エンターテイメント。 エンターテイメント/エンターテインメントの違い!正しい表記は?

「エンターテイメント」とは?意味と使い方を例文付きで解説

エンターテイメント

エンターテイメント entertainment : 娯楽や、楽しませてくれる催し 「エンターテイメント」の意味を詳しく エンターテイメントとは、 娯楽や楽しませてくれるサービスや催しを意味します。 もともと、エンターテイメントは英語圏で使われていた言葉で、カタカナ語として日本でも使われるようになりました。 英語圏では、娯楽という意味を持ち、主に自分が楽しむためにあるものを指します。 日本でも同じ意味を持ちますが、娯楽を提供するという意味も持ちます。 また、 間に「ン」が入って、「エンターテインメント」と表記されていることがあります。 これは、英語の発音を忠実に表しているだけで、言葉の意味に違いはありません。 よく耳にする言葉に、「エンタメ業界」や「エンタメ産業」があると思います。 このエンタメとは、エンターテイメントの略称です。 これらの言葉の意味を知ることで、エンターテイメントについてより深く理解することができるので、詳しく説明します。 エンタメ産業とエンタメ業界 エンタメ産業とは、 主に芸能関係、映画関係、音楽関係、演芸関係の仕事を指します。 具体的にいうと、自分で作ったものを自由に表現して、視聴者や観客などを楽しませる仕事を意味しています。 そして、 これらの仕事に関わる人々の集まりをエンタメ業界と呼びます。 エンタメ業界の仕事は幅広く、さまざまな業種と関わりがあると言えます。 たとえば、ある映画の原作者や役者はもちろん、衣装や物品を提供したスポンサーなどの映像制作に携わったすべての人をエンタメ業界人ということができます。 最近では、サービス業も捉え方によってはエンタメ産業の枠に含まれると言われています。 また、遊園地などの商業施設に関わる仕事は、エンタメ産業に含まれますが、レジャー産業と分類されることもあります。 友達と新しくオープンした エンターテイメント施設に行った。 彼は就職先を、 エンタメ業界に決めた。 時代の波にのって、 エンタメ事業を始めた。 彼女は エンターテイメント性があるので、人前に立つ仕事が向いていると思う。 いつか海外の エンターテイメントを間近で見てみたい。 「エンターテイメント」の語源 エンターテイメントの語源は、ラテン語の inter と tenere です。 inter は、「一緒に」や「〜の間に」という意味です。 tenereは、「維持する」や「保つ」という意味です。 これらの意味を合わせた entretenir という言葉がフランスで使われるようになり、のちに、英単語の entertein という言葉が生まれたと言われています。 アミューズメント:娯楽や気晴らし 和訳をすると、エンターテイメントと言葉の違いはあまりありません。 しかし、アミューズメントは、遊園地やゲームセンターなどの施設で行われる娯楽に対して使われることが多いです。 ちなみに、遊園地は英語で amusement park です。 まとめ 以上、この記事では「エンターテイメント」について解説しました。 読み方 エンターテイメント entertainment 意味 娯楽や、楽しませてくれる催し 語源 ラテン語の inter と tenere 類義語 アミューズメント 私たちの日々を彩る娯楽は、エンタメ業界にいる多くの人々が関わり、作り上げたものです。 そのことを頭の片隅に置きながら、エンターテイメントを楽しみましょう。

次の

エンターテイメント と、エンターテインメントはどう違うの?

エンターテイメント

概要 "entertainment"という言葉の原義としては、特に演者の技能を鑑賞することを主体とした、出し物、などを指す語で、スポーツ・舞台演劇・演奏会・公演などを指す。 やの利便性から「ン」を抜くエンターテイメント や省略形でエンタメなども用いられる。 "entertainment"を発音記号から機械的に変換するとエンターテインメントとなるが、英語の発音は"entertainment"の9文字目の"n"が殆ど発音を聞き取れない。 でエンタ(ー)テインメント、でエンターテイメント、が多用されている。 は「人類史上最も成功したエンターテイナー」としてを登録している。 主なエンターテインメント• 脚注 [] 目次• 背景 レコーディングは3週間で行われた。 ジャケット・デザインは、メンバーのジョン・キングとアンディ・ギルが担当した。 アンディ・ケルマンはにおいて本作の音楽性を「どことなくファンキーなリズムの痙攣、鋭く点描画を思わせるギターの一突き、語りやシャウトによるボーカル」と説明している。 ジョン・キングによれば、所属レーベルのは「アイ・ファウンド・ザット・エッセンス・レア」を本作からの第1弾シングルとしてリリースしようとしたが、バンド側は「この曲はコマーシャル過ぎるし代表曲ではない」と拒否したという。 反響 1979年6月、本作からの先行シングル「アット・ホーム・ヒーズ・ア・ツアリスト」がで58位に達した。 なお、バンドはこの曲で「」に出演する予定だったが、歌詞の中のを意味する「rubbers」という言葉が問題視され、から「rubbish」に変更して歌うことを要求されたため、バンドは出演を取りやめた。 本作は1979年10月にで45位に達した。 アメリカ盤LPは1980年にから発売され 、にはチャート・インしなかったが、シングル「ダメージド・グッズ/アイ・ファウンド・ザット・エッセンス・レア」はのダンス・ミュージック/クラブ・プレイ・シングル・チャートで39位に達した。 評価・影響 『』誌が2003年に選出したオールタイム・グレイテスト・アルバム500では490位にランク・インし 、後の改訂では483位となった。 また、同誌が選出した「オールタイム・ベスト・デビュー・アルバム100」では81位にランク・イン。 2004年にのスタッフが選出した「1970年代のトップ100アルバム」では8位にランク・イン。 2012年にアメリカのデジタル音楽誌『』が選出した「1970年代のベスト・アルバム70」では56位にランク・インした。 1995年に発売されたリマスターのには、、タッド・ドイル()の3人が寄稿しており 、ドイルはRed Setというカヴァー・バンドで本作の全曲を演奏していたこともあったという。 収録曲 全曲ともメンバー4人の共作。 エーテル - "Ether" - 3:51• ナチュラルズ・ノット・イン・イット - "Natural's Not in It" - 3:06• ノット・グレイト・メン - "Not Great Men" - 3:05• ダメージド・グッズ - "Damaged Goods" - 3:27• リターン・ザ・ギフト - "Return the Gift" - 3:04• ガンズ・ビフォー・バター - "Guns Before Butter" - 3:47• アイ・ファウンド・ザット・エッセンス・レア - "I Found That Essence Rare" - 3:13• グラス - "Glass" - 2:28• コントラクト - "Contract" - 2:39• アット・ホーム・ヒーズ・ア・ツアリスト - "At Home He's a Tourist" - 3:30• 5:45 - "5. 45" - 3:43• アンスラックス - "Anthrax" - 4:20 1995年再発CDボーナス・トラック• トレインズ・ドント・ラン・オン・タイム - "Outside the Trains Don't Run on Time" - 3:27• 1980年3月録音。 ヒード・センド・イン・ジ・アーミー - "He'd Send in the Army" - 3:40• 1980年3月録音。 イッツ・ハー・ファクトリー - "It's Her Factory" - 3:08• 1979年3月録音。 他メディアでの使用例 「ナチュラルズ・ノット・イン・イット」は、2006年公開の映画『』ので使用された。 参加ミュージシャン• ジョン・キング -• アンディ・ギル -• デイヴ・アレン -• ヒューゴー・バーナム - 脚注• 日本盤CD TOCP-8724, TOCP-53506 帯の表記に準拠• - Review by Andy Kellman• - 2012年11月27日閲覧• 『ローカス・ムック 名盤ディスクガイド500 きっと見つかる心の1枚』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア/2009年5月1日/)p. 260• - 2012年11月27日閲覧• - 2012年11月27日閲覧• 1995年再発CD TOCP-8724 ライナーノーツ(タッド・ドイル/訳:武内邦愛)• - IMDb. com.

次の

エンターテイメント/エンターテインメントの違い!正しい表記は?

エンターテイメント

しっかりと聞くと、「エンターテインメント」の「ン」を発音していますね。 英語のつづり「entertainment」にも「n」が入っていますので、かすかではありますが「ン」が発音されています。 ただし、「ン」がとても小さくて聞き取りにくいです。 聞く人によっては、「ン」が聞き取れない人もいるかもしれません。 NHK放送文化研究所によると、外来語の表記はもとのつづりや発音を重視するのが基本とのこと。 ということで、「つづり」と「発音」を重視すると、「entertainment」の正しい表記は「エンターテインメント」ですね。 ということで、「エンターテイメント」と「エンターテインメント」の検索ボリュームを調べてみました。 両方ともかなりの検索ボリュームがあるのですが、圧倒的に「エンターテイメント」が多くなっています。 それも「エンターテインメント」に対し、「エンターテイメント」が倍くらいのボリュームです。 ということで、日本人にとっては「エンターテイメント」、「ン」が無い方がより浸透しているということです。 【朝日新聞】 ・朝日新聞エンターテインメント情報 【読売新聞】 ・エンターテインメント情報 【産経新聞】 ・エンタメ 【日本経済新聞】 ・日経エンタテインメント 【NHK】 ・エンターテインメント 【日本テレビ】 ・情報エンタテインメント 【テレビ朝日】 ・エンターテインメントゾーン 【TBS】 ・エンタテイメント情報 ・総合エンターテイメント 【フジテレビ】 ・金曜エンタテイメント ・エンターテイメントTOP 【テレビ東京】 ・火曜エンタテイメント ・水曜夜のエンターテイメントバトル バラバラですね。 さらに、「エンターテイメント」と「エンターテインメント」のほかに、「エンタテイメント」と「エンタテインメント」のように「ー」が無いものまで混在しています。 また、同じテレビ局で使い方がまちまちなのは、会社が使い方を統一しているということではなく、その担当者の気持ちによって変わってしまうということなのだと思います。 調査結果の結論をいわせてもらえば、まず英語の実際の発音はかすかではありますが「ン」が発音されていますので「エンターテインメント」です。 しかし、現在の日本で浸透しているのは「ン」が無い「エンターテイメント」。 辞書や報道機関でも、バラバラの使用状況です。 つまり、「エンターテイメント」も「エンターテインメント」も、どちらかが正解でも不正解でもないということ。 自分が使いやすい方を使えばよいということです。 ちなみに、私は普段「エンターテイメント」を使っています。 「エンターテインメント」って、なんとなく言いづらいです…。 「アミューズメント」とは?違いは? この項は「エンターテイメント」表記に統一しますね。 「エンターテイメント」と似た言葉で「アミューズメント」があります。 「アミューズメント(amusemet)」の意味を辞書で調べたところ、「娯楽」「楽しみ」「遊戯」です。 「エンターテイメント」が「娯楽」「演芸」「余興」ですので似ています。 ですが違いがあります。 「アミューズメント」は「個人を対象とした楽しみ」のことで、「エンターテイメント」は「たくさんの人を対象にした娯楽」といった違いがあります。 たくさんの人々を喜ばせる人のことを「エンターテイナー」といいますよね。 ほかにも、「どっちが正解なのか?」という言葉はたくさんあります。 もしよかったら、下の関連記事をご覧ください。 実際の英語の発音は、「エンターテインメント」の方が近いです。 ですが、現在の日本には「エンターテインメント」よりも「エンターテイメント」の方が浸透しています。 しかも、公式に「エンターテインメント」「エンターテイメント」「エンタテインメント」「エンタテイメント」、全ての表記が存在します。 「ン」が入ったり入らなかったり、「ー」が入ったり入らなかったり。 つまり、どれが正解で、どれが間違いということはありません。

次の