ガードレール 端っこ 名前。 使える♪【おもしろい雑学】ハナタカ!優越感まとめ♪

端っこ : 福ちゃんの里山通信

ガードレール 端っこ 名前

概要 [ ] ガードレール等の道路用防護柵の設置の主目的は、進行方向を誤認した車両の路外逸脱防止、車両乗員の傷害や車両の破損の最小化、逸脱車両による第三者への人的・物的被害の防止、車両の進行方向復元である。 一般的には、道路に埋め込まれた支柱にビーム(波型の鋼板)が取り付けられた構造をしている。 や、などでの切れ目には、波板ではなく歩道側に丸く反った 袖レール( 袖ビームともいう)が取り付けられる。 高さは場所によるが、80 cm前後が一般的である。 でガードレールは(33年)に交差点付近に初めて設置された。 なお、への配慮やの有効活用を目的とした木製のガードレールもある。 ではとしては全国で初めて、木製ガードレールの開発に着手した。 ガードレールは進行方向に重ねられ、ので、アメリカ式の右側通行から日本式の左側通行に改めたときに、進行方向に合わせて重ね直された。 防護柵の分類 [ ] 防護柵は次のように分類される。 車両用防護柵• たわみ性防護柵• ビーム型防護柵• ガードレール ビームにレールを用いた ガードレール。 ガードパイプ 支柱に取付けるビームにパイプを使用した ガードパイプ。 ガードパイプには、車両の逸脱防止を目的としたものと歩行者の横断防止を目的としたものがあり、後者は車両用と比較しては低い。 においては、の木であるを象った緑色のガードパイプ(横断抑止目的)が使用されている。 ボックスビーム ビームにボックスビーム(角形)を用いた ボックスビーム。 主に支柱の天端間で連結するため幅が狭い、衝突時の柔軟性(衝撃吸収性)が高い、性と比較的が良い特徴がある。 ケーブル型防護柵• ガードケーブル 支柱間にを張った ガードケーブル。 展望性に優れており、()の妨げにもなりにくく、山間部などでは、着雪を防ぐ目的としても用いられる。 橋梁用ビーム型防護柵 ビーム型防護柵の・用のもの。 剛性防護柵(製防護柵)• 歩行者・自転車用柵 なお、防護柵にをからませたものを ロードトレリスという。 交通安全対策とを兼ねたものであるが、付近では見通しが悪くなるため使用されない。 ガードレールの設置と管理 [ ] 日本でのガードレールの設置にあたっては道路局の方針を定めた「防護柵の設置基準」 で、設置される場所、目的などに応じてSS種(衝撃に対する強度650kJ以上)~C種(同45kJ以上)などの強度種別が決められており、道路区分(高速道路とそれ以外)、設計速度と設置区間(一般区間、重大な被害が発生するおそれのある区間、新幹線などと交差または近接する区間)に応じて設置基準が定められている。 色彩と景観 [ ] 黄色のガードレールが設置された山口県の道路(国道490号) 白色の防護柵は効果が高い。 しかし、白色だと周辺から浮き立ち、や汚れが目立つといった欠点もある。 (16年)以前に設置されたガードレールの標準色は白色であるが、やなどでは灰色のものや銀色(を施しただけのもの)がある。 現在は良好な形成に配慮した適切な色彩を基本としている。 には、(色)のガードレールがある。 (昭和38年)、が開催されるにあたって、当時の山口県知事のもと、ガードレールを山口県のナツミカンの色に塗り替えることが提案されたものといわれ、現在でも山口県管理の道路(県道及び一部の国道)は黄色のガードレールが標準となっている。 ではアーバングリーンのガードレールが使用されている地域もある。 また、のでは白いガードレールの上部のみを黄色に塗装したものを使用している区間がある。 金属片問題 [ ] (平成17年)、でに乗った中学生がガードレールの継ぎ目に刺さっていた鋭い三角形の金属片に触れてケガをする事故が起こった。 悪質なイタズラ説や人為説などが浮上する騒動となったが、その後の調査では、同年時点で全都道府県の4,200か所以上にガードレールの継ぎ目に鋭利な金属片が刺さっていたことが判明し、それを受けたの緊急点検結果報告では、時点で3万7,893か所で同様のものが確認された。 その後、国土交通省で専門家による「防護柵への付着金属片調査委員会」を発足させて詳しい原因を調査した結果、同年7月29日に「ほぼ自動車の接触事故が原因」とする最終報告書が出された。 調査委員会は今後の安全対策として、道路管理者が歩行者の視点に立った道路点検などを検討するよう提言し、金属片が付着しにくい防護柵の開発を目指すべきと委員会が設けられた。 これを受け、基準の解説書の改訂版が取りまとめられた。 脚注 [ ].

次の

ガードレールの種類と設置の目的とは?|運転|JAFクルマ何でも質問箱

ガードレール 端っこ 名前

質問内容を「路側帯」と回答する例は、以前のこのサイトでもあるのですが、それを信じてはいけません。 道路交通法第2条第1項3の4 路側帯 歩行者の通行の用に供し、又は車道の効用を保つため、歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によって区画されたものをいう。 歩道が設置してある場合の、歩道の内側に引いてある白線は、「車道外側線」と言います。 道路はいろんな形状があるので、ある程度車が通る道筋を付けなければ、かえって通行しにくいので、そのスムースな通行を誘導するための白線です。 また、歩道との距離を多少確保することで、歩行者の安全を確保するという意味合いもあるようです。 では、この「歩道」と「車道外側線」の間の道路部分は、何になるのか…車道の一部です。 これが主に問題となるのは、駐車違反の場合で、この部分が歩道か車道かで違反内容が異なるのです。 これについては、「車道である」という判例が出ています。 また、この部分を原付が通行できるかどうかという問題もありますが、車道である以上、原付が通行することは可能です。 よく「この部分は原付は通れない」という人がいますが、これは、この部分を路側帯と勘違いしていることから生じる間違いです。 歩行者は、歩道等と車道の区別のある道路においては、歩道等を通行しなければなりません(道交法第10条第2項)。 問題は自転車です。 歩道を自転車が通行することについては、「自転車通行可」の歩道でなければダメです。 では、路側帯は自転車は通行できないのか…。 として、自転車の路側帯通行が可能な場合があることを明記しています。 いずれにしても、この問題は、複雑な道路交通法の盲点ともいうべき問題です。 >ところで、街中で大きく明確な歩道でも、歩行者は右側通行なんでしょうか? 歩行者の右側通行というのは、基本的には、歩道等のない道路の場合です。 逆に言えば、両側に歩道が設置されていれば、左右どちらの歩道でも通行できます。 よくあるのが、片側だけ歩道が設置されている場合です。 向かって右側に歩道が設置されている場合は問題ありませんが、左側のみ歩道が設置されている場合は、左右どちらを通ったらいいのか…。 この場合は、右側通行にこだわる必要はなく、向かって左側の歩道を通行することになります。 路側帯も同様です。 路側帯は歩道に準じた存在ですから、歩行者にとっては、歩道と同じ意味と考えたらいいでしょう。 ただし自転車にとっては、路側帯によって多少異なることがあるのは、以前書いたとおりです。 「広い歩道の中のどの部分を歩いたらいいのか?」という疑問でしたら、「どこでもいい」という回答になります。 ただし、自転車通行可の歩道内を自転車が通行する場合は、歩行者を妨害しないようにしながら、「車道側」を通行することとなります。 あくまで「車両は内側」の原則を、歩道内でも貫いているということですね。 Q 道路の白線・黄色線について疑問に思っています。 過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について 「はみ出し」を禁止している 「追い越しのためのはみ出し」を禁止している 「追い越し」を禁止している との回答を眼にしました。 1)どの見解が正しいのでしょうか? 2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか? 「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。 しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。 宜しくお願いいたします。 A ベストアンサー 少し噛み砕いて書いてみます。 複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから 中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。 道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る 「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。 白・黄色ともに。 優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。 それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更 車線変更 しただけでも違反行為と考えられます。 クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。 次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。 勿論、急いでいる場合もあるでしょう 追い越す意識 目的 があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか? 追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。 特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。 現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。 前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。 どうぞご安全に。 元、指導員より 少し噛み砕いて書いてみます。 複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから 中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。 A ベストアンサー 路肩は、ペイントによって分けられていない場合の、道路端から0. 50mの部分をいいます。 道路としての機能を(破損などによって)損なわないために設けられるものです。 自動車の通行は禁止されていますが、二輪車は特に制限がありません。 路側帯は、ペイントで分けられている路肩といった感じですが、路肩と違うところは歩道の用を為すところです。 ちなみに、点線と実線の二本で分けられている路側帯は駐停車禁止路側帯、実線二本の路側帯は歩行者用路側帯です。 路側帯は、車両は進入禁止、横断の際は一時停止です。 高速道路の場合はペイントがあっても路肩と呼んでいますが、路側帯でも差し支えないようです。 ここでおせっかいにも付け足したいことがありまして、歩道と車道に明確な境界がある場合(例えばガードレールや縁石があるとか)は、路側帯に見える部分は「側道帯」といい、ペイントの事を「外側線」といいます。 車両の通行は禁止されていません(自信なし…)。 駐車の方法にやや違いが出ます。 75m以上の幅のある路側帯の場合は、「道路端」から0. 75m以上空けて駐車します(つまり路側帯に入っても良い。 ただし、一時停止してから)。 75m未満の路側帯、駐停車禁止路側帯、歩行者用路側帯の場合は、路側帯のペイントに沿って駐車します(つまり路側帯に入ってはダメ)。 大体守られていませんけどね… ・側道帯である場合は「車道の端」に寄せます(側道帯には入ってもよい)。 ・特にペイントがない場合は、「道路端」に寄せます。 センターラインについては#1、2さんに同じですが、白と黄色の二本線の場合は、白線の側だけ追いハミ可だったと思います。 ちなみに車両通行帯が黄線で分けられているときは車線変更禁止の意です。 試験頑張ってくださいね。 路肩は、ペイントによって分けられていない場合の、道路端から0. 50mの部分をいいます。 道路としての機能を(破損などによって)損なわないために設けられるものです。 自動車の通行は禁止されていますが、二輪車は特に制限がありません。 路側帯は、ペイントで分けられている路肩といった感じですが、路肩と違うところは歩道の用を為すところです。 ちなみに、点線と実線の二本で分けられている路側帯は駐停車禁止路側帯、実線二本の路側帯は歩行者用路側帯です。 路側帯は、車両は進入禁止、横断の際は一時停止... Q こんにちは。 今回の質問は、歩道がありそして少々広めの道路でみかけるのですが、片側一車線なのか二車線なのかわからない道路が間々あるのです。 センターラインより1m以上離れた左側に1本破線があるのですが、明らかこの破線が歩道に寄りすぎていて、乗用車で通行すると右の車両通行帯にはみ出すのでみんな通らない通行帯らしきものがあります。 A ベストアンサー >私の記憶によると路側帯が存在するのは、歩道がない場合です。 「路側帯」の他に、よく似たものに「路肩」「車道外側線」などがありますが、一般的には、これらを総称して「路側帯」と呼ばれています。 これは「法令上、正しい呼称ではない場合もあります」が、便宜上及び道路構造の区別の出来ない人が大多数存在する為に、止むを得ず使われているようです。 以上のような「現状がある事を踏まえて」回答します。 「道路交通法上」からの正しい解釈としては・・・ 「歩道」とは、、人が歩く道のこと。 一般的には、車道等に併設された道路端の部分を言う。 また、山間部などの自然歩道などもある。 原則として、歩行者のみが通行することのできる道路の一部分を「歩道」とする。 なお「歩道」と「路側帯」とは法令上の定義が異なる。 道路構造令第2条第1項第1号 なお、人が歩く道で、道路の全体 または道路の一部分であって当該道路の他の部分と構造的に分離されているものの全体 を人が歩くものとして供用する道路は「歩行者専用道路」と呼ばれる。 「路側帯」とは、 道路交通法で定められ関連法令で使われている用語で「道路の端寄りに道路標示によって区画された帯状の部分」を指す。 歩行者の安全のために、歩道がない道路又は道路の歩道がない側に設置され、車道と分離することにより基本的に歩道と同様に扱われる。 道路交通法第十七条の「歩道等」には、歩道と路側帯が含まれている。 高速道路など歩行者の通行が禁止されている道路においては「車道の効用を保つため」に設置される。 第十七条の二により軽車両は、歩行者専用路側帯以外の「路側帯」を「著しく歩行者の通行を妨げる場合」を除いて通行することが認められている。 自転車通行可の歩道とは、普通自転車以外の軽車両 リヤカー・大八車などの荷車や人力車、普通自転車の要件に該当しない自転車 も通行できる点が異なる。 なお「路側帯」内を通行する軽車両については、第十七条第四項により「道路」から「路側帯」が除外されているため「道路の中央から左側の部分を通行すべき」という左側通行の規則は適用されない。 また、普通自転車が歩道を通行する場合とはちがい「路側帯」の車道側を通行することを定めた規定もない。 ところが、道路の歩道がある側の路端寄り 車道の路端寄り でも、見かけ上まったく同じ白の実線による区画線・道路標示を見かける。 これは法令上は「路側帯」には該当せず、単なる車道外側線 車両通行帯最外側線を含む。 以下同じ に該当し、まったく別の扱いとなる。 上記のような車道外側線の外側 歩道側 は、道路交通法上は車道扱いとなる。 そのため、進行方向右側の車道の路端寄りにある車道外側線の外側 歩道側。 路肩を含む を通行すると、逆走となる。 特に自転車に多くみられるが、著しく危険な違法行為であるため、注意が必要である。 都道府県の公安委員会が「路側帯」を設置する場合、幅員を0. 5m以上とすることとなっている また、破線一本のみによる区画線・道路標示により示されている部分は、法令上は「路側帯」にはならない。 交差点部分等に引かれている 1. 路側帯 道路の端に引かれた白の実線により示される。 自動車等は、この領域に進入して通行してはならないが 軽車両は通行できる 、車両の駐車・停車は認められている。 ただし、その場合は、そのほかに駐停車を禁止するような条件がない たとえば、駐停車を禁止する道路標識が立っていれば当然認められない 上で「路側帯」の内側に入って道路の端から0. 75mの間隔をあけて駐停車しなければならない。 75mの根拠は、人間の肩幅と言われる ただし、そのようにした場合に車両の全幅が「路側帯」の内側に入る場合には、車両の右側を「路側帯」の線に沿って駐停車しなければならない。 また「路側帯」の幅が0. 75m以下のときには、車両は「路側帯」の線の右側に、線に沿って駐停車しなければならない。 ただし、高速道路等など歩行者通行禁止の道路では、これらにかかわらず「路側帯」内で道路の左側端に沿って駐停車しなければならない。 高速道路等では原則駐停車禁止 2. 駐停車禁止路側帯 「路側帯」の内側に、さらにもう一本白の破線があるもの。 それ以外の点については、通常の「路側帯」と同様である。 歩行者専用路側帯 「路側帯」の内側に、さらにもう一本白の実線があるもの。 白実線二重線 この「路側帯」では、軽車両も進入して通行してはならない。 それ以外の点については、駐停車禁止路側帯と同様である。 道路の端より0. 5mまでの幅員を路肩という。 明示、非明示によらず、車両は通行を禁止されているが現状は守られていない事例が多々ある。 「路肩」とは、道路の主要構造部を保護し、又は車道の効用を保つために、車道、歩道、自転車道又は自転車歩行者道に接続して設けられる帯状の道路の部分をいう。 道路法令 道路構造令 の用語のひとつ。 以下この章で同じ やトロリーバスは、その車輪が、路肩にはみ出しては 進入しては ならない。 ただし、高速自動車国道において警察官の命令による場合や、故障などの緊急時を除く また、歩道、自転車道又は自転車歩行者道が無い道路の側であって、路端・路肩構造が形成されていない道路の側 土手の上や、畦道、民地との境界などにつき路端・路肩構造が明確で無いなど については、上記の自動車・トロリーバスはその車輪が、路端から50cmの部分にはみ出しては 進入しては ならない。 なお、トンネル・橋梁・高架道路などは路端構造が形成されているのが通常であるため、路肩構造がない場合には、車輪が路端から25cmの部分にはみ出しては 進入しては ならない。 路肩通行の制限 第九条 歩道、自転車道又は自転車歩行者道のいずれをも有しない道路を通行する自動車は、その車輪が路肩 路肩が明らかでない道路にあつては、路端から車道寄りの〇・五メートル トンネル、橋又は高架の道路にあつては、〇・二五メートル)の幅の道路の部分 にはみ出してはならない。 自動二輪車・原動機付自転車や、自転車などの軽車両は、比較的軽量なため「路肩」などへの進入は車両制限令によって禁止されていないが、交通方法としては「道路交通法の適用を免れるわけではない」ので、注意が必要である。 例えば、左側寄り通行や、左側追越しの原則禁止など なお、道路交通法第十八条 左側寄り通行等 においては、車両通行帯の無い 片側1車線の 道路では、自動車・自動二輪車・原動機付自転車は「道路の左側に寄つて」、自転車など軽車両は「道路の左側端に寄つて」、通行することと原則は規定されている。 その他、道路や車道の「左側に寄つて」「左側端に寄つて」と言う文言のある規定も多い。 しかし、道路交通法上は道路構造令上の「路肩」を考慮して規定されているわけではないため、路側帯や車道外側線との関係もあり、必ずしも道路交通法の通行位置が道路構造令上の「路肩」により規定されるという事はない。 「道路交通法は交通安全のための法律であるため、交通の安全を主体にして考慮し、安全な通行ができる通行方法を取れば足りる。 」 ただし「道路交通法上の規定が車両制限令上の規制を解除するわけでもない」ため「双方を遵守できるような通行方法を取る必要」がある。 なお、どこまでが「路肩」の範囲かを知るには、車道外側線を目安にする場合も事実上は多いが、必ずしも全ての道路に車道外側線が引かれているわけでも、また全ての車道外側線が「路肩」部分を区画して または道路端・車道端から0. 5mのところに 引かれているわけでもないため、車道外側線の左側が直ちに「路肩」であるとする事もできない。 なお、道路法令・車両制限令に言う道路とは、道路法上の道路をいい、港湾道路、農道、林道、私道などには、道路法及び車両制限令の適用がない。 「車道外側線」とは、道路または車道の路端寄りに引かれている区画線の事を言う。 道路法令 道路標識、区画線及び道路標示に関する命令 の用語のひとつ。 通常はペイントにより白の実線で引かれている事が多い。 したがって、この線を車両が踏んだりしても「路側帯に該当する場合を除いて」は、直ちに交通法規上の大きな問題を来す事はない。 「路側帯に該当する場合」には、軽車両以外の車両はみだりに進入してはならない。 道路標識、区画線及び道路標示に関する命令第7条 そのため、車両の通行は原則として禁止される。 原則として軽車両は路側帯を通行でき、歩行者は路側帯を通行しなければならない。 通行禁止の道路を除く 一方、路端側に歩道が有る場合には路側帯とはならず「車道外側線」等の外側 歩道側 も車道扱いとなる。 そのため、進行方向右側の車道の路端寄りにある「車道外側線」の外側 歩道側・路肩を含む を通行すると、逆走となる。 特に「自転車に常態として多くみられるが、著しく危険な違法行為である」ため、注意が必要である。 また道路 舗装構造 を保護する目的のもので、舗装されていない部分を保護路肩という。 車両制限令では、路肩の通行が制限されている。 「道路構造令」とは、道路法第30条第1項および第2項の規定に基づき、道路法上の道路を新設し、または改築する場合における道路の構造の一般的技術的基準を定めた政令である。 e-gov. html 「道路法」とは、道路に関する一般法である。 道路の定義から整備手続き、管理や費用負担、罰則等まで定める道路に関する事項を定めており、公法、行政法、公物・営造物法に分類される。 現行のものは、1952年6月10日公布の道路法 昭和27年6月10日法律第180号 である。 この項目において以下、単に「法」又は「現行法」という。 この法律の目的は、法第1条にて「道路網の整備を図るため、道路に関して、路線の指定及び認定、管理、構造、保全、費用の負担区分等に関する事項を定め、もつて交通の発達に寄与し、公共の福祉を増進すること」としている。 所管省は国土交通省である。 この法律で対象とする道路とは、高速自動車国道、一般国道、都道府県道及び市町村道の4種類 法第3条 であり、一般概念上の道路であっても、対象とならないものがある。 なお、対象とならない道路については、日本の道路 日本の道路の分類に詳しい記載がある。 旧道路法 1919年の大正8年法律第58号。 「旧法」 では、道路は国の公物とされていたが、現行法では国道 高速自動車国道及び一般国道 のみを国の公物とし、都道府県道・市町村道はそれぞれ都道府県・市町村の公物としている。 人為的に作られる公物 人工公物 であるという道路の性質上、整備に当たっては、路線の指定・認定、道路区域の決定・変更、供用の開始・廃止など、段階に応じ、詳細な規定を設けている。 内閣や地方議会の意志決定に係る路線の指定・認定の段階では、起終点と重要な経過地のみが決定され、詳細な路線の形状は、国土交通大臣や地方自治体の専決事項である道路区域の決定・変更の段階で決定される。 建設が完了し、一般の用に供するに際しては、供用開始の告示が行われ、これを以て、有効に交通開放が行われ、これ以後の一般利用者に対する管理瑕疵については、国家賠償法の適用が認められる。 路線の廃止・変更により、供用が廃止された場合は、新たに別の公物として利用されるなどの特別な場合を除き、最後に道路を管理していた道路管理者が、一定の期間管理を行い、管理期間終了後は、適正に処分できる。 なお、管理期間終了後も、別の管理者又は所有者に管理権又は所有権が移転するまでは、従来の管理者 最後に道路を管理していた道路管理者 が廃道敷の 通常の土地所有者としての 管理の義務を負うこととなる。 なお、この段階では、通常、一般利用者の立ち入り等は制限されており、特殊な場合を除き、一般利用者に対する国家賠償法の適用はない。 道路予定区域 法第91条 における権利制限など、強力な権限を規定する一方、バブル期の地価高騰などに対応した「第4節の2 道路の立体的区域」などの柔軟な規定もあり、木に竹を接ぐの感が無くもない。 関係法令には、道路交通法、高速自動車国道法、道路構造令、車両制限令などがある。 また1958年までは街路構造令も存在した。 幅が広いものもあれば、ものすごく重量があるのもあります。 その様々な車両のうち、一定の幅、重量等 以下、制限値と言います を超えるものについて、道路の通行が禁止されることがあります。 法47条2項、同条3項 このような道路の通行禁止を車両制限といいます。 その趣旨は、以下のように考えられます。 すなわち、道路には、高速道路、国道、市道等様々な種類のものがあります。 その種類によって、道路の構造は異なります。 道路の構造に合わない車両を走らせると、道路が損傷するおそれがあります。 したがって、道路の構造に合わない車両を走らせるわけにはいきません。 そのため、制限値を超える車両について、道路の通行が禁止されるのです。 なお、その具体的な数字は、「車両制限令」及び「車両通行許可の手続等を定める政令」に規定されています。 車両制限令12条 その趣旨は以下のように考えられます。 すなわち、例えば、大規模な建築をする場合、建築材料を運ぶ大型車が必要です。 大型車が必要であるのに、重量が重いからとの理由で通行の禁止をすることは、社会の発展を阻害します。 このように、制限値を超える車両の通行を拒みつづけることが妥当でない場合もあります。 そこで、やむをえない場合に限り、制限値を超える車両を通行させることが認められているのです。 なお、そうはいっても、道路構造を保全し又は交通の危険を防止することをおろそかにすることはできません。 そこで、誘導車を配置させたり、通行時間の指定をつけたりする等の条件がつけられます。 e-gov. cgi? e-gov. cgi? その「責任はどこにあるのか?」という問題も出て来るのですが、この事に関しては、本質問とは関係ありません。 >そしてもうひとつ補足しておくと、路側帯は実線であると記憶しております。 以上の「白い実線等による区画腺」という記述から判断すると「実線」に限るものではないと考えられます。 実際の道路の状態を見て回答している訳ではありません。 当該道路の幅員・質問者さんが疑問を持たれている道路の幅員と距離・区画腺の現状・歩道の状態や幅員・当該道路全体に関わる全ての標識・表示・規制表示等看板類などが正確に判らない以上「実際のところはどうなのか」というような「正確な判断」は出来ません。 つまり「明確な回答」もしようがありません。 場合によっては「道路拡張工事」の為 拡張工事の開始時期に関わらず 破線・実線をもって「道路を区分している」事もあります。 このような場合も、原則としては「区分箇所を走行する事は望ましくない」と思います。 場合によっては「罰則」等もあるのかも知れませんが、これも詳細が判らない以上は回答のしようがありません。 「自転車・軽車両専用道路」との路面表示や標識がない限り、そこは「自転車・軽車両専用道路」ではありませんが、当該道路に併走する「歩道」に「自転車走行可」の標識・表示がない場合は、便宜上「自転車・軽車両用道路」として利用を認めている場合も有り得ます。 今の「交通社会」に於いては、主に「路側帯」と「路肩」が「混同」されて認識されています。 このような事から、このふたつを総称して「路側帯」と読んでいるのが 正しいか間違っているかは別として 現状です。 繰り返して言いますが、このふたつを正しく認識している人は、ごく少数です。 道路を利用している大勢の人達が混同して認識しています。 その為、前回の回答時には、総じて「路側帯」と判断し、回答したものです。 失礼ながら、質問者さんも、他の多くの人々と同じように「混同して認識しているもの」と考えたからです。 この点に関しては、失礼な事をしたと思いますので、謝罪させて頂きます。 本当に詳しく知りたいのでしたら、所轄の警察署なり本庁に問い合わせるか、道路交通法等の関係法令を片っ端かに調べるしかないと思います。 e-gov. e-gov. tcn-catv. html >私の記憶によると路側帯が存在するのは、歩道がない場合です。 「路側帯」の他に、よく似たものに「路肩」「車道外側線」などがありますが、一般的には、これらを総称して「路側帯」と呼ばれています。 これは「法令上、正しい呼称ではない場合もあります」が、便宜上及び道路構造の区別の出来ない人が大多数存在する為に、止むを得ず使われているようです。 以上のような「現状がある事を踏まえて」回答します。 「道路交通法上」からの正しい解釈としては・... A ベストアンサー その白線は路側線または車道外側線と呼ばれ、道路構造上は路肩と車線を区分する区画線の一種です。 路肩は、道路の構造を保護すると同時に交通上の安全を確保するためのマージンとなる部分で、本来は車両の走行は考慮していません。 ただし、一時的な乗り入れは問題ありません。 道路交通法においては他の方が云われているように「路側帯」と呼ばれており、道路構造令とは扱いが異なります。 基本的に巾が50cm以上の場合、歩行者の通行帯として使用します(ただし、歩道が無い場合)。 すれ違いなど安全上やむを得ない場合は車両の通行も認められています。 尚、道路構造令においてはあくまでも「路肩」であり、歩行者等の通行は考慮していません。 この部分は、特に駐停車禁止の指定がなければ駐車は問題ないでしょう。 ただし、交差点からははなしてIO区必要があります。 A ベストアンサー こんにちは >道幅の広い車道の左側 歩道側 に、白いペイントで斜線が引かれている場所があるかと思います。 これは、導流帯です。 車両を進入させないことによって円滑さと安全さを確保し、車の流れをスムースに誘導させる役目があります。 zenhyokyo. html >車道上にある「白いペイントの斜線を黄色のペイントで囲ってある地帯」 これは、立ち入り禁止部分です。 車両の通行や駐停車が禁止されています。 >よく消防署の車庫前などですぐに消防車が出られるように、信号待ちの車がそこで止まらないようにするためのものです。 これは、停止禁止部分です。 導流帯との違いは中央部分の斜線がありません。 通行はできますが停止はできません。 zenhyokyo. html >路側帯にある白い斜線だけのペイントはこれとは違うものかと思うのですが、いかがでしょうか? 停止禁止部分と導流帯は意味が全く違います。 また、白い斜線だけのペイントは路側帯ではありません。 >道路わきの白い斜線地帯は駐停車禁止でしょうか? 導流帯は駐停車禁止場所(教則では10箇所ほど書いてありますね)と駐停車禁止する場合を除いて駐停車はできます。 こんにちは >道幅の広い車道の左側 歩道側 に、白いペイントで斜線が引かれている場所があるかと思います。 これは、導流帯です。 車両を進入させないことによって円滑さと安全さを確保し、車の流れをスムースに誘導させる役目があります。 zenhyokyo. html >車道上にある「白いペイントの斜線を黄色のペイントで囲ってある地帯」 これは、立ち入り禁止部分です。 車両の通行や駐停車が禁止されています。 >よく消防署の車庫前などですぐに消防車が出られるように、信... A ベストアンサー 違反していませんか?と問われたら、お考えの通り、道路交通法違反です。 第十七条 車両は、歩道又は路側帯(以下この条において「歩道等」という。 )と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない。 ただし、道路外の施設又は場所に出入するためやむを得ない場合において歩道等を横断するとき、<一部略>必要な限度において歩道等を通行するときは、この限りでない。 2 前項ただし書の場合において、車両は、歩道等に入る直前で一時停止し、かつ、歩行者の通行を妨げないようにしなければならない。 車両が歩道や路側帯に入って良いのは、道路外の施設や場所(駐車場など)に出入するためやむを得ない場合の必要最小限のみです。 その場合、歩行者の通行を妨げてはなりません。 よく駐車場から一時停止もせずに出てきて事故を起こすヤツとか、歩道や路側帯を塞いで歩行者を通さない状態で車道合流待ちをしている自動車がいますが、あれも違反です。 車両で路側帯を通行しても良いのは、条件付きで軽車両のみです。 第十七条の二 軽車両は、前条第一項の規定にかかわらず、著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合を除き、道路の左側部分に設けられた路側帯を通行することができる。 2 前項の場合において、軽車両は、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で進行しなければならない。 違反していませんか?と問われたら、お考えの通り、道路交通法違反です。 第十七条 車両は、歩道又は路側帯(以下この条において「歩道等」という。 )と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない。 ただし、道路外の施設又は場所に出入するためやむを得ない場合において歩道等を横断するとき、<一部略>必要な限度において歩道等を通行するときは、この限りでない。 2 前項ただし書の場合において、車両は、歩道等に入る直前で一時停止し、かつ、歩行者の通行を妨げないようにしなけれ... A ベストアンサー 先のお二方の回答は、路側帯のことを説明していらっしゃいますことから、歩道のない道路のケースと思われます。 先に、お二方の回答中の明確な誤りを指摘させて頂きますと、自転車は、路側帯を通行しても違反ではありません。 (道交法第17条の2第1項) 路側帯を通行して歩行者の通行を妨げたりしたときに、はじめて違反となります。 ちなみに、歩道とは、縁石やガードレールなどによって車道と明確に仕切られた歩行者専用の部分のことをいいます。 また路側帯とは、歩道のない道路における、車道外側線の外側の部分をいいます。 以下、ご質問にお答えします。 (道交法第17条の2第1項) しかし、原付やバイクは、路側帯を通行できません。 (道交法第17条第1項) もし、ご質問が、歩道のない道路でバイクが路側帯を走っている状況でしたら、そのバイクは違反になります。 道交法上で、この部分について特に名前は付けられてはいませんが、ここでは「路肩」と呼ぶこととします。 路肩の通行について、自転車とバイクとでは特に差はありません。 ですので、路肩が自転車専用の部分というわけではありません。 車両の路肩通行の可否については、道路が1車線道路であるか2車線以上の道路であるかで変わってきます。 1車線道路の場合、路肩は、一般に、車道の一部と考えられております。 よって、自転車でもバイクでも通ることができます。 (車道ではないという判例もあります。 ) 2車線以上の道路の場合、車両(自転車も含まれます)は、車線内を走らなければいけませんので、バイクはもちろんのこと、自転車も路肩を走ることはできません。 (道交法第28条第1項) 一方、そのまままっすぐ走っても、前方の自転車にぶつからずに、その左側をすり抜けられる場合には、追い越しに該当しませんので、問題ありません。 先のお二方の回答は、路側帯のことを説明していらっしゃいますことから、歩道のない道路のケースと思われます。 先に、お二方の回答中の明確な誤りを指摘させて頂きますと、自転車は、路側帯を通行しても違反ではありません。 (道交法第17条の2第1項) 路側帯を通行して歩行者の通行を妨げたりしたときに、はじめて違反となります。 ちなみに、歩道とは、縁石やガードレールなどによって車道と明確に仕切られた歩行者専用の部分のことをいいます。 また路側帯とは、歩道のない道路における、車道外側... Q こんにちは。 今まで何度か出てきた質問だと思いますが、本当のところどうなのか分からずに困り果てています。 調べに調べましたが分かりません。 本日警察に行ってまで聞いて見ましたが、交通課の人がいなく、とても納得いかない回答をもらいました。 質問は、「中央線ではない、車両通行帯を区分する白の実線」が何を意味するのか、と言うことです。 進路変更 =車線変更 をしてはいけない、という意味だとおもっていましたが、どうもそうでもなさそうです。 でもそうなると、白の破線と何の差があるのでしょうか。 進路変更をしてはいけないのは、黄色の実線部分のみだと思いますが。。 また、交差点の手前30メートルだけ白の実線になっていますが何か意味があるのでしょうか。 やっぱり白の実線は進路変更禁止でしょうか?でもそれならなんで黄色の実線にしないのでしょうか。 また、「交差点の手前30メートルは進路変更禁止」という条項 条文 はどこにも見当たりません。。 警察の人が言っていたのですが、交差点の手前30メートルでも 黄色の実線じゃなければ 進路変更はできるみたいです。 カーブやトンネル内も白の実線になっているところが多いです。 これは一体なんででしょうか。 進路変更禁止でしたら、なぜ黄色の実線にしないのでしょうか。 進路変更できるのでしたら、なぜわざわざ白の実線にするのでしょうか。 こちらの過去の回答を読んでも、皆で言ってることが微妙に違うので分からないです。。 今まで何度か出てきた質問だと思いますが、本当のところどうなのか分からずに困り果てています。 調べに調べましたが分かりません。 本日警察に行ってまで聞いて見ましたが、交通課の人がいなく、とても納得いかない回答をもらいました。 質問は、「中央線ではない、車両通行帯を区分する白の実線」が何を意味するのか、と言うことです。 進路変更 =車線変更 をしてはいけない、という意味だとおもっていましたが、どうもそうでもなさそうです。 でもそうなると、白の破線と何の差があるので... A ベストアンサー 下に示すサイトと、道路交通法の条文を熟読して頂けたら、ナゾが解けるのでは、と思います。 まず、「中央線ではない、車両通行帯を区分する白の実線」は、そのまま車両通行帯を区分してるだけ、ではないでしょうか。 交差点の手前30メートルだけ中央線が白の実線にされるのは、中央線の設置基準の中の「白の実線:道路の右側にはみ出してはならないことを特に示す必要がある場所」なのでしょう。 ですから、この白線には「進路変更禁止」の意味合いは含まれていません。 また、「交差点の手前30メートルは進路変更禁止」は間違いです。 道交法30条を読んでください。 「交差点30m以内では、追越をするための車線変更は禁止」です。 つまり、追越し目的でなければ、交差点30m以内でも進路変更は可という事になります。 ですから、警察官の「交差点の手前30メートルでも 黄色の実線じゃなければ 進路変更はできる」は正解です。 黄の実線については、「追越しのための隣り車線へのはみ出し禁止」または「進路変更禁止」の場所に引かれる、ことのようです。 なお、カーブやトンネルでも進路変更は出来ます。 道交法30条に「追越しをするための進路変更は禁止」とあります。 この文だけを厳格に捉えると、カーブやトンネルの中央線は黄色にすべき、と考えられます。 しかし、それでも白色にするのは、「追越し目的でなくても、道路の右側にはみ出してはならない」事を示しているのでしょう。 kictec. html 下に示すサイトと、道路交通法の条文を熟読して頂けたら、ナゾが解けるのでは、と思います。 まず、「中央線ではない、車両通行帯を区分する白の実線」は、そのまま車両通行帯を区分してるだけ、ではないでしょうか。 交差点の手前30メートルだけ中央線が白の実線にされるのは、中央線の設置基準の中の「白の実線:道路の右側にはみ出してはならないことを特に示す必要がある場所」なのでしょう。 ですから、この白線には「進路変更禁止」の意味合いは含まれていません。 また、「交差点の手前30メート... A ベストアンサー 失礼ながら、「路側帯」と「外側線」の区別が ついていない方が多いように見受けられます。 路側帯とは、縁石等で歩道が独立していない場合に 車道と歩道を区別するために引かれているラインで、 線の内側=歩道です。 よって排気量等関係なく、通行してはいけない 場所です。 一方、独立した歩道がある場合に、車道の端の方に 白の実線で引かれているのは「外側線」といい、 路側帯とは全く異なるものです。 単に車が通るべき 場所を示す目安のための標示で、走っても 違反ではありません。 私の場合、「外側線」と歩道の間をバイクで 走っていて左折車に巻き込まれました。 相手車両が「路側帯を走っていたバイクが悪い」と 主張してきたのですが、警察で調書を取った際に 「あれは路側帯ではなく、外側線です。 外側線の内側を走っても違反ではありませんよ」と お巡りさんに言われたので間違いありません。 hatena. 路側帯とは、縁石等で歩道が独立していない場合に 車道と歩道を区別するために引かれているラインで、 線の内側=歩道です。 よって排気量等関係なく、通行してはいけない 場所です。 一方、独立した歩道がある場合に、車道の端の方に 白の実線で引かれているのは「外側線」といい、 路側帯とは全く異なるものです。 単に車が通るべき 場所を示す目安のための標示で、走っても 違反ではありません。

次の

西北ネパール・フムラの端っこ、キ(ナルバルゲン・カルカ)はどこ?

ガードレール 端っこ 名前

誰もが普通に目にしている物です。 日テレではわざわざ「端っこ」とテーマを作り、 4っつほど紹介していました。 当たり前ですが、それぞれに名前が付けられていました。 「アグレット」 「ソクパス」 「袖ビーム」 「バック・クロージャー」 ??? 何だかわかります? 私にはチンプンカンプンでしたが、 今は日テレさんが知識を増やしてくれました。 「アグレット」 靴ひもなどの端っこを言うんだそうです。 意味はわかっていますよね。 紐がばらけないようにしたり、 靴穴に通しやすくするためですよね。 何だか難しいネーミングがあるんですね。 (同じ理由で、ロープの端っこを編み込んだり、焼いたりもしたことがあります。 ) 「ソクパス」 靴下を止めてあるアルミの金具を指すようです。 靴下は手作業で止めているようですよ。 アルミのため、止め安かったり外し安かったり、 微妙な堅さが好まれているようです。 大量にプレス加工している様子も放映されていました。 (再利用なんて全くしてはいませんね。 ペットボトルのフタやプルタブは集めていたけど…。 ) 「袖ビーム」 ガードレールの端っこの曲がった部分だそうです。 安全性を高めるためだと言います。 確かに、衝突の際、ストレートでは危ないですよね。 (一般人でも4~5000円で購入できるそうです。 いらないよね!) 「バック・クロージャー」 パンの袋を止めるプラスチックの部品です。 使ってますよね。 どうして回りが凸凹していると思います? …? 単純に製品を作る時の便利加工だと言います。 連結された製品を1っこ1っこに離し安いと言うことです。 (私たち消費者には関係ありませんでしたね。 ) 日テレのサイトでは、6年も前に「端っこ」と言うテーマでアップしていました。 少し内容は違いますが、 明日になると忘れてしまう名前かも知れませんが、 役立てては使っていると思います。 (感謝すべきですね。 ) ところで愚痴も聞いて下さい。 お菓子袋やダイレクトメールなど、 開けにくかったことはありませんか? ハサミを使えばいいのですが、 商品によっては様々な工夫がされています。 (名前は知りません。 ) 密封パックなんてのを使用している商品もあります。 (残った物を再保存することができますよね。 ) 物を作り販売する会社のポリシーがわかるような気がします。 なぐべく、人生の「端っこ」にいる年寄りにも、優しく接して下さいね。

次の