やっぱり ステーキ まずい。 やっぱりステーキの不味い評判や口コミは?いきなりのパクリ感がある!

もう行かないかなぁ

やっぱり ステーキ まずい

こんばんは、戯言草々です。 冷凍チャーハン。 炒飯を冷凍するというある種の暴挙に一抹の不安を抱えながらも、しかし何故か期待してしまうのは「まだ自分は若いはず」という心理的プレッシャーによるものかもしれない。 さて、中二病的な発言はおいておいて、先日ですが「」的な記事を書いたんですけれども、その中でも触れたように正直なかなか美味しい冷凍チャーハンに出会えておりません。 スーパーに行けば冷凍チャーハンの新商品を探すようにしておりますが、そこで見つかったソレはだいたい美味しくない。 しかし、「冷凍チャーハンは美味しくなくてもピラフ系ならいけるかも」という思いから冷凍ピラフに手を出してみた結果… 大当たり! 本日はそんな冷凍食品「チャーハン&ピラフ」について書いていこうと思います。 冷凍チャーハンの新商品を買ってみましたが…残念。 名前も良いし、パッケージも少しうるさいけど良いし、味の素の商品なので少し安心感もあるしという事で購入しました。 これって大海老…!? キャッチーなフレーズで購買意欲を高めたいのは分かるんですが、結局期待値を上げすぎて失敗してしまう典型的な例ですね。 これを大海老と謳ってしまってはいけません。 見た目は美味しそうなんですが、ちょっとアジア系の独特なニオイがしますね。 しつこいですが、これを大海老とは言っちゃいけない 笑。 商品開発と市場調査 マーケティング 部門、頭の固い経営陣の争いがうかがえます。 恐らく発言力の強い方が「もっと力強いネーミングが必要なり!」と言い、誰も大海老とは思ってもないのに商品名に入れてしまったみたいな感じでしょうか。 ちなみに肝心のお味ですが、恐らく日本人が好きなチャーハンではありません。 スパイスとして入ってるであろうハッカク 理事長ではなく の風味がエスニック感を出すことには成功しているでしょうが、味付けが変に甘くそれとハッカクの風味が相まって美味しくない。 冷凍チャーハンは本当に難しいですね。 「この小栗旬がCMしていた商品も結局美味しくなかったしなぁ」 そんな思いを抱えながらも冷凍食品売場を眺めていたら美味しそうな商品を2つ見つけてしまいました。 炒飯ではないんですけどね。 冷凍食品「肉めし」。 男性が好きそうなズバリな商品名 まず一つ目はコチラ。 テーブルマーク:肉めし なんか美味しそう。 ズバリな商品名もイイ。 でも一抹の不安もよぎるので早速開封してみましょう。 ただ開封した直後に鼻に抜けるニンニクの香りはなかなかよろしい。 肉の存在感のなさ 笑。 やはり名は体を表さないとね。 味に関しては先ほどの冷凍チャーハンよりかは日本人好みの甘辛ニンニク系。 ただ少し味付けが濃すぎるかなぁ。 二度目はない感じです。 ちょっと期待したんですけどね。 やはり冷凍のご飯系は難しいのかな。 ニッスイ:いきなりステーキのビーフガーリックピラフがまさかの結果に…!? 本当のことを言えば、いきなりステーキは好きじゃない。 テレビのごり押し感も好きじゃないし、そもそも初訪問時に食べたステーキ肉の固さ、美味しく無さは忘れられない。 「スーパーで買う同価格帯ステーキのが圧倒的に美味しい」とまで思いました。 う~ん、胡散臭い 笑。 最近の冷凍チャーハンは600グラムが当たり前になってきましたね。 食いしん坊な私にはありがたい流れです。 冷凍チャーハンで一番売れてそうなニチレイのこの商品もいずれはこの流れに乗るんでしょうか。 さて、話を戻して開封してみます。 しかも、肉の存在感が… かなりあります! 日清カップヌードルの謎肉よりも大きいです。 これは素晴らしい。 肉に関して何も謳ってないのにこれだけの肉の存在感。 肉めしは茶色感がすごかった 笑。 肉も相変わらず存在感があります。 味に関してもこれはなかなか美味しいです。 個人的な好みでやっぱりコーンの甘さは邪魔ですが、味自体はしっかりガーリックピラフとして成立しています。 これは久しぶりの冷凍食品のヒットですね。 鉄板焼きで食べるガーリックピラフ感もあるし、コーンは最悪取り除けばイイし 笑。 いきなりステーキ自体は好きではないけれど、これは今の冷凍食品界では頑張っている商品だと言えます。 無駄こそ楽しい人生。 戯言草々 たわごとそうそう と申します。 当ブログではIQOSやPloomtechなどの加熱式たばこ、最近購入した商品、そして旅行やグルメやニュースなどについての戯言を日々書いております。 いつのまにかブログを始めてから3年以上も続いております 半分以上さぼってましたが。 まさかこんなに沢山の方にご覧いただけるようになるとは思いもよりませんでした。 ありがとうございます。 2018年1月3日にツイッターも開始しました。 お気軽に「申請・解除」を。 カテゴリー• 月別の投稿 月別の投稿 このブログについて.

次の

安! ウマ! 替え肉!? ステーキ天国・沖縄の「やっぱりステーキ」がアツイ

やっぱり ステーキ まずい

できることなら毎日ステーキが食べたい。 それがムリなら、せめて週3ペースくらいでステーキが食べたい。 だって やっぱりステーキって美味しんだもの! ということで……。 飽くなき欲求を満たすべく、やって来ました県市の国際通りです。 県内には新旧さまざまなステーキハウスが群雄割拠しています。 必然的に安くてウマいお店が多い! ついでに深夜も営業しているお店が多い! デイリーワークとして肉をたしなむものには、まさに天国のような場所です。 肉好きのココロをつかんで離さないネーミングセンスにグッときます。 「200g 1,000円」 「溶岩焼きステーキ」 なんとも気になるワードを横目にしつつ、ビル2Fにある店舗へ。 さて、お気づきの人もいるかと思いますが……。 今回行ったのは 「やっぱりステーキ4th 国際通り店」。 そう 「4th」、つまり4つ目の店舗です。 1号店「やっぱりステーキ1st」は2015年2月にOPEN。 以降あれよあれよと店舗数を増やし、2016年10月に4号店となる「やっぱりステーキ4th」が国際通りにできました。 飛ぶ鳥を落とす勢いとはこのこと。 これは肉への期待を高めずにはいられません! 1人メシにも優しいステーキハウス 「やっぱりステーキ4th」はテーブル・カウンターあわせて42席ほど。 系列店の中では、現時点で一番広い店舗です。 国際通りを見下ろすカウンター席は、肉だけに集中できるグッドポジション。 グループでも1人メシでも気兼ねなく来られるのは、結構うれしいポイントです。 注文は食券式です。 ステーキハウスなのに気取らないコノ感じ。 この日のオーダーは、稀少部位といわれるミスジを使った 「やっぱりステーキ200g(1,000円)」に決定! まずはNo. 1メニューから制覇するのが王道でしょう。 と、まるで即決したかのように書きましたが……。 ランプ肉の 「赤身ステーキ200g(1,000円)」、サーロインやヒレ・リブロースなんかも 200g(1,680円)で食べられるんです。 全力で肉好きを悩ませにくるワケです。 「やっぱりステーキ」、容赦ないです。 肉が焼けるのを待つ間にセルフサービスのコーナーへ。 なんとなんと、コチラではライス・サラダ・スープがおかわり自由。 思わず白米と黒米のハーフ&ハーフ作っちゃうくらいテンション上がりました。 自由って最高です。 そうこう楽しむうちに待望の肉登場。 見よ、 この圧倒的な存在感。 別アングルでも。 せっかくなので上からも。 全方位スキなしっ! ジュウジュウ音をたて、ぶ厚い肉が鎮座するのは山の溶岩石が使われているというプレートの上。 到着直後の肉はレア状態。 これが時間経過とともにプレートの上でじわりじわりと焼かれていく……。 あぁ! た・ま・ら・な・い。 ウマい肉は好きな味付けで楽しむべし! ココで忘れてはいけない「やっぱりステーキ」の真骨頂。 それが肉のウマさを引き立ててくれスパイスたち。 肉との相性を吟味し選ばれたスパイスは14種類! 塩・コショウからはじまり、醤油・オニオンソースそして定番「A1ソース」まで。 数学が苦手なのでアレですが、全部の組合せを考えたらスゴイ数になることくらいはわかります。 これだけフリーダムに味付けを変えられるお店って、なかなかナイかも。 そして、ちゃんとソース皿が用意されているのも素晴らしい! 気分に合わせていろいろな味が楽しめるなんてぜいたく。 やっぱり自由って最高です。 「やっぱりステーキ」は最初から最後まで美味しい まず言わせてください 「やっぱりステーキ」、ありがとう! 柔らかい肉質。 甘く上品な脂。 クチに広がるうま味。 そして何より、美味しい肉を食べているという確かな充実感。 夏目漱石1枚が、こんな幸せを運んでくれるなんて知らなかった……。 アツアツのプレート上で少しずつ焼けていく肉。 だから食感や味の変化も堪能できる。 多種多様なスパイスも相まって、肉がみるみる胃の中へ吸い込まれていきます。 もう少し食べたい。 そんなときは「替え肉」だ! 一通り食べ終わったとき、脳裏をよぎったのは まだイケる! という言葉。 実は「やっぱりステーキ」には「替え肉」という、肉好きが泣いて喜ぶシステムがあるんです! 「替え肉」は100gから注文OK。 部位もお好みで選べます。 なんという行き届いたサービス精神でしょうか。 ありがたやー、ありがたやー。 そして義元さんが肉と一緒に持ってきてくれたのが、アメリカンな雰囲気ただようマスタード。 通常はテーブルに出ていないため、ちょっとした隠れスパイス的な存在。 常連さんの中にはマスタードしか使わないという人もいるのだとか。 肉を食べ終わったプレートの上で作るガーリックライス! ごはん + 刻みニンニク + 醤油 on 溶岩石プレート よく混ぜたら、しばしの待機。 ニンニクと醤油おコゲのこうばしい香りがしたら出来上がり! プレートに残った肉汁まで余すことなく堪能できる、説明不要の美味しさです。 結局、肉300gとライス・サラダ・スープをお腹いっぱい食べました! トータル1,500円でこの満足感は、かなり幸せ。 店内に掲げられた「やっぱりステーキ」心得10カ条も、満ち足りた心とお腹で読むと説得力が増します。 ステーキをもっと気軽に食べてほしい。 だからこそ選び抜いた美味しい肉をリーズナブルに、そして1人1人の好みに合わせた味付けで楽しんでもらえるお店にしたい。 そんなオーナーの心意気を感じられるお店「やっぱりステーキ」。 最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

次の

安! ウマ! 替え肉!? ステーキ天国・沖縄の「やっぱりステーキ」がアツイ

やっぱり ステーキ まずい

初回に訪問した「 イオンモール筑紫野店」に続き、「 福岡和白店」「 福岡天神店」など、複数回に渡って訪問してきましたので、 統合版としてレポートさせていただきます。 店舗外観 これまでに訪れた「イオンモール筑紫野店」「福岡和白店」に比べると コンパクトなサイズ。 しかし場所柄もあり、 頻繁に行列ができています。 この日も到着時点は待ちが無かったものの、スグに結構な行列になりました。 店舗内観 筑紫野や和白は席に着いた後、カット場にオーダーしに行く形でしたが、 天神店では店員さんがオーダーを取りに来ました。 店によってちょっとルールが違うのかな? ちなみに「 立ち食い」がクローズアップされるこちらのお店ですが、ちゃんと テーブル席もあります。 比較的立ち食いスペースは空いていて、テーブルが埋まっているというのがこれまでのパターン。 天神店は両方埋まっていましたが、タイミングよくテーブルに案内されました。 おしながき こちらは2018年8月時点のお品書き。 まずは 平日15:00までの、 ランチメニュー。 ワイルドステーキ&ワイルドハンバーグが主力メニューです。 ステーキは、 300g=1,390円(税抜)で ライス・サラダ・スープ付き。 部位はチャックアイロールと書いてあるので、 肩ロースにあたります。 ランチセットB(ライス・サラダ・スープ)が 400円とのことなので、 ステーキ部分の仮想定価は990円! 1グラムあたりの単価は、 3. (ランチタイムは3種の部位&定量カットのみ提供) こちらは ライスやサラダが別料金となります。 スープ まずはサラダとスープが登場。 例の如くヌルいのが気になるスープ(汗) 端切れのお肉がちょこ~っと入っています。 サラダは 2種のドレッシングで。 こちらの アンガス牛サーロインをベンチマークとして比較してみたいと思います。 300g~を推奨するいきなりステーキの中では小ぶりでしょうが、 なかなかのボリューム感です。 ミディアムレアでオーダーしたところ、カットした断面はこんな感じ。 鉄板が熱々なので結構跳ねます。 塩気も強めなので、 少し控えめにかけた方が良いかも知れません。 いきなりステーキでは トップにリコメンドされる 看板商品(だと思われる)部位。 1g=6. 9円なのでサーロインより1. 3円(300gなら390円ほど)お手頃な設定です。 こんがりと焼き上げたところに、 特製のオニオンソースをかけていただきます。 いきなりステーキのリブは・・・ ・ トップリブ=7. パッと見、硬そうに見えましたが・・・おおっ、 思いのほか食べやすい感じ。 とは言えそこは、当然ながら お値段なりのお話。 柔らかいお肉を楽しむというより、 ガッツリ&ガッシリと味わうイメージです。 しかしながら ライス・サラダ・スープ付で、 300g=1,390円、 450g=1,850円というプライスは魅力。 いきなりステーキにおける真骨頂のひとつと言えるかもしれません。 ちなみにこちらは和白店で食べた「 ガーリックライス」 ライス単品=200円、ガーリックライス=200円。 なぜか同額という不思議な設定。 福岡の3店舗(天神・和白・筑紫野)を周った限り、お店や時間帯によって異なるようですが・・・ おそらく 意向に沿って案内してくれるパターンが多いと思われます。 (座りたいけど満席の場合=空くまで待つといった感じ) 一人でササっと食べるなら立ち食いがスムーズ。 ランクアップ時に「 1,000円クーポン」= 1,000円 3. おかわり無料は終了したとの噂。 そこで 福岡の主要なファミレスのお値段(税抜)を比較してみました。 単純に考えて、他店ではグラム単価が1. 3~1. 5倍ほどになるため結構違いますね。 さらに部位を変えると、5. 7~7. サービスもキッチリ。 接客などの サービスもマル。 こちらは ステーキを専門に格安で楽しめるセカンドブランドです。 シンプルに「 コストを抑えて、ガッツリ肉を食べる」感じ。

次の