まあ まあ ふうふう。 中国語の言葉に「馬馬虎虎」と言う言葉があります、意味は「まあまあ」...

「まあ」が口癖な人の性格や心理とは

まあ まあ ふうふう

ことを穏便にすませたい、荒立てたくない まず挙げられるのが、「何事も穏便に」という心理です。 争いやトラブルを好まず、常に平穏であることをよしとする人が、「まあ」を多くつかう傾向があります。 例えば、職場の上司に退職を願い出たとしましょう。 それに対して「まあ、そんなこと言わずに、考え直してみたら? 」と返答する上司に、「穏便にすませたい」という心理が強く働いていることは、まちがいないでしょう。 心の中では「今、この部下に辞められたら、自分のマネジメント能力が疑われる」とか、「新しいスタッフを募集しなければならず、めんどうだ」など、自分の不利益になることを想像しています。 そして、「そんなことにはしたくない。 何とか翻意させたい」と考え、それが「まあ」という言葉に表れるのです。 トラブルが発生したときや、感情をあらわにしている人に対して「まあ」を多発するのも、つまりは「ことを荒立てたくない」という心理によるものと考えていいでしょう。 この心理は「ことなかれ主義」に通じるケースが多く、その心理のために、かえって「こと」が大きくなってしまうということも少なくありません。 「自分のほうが大人である」という上から目線 それとは違う種類の心理もあります。 例えば、感情的になっている人に対し、「まあ、そうカリカリしないで」とか、「まあ、そんな興奮しないで、ここは少し落ち着こうよ」という言い方をする人がいるでしょう。 そう言われた人は、その言葉に感情を害すにちがいありません。 「なにを偉そうに」と感じるからです。 その「偉そうな感じ」は「自分もほうが大人だ」という上から目線から生まれるものです。 言われたほうは「自分が下に見られている」ということを瞬時にしてキャッチしますから、「偉そうに」と思い、腹を立てるわけです。 ですから、多くの場合、立場の上の人が下の人に「まあ、落ち着いて」というような言い方をします。 しかし、例えば、部下が上司に「まあ、そんなに感情的にならないでくださいよ、課長」というケースもあるでしょう。 その場合、その発言者は普段から上司を人間的に下に見ている、自分のほうが精神的に大人であると考えているのです。 こうした「まあ」には、相手をたしなめたり、嘲ったりする心理が隠されています。 「まあ、こどもじゃないんだから」とか、「まあ、お互い、いい大人なんだから」いう言い方には、相手に対する明らかな「嘲り」が含まれているわけです。 気持ちが冷めている、本気ではない 何か言われたり聞かれたりした場合に、「まあ」から始まる返事を返すこともあります。 例えば、部下が上司に仕事上の案件について具申したとしましょう。 「ここはもっとこうしたらいいんじゃないでしょうか」というような進言です。 その際、上司が「「まあ、考えておくよ」と答えたとしたら、部下はおそらくがっかりするにちがいありません。 この「まあ」には、「その件に関しては、あまり乗り気ではない。 ほんとは真剣に考える気持ちがない」というニュアンスが含まれるからです。 逆に言うと、本気で考えようとしている場合に、そうした「まあ」を用いることはないのです。 また、何か意見を求められ、それに答えたあと、最後に「まあ、こんなとこじゃないでしょうか」という言い方をする人もいます。 この「まあ」も、「断言できる自信はありません。 とりあえず、こう答えましたが、まちがっているかもしれません。 まあ、どうでもいいです」という心理が含まれていると考えていいでしょう。 いずれにしても、「対象となる案件に対して気持ちが冷めている、本気ではない」という心理が働いているのです。 軽い否定を、それとなく含ませている さらに、あいまいで微妙な心理もあります。 この会話例をお読みください。 「元気そうだね」「まあ、なんとかやってます」いかがでしょうか。 相手から「元気そう」と指摘されたとき、自分でも元気だという自覚があるなら、「はい、元気です」と答えるはず。 それを「まあ、なんとか」と答えるのは、「実はそうでもないんです」という含意によるものです。 ストレートな表現を避けようとするのは「まあ」を口癖にする人の、最大の共通心理ですが、その典型例がこの場合の「まあ」だといっていいでしょう。 「まあ」が口癖な人は日本人らしさがあふれている ここでは、「まあ」を口癖にする人の心理について、一般的な4つのケースを紹介しました。 その多くは「日本人的心理」と言っていいでしょう。 「まあ」には、多くの場合、ことを穏便に済ませようとしたり、ぼかした表現にしようとしたりという、いかにも日本人的な心理が隠れているのです。 さらに、「自分のほうが大人」という上から目線も、「慇懃無礼という日本人の特性によるもの」と考えることもできるでしょう。 「「まあ」が口癖な人の性格や心理とは」への感想コメント一覧•

次の

クラファン、シルクハットなど簡単完璧に説明しますね!!|トット桑原のくわごころ|note

まあ まあ ふうふう

久しぶりに大阪は四天王寺の市(毎月21日)にやってきたまあまあふうふう。 あっちの露店、こっちの露店と冷やかしていると 決して派手ではないのに妙に気になるティーカップ&ソーサーが並んでいた。 一瞬、昔の機内食用か?と思ってしまうぐらい無駄のないデザイン。 そのわりには華奢な薄さ。 はて?こいつらは何者と手にとると・・・ オールドノリタケ様じゃ!控えおろう!!! 「あー、こりゃあかん。 絶対手ぇだせへん金額言うにきまっとる」 心の中でうめきつつ、ご主人に値段を聞くと 「1つ1000円」 カップやソーサーの淵が欠けてないか、ひびが入ってないかなどよく確認し、 更に 2つで1500円まで負けてもらったのであった。 「オールドノリタケにしては安い。 偽物か?」 「こってりゴージャスやアールデコみたいにいかにもオールドノリタケな デザインではないから本物でも安値なんかしらん?」 「まあエエか。 1客750円やし」 家に帰ってから「オールドノリタケ アールデコボーンチャイナ」(木村一彦・菱航太郎 著 トンボ出版)、「オールド・ノリタケ 100年を経て里帰りした陶磁器」(コロナ・ブックス 編集部 編 平凡社)の2冊で調べてみる。 このバックスタンプは1918年(大正7年)頃 から1933年(昭和8年)頃にかけて 輸出向け商品にプリントされているものらしい。 月桂樹の中に描かれたMはノリタケの 前身である森村組(最初は日本の骨董を アメリカに輸出する会社だったそうな)の 森村のMから。 紅茶が似合いそうな素敵なカップが格安で手に入って大満足のまあまあふうふう。 ・・・はい、今回の話は単なる自慢話です。 (このカップも他のノリタケ組と共に酷使される運命だろう。 食器は使ってナンボです!).

次の

まあの使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

まあ まあ ふうふう

「歳をとる」というのは、誰も皆、やったことがないですから。 誰もがみんなそれぞれ初体験。 私も、ここから先は初めての道です。 「初めてのことなんだから、楽しんでやっていければいいな」 そう思っています。 大病とも向き合いながらも、笑顔を絶やすことなく、仕事にも自分自身にも「一生懸命、いい加減に」と向き合い続けた八千草さん。 (内容) 1章 日々のこと。 暮らしのこと。 ・「ま、いいか」で、いい加減に。 ・着る服は、自分で選ぶ。 ・「役に立たない」から、毎日豊かに。 ・ものは、捨てない。 ・「転ばないように」を考えすぎない。 ・ぶらぶらと、5000歩。 ……etc. 2章 山のこと。 自然のこと。 ・山に、入る。 ・何もしない山の暮らし。 ・不便を楽しむ。 ……etc. 3章 芝居のこと。 仕事のこと。 ・「私らしさ」に執着しない。 ・昔の仕事は、振り返らない。 ・歳を重ねたから、深く考えられる。 ・ちょっとだけ、無理をする。 ・ちょっとでも、怠けない。 ……etc. 4章 歳をとること。 生きること。 ・病気も「まぁ、しょうがない」。 ・迷惑をかけるようになったら。 ・転移しても、お腹はすく。 ・人は、「忘れる」生き物だから。 ・今を、きちんと生きる。 ……etc. 最近同じような自慢話ばかりで、やたらと「あ~しろ、こ~しろ」と命令する本を出している下重暁子や、何を言いたいのかわからない五木寛之の人生後半の指南書に辟易していた所に八千草さんの本を読んで心が和みました。 前書きにある『「歳をとる」というのは、誰も皆、やったことがないのですから。 誰もがみんな初体験。 私もここから先は初めての道です。 「初めてのことなんだから、楽しんでやっていければいいな」そう思っています。 』の言葉が気負わず、明るく前向きな八千草さんの人柄を良く表していると思います。 また、所々に書かれているエピソードからご主人を深く愛していたことがわかり、「妻のトリセツ」に助けられている昨今の男性の一人として、とても羨ましいご夫婦だと思います。 八千草さんにはこの本を書いていただいた事に感謝いたします。

次の