ヒノカミ神楽 13の型。 【鬼滅の刃】192話ネタバレ!日の呼吸(ヒノカミ神楽)の13の型が判明!

【鬼滅の刃】192話ネタバレ!日の呼吸(ヒノカミ神楽)の13の型が判明!

ヒノカミ神楽 13の型

概要 漫画『』に登場する戦闘手段である『』の一つであり、 始まりの呼吸とも呼ばれる呼吸法(剣技)。 現在に至るまでで判明している使い手は ただ一人である。 使用するときにはが 赫灼に変化し、あらゆる呼吸の中でも一際強い威力を持つ呼吸であると考えられるがその詳細については判明していない。 日の呼吸と全集中の呼吸の一つである炎の呼吸は根本的に全く異なる呼吸法であり、 『炎の呼吸』には代々伝わる掟として 『炎の呼吸』を『火の呼吸』と言ってはならないというものがあり、呼吸の中でもことさらに特別視されている。 更に現時点では日の呼吸法は失われているが、これは始まりの呼吸の使い手であった耳飾りの剣士との因縁により無惨が鬼に 日の呼吸を知る、または使い手になる可能性がある者を全て滅する命を下し、適正のある剣士や日の呼吸を知る者、書物等を抹消していった為である。 上述の『炎の呼吸』を『火の呼吸』と称してはならない、とするのも似て非なるものだということは勿論、『日』と『火』を違えて命を狙われないようにする為ということが考えられる。 また、炭治郎の日輪刀が黒色に変化した際「黒い色の刀の隊士は出世できない」と言われたのも、耳飾りの剣士が黒い刀を使用していたが故に黒い刀の隊士は鬼に命を奪われていたと推察される。 また伝承が失われており、素質のあった剣士は初期の炭治郎のように適正外の剣術で命がけの暗中模索をする他なく、惜しくも命を散らしたと思われる。 には耳飾りの剣士と深い関わりがある『』を使うが現れているが、上記の無惨の日の呼吸の剣士抹殺の命を執行していたのは主に彼である。 主人公のはこの日の呼吸に似た呼吸法である を修得している。 他の呼吸との関係 、日の呼吸の使い手、耳飾りの剣士がに合流し人の身で鬼と闘っていた当時の剣士達に鬼に肉薄可能な程に身体能力を強化する全集中の呼吸を指導することによって各々の戦闘術や身体特性に最適化された多数の呼吸が生じるに至る。 『』と『』はそのときに 発生した呼吸法であり、日の呼吸が始まりの呼吸と言われるのもこのためである。 因みに黒死牟が使用する『月の呼吸』も、上述の呼吸とほぼ同様の経緯で生じた呼吸法が原型である。 主人公である炭治郎の家に代々伝わる神楽舞。 新年の最初の晩に、日没から夜明けまで一晩中踊ることで、ヒノ神に捧げる神楽。 この神楽を極めることにより、は 透き通る世界という特殊な視界を得ている。 竈門家先祖の炭吉と日の呼吸の唯一の使い手、耳飾りの剣士との間に交わされた約束により神楽として伝えられてきたと考えられ、現状日の呼吸に最も近い呼吸法、型である。 炭治郎が戦闘時に使用するとと同じように人間の身体能力を底上げすることができ、ともすると炭治郎にとっては『水の呼吸』より順応性が高いため、その効果は全集中の呼吸と同等か、時にはそれを超える程の威力を引き出して鬼の頚を斬ることができる。 その正体は、 炭吉が縁壱から見せられた「日の呼吸」の型を後世に伝えるための手段であり、神楽の舞として残すことで日の呼吸の型の伝承を途切れさせないための カモフラージュだった。 しかも数百年という長い年月が流れていながら、その呼吸と型は 驚くほど正確に伝えられており、炭治郎が先祖の記憶を通して縁壱の舞う型を見たことで細かい部分のブレが無くなり、ヒノカミ神楽は遂に日の呼吸として完成する。 『日の呼吸』と関わりの深い人物• 現在の鬼殺隊の霞柱。 本人の使っている呼吸は『』から派生した『』だが、始まりの呼吸の使い手の子孫であると明言されており、上弦の壱である黒死牟の子孫。 日の呼吸以外で初めて日の呼吸の剣士と同じ赫灼の刃を発現させるに至る。 鬼殺隊の元炎柱。 の父であり、現状では最も日の呼吸について詳しいであろう人物。 かつて任務の中で自分の無力さを知った時に最愛の妻を失うという悲劇が重なり、加えて煉獄家に代々伝わる手記 『炎柱ノ書』によって日の呼吸の存在を知ったことで、失意のどん底に墜ちる。 それ以来、日の呼吸に対して強い敵意を持つようになった。 そのため希少な日の呼吸について書かれた書物をズタズタに切り裂いた。 竈門炭治郎の父。 生まれながらにして炎の形に似た痣を額に持っており、ヒノカミ神楽の先代の使い手。 炭治郎が幼少期の頃には既にヒノカミ神楽を極めていた様であり、当時既に寝たきりの生活が長いような病身でありながら、 巨大な熊の頭を切り落とす、 寒い冬の中で一晩中神楽舞を舞える等の超人的な技を見せており、更には全集中の呼吸のその先にある技である透き通る世界と呼ばれる境地に辿り着いていた一種の達人。 一方で、炭治郎にヒノカミ神楽と花札に似た耳飾りを『約束』として後世にまで伝えていくように言っている。 鬼殺隊と敵対するの筆頭である上弦の壱。 鬼であるが故に使用することのできる異能力であると全集中の呼吸を兼ね合わせた『』を使う鬼であり、始まりの呼吸の剣士の一人。 前述の通り、日の呼吸の使い手と思われる、現状唯一の人物。 物語本編の時間軸から最低でも三百年前の人間であり、物語の主人公である炭治郎の祖先である炭吉の命の恩人。 その縁で恐らく日の呼吸をヒノカミ神楽として竈門家に伝えたと推察される。 彼の使う刀は普段は黒い刀身であるのに、戦いのときには赤く染まったという。 冒頭の言葉は、彼が炭吉に向けて言った言葉。 は日の呼吸そのものであったため、型名、型の概要はほぼ同じである。 壱ノ型 円舞(えんぶ) 刀を両手で握り、円を描くように振るう技。 との戦いで、生生流転を超える威力を引き出した。 弐ノ型 碧羅の天(へきらのてん) 刀を両腕で握り、腰を回す要領で空に円を描くように振るう技。 垂直方向の強烈な斬撃となり、機関車と一体化して巨大になったの頸椎を両断した。 技名の由来は晴れ渡った青空を指す『碧羅の天』から。 参ノ型 烈日紅鏡(れつじつこうきょう) 刀を両腕で握り、肩の左右で素早く振るう二連撃の技。 迎撃に向いた左右広範囲の水平斬りとなる。 技名の『烈日』は夏の強い日差しを、『紅鏡』は太陽を指す。 肆ノ型 灼骨炎陽(しゃっこつえんよう) 刀を両腕で握り、太陽を描くようにぐるりと振るう技。 水平方向に渦巻く焔のような闘気が、前方中距離まで広範囲を薙ぎ払うため、攻防を同時に行える。 技名の『灼骨』は古代の骨を灼いて吉凶を見る占いを、『炎陽』は夏の太陽を指す。 伍ノ型 陽華突(ようかとつ) 刀を右手で握り、その柄尻を左の掌(たなごころ)で押し込むようにして敵を刺し貫く日の呼吸唯一の刺突技。 刀を突き上げると、陽炎を纏った鋭いとなる。 陸ノ型 日暈の龍 頭舞い(にちうんのりゅう かぶりまい) 暈(かさ、薄雲に映る光輪)の名の通り幾つもの円を繋いで、龍を象るように戦場を駆け巡りながら刀を振るう技。 技名の『日暈』は太陽の周囲に光輪が現れる気象現象を指す。 漆ノ型 斜陽転身(しゃようてんしん) 我が身を天に捧げるかの如く跳び、宙で身体の天地を入れ替えながら水平に刀を振るう技。 相手の攻撃を躱しながらの鋭い一薙ぎとなる。 技名の『斜陽』は日没間近の沈みつつある太陽を指す。 㭭ノ型 飛輪陽炎(ひりんかげろう) 刀を両腕で振りかぶり、揺らぎを加えた独特な振り方で降ろす技。 その刃の姿(長さ)を相手に誤認させる不可思議な斬撃となる。 技名の『飛輪』は太陽の別名、『陽炎』は暑い日に景色が揺らいで見える気象現象を指す。 玖ノ型 輝輝恩光(ききおんこう) 刀を両腕で握り、体ごと渦巻くように回転しながら跳躍、或いは前方に突進する技。 『水の呼吸』のねじれ渦と同様、全周囲防御としても機能するため、迫る無惨の凶手を凪ぎ払い、を救いだした。 技名の『輝輝』は照り輝く光を、『恩光』は春の日差しを指す。 拾ノ型 火車(かしゃ) 刀を両手で握り、敵の頭上を飛び越え、身体ごと垂直方向に回転して背後から斬りつける技。 技名の『火車』は地獄へと亡者を運ぶ燃え盛る車、或いは地獄にて亡者を責め苛む火の車が元ネタと思われる。 拾壱ノ型 幻日虹(げんにちこう) 高速の捻りと回転による回避技。 速度だけでなく残像によるかく乱効果があり、視覚の優れた相手にほど有効。 技名の『幻日』は太陽が複数に見える気象現象を、『虹』は光が七色の弧を描いて見える現象であり、どちらも実体を持たない現象である。 拾弐ノ型 炎舞(えんぶ) 刀を両腕で握り振り下ろした後、素早く振り上げる技。 高速二連撃となる。 拾参ノ型 ???? 日の呼吸の十三番目の型。 ついに192話で、拾参ノ型の使用方が判明。 炭治郎の技もヒノカミ神楽から日の呼吸へと変化した。 拾参ノ型は、十二の型全てを振るい、正にの様にを成すことで完成し発動する。 円舞(えんぶ)• 碧羅の天(へきらのてん)• 烈日紅鏡(れつじつこうきょう)• 灼骨炎陽(しゃっこつえんよう)• 陽華突(ようかとつ)• 日暈の龍 頭舞い(にちうんのりゅう かぶりまい)• 斜陽転身(しゃようてんしん)• 飛輪陽炎(ひりんかげろう)• 輝輝恩光(ききおんこう)• 火車(かしゃ)• 幻日虹(げんにちこう)• しかしその他の型については作中でも順番がその都度変化しており詳細は不明。 日輪刀で頸を落としても死なない無惨を倒すためには、この十二までの型を 連続して夜が明けるまで繰りだし続けることで滅することが可能となる。 赫灼の刃(赫刀) 発動条件とその効果 元々は始まりの呼吸の剣士のみが戦闘時に生じさせていた現象。 攻撃力の増大以上に鬼に対して再生阻害と大きな苦痛を与える特性を持つため鬼が持つアドバンテージを大きく下げる事が可能となる。 主人公である炭治郎が妹のと共に 爆血刀と言う形によって再現しているほか、との戦闘時に随意では無いものの発現へと至っていた。 は日輪刀で切りつけても再生速度が速く、その為であっても滅することができず、現在に至るまで数多くの柱が命を落としている。 そのため赫刀の持つ再生阻害効果が不可欠なのであるが、その時点では赫刀の発動条件、方法などは不明であった。 このため赫刀の発現条件は日の呼吸の使い手か否かではなく、以下の事柄に起因するものであった。 189話にて判明した、無一郎が白刀であるにも関わらず赫刀を発動させた方法は、 、つまり火事場の馬鹿力で強く日輪刀の柄を握り、そこから衝撃と身体の熱を刃に伝える、ということなのだと分かった。 日の呼吸以外の呼吸法、またどんな色の日輪刀でも赫刀に変えることができるとは推察している。 そしてが『』の型で発動していないこと、対戦後、が刀を熱して傷を塞いでいたが赫刀にはなってはいなかったこと、これらのことから日輪刀を赫刀に変化させるためには 強い衝撃と高熱の両方が必要なのだと考えられる。 日の呼吸は身体活性に比重が寄った呼吸法であるため、一番発現させやすかったのかもしれない。 しかし、握力だけで発動すると痣を発現させた柱であっても身体への負担が非常に大きく、敵に対し隙が出来てしまうという欠点がある(を除く)。 悲鳴嶼行冥はその点を考えてか自身の特殊な武器同士を強打し、鋼が焼けるほどの高温を出して日輪刀を赫刀に変化させたのだが、しかしこれも日輪刀を複数所持しているか、或いは複数人の日輪刀同士でなければ出来ず、また発動するための刹那の時間が必要になるため、上弦の壱や無惨の様な難敵相手では非常に難しいことには変わりがない。 鬼舞辻無惨はその再生力故に刃が入った瞬間に切断面を接合させてしまうため、通常の日輪刀では斬り落とす事が出来ず致命傷を与えるのは不可能である。 更にその頚を落としても死なない絡繰りを加味すると刹那に再生阻害の特性を持つこの状態の日輪刀で、その身体をバラバラに分解する必要性があり、その為に上述の十三の型が生まれたのだと考えられる。 無惨によれば耳飾りの剣士の赫刀は柱たち、炭治郎のものとは比べ物にならないと心中で述べており、そして無惨の身体に今でも傷痕が残っていることからも耳飾りの剣士の赫刀は別格だったことがうかがえる。 関連タグ 関連・類似技術• …に登場する特殊な技術。 特殊な呼吸法によって体内の血液中に太陽光と同種の波動を生み出し、相手に撃ち込む事で太陽光に弱い不死生物を葬る技。 色々と似通った点が多い。 …シリーズに登場するの7つの戦闘フォーム(型)のうちの4つ目のフォーム。 アクロバティックな動きで縦横無尽に戦場を飛び回る派手な殺陣が特徴で、 「敵の頭上を飛び越えながらの回転斬り」「飛び跳ねて空中で身体を反転させながらの斬撃」「身体を回転させながらの突進」など日の呼吸の技とよく似ている。 その運動量ゆえに 人並み以上の素養が無いと体力の消耗が激しすぎるという弱点があるのだが、作中で使用しているのは大抵が なのであまり問題は無かったりする。 関連記事 親記事.

次の

ヒノカミ神楽の型(技)一覧!炭治郎が使用する日の剣技【鬼滅の刃】

ヒノカミ神楽 13の型

鬼殺隊史上最強の鬼狩り継国縁壱によって生み出された全ての呼吸の源流である「始まりの呼吸」。 文字通り他の呼吸法とは一線を画す。 さらに後述の「赫刀」と合わさる事で、その効果は絶大となり、上弦の肆・半天狗の分身体でさえ、大声で喚くほどの激痛と、再生していないと錯覚するほどに再生を阻害した。 のちに炭治郎は猗窩座との戦いの際に、その記憶を思い起こし「透き通る世界」に踏み込んだ。 ちなみに炭治郎の父・炭十郎は鬼狩りでもなければ、鬼と戦ったこともないであろうと思われるが「透き通る世界」の境地に達しており、また生来から額にうっすらと痣を持っていることから非常に才長けた人物だったと思われる。 「日の呼吸」は本来13の型から成ると記録されているが、現在炭治郎には12個の型しか伝えられておらず、は失われていると思われていた。 しかし、その真実は…。 円舞一閃 もともと炭治郎が修練していた「」は戦況に合わせて柔軟に対応する流派であり、そのことを骨身に染み込ませている炭治郎だからこそ他流派の呼吸法を取り入れることを可能とさせたと思われる。 また「日の呼吸」が「」の源流であることも型に親和性がある要因の一つかと思われる。 まさに炭治郎のこれまでの集大成とも言える型である。 碧羅の天 刀を両手に握り、腰を回転させて太陽? を描くように横薙ぎ垂直方向に円形の斬撃を放つ。 【最新話レビュー感想もチェック!! 】 *前後話レビューリンクは記事終わりにあります。 では 『鬼滅の刃』全巻冒頭試し読みができます!! 電子書籍の最大の利点は、その場即座に手軽に高画質で作品を楽しむことができる点です。 さらに、紙媒体の書籍とは異なり見開きページなども綺麗な一枚絵としてストレスなく鑑賞できます。 忙しくて書店に行く時間が作れない人にもオススメ。 『鬼滅の刃』レビュー記事 注目されている記事 過去24H•

次の

ヒノカミ神楽の型(技)一覧!炭治郎が使用する日の剣技【鬼滅の刃】

ヒノカミ神楽 13の型

炭治郎が会得したヒノカミ神楽は竈門家に代々伝わる厄払いの神楽と それを舞う呼吸法と言われています。 「ヒ」は「日」と意味しており、「日の呼吸」であるとされています。 「日の呼吸」は全呼吸の始まりの呼吸と言われており、 12までの型があると言われています。 最新話では13の型ではないかと言われる技も登場しました! 「日の呼吸」の型や炭治郎との関係や技一覧をまとめてみました。 炭治郎とヒノカミ神楽とは? 生前に炭治郎の父・炭十郎が 「この神楽と耳飾りだけは必ず途切れさせず継承していってくれ 約束なんだ。 」と言い残しています。 この言葉から炭十郎が 耳飾り・ヒノカミ神楽の正式な継承者だったということがわかります。 5巻の下弦の伍の累との戦いで、この記憶が蘇り、 炭治郎の刀に「 火」を纏わせた「 ヒノカミ神楽」の 技を放ちます! これが「 日の呼吸」であることを後に知り、この日の呼吸は「 初まりの呼吸」と言われ全ての呼吸の 原点だったことがわかります。 炭治郎の遠い先祖の炭吉が 始まりの呼吸の剣士である継国縁壱の知人で 無惨との戦いでトドメを刺すことに失敗してしまい、その後、兄の巌勝が鬼になったこと、無惨を逃してしまったことで 縁壱は鬼狩りを追放されてしまう。 その後、縁壱の後を継ぐ者がいなく、炭吉に耳飾りを託し代々受け継がれて いったそうです。 ヒノカミ神楽(日の呼吸)の型一覧 現時点で確認されている1〜12の型までをまとめてみました。 鬼の巨大な頸の骨を一撃で断つほどの威力を持っている。 高速で襲いかかる上弦の鬼が操る帯の群れを、すべて切断した。 斬った相手に灼きつけるような痛みを与えることができ、回復の速度を 遅らせる。 上弦の陸・堕姫との戦いで使用。 天井に移動した上弦の鬼に対して素早く放った。 上弦の肆・半天狗に対して使用。 禰豆子の「爆血」を纏った刀で三体の鬼の頸を一撃でほぼ同時に斬る ことができる。 敵の回復再生速度を遅らせる特徴がある。 上弦の肆・半天狗との戦いで使用。 SEol6Qf847LVVZK 相手の真上に飛び上がり、敵の頚を目掛けて下から上へと斬りつける必殺技。 猗窩座に対して使用し頸を斬り落とすことができました。 捌ノ型 飛輪陽炎(ひりんかげろう) — かりめろ 691289y 揺らぎを加えた独特な振り方で降ろす舞い。 刀身の長さを錯覚させる技。 猗窩座に対して使用。 玖ノ型 輝輝恩光(ききおんこう) 열번째. 휘휘은광 輝輝恩光 《ききおんこう》 휘휘輝輝 아름답게 빛나는 모양새. 같은 한자를 반복함으로써 어조를 가다듬고 의미를 강조한 표현. 은광恩光 하늘이 내려주는 비와 이슬의 은혜. 즉 자연의 은혜이며 일본에서는 만물을 생장시키는 태양빛, 특히 봄의 빛을 가리킨다. 上弦の陸・堕姫や、上弦の参・猗窩座に対して使用。 拾壱ノ型 幻日虹(げんにちこう) ヒノカミ神楽 幻日虹 — 鬼滅の刃名言&技紹介bot Kimetubot 高速の捻りと回転で攻撃を躱す。 視覚の優れた相手は残像を捉えてしまう。 上弦の陸・堕姫や、上弦の参・猗窩座との戦いで使用。 炎舞・・・大きな半円を描く斬撃を二度入れる連続技。 — ほたる。 ホタル。 一撃を躱されても、もう一度狙うことができる。 拾参ノ型 13番目の型は煉獄家の「炎柱の書」にひっそりと伝わっていました。 無惨を倒す為に生まれた型で、区祓い(マガバライ)を成すことができる 唯一の手段とされています。 その手段は 「日の呼吸」の12個の型を休むことなく技を繰り返し続けることで 13個目の型になるそうです。 まとめ 今回は「日の呼吸」の型や炭治郎との関係や技一覧をまとめてみました! 縁壱から竈門家に託されたヒノカミ神楽、13の型の存在が明らかにになり、 13の型は無惨を倒す為だけの技だということがわかりました。 13の型で炭治郎は無惨を倒すことができるのか今後も目が離せないですね!.

次の