あじさい ドライ フラワー 作り方。 日本紫陽花(アジサイ)のドライフラワーの作り方 必ず成功する裏技編

柏葉あじさいのドライフラワーの作り方

あじさい ドライ フラワー 作り方

ドライフラワーに向く花 どんなお花もきれいにドライフラワーになるわけではありません。 せっかくドライフラワーを作ろうと生花を買ってきても、色が変わったり縮んだりすることもしばしば。 そこで、まずは、ドライフラワーに向いているお花をご紹介します。 水分の少ない花 今回作ったドライフラワーは全てドライフラワー作りに向いています。 左上から時計まわりに スターチス 千日紅 クラスペディア エリンジウム カスミソウ エリカ ユーカリ ポイントは水分の少ない花。 写真でわかるとおり、スターチスのパープル、千日紅の濃いピンク、クラスペディアの黄色など、生花の状態とほぼ同じ鮮やかな色がドライフラワーになっても残っています。 スターチス、センニチコウ、カスミソウはスーパーの花コーナーでもよく見かける花。 センニチコウ、エリカ、ユーカリはお庭で育ててる方もいらしゃるのではないでしょうか。 まずは、手軽に入手できる植物からトライしてみるのもいいですね! ネイティブフラワー また、 ネイティブフラワー(別名 ワイルドフラワー)といわれているオーストラリアや南アフリカ原産の植物もドライフラワーに向いています。 キングプロテア リュウカデンドロン ピンクッション セルリア バンクシア カンガルーポウ ワックスフラワー 写真の白い花) これらの花は、ほとんど失敗することなくドライフラワーを作ることができます。 その他に・・・ バラ バラは、生花と同じ色にはなりませんが、ドライフラワーに向いている花です。 このバラはベランダで鉢植えで育てている「イヴピアッチェ」というバラ。 ウェディングで人気のバラなのでご存じの方もいらっしゃると思いますが、フレッシュなお花の色は濃いピンク、フューシャピンクです。 毎年、ドライでも楽しむのですが、だいたい写真のようなきれいなボルドー色になります。 あじさい アジサイは水分の少ない種類のものがドライフラワーに向いています。 梅雨時に咲くきれいなピンクやブルーのアジサイは水分が多いアジサイなので、ドライフラワーには向きません。 7月以降、色が秋色の変わり始めた 秋色アジサイといわれているものや、 アナベル、 ミナヅキという種類のアジサイは水分が少なく、ドライフラワー作りに向いています。 ドライフラワーにするタイミング 生花を用意したら、しばらく生花で楽しんでからドライフラワーにできたら2度楽しめますよね。 でもきれいにドライフラワーを作りたいと思ったら、これは厳禁! お花屋さんでお花を買ったらすぐに お庭でお花を摘んだら、水揚げし終わったらすぐに ドライフラワー作りにとりかかるのがベター。 お花屋さんで買ってきたお花が元気がなかったら、まず水揚げをして元気な状態にしてからドライフラワー作りを始めます。 新鮮な状態でドライフラワーにすると、色がきれいに出て、花が長持ちします。 ドライフラワーの作り方 作り方は簡単! いくつか方法があるのですが、今回は、「吊るすだけ」「飾るだけ」の簡単な方法をお伝えしますね。 ハンギング法 まずは、ただ吊るすだけの方法 麻ひもや輪ゴムで植物をまとめ、フックなどにひっかけて吊るすだけ。 アイアンのフックは、100均の ダイソーの商品 アイアンインテリア ハンギングフック サークル アンティーク風なので、吊るしている間もインテリアとして楽しめます。 こちらは、 セリアの ワイヤーネットと フック フックに奥行があり、お花と壁の空間ができるので、壁に直接植物がつかないのがいいですね。 ご自宅で、吊るせる場所を探してみてくださいね。 ドライインウォーター法 これは、手軽で簡単!お花を飾るだけ。 ポイントは、花瓶のお水を少なくすること。 少しずつ水分を抜いていきます。 生花を楽しみながらドライフラワー作りができるのですが、ドライになる間に茎が曲がったり、花の形が変わってしまうことがあるので注意が必要です。 このスターチスもアジサイも、花瓶に挿したまま、きれいにドライフラワーになりました。 水分の少ない植物を選ぶと失敗が少ないと思いますが、吊るす方が成功率が高いと思います。 ドライフラワーを作る場所、季節 吊るしたり、飾る場所は、風通しがよく、湿気の少ない場所、直射日光が当たらない場所が適しています。 秋冬は乾燥しているのでドライフラワー作りに適していますが、夏の室内も冷房で乾燥していることが多いので適しています。 今回ご紹介したドライフラワーは全て、夏~秋に作ったものです。 まとめ きれいなドライフラワーを作るポイントは ・水分の少ない植物などドライフラワーに適した植物を選ぶこと ・できるだけ新鮮な状態で作り始めること ・短時間で水分を抜くこと(風通しがよく、湿気の少ない場所で作る) です。 ドライフラワーは、作っている過程、色や形の変化を観賞するのも楽しいですし、きれいにドライフラワーができた時は嬉しいものです。

次の

日本紫陽花(アジサイ)のドライフラワーの作り方 必ず成功する裏技編

あじさい ドライ フラワー 作り方

スポンサードリンク アジサイのドライフラワーって素敵ですよね。 私もバラやカスミソウをドライフラワーにしたことはあるんですよね。 バラやカスミソウなどは、束ねて涼しい場所に吊るしてれば 何もしなくてもドライフラワーになりました。 こんな感じで紫陽花もできるのかな? それともドライフラワーに適した品種とかあるのかな?… アジサイについては全くの素人! 興味もあったので、調べてみることにしました。 初心者でも失敗しない確率が高い品種や方法などを まとめてみましたので参考にしてみてください。 ドライに向いているのは、花弁が厚くて硬めのもの。 秋色アジサイと呼ばれるものを使うと成功しやすいそうですよ。 全てのアジサイがドライに出来るとは限らないようなので 秋色アジサイを使ってドライにすると失敗しないかもしれません。 秋色アジサイはアジサイの品種ではなく、退色したアジサイの事なので、 秋に咲くアジサイでもないんですよね。 人気の秋色アジサイは品種改良されたものも多くあります。 アナベルや、西安(セイアン、シーアン)、カメレオン、フェアリーアイ、グリーンシャドウ、水無月 などですね、とても奇麗に退色をします。 その中の「アナベル」という白いアジサイをご存知でしょうか? アナベルは、直径約20㎝の手まり状の花を咲かせます。 また、栽培も比較的簡単なので、園芸初心者の方にも管理しやすい品種と言えます。 「西安」は、3か月の期間をかけて、ゆっくりと花の色を変えていきます。 「西安」は花持ちが大変よく、赤系ピンクからくすんだ色になり緑色へと、 さらに紅色へと変化していき、秋まで花が楽しめるアジサイです。 「アナベル」や「西安」のいずれも、 花を愛でたあとはドライフラワーとしても簡単にできるとして 人気のアジサイだといわれています。 切り取る時期を間違えないなら、家の涼しい場所に吊るしておくだけで できるそうなので、初心者にはおススメです。 一方、秋色アジサイと違って、水分が多い日本アジサイは 吊るすだけでは簡単にできないみたいなんです。 花びらがチリチリになってすごく縮んでしまうんだそうな… 絶対に成功したいのであれば、アナベルや西安などの秋色アジサイをおすすめします。 もともとアジサイって水分が多いので 雨の時期には収穫しない方がいいそうです。 水分の多い日本アジサイは、 晴れの日が続いた晴天の日に収穫するようにします。 また、アナベルは色が変化していくアジサイなので、 ドライで使いたい色の時に収穫する必要があります。 もし、そのタイミングを逃がすと自分の欲しかった色と違ってしまうので そこのタイミングがポイント。 梅雨が終ると夏の強い陽射しと乾燥でアナベルの白い部分が緑に変わってきます。 咲き終わりの 花がグリーンに色付いてきて、花びらが肉厚になった時ですね、 この頃が水分が少なくなってドライには丁度いいみたい… アナベルの真っ白い花色がきれいなのでそこをドライにと思っても、 水分の多い白い花の間に切ると、 花はクシュクシュになってきれいなドライになりません。 アナベルの場合、白い またはピンクの ドライはあきらめて、 花がグリーンに色付いてきて、 花びらが肉厚になった枯れ際を見計らい収穫するようにしましょう。 作り方は次のように色々あるようなので自分のやり方で作ってみてくださいね。 1、車の中に放置する 茎が茶色くなった枯れ際をねらい、 7月の季節の昼間の車の中は凄い暑さなので、1日で一気に乾燥して、 簡単にドライフラワーになるそうです。 できれば丸い形を作るためにも、つるしておく方が綺麗に仕上がっていいみたい。 ぜひチャレンジしてみてください 2、吊り下げ(ハンギング) 吊り下げるだけでもドライフラワーが出来ますが 家のどこにつりさげたらきれいにできるのかな? 室内の湿度が80%有るとドライフラワーを作るには厳しいとされていて 適温は60~70%が一番良いようです。 直射日光の当たらない、風通しの良い場所に吊るし 扇風機や除湿機 乾燥機 があるならば弱めの風を何時間か送り続けます。 これだと早ければ1日で出来ますが、かかっても2~3日くらいで ドライフラワーの出来上がりです。 エアコンの風向口付近に吊るすのも。 部屋にエアコンドライ 冷房可 をかけてよく風が通る所に下げるようにします。 3、ドライ・イン・ウォーター法 普通ドライフラワーを作る時には、逆さに吊るして乾燥させますが アジサイはこうすると、花びら(ガクですが)が、閉じたようになってしまうんです。 そこで、ドライ・イン・ウォーター法を使ってみましょう。 切った茎の断面がほんの少し水に当たるくらいの水位で花瓶に挿して、 ゆっくり乾燥させてゆく方法です。 そうですね、7月初旬頃、 水分が抜けてカサカサしている花できれいなものを選びます。 適当な長さにカットして水を入れたビンに挿しておくと 1~2週間でカラカラになるので逆さまに吊って完全乾燥させてできあがりです。 咲いたばかりの花は 水分が多すぎるのでどうやっても花が縮れてしまいます。 根気良く美しいカサカサ花を探すのがコツです。 また、切り取ったアナベルを水を入れたコップ(縦長コップ)の中に入れて、 1時間くらい水を吸わせてから、空のコップに立てておくだけでもOK! 水に入れた時に既に頭が垂れてきたら、 吊るす方法に切り替えるといいみたいです。 水分の少ない花びらをもつアナベルや西安などの 「秋色アジサイ」が特に向いている方法だそうですよ。 4、シリカゲルを使う あの丸い形をキレイに残すなら、さかさまに吊るすよりも、シリカゲルという 乾燥剤を利用してもいいでしょう。 シリカゲルは吊るして作るドライフラワーに比べ、 お花も色もキレイに残すことが可能! やり方は簡単で、漬け物を付けるようなイメージですね。 密閉できる容器にシリカゲルを敷き詰めて、その中にお花を入れていきます。 花を包み込める大きさの袋でもOK! ドライフラワー用のシリカゲル(1キロ1500円前後)は 手芸店やハンズでも販売されています。 水分を吸うとシリカゲルは青から薄いピンク色になるので、 それがひとつの目安になるのだとか。 だいたい1週間~2週間ほど… 乾燥後、新聞紙を敷きしずかに花を取り出します。 花びらがもろくなっているので注意してくださいね。 大きな花など1回では十分に乾燥できない場合は、 2度、3度と同様の手順で乾燥させていきましょう。 アジサイを乾燥させるのには大量(3キロ以上)のシリカゲルが必要ですが シリカゲルは何度も再利用ができるので、 長い目でみればコストはかからないんじゃないかなと思います。 あとアジサイはとても水揚げの悪い花ですので、乾燥させるとはいえ出来るだけ イキイキしてるものを選ぶといいといわれています。 ブルーのものは色もある程度残りますが、 紫や赤っぽい色のものは退色しやすいので注意が必要なんだそう。 きれいにドライが出来たら早速飾ってみましょう。 まとめ 紫陽花をドライにする時は花が硬くなってきたり、色がくすんだりして終わる寸前のものを使います。 ドライフラワーに最適な花は、アナベルや西安などの秋色アジサイが初心者さんには簡単にできるのでおススメ。 車の中やシリカゲル、ドライ・イン・ウォーター法、つりさげなど自分の好みで頑張ってみてください。 ステキなドライができたらいいですね。 ご訪問ありがとうございます。 美味しいもの、きれいなもの大好きなシニア主婦です。 働き者の夫と出戻り息子の3人暮らし。 世の中の気になったことや疑問に思ったこと、話題になったことなどを備忘録も兼ねて書いています。 出身地:長崎 現在地:大阪のはずれの田舎町 趣味:投資信託 500円玉貯金 即捨離 映画鑑賞 最近の投稿• よく読まれている記事• アーカイブ アーカイブ 最近のコメント• に kanauyo より• に 茶沢山 より• に kanauyo より• に Mayu miya より• に kanauyo より カテゴリー• 264• 406• 231• 30 メタ情報• Copyright C All Rights Reserved.

次の

紫陽花のドライフラワーの作り方

あじさい ドライ フラワー 作り方

紫陽花のドライフラワーを綺麗に飾りましょう 家のお庭で綺麗に咲いた紫陽花をドライフラワーにして、 花が終わった後も楽しめたらいいですよね。 綺麗に飾れるアイテムやアイデアを、いくつかご紹介したいと思います。 紫陽花の綺麗なドライフラワーの作り方 紫陽花は水に挿したまま、 少しずつ乾燥させるドライ・イン・ウォーター法が向いています。 生花を楽しむようにただ水に挿しておくだけで良いのでとても簡単です。 少量の水をコップや花瓶に入れて、1〜2週間そのまま挿して乾燥させます。 ドライフラワーにはカシワバアジサイ、アナベルなどが向いていますよ。 7月の終わりから8月初旬に切り取ってドライフラワーにするのがおすすめ。 とても簡単なのが、秋まで咲かせていた紫陽花を切り取ってドライフラワーにする方法。 すでに乾燥し始めているので、 何もせずそのまま乾燥させることができますよ。 より詳しい紫陽花のドライフラワーの作り方は、 下記の記事で紹介しています。 逆さにぶら下げて乾かしている時から、もう既に飾っている感じです。 では、いくつかアイテムをご紹介しますね。 ただ麻ひもでっくくって吊るすだけ 紐でくくって、押しピンで壁に留めるだけという簡単な飾り方。 リースと一緒にすると、可愛さが増しますね。 リースにする 紫陽花だけのリースはシンプルでボリュームたっぷりで素敵です。 全体に付けなくても、一部だけ3個ほどつけるのもお洒落な感じになりますよ。 リースはを使ったり、 野山で見つけた木の枝を使って作ったりするのもいいですね。 こちらは、紫陽花とバラ、木の実など色々混ぜてリースにしたもの。 こちらも華やかで素敵ですね。 ジョーロやおしゃれな缶などに飾る ブリキの缶や、おしゃれなジョーロにポンと入れるだけ。 さりげなさがいい感じです。 ただ、机の上にさりげなく置くだけ ひとひらだけを机の上に置いてみるのもいいかな。 アンティークな綺麗な陶器に飾る アンティークな陶器に飾るだけでも素敵です。 木箱にアレンジして飾る 木の箱やお菓子の入っていた綺麗な箱にアレンジすると、お洒落な雰囲気になりますね。 たださりげなく置いてリボンをかけてみる ニッチなどのスペースにそのまま置くだけ。 周りには明るい色合いのドライフラワーをおくと華やかさがアップしますね。 紅茶のポットに飾ってみる 紅茶のポットもこんな風に使うとセンスがキラリと光りますね。 ゲストをお迎えの時にテーブルの上に飾ると、 素敵なおもてなしにお客様も喜ばれることでしょう。 英字新聞やワックスペーパーで包む ワックスペーパーや英字新聞でラッピングしてレースのリボンをかけるだけ。 玄関やお手洗い、リビング等どこにでも置けるアイテムです。 ガラスのプレートに飾る こんな涼しげな色の紫陽花は透明なガラスの器が似合いますね。 特別な器でなくても、さりげない感じがいい感じですよね。 帽子に飾ってみる もう被らなくなってしまった帽子もこんな風に飾ると生き返りますね。 可愛らしくて優しい雰囲気になります。 無機質な器に飾る こんな冷たい雰囲気の器に飾ると、シックな大人っぽい雰囲気になりますね。 クールな感じにしたい時はこんな器を選ぶといいですね。 カゴやカゴバックなどに飾る 頂きもののお菓子などが入っていたりするカゴ。 捨てれなくて置いていたりしませんか? 私はもったいなくて捨てることができずに、ドライフラワーを飾ったりしています。 カゴバックにポンと入れてお部屋に置いておくだけでもお洒落ですね。 写真の奥に見えているような可愛いほうきに、 ドライフラワーを飾りつけてお部屋のインテリアにするのもおすすめです。 綺麗なガラス瓶に飾る 綺麗な空き瓶も捨てずに花瓶に使うといいですね。 ここでは紹介しませんでしたが、 などもシンプルで素敵なのでおすすめです。 他には、麻布に包んでみたり、写真フレームや額縁に飾るのも素敵です。 ドライフラワーを飾るのに必要な小物 ドライフラワーをただ花瓶に飾るだけなら必要のないものですが、 リースを作ったりアレンジしたりするときにあると便利なグッズです。 速乾性の接着剤:スポンジに花材を挿す時、ベース作りをするときに花材を固定させるのに使います• :テーピングのときに使います。 花や葉に巻きつけて使う。 ワイヤー処理を自然に仕上げます• :型崩れを防ぎ、防水効果もあるので仕上げに使うとよい• ハサミ、剪定ばさみ:花材やワイヤーを切るのに使います• :花材を挿すボディとして使います• :丸型や角形があり、リースボディとして使います• :電気の熱でプラスチックグルーを溶かし、溶けた液で瞬間的に接着する道具 ドライフラワーの起源 ドライフラワーの起源はいつだったのでしょう。 正確にはどれという定説はないようですが、 ブラジル原産のスターフラワーと言われています。 ドライ素材として、「ヒガサギク」がフランスで16世紀後半に、 1629年にギリシャで「ヘリクリサム・オリエンターレ」が入りました。 日本では1695年の記録に 「千日紅を陰干しすると冬の花のない時期に重宝する」とあります。 魔除け紫陽花のお守り ちょっと話が逸れてしまいますが、魔除け紫陽花のお守りというものがあります。 兵庫県相生市若狭野町というところにある、 「あじさい神社」と呼ばれて親しまれている神社があります。 そこでは、紫陽花をドライフラワーにしてお守りにして販売しています。 こちらのものを買わなくても、 ご自分で作られたドライフラワーをトイレなどにぶら下げると、 婦人病にならないと言われていますよ。 また、こうした神社だけでなく、 紫陽花のドライフラワーは様々な場所で販売されています。 アイデア次第でたくさんの飾り方ができますよね。 今回は紫陽花をピックアップしてご紹介しましたが、 いろんなお花をドライフラワーにして紫陽花と組み合わせてみるのもいいと思います。 あなただけの素敵な飾り方でドライフラワーを楽しんでくださいね。

次の