返信をありがとございます 英語。 ご対応ありがとうございますの英語|ビジネスメールでも役立つ12例文

返信に関する英語を覚えよう!4つの場面でのフレーズを紹介

返信をありがとございます 英語

英語で失礼な間違いの指摘をしていませんか?ビジネスメールで指摘するときのおすすめの言い方はこれ! 英語で間違いを指摘するときに、失礼な言い方をしていませんか?ネイティブは実はカチンときている言い方や、英語で丁寧に間違いを指摘する言い方をご紹介します。 You made a mistakeは失礼?! 間違いを指摘するときに 一番タブーな言い方は、 「You」を主語にした言い方です。 「You」を主語にすると、 間違えた相手を非難するニュアンスがとても強くなるので、 ゼッタイに避けてください。 「You made a mistake」のニュアンスは、 「あんたが間違えた」という感じで、相手を少し非難する感じになります。 こんな風にいわれたら誰だって不愉快ですよね。 「wrong」の「間違っている」という意味は、どちらかというと、「不正解」という意味に近いので、「You are wrong」は、クイズ番組で不正解になったときに使うイメージです。 ビジネスメールでも使える!英語で間違いを指摘する言い方は? 間違いを英語で指摘するときは、「You」を主語にしません。 「You」を主語にすると、相手を責めている表現になりますので注意が必要です。 英語での上手な間違いの指摘の仕方は、 主語を「It」や 「間違い(An error)」にして、動詞は 「~のようだ」という意味の「seem」( シーム) や「appear」(ア ピア)を使います。 こうすることで、 直接的な表現を避けてやんわりと「間違っているようです」という言い方をするのが、失礼にあたらない丁寧な英語での指摘の仕方になります。 「間違い」を表す英語として、日本人には「mistake」(ミス テイク)のほうがなじみがありますが、間違いを指摘するときには、 「意図しない」間違いを意味する 「error」( エラー)のほうが、より やんわりと指摘している印象を相手に与えます。 It appears that some errors were made in the sales figures somehow. It seems that some errors were made in the sales figures for some reason. どういうわけか売上高に間違いがあるようです。 この場合の「どういうわけか」は、 「あなたのせいで はないと思いますが」というニュアンスで、 相手を非難する気持ちがないことを暗に表しています。 決して文字通りに理由がわからなくて、「どういうわけか」と言っているわけではありません笑 この「どういうわけか」は、相手を思いやる気持ちからきているんですね。 英語独特の表現なので、知らないと戸惑う日本人も多くいると思います。 間違いを英語で指摘するときは、「直接的な表現を避けて、 や んわりと伝える言い方が丁寧な言い方になる」ことを覚えておくことがポイントです。 メールの添付ファイルが間違っているときに英語で指摘するときはどう言うの?ビジネスでも使える言い方はこれ! メールの添付ファイルが間違っていたり、添付されていなかったことを英語で指摘するときも同じように、直接的な表現は避けてやんわり伝えます。 間違った添付ファイルが送られてきている ようです。 「afraid」(アフ レイド)は、 「~ではないかと思う」という意味の形容詞です。 「It seems」を使った言い方は、「the wrong attachments were sent to us」について「~のようです」という言い方をしているので、 「間違った添付ファイルが送られてきた」ことに対して「確かではないですが」という意味になり、相手を非難する度合いがかなり薄れたやんわりとした言い方になります。 つまり、一番丁寧な言い方になります。 ご参考までに、添付ファイルもれの場合には、次のようになります。 あなたのメールにはどういうわけか添付ファイルがなかった ようです。 間違いを指摘してくれてありがとうは英語でどう言うの?よくビジネスで使われているスマートな言い方はこれ! 間違いを指摘されたときに、「ありがとう」と伝える表現についても、合わせて簡単に触れておきます。 日本人が思いつくよく使われている言い方は、 「指摘する」という意味の動詞句「point out」( ポイント アウト)を使った言い方だと思います。 例文 Thank you for pointing out. ご指摘ありがとうございます。 うしろに、 「間違い」という意味の名詞の「error」( エラー)をつけて、 Thank you for pointing out the error. 間違いのご指摘ありがとうございます。 ということも、もちろんできますが、「ご指摘」といっている時点で、「間違い」を指摘されたことはお互いに分かっているので、省略しても大丈夫です。 わざわざ言わないほうがスマートです。 英語独特だなぁと思った表現は、 「~に気づく」という意味の他動詞「spot」を使った表現です。 例文 Thank you for spotting. ご指摘ありがとうございます。 「Thank you for spotting」は、直訳すると、「気づいていただき(spotting)」「ありがとうございます(thank you for)」という意味です。 「ご指摘ありがとうございます」の意味でよく使われます。 あと、以前のアメリカ人の上司がよく使っていた表現が、 「Good catch」( グッド キャッチ)というものです。 直訳すると、「よく(good)」「みつけた(catch)」という意味です。 文書などの間違いを見つけることを「good catch」といいますが、なかなか日本人には使えない表現ですよね。 以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!!.

次の

「ご連絡ありがとうございます」の意味と使い方、返事の仕方、英語表現を解説

返信をありがとございます 英語

社外のクライアントへの「承知しました」• 自社の上司への「承知しました」• 同僚に対しての「了解」 社外のクライアントに「承知しました」と英語メールを送る場合 英語のビジネスメールを送る相手は、社外の人であることが多いのではないでしょうか。 相手が社外の人やクライアントだった場合、「OK」という返事だけでは簡素すぎてNG。 ビジネスメールの場合もう少し丁寧に返信する必要があります。 まずは、社外のクライアントに「了解しました」「承知しました」の意味を含むフレーズを確認していきましょう。 想定資料を受け取ったことの返事、依頼メールに対する返事、日程確認の返事のように、ビジネスメールのシーンごとに詳しく解説していきますね。 We have received your document. 「 We have received your document」は、相手から資料やデータなどの添付資料をもらい、「確認しました」と言いたいときに使えるフレーズです。 「document」は資料や記録という意味です。 複数の資料の場合は「documents」と複数形にするようにしましょう。 Duly noted. (承知いたしました)• Noted with appreciation. (承知いたしました)• Certainly. (了解しました) 「 Noted with appreciation」は感謝の気持を込めて「承知しました」と言いたい時に使えるフレーズです。 日本語で言う「敬語」で「了解しました」「承知しました」を言いたいときに使えるフレーズです。 社内の上司に英語メールでフォーマルに「了解しました」「承知しました」と伝える場合 社内の上司相手に、英語のビジネスメールを送る事がある人もいるのではないでしょうか。 「了解しました」「承知しました」といった了承の旨を上司に伝えるフレーズを紹介します。 日本語の「丁寧語」のように、少しだけカジュアルな返答です。 Noted. Okay. Understood. Got it. No problem. Sure thing. It's fine これらはいずれも「了解」を示す英語フレーズです。 メール相手との関係性がカジュアルになるほど、口語のような英語フレーズをメールに用いるようになります。 相手が間違えてメールを送ってきた場合の英語フレーズ あまりないケースではありますが、メールの誤送信について相手が謝罪メールを送ってくる場合の英語フレーズを紹介します。 下記のような英語フレーズで返信して、相手を安心させてあげましょう。 OK, no problem. 「大丈夫だよ」という意味の英語フレーズ「OK, no problem. 了解の言葉の後に、相手を安心させる英語フレーズをつけるだけで、優しくて好印象なビジネスパーソンのイメージを相手に抱かせます。

次の

「ご連絡ありがとうございます」の意味と使い方、返事の仕方、英語表現を解説

返信をありがとございます 英語

目上の人に使える?「ご連絡ありがとうございます」の意味と使い方 「ご連絡ありがとうございます」は、連絡をもらったことに対してのお礼を述べる表現です。 「ご連絡」の「ご」は敬語を表す接頭語です。 「ご」は尊敬語にも謙譲語にもなります。 例えば「ご連絡ください」といったように相手に行為に対して使う場合の「ご」は、尊敬語になります。 一方で「ご連絡します」といったように自分の行為でも目上の人に対する行為に対して使う場合の「ご」は、謙譲語になります。 このように「連絡」に接頭語「ご」が付く場合は、基本的にどちらかに当てはまります。 「ご連絡」の「ご」は使い方次第で尊敬語にも謙譲語にもなります。 「ご連絡ありがとうございます」は主に、ビジネスメールや電話などで使う表現です。 ビジネスメールでの「ご連絡ありがとうございます」の種類 ビジネスメールでの「ご連絡ありがとうございます」の使い方を紹介していきます。 お忙しい中ご連絡ありがとうございます 相手が忙しい中、連絡をしてもらったときに使う言い回しは、 ・お忙しい中ご連絡ありがとうございます ・ご多忙の中ご連絡ありがとうございます ・お忙しい中ご連絡いただきまして、誠にありがとうございます ・お忙しいところご連絡くださり、ありがとうございます ・ご多忙中にもかかわらずご連絡いただき、誠にありがとうございます となります。 「お忙しい中」は、相手が忙しくしていることを推測される場合に使います。 また「ご多忙の折」「ご多忙の中」などと言い換えることもできます。 目上の人に対しては、少々堅い表現の「ご多忙の〜」を使用するのが良いでしょう。 早速のご連絡ありがとうございます 相手からの連絡が早くもらいたい状況で、すぐに連絡がきたときに「早速のご連絡ありがとうございます」という言い回しを使うことができます。 「早速」は、「行動や対応が素早いこと」を意味しています。 また「早速」ではなく、「早々のご連絡ありがとうございます」と言い換えることもできます。 「早速の」「早々の」を付けることによって、敬語としてより丁寧な印象を与えられます。 早朝にもかかわらずご連絡ありがとうございます 相手から勤務時間外に連絡をいただいたときに、「早朝にもかかわらずご連絡ありがとうございます」と使うことができます。 「早朝にもかかわらず〜」と前に付けることによって、単に「ご連絡ありがとうございます」というよりも丁寧な印象を与えられます。 他にも状況に合わせて、「休日にもかかわらず」「休暇中にもかかわらず」「夜遅くにもかかわらず」と使うことができます。 わざわざご連絡ありがとうございます 連絡を必要としている用件でなくても、相手から連絡をいただいたときに「わざわざご連絡ありがとうございます」と使うことができます。 「わざわざ」の意味は、 ・そのことだけのために、特に行うさま。 特別に。 とりたてて ・ことさらに。 故意に。 わざと となります。 「わざわざご連絡ありがとうございます」といった場合は「そのことだけのために、ご連絡していただき〜」といったニュアンスになります。 「わざわざ」を使用する際は気をつけましょう。 「連絡」と「ご連絡」の使い分け 目上の人に対しては「ご」を付けて「ご連絡」とするのが正しいです。 例えば「連絡ありがとうございます」といっても間違いではありません。 ただ上司や取引先など目上の人に対して「連絡ありがとうございます」と言ってしまうと少し軽い感じになってしまいます。 ですので、目上の人に連絡してほしいことを伝えるときは「ご連絡」とします。 自分から連絡することを伝えるときは「連絡」が適切な感じがしますが、 自分に対しても「ご連絡」とします。 この場合「連絡」ではなく「ご連絡」にする理由は、自分からの連絡を受ける相手に敬意を示す必要があるからです。 連絡する側か受ける側かに関係なく、敬語表現は「ご連絡」にすると覚えておきましょう。 ただ、同等や部下など敬意を払う必要はない相手にだったら「ご」を付けずに「連絡」とするのが適切です。 その他の「ご連絡」を含む表現 ご連絡お願いします 「ご連絡お願いします」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「ご連絡お願いします」は正しい敬語表現ですが、少々敬意が低い言い回しになります。 「ご連絡お願いします」は敬意が低い言い回しのため、目上の人にはなるべく使わず、同等や部下に対して使用するようにしましょう。 ご連絡お願いいたします 「ご連絡お願いいたします」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「いたす」=「する」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 いたします」は、一般的に相手への敬意を払い「〜します」「〜させてもらいます」と自ら率先して相手のために何かをする、という意味合いで使います。 「ご連絡お願いいたします」は、謙譲語が二つ含まれているので二重敬語になります。 二重敬語ですが、 「ご連絡お願いいたします」は慣習的によく使われる表現です。 「ご」を付けずに「連絡お願いいたします」としても、丁寧でビジネスシーンに適している表現になります。 ご連絡くださいますようお願い申し上げます 「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」は、 ・「ご」=尊敬語 ・「くださる」=「くれる」の尊敬語 ・「ます」=丁寧語 ・「申し上げる」=「言う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」は、「ご連絡をくれるようにお願いする」という意味になります。 尊敬語は、自分より立場が上の人に対して、その人がする動作を高めて使う言葉で、主語は相手になります。 「くださる」の主語は相手になるので、「ご連絡くださいますよう」は正しい使い方になります。 「ご連絡くださいますよう」は何かに対して理解を求める表現なので、後ろに続く言葉としては、「お願いいたします」や「お願い申し上げます」などとするのが適切です。 ただ、「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」は少々くどい表現なので使用する際は注意しましょう。 後ほどご連絡申し上げます 「後ほどご連絡申し上げます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「申し上げる」=「言う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「後ほど」は「あとで」「しばらくたってから」という意味です。 「後ほどご連絡申し上げます」といった場合は、「あとで連絡します」という意味になります。 「後ほどご連絡申し上げます」は敬語表現ではありますが曖昧な言い回しなので、具体的にいつ連絡するか、連絡が遅れる理由などを補足するのが良いです。 ご連絡いただければ幸いです 「ご連絡いただければ幸いです」は、 ・「ご」=尊敬語 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 で成り立っています。 「幸いです」はビジネスメールなどで、相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「ご連絡いただければ幸いです」は、「連絡してもらえるとありがたいです」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」といった方が、柔らかい印象を与えます。 「幸いです」は軽いお願いのときに使用する言葉です。 何かを強くお願いするときは「お願い申し上げる」「していただけますでしょうか」と言い換える必要があるので注意しましょう。 お手すきの際に、ご連絡いただけますようお願い申し上げます 「お手すき」は「仕事の合間などで、手の空いているとき」を意味していて、仕事がひと段落したことを指しています。 「お手すき」は、「お時間のある時に」「ご都合のいい時に」などといったように、日にちを指定せず、あくまでも相手の都合に合わせるといった配慮を含む言葉です。 「お手すきの際に、ご連絡いただけますようお願い申し上げます」は、 「お時間のあるときに、連絡してもらうようにお願いします」という意味になります。 また「お手すきの際に」を使う場合は、前にクッション言葉「お忙しいとは存じますが」を入れるとより丁寧な表現になります。 ご連絡が遅くなり、申し訳ございません 「ご連絡が遅くなり、申し訳ございません」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「ございません」=「ありません」の丁寧語 で成り立っています。 「ご連絡が遅くなり、申し訳ございません」は、当初の予定よりも連絡が遅くなってしまったことを謝るときに使います。 自分が連絡するのを遅れてしまった場合には、しっかり謝罪をすることが大切です。 謝罪をするときは言い訳せずに、お詫びの言葉のみを送ります。 連絡が遅れた理由などは特に書く必要はないので気をつけましょう。 「ご連絡」の注意するべき表現 ご連絡させていただきます 「ご連絡させていただく」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「させて」=敬語ではない「する」の使役形 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 で成り立っています。 「させていただく」は、「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 「ご連絡させていただく」といった場合は、「図々しくて申し訳ないが、相手が許可してくれたから連絡する」という意味合いになります。 「ご連絡させていただく」という表現は、相手に自分が連絡することについて許可を得ていない場合は使うことができません。 そもそも「ご連絡させていただく」は謙譲語が2つ含まれているため、 二重敬語になります。 二重敬語は、相手に失礼な印象を与えたり、慇懃無礼と思われる可能性があるので使用する際は注意しましょう。 ご連絡差し上げます 「ご連絡差し上げます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「差し上げる」=「与える」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「ご連絡差し上げます」は 二重敬語になります。 正しくは「連絡差し上げます」とします。 ただ「連絡差し上げます」は適切な表現ですが、 「差し上げる」が「与える」「やる」という意味のため、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 例えば、「今日は都合が悪いので、明日にまた連絡差し上げます」といったように自分の都合に合わせて使用してしまうと上から目線に感じてしまいます。 「連絡差し上げます」は、相手の都合に配慮して連絡をする場合に使う表現です。 明らかに自分の都合で連絡をする場合に使うのは不適切になります。 「連絡差し上げます」は、相手にとってメリットがある場合にのみ使用するようにしましょう。

次の