テゴマス。 static.shopadvisor.com: テゴマスのあい: 音楽

テゴマス はなむけ 歌詞&動画視聴

テゴマス

NEWS増田貴久くん&手越祐也くんの「テゴマス」コンビが気になる! 出典:) メンバーが仲良しということでも知られている『NEWS』のなかでも、とくに仲良し!と話題なのが 増田貴久くん& 手越祐也くん!仲がいいだけではなく 『テゴマス』というユニットも組んでおりラジオ番組のメインパーソナリティーを務めているなど、名実ともに大人気の仲良しコンビなんです。 今回はそんなNEWSの仲良しコンビ・増田貴久くん&手越祐也くんによる『テゴマス』について徹底紹介!コンビ名の由来や仲良しエピソードなどを増田貴久くん&手越祐也くんファンの声とともにお届けします。 NEWSについての知識をもっと深めたいという方はもちろん、テゴマスへの愛をもっと深めたいという方もぜひチェックしてみてくださいね! NEWS『テゴマス』の増田貴久くん&手越祐也くんのプロフィールとは? — 2019年12月月18日午前4時22分PST NEWSの仲良しコンビ・増田貴久くん&手越祐也くんによる『テゴマス』。 まずは2人のプロフィールからお届けします。 2人の年齢差や身長差などもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。 NEWS増田貴久くんプロフィール 生年月日 1986年7月4日 血液型 O型 身長 171cm メンバーカラー 黄色 もっと知りたい方はこちらもチェック! NEWS手越祐也くんプロフィール 生年月日 1987年11月11日 血液型 B型 身長 168cm メンバーカラー ピンク もっと知りたい方はこちらもチェック! 実は1歳差のNEWS増田貴久くん&手越祐也くん。 身長は増田貴久くんのほうが3cmほど高いようですね。 NEWSファンやテゴマスファンの中には増田貴久くん&手越祐也くんの身長差にときめく!という方も多いようです。 テゴマスの身長差萌え まっすーでかいよね!170あるだけでもうかっこいい! — ゆうこな yuyaddict7 テゴマス身長同じくらいなのに体格差違いすぎてすごく萌える。 鍛えてがっちりしている増田さんは男らしいし、鍛えてるのになぜか華奢な祐也はか弱い女の子みたいだし、本当に好き。 体格差もいいけど、コヤシゲとテゴマスの身長差もいいよね。 — kokeshi4302 NEWS増田貴久くん&手越祐也くんのコンビ『テゴマス』の由来とは? — 2020年 1月月6日午前6時52分PST NEWS増田貴久くん&手越祐也くんの仲良しコンビ『テゴマス』。 そんな『テゴマス』の由来は何なのでしょうか。 実はテゴマスの名前の由来は、NEWS増田貴久くん&手越祐也くんの名前から。 手越祐也くんの『 テゴ』と増田貴久くんの『 マス』を組み合わせて『 テゴ マス』としているんです。 もともとは『マステゴ』と呼ばれていましたが、『テゴマス』とデビュー時に名づけられました。 【テゴマス横浜28日】 手越「俺ら最初はマステゴだった。 2人でドラマやってた時Jwebで連載やってて、その時はマステゴの日記だった」 増田「デビューする時、英語的にテゴマスの方が発音しやすいからテゴマスになったけど、逆にされてちょと嫌。 後ろから支えるタイプ」 — もち momomochi1112 ユニット名がテゴマスと変わった時、実はNEWS増田貴久くんはちょっと「後ろにされた感」があって嫌だったのだとか。 ただ、英語ではテゴマスのほうが言いやすいからといわれて納得したのだそうです。 ちなみにアルファベット表記では『Tegomass』と書きます。 テゴマスは2006年11月スウェーデンでデビューシングルを発売しましたが、この時にはアルファベット表記であるTegomass名義でした。 リアルサウンドのマステゴの話も良い!テゴマスって実はNEWSよりも古くて。 ジャニーさんが増田と手越の歌を評価してくれて2人を組ませてた。 同じ時代にタイミング良く2人が出会わなければテゴマスは生まれなかった。 2006年12月には日本でもデビューをし、オリコンシングルチャートで1位を記録するなど名実ともに大人気のユニットとなります。 2009年にはファーストアルバム『テゴマスのうた』をリリース。 2011年10月からはラジオ『テゴマスのらじお』をスタート。 ラジオでも仲良しエピソードを多数披露していますので、NEWS増田貴久くん&手越祐也くんファンは絶対にチェックしてみてくださいね! 『テゴマスのらじお』詳細情報 — 2019年12月月19日午後3時35分PST NEWSのデビュー前から、「マステゴ」として活動していた増田貴久くん&手越祐也くん。 テゴマスは、そのたぐいまれな歌唱力とキャラクター性で多くのファンを虜にしてきました。 テゴマスというユニットで歌オンリーでガチ活動した経験で得た絆がでかすぎる。 二人だけでCDも販促活動もライブもやったという絆が強い。 お互いの仕事に対する信頼が絶大すぎる。 — リリィ soyaisno1 そんなテゴマスの2人の絆はとても強いようで、NEWSのコンサートやテレビ出演時などでも仲良しな2人をよく見ることができます。 ラジオ番組『テゴマスのらじお』などでも仲良しエピソードを多数披露しており、ときめくファンもたくさん。 テゴマスでライブの打ち合わせで喧嘩することはないけど、これとこれどっちがいい?と二択出したときに、せーので選ぶと絶対に同じ方を選ぶって言ってたエピソードがめちゃくちゃテゴマスって感じで好きです。 雑誌のインタビューなどでもさまざまな仲良しエピソードを披露しているとのことです。 ここではその中から少しだけ、エピソードをご紹介。 これからもその絆で仲良しコンビとしてファンを楽しませてくれることでしょう! 増田さん、ジャニを辞めようと思ったことはないけど、ジュニア時代に続けていけるかという迷いはあった。 悩み過ぎて原宿を泣きながら帰った。 手越くんがジャニに入ってきてそこでマステゴ組んでNEWSにも入った。 手越くんがいなかったら続けてなかったかもしれないんだってさ。。 今回はそんな2人の仲良しエピソードや『テゴマス』の名前の由来などをご紹介しました! 『テゴマス』の仲良しっぷりは、NEWSのライブや『テゴマスのらじお』、テレビや雑誌などメディアでも多数見ることができます。 今後ますますさまざまな仲良しエピソードも生まれてくることでしょう。

次の

テゴマス、派生ユニット史上初のDVD・BD同時首位獲得

テゴマス

元NEWSのが6月23日、ジャニーズ事務所を退所してから初となる記者会見を開催。 退所に至った経緯や今後の活動などについて語った。 そこで手越が明かした「事務所に断られたオファー」に、ファンの注目が集まっているという。 「手越は、超有名ミュージシャンからフェスに誘われたものの、出演できなかったと語っていました。 そのミュージシャンが誰なのか、ファンの間では議論が噴出しています」(芸能ライター) 真っ先に名前が挙がったのは元NEWSのTakaが率いる超人気バンド「」だが、ワンオクは自らフェスを主催したことはないはず。 それに対して手越がよくカラオケで歌っていたという「X JAPAN」には「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016」を主催した経歴があり、ここを本命視する声もある。 そんな議論が白熱するなか、手越の説明が図らずもメンバー間格差を露見させていたというのである。 「手越はフェスへの誘いが自分のソロ、もしくは増田和久とのデュオである『』に来ていたと語りました。 KinKi Kidsの堂本剛が「SUMMER SONIC」や「イナズマロックフェス」に出演した例はあるものの、これは剛のソロプロジェクト『ENDRECHERI』としての活動だ。 ENDRECHERIはアルバムもリリースするなど音楽ユニットとして確固たる実績もあり、これなら〈KinKiの片方だけが出演した〉ということにはならないようだ。 「その意味ではテゴマスも7枚のシングルをリリースし、大阪城ホールや横浜アリーナでのライブ実績もあるので、フェス側では《音楽デュオのテゴマスに出演依頼》だったのかもしれません。 しかしKinKi Kidsの場合は剛がアーティスト志向、光一がミュージカル志向というハッキリとした色分けがあり、二人がそれぞれ独自に活動していてもファンは理解しています。 それに対してNEWSについてはそこまでファンが納得できるかどうか。 テゴマス自体は2014年を最後にユニットとして表立った音楽活動もしておらず、それでもオファーが掛かったという点で、小山や加藤との格差は否めません」(前出・芸能ライター) そのテゴマスも手越の退所で事実上消滅。 果たして3人だけになったNEWSにフェス出演の可能性はあるのだろうか。 (白根麻子).

次の

テゴマス はなむけ 歌詞&動画視聴

テゴマス

19日にジャニーズ事務所を退所した元「NEWS」の手越祐也(32)が増田貴久(33)とともにパーソナリティーを務めていた大阪・MBSラジオ「テゴマスのらじお」(水曜後11・30)について、番組名を「ますますらじお」に変更し、再スタートすることが分かった。 25日、同局が明らかにした。 この日午後、次回放送日である7月1日の同局の番組表内のタイトルが「ますますらじお」に変更。 その後、radikoの番組サイトでもタイトルが変更された。 番組は2011年10月にスタートし、今年で9年目。 24日の放送で、増田が番組冒頭、「この度手越の件でご心配をおかけしました。 番組スタート以来、テゴマスのラジオを楽しみに聞いてくださった方々には、本当に申し訳なく思っております」と謝罪。 「今後は僕とさくらちゃんで楽しい番組をお届けできるよう引き続き頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします」と、アシスタントとして出演する宮島咲良(36)とともに、2人体制で番組を継続することを発表していた。 手越は5月20日の放送を体調不良で欠席。 同26日に芸能活動自粛を発表され、翌27日の放送で小山慶一郎(36)と加藤シゲアキ(32)も急きょ生出演。 増田とともに騒動を謝罪していた。

次の