宇良 近況。 宇良の近況【平成30年11月場所】の戦績まとめ!

ドゥラメンテ

宇良 近況

宇良の復帰時期はいつになる? 一番気になるのが、宇良関の復帰時期がいつになるのか?ということだと思います。 師匠の木瀬親方は 「秋巡業は休む。 手術する可能性もある」 とコメントしています。 ということは現時点では、まだ手術をすることは確定していないようです。 確かに手術をしないとうい選択肢もあることにはあります。 じん帯が断裂しても日常生活には、ほぼ支障がないからです。 普通に歩いたりすることは可能なのです。 しかし宇良関は力士です。 相撲をとっているときは足に物凄い負担がかかります。 ですから、宇良関が相撲を続けるのであれば手術をする可能性が高いでしょう。 もちろん例外はあります。 例えば遠藤関もじん帯断裂を経験していますが、そのときは手術をせずにリハビリトレーニングを行い復帰しました。 しかしこれは運が良かっただけかもしれません。 もし再度、同じ怪我をしてしまったら、それこそ引退に追い込まれていた可能性もあったからたです。 木瀬親方としては、宇良関の意志に任せるということです。 現在は複数の医者に相談をしているということですが、物凄く悩むでしょうね。 この決断が自身の相撲人生を大きく左右する可能性があるからです。 もちろんご本人が決めることです。 しかし個人的には 「宇良関はリハビリを選択してほしい。 手術はしてほしくない」 と思っています。 それは手術をしてしまうと、復帰するまでに最低でも半年、長ければ1年もかかってしまうからです。 これだけ長い期間、相撲が取れないというのは力士にとっては致命的です。 いわゆる「相撲勘」も鈍ってしまうでしょう。 仮に10月に手術をするとすれば、 「復帰時期は2018年の4月~10月」 ということになります。 しかしもし手術をせずにリハビリを選択すれば、復帰時期を短縮できる可能性が高いです。 ファンの皆さんの意見も2つに分かれています。 手術派• リハビリ派 です。 私はリハビリ派なのですが、手術派の方が多いみたいです。 どちらが正しいのでしょうか? 本当に究極の選択だと思います。 スポンサーリンク 宇良の番付はどこまで落ちてしまうの? もし宇良関が手術をするとなると、半年~1年の間、休場することになります。 現在、宇良関は前頭4枚目です。 ですから• 半年の休場 … 十両~幕下• 1年の休場 … 幕下~三段目 くらいまで落ちてしまうことが予想されます。 手術の時期が遅くなれば、半年の休場でも幕下まで落ちてしまう可能性があります。 本人としては、幕下で相撲をとることをとを思うのでしょうか? モチベーションがとても気になります。 三段目や幕下から十両、幕内まで上がっていくことの大変さは、本人が一番分かっているでしょうから。 十両からであれば、まだ気持ち的に大丈夫だと思うのですが…… 栃ノ心関のように怪我で3場所休場して、三段目近くから連続優勝を続けて関脇まで復帰した力士もいます。 だから宇良関も不可能ではないということです。 前例がありますから。 宇良関にはたくさんのファンがいます。 ですからたとえ幕下や三段目まで落ちたとしても、応援してくれるでしょう。 そう考えると、やっぱり手術をして、しっかり治したほうが良いのかもしれません。 ファンの皆さんの声を聞いていくうちに、私も考えが変わってきました。 番付が大幅に下がったとしても、手術をした方が良いのかもしれません。 まとめ それにしても怪我というのは怖いですね。 スポーツや相撲にはつきものなのですが、重症だと人生を変えてしまう可能性がありますから。 宇良関は果たして手術をするのか? それともリハビリを選ぶのか? どちらにせよ、1日も早く土俵に復帰してくれることを強く祈っています。 スポンサーリンク.

次の

宇良【大相撲】初場所で序二段優勝!番付とケガの状態・近況は?

宇良 近況

もう一人全勝だった福ノ富士が敗れたため、この一番で勝った方が優勝という一番になった。 宇良は低く頭を下げて左手を出して、少し見て行くような立ち合い。 お互いに牽制し合って間合いを取った状態で様子を見合っていたが、輝富士が引きにきたところを、すかさず前に出て一気に押し出した。 勝った瞬間、軽くフゥッ~と息を吐き、ホッとした様子を見せた。 宇良は今場所7戦全勝で見事に、三段目優勝を決めた! 「今日はさすがに緊張しました。 優勝?いや~意識してしまった。 平常心が一番なんですが…、素直に嬉しいです。 序ノ口以来ですし、まさか優勝できるとは思わなかったので。 次の場所が勝負なる。 稽古をしてやっていくだけ。 目標は関取に上がること」 と、喜びを話していました。 出典:NHK 取組後、宇良は「今日の相手は(今までと)違う。 こっちが力を出して全力で行かないと、気が緩んだら負けると思っていた。 一発で持って行かれないように、思い切っていきました」 全勝対決を制したことについては「たまたまですよ。 うまく噛み合っただけ。 これで思い上がることもない。 ああいう相撲を取ったからといって、次はああいう相撲を取られることもありますから。 これを勝って次、いけるというのは無い」 と気を引き締めていました。 立ち合い、倉橋が一度突っかけ待った。 二度目、いつものように頭を低くし立ち上がると、両者共に頭を下げた状態で突き合いがしばらく続く。 自分より背の低い相手のふところに入るのはむずかしと踏んでか、突き合いの中で、パッ!と自ら少し下がり距離を取ると、相手はたまらず前のめりとなり、そこをタイミングよくはたき落とした。 激しい動きの中でも、相手の動きを良く見ている冷静さが勝った一番。 本人的には、前に出て勝った相撲ではないので不満も残るだろうが、勝負勘が戻っているということでもある。 これで負けなしの5連勝とした。 残りの2番については「ここまで来たら勝ちたいですね。 体重?それは内緒にしておいて下さい。 場所は緊張しますね。 稽古の動きを出すのは難しい。 力を出し切って終われたらと思います」と、気持ちを引き締めていました。 いつものように低く頭を下げて立ち中へ入ると、素早く相手の左手をたぐり体をサッと右へ開くと、そのまま掴んだ腕を振り土俵の外へ追いやった。 決まり手は、「とったり」! 前回の「足取り」に続き、正攻法の当たりからの素早い奇襲攻撃が宇良らしい相撲。 4連勝とし、ストレートで勝ち越した! 取組後には「勝てて良かったです。 状況に応じて、運もあるけどうまくかみ合っているかと思う。 (勝ち越しは)嬉しい」と話しました。 立ち合い頭を下げて相手のふところに飛び込むと、素早く相手の右足を抱え込んで持ち上げると、そのまま前へ出て放り投げた。 決まり手は「足取り」!鮮やかに決まった。 取組後の本人談は「自分の相撲が取れて良かった。 危なげのない相撲。 やはりこのあたりの番付では立ち合いのスピードや繰り出す技のキレが早い。 まだ観客もまばらな館内からも、相変わらず拍手や歓声が多い! 取組後、本人談「落ち着いて前に出る、良い相撲にまとめられた気がします」 先場所は二番相撲で黒星を喫したが今場所は突破した。 これで2連勝とした。 立ち合い低く当たり、左、右と挟むこむような形からおっつけると、一気に前に走り押し出し!電車道での完勝! 先場所の初日より緊張感や体の硬さも感じず、自然体で自分の相撲が取れていた感じ。 取組後本人談。 「前に出る相撲が取れて良かったです。 初日なので勝ちたいという気持ちでした。 緊張は先場所よりはマシかと思います。 今は実力的にもこの地位で同等の力ぐらいだと思うので、気持ち的に全力で行かないと勝てないと思う。 その分、思い切って取れたらいいなと思います」.

次の

大相撲・宇良の全取組(成績)と現在の番付、そして近況について〜近々の幕内復活期待!!

宇良 近況

宇良の復帰時期はいつになる? 一番気になるのが、宇良関の復帰時期がいつになるのか?ということだと思います。 師匠の木瀬親方は 「秋巡業は休む。 手術する可能性もある」 とコメントしています。 ということは現時点では、まだ手術をすることは確定していないようです。 確かに手術をしないとうい選択肢もあることにはあります。 じん帯が断裂しても日常生活には、ほぼ支障がないからです。 普通に歩いたりすることは可能なのです。 しかし宇良関は力士です。 相撲をとっているときは足に物凄い負担がかかります。 ですから、宇良関が相撲を続けるのであれば手術をする可能性が高いでしょう。 もちろん例外はあります。 例えば遠藤関もじん帯断裂を経験していますが、そのときは手術をせずにリハビリトレーニングを行い復帰しました。 しかしこれは運が良かっただけかもしれません。 もし再度、同じ怪我をしてしまったら、それこそ引退に追い込まれていた可能性もあったからたです。 木瀬親方としては、宇良関の意志に任せるということです。 現在は複数の医者に相談をしているということですが、物凄く悩むでしょうね。 この決断が自身の相撲人生を大きく左右する可能性があるからです。 もちろんご本人が決めることです。 しかし個人的には 「宇良関はリハビリを選択してほしい。 手術はしてほしくない」 と思っています。 それは手術をしてしまうと、復帰するまでに最低でも半年、長ければ1年もかかってしまうからです。 これだけ長い期間、相撲が取れないというのは力士にとっては致命的です。 いわゆる「相撲勘」も鈍ってしまうでしょう。 仮に10月に手術をするとすれば、 「復帰時期は2018年の4月~10月」 ということになります。 しかしもし手術をせずにリハビリを選択すれば、復帰時期を短縮できる可能性が高いです。 ファンの皆さんの意見も2つに分かれています。 手術派• リハビリ派 です。 私はリハビリ派なのですが、手術派の方が多いみたいです。 どちらが正しいのでしょうか? 本当に究極の選択だと思います。 スポンサーリンク 宇良の番付はどこまで落ちてしまうの? もし宇良関が手術をするとなると、半年~1年の間、休場することになります。 現在、宇良関は前頭4枚目です。 ですから• 半年の休場 … 十両~幕下• 1年の休場 … 幕下~三段目 くらいまで落ちてしまうことが予想されます。 手術の時期が遅くなれば、半年の休場でも幕下まで落ちてしまう可能性があります。 本人としては、幕下で相撲をとることをとを思うのでしょうか? モチベーションがとても気になります。 三段目や幕下から十両、幕内まで上がっていくことの大変さは、本人が一番分かっているでしょうから。 十両からであれば、まだ気持ち的に大丈夫だと思うのですが…… 栃ノ心関のように怪我で3場所休場して、三段目近くから連続優勝を続けて関脇まで復帰した力士もいます。 だから宇良関も不可能ではないということです。 前例がありますから。 宇良関にはたくさんのファンがいます。 ですからたとえ幕下や三段目まで落ちたとしても、応援してくれるでしょう。 そう考えると、やっぱり手術をして、しっかり治したほうが良いのかもしれません。 ファンの皆さんの声を聞いていくうちに、私も考えが変わってきました。 番付が大幅に下がったとしても、手術をした方が良いのかもしれません。 まとめ それにしても怪我というのは怖いですね。 スポーツや相撲にはつきものなのですが、重症だと人生を変えてしまう可能性がありますから。 宇良関は果たして手術をするのか? それともリハビリを選ぶのか? どちらにせよ、1日も早く土俵に復帰してくれることを強く祈っています。 スポンサーリンク.

次の