社会 を 明るく する 運動 作文 書き方。 例文・見本で使える「社会を明るくする運動作文コンテスト」の作文を集めてみた 第1回

社会を明るくする運動作文ってどうやって書:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

社会 を 明るく する 運動 作文 書き方

そのマスコミが何よりひどいのは近代観念に侵されているから。 だから事象の原因追求に向かわず、切り取った断片だけの情報で判断し、発信し、大衆を誘導する。 近代観念、自分観念で権利ばかりを主張する社会。 その中に次代の答えはない。 そんな時代に、小学6年生ですら的確に叫び声をあげている。 そして向かうべきは、類的価値。 関係づくりだと。 テレビのニュースなどを見ていると特にそうなのですが、ある人が間違いをしてしまった時に、とことんまでやってやるぞという周囲の空気や気配を感じる事があるのです。 もちろん、間違いがあったのだから、その原因をきちんと調べて、よく整理し、再び同じ間違いを起こさないようにする事は大切です。 しかし、この頃は間違いの原因を探す事よりも、間違えた人の責任を追及する事の方が大切にされているように感じるのです。 実験結果を証明出来なかった科学者さん、災害や事件の対応が遅れてしまった市長さんや町長さんのニュースが、連日のように新聞やテレビを騒がせています。 そして、そのニュースのどれもが、彼らは責任をとってやめるべきだというように周りの皆で追い込んでいるように感じます。 まして、これが非行や犯罪であったなら、なおさらの事です。 いかにそれが悪い事なのかを、ことさらに皆が口々にまくし立てて、重く罰するべきだというような事を言います。 テレビの話をしている人は特にそうで、事件の当事者でもないのに、無責任とさえ思えます。 でも、この傾向は少し前に始まった裁判員裁判によって現実のものになりつつあります。 なぜなら、普通に裁判をした時よりも、刑が重くなりつつあるようだからです。 私には、この状況が息苦しくてたまりません。 人間、誰だって間違いの一つや二つはあるものです。 何も間違いを起こさずに一生を終える人など、この世に存在するのでしょうか。 大きな問題になったかどうかの違いだけなのではないかと思います。 何か間違いをおかしたら、もうずっと許されない世の中なんておかしいです。 私達の学校生活の中で、自分勝手な事をして、周りの仲間に迷惑をかける子達がいました。 皆が注意してその子達を追い込んでいくので、その子達は逃げ場が無くなって、ますます人がいやがるような事をしてくるようになりました。 でもこのままではいけないと、ある時に、何か理由があるかもしれないからどうしてそんな事をするのかよく話を聞いてみようという事になり、すぐに非難したりする事はしないで、どうしてそんな事をするのかを冷静に話し合うようになりました。 すると、段々とそういう行動が減ってきて、今ではそんな事をしないようになりました。 (略) では、どうしていけばいいのでしょうか。 私は、関係作りが大切だと思います。 私達の学校では、児童みんなで取り組む四つのきらりと言うのがあります。 そのうちの一つにあいさつがあります。 学校の行き帰りにすれ違う知らない人でも、こちらがあいさつをするとにっこりと返してくれます。 あいさつだけでなく、優しい言葉をかけてくれる大人もいます。 こう して、気持ちよいあいさつをお互いに交わし合う事で、目には見えないつながりができていきます。 そうすれば、非行や犯罪に走ってしまった人達にもつながりができます。 そうして、皆でよく話を聞いてあげれば、再び悪い事をしないように見守ってあげる事ができると思います。 私は、学校で一番に取り組んでいるあいさつを地域に広げて、社会を明るくしていきたいです。 rui. この記事に対する返信とトラックバック 子供の成長には寛容な社会が欠かせない。 下記のタイトルを押して下さい。 『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。 るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:).

次の

社会を明るくする運動作文について社会を明るくする運動作文の書き方...

社会 を 明るく する 運動 作文 書き方

そのマスコミが何よりひどいのは近代観念に侵されているから。 だから事象の原因追求に向かわず、切り取った断片だけの情報で判断し、発信し、大衆を誘導する。 近代観念、自分観念で権利ばかりを主張する社会。 その中に次代の答えはない。 そんな時代に、小学6年生ですら的確に叫び声をあげている。 そして向かうべきは、類的価値。 関係づくりだと。 テレビのニュースなどを見ていると特にそうなのですが、ある人が間違いをしてしまった時に、とことんまでやってやるぞという周囲の空気や気配を感じる事があるのです。 もちろん、間違いがあったのだから、その原因をきちんと調べて、よく整理し、再び同じ間違いを起こさないようにする事は大切です。 しかし、この頃は間違いの原因を探す事よりも、間違えた人の責任を追及する事の方が大切にされているように感じるのです。 実験結果を証明出来なかった科学者さん、災害や事件の対応が遅れてしまった市長さんや町長さんのニュースが、連日のように新聞やテレビを騒がせています。 そして、そのニュースのどれもが、彼らは責任をとってやめるべきだというように周りの皆で追い込んでいるように感じます。 まして、これが非行や犯罪であったなら、なおさらの事です。 いかにそれが悪い事なのかを、ことさらに皆が口々にまくし立てて、重く罰するべきだというような事を言います。 テレビの話をしている人は特にそうで、事件の当事者でもないのに、無責任とさえ思えます。 でも、この傾向は少し前に始まった裁判員裁判によって現実のものになりつつあります。 なぜなら、普通に裁判をした時よりも、刑が重くなりつつあるようだからです。 私には、この状況が息苦しくてたまりません。 人間、誰だって間違いの一つや二つはあるものです。 何も間違いを起こさずに一生を終える人など、この世に存在するのでしょうか。 大きな問題になったかどうかの違いだけなのではないかと思います。 何か間違いをおかしたら、もうずっと許されない世の中なんておかしいです。 私達の学校生活の中で、自分勝手な事をして、周りの仲間に迷惑をかける子達がいました。 皆が注意してその子達を追い込んでいくので、その子達は逃げ場が無くなって、ますます人がいやがるような事をしてくるようになりました。 でもこのままではいけないと、ある時に、何か理由があるかもしれないからどうしてそんな事をするのかよく話を聞いてみようという事になり、すぐに非難したりする事はしないで、どうしてそんな事をするのかを冷静に話し合うようになりました。 すると、段々とそういう行動が減ってきて、今ではそんな事をしないようになりました。 (略) では、どうしていけばいいのでしょうか。 私は、関係作りが大切だと思います。 私達の学校では、児童みんなで取り組む四つのきらりと言うのがあります。 そのうちの一つにあいさつがあります。 学校の行き帰りにすれ違う知らない人でも、こちらがあいさつをするとにっこりと返してくれます。 あいさつだけでなく、優しい言葉をかけてくれる大人もいます。 こう して、気持ちよいあいさつをお互いに交わし合う事で、目には見えないつながりができていきます。 そうすれば、非行や犯罪に走ってしまった人達にもつながりができます。 そうして、皆でよく話を聞いてあげれば、再び悪い事をしないように見守ってあげる事ができると思います。 私は、学校で一番に取り組んでいるあいさつを地域に広げて、社会を明るくしていきたいです。 rui. この記事に対する返信とトラックバック 子供の成長には寛容な社会が欠かせない。 下記のタイトルを押して下さい。 『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。 るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:).

次の

社会を明るくする運動作文について社会を明るくする運動作文の書き方...

社会 を 明るく する 運動 作文 書き方

犯罪や非行をした人たちの立ち直り支援には、地域の支えが必要です。 保護司・保護司会が地域の関係機関や団体と連携しながら、安全・安心な明るいまちづくりに取り組んでいます。 私たち一人ひとりが、それぞれの立場で、できることから行動して、犯罪や非行のない明るい社会を築いていきましょう。 保護司とは? 保護司は、犯罪や非行をした人の立ち直りを地域で支える民間のボランティアです。 保護司法に基づき、法務大臣から委嘱された非常勤の国家公務員とされていますが、給与は支給されません。 保護司は、民間人としての柔軟性と地域の実情をよく知っているという特性をいかし、保護観察官と協働して保護観察にあたるほか、犯罪や非行をした人が刑事施設や少年院から社会復帰を果たしたとき、スムーズに社会生活を営めるよう、釈放後の住居や就業先などの帰住環境の調整や相談を行っています。 保護司の方々は、幅広い職種の方々がそれぞれの経験をいかして、活動しています。 高島市では、25人の方が活動されています。 7月1日~7月31日までを強調月間とし、例年さまざまな啓発活動が行われますが、今年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため街頭での啓発活動は中止になりました。 第43回(平成5年)の運動から始まり、今年で28回目を迎えました。 昨年は、全国から34万4,797点(小学生15万1,753点、中学生19万3,044点)の応募がありました。

次の