クロアチア 地震。 クロアチア ザグレブ、「地震」発生に伴う影響

クロアチアの首都でM5.3の地震が発生、新型コロナへの対処にも迫られる

クロアチア 地震

Photo by : Introduction:3月22日早朝、 クロアチアでは約140年ぶりとなる大地震が発生し、半壊した建物の瓦礫で車両が破壊されるなど、首都ザクレブの市民は一時パニックに陥りました。 クロアチアでは現在、 250名以上の新型コロナウイルスの感染者が確認されおり、外出の制限も要請されていた中での惨事でした。 もし、 同様なことが地震大国である日本で起きたならどうでしょう? クルーズ船での感染も含め 1700名以上もの感染者を出している中で、日本人は果たして冷静に行動することができるでしょうか? そして、 原発の安全性は保たれるでしょうか? 実は、 クロアチアの地震で危機に晒された原発がある模様です。 Photo by : クロアチア ウイーク 3月22日の早朝6時24分、震源地に近いクロアチアの首都ザクレブでは、マグニチュード 「5. 5」の地震が発生。 続く30分後にはマグニチュード 「5. 0」の地震といったように、立て続けに2度の大地震に見舞われ、 22日だけでも合わせて5回もの揺れが生じました。 そして、その後も余震は続き、 23日の月曜日中に観測された地震は実に「74回」に達しています。 この140年ぶりとなった大地震では、ザクレブの複数の建物が半壊し、冒頭の画像にもあるように多くの車両が崩れ落ちた瓦礫によって破壊され、また数か所の地区で停電が見られます。 この地震では合計27名のが負傷し、22日に瓦礫の下敷きとなり重傷を負った15歳の少女の死亡が発表されていますが、全体としての被害は幸いにして限定的と思われます。 ただし、問題は人々の心理状態です。 国内では不要不急の外出は控える要請が出ていた中での大地震です。 政府はこれまでの方針を一転し「人々が密集しないように非難」を呼びかけましたが、この相反する政府方針に対し市民は一時パニック状態に陥りました。 クルスコ原子力発電所はスロベニアのエネルギー企業「 Gen Energija 社」とクロアチアの国営電力企業「 Hrvatska Elektroprivreda 社」との50対50の合弁事業によって建設された、スロベニアでは唯一の原発です。 この原発は、加圧水型原子炉として1975年に建設が開始され、商業運転が始まったのは1983年のこと。 1機の原子炉でスロベニアの総電力量の40%を担っている、言わば電力エネルギーの要です。 また、総電力の20%はクロアチアへ送電されています。 この辺の強引な原発の運用については日本と大差ないことが分かりますが、さらに驚くべきは、スロベニアのマルジャン・サレック首相はエネルギー需要の増加に対応するためとして、クルスコ原子力発電所に第2原子炉を建設する計画を表明していることです。 今回、クロアチアを襲った地震後の総点検により、クルスコ原子力発電所ではメルトダウンなどの被害がなかったことが分かりましたが、潜在的なリスクは世界中に存在していることをあらためて気づかせてくれました。 それは、世界的なパンデミックの最中に、地震被害、原発事故といったように複合的に災害や事故が折り重なった場合、私たちはどのように行動すべきかという点についてです。 そして、そのリスクが最も高いのは、私たちが暮らすこの「日本」なのです。

次の

今この瞬間に日本で大地震が発生することの恐怖 ~クロアチアでは140年ぶりに大地震が起きた!

クロアチア 地震

突然 ゴゴゴゴっ・・・!っと家全体が揺れたように感じたので、イヤホンを外して近くにいたパートナー(旦那)に「今の何?!地震!!?」と話かけたのですが、彼はヘッドフォンをつけながら作業に没頭していたため、まったく気が付かなかったようです。 「今、何かゴゴゴッって音がして、揺れたような感じがしたんだけど・・・?地震だったのかな?」と騒ぐ私に「地震??まさか!ないない。 気のせいじゃない?」と笑う彼。 なので「そっか~、気のせいか。 でも、確かに揺れたんだけどなあ・・・近くで工事でもしているのかなあ・・・」なんて思って、外に出て確認するわけでもなく、それ以上気に留めずに作業に戻りました。 ・・・が、その時の振動、轟音の原因を知ったのはその日の夜。 パートナーが「ねえ!!今日、クロアチアの上空でメテオ(流星)が爆発したらしいよ!」と興奮気に話すので、よくよくネットニュースを読んでみると「今朝のあの轟音は流星だったんだ!」ということがわかりました。 気圏に突入した際に爆発して燃え尽きた流星の様子は、ザグレブをはじめ主にクロアチア北部、それからお隣のスロヴェニアでも目撃されたそうです。 ニュースによると、私が「あれ?揺れた??」という程度にしか気が付かなかった揺れは結構なものだったのだのだとか。 クロアチア人のなかには私と同様「地震かっ?!」と感じた人の他、「軍が戦闘機の飛行訓練でもしているのか」と思った人もいたのだそう。 なかには上空で何かが爆発した様子を目撃して驚き、通報した人もいたそうです。 流星の爆発による揺れは数秒間続いたそうですが、重大な被害などは報告されていないとのこと。 また、流星の断片が地表に着地した可能性はあるそうですが、詳しいことはわかっていない(少なくとも人や建物などに被害はない)そうです。 クロアチアでも地震は起こるの? 1880年の大地震の後、現在の姿になったザグレブの大聖堂前 ちなみに日本人観光客のみなさんから「 クロアチアって地震があるんですか?」とよくご質問をいただきますが、日本ほど頻繁にはありませんが、クロアチアでも地震はたま~に起こります。 クロアチアの歴史上に記録される大被害が発生した地震は2回。 もうひとつは1880年にザグレブを襲った大地震です。 クロアチア人も「日本は地震が多い国」と知っている人が多いので、彼らと話しているとたまに地震のことが話題に上がることがあるのですが「日本人って、すごいよね。 大きな地震がたくさんくる国なのに、みんな動じずに暮らしている。 怖くない?」と聞かれることもあります。 そう聞かれると「怖いのは怖いけど、地震ばっかりは、どうしようもないからね。 大切な家族や友達が日本にたくさん住んでいるから、起こってほしくないと心から願っているけれど、自分たちにどうこうできる問題でもないし。 日頃からの防災意識を高めておくくらいしか対処方法がないよ。 いつ起こるかわからないこと、どうしようもないことを悶々と考えていても、仕方がないから。 」と答えて、逆に「クロアチアもたまに地震があるけど、怖くない?」と尋ねると、私の周りのクロアチア人は笑ってこう答えます。 「まあ、クロアチアで大地震は数百年に一度だから確率は低い。 僕らが生きている間はきっと起きないさ。 心配しなくてもきっと大丈夫。 ・・・でも、日本と違ってクロアチアの建物の多くは耐震構造じゃないから、もし大きな地震が来たらジ・エンドだね。 でも、君と同感。 起こっていない未来のことを心配するより、今を楽しまなきゃ。 」 ザグレブの大聖堂内部 最近日本では新型コロナのニュースでもちきりでしたが、ちょっと前まではネットニュースなどでよく「南海トラフ地震」関連の情報が出回っていましたよね。 心配性な私は、日本の家族や友達のことを思うと、そんなニュースを見る度に不安で仕方ありませんでした。 でも、そんな時に思い出すのが、昔、大学時代にお世話になった恩師が話してくれたあるお話。 私は学生時代ドイツ語・ドイツ文学専修だったので、(ナチス・ドイツ時代の)ユダヤ人関連のことを学ぶことも少しあったのですが、その時に先生がこんな話をしてくれました。 (もっと深くていいお話でしたが、ここでは要点だけお伝えします) 「ユダヤには古くからこんな教えがあります。 でも、自分の中に培った知恵や知識は誰にも奪うことはできない」 その先生は阪神淡路大震災を経験され、当時住んでいたアパートも崩れてしまい大変な思いをされ、その時にこの言葉を思い出されたそうです。 17世紀に大地震で大きな被害を受けたドブロブニク 私はこの話を学生の時聞いた時「なるほど!そうか!自分の頭、心の中にしまえるものは、どんな時にも失うことはないんだ。 自分の命がある限り」と、とても感銘を受けました。 それ以来、自分なりに「知識を蓄えよう。 それから、大切な家族や友達、日々出会う人たちとの楽しい思い出もいっぱい心(記憶)に蓄えながら生きていきたい」と思って過ごしてきました。 モノと同様、人の命も永遠ではないですものね。 ただ、最近「あれれ?」という物忘れがたまにあり、「どんなに知識、楽しい思い出を蓄えても、ぼ~っとしてるから忘れちゃうかも・・・。 それじゃあ意味がない。 また当サイト(クロたび)では紹介していないお気に入りのレストランやホテル、お店、各町でのおすすめの過ごし方など、当サイトには載せていない情報もたくさん盛り込んでいます。

次の

クロアチアのザグレブ地震余震が発生中、建物被害も!M5.5で140年で最強クラス|クロアチアワインソムリエ海事代理士の令和見聞録 Japanese sommerier introduce Japan to Tokyo2020

クロアチア 地震

現地時間2020年3月22日(日) 午前6時24分頃、クロアチアの首都・ザグレブ北方でマグニチュード5. 4の地震が発生しました。 以下に、ザグレブの被害状況についてお知らせいたします。 (工事中の塔) しかし身廊部の被害は報告されておりません。 ザグレブには、建てられてから100年以上、外壁のメンテナンスが行われていない建物が多く、その間の風雪のダメージで当然あちこち脆くなっています。 そこに140年ぶりの中規模地震ですので、崩れるところが出ない方が奇跡に思います。 現在、このような状況ですので観光箇所にもあまり日本のお客様はいないと思いますが、花の広場傍の正教会大聖堂の天井壁画が一部崩落、またバロック様式の聖心バシリカの天井の一部がかなり崩落した程度です。 地震発生が早朝であったこと、また新型コロナウイルスの影響により、昨日から全公共交通機関(路面電車・バス)が運行停止になっていたことから、被害も最小限にとどまっております。 プリトヴィツェ公園の被害状況については報告がありませんが、現在、公園は新型コロナウイルスの影響により休園中です。 以上、ご注意ください。 情報提供:、.

次の