エロ 漫画 アナル セックス。 下着 美少女写真集 U15ジュニアアイドル

必ず抜けるSM動画

エロ 漫画 アナル セックス

妻のI子はバツイチで32歳、結婚して6年になる。 色んな意味で相性がいいI子とは、一生添い遂げられそうだ。 最初の妻とはアナルセックスが元で別れた。 元妻にアナルセックスを求めたらドン引きされ、「変態」と罵られたので、力ずくで迫り、1時間近い抵抗の後、力尽きて無抵抗の元妻のアナルに肉槍を突っ込んだ。 ローションを塗っていたのに元妻の肛門が切れてしまい、医者に「アブノーマルな嗜好は慎んでください」と言われ、あまりの羞恥に元妻が娘を連れて出て行ってしまった。 次の妻は、拘束陵辱が元で別れた。 SMプレイを提案したが、またも「変態」と罵られ、抵抗されながらも縄で拘束し、身動きできない元妻の膣にサラミソーセージ、キュウリ、ニンジン、懐中電灯などを入れて陵辱し、その姿をビデオに納めた。 まだデジカメなど無い頃だ。 元妻は、「止めてー、お願いだからもう止めてください」と懇願していたが、元妻の膣からは愛液が溢れ潮まで吹いていたので、てっきり悦んでいると思って、最後は拘束中出しセックスをした。 元妻の頬を伝う涙に気付いたのは射精した後だった。 二人目の妻は息子を連れて出て行った。 「慰謝料も養育費も要りません。 その代わり私達の前に二度と現れないで下さい」 別れた妻は二人とも俺にこう言った。 凄まじい嫌われ方だった。 I子はいい女だ。 知的な顔立ちの清廉美女だ。 32歳で1児の母となった今でも身長163cm、上から86・59・87なのだ。 I子もSM被害離婚だった。 前夫は大学の先輩で、23歳で結婚し、24歳で離婚した。 婚姻期間1年3ヶ月だった。 前夫はSだったが、I子を天井から吊るして鞭で打ったり、蝋燭を垂らしたりといった苦痛系Sで、断ると殴る蹴るのDV男だった。 I子は体中にアザやみみず腫れが残った状態で警察に駆け込み保護された。 俺とI子が出会ったのはその直後だった。 そのうち飲みに行くようになり、I子の身の上話を聞いて、俺も過去の過ちを嘆いた。 元妻二人への仕打ちに、I子は俺を汚い言葉でなじった。 しかし、俺が女性の性器に執着してしまう自分の性癖を打ち明けると、下半身をモジモジさせた。 I子はS性M性両方持っているのではないかと思った。 出会って半年後、俺達は性癖を実際に試してみようということになり、拒否されたらそこでストップの約束で、恋人でもないのにラブホテル入った。 I子25歳、俺は37歳だった。 俺はI子を開脚拘束に縛り上げた。 I子の性器は人妻であったことがウソのように綺麗だった。 陰唇は薄紫になりかけているが捲れはほとんど無い。 「I子さんのオマンコはバツイチとは思えないほど純情な佇まいですね」 「元夫は、あまりセックスしないんです。 私を痛めつけながら、口でフェラチオさせるんです。 そして喉の奥までチンチンを突っ込んで、私が吐きそうになるのを見て喜ぶんです。 そして口の中に射精して、それを飲み干さないとさらに痛めつけるんです。 性交は月に2〜3回でした」 「そうなんですか。 お気の毒な結婚生活だったんですね。 セックスしたいとは思いませんでしたか?」 「最初は思いました。 好きな男性に抱かれたいですから。 でも、最後は絶対抱かれたくありませんでした。 嫌いな男性には触れられるのも嫌ですから」 俺はI子の淫芽に口付けし、舌先で転がした。 「あふう・・・く、くくっ・・・くあっ・・・」 身体が敏感に反応した。 膣口から早くも大量に愛液が流れ出した。 その膣にバイブを挿入して、突起部を淫芽に当ててスイッチを入れれば、「うわああああ、あうっ、あうっ、あわわわわー」と、全身をガクガクさせてあっという間にイッてしまった。 縛ってから15分くらいの出来事です。 私はびっくりして縄を解いてあげました。 「I子さん、大丈夫ですか?」 「はあはあ、何ですか?何があったんでしょう?」 「I子さん、イッたみたいですよ」 「イクってあんな風になるんですか。 初めてです」 「初めてイッたんですか・・・じゃあ、次は、I子さんの性癖どうぞ」 「あの、私がさっきされていたみたいに貴方を縛ってみたいんです」 やはりS性M性両方持っていた。 私は素直に縛られた。 I子は私の肉槍をしごいて立たせると、フェラでさらにビンビンにさせた。 そして、手首に巻いていた髪を止める茶色の2本のゴム紐の輪の1本でタマを縛った。 もう1本で根本から亀頭にかけてぐるぐる巻きにされました。 その縛った肉槍をバイブで刺激されると思わず俺の口から、「ううっ、うおっ」と声が出ました。 I子はコンドームに中指と人差し指を入れて、おもむろに俺のアナルに入れ、前立腺を刺激しました。 「うおおおー、か、か、勘弁してくれ!」 「元奥さんは、貴方のチンチンを入れられたのよ。 どう?反省した?」 「はいっ!反省しました。 勘弁してください」 「嫌なことはストップの約束ですから止めますね」 I子は優しくゴム紐と縄を解いてくれました。 俺が、「あーびっくりした。 でも、なんか興奮しました」と言ったら、I子は新しいコンドームを手に取り、「あの、せっかくですからセックスしませんか?」と言った。 俺はI子が天使に見えた。 コンドームを装着してI子を優しく、愛情を込めて抱いた。 I子はどこが感じるのだろう、どこを刺激されると悦ぶのだろうと、俺の肉槍はI子の膣の壁を彷徨った。 I子の反応を声とカラダから全霊で感じ取った。 正常位で繋がって30分近く探して見つけたI子のGスポットを、今度はカリで刺激した。 「はうっ!あん、あん、ああん」 I子の息遣いが途切れ途切れになってきた。 I子の手が枕カバーをギュッと握り締め、身体が仰け反ってきた。 一気に突き上げた。 俺もイキそうだ。 「あっ、ああぁー、ん、んんー・・・」 I子がイッた。 俺はコンドームの中に射精した。 初めて抱いた女と同時に果てたことに運命を感じた。 「結婚を前提にお付き合いしていただけませんか?貴方が嫌がるプレイは絶対にしないと約束します」 「よろしくお願いします」 俺が38歳、I子が26歳で再婚した。 娘を産む時、医者から性交を禁じられて、I子はアナルセックスにトライした。 今では生理中はアナル中出しになった。 出産後は、I子の膣にニンジンやサツマイモ等の異物挿入を始め、デジカメで撮るのが二人の楽しみになった。 I子は、俺のアナルにキュウリを入れて悦ぶ。 俺をまんぐり返しにしてコンドームに入れたキュウリを挿入し、片方を自分の膣で受けるのだ。 そしてキュウリを折らずに何回ピストンできるか挑戦するが、いつもI子が感じすぎて仰け反って折ってしまうのだ。 こんな風に、俺は普段は美しい妻と、寝室ではお互いの変態性癖を尊重しながら楽しい夫婦性活を営んでいる。 俺と妻の変態画像や動画もDVD100枚くらいになってきたが、発表する場や機会が無い。 顔を晒すのはやっぱり憚られる。 相思相愛ド変態夫婦の痴態を見せたいような見られたくないような・・・。

次の

本命彼女だけに男性が見せる「大切にエッチしたいサイン」3つ(1/2)

エロ 漫画 アナル セックス

タイプ• すべての無料SM動画• 2020. 27 12:00• 2020. 26 23:00• 2020. 26 12:00• 2020. 25 23:00• 2020. 25 12:00• 2020. 24 23:00• 2020. 24 12:00• 2020. 23 23:00• 2020. 23 12:00• 2020. 22 23:00• 2020. 22 12:00• 2020. 21 23:00• 2020. 21 12:00• 2020. 20 23:00• 2020. 20 12:00• 2020. 19 23:00• 2020. 19 12:00• 2020. 18 23:00• 2020. 18 12:00• 2020. 17 23:00.

次の

変態夫婦の痴態アナルプレイSM体験談/小説/話

エロ 漫画 アナル セックス

概要 [ ] もしくはのに、またはを挿入するの一種である。 一般的には男性の間における手法として認知されているが、の性行為でも行われることもある。 肛門の出口周辺は、神経終末が密集し非常に敏感であるため、開発さえすれば性別を問わずとなりうる。 また、直腸壁を腹側に圧迫することで男性の場合は、腸壁越しにやが刺激されて快感につながることがあり、そのまま受け手が射精した場合は「トコロテン射精」と呼ぶ。 また、女性の場合も同様に、隣り合った後壁、の裏側付近、周辺などに刺激が伝わり、個人差はあれど時として快感を生むことがある。 特に上の理由で人工的な避妊が禁じられている場合や、結婚前でを維持する必要がある場合に抜け道として利用される。 ただし、アナルは膣よりも傷つきやすい粘膜のため、出血や痔の原因にもなりやすい。 アナルセックスをする際には、直腸洗浄することが望ましく 、少しずつほぐしていかなければ快感は感じにくい。 性風俗産業 [ ] 異性愛男性にも快感を得る目的で、アナルを行う、のにを装着してもらって肛門性交(受け)を行う、或いは性風俗店などでマッサージのサービスを受ける者もいる。 また風俗では陰茎を持つ風俗嬢が男性客に挿入するというサービスがオプションで行われている。 アダルトコミックやポルノ小説で、性器の未成熟な女児との性交渉の手段として描写される事もあるが、児童にそうした性行為に及んだ場合にはで罰せられる。 また、男性2人と女性1人で行うの際、1人の男性が膣に、もう1人の男性が肛門に挿入する例もある。 生理的背景 [ ] 肛門はやなどと同様に組織が体外に露出している箇所であり、感覚が敏感で脳のの地図で大きな面積を占めている。 これらの箇所は性的な快感とも関係があるとされており、適切な方法で行えば性的な満足感の得られる行為になる [ ]。 挿入する側も膣よりも強い力で男性器が締め付けられるため、女性器で性行為を行うよりも強い快感を得やすいとされる。 膣でいう(愛液)のように、肛門・直腸からはと呼ばれる消化液が分泌される。 問題点 [ ] 肛門は本来、を行うためのものであり、必ずしも性交に適切であるわけではない。 そのため、異物の挿入によって裂傷や擦過傷とそれによる出血、、、までを引き起こすことがある。 また、挿入側にも様々な(、感染を含む)、腸内の大腸菌などの細菌による尿道炎等のを引き起こす恐れがある。 大きな異物や鋭利なものを挿入した場合は、直腸穿孔を合併することがある。 また、、大人の玩具を挿入した場合などに、抜去不可能となり、医療機関にて腰椎麻酔の上、肛門鏡やワインのコルク抜きの様なミオームボーラーを使用して摘出したり、開腹手術が必要になることもある。 最悪の場合には、神経機能麻痺と機能廃絶で、人工肛門造設術を施行する場合もある。 そして、肛門には自らの意思で・させることのできる()と、意図的にさせることのできない()とがあり、十分な準備をせずに肛門性交を行ったり、本人の意に反する形(場合によってはなど)で行うと、のみならず、をも損傷し、甚だしい場合には便に至ることもある。 そのため、肛門性交する前には、などによる腸の洗浄、十分な量のの使用などの対応をする必要がある。 挿入する側は挿入される側の体調に配慮し、挿入される側の意思をできる限り尊重することが望ましい。 また感染症予防の観点からはの着用が望ましい。 肛門性交におけるは基本的に膣性交における性感染症と同じであるが、診療にあたる医師の念頭に肛門性交の可能性がない場合、しばしば診断の遅れや誤診に繋がる危険性がある。 適切な治療を受けるためには、肛門性交の有無を医師にも伝えることが望ましい。 歴史と文化 [ ] 肛門性交はその体位が動物的な場合が多いこと・子孫繁栄とは無関係の性行為であること・排泄を行う箇所を性交に使うことへの抵抗など、宗教文化や習俗と合わせて行為に不快感を抱く者が現在でも存在する。 特に男性同士の同性愛行為をソドミーと呼び、中東などのイスラム圏、アフリカ諸国、中央アジアなど、世界のいくつかの地域、文化圏ではいまだにタブー視したり、法により禁止しているところさえ残っている。 男性同性愛者の間においても、女性との性行為の模倣に過ぎないという考えや、痛みや出血を伴うことや準備や片付けに手間を要することから肛門性交を嫌う者も多い。 (サディストの語源)の著書には、自分が捕らえられた時、妻へ差し入れを頼んだ際に自分の肛門に入れる張り型を持って来るように指示し、これを独房内で自慰のために使用した記録がある。 欧米およびキリスト教文化圏 [ ] 男性同士の肛門性交(と。 画 が広まる前のヨーロッパや地中海世界では、の教義による禁令がなかったため、男性同士及び異性間の肛門性交は普遍的に行われていた。 基本的にはカトリックでは子供を作る目的以外の性行為は認めておらず、快楽の追求のための性行為は否定されているため、肛門性交も禁じている。 また法律での禁止例として、で施行されていた、いわゆる「ソドミー法」がある。 この法律は同性愛を禁じるための法律であるが、頭の中を規制することは出来ないため、その行為である肛門性交を禁じるものである(異性同士の肛門性交も含まれる)。 これは、かつては50州すべてに存在していたが、現在では13州までに減少している。 また、テキサス州の法律は、にアメリカ最高裁により違憲との判決を下された。 イスラム教文化圏 [ ] 詳しくはを参照。 19世紀の時代の絵画 日本 [ ] 肛門のことを性的な俗語やゲイので、 菊門・ 菊座という他、女性の名器になぞらえて男性の場合のこれを 名門と呼ぶ。 またには 、 ともいい、男色家の間では 後庭華・ (ゴボウ)の切り口ということもあった。 アナルセックスは おかまを掘る(略して「掘られる」「掘る」と表現することがある)とも言い、転じてでの後部への追突を表すスラングとしても用いられる。 江戸時代には「おかまを割る」とも言った。 江戸時代の呼称には上記のものの他にも「けつ取り」や「大悦」などがある。 大悦は主に僧侶が用いた隠語で、通常の性交を「天悦」とも呼び、これは「天」という漢字を分解すると「二人」となり2人で悦楽が得られることを表すのに対して、大は分解すると「一人」となり、挿入される側は痛みを伴って悦楽が得られないことが多く、挿入する側1人のみが悦楽を得られる事を表している。 なお、大悦は自慰の隠語でもあった。 日本のは男性器を女性器に挿入する事を前提としているためアナルセックスでのは強姦罪にあたらず、や等が適用されていた。 しかしアナルセックス、等の準性交も強姦罪の対象となるよう法改正が検討され、(平成29年)に、男性が被害者の場合を含む強制性交等罪の規定が設けられたことに伴い、強姦罪は廃止され強制性交等罪がその役割を引き継ぐとともに準性交も法の対象となった。 女色における肛門性交 [ ] 江戸時代の性の指南書では、女性器が怪我などで使用できないときの為の肛門性交の方法を指南したものがある。 遊女屋の客の中には遊女と「けつ取り」をしたがる人もいるため、遊女たちは肛門での受け入れ準備もしていた。 陰間茶屋は高額なため、自分の妻や遊女で試そうという好色家も存在した。 現在のは男性器を女性器に挿入する事を前提としているため、法律上はアナルセックスは売春行為にはあたらない。 そのため等の男性器を女性器に挿入する行為(いわゆる「本番」)が禁止されている風俗業でも特別料金を払って行えるプレイとして提示されていることがある。 しかし風俗嬢が個人として行えない行為にアナルセックスを掲示している場合が多く、店側としては行えるプレイとして提示されていても勤務している風俗嬢全員が行っていない場合も珍しくない。 逆にアナルセックスが可能な女性を集めた専門店も存在する。 を描いた(1840年代) 日本でも、と稚児の、の世界の、など男色文化の歴史が存在する。 ・頃からは、などでは僧と稚児のの直前に行われる「稚児灌頂(ちごかんじょう)」という儀式があり、『少年愛の美学』にはそのやり方が詳しく書かれている。 灌頂を受けた稚児は観音菩薩の化身とされ、僧は灌頂を受けた稚児とのみ性交が許された。 衆道においては先述の「大悦」の字が示すように若衆が自身は痛みに耐え、年長者や主君の為に身を捧げるという意味合いも持つ。 相手が僧侶の場合はになるとされた。 江戸時代には、夢中庵魯鈍作の『男色四十八手指南』(6年)などに男色(肛門性交)のやり方が指南されていて、挿入する時には「」または「練(り)木」と称したの根・などで製した白い粉の粘滑剤 が市販されており、それを用いた。 江戸時代には性に関して多くの指南書が出版されたが、中には男色相手の少年や陰間を肛門のヒダの数で品評した本も出版されている。 また江戸時代には「小僧はの薬」と言われ、若い男児と肛門性交をすると脚気の治癒に効果があるという俗信が存在し、「お住持の脚気は治り小僧は痔」といった川柳も残されている。 日本では西欧社会の影響で、時代の一時期肛門性交が禁止されたが(鶏姦罪)、直ぐにこの規定は撤廃された(も参照)。 この頃から日本では肛門性交を鶏姦と呼ぶことがある。 現行法では女性の場合と同じくアナルセックス、加えて男性同士の場合は売春防止法上の売春行為には当たらないため、売り専などのでサービスとして行われていることが多い。 その際の隠語では挿入される側を「受け」「バック受け」などと呼び、挿入する側を「タチ」「バックタチ」などと呼ぶ。 を参照 年が明けて初めてのセックスを「」と呼ぶが、男性同士の性交の場合、「殿始め」と呼ばれる。 を利用する場合、肛門性交により設備が汚れ清掃に手間がかかることが多いため、男性同士での利用は断られる場合がある。 その他 [ ] やの一部地域では、男性のとして実施されている。 これらの地域では、が男性を男性たらしめる根源と見なされており、充分な精液を持たない不完全な男性であるとされるを真の男性に転換させるため、肛門性交やによって成人の精液を摂取させるという。 他の生物での例 [ ] は性交や性器への刺激をストレス緩和のコミュニケーション(ホカホカ)の一つとして行っており、一部のオス同士などで、肛門性交が行われていることが確認されている。 、、、および一部の原始的なはが直腸・排尿口・生殖口を兼ね、その中でを行うものは総排出腔に陰茎が挿入される。 そのためアナルセックスは鳥類であるの交尾から「鶏姦」とも呼ばれる。 脚注・出典 [ ] [].

次の