声優 に なるには。 声優のレッスンってどんなの?プロが養成所の内容も紹介!

声優になるには自主練習が必須?【自宅でやるべき練習法まとめ】

声優 に なるには

声優になるにはどうすれば良いのか、基本的にはまず声優事務所への所属を目指すことになります。 業界にはフリーの声優も存在しますが、アナウンサーと同じで知名度も実績もない声優が、いきなり事務所に所属せずにフリーランスで仕事をもらうことは不可能に近いと言えます。 プロの声優になるには声優事務所に所属して、マネジメントを受けて売り出してもらうことが必要になります。 それでは、声優事務所に所属するにはどのようなステップを踏めば良いのか、4つの道順についてそれぞれ詳しく解説していきます。 声優養成所 声優養成所とは、声優事務所や声優を抱える芸能プロダクションが、新人声優を育てるために設けた養成機関です。 声優養成所と事務所は併設されていることが多く、事務所のマネージャーは常に声優養成所から新人を発掘しようと目を光らせています。 声優養成所に入るには基本的にオーデションを受ける必要がありますが、およそ半数の受験者は声優未経験者です。 オーディションは高倍率の声優養成所もあれば、学費さえ払えれば合格できるような声優養成所もあります。 高卒から社会人まで、声優になるには最も一般的と言えるルートです。 声優養成所では、発声や滑舌などの基礎訓練から、演技やアテレコのような実践的なレッスンまで受けます。 1週間のレッスン時間は2時間から5時間程度という声優養成所が多く、養成期間は1年〜2年となっています。 声優養成所によっては養成期間の途中であっても、実力が認められれば仕事をもらってデビューできることもあります。 養成期間を終えると、声優事務所への所属をかけたオーディションを受けて、見事合格すれば声優事務所に所属となります。 なお、事務所所属にはプロの声優として積極的なマネジメントを受けられる「正所属」と、研究生のような扱いの「準所属」があります。 準所属は預かりやジュニアとも呼ばれ、マネジメントを受けて声優の仕事をもらえますが、声優だけで食べていくには厳しい収入となります。 声優事務所によっては準所属の声優はレッスンを受けられるところもあり、正所属を目指してさらなる技術の向上を目指します。 声優専門学校とスクール 声優になるには王道ルートが二つありますが、一つは声優養成所への入所、そしてもう一つが声優専門学校への進学です。 現在プロとして活躍している声優の大半は、声優専門学校か声優養成所を経由しています。 声優養成所は事務所やプロダクションが運営する養成機関ですが、声優専門学校は"学校"です。 声優養成所は週に1回〜3回程度通うのが一般的ですが、声優専門学校は全日制で通うのが一般的です。 声優専門学校の方が授業のコマ数が圧倒的に多くなるので、声優未経験者で一からしっかり学びたい方に人気があります。 また、国から認可を受けた学校法人が運営するのが専門学校なのに対して、一般企業が運営しているのが声優スクールと分類されます。 専門学校とスクールにはそれぞれメリットデメリットがありますから、声優の学校を選ぶ際には参考にしましょう。 オーディション オーディションで素人がいきなり声優になるには天性の才能が必要ですが、見事に合格を勝ち取ったら、一気に有名声優への道を駆けあがれるチャンスがあります。 声優のオーディションには、声優事務所による所属オーディションと、映画やアニメに出演する声優の一般募集のオーディションとがあります。 実際にオーディションを受けて、声優未経験ながらプロの声優としてデビューしたという有名声優は、ごく僅かながらいます。 しかしながら、声優になれる可能性としてはかなり低く、余程輝くものがない限りはオーディションを通して未経験から声優になるというのは難しいと考えた方が良いでしょう。 また、アニメ声優の一般公募オーディションの中には、 アニメの宣伝を最大の目的としているだけで、オーディション合格者が1人も出ないオーディションなどは数多く存在します。 その状況でも審査員に合格させたいと思わせるような、何か強い特徴を持っていなければオーディションから声優になることはできません。 声優は声が特徴的だからと言ってなれるものではなく、スキルや演技力が必要となる仕事です。 それらを磨くためにも、声優になるには声優養成所や専門学校を経由するのが一般的でありおすすめです。 また、一般公募している声優オーディションの中には、受験料を取るだけで合格者は出さないような詐欺オーディションも少なからず存在します。 声優の一般公募オーディションを受けるのであれば、名前の知っているアニメ制作会社や声優事務所の名前があるか、申し込み前に必ず確認するようにしましょう。 俳優やタレントからの転身 最近はアニメ映画の声優にタレントや俳優が抜擢されることも多くなりましたが、タレントや俳優から声優への転向を目指すのも、声優になる方法の一つと言えます。 しかしタレントや俳優が声優の仕事のオファーを受けようと思ったら、本業となるタレントや俳優として有名になるのが条件となります。 声優になるには並々ならぬ努力と運が必要ですが、タレントや俳優になるにも同じことが言えます。 その点から考えると、声優になるには少し遠回りの道とも言えます。 小学生 将来は声優になりたい!声優になるにはどうすればいいんだろう?とお考えの小学生もいらっしゃるでしょう。 まずはたくさんのアニメや映画を見たり、たくさんの本を読むことから始めてみてください。 また、お父さんやお母さんに早いうちから相談することが大切です。 声優になるには厳しい道を進むことになりますが、親は子供を心配するものです。 小学生でも入れる声優養成所(せいゆうようせいじょ)は少ないですが、インターナショナルメディア学院は小学生でも通うことができます。 当サイトでもおすすめしている実績豊富(じっせきほうふ)な声優養成所なので、興味がある方は資料請求(しりょうせいきゅう)して調べてみましょう。 声優は声がカワイイというだけでなれるものではなく、しっかりとした基礎訓練(きそくんれん)が必要なお仕事です。 最近では小学生で活躍している声優も少なくはないので、できるだけ早い段階で声優の勉強を始める方が良いでしょう。 また、なかなか売れない子役タレントが、声優に転向(てんこう)して成功するケースもあります。 声優以外のお仕事にも興味があるなら、子役タレントの事務所オーディションを受けてみても良いかもしれません。 中学生 将来は声優になりたい!声優になるにはどうすればいいんだろう?とお考えの中学生の皆さんは、まずはご両親に少しづつでも相談してみましょう。 そして、多くのアニメ作品や映画を見て、漫画や小説をたくさん読むことを心がけてください。 声優になるには、声だけでキャラクターに命を吹き込む演技力が必要となります。 学校に演劇部があれば、そこで学ぶことは声優になるために必ず役立つでしょう。 中学生を受け入れている声優養成所は限られてきますが、実績が高く当サイトでもおすすめしているインターナショナルメディア学院では、中学生を対象とした声優養成コースがあります。 興味がある方は資料請求をしてみて、ご両親に声優になりたい思いをじっくり聞いてもらいましょう。 高校生 高校生のあなたが声優になるには、おすすめできるのは以下の3つのルートです。 声優養成所には週1〜2回レッスンのところが多く、声優専門学校にも夜間コースや土日コースを設けているところがあります。 週1回のレッスンであれば、大学に通いながらバイト代で授業料を支払うこともできます。 また、大学に通って色々な経験をすることで、演技の幅や想像力が広がりますし、声優になれなかった時の保険にもなります。 声優になるには運も必要ですから、声優になれなかった時の道を考えておくことも大切なことです。 まだ高校1年生ということであれば、ぜひ演劇部に入って演技力を磨いてほしいと思います。 声優に求められているものは可愛い声や個性的な声ではなく、キャラクターを演じる演技力です。 また、親と相談してみて可能であれば、声優養成所に通ってレッスンを受けることも検討してみましょう。 声優事務所に所属となりデビューするまでには、どんなに短くても1年以上は声優養成所に通った人がほとんどです。 若いうちから声優デビューして活躍するためには、高校生のうちから声優養成所に通う方が圧倒的に有利になります。 大学生 大学生のあなたが声優になるには、まずは大学と並行して声優養成所や声優専門学校に通って、本格的に声優の勉強を始めることをおすすめします。 声優養成所には色々な年齢の人が通っていますが、特に多いのは18歳〜25歳くらいの世代です。 大学生であればちょうど同世代の人も多く、声優養成所に通い始めるには適齢期と言えます。 声優になるには若い方が有利なので、今あなたが大学生で声優になりたいということであれば、少しでも早く声優のレッスンをスタートさせることをおすすめします。 社会人 あなたが会社員やフリーターであっても、声優になるには遅すぎるということはありません。 小林裕介さんや諏訪部順一さんのように、社会人として仕事をしながら、声優養成所や専門学校に通ってデビューした声優はたくさんいます。 20代で会社員やフリーターをやっているあなたが声優になるには、 少しでも早く声優養成所や専門学校に入って、本格的な声優のトレーニングを受けることです。 声優養成所は週に1回から通えるので、仕事が休みの日に習い事程度のお金で通うことができます。 また、声優専門学校の中には、社会人でも通えるように夜間や土日コースを設けているところもあります。 社会人から声優になるには、まずは声優養成所や声優専門学校について調べて、自分に合った声優養成所や専門学校を見つけましょう。 仕事が忙しくて声優養成所には行けない、お金がないから専門学校には通えない、それは夢を諦める言い訳にしかすぎません。 夢は自分から逃げて行くことはありません。 20代で社会人のあなたが声優になるには、まずは行動することが何よりも大切です。 声優は声に特徴がないとなれない? 声が低い、声が可愛くないという理由で、自分は声優になりたいけどなれないと考えている人もいるかもしれませんね。 しかし、声優になるには声が良いことは必要ではありません。 確かに他の人には無い特徴的な声の持ち主は、声優になってからはそれが武器になることはあります。 しかし重要なのは声質ではなく、しっかりとした発声や発音、そして音圧と言ったもので、それらはトレーニングを積むことで鍛えられるものです。 そして、声優に求められている1番大事なものは、声の可愛さやカッコよさではなく演技力です。 身体を使った表現ができない中で、どれだけ声に感情をのせて、キャラクターに命を吹き込むことができるのかが大切です。 また、プロとして第一線で活躍している声優は、色々な役を声色を変えて演じ分けています。 声が低い、声が可愛くないなどは全く関係のないことで、1番大切なのは演技力です。 もしもあなたの声が低く可愛くない声なのであれば、低い声で可愛げのないキャラを演じられるのはあなただけなのです。 声優になるには演技力が必要! 声優になるために最も重要なこと、それは演技力です。 「声優は俳優である」というのは声優業界では有名な言葉ですが、その言葉の通り声優の仕事は演じることです。 自分の姿が映らない状態で、マイクを通した声だけでキャラクターの感情を表現する、息づかい一つにも演技力が求められます。 そのため声優養成所や声優専門学校では、授業に必ず舞台演技やエチュード(即興劇)というものがあります。 演技力は様々な経験を積むことや、たくさんの作品に触れて感情表現の幅を増やすことでも養われますが、やはり1番良いのはプロの指導者から直接教わることです。 声優は可愛くないとなれない? 声優は基本的にアフレコが仕事になりますから、顔や容姿が良くなくとも声優になることは可能です。 モデルやアイドルとは違って、世の中の全ての声優が可愛い、カッコいいわけではありません。 しかしながら"顔がいい"というのは声優になるには、また声優になってから武器になることは間違いありません。 最近は声優がファンサービスを行なったり、アニメ主題歌でCDデビューすることも多くなりました。 人前に出ることも多くなった声優ですから、顔や容姿が優れているのは声優を目指す上で強みとなるでしょう。 プロの声優になるには本気の気持ちが必須 声優になるということは、俳優やタレントと同じく芸能人になるということです。 声優を目指す人はたくさんいますが、夢を手にする人は一握りです。 長い時間とお金をかけて努力しても、実際に声優になれるかどうかは分かりません。 プロの声優になるには、どんなに苦境に立たされても決して心折れることなく、最大限に努力し続けること、そして声優になりたいという思いを強く持ち続けることが大切です。 腹式呼吸 声優養成所や専門学校でまずはじめに教わることは腹式呼吸です。 長いセリフや大きな声で発するセリフなどは、腹式呼吸が出来ているか出来ていないかで大きく違います。 腹式呼吸は発声の基本で、声優になるには必ず身につけなければならないスキルです。 鼻から息を吸ってお腹から声を出せるように、今から腹式呼吸を練習しておくと良いでしょう。 正しい腹式呼吸が出来ていないまま、喉を使った発声ばかりしていては、喉がつぶれてしまう可能性があります。 発声のトレーニングをするのは腹式呼吸ができてから、できることなら声優養成所や専門学校に通ってプロから正しい腹式呼吸と発声を教わりましょう。 標準語と正しい日本語を身につける 声優の仕事は大半が東京に集中していて、声優になるには標準語が絶対条件となります。 リアルな関西弁でアフレコができるのも強みではありますが、声優として長く仕事をやっていくつもりなら標準語は絶対条件です。 地方から声優を目指すと、方言は誰しもがつまづくところですから、今のうちから標準語で話すように心掛けておくのも良いでしょう。 また、声優の仕事にはナレーションやアナウンスなどもありますが、それらの仕事では正しい日本語のスキルが求められます。 正確な日本語を今のうちから勉強しておくことをおすすめします。 滑舌練習 声優養成所や声優専門学校では、基礎トレーニングとして滑舌の練習が必ずあります。 外郎売りや早口言葉は自宅で一人でもできることですから、今のうちから練習を始めておくと良いでしょう。 ちなみに外郎売りとは、歌舞伎に出てくる長い台詞の一つで、昔から役者や声優の練習に使われることの多いセリフです。 滑舌は骨格や歯並びによって向き不向きがあるものですが、練習の積み重ねで着実に上達するものでもあります。 また、漫画や小説を声を出して読んでみるのも良い練習で、滑舌だけでなく感情表現を養うこともできます。 さらに、好きなアニメを見ながらセリフを真似てみるのも良いことで、プロの声優の話すテンポや間の取り方を自然と身につけることができます。 とにかくたくさんの言葉を発すること、それこそが声優になるには必要なことと言えます。 読書 声優になりたいという方には漫画やアニメが好きな方が多いかと思いますが、プロの声優になるには小説を読むのも大切なことです。 小説は漫画やアニメ以上に想像に委ねられる要素が大きいので、読書することで想像力が養われます。 声優は台本を渡されたら、台本に書かれたセリフに感情をのせるのが仕事です。 このセリフはどんな気持ちで放たれたものなのか、常に想像して考える力が必要になります。 中学生や高校生であっても読書は誰にでもできますから、将来声優になりたいということであれば、たくさんの本を読んでおくことをおすすめします。

次の

声優になりたい大学生に。はじめるの遅い?方法はあるの?

声優 に なるには

声優になるにはどうすれば良いのか、基本的にはまず声優事務所への所属を目指すことになります。 業界にはフリーの声優も存在しますが、アナウンサーと同じで知名度も実績もない声優が、いきなり事務所に所属せずにフリーランスで仕事をもらうことは不可能に近いと言えます。 プロの声優になるには声優事務所に所属して、マネジメントを受けて売り出してもらうことが必要になります。 それでは、声優事務所に所属するにはどのようなステップを踏めば良いのか、4つの道順についてそれぞれ詳しく解説していきます。 声優養成所 声優養成所とは、声優事務所や声優を抱える芸能プロダクションが、新人声優を育てるために設けた養成機関です。 声優養成所と事務所は併設されていることが多く、事務所のマネージャーは常に声優養成所から新人を発掘しようと目を光らせています。 声優養成所に入るには基本的にオーデションを受ける必要がありますが、およそ半数の受験者は声優未経験者です。 オーディションは高倍率の声優養成所もあれば、学費さえ払えれば合格できるような声優養成所もあります。 高卒から社会人まで、声優になるには最も一般的と言えるルートです。 声優養成所では、発声や滑舌などの基礎訓練から、演技やアテレコのような実践的なレッスンまで受けます。 1週間のレッスン時間は2時間から5時間程度という声優養成所が多く、養成期間は1年〜2年となっています。 声優養成所によっては養成期間の途中であっても、実力が認められれば仕事をもらってデビューできることもあります。 養成期間を終えると、声優事務所への所属をかけたオーディションを受けて、見事合格すれば声優事務所に所属となります。 なお、事務所所属にはプロの声優として積極的なマネジメントを受けられる「正所属」と、研究生のような扱いの「準所属」があります。 準所属は預かりやジュニアとも呼ばれ、マネジメントを受けて声優の仕事をもらえますが、声優だけで食べていくには厳しい収入となります。 声優事務所によっては準所属の声優はレッスンを受けられるところもあり、正所属を目指してさらなる技術の向上を目指します。 声優専門学校とスクール 声優になるには王道ルートが二つありますが、一つは声優養成所への入所、そしてもう一つが声優専門学校への進学です。 現在プロとして活躍している声優の大半は、声優専門学校か声優養成所を経由しています。 声優養成所は事務所やプロダクションが運営する養成機関ですが、声優専門学校は"学校"です。 声優養成所は週に1回〜3回程度通うのが一般的ですが、声優専門学校は全日制で通うのが一般的です。 声優専門学校の方が授業のコマ数が圧倒的に多くなるので、声優未経験者で一からしっかり学びたい方に人気があります。 また、国から認可を受けた学校法人が運営するのが専門学校なのに対して、一般企業が運営しているのが声優スクールと分類されます。 専門学校とスクールにはそれぞれメリットデメリットがありますから、声優の学校を選ぶ際には参考にしましょう。 オーディション オーディションで素人がいきなり声優になるには天性の才能が必要ですが、見事に合格を勝ち取ったら、一気に有名声優への道を駆けあがれるチャンスがあります。 声優のオーディションには、声優事務所による所属オーディションと、映画やアニメに出演する声優の一般募集のオーディションとがあります。 実際にオーディションを受けて、声優未経験ながらプロの声優としてデビューしたという有名声優は、ごく僅かながらいます。 しかしながら、声優になれる可能性としてはかなり低く、余程輝くものがない限りはオーディションを通して未経験から声優になるというのは難しいと考えた方が良いでしょう。 また、アニメ声優の一般公募オーディションの中には、 アニメの宣伝を最大の目的としているだけで、オーディション合格者が1人も出ないオーディションなどは数多く存在します。 その状況でも審査員に合格させたいと思わせるような、何か強い特徴を持っていなければオーディションから声優になることはできません。 声優は声が特徴的だからと言ってなれるものではなく、スキルや演技力が必要となる仕事です。 それらを磨くためにも、声優になるには声優養成所や専門学校を経由するのが一般的でありおすすめです。 また、一般公募している声優オーディションの中には、受験料を取るだけで合格者は出さないような詐欺オーディションも少なからず存在します。 声優の一般公募オーディションを受けるのであれば、名前の知っているアニメ制作会社や声優事務所の名前があるか、申し込み前に必ず確認するようにしましょう。 俳優やタレントからの転身 最近はアニメ映画の声優にタレントや俳優が抜擢されることも多くなりましたが、タレントや俳優から声優への転向を目指すのも、声優になる方法の一つと言えます。 しかしタレントや俳優が声優の仕事のオファーを受けようと思ったら、本業となるタレントや俳優として有名になるのが条件となります。 声優になるには並々ならぬ努力と運が必要ですが、タレントや俳優になるにも同じことが言えます。 その点から考えると、声優になるには少し遠回りの道とも言えます。 小学生 将来は声優になりたい!声優になるにはどうすればいいんだろう?とお考えの小学生もいらっしゃるでしょう。 まずはたくさんのアニメや映画を見たり、たくさんの本を読むことから始めてみてください。 また、お父さんやお母さんに早いうちから相談することが大切です。 声優になるには厳しい道を進むことになりますが、親は子供を心配するものです。 小学生でも入れる声優養成所(せいゆうようせいじょ)は少ないですが、インターナショナルメディア学院は小学生でも通うことができます。 当サイトでもおすすめしている実績豊富(じっせきほうふ)な声優養成所なので、興味がある方は資料請求(しりょうせいきゅう)して調べてみましょう。 声優は声がカワイイというだけでなれるものではなく、しっかりとした基礎訓練(きそくんれん)が必要なお仕事です。 最近では小学生で活躍している声優も少なくはないので、できるだけ早い段階で声優の勉強を始める方が良いでしょう。 また、なかなか売れない子役タレントが、声優に転向(てんこう)して成功するケースもあります。 声優以外のお仕事にも興味があるなら、子役タレントの事務所オーディションを受けてみても良いかもしれません。 中学生 将来は声優になりたい!声優になるにはどうすればいいんだろう?とお考えの中学生の皆さんは、まずはご両親に少しづつでも相談してみましょう。 そして、多くのアニメ作品や映画を見て、漫画や小説をたくさん読むことを心がけてください。 声優になるには、声だけでキャラクターに命を吹き込む演技力が必要となります。 学校に演劇部があれば、そこで学ぶことは声優になるために必ず役立つでしょう。 中学生を受け入れている声優養成所は限られてきますが、実績が高く当サイトでもおすすめしているインターナショナルメディア学院では、中学生を対象とした声優養成コースがあります。 興味がある方は資料請求をしてみて、ご両親に声優になりたい思いをじっくり聞いてもらいましょう。 高校生 高校生のあなたが声優になるには、おすすめできるのは以下の3つのルートです。 声優養成所には週1〜2回レッスンのところが多く、声優専門学校にも夜間コースや土日コースを設けているところがあります。 週1回のレッスンであれば、大学に通いながらバイト代で授業料を支払うこともできます。 また、大学に通って色々な経験をすることで、演技の幅や想像力が広がりますし、声優になれなかった時の保険にもなります。 声優になるには運も必要ですから、声優になれなかった時の道を考えておくことも大切なことです。 まだ高校1年生ということであれば、ぜひ演劇部に入って演技力を磨いてほしいと思います。 声優に求められているものは可愛い声や個性的な声ではなく、キャラクターを演じる演技力です。 また、親と相談してみて可能であれば、声優養成所に通ってレッスンを受けることも検討してみましょう。 声優事務所に所属となりデビューするまでには、どんなに短くても1年以上は声優養成所に通った人がほとんどです。 若いうちから声優デビューして活躍するためには、高校生のうちから声優養成所に通う方が圧倒的に有利になります。 大学生 大学生のあなたが声優になるには、まずは大学と並行して声優養成所や声優専門学校に通って、本格的に声優の勉強を始めることをおすすめします。 声優養成所には色々な年齢の人が通っていますが、特に多いのは18歳〜25歳くらいの世代です。 大学生であればちょうど同世代の人も多く、声優養成所に通い始めるには適齢期と言えます。 声優になるには若い方が有利なので、今あなたが大学生で声優になりたいということであれば、少しでも早く声優のレッスンをスタートさせることをおすすめします。 社会人 あなたが会社員やフリーターであっても、声優になるには遅すぎるということはありません。 小林裕介さんや諏訪部順一さんのように、社会人として仕事をしながら、声優養成所や専門学校に通ってデビューした声優はたくさんいます。 20代で会社員やフリーターをやっているあなたが声優になるには、 少しでも早く声優養成所や専門学校に入って、本格的な声優のトレーニングを受けることです。 声優養成所は週に1回から通えるので、仕事が休みの日に習い事程度のお金で通うことができます。 また、声優専門学校の中には、社会人でも通えるように夜間や土日コースを設けているところもあります。 社会人から声優になるには、まずは声優養成所や声優専門学校について調べて、自分に合った声優養成所や専門学校を見つけましょう。 仕事が忙しくて声優養成所には行けない、お金がないから専門学校には通えない、それは夢を諦める言い訳にしかすぎません。 夢は自分から逃げて行くことはありません。 20代で社会人のあなたが声優になるには、まずは行動することが何よりも大切です。 声優は声に特徴がないとなれない? 声が低い、声が可愛くないという理由で、自分は声優になりたいけどなれないと考えている人もいるかもしれませんね。 しかし、声優になるには声が良いことは必要ではありません。 確かに他の人には無い特徴的な声の持ち主は、声優になってからはそれが武器になることはあります。 しかし重要なのは声質ではなく、しっかりとした発声や発音、そして音圧と言ったもので、それらはトレーニングを積むことで鍛えられるものです。 そして、声優に求められている1番大事なものは、声の可愛さやカッコよさではなく演技力です。 身体を使った表現ができない中で、どれだけ声に感情をのせて、キャラクターに命を吹き込むことができるのかが大切です。 また、プロとして第一線で活躍している声優は、色々な役を声色を変えて演じ分けています。 声が低い、声が可愛くないなどは全く関係のないことで、1番大切なのは演技力です。 もしもあなたの声が低く可愛くない声なのであれば、低い声で可愛げのないキャラを演じられるのはあなただけなのです。 声優になるには演技力が必要! 声優になるために最も重要なこと、それは演技力です。 「声優は俳優である」というのは声優業界では有名な言葉ですが、その言葉の通り声優の仕事は演じることです。 自分の姿が映らない状態で、マイクを通した声だけでキャラクターの感情を表現する、息づかい一つにも演技力が求められます。 そのため声優養成所や声優専門学校では、授業に必ず舞台演技やエチュード(即興劇)というものがあります。 演技力は様々な経験を積むことや、たくさんの作品に触れて感情表現の幅を増やすことでも養われますが、やはり1番良いのはプロの指導者から直接教わることです。 声優は可愛くないとなれない? 声優は基本的にアフレコが仕事になりますから、顔や容姿が良くなくとも声優になることは可能です。 モデルやアイドルとは違って、世の中の全ての声優が可愛い、カッコいいわけではありません。 しかしながら"顔がいい"というのは声優になるには、また声優になってから武器になることは間違いありません。 最近は声優がファンサービスを行なったり、アニメ主題歌でCDデビューすることも多くなりました。 人前に出ることも多くなった声優ですから、顔や容姿が優れているのは声優を目指す上で強みとなるでしょう。 プロの声優になるには本気の気持ちが必須 声優になるということは、俳優やタレントと同じく芸能人になるということです。 声優を目指す人はたくさんいますが、夢を手にする人は一握りです。 長い時間とお金をかけて努力しても、実際に声優になれるかどうかは分かりません。 プロの声優になるには、どんなに苦境に立たされても決して心折れることなく、最大限に努力し続けること、そして声優になりたいという思いを強く持ち続けることが大切です。 腹式呼吸 声優養成所や専門学校でまずはじめに教わることは腹式呼吸です。 長いセリフや大きな声で発するセリフなどは、腹式呼吸が出来ているか出来ていないかで大きく違います。 腹式呼吸は発声の基本で、声優になるには必ず身につけなければならないスキルです。 鼻から息を吸ってお腹から声を出せるように、今から腹式呼吸を練習しておくと良いでしょう。 正しい腹式呼吸が出来ていないまま、喉を使った発声ばかりしていては、喉がつぶれてしまう可能性があります。 発声のトレーニングをするのは腹式呼吸ができてから、できることなら声優養成所や専門学校に通ってプロから正しい腹式呼吸と発声を教わりましょう。 標準語と正しい日本語を身につける 声優の仕事は大半が東京に集中していて、声優になるには標準語が絶対条件となります。 リアルな関西弁でアフレコができるのも強みではありますが、声優として長く仕事をやっていくつもりなら標準語は絶対条件です。 地方から声優を目指すと、方言は誰しもがつまづくところですから、今のうちから標準語で話すように心掛けておくのも良いでしょう。 また、声優の仕事にはナレーションやアナウンスなどもありますが、それらの仕事では正しい日本語のスキルが求められます。 正確な日本語を今のうちから勉強しておくことをおすすめします。 滑舌練習 声優養成所や声優専門学校では、基礎トレーニングとして滑舌の練習が必ずあります。 外郎売りや早口言葉は自宅で一人でもできることですから、今のうちから練習を始めておくと良いでしょう。 ちなみに外郎売りとは、歌舞伎に出てくる長い台詞の一つで、昔から役者や声優の練習に使われることの多いセリフです。 滑舌は骨格や歯並びによって向き不向きがあるものですが、練習の積み重ねで着実に上達するものでもあります。 また、漫画や小説を声を出して読んでみるのも良い練習で、滑舌だけでなく感情表現を養うこともできます。 さらに、好きなアニメを見ながらセリフを真似てみるのも良いことで、プロの声優の話すテンポや間の取り方を自然と身につけることができます。 とにかくたくさんの言葉を発すること、それこそが声優になるには必要なことと言えます。 読書 声優になりたいという方には漫画やアニメが好きな方が多いかと思いますが、プロの声優になるには小説を読むのも大切なことです。 小説は漫画やアニメ以上に想像に委ねられる要素が大きいので、読書することで想像力が養われます。 声優は台本を渡されたら、台本に書かれたセリフに感情をのせるのが仕事です。 このセリフはどんな気持ちで放たれたものなのか、常に想像して考える力が必要になります。 中学生や高校生であっても読書は誰にでもできますから、将来声優になりたいということであれば、たくさんの本を読んでおくことをおすすめします。

次の

声優になりたい人がやるべきこと【中学生編】

声優 に なるには

声優を目指す4つの定番進路• 一般公募の声優オーディションで合格する• 高校を卒業し、声優専門学校に入学する• 声優スクールに通い、社会人の仕事や学校と両立する• 声優養成所に通い、社会人の仕事や学校と両立する 一般公募のオーディションに受かって、運良く声優デビュー!となる人は非常に稀です。 ほとんどの人は声優専門学校・声優スクールで基礎を学んだうえで養成所を受けるか、すぐ声優養成所から挑戦するかします。 結局は付属の養成所へ通い、事務所の審査を受け、事務所に入り、そこから仕事を貰って声優デビューとなります。 一つのゴールになるのが 声優プロダクション 事務所 に所属し、プロの声優になることです。 プロダクションに所属していなければ殆どのオーディションを受ける事が出来ないため、まずは皆さんここを目指します。 さらに声優になるための道は4つではありません。 中にはそんなことで?!といった道もあったりします。 お金の問題 現実を見れば、声優になるにはお金がかかります。 まず養成所に通うお金がかかりますね。 授業料だけでなく、そこに通う交通費も必要ですし、教材代などがかかることもあるでしょう。 夢を追うにはお金がかかるものなのですね。 声優はサラリーマンのように毎月決まった、お給料が必ずもらえる仕事ではありません。 仕事がいつあるのか、いつなくなるのかも分からない怖い職業なんです。 運良く声優デビューできたとしても、最初のギャラはものすごく安い・・・、地方から上京して来た人の場合は、アルバイトの掛け持ちが続くでしょう。 声優の仕事は急に入ってくることが多いため、いきなりアルバイトを休まなければならなくなってクビになる・・・、そんなこともあるのです。 それでも声優になりたいと思うならば、どんな人なら声優になれると思いますか? 声優になるために必要なこと 演技のうまい人?いい声の人?美男美女? それは「諦めない人」です。 どんなに辛いことがあっても、 自分がやりたいと決めたことのために、諦めずに進めること。 これが一番大切です。 だからあなたが一番最初に「声優になりたい!」 と思った時の気持ちを忘れずに、いつまでもしっかりと持っていてください。 諦めてしまった時、声優には決してなれなくなるのです。 諦めずに夢を夢で終わらせないためにも、声優として活動している私が、声優になるにはどうしたらいいのかを、これからこっそりお伝えします。 声優志望へできる年代ごとアドバイス 声優なり方の概要がわかったところで、最後に私なりに年代にあったアドバイスをしたいと思います。 共通することとして、『 声優になるには、声優事務所の付属養成所を経てデビューというのが主流である』ということを記憶の片隅に置いて進路を選んでくださいね。 声優になりたい小学生・中学生へ 子供向けの声優教室は行かなくても良いでしょう。 理由は、生きている人間をやろうとしないで、表面的なわかりやすいお芝居、説明的な演技を身につけてしまうからです(人前に出ての演劇経験は別です)。 本来、声優として望ましいのは、舞台と同じくらい時間をかけて役を掘り下げて演じることです。 人生経験も不足しているので、あせらなくても良い時期だと思います。 いろんな事に挑戦してくださいね。 声優になりたい高校生・大学生へ 進学するか、社会にでるか、夢を追うかに迷う時期ですね。 どのタイミング・進路が正しいかは、それぞれです。 『どのようなキャリアを築いていくかは、自分自身で決めていく』ということを自覚して養成機関を選んでくださいね。 もし、ライバルに差をつけておきたいなら、出来ないことを出来るようにするためのトレーニング(いわゆる発声練習)、歯切れをよくするための滑舌練習(いわゆるアーティキュレーション)など、 発声の基本トレーニングはやればやるほど身になるので、今すぐやっておいても損はしません。 特に、養成所に入ると発声の基本トレーニングは2ヶ月程度で終わり、それ以降はほぼ毎週のように課題が出て基礎的なスキルアップなどをする時間がなくなります。 直接養成所を目指している方は念頭においてください。 ただ急がば回れ、 発声は理論からやらないと、練習はほぼ意味無いものとなりますので要注意です。 理詰めが重要なことも、記憶の片隅に置いてくださいね。 ただ、テクニックだけでは売れてもセリフの不自然感は付きまとうことになるので、部活・サークルでもいいので人前での演技は経験しといてください。 声優になりたい社会人へ 社会人をしながら声優になられた方もいます。 夜間でも勉強できる所なら挑戦は可能だと思います。 ただし、人前での演技経験のない30代・40代の方はあきらめた方が良いでしょう。 声優に向いてる人に共通すること 自分を商品として考えると、他の声優さんより『 何かプラスはあるか?』が大切になります。 あなたが声優としてしたい仕事は?.

次の