二重整形 有名医師。 【2020年版】韓国 美容整形のおすすめ10選!日本人が安心して通える有名クリニックはここ

二重整形の名医を厳選!二重手術の上手い先生がいるおすすめ美容外科クリニック

二重整形 有名医師

共立美容外科では、 メスを使わない「切らない二重手術」を採用。 目の上に点 ポイント と点 ポイント を結んで、二重のラインを作ります。 麻酔のかけ方や手術で使用する極細の糸など、独自の研究結果に基づき、 大きくてチャーミングな目もとに仕上げます。 手術痕が残らず、腫れづらい自然な仕上がりで、眼瞼下垂 まぶたが重くなる・目が開けづらくなる の心配はありません。 所要時間は20分程度。 共立美容外科は痛みが少ないように手術を行うことを、医師一人一人が意識していますので、「痛みが少ないようにする治療」に配慮して麻酔も行っています。 例えば、麻酔の注射も痛みが少ないように極細の注射針を使用したり、麻酔の注射も痛みが少ないようにするために、事前に点眼の麻酔薬を目に浸透させてから、麻酔の注射針を優しく刺しています。 一般的に、挙筋法は「眼瞼下垂を生じやすい」と言われていますが、共立美容外科の固定法は、逆に挙筋挙上させたりする固定を作ることができるので、そういった心配はほとんどありません。 私が美容整形業界に入った30年前、 二重のラインを糸で固定する「埋没法」は、麻酔が痛いのは当然、術後にまぶたが腫れるのも普通のことでした。 そんな 当時の常識を覆したいと開発に着手したのが「 共立式二重埋没P-PL挙筋法」の始まりです。 たとえば、針。 その頃主流だった角ハリを より摩擦が少ない丸ハリに変えたり、糸についても より細いものを特注したり・・・。 もちろん、 道具だけではなく、技術についても、糸のかけ方やかける部位、糸の結び方や埋め込み方、ラインの出し方について研究を重ねることで、 腫れを抑え、取れにくい共立独自の挙筋法へたどり着いたのです。 また 麻酔薬にしても、浸透圧を変えてより痛みが少ない液剤を開発したり・・・、これ以上は企業秘密なので言えませんが、医師仲間と夜な夜な研究に没頭し、より痛みの少ない二重整形の施術を考案してきました。 共立式二重埋没P-PL挙筋法はこんな方にオススメです! 共立美容外科の二重手術で使用する糸は、 もともと血管の手術に使用されていた糸です。 この糸は極めて細く、体内で分解されないのが特長です。 二重が長く保たれ、また伸びる糸なので糸の結び目が小さくすみますので、 糸が目立たず自然な二重にすることが可能です。 小さなお子様にも負担をかけずに手術が行えるよう、医療用の糸や麻酔針もこだわっています。 当院では、目 上まぶた に柔らかく、やさしい、思いやりのある手術を心がけています。 カウンセリング・術後のケアにも十分に時間をとるようにしておりますので、ご安心下さい。 二重の瞼のラインは、平行型 へいこうがた と末広型 すえひろがた の二種類あります。 平行型のラインとは、目の輪郭の上の部分 上まつ毛が生えている部分 のラインと瞼の折り目のラインが平行になっているラインの事です。 一方、末広型のラインとは、瞼の折り目が目頭についていて目尻にはついていない場合、つまり、目頭から目尻に広がっていくラインの事を言います。 日本人の場合、生まれつき平行型のラインの方は少ないと言われています。 また、目が大きく見えるのは末広型より平行型と言われています。 共立式二重埋没P-PL挙筋法は、平行型も末広型もどちらも形成することが可能です。 患者様のご希望に合わせてご対応しています。 一般的な美容整形クリニックが行う「埋没法」や、「共立式二重埋没P-PL挙筋法」は、メスを入れずに気軽に行える手術ではあるものの、デリケートなまぶたに針を入れる以上、体質や担当医の腕、針の太さによっては痛みや腫れが出る可能性はあります。 共立美容外科では、痛みや腫れのリスクを限りなくゼロにするために、徹底して丁寧で腕の良い医師のみを採用することはもちろん、道具にもこだわり、さらに十分な冷却を行うなど、アフターケアまで万全の体制を敷いています。 また、クリニックによっては、「切らない二重整形」の場合、担当医ひとりで施術を行うこともあるようですが、私たち共立美容外科では、患者様の大切なお顔に手を入れさせていただくという責任意識のもと、どんなに経験豊富な医師であっても、看護師等が必ず付き、2人以上で施術を行うことを義務付けています。 通院回数 1回 回復までの期間 2,3日〜1週間 カウンセリング当日の治療 可 入院の必要性 なし 制限事項 手術後当日、アイメイク・コンタクト不可 仕事・外出 可 その他特記事項 なし 対応医院 全国25院全ての共立美容外科でお受けいただけます。 表示料金は全て税抜きの金額です。 表示料金は目安の金額となります。 術後のアフターフォローもしっかりしております。 追加料金は一切かかりません。 いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。 二重の保障に関しての 当院の考え方 永久保証や10年保証を売りにしているクリニックがございますが、そのようなクリニックでも、加齢や体型の変化による目もとの変化は、保証の対象となっておりませんのでご注意ください。 目もとは加齢でたるみが出たり、体型の変化 太ったり、痩せたり 、妊娠などによって、• 自然にラインが下がってくる• 徐々に幅が狭まってくる• ラインが薄く見える• くぼんだり、腫れぼったくなる という変化がどうしてもあります。 当院では確実に保障できない「永久保障」は謳わず、「1年保障」「2年保障」「3年保障」までをご用意しております。 上記期間内に二重が取れてしまった場合、再手術は無料で行います。 長期保障を謳う費用の高い施術を他院で検討される際は、よくご確認の上、ご検討されることをおすすめします。 「埋没法による手術の場合、眼にダメージを与えるケースが多いと聞きました。 まぶたの裏側に糸が出ていると、まぶたの毛細血管や細胞を傷つけるので、眠っている時などに酸素等を送る役割をする毛細血管等が通常の働きができなくなり、眼に負担がかかるとのことです。 こちらで手術を受けたのですが、とても不安です。 」 お聞きになった話の出所はわかりませんが、そのような説明をする医師もいると聞きます。 埋没法では結膜下に糸が通ります。 最初のうちは、コンタクトレンズをしているときのようなゴロゴロ感を感じることもあります。 もし、この糸が皮膚から露出してしまったら、すみやかに糸を抜きます。 抜糸せずに放置しておけば、目に確実にダメージを与えます。 不安視されているのは、このような危険性のことだと思います。 しかし、角膜は刺激に鋭敏です。 手にほこりがついても気づきませんが、目にほこりが入れば誰だって痛みますね。 糸が露出して目にあたれば、痛くてたまらないはずです。 放置しておけるものではありません。 したがって、「埋没法は目にダメージを与える」という話は、「糸が露出するという特殊なケースが起こり、しかも、その痛みに対して、平気で眠っていられるほど強靱な忍耐力を持っている人」を想定していますので、何らかの意図のある情報操作なのではないかと思えます。 ただ、用心に越したことはありません。 何か不安に感じたら、検査にお越しください。

次の

二重埋没法が上手い先生がいる美容外科クリニック3選

二重整形 有名医師

二重整形を行う場合、どこのクリニックを選択すれば良いか全く分からないという方も多いのではないでしょうか?どうしても「金額」や「アクセス面」のみで判断してしまう方が多いです。 確かにそれらも重要なポイントです。 しかし技術力が乏しいことでリスクも高まってしまいます。 そこで今回は新潟で二重整形を検討している方に、優秀な医師が在籍しているクリニックを紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 また、二重整形が初めての方でも安心な「保証付きプラン」も嬉しいポイント。 このプランでは、 術後に二重幅を変更したい場合や、万が一埋没法が取れてしまった場合 など、施術を終えてから1ヶ月以内であれば、なんと 【無料】 で再手術が可能です。 さらに、普通のクリニックでは埋没法の留める点数で料金が変動していますが、ここ東京イセアクリニックでは、 どれだけ留めても料金が一律 で 【留め放題】 なところも魅力なんです。 また、1つの施術方法でもクリニックによっていくつもの種類を揃えているケースがあります。 しかし、もともと持っている目元の状態によっても適している治療は変わってきます。 そのためたくさんのメニューから選択できると、より納得のいく仕上がりを手に入れることができるでしょう。 そうすることで 失敗を起こすリスクも高まり、医師やクリニックに対して 不信感を覚えてしまう可能性も考えられます。 そのため「技術」「カウンセリング」「対応」などの観点から見て安心・安全に受けられる場所を選択することが大切です。 そのため、24時間365日の間クリニックと気軽に連絡が取れたり、アフターフォローを何度でも無料で行えたりするクリニックが安心です。 また、保証制度が整っているクリニックであれば万が一、「埋没法がとれてしまった」「元通りになってしまった」という場合であっても心配せずに済むでしょう。 そのため、周囲と顔を合わせることがないよう プライバシーに配慮しているクリニックを選択することをおすすめします。 そういったストレスを感じることなく治療を受けられるでしょう。 そのため業界屈指の症例数を有している 経験豊富なドクターが多数在籍しています。 また丁寧なカウンセリングや適正価格の施術料金、痛みや腫れを緩和させる麻酔方法など品川スキンクリニックは様々な面で創意工夫をこなしており、患者さんの経済面、精神面での負担を減らす体制をとっています。 「安い、腫れない、上手い」などを求めている人には、おすすめのクリニックと口コミでも好評です。 二重整形の名医 【品川スキンクリニック 新潟院 院長】土佐 将人先生 血管障害や悪性疾患の患者さんの手術を数百例以上執刀した経験があるドクターです。 そこで命の大切を学んだことで医師としての責任を強く持ったと言われています。 そのため診察、施術の時は、自分の経験や技術力を最大限に活かし、患者さんに適切な治療方法をできるだけ提供するよう心がけています。 元々はスーパークイック法を受ける予定で行きましたが、カウンセリングの結果ナチュラル法で施行して頂きました。 値段はあがりましたが、学割等の割引を適用出来たので助かりました。 来院から施術までとてもスムーズで、看護師さんもとても親切に対応してくださいました。 また、施術の際は笑気麻酔のおかげか痛みはほとんど感じず、少しチクッとするくらいでした。 痛み止めなどの説明もしっかりとしてくださり、心強かったです。 ありがとうございました。 待合室も仕切りがあるので、周りに誰がいるかわかりません。 もちろん相談も個室です。 プライバシーも安心でした。 この目元のせいで毎日が地獄でした。 そんな私に母親が美容整形勧めてきました。 原因は、一重の女が好みじゃないそうです。 アイプチでごまかしてた私も悪いけど、これはひどくない?八つ当たりの勢いで美容整形を決意しました。 心の中は穏やかじゃなかったけど、そこのカウンセリングのお姉さんがすごく共感してくれて少し救われた気分でした。 仕上がりも悪くないし、化粧する時間も減って得することばかりです。 これらならもっと早くやればよかったな。 まとめ 今回は新潟でおすすめの二重整形のクリニックを紹介しました。 二重整形を受ける場合には クリニック選びが特に重要なので、気になるクリニックがあった場合はまずカウンセリングに行ってみて様子を見るようにしましょう。 ナビが東京イセアクリニックに注目するワケを少しだけお伝えします! まずは日本形成外科の専門医が治療を行う「高いデザイン性」。 技術力の高い医師がひとりひとりの要望を叶えることはもちろん、満足のいく結果を提供してくれます。 また、34Gの注射針を使用したり素早い手技で内出血や腫れなどの負担を軽減する工夫を行ってくれる点です。 ダウンタイムや痛みに対して不安を抱えている方も安心なのです。

次の

切らない二重まぶた整形

二重整形 有名医師

自分がなりたい二重になるための方法が、10人いれば10通り見つかります。 「思い通りの二重に仕上げる」ためにはやはり プロの手によって整えてもらうことで、望みが叶います。 まずは、 なりたい二重のデザイン、理想の二重幅、叶えたい二重のイメージなどをじっくり伝えられるようにするのが肝心です。 そこに医師の技術力が加われば、あなたの理想が手に入りますよ。 まずは、多くの方が二重整形を受けるに至る経緯の部分をまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。 もしかすると、あなたと同じ悩みも見つかるかもしれません。 腫れぼったいまぶたを確実に解消するために 二重ノリが癖でつきにくい、アイテープで二重のラインが全然つかないという方はまぶたの上の脂肪が多いことが考えられます。 腫れぼったいまぶた、眠たそうな目に見られる、自分の目つきに悩みがあり、悩んでいる方は多くいらっしゃいます。 メイクでごまかしたり、マッサージで血行を良くして脂肪燃焼、脂肪を取るための目のエクササイズ、まぶたを温める...。 こういった方法で劇的にまぶたの脂肪はなくなって、腫れぼったいまぶたから解放されるでしょうか?答えはノーです。 結局、自分でできる方法では気休め程度にしかならず、下手すればまぶたの薄い皮膚にダメージを与えてしまいます。 まぶたの脂肪取りなら、美容クリニックで相談すれば解決する方法が見つかりますよ。 その一例を紹介します。 二重まぶた整形については、大きく分けるとプチ整形の分野である「切らない埋没法」「メスを入れる切開法」の2通りがあります。 最初は、 埋没法と切開法でどっちがいいの?と悩む方が多いですが、 美容クリニックの割合では圧倒的に「埋没法」が人気です! ただし、「埋没法」にもデメリットがありますのでまずは、それぞれのメリットとデメリット、失敗例について紹介していきます。 埋没法とは? 埋没法はまぶたの皮下に、医療用糸で二重ラインを留めることによって、二重のラインを作ります。 埋没法は切る整形手術よりも敷居が低く、値段も比較的お手頃なことから、二重術としては一般的で認知度も高い人気の施術です。 プチ整形の代表格ですね。 簡単にトライできる分、デメリットや失敗はないのか?気になるところですよね。 ではメリットデメリットを見ていきましょう。 その後の 腫れも、切開法よりも比較的穏やかなので、長期休暇が取りにくい方や、周りにばれたくないという方でも、自然な二重にできるメリットがあります。 メスを使わずに糸で留める方法なので、痛みの少ない施術でもあります。 手術が怖くて整形できない、という方にもチャレンジしやすいプチ整形です。 また、 気に入らなかったら元に戻せるというのも最大のメリットではないでしょうか? たまに、目頭を切開しすぎて不自然になってしまった芸能人の方がいますが、やり直しがきかない切開法の恐ろしさを感じます。 目が大きくなればいいってものではありませんよね。 二重の幅も、形も、あなたに合ったデザインに仕上げてこそ美人になれるのです。 その辺は、 名医との出会いと腕前、なりたい二重をカウンセリングで上手く伝えられるか、にかかっています。 当サイトで紹介しているクリニックは、実績、口コミ、評判の良さをトータルして厳選したクリニックですので、迷っている方は参考にしていただければ幸いです。 対処法としては、再度埋没法を行う事で解決します。 切開法では失敗すると引き返せない怖さがありますが、埋没法ならやり直しがきくという点では初めての二重整形の方にはおすすめです。 腫れは切開法と比べるとさほど心配する必要はありません。 腫れが続く場合では1週間続くことがありますが、それ以上晴れることは少ないようです。 もし数週間腫れが持続する場合はあまり触れずに早めに、施術を受けたクリニックに相談しましょう。 また、1か月以上たっても希望の二重ラインにならない場合は腫れではなく、糸の影響で目の開きが悪くなっている可能性もあります。 または、二重のラインを引き間違っている場合もあるので、腫れではないけれど、ラインがおかしい場合にも相談しましょう。 やり直しが可能です。 埋没法のラインは徐々に緩んできてしまい、半永久的ではないと覚悟しておきましょう。 中には10年以上持続する方も中にはいらっしゃいます。 二重のラインの付きやすさは個人差があり、皮膚のたるみや年齢にも関係するので一概には言えませんが、もし手術後1か月以内に取という場合は、完全に技術的なミスが考えられます。 二重のラインが日によって違ってくるという症状が出てきたら、取れてしまう前兆かもしれません。 再仕上げ保証のあるクリニックもありますよ。 埋没法は糸を埋め込み、糸を結ぶことで二重を留めるので、糸の結び目が出来ます。 まぶたの皮膚の下に結び目が出来ることで、 人によっては目を閉じると糸の結び目が目立ってしまう場合もあります。 半年くらいたてば目立たなくなってきます。 もしあまりにも気になる場合は、抜糸して付け直す方法もありますが、再度つけることで新たにできた結び目が目立ってしまう欠点もあります。 「糸が出てくる」というケースは、ほとんど起こることのない失敗ですが、まれに医師の技術力不足やカウンセリング不足で起こってしまうケースもあります。 この場合はなるべく早くクリニックを受診しましょう。 放っておいても改善しませんので、抜糸して糸をつけ直しする必要があります。 頻度は非常に少ないですが、まぶたの裏側に出て、眼球に当たってチクチクすることが考えられます。 眼球に傷がいかないように早めにクリニックで抜糸してもらいましょう。 まぶたへの負担が原因でまぶたが赤く腫れる症状が出ることがあります。 糸に菌が付いてしまい起こる症状で稀です。 ニキビのような腫れが生じますので膿を出すか、抜糸します。 埋没法の料金相場は? 糸を留める場所が増えるほど、料金が上がっていきます。 ちなみに 一番安いのは1点留めという方法で、最安クリニックだと両目4000円台から行っています。 しかし、 1点留めは2点留めと違って支える力が弱いため、すぐに外れてしまうということで、初めてのプチ整形で一番人気なのが2点留めになっています。 1点留目を行うのは、以前2点留めしていたうちの一つが取れてしまった方などの場合が多いようです。 そこで、主流である2点留めの料金相場を大手クリニックで比較してみたところ、 両目1万円台から12万円台までと幅広く、平均的なところで言うと3万円くらいといったところです。 初めての方にも手を出しやすい価格設定は埋没法の人気の理由ですね。 湘南美容クリニックの人気の「埋没法」メニューは2万円台から20万円台と幅広く扱っています。 ちなみに湘南美容クリニックでは、 3年間で約13万人の方が施術されています! 中でも、3年保証付きで2万円台の「湘南二重術」は約4. 2万人。 次に人気なのが20万円台の「クイックコスメティークダブル」では結び目がまぶたに見えにくくとても自然で、約3. 3万人が受けています。 不可能かどうかは、一度施術してもらうクリニックでカウンセリングしてもらうことが必要ですが、思い通りの二重になる可能性が低くなるかもしれません。 せっかく見た目を変えたいのに、思ってもいない二重になってしまってはお金を払うだけ損ですよね。 もし、不自然になったりすれば、やり直しは聞きますがせっかくの施術が台無しです。 二重術には埋没以外にも安全で腫れにくい切開法もあります。 切開法の中でも、まぶたの余分な筋肉や脂肪を減らしてから二重を作るという方法もありますので、脂肪の多い方などは、 希望の二重になるにはどう言った方法が最適か、実際にカウンセリングで医師に相談されることがおすすめです。 埋没法と一口に言ってもクリニックによりその方法は様々ですので、当サイトのクリニック紹介を参考に、自分にピッタリの施術法を選んでくださいね。 切開法とは? 二重まぶたの切開法とは、 まぶたを切開して二重のラインを作る方法で、半永久的な二重の実現が可能です。 脂肪や筋肉などが多く、腫れぼったいまぶたの方にも最適な施術ですが、メスを入れる分、ダウンタイムの長さは覚悟が必要です。 では、切開法のメリットデメリットを見ていきましょう。 プチ整形で二重にしたけれど、数年経って、二重のラインが崩れてしまったという方も多いようです。 もう一度埋没法を考える方もいますが、せっかくきれいなラインを作ってもまた数年後に再施術しなければならないという手間がかかるのが嫌な方は、切開に踏み切ることも。 また、まぶたが腫れぼったくて二重のラインが作りにくい方には切開法でまずは余分な脂肪を取ってから二重のラインに塗っていくという方法で、理想の二重になれるというメリットもあります。 二重の幅の調整も、メスを入れる切開法なら融通が利く点で、なりたいイメージに近づく方法としては埋没法よりも切開法の方が良いですよ。 また、まぶたの傷口はどうしても目立ってしまいますので、 長期休暇がとれるかどうかが重要になってきます。 夏休みなどを利用するという方が多いのは切開法を受ける方の特徴です。 切開法の料金相場は? 切開法は埋没法よりの料金が高くなります。 東京にあるクリニックを基準で見てみると、 最安値で8万円台から最高額で30万円台と幅が広かったです。 平均的な料金は20万くらいでしょう。 切開法のなかでも部分切開法と全切開法があるので、施術方法によっても値段に差が出ているというわけです。 切開法が適さないタイプは? 湘南美容クリニックのCMをご覧になった方も多いのではないでしょうか。 毎日のアイテープに時間がかかってしまっているという女性にとって、湘南の二重埋没法は手軽な値段で保証もついていると、初めての方にも優しい施術です。 湘南美容クリニックに通う方のほとんどが初めての美容外科として選ぶほど、「初めて」を大事にするクリニックです。 全国70院以上の店舗展開と、人気の施術内容で圧倒的施術数を誇っています。 両目の 1点留め6340円と全国のクリニックでも最安値ランクの料金設定です。 全国30院以上の店舗展開、どこで受けても同じ料金、症例件数が多く医師の実績数が多いので、初めてでも選び安いクリニックです。 来院当日から入会できるBMC会員なら「二重・目元」の施術が30%割引になるサービスがチャンス!誕生日付きならさらにお得な35%引きと1ポイント1円で使えるBMCポイント1000円ももらえます。 最先端の機器と熟練した医師により、なりたかったデザインの二重が叶います。 さらに、ダウンタイムで腫れやすいまぶたにも配慮した独自の技術で、周りにばれたくない方にとっても大きなメリットといえるでしょう。

次の