空を見上げるノーマン。 思い浮かべるのは2人の親友のこと。 友達を殺して生きる未来じゃもう笑えない、と言ったエマ。 全部話して、一緒に生きよう、という言葉。 それを思い出しレイとエマの名を呼びますが、その時、激しい頭痛と吐き気がノーマンを襲います! 蹲り、咳き込むノーマン。 口を押さえた手には血がべっとりと付いていました。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 それを見たノーマンは諦めたような笑みを浮かべます。 「ごめんね」 ノーマンにも発作が!? というまさかの展開でした。 発作はラムダのイレギュラーのみに起こるのかと思っていましたが、一時期ラムダにいたノーマンも例外ではなかったということなのでしょうか。 ごめんねという言葉は、既にエマ達と一緒には生きられないと悟っているかのようです。 そして悲壮な覚悟の末、ついに決戦の日を迎えることに……!! スポンサーリンク 『約束のネバーランド』ネタバレ 145-146 話のまとめ 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 王達の殲滅より早く辿り着けるのかと苦悩するエマとレイ、それを馬で助けたオリバー達、仲間を鼓舞する一方でノーマンが抱えていた発作のリスク、ついに始まる鬼との決戦。 死を悟ったノーマンの切ない笑みと覚悟が印象的でした! 本当にノーマンに死期が迫ってしまっているのか、かなり気になるところです。 ノーマンが計画を急ぐ理由がまた1つ明らかになった訳ですが、一方でノーマンが順調に計画を進めるということは、エマ達のデッドラインである王達の殲滅も着実に近づくということ。 しかし王達も無抵抗でやられることはないと思います。 ヴィンセントが準備したアレが鍵となるのか? エマ達やムジカ達は間に合うのか? いよいよ始まる決戦、ますます盛り上がりを見せる展開で、次回も楽しみです!.

次の

約束のネバーランド146話ネタバレ考察と感想「王都決戦」(17巻収録)

約束のネバーランド 145

2019年8月5日発売 週刊少年ジャンプ36・37合併特大号掲載 145話 ムジカとソンジュに出会ったドンとギルダ達は一足先にノーマンを止めに王都へと向かう。 と同時に7つの壁から帰ってきたレイとエマも準備を始める。 レイはエマにデッドラインはノーマンが王・貴族を殺し尽くすまでであると告げる。 なぜなら王・貴族を殺し尽くしてしまえば鬼は政治機構を失ってしまい、自分たちは交渉相手を失ってしまうことになるからである。 小さな子たちはその事が理解できないのであるが、その王や貴族がいなくなれば和平の道は絶たれてしまい、戦争も混乱も止められなくなるのだとエマは説明する。 ノーマンが狙っている王と貴族の殲滅を実行するにはこの儀祭(ティファリ)のタイミングを逃したくないのだと、どれだけ遅れても王と貴族が殲滅されるまでに間に合ってノーマンを説き伏せなくては血みどろの世界になってしまうとレイは言葉にする。 王都までは普通にいけば5日かかるのであるが二人の足なら3日あれば間に合うと話すが、実質は2日半しか残ってないと教えられる。 するとそこにオリバー、ザック、ナイジェル、ジリアンが馬に乗って登場し、二人に乗れと声をかける。 みんなが馬に乗れることに驚くエマ。 そして協力してくれたが鬼を救うことには反対していたジリアンにいいのかと尋ねる。 するとジリアンは鬼は殺すと、仲間に危害を加える鬼は全部殺すと答える。 でもノーマンを助けたいエマも助けたいと思っていると伝える。 オリバーは俺たち4人と4頭がエマとレイを最大の速度で友である王都にいるノーマンの元に届けると話し、道を急ぐのである。 そして王都にいるノーマン達の元には物見からの報告が入る。 王都軍は偽の地点へと向かっていて、五摂家の親族車両予定通りに儀祭当日の朝に王都に到着するとの報告である。 計画が万事ぬかりなしであることを喜ぶラムダの面々だが、グランヴァレーの脱走者達は抜かりない時ほど危ないと話し合う。 そしてこれだけノーマンが急いでいる理由は何なのかとペペは話す。 ノーマンはラムダのみんなに薬をちゃんと飲んでいるか尋ねる。 そして順調な時ほど用心するように、そしてよく休むように伝える。 するとシスロ、バーバラ、ヴィンセントからノーマンは感謝の気持ちを伝えられ、同時に俺たちがここで果てても新しい世界、その先へボス(ノーマン)や他の食用児が行けることが願いであると言われる。 それを聞いてノーマンは無血で勝利し、誰一人戦死は許さないと伝え、全員で新しい未来をこの目で見るのだと今こそ1000年の苦しみを終わらせるのだと全員の士気を鼓舞する。 夜空を一人眺めるノーマンは過去を思い出していた。 すると頭痛とともに血を吐いてしまう。 その手の平についた血を見つめ一言ごめんねとノーマンはつぶやくのである。 2047年11月10日儀祭当日、王都は楽しそうな鬼達で溢れている。 そしてノーマン達は動く。 始めようの声と共に爆発音が王都に響き渡るのである。 「約束のネバーランド」145話の感想 「約束のネバーランド」145話を読んだ感想(ネタバレ含む)1.

次の

約束のネバーランド第145話【約ネバ通信VOL.45】|maesaqu|note

約束のネバーランド 145

スポンサードリンク ジンの決断 ジンの背後をとったソンジュ。 退け、今退けば許してやる。 ジン…! ジンの危機に声をあげたハヤトだったが、隙を突きアイシェがジンを取り押さえる。 次々と倒れるアダムに似た戦士たち。 大丈夫、殺してはいないわ。 少し眠ってもらっただけよ。 ムジカが言うと、ドンは驚いた。 最初の一瞬でソンジュはアダムに似た戦士たちを倒したのだ。 もう一度言う。 ここで退け。 ジンは考えた。 退けるものか。 この命令、俺たちの任務、全食用児の未来がかかっている。 そうですよね、ボス!! 命を落としても退くわけにはいかないと決断したジンは、ソンジュの武器を握り、アダムに似た戦士たちに向かって叫んだ。 立て!俺ごとでいい、こいつらを殺せ!! アイシェが鬼の言葉でソンジュに向かって叫ぶ。 気をつけろ!!そいつらはラムダのイレギュラーだ!! ジンの呼びかけに起き上がった戦士たちがソンジュに向かってくる。 素手で木をへし折る戦士。 殺せとジンが叫ぶ。 何だろうが構やしねえがよ ムジカに傷の一つでもつけてみろ お前ら全員肉団子にしてやる ソンジュが言った矢先、突然兵士たちが叫び武器を落とし苦しみだした。 次々に倒れる戦士たち。 何が起こったのかわからないソンジュ。 発作… 何で…こんな早く… ジンとハヤトは状況を把握した。 戦士たちはラムダの発作が起き苦しみだしたのだ。 スポンサードリンク 悲痛な思い ハヤト達は縄で縛られ事態は収拾した。 それで…何があったの?とギルダ達に聞くムジカ。 ギルダは事情をムジカ達に話す。 話しながらギルダは気付いてしまった。 ああ、でもそうか ノーマン本当に…殺す気だったんだ 旅の途中でアイシェに言われた言葉を思い出す。 「あのボスを甘く見ないほうがいい。 あんたらじゃないなら必ず他に刺客はいる」 刺客はハヤト達だった。 引き入れられるなら引き入れたい エマの帰りが間に合わず、僕が王・貴族を殺しつくしてしまったら、ソンジュとムジカに頼るほかない。 見つけだして保護してほしい。 ノーマンがドンとギルダに言ったこれらの言葉は 全部嘘だった。 ノーマンにとって最初から鬼は全滅させる以外なくて、エマを待つ気も更々になくて… ギルダは溢れる涙を抑える事が出来なかった。 ごめん…ごめんなさい… 私は二人を殺そうとしたノーマンの妹で、こんな事二人に頼めた義理じゃないんだけど、このままじゃ取り返しがつかない。 ノーマンも、周りの人たちもみんな…戦争が起こる、鬼を虐殺する、エマが戻っても…そんなの嫌だ。 ギルダはムジカの手を握り、涙をポロポロこぼしながら、 助けて…と言った。 私はノーマンを止めたい。 お願いします。 私たちを助けてください。 スポンサードリンク 交わされた約束 今は2047年11月7日、俺が戻って3時間後、ノーマン達は王都へ、ドンとギルダはムジカ達を探しに外へ、絶滅作戦は順調に進行中。 お前が知りたい情報は以上だ。 レイが現在の状況を話す。 それで?約束は結べたのか? レイが話す相手、 それは何とエマだった。 あっちの世界から戻ってきたエマ。 エマは約束を結べたと話した。 みんな逃げられる。 誰も殺さず、追われることもなく人間の世界へ!! エマの言葉に安堵し声をあげて喜ぶ仲間達。 レイはエマにご褒美のことを聞く。 エマは、 大丈夫だったよと笑顔で答え、後で話すとレイに言った。 レイは何か引っかかる感じがしたが、後でたっぷり聞くと言い、それよりも自分達もすぐに発つぞとエマに言った。 トーマとラニがヤバいものを見つけたと話すレイ。 ノーマン…あいつ 今回の作戦で王・貴族を殺すだけじゃない。 王都の鬼全てを殺し尽くすつもりだ。 決戦の地へ わかったわギルダ 私達も王都へ向かいましょう。 ギルダの手を握り返しながら話すムジカ。 ギルダはムジカ達が王達に追われている事を心配するが、ムジカはギルダの心配をよそにソンジュに王都へ行ってもいいわよね?と聞く。 私も戦争を止めたい。 それに何より私達友達でしょ。 ムジカの言葉に胸がいっぱいで何も言えなくなるギルダ。 ソンジュも王都に行く事を承諾した。 ムジカ達とエマ達、それぞれがノーマンのいる王都へ向かう。 スポンサードリンク エマに要求したご褒美とは? XXXがエマに対し、自分へのご褒美は、君のー。 この先は今回語られる事はありませんでしたが、エマの驚愕した表情からして、 意外なものを要求されたのではないかと思います。 エマの脳が美味しそうだと言っていたXXX。 脳を要求することもあり得なくはないですが、そうなってしまってはエマはこの作品から退場となってしまいます。 だとすると、 君のーーの先に続いた言葉はなんだったのか。 君の大事な人を差し出すなどもあり得ますが、 前回の約束の時は鬼と人間の双方にいい思いもさせるがそれなりの代償も与えた約束でした。 エマの望みは 鬼から食事を奪うようなもの。 その望みに値する代償と言う名のご褒美は、 エマにとってとても辛く伸し掛かるようなものと考えます。 ドンとギルダの方も気になる展開となっていますが、エマに告げられたご褒美の方が私はすごく気になります。 スポンサードリンク 約束のネバーランド144話ネタバレまとめ XXXに望みを伝えたエマは、 XXXにご褒美を要求される。 一方、ソンジュとムジカを探していたドンとギルダ達は、遂に ムジカ達と再会する。 だが、ノーマンから 邪血の抹殺を命令されていたハヤトは、ドン達に気づかれないように発信機のボタンを押し、 ジン達に居場所を教えてしまうのだった。 再会を懐かしむドンとギルダ達の周りをあっという間に取り囲むジン達。 だが、取り囲んだはずの ソンジュが一瞬の内にジンの背後に回り込むのだった。 果たして、エマはXXXから一体何を要求されたのでしょうか? ソンジュとハヤト達は争う事になってしまうのか? 次回も見逃せない展開が続きます! 次回の『約束のネバーランド』第145話を楽しみに待ちましょう!.

次の