オードリー オールナイトニッポン 2020。 オードリーのオールナイトニッポン

オードリーのオールナイトニッポン2020.02.08.

オードリー オールナイトニッポン 2020

リンク オードリーのオールナイトニッポンは毎週土曜日の深夜の1時〜3時までニッポン放送で放送しているラジオです。 2019年6月に日本武道館でのライブを行い大変話題になりました。 日本武道館の観客1万2000人とライブビューイング1万人で合計2. 2万人も人を集めた快挙はニュースでも取り上げられました。 潜在的なファンを含めると一体どれくらいのファンがいるのでしょう…。 それもこれも深夜ラジオのおかげ。 そんなオードリーのオールナイトニッポンはかれこれ2009年から2019年までで10年間放送しています。 では神回を見ていきます。 オードリーのオールナイトニッポンの神回1:むつみ荘 2019年の8月31日の『さよならむつみ荘SP』でむつみ荘からの放送。 933こと、クミさんとの結婚で20年住んだむつみ荘からついに引っ越すということで、やや小声での深夜トーク。 風呂なしのアパートで、洗面所でシャンプーしてから近くの4分のコインシャワーに行ったり、ファンが袋の中に入って玄関にいたり、隣のマンションとの隙間にアヒルを飼っていたオーナーの話など、むつみ荘にまつわる非常にいろんな話をオードリーのオールナイトニッポンでしていました。 むつみ荘にまつわる話 窓から顔を出していたらそのまま寝ちゃった話。 黄金伝説の節約生活の裏話 若林が20代の頃に彼女を連れ込んだ話 ファンがいろんなものを置いてくる話 いきなり黄金伝説の舞台裏 若手時代のむつみでの小声トーク サトミツのチンゲン教 フライデー事件などなど… むつみ荘はオードリーが売れる前から春日さんが住んでいたから、20年近くいたらしいです。 今は三浦マイルドさんが住んでいるようです。 最近の物件はどこもグーグルの住所登録がされているみたいですね…。 オードリーのオールナイトニッポンの神回3:男子校 個人的にはオドぜひ 『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。 』 で男子校出身の方がでいている回が好きですが、ラジオでもよく若林さんと春日さんの男子校時代の話をしています。 あと男子校の話はさんま御殿でもオードリーで出て話していましたよね。 その前後とかで男子校時代の話をラジオでしていたような気がします。 男子校に関する話 春日が電車の中で3回女子に話しかけられた話 本当は2回 笹塚の商店街で友達がヤンキーの車に絡んで弁償した話 修学旅行先の宴会場でカラオケ勝手に歌ってビンタされた話 ビーチでナンパした話 若林の中学のラグビー部の先輩のしごき 同級生の大将に渋谷のB服屋で目撃した話など… オードリーのオールナイトニッポンの神回4:パラちゃんと春日 「諸悪の根元」ことウーマンラッシュアワーの中川パラダイス。 通称パラちゃんと春日が各所に遊びにいく話です。 諸悪の根元にまつわる話 有村昆さんのパーティに行く話 千秋さんの誕生日パーティに行く話 芸人ヒロシさんの焚き火会に行く話 相席屋に行く話 期間外にディズニーランドにコスプレして入り口で止められる話 ドラクエのリアル体験ゲームに行き、撒かれる話 若ちゃんが春日にお笑い誘って申し訳ないと思うと謝ったり、諸悪の根元と言われたり、春日が元はちゃんとした人なのにというニュアンスが気になる。 オードリーのオールナイトニッポンの神回5:篠崎愛ちゃん 2012年4月放送からぐらい。 春日が舞台で一緒になったアイドルの篠崎愛ちゃんが最近気になるという話。 アンガールズの田中さんが座長の舞台の楽屋で写真集を見ている芸人達。 ヒロインの愛ちゃんも同じ楽屋にお話しようと試みるというとこから始まり、最終的には完全にファンになった春日がラジオでドッキリにかけられるという話。 春日が誘い込まれたり、美人局に騙される話は面白い。 オードリーのオールナイトニッポンの神回6:夢ちゃん日記 のあのわの『夢の在りか』をテーマソングに始まる若林が恋したキャバクラの女の子の架空日記。 歌手になるためLAにボイトレしに行く夢を持つ20前後のキャバクラの女の子を夢ちゃんと仮名して、リスナーがハガキで空想の日記を書くというもの。 オードリーのオールナイトニッポンのスタッフである女子大生のミホちゃんが夢ちゃんを演じてハガキを読む。 最初は「若林が酔って絡んでくる自分をかばってくれて嬉しかった」という女の子らしい架空の日記が多かったが、途中からミホちゃんに下ネタを言わせる内容に集中。 最終的には「ヨシトメアキヒロ ビックスモールンのゴンちゃん 」コールを叫ばせたり、アダモちゃんをさせたりする。 ちなみにミホちゃんにも惚れた春日が局内でお化け屋敷ドッキリをさせられる話も面白い。 オードリーのオールナイトニッポンの神回7:若林車を買う 若林さんがランドクルーザーを納車するまでの話。 東京フレンドパークでパジェロをゲットした若林さん。 当時は売れ始めたばかりだったので大きな車をもらってもすぐに維持費が出せないと困っていたが、乗って行く内に大きな車の良さを知りついに乗り換えを検討。 選んだのはランドクルーザー。 トヨタの営業所で20半ばの熱い男担当ナガイに出会う。 母親に絶対に小さい車を買えと言われていた若林さんは、反抗し思い切ってランクルをゲット! サトミツと一緒に試乗した際、バレないように展示場のトイレでオールバックにして戻ってきて笑われたり、ラジオの生放送で納車式をして春日と有楽町を走って蹴り落とす話などなど。 当時釣りでよく大黒ふ頭に行っていたので、高速道路からそういえばランクルないかなと友達と話していたのが懐かしい。 オードリーのオールナイトニッポンの神回8:若林の旅行 リンク キューバ旅行の「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」をはじめとする、若林の海外旅行の話。 NFLの番組などでニューヨークに行った若ちゃんは、東京の資本主義的な価値観はみんなここから来てんだと驚く。 家に帰って処女作の『社会人大学人見知り学部 卒業見込』に怒声を浴びせてゴミ箱に捨てたらしいw 村上龍の「キューバ人はゆったり楽しく踊りながら暮らしている」という言葉を頼りに、わずかにもらった5日間の夏休みを使って一人でキューバに逃避行する話。 イージーライダーのピーターフォンダが時計を捨ててハーレーで走り出すOPみたいだなと思って本を買ったのが懐かしい。 オードリーのオールナイトニッポンの神回9:身内に話 若林曰く「あいつ」こと春日のお父さんに関する話も面白い回です。 若林さんは人の親をコケにして笑いをとる芸を中学時代から培ってきたようです。 春日の身内に関する話 春日の親父がゴルフ場のカートで国道に出る話 観光地でパシャパシャ写真を撮る春日の親父 若林に石握ってないか聞く春日の親父 若林のdisラップに悪口言っちゃダメと助言する春日の親父 財布を忘れた春日の手を、甥っ子が離す話など オードリーのオールナイトニッポンを聞こう! 10年間もラジオをやっているのでかなりのエピソードがあるはずなのにで、結構思い出せないものです。 オードリーはオドぜひとかもおすすめです。

次の

オードリーのオールナイトニッポン2020.02.08.

オードリー オールナイトニッポン 2020

オードリーの2020. …こんな感じでした。 OP綾部君 タッチフット (怒)はぁ? 野口さん 驚く のゲストが決定 人を傷つけないお笑い 体育会TVあるある 若林、佐野Pに謝りたいこと。 春日、ポールダンスを見に行きたい。 (企)「ハスってるなコイツと思ったこと」 (企)め ED 野口さん 宇宙飛行士のさんのこと。 野口 聡一(のぐち そういち、〈40年〉 - )は、。 生まれ 、出身。 身長180cm。 彼の初飛行は-107の事故後、・運航再開、最初の打ち上げとなった(17年)7月26日のミッションにミッション・リストとして乗船した時である。 にに搭乗し、()に約5ヶ月間滞在。 に帰還した。 危険度の高いを、ボール保持者の胴体に両手で触れる「タッチ」に置き換え、年齢や性別、経験に関わらずプレイ出来る(このタックルの危険性を避けることなどで間口を広げるという点で「」と共通している)。 日本ではやの入門スポーツ、小学生や中学生、女子大学生のスポーツとして行われている。 後藤定夫 時代の1960年に同級生から誘われてを始める。 その後進学後もを続けた。 1964年12月に行われた日本学生選抜のハワイ遠征メンバーに選ばれてのでと対戦した。 現役時はとして活躍。 日本選抜ヘッドコーチなども歴任した。 1979年には総合スポーツ雑誌「monthly sports」を創刊、などの人気により巻き起こった第2次ブームが始まった1989年にはTOUCHDOWNからをメインとした専門誌、TOUCHDOWN (現TOUCHDOWN PRO)を創刊した。 2018年4月9日、東京都内の病院で逝去。 75歳没。 若林のワイプ ワイプで評価されるのは倶楽部だけらしい リーゼント 側頭部から後頭部を、などので両サイドの髪を流し、後頭部でIの字型にぴったり合わせた ダックテイル(英:または duck's tail)と呼ばれると、の首都の地区にある左右双子の大通り「 」に由来する。 両サイドの髪を撫で付け、後頭部でIの字型にぴったり合わせた髪型を頭上から見た流れが、膨らんで合流する(左右二手に分裂し中間で膨らみ再び合流する)この大通りの軌道に似ていることがその名の由来となった。 最大の特徴は後頭部での形状にあるが、日本ではしばしば前髪を高くしたポンパドールを指すものと誤解されている。 リーゼント・スタイルと合わせて使われることの多い、フラットトップやモヒカン刈りに近いタイプのポンパドールは、米国ではポンパドールを略してポンプ (POMP)とも呼ばれ、英国では クイッフ(英:)と呼ばれる。 リーゼントとポンパドールの合わせ技は、1950年代にの影響で世界的に流行し、日本では1980年代にもで流行した。 リーゼントは上記ダックテールと同義的意味の名称であり、日本の理容師である小田原俊幸がした。 日本では戦後、米国の影響下で1950年代にと共に流行したが、面倒なダックテールは数年で廃れる事となった。 頃には、本来はダックテール(後頭部の髪型)とのコンビネーションスタイルであるポンパドール(前頭部の髪型)だけが残り、これがポンパドールをリーゼントと混同する誤解の原因であると考えられる。 その後に入りロンドンの50's、などのロカビリーブームとともに流行は東京に飛び火し、にたむろする族の若者たちなどはこぞってポンパドールを併せ持ったリーゼントスタイルを愛好した。 また、やの代名詞としてリーゼント(より狭義にはポンパドール)が認識されている場合がある。 原因としては、不良スタイルで一世を風靡したがをかけたポンパドールスタイルであったため、「不良=リーゼント」という認識が広まったためと考えられる。 しかし、前述のように、これはポンパドールの間違いでありリーゼントスタイルではない。 愛想笑い 人の機嫌をとろうとする笑い。 お世辞笑い。 多くの亡命者、およびからの多くの移民の本拠地であるリトルは、の首都であり最大の都市であるにちなんで名付けられました。 ポールダンス ポールダンスとは、およびの一種である。 垂直の柱(ポール)を使い、柔軟性や筋力を駆使し、昇り降り・スピン・倒立などの的な技を複雑に組み合わせたダンスである。 代のでは、旅芸人がの支柱を使ってダンスを伴うを行ったとされており、1950年代頃には、テントの支柱から現代のような用のポールへと取って代わり、ポールのパフォーマンスにが採用された [ ] [ ]。 ただし、支柱や棒を用いた曲芸自体はそれより以前 [ ]から世界各所で行われており、広義の意味ではポールを用いた自体は存在していたとされる。 記録されている最古のポールダンスは、1968年にに存在したクラブ「Mugwump」でのBelle Junglesによるパフォーマンスである。 1980年代以降、ラップダンスなどにダンスポールが広く組み込まれ、1990年代にはとしてのポールダンスの普及も始まった(のなど)。 それ以降、大衆向けのや、競技スポーツとしても発達を遂げている。 2012年より、スポーツとしてのポールダンスは名前を「ポールスポーツ」と定められ、国際ポールスポーツ連盟 IPSF を中心にポールスポーツの正式種目入りを目指している。

次の

オードリー若林「俺達というよりもリスナーにとって良かった」 『さよならむつみ荘』ギャラクシー賞入賞に喜び

オードリー オールナイトニッポン 2020

人気ジャニーズグループのSixTONESがパーソナリティを務める『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』(ニッポン放送)が、4月4日にスタートした。 今年1月22日に、念願のCDデビューを果たした6人。 デビュー後、初の冠レギュラーラジオ番組となるが、そんなことを微塵も感じさせない、勢いのある放送となった。 それもそのはず、彼らはこれまでも公式YouTubeチャンネルにて『すとーんずのらじお』と称し、ラジオ形式の動画をいくつも投稿。 ライブ配信の経験もある。 さらに、髙地優吾、松村北斗のふたりは、同番組の直後に放送される『オードリーのオールナイトニッポン』のリスナー(=リトルトゥース)であることが明かされた。 SixTONES【すとーんずのらじお】ライブ配信 from YouTube Space Tokyo 髙地は『スクール革命!』(日本テレビ系)にて、長年オードリーと共演しているものの、自分がリトルトゥースであることはこの日まで伏せられていた(それが「粋だ」とオードリーも番組内でコメント)。 さらに、松村はリトルトゥースとして全コーナーにメールを送っているというエピソードからも、ラジオ愛がひしひしと伝わってくる。 そんなトーク経験も、ラジオへの想いも揃ったタイミングでの『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』。 とはいえ、初めて彼らの声をラジオで聞く人にとっては、6人の聞き分けが難しいだろう。 ということで、初回放送はランウェイ式で1人ずつメンバーがブースに登場するという斬新なスタイルでスタートした。 MC役を務めるのは、「ラップ担当&ピンクの髪」と自己紹介をした田中樹。 「こいつらが、SixTONESだ!」の掛け声と共に、ビリー・アイリッシュの「bad guy」の重低音が響き渡る。 最初に現れたのは、身長184cmとも4m超とも噂される長身のジェシー。 アメリカ人の父を持ち、英語が堪能。 「どうも、SixTONESの寺田心です」と、突発的なボケでさっそくかき乱していく。 続いて、登場したのは「その歌声はSixTONESの宝」とアナウンスされた京本大我。 京本政樹の実の息子である、まさに芸能界のサラブレッド。 6人の中でも最もキャリアがあるにも関わらず、ブース内を猛ダッシュするという、まったくラジオでは伝わらないボケを披露。 そんなフワフワなところが、ファンからは「姫」とも呼ばれる所以。 そして、先述した通りリトルトゥースであることを明かした松村は、『オードリーのオールナイトニッポン』リスナーなら、思わずニヤリとしてしまう「ちょうだいよ、バカタレ!」のフレーズを叫んで登場。 加えて「なんとなくリーダーに選ばれた」最年長の髙地もブース内へ。 最後にジャニーズ入りした髙地がリーダーというフラットさが、このグループのバランスの良さを表している。 ラストに飛び出したのが、最年少の森本慎太郎。 最近『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)にも出演し、浜辺の海藻を躊躇なく口に運び、貝を獲ろうと冷たい海にも半袖短パンで潜っていく野性味溢れる大胆な言動で話題を呼んだ、ワイルドボーイ。 だが、森本もジェシーに負けず劣らずのボケたがり。 脳天から高い声を出して挨拶をして、せっかくの声を聞き分けてほしいと願って設けられたランウェイ自己紹介が水の泡に……。 そう、決して予定調和になんて収まらないのが、SixTONESのトーク。 さらに「髙地モノマネうまくなったね」と髙地がまさかのモノマネドロボーに。 田中はリスナーが混乱すると考え「髙地じゃない。 ジェシーだよ」とすかさず訂正。 すると森本が「しゃべっていいですか? 僕も同じこと考えてました」とニヤリ(の顔が思い浮かぶ声)。 「わざわざ、そんな間を作ってしゃべんないで」と田中がツッコミ終わらないうちに、今度は京本が「京本と森本はね、ちっちゃいころから、仲いいですから!」と嬉しそうに報告していく自由っぷり。 ボケ合戦がいったん落ち着き、番組の愛称を決める狙いを説明する田中に、今度は松村が「(最初に決めるほうが)円滑だと思うよ」と賛同したかと思えば、またもやジェシーが「やろうよ、だから、ぜひ!」と大ボケをかまし、「だから、やるんだって!」と田中が一括。

次の