乳がん ブログ アメブロ。 北斗晶のアメブロ(ブログ)で乳がん手術を報告

乳がん 人気ブログランキングとブログ検索

乳がん ブログ アメブロ

こんにちは😃 先日我が家にも特別定額給付金が振り込まれました。 申請書を出してから2週間くらいでした。 我が家は3人家族なので30万円。 ありがたいです。 そしてその2日後、住民税の納税通知書が届きました。 いただいた30万、丸々なくなります😭 それでも大助かりです。 この給付金、二重払いがあったりしたとか? そのまま貰いたいところですが…😅 そういえば、前にこんなニュースを見ました。 戻ってくる還付金166万810円のところ、その10倍の1668万810円が振り込まれていたらしいです。 行政も1年半も気づかず。 気づいたあと本人に返還を求めたけど、すでに1500万円あまりは借金の返済などに使… 雨ねー! ホント、雨だと暗くなるねぇ。 ご主人様の気持ちがわかるのか、ロッチャンもなんかだらだらして、寝てばかり。 ロッチャンは、病気じゃないのよ。 ご飯は、食べてるからね。 じぞくかきゅうふきんのユーチューブみて勉強してたのにさ・・ 持続化って知ってんのにね・・ 多分、仮タイトル(よくする)で特別給付金とかなんとか入力して、中途半端な訂正してコピペしたんでし… 「その他生活ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順• 主に大阪・兵庫・京都・奈良を中心に、 エアコンの内部洗浄をはじめ 日常のおそうじでは難しい箇所、 お住まいのご入退去時、 定期的な大そうじに関する記事を掲載しております。 散らかった空間に居ると、 人の考えはまとまらず、注意が散漫になりがちで、 落ち着いた気分を保つ事が困難になります。 ある心理学者の研究結果では、 散らかった部屋やそうじの行き届いていない空間で 生活をしていく事で、整理面においても肩こりや 首の痛み、血圧・心拍数の増加、 精神的なイライラ状態を引き起こす原因となる事が 明らかにされています。 そういう心の状態が日常になってしまう事で、 コミュニケーション面において本来自身の持つ 長所が充分に発揮されず、 周囲の理解や評価が得られにくくなるという 悪しき連鎖につながりかねません。 とはいえ多忙な現代人にとって時間は最も貴重なモノ。 単身者でほぼ帰って眠るだけといった方から、 たまの休日は子供と有意義に過ごしたいご家族、 共働きで家ではゆっくりした方、 高齢でそうじまでなかなか手が回らない・・・ そんな方々に成り代わりお掃除をしております。 ご興味のある方は是非お立ち寄りください。

次の

妊娠中に乳がん再発。生まれた息子はダウン症。闘病生活を“前向きに”ブログで発信

乳がん ブログ アメブロ

この記事の目次• 北斗晶がブログで乳がん手術終了を報告 北斗晶といえば、元気ではっきりとコメントをするタレントとして人気のある女性ですが、まさかの乳がん報告をされたのは、2015年9月23日で、翌日の24日は乳がんの手術を受ける事実を、アメブロというブログで報告しました。 彼女の乳がん発表は、ちょうど川島なお美さんの健康状態が心配されていたときでもあったので(残念ながら川島なお美さんは9月24日19:55に亡くなってしまいました)、とても多くの方から反響があり、なんと5万人の方々が健康に関して配慮した言葉を投げかけたと言われています。 24日に乳がん手術を受けた北斗晶は、2日後の26日にアメブロのブログを更新して、手術後の経過を報告したので、内容をまずは見ていきましょう。 「術後はお陰様で順調に回復しています。 いい先生や看護師さんに助けられ、自分の足でトイレまで行けるようになりました。 」 乳がん手術を受けて、その後の経過を、北斗晶はそのように報告し、元気そうな姿の写真も一緒にアップして、すっきりとした顔を見せ、ファンの人たちを安心させたようです。 通常、乳がんのしこりは、徐々に時間をかけてゆっくりと大きくなるのですが、北斗晶の場合、それが一気に育ってしまったようで、手術をしたときには、大きさが直径2・5cmにまでになっていたようで、さらに脇のリンパまで転移をしていたと報告しています。 脇のリンパも取り除いたため、右手の神経が鈍くなり、今後はリハビリを続けていきながら、さらなる回復をさせることも一緒に報告しています。 *早くこのように回復されるといいですね! なんでも、北斗晶の今後の課題の一つとして、乳がん手術でリンパも取り除いたため、リンパのむくみを起こさないように生活することが大事だといわれているようです! 北斗晶が今後気をつけなければならないリンパのむくみとは一体なんでしょうか? 実はこれ、がん患者が、手術などでリンパなどを取り除いたり、放射線療法でリンパの流れが停滞するため、生涯、腕や足がむくむことがあるのですが、北斗晶が手術した乳がんや皮膚がん、子宮がん、卵巣がん、前立腺がんなどの後遺症で、発症する症状で時期に関しては個人差があるものです。 手術後から発症する場合や、手術後10年経過して出てくる場合があると言われていますので、北斗晶のアメブロのブログ記事を読むと、一番の課題だと書かれているだけですから、現在はまだリンパのむくみは出ていないのかなと思われますが、今後気をつけたい症状の一つであるのは間違いなさそうです。 北斗晶が気をつけなければならないリンパのむくみは、すべての患者に発症するわけではないのですが、一度発症すると、治りにくいためやっかいな症状となるようです。 しかも、軽いものならまだいいのですが、重症化すると、日常生活に支障が出るほど状態が悪くなるので、仮に今後北斗晶がこれを発症した場合、早い時期から治療を開始して悪化しないようにするのが大事だと言われています。 一般的に乳がんの手術などの治療を行った人の場合、リンパのむくみが出る場所は、肘の上下だといわれていますので、ここがむくむと、かなり日常生活が困難になるのは間違いないと考えられますから、北斗晶にとっては、今後これらの症状を出来る限り出さないように気を配る生活態度が重要となってくるようです。 今後、乳がん手術をした北斗晶が、リンパのむくみを起こさない、もしくは出来る限り悪化させないようにするには、次の注意点を守るのが重要であるといわれています。 個人的にも、すごくハードな毎日だったのではないかと推測しますから、今後は、乳がんの手術も無事終えたので、食生活も変えていきながら、リンパのむくみに注意する生活をしていく中で、もっとすっきりと痩せて、より綺麗になってファンの前に登場してくれるのではないかと思いますが、あなたはどう感じますか? 料理も得意で、ちゃちゃっとこなしてきた北斗晶にとっては、体が自由に動かせないのはストレスになるかもしれませんが、もっとゆっくり生きていいんだよと言われていると考えて、ペースを落として生活を愉しむようにされるといいのではないかと思われます。 アメブロのブログで報告した内容によると、26日の更新では、右乳房を全摘出しているのですが、まだ怖くて見ていないと語っています。 これまで仕事を走り続けてきた北斗晶は、乳がんになって仕事が出来なくなった今、不安なことも沢山あるようですが、仲間から旦那さんに仕事のオファーがくるなど、助けられているようです。 アメブロのブログ記事の内容によると、北斗晶は、毎年乳がん検診を受けていたのにも関わらず、発症してしまったようですから、何が起こるかわからないのが人間の人生です。 最初は周囲に話さず、手術を受けて仕事に復帰しようと考えていたようですが、どうやら北斗晶本人が思うよりも、乳がんの状態は深刻であったようで、そう簡単に考えられない状態であったようですが、ステージ的にはそれほど進んでいいないと考えられますし、手術後の顔写真を見ると、かなりスッキリした顔立ちをしているので、健康を取り戻してくれるのではないかと思いますが、あなたはどう思いますか? 現代では、ちょうど北斗晶と同じ年代の、40~50代の女性の死因で一番多いのが、今回北斗晶が発症した乳がんですから、今回綺麗に切り取ることが出来たということですから、とりあえず安心ではないかと思われます。 旦那さんの健介さんは、妻が乳がんになったことを知ってから、痩せてしまったようですから、家族の心労を思うと、胸が痛みます。 アグネス・チャンもエールを送ったときに、がんは本人も大変だけれど、家族が一番大変だと語っていましたが、個人的にがんの親を看取った経験から、確かに本人も非常に辛いと思いますが、家族もとても大変だったことを思いだしました。 結婚生活20年目になったという佐々木健介&北斗晶夫妻ですが、まだまだ子供は下が中学生ですから、元気でいてもらわなければと思わずにはいられません。 乳がんの手術は無事に終わったようですから、ゆっくりと休んでいただければと思います。 北斗晶の息子 北斗晶には、2人の息子がいます、1998年に長男を出産、2003年に次男を出産していて、それぞれの生年月日までネット上では調べられていますが、ここではそこまでシェアすることは控えたいと思います。 2015年9月下旬現在で長男は17歳、次男は12歳になったところですから、まだまだ親の力が必要な世代ですから、北斗晶も乳がんという病気にまけていられません。 一緒にテレビ出演をしたこともある息子達ですが、長男の名前は健之介君、次男は誠之助君といいます。 ネット上では一部ですが、北斗晶の次男が発達障害ではないかという噂が飛び交った時期があるようですが、調べていくとこれはガセネタのようですから、真相は違うということのようです。 息子については、毎年海外のサマースクールに参加させているという情報などもありますが、今年は7月12日に二人して旅だったことを、北斗晶がアメブロのブログで報告していましたが、しかも毎年違う国のサマースクールに参加させているようで、今年はカナダだったそうです。 アメブロのブログ記事には、息子二人がどんなものを食べているのかが心配で見学に行った様子などもアップされていましたが、なんでも、長男の健之介君は、小学生の頃にいじめにあったこ経験があり、それが原因で不登校になった経験を持っているようですが、親としては心配だったのではないかと思います。 次男の誠之助は、今年中学生になったので、今年(2015年)からは、長男と一緒にサマースクールに参加するようになったようです。 二人の息子の教育方針について、海外のサマースクールに参加させる理由を、北斗晶は次のようにアメブロのブログ記事で綴っています。 なんでも、長男の健之介君は、現在高校2年生なのですが、卒業後は海外の大学に進学したいという気持ちを持っていると、アメブロで北斗晶自身が書き綴っていて、今年サマースクールで参加したカナダも候補の一つとなっているようです。 今回は先程も書いたように、二人がどんなものを食べているのか? カナダが長男の大学進学先の候補であるため、夫婦はこの地を訪れ、見学をしていたようですが、その時のブログ記事によると、長男の健之介君はどちらかというと社交的なタイプで、次男の誠之助君は、自分から人の輪に入るのは苦手であると話していて、ちゃんと過ごしているのか心配していたようですが、メキシコ人の男の子達と一緒に食事を摂っている姿を見て安心したと語っています。 息子二人も、元気にすくすくと育っているようです、母の顔をアメブロのブログ記事で見せる北斗晶に共感する親も多いようですから、同じように子育てをしている世代の人からみたら、とても親近感がわくのは当然なんだろうなと、アメブロに綴られるブログ記事を眺めてそう強く感じてしまいました。 ちなみにサマースクールとは、夏休みに行われる短期留学のようなもので、世界中から集まる子どもたちと一緒に過ごしながら、英語力を高められたり、親から離れて海外で過ごすことで、子供が自立心を育め、他国の子供とふれあうことで新しい発見や経験が出来、他の国の子供と友達になれるなど、日本で暮らしていては経験できないようなものを理解出来る、素敵なプログラムとなっています! 小学生から高校生までが対象となっていて、参加する国は、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、マレーシアなどで、期間は2~8週間ほどです。 費用ですがまちまちで、一般的には30万くらいといわれているようです。 子供の頃から海外で他の国の子どもたちと触れ合いながら、短期間の間で仲良くなった子どもとまた離れてしまう寂しさを味わうという経験は、とても貴重な経験となると思います、10代の頃からいろんなものを学んでいくのはとても良い刺激となるのではないかと思います。 北斗晶のアメブロが人気の理由 現在、乳がんの手術を無事に終え、治療に専念している北斗晶のアメブロで綴られているブログが大人気ですが、これにはなにか理由があるのか? なんでも以前、辻希美が、非常識な子育てをブログ記事にして苦言をいわれていた頃に、北斗晶がブログ記事で彼女をかばう内容の記事をアップした経緯があったり、SMAPの番組に出た時のウラ話なども披露するなど、一般の人が知りたいと思っている話しや、言いたくても言えない発言、さらには子供に対する思いや、本音で綴る内容などが多くの人から共感されていることなどが、人気の理由であると考えられるようです。 他には、アメブロのブログ記事で、きっちりと主婦として倹約家ぶりや、料理の工夫などを披露しているようで、主婦層からすると、自分たちの見方と同じだという思いが強い共感となって、じっくりとこのような人たちから支持されているようです。 コストコでお買い物をする姿や、低価格のお店で買物をして料理の腕を振るっていたりと、地に足のついた生活ぶりや、北斗晶独特の語り口などが人気の理由でもあるようです。 そして、このアメブロに綴られるブログ記事の人気を支えているのは、やはり、一時期生活苦を経験した事実などが、大きなベースになっているようです。 なんでも、プロレスラーを引退して、子供のために専業主婦になろうと決めたときに、夫の佐々木健介さんがけがをしてしまい、所属していたプロレス団体から解雇されたため、一気に家計は苦しくなり、当時一番大変だったときには、家中のお金を集めても6000円しかなかった時期もあったといいます。 一番厳しかったときには、庭に畑を作り、生ごみをほとんど出さない暮らしをするなど、大変な思いをした経験から、食材を根こそぎ使い切る料理レシピ本を出すほど、生活に密着した生き方をしている経験を、さらりとブログ記事に綴っているため、セレブのような生活スタイルではない生き方に、多くの方が共感しているのも、北斗晶のアメブロが人気となっている理由でもあるようです。 その後は、夫の佐々木健介を支えるため、プロデュースを成功させ、フリーランスのレスラーとして活躍できるように、いろいろと策を練って仕事を後押ししていったのです。 これらの経験から、北斗晶はいかに家族が大事か、日常生活がとても大切なのかを身を持って知っているため、彼女のアメブロで綴られるブログ記事などの言葉が、一般の人たちの心に深く浸透するのが、人気の高い理由でもあると考えられるようです。 人生経験が豊富なことや、トークの引き出しが多い様子なども、テレビなどで見ているファンから見れば、共感や安心感、さらに信頼度に繋がるのも、北斗晶のアメブロの記事などが人気となっている理由でもあるようですが、しっかりものという印象も強く、とても身近に感じられる話題なども、共感されているのだろうなと感じられます。 今回、まさかの乳がん発症で、手術に踏切り、術後の経過などを報告するためにアメブロにブログ記事をアップしていますが、ここにも家族に対する思いをしっかりと書き込んでいて、家族を大切に想う北斗晶に対して、さらなる共感の声や励ましの言葉などが送られているようです。 北斗晶のアメブロの読者数は出ていないので分かりませんが、アメンバーの数は2015年9月27日時点で、なんと!251186人と、25万人以上いるというのですから、すごいです。 これはアメブロのブログを登録している人が申請を出している数ですから、いちいちそんな面倒なことをせずに日々ブログに訪れている人の数を考えれば、相当な数の人たちが、北斗晶のブログ記事を見ているということになりますので、一体毎日どれくらいのアクセスがあるのかを考えると、めまいがしそうな数字だと思われます。 2014年4月のアメブロアクセスランキングで、北斗晶のブログは6位だったのですが、調べていくと、ブログの収入はだいたい月に推定で300万円ほどあるといわれていますから、年収で考えると、3600万円以上になりますから、意外と高収入となっています! 今回乳がんで仕事を休むことになってしまい、番組出演などが出来なくなったため、全体的な年収は下がってしまうのはやむおえないかと思いますが、それでもアメブロでブログ記事をアップし続けていけば、ある程度の収入は得られるので安泰ではあるかと考えられます。 ファンにとっても、術後の元気そうな姿の写真を見せてもらえたのは、安心感に繋がったと思いますので、今後も術後のリハビリ、化学療法を続ける中での変化などをアメブロで紹介していけば、アクセスも安定していくと考えられますから、病気で仕事が出来ない期間は、夫もいることですし、ブログ記事を書けますから、一度陥った極貧になるようなことはないと考えられます。 多くの方から支持されている北斗晶の、乳がんの手術後の様子など、今後もマメにブログを更新して、伝えてくれると、ファンは安心ですね! 北斗晶のアメブロが人気の理由は、やはり人間性が全面に出されていて、隠し事のないあっけらかんとした姿などが共感を呼んでいるのは間違いないと思われますが、一度は極貧を味わった経験を持っているため、堅実的な金銭感覚を持っている様子も、やはり一般人の人たちから見たら、とても共感出来るのではないかと推測されます。 乳がんを発表して世間を驚かせた鬼嫁として有名になった北斗晶、今後手術後の経過などをアメブロのブログ記事で知らせながら、まずはゆっくりと養生されていただければと思います。 <ブログライターkomichiからのお願い> 本サイト「働く女性の味方. com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。 この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。 20代・30代・40代OLの働く独身女性応援サイト 働く女性の味方. comでは、気になるあの女優さんはなぜ美肌なのか?あんな髪型にしたい!メイクをまねしたい!などの美容コラムから恋愛・仕事・芸能・ファッション・ニュースの最新情報まで幅広く配信していきます。 20代の方は仕事よりも美容や恋愛・ファッションに興味があったり、30代の方は少し社会人経験が長くなり仕事のキャリア、そして結婚・婚活を意識される世代。 40代は、恋も仕事も一通り経験されて独身女性の方も結婚されている方も人生そのものを見据える時期だと思います。 ただ、当サイトの目的は、20代であれ30代であれ40代であれ「働く女性」の皆さんへ世代を超えてお役立ち情報を様々なジャンルに渡ってお届けすることです。 働くOLの皆さんが当サイトを通して、恋に仕事によりよいライフスタイルが送れるきっかけになれば幸いです。

次の

貧乏・生活苦 人気ブログランキングとブログ検索

乳がん ブログ アメブロ

10月は乳がん月間 乳がんは、乳腺にできるガン。 今では、日本人女性の11人に1人が乳がんにかかると言われている。 2017年6月、小林麻央さん(34)が乳がんで亡くなった。 そして、今年の8月にも漫画家のさくらももこさんが53歳で死去するなど、乳がんになる人は30歳代から50歳代までの働き盛りの世代に多く、この年代の女性のがん死亡原因のトップとなっている。 そんな中、同じく乳がんを患い、果敢に病と闘う日々の様子をブログで力強く発信している女性がいる。 「書いて叶える!」 「思っていること、信じていることを書くと叶う気がするし、それを他人に言うと叶えなきゃいけないと思える。 書くことで客観的に見られて、冷静になれる」 こう話すのは、品川区在住で幼い二人の子供を育てる会社員(42)のママ。 ブログでは「pumiy」と名乗り、フォロワーは 14,800 人を超える。 一日のPV(ページビュー)が120万件を超えたこともある「アメーバブログ」の人気ブロガーの一人だ。 麻央さんのブログに勇気づけられ、自らも闘病記をブログに綴るようになったという。 Pumiyさんのブログより 一回目の乳がん Pumiyさんが最初に癌と診断されたのは、第一子を出産後の2015年。 「授乳中の10か月ごろ長女が母乳を飲まなくなって…搾乳をしているときに違和感もあり、レディースドックでマンモとエコーを受けた結果、左右ともにステージ0の『非浸潤性乳管癌』(リンパ節への転移は見られない乳腺内の癌)と診断されました」 幸いにもほかの臓器への転移が見られなかったため、両側を全摘し、同時に再建手術を受けた。 婦人科検診はは27歳のころから毎年受診していたという。 祖母が乳がんを患っていたこともあり、遺伝的なものを疑ったが、検査の結果、遺伝性ではないことが分かった。 第一子を妊娠する直前の人間ドックで受けたマンモとエコーでは、どちらもA,A判定で問題なかった。 そんな中でのがん告知。 「娘がおっぱいを嫌がっていたのも、卒乳が10か月と早かったのも、何かを伝えてくれていたのかな…」 日々の育児で自分のことは後回しになってしまう母親に、長女は病院に行くようサインを送っていたのかもしれない。 まさかの再発、しかも肝臓への転移で『ステージ4』 両側の全摘再建手術から約1年半。 待望の第二子を妊娠し、喜びのさなか、今度は、胸骨にシコリを発見した。 「2017年4月ごろに右胸の上の部分がポコッとしていることに気付き、夫にはすぐに医者に行くように言われていたのに、6月末に検診があるからそこで聞くと言ってそのままにして、さらにその検診をすっ飛ばしてしまい…結局診察に行ったのは8月1日でした。 先生からは全摘してもリスクはゼロではないと言われていたのに、私の中では『全摘したから大丈夫』と思ってしまっていた…いろいろと後悔はあります」 当時は、妊婦健診に加え再建した胸の診察など、あらゆる検査が重なり、医師からも胸のシコリを指摘されることがなかったため、そのままにしてしまったという。 Pumiyさんのブログより Pumiyさんは当時の状況をブログにこう記している。 【針生検と細胞診の結果】 ステージ4 リンパ節転移あり 肝臓転移あり 血液検査異常無し 現在妊娠7ヶ月(28週)のため、骨、肺、脳の転移は調べられず 一刻も早く治療を開始することが必要だったPumiyさんは8月末、妊娠中でも胎児への影響はないとされる、胎盤を通さない抗がん剤治療に踏み切った。 初めての抗がん剤治療。 「妊娠中だったので選択肢は限られていて、できることをやった。 6月に麻央ちゃんが亡くなったばかりで、自分も死んでしまうんだなと思った。 職場の上司には、仕事とか考えている場合じゃないんです。 私長くないんで、少し早目に産休に入りますと伝えた」 生まれた長男はダウン症候群 Pumiyさんのブログより そうこうしているうちに臨月を迎え、10月に無事長男を出産した。 38週で自然分娩で生まれてきた息子の体は小さく、動きがあまり活発でなかった。 念のため検査をすると… ダウン症候群であることが発覚した。 当時のブログには… 『はじめに可能性を示唆されたとき、「おー、神さま、今度はそうきますか!」という感覚で、笑。 因みに、ダウン症候群は細胞が分裂する際の染色体の異常なので、妊娠中の抗ガン剤は全く関係ありません!!』と書かれている。 抗がん剤治療を続けながらのダウン症の息子の育児。 それでもPumiyさんはどこまでも前向きで笑顔が絶えない。 「吐き気や怠さはないけど、しびれと口内炎には悩まされ、それ以外は普通に元気に生活しています。 天気が悪くて家でじっとしていると余計なことを考えてしまうから、子育て中で日々忙しい毎日で良かった。 それをわかってこの子は生まれてきてくれたのかもと思う」 ブログの力 治療の経過や長女の保育園でのイベント、息子の話などブログにはあらゆる話題が詰まっている。 文末には必ず家族や友人、同僚、読者への「感謝」の言葉が並ぶ。 最近は、「ブログやっていますか?見ています」と病院で声をかけられることもあるという。 「いろんな人からのコメントで、勇気づけられますというのが多くて励みになる。 同じ病気の人に少しでも役に立てれば。 病気に負けず、長生きする姿、息子の成長の記録などを伝えていきたい」 二度目の乳がん治療を開始してから一年あまり。 34回の抗がん剤点滴を終え、肝臓の転移は消えた。 12月には、胸のシコリを取る手術も決定した。 息子とヨガを楽しむPumiyさん(ブログより) ステージ4でも決して諦めず、前向きに元気に病気に負けない姿を見て欲しい。 同じ病気の人に少しでも役に立ち、そして、乳がん検診をしっかり受けてほしい。 そんな思いから始まったブログは今、多くの同じ病気で果敢に戦う女性達の励みになっている。 Pumiyさんのブログ.

次の