ハリガネ サーブ。 ハリガネサービスACEネタバレ65話!あらすじ!身の程知らず

ハリガネサービスAce(エース)ネタバレ72話(最新話)!考察や感想も!【柱】

ハリガネ サーブ

ポンコツだけどサーブの天才!? 『ハリガネサービス』の魅力を徹底紹介! 『ハリガネサービス』は、高校男子バレーボール部を舞台にした作品。 中学では補欠だった主人公・下平鉋が高校バレー部ではレギュラー入りを目指し入部するも、同期は過去に選抜選手だった強者揃い。 しかし主人公は、誰にも負けない1つの武器で周りを圧倒していきます。 下平が足掻く姿や、インターハイの出場をチーム一丸となって目指す姿……バレーにかけた青春が、熱く描かれています。 この記事では『ハリガネサービス』のあらすじや魅力を紹介します! 本作はスマホのアプリをダウンロードするだけで読むことができますので、気になった方はぜひアプリをダウンロードしてみてください。 『ハリガネサービス』は、高校バレーボール部を描いた作品です。 『週刊少年チャンピオン』で掲載され、24巻で完結しています。 現在は続編の『ハリガネサービスACE』が同誌で連載中です。 主人公・下平鉋(しもだいら かんな)は、中学時代ではバレーボール部の補欠でした。 しかし都立豊瀬高校に入学し、レギュラー入りを意気込みます。 舞台となる東京都立豊瀬高校は、無名だった時代から名将・山縣監督の赴任後、着々と実力をつけていっている高校です。 そのため、バレー部の入部希望者は彼を入れて4人。 しかし、入部した同級生の3人は中学時代に東京選抜に選ばれた強者ばかり。 そんな彼ら4人の最初の目標は、東京都の王者・駿天堂学院高校に勝つこと。 駿天堂学院高校は、なんと18年連続でインターハイに出場する強豪校です。 この高校以外にも着々と実力をつけるライバル校の存在もあり、厳しい道のりです。 実力のある同級生やチームメイトの中で、中学時代に補欠だった下平は、果たしてレギュラーに選ばれることができるのか?そして豊瀬高校は数多のライバル校に勝ち、全国大会への切符を手に入れることができるのか。 一つずつ苦難を乗り越えていく高校生たちの姿に、読み始めたら目が離せなくなる作品です。 仲間とともに成長する姿を見るのが好きな方にはとくにおすすめです! 下平は中学時代もバレー部に所属していました。 しかし当時のポジションは「ピンチサーバー」。 「ピンチサーバー」はプロの世界では、試合の流れを変えるサーブを打つスペシャリストです。 しかし中高生の部活では、レギュラーではない部員を試合に参加させるためのポジション……。 また、彼は中学時代にアキレス腱を断裂しており、それがトラウマとなり ジャンプができないという問題も抱えています。 自己紹介をするも、先輩たちの反応は他の人に比べて冷ややか。 そして、初日から1人だけ基礎的な練習をするように言われてしまいます。 基礎の動きも危うい彼ですが、1つだけ武器がありました。 それはサーブを狙ったところに確実に打つこと。 10球連続で同じ場所に狙って打つこともやってのけます。 これから活躍していきそうな選手だけではなく、3人のマネージャーも個性が豊か。 物語の花にもなるので、ぜひ注目してくださいね。 マネージャーには、3年生で他の部員を引っ張る 百合草南(ゆりぐさ みなみ)、どの部活でもうまく行っていなかったところ百合草に誘われ始めた1年生の 羽柴恵(はしば けい)、中学で熊本県選抜に選ばれるほどの実力をもち、マネージャーだけでなくコーチも務める、1年生の 鴫澤雪江(しぎさわ ゆきえ)がいます。 それぞれ性格は違いますが、健気に部員を支える姿に胸を打たれます。 ここには書き切れませんでしたが、豊瀬高校の先輩にも他校にも、個性の強いキャラクターがたくさん登場。 推しを見つけて応援するのもこの漫画の楽しみ方の1つです! 『ハリガネサービス』が好きな方には、『少女ファイト』もおすすめです。 『イブニング』で2006年から掲載が開始し、現在も連載中。 女子バレー部の成長を描いた作品です。 『少女ファイト』は才能がありながらも心を閉ざしてしまった少女が、仲間の助けを通じて再びバレーに打ち込んでいく作品で、精神的な成長にフォーカスを当てています。 本作の主人公、大石練は長身ではないものの類稀なる運動神経を持ち、小学生時代、姉の死をきっかけにバレーに打ち込むようになり、チームを全国大会準優勝まで導きます。 しかし、中学へ進学する時にバレー部の仲間に裏切られたことで、心を閉ざしてしまいます。 バレー部に入ったものの自分の実力を隠そうとしてしまう……。 高校に入学しても、相変わらず実力を隠していました。 しかし、仲間の助けもあり徐々に向き合い方が変化。 バレーボールに対して、真剣に取り組めるようになります。 向き合い方が変化したことで、プレーがどのように変化していくのか。 ぜひ注目してみてください。 他の漫画とは違った、唯一無二の作画も魅力の一つ。 その絵に魅了されるファンも多く、過去には複製原画の展示会も行われました。 どちらもたくさんの魅力がある作品です。 気になった方はこの機会にぜひ読んでみてください!本作も同じスマホアプリで読むことができますよ。

次の

『ハリガネサービス』このバレー漫画が面白い!

ハリガネ サーブ

カテゴリー• CLOSE スポンサーリンク ハリガネサービスAce エース 71話までのあらすじ インターハイ3日目、沖縄代表謝名高校と試合開始。 すぐに対応してきた相手校のビーチバレーに基づいた攻撃にすぐには対応できない豊瀬。 対応しきれないまま試合は進み、謝名の勢いが止まりません。 鴫澤を一瞬意識してしまいながらも強打を打ち込む大船。 決まったかのように見えたスパイクは伸びのあるディグに拾われてしまいました。 さらに相手方からのドロップショットが大船の前に落ちてしまいます。 豊瀬2-3謝名 監督の指示により、大船と五十嵐が交代しました。 ベンチに下がった大船には冷静に声をかけます。 「ちょっとここで外からゲームを見なさい」 一方、コートに入った五十嵐はコートメンバーに声をかけます。 「とりあえずよぉ、アイツらのやることにいちいちびっくりすんのやめよーぜ」 五十嵐はメンバーひとりひとりを見つめながら語ります。 「アウトドアにインドアにない強みがあるように、インドアにもアウトドアにない強みがあんだろ」 ハリガネサービスAce エース 72話「柱 」のネタバレ 後衛の役目 豊瀬5-7謝名 豊瀬6-7謝名 豊瀬6-8謝名 ダイジェストでの点取シーンが続きます。 連続特典はどうにかされていないものの、点差を詰められない豊瀬。 豊瀬7-8謝名 主将と下平の2枚ブロックに謝名の後衛メンバーからスパイカーへと声がかかります。 「アングルまたれてる」 「ライン前出てるよ」 10番のスパイクは松方の腕を弾き飛ばしました。 豊瀬7-9謝名 連続得点 2枚ブロックがついても決定力が落ちない相手高校にベンチメンバーは困惑気味。 よく相手コートを見ていると称賛する久場に猫田が指摘を入れました。 移動攻撃であることを相手の後衛が気がつき点がなかなか取れない状態であることに コート内の松方も同じことに気付いている様子で相手の様子をよく観察します。 (このままだと謝名に逃げ切られる、どこかで連続得点が必要だ。 ) 松方は下平をじっと見つめました。 (豊瀬で一番ブレイク率が高いのは、下平のサーブ番だ。 ) サーブ時のMB さて、その下平のサーブ。 2回目にしてすぐに無回転サーブは相手に拾われてしまいました。 しかも、奇跡とか偶然ではなく、確実に拾いに来て成功しています。 今回下平が選択したのは無回転サーブではなく、わざとネットの上部にあててネットインさせる方のサーブ。 白帯にあたり、相手コートのネットすぐそばに落ちたサーブ。 ところがそのスレスレの位置ですらも瞬発力に自信のある謝名高校はさらりと拾って見せました。 下平は切り替えろと己を奮い立たせるも、なぜか前を向いたまま軽い足取りで後退します。 下平が下がる様子を見た松方も不思議そうに下平を見ています。 そして謝名高校の後衛メンバーは下平がかなり下がったことに気がつき指示をだしますが、しかし、スパイカーが打ち込みを行った瞬間に下平は前衛位置に向かって猛ダッシュを試み、しっかりと拾って見せたのです。 豊瀬8-9謝名 金田の脳裏には、かつて下平が言い切った言葉が思い出されていました。 「レシーブももっとうまくなるよ、金田くんと変わる必要がなくなるぐらい」 有言実行してみせた下平を複雑な笑みを浮かべながら見つめる金田。 監督は小さくガッツポーズをとりながら思いを馳せました。 (それでいい。 相性が悪いから調子が悪いからいいプレイができなくてもしかたない、お前はそれじゃダメだ。 中だるみ防止でテンポ良く試合を見るにはちょうどいいのはわかっているのですが、 分析好きの血が騒ぐー!! 誰が得点決めたの、豊瀬だけでもいいから教えて欲しい。 試合中に松方も言ってましたが、ブレイク欲しいですよね、 バレーボールってシーソーゲームになったまま進むことが多いから、どこかで流れを変える連続得点が欲しい。 監督が下平に求めるのは、チームが劣勢になっても空気を悪くすることなく流れを変えられるような 精神面の支柱になることなのかもしれませんね。 事実、無回転もネットインも通用しないってわかってからの下平にはそれを叶える片鱗が見えたかもしれません。 レシーブを成功させることを優先させようって気持ちの切り替えができてましたし。 確かにMBがサーバーだったときって後衛範囲でのレシーブはちゃんと参加するけど、前に飛び出るイメージって掴みにくい(後衛にいるとブロックやスパイクは禁止なので)から、謝名のひとたちも虚を突かれたのかもしれないです。

次の

【スポーツ】ハリガネサービスACE

ハリガネ サーブ

Contents• 今回取り上げる漫画は 「ハリガネサービス」 です。 「ハリガネサービス」は2014年から連載されている漫画です。 週刊少年チャンピオンはメジャー週刊漫画の4誌からみると 一番マイナーな存在に映りますが その実、充実した漫画が多く、名作揃いの中身の濃い雑誌です。 看板漫画である「刃牙シリーズ」や「弱虫ペダル」など なかなか個性的で読者を惹きつける漫画ですが (左:グラップラー刃牙 、 右:弱虫ペダル) この「ハリガネサービス」もなかなか味があって面白い漫画です。 「ハリガネサービス」を知らない人は多いと思いますので まずはこの漫画が、どんなジャンルの漫画なのかを説明していきましょう。 この漫画のジャンルは「スポーツ漫画」です。 「サービス」という言葉にヒントが隠れていますが 「ハリガネサービス」はスポーツ漫画の中でも 「バレーボール」を扱った漫画です。 バレーボール漫画の中で最も有名なのは 週刊少年ジャンプで連載している「ハイキュー」です。 (ハイキュー) 「ハイキュー」も面白い漫画ですが、この漫画以外にも面白いバレーボール漫画はあって 週刊少年サンデーで連載されていた「健太やります」なども名作です。 (健太やります) もちろんこの「ハリガネサービス」も面白い漫画で バレーボールは少年漫画に合っている題材なのかなと思います。 まあ、ここでふんわり説明しても素晴らしさが伝わらないと思うので 「ハリガネサービス」はがどんな漫画なのか? そして、どんなところが面白い点や素晴らしい点 「ハリガネサービス」の魅力について存分に語っていきましょう。 ジャンルはスポーツ漫画(バレーボール漫画) 作者は荒達哉 コミックスは20巻が発刊されています。 (平成30年6月25日現在) 作者:荒達哉 出版社:秋田書店 掲載誌:週刊少年チャンピオン 掲載期間:2014年26月号~ 巻数 20巻 (平成30年6月25日現在) 「ハリガネサービス」を無料で読むには 「ハリガネサービス」をすぐ読みたい方は 「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。 (iOS・Android双方で使えるアプリになっています) マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。 もちろん「ハリガネサービス」も無料で見られますよ。 「ハリガネサービス」の概要とあらすじ バレーボールが大好きな主人公の下平 鉋(しもだいら かんな)は 中学校時代にレギュラーを掴めずピンチサーバーという 役割にとどまっていましたが 豊瀬高校に入部して高校バレーでレギュラーを獲るべく燃えていました。 (主人公の 下平 鉋) プロの世界ではピンチサーバーは試合の流れを変えることが出来る サーブのスペシャリストの事をいいますが 中高生の部活では、ピンチサーバーという役割は レギュラーでない者を試合に出場させる肩書だけのものなので バレーボール部の先輩達は控えという認識しかありません。 しかし、下平の同学年には中学校の東京選抜に選ばれた プレイヤーが3人も入部します。 ウイングスパイカーをやっていた 間白 譲治(ましら じょうじ) セッターをやっていた 松方 一颯(まつかた いぶき) リベロをやっていた 金田 進(かねだ すすむ) レベルの高い3人が入部した事で豊瀬高校のバレーボール部は活気づきます。 (ウイングスパイカーの 間白 譲治) 豊瀬高校は公立の高校ですが これまで無名の公立校を何度も全国大会に導いたことがある 名将 山縣 三郎(やまがた さぶろう)監督がいました。 (豊瀬高校の監督 山縣 三郎) 山縣監督は選手をスカウトしないことを ポリシーとしていましたが、 その山縣監督が唯一スカウトしたのが下平鉋でした。 山縣監督は下平が入部する一年前の豊瀬高校も 東京3位の桐城高校と互角に戦っており 公立の中では強豪校となっていました。 下平、間白、松方、金田の4名は レギュラーを奪うべく、正規の練習時間よりも早い時間に朝練を行います。 金田のレシーブ、松方のトス、間白のスパイクとレベルの高いプレイを見せる中で レシーブの金田は下平のサーブが寸分の狂いもなく 自分の手元に来ることに違和感を感じます。 金田は下平に本気でサーブを打ってくるように要求します。 そこで下平はサーブをネットに当てて コートインさせるという超人技を披露します。 この技を見て、1年の3人は下平を見る目が変わります。 果たして下平はサーブを武器にレギュラーを獲得出来るのか? 新入生の入った豊瀬高校はどこまで勝ち上がれるのか? 登場するキャラクターがそれぞれ個性的な必殺技を持ち 戦っていくバレーボール漫画 全体の概要・あらすじはこんな感じです。 物語の序盤を見てみると割と普通のバレーボール漫画なのかなぁ と思って読み進めていく感じなんですが途中から 「おっ、黒子のバスケっぽいな」 と、思ってくるんですよね。 なんで、黒子のバスケっぽいと私が思ったのか? この黒子のバスケっぽいところが 「ハリガネサービス」の面白いところでもあるので これから「ハリガネサービス」の素晴らしさと面白さについて 語っていく中で説明していきたいと思います。 「ハリガネサービス」のここが凄い! 現実感無視の必殺技の応酬がゲームっぽくて最高! 「ハリガネサービス」の主人公下平鉋は無敵ともいえるサーブを持っています。 もうこの時点で超人なんですよね~ 自由にネットに当ててコートインさせるという技に始まり 無回転で不規則に変化するナックルのようなサーブ そして何より決まった1点に100%落とすことの出来るサーブ と、誰にも真似できない必殺技を持っています。 ボールの反射角や軌道などを正確無比に計算出来て その計算通りにボールを操ることが出来る 竜泉高校の 朧 幽哉(おぼろ ゆうや) (竜泉高校の 朧 幽哉) 体が異様に柔らかく、どんな体制からでも 味方にトスを出すことが出来る 桐城高校の 倉光 円(くらみつ まどか) (桐城高校の 倉光 円) など、現実っぽく見せながら 全く現実味がない超人的な技のオンパレードです。 このあたりの作りが「黒子のバスケ」と似ているんですよね~ スポーツ漫画にはある程度現実路線を踏襲しながら その試合のリアリズム、緊迫感を楽しんでいくというパターンと 現実感からは全く離れて、超人たちのスーパープレーを楽しむパターンの 2つに分かれますが、 「ハリガネサービス」は間違いなく後者です。 色々なキャラクターが出てきて 様々な技を披露してくれるわけですから かなり派手な試合を展開してくれるんですよね~ 野球とかを見ていても0対0の緊迫する投手戦よりも ホームランが飛び交う派手な打撃戦の方が面白いですし 格闘技を見ていても地味な関節の取り合いを見るよりも 派手な打撃戦を見る方がインパクトに残ります。 ハリガネサービスの試合には派手なインパクトがあるので 楽しく試合を見ることが出来ますよ。 それゆえにもう少し試合を短くした方が インパクトを残せると思うんですけど ちょっと試合が長引く傾向にはあるかなと思う点はちょっと残念です。 それでも試合は面白いので、是非見てほしいですね。 意外にも組織の中で大切なことを教えてくれる漫画 「ハリガネサービス」はバレーボール漫画です。 バレーボール漫画といえば、チームで行うスポーツなので 『チームワーク』 みたいな事が出てくる訳です。 超人的なサーブテクニックを持つ下平鉋ですが サーブしか出来ないがゆえに下平の事を良く思っていない人 (下平の実力を認めていない人)がチームにいたり 3年間やってきた仲間の事を想うばかりに 優れた1年生プレイヤーが試合に出る事を 快く思わない部員がいたり まあ、中高生の部活のみならず、普通の会社で起こることが ハリガネサービス(豊瀬高校)の中でも起こる訳ですが そこでの考え方が結構参考になります。 監督が一番に求めるのはチームの勝利ですから チームが一番勝てるメンバーで試合に出場する訳です。 その結果、上級生であろうと控えに甘んじることはある訳で でも、控えに回ったからと言って レギュラーを取られた相手を恨んでも仕方がないんですよね。 ハリガネサービスの部員たちはとにかく自分の長所を伸ばそうとします。 自分には何が出来るのか? 総合力で勝負すると私立の強豪校の選手にどうしても劣ってしまう訳ですから 一点突破で勝てるものを探していく訳です。 この考え方は社会の中で生活するのに非常に大切です。 日本は全教科で平均して80点を取れる人 つまり取り立てて弱点もないけど、取り立てて強みもない人を 重宝する(出来ると判断する)傾向にありますが そういう人って社会に出ると弱いんですよね。 勉強は全くできないけど、プログラミングが最強 みたいな人の方が確実に稼いでいるし 社会の中ではニーズがあります。 ハリガネサービスのキャラクターは誰しもが 「自分だけの武器」 を探しています。 この姿は読者である私も見習いたいなぁと思いました。 うーん、勉強になる漫画だ! 「ハリガネサービス」の全体評 「ハリガネサービス」はバレーボール漫画ですが 現実感を取っ払って超人技で試合を楽しませてくれるスポーツ漫画です。 試合内容に「深み」はありませんが、 派手な技の応酬となっている空中戦のような試合内容は 何も考えずに楽しめる内容となっています。 またそれぞれのキャラクターが自分の持ち場を作ろうとする その姿勢は実際に生活する社会人や学生にも大きなヒントを与えてくれます。 楽しみながら学べるバレーボール漫画ですね。 「ハリガネサービス」をすぐ読みたい方は 電子書籍書店である【eBookJapan】がオススメです。 eBookJapanは本を買う毎にポイントがつくので、割引で本を買う事が出来るのが特徴です。 特にまとめ買いするとポイント5倍なのであっという間に 1000円分以上のポイントが貯まるのでオススメです。 「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は 【漫画全巻ドットコム】がオススメです。 漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。 綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。 ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら 【eBookJapan】の方が安く手に入りますよ。

次の