数字 おもちゃ。 【楽天市場】おもちゃ > 知育玩具 > かず・計算:木のおもちゃ&ギフト ニコリ

数字のおもちゃの選び方!人気のおすすめ10選|cozre[コズレ]子育てマガジン

数字 おもちゃ

個人差は大いにあると思いますが、 2歳になり言語や理解力が発達してくると、 数字に興味を示したり、数を数えようとする場面が出てきますよね。 うちも、テレビの天気予報で気温が表示されたりすると、 「あ、2だ! あ、1もある!」とか 指差したり。 同じものがたくさん並んでいると、 「いっぱいあるー。 えーと、いーち、にー、さーん、しーち、くく、じゅー!」 (間違っているけど)と 数える真似っこをしたり。 あまり数を教えようと力を入れてきたわけではないのですが、自然とそういう場面も増えてきましたし、気がつけば、いつの間にか数字が学べるおもちゃが結構揃っていました。 うちの子供たちは、世間に自慢できるほど数字への理解が早いわけでもないかと思いますが、数字に対して苦手意識を持つことなく、伸び伸びと理解を深めている気がします。 そこで今回は、我が家で使っている 数字の おもちゃと、その 遊び方をご紹介していきたいと思います。 1個、2個も渡せる。 4個以上はわからない。 なんでうちの子供たちは3個まで数えられるのかなーと考えたら、多分いつも子供2人と私の3人で過ごしていることが多いからだと思います。 お菓子とか、ジュースとか、いつも3個用意して一緒に食べているので。 これが、双子じゃなく子供1人だったら2個までしかわからなかった気がするし、普段ワンオペじゃなく旦那さんが一緒に過ごす機会が多ければ4個まで数えられたのかもなぁ。。。 わたし的には、1〜10とか20までとか、 数字そのものをただ単に数えられるだけならあまり数字を覚える意味はないかなと思っています。 本当に大事なのは、 数字というものが、数を数える手段であることが解り、会話の中で数を使えるということかなと。 それができたら、子供に色々と頼めることも増えるじゃないですか! え!? それって、ただ単に親が横着したいだけって!? 」と言って、ちゃんと必要な数だけ取ってきてくれたら便利じゃないですか。 モンテッソーリ 木製積み木 これは、我が家にある一番「数字のおもちゃ」っぽい品です。 2歳の誕生日プレゼントに買いました。 対象年齢は3歳〜のようですが、数字の部分と丸や三角などの形の部分は型はめのパズルになっていて、 型はめパズルとしては1歳代から遊べると思います。 うちは、このパズルをやりながら、 「1はどれ?」「4ください」「6は何色ですか?」などと会話しながら遊んでいます。 このおもちゃのいいところは、真ん中に 数字と同じ数の輪っかが入れられる棒があるところです。 1のところには1個の輪っか、10のところには10個の輪っかが入れられるようになっています。 これにより、 数字=輪っかの数という数の理解を促すことができます。 多少の難点は、この輪っかが小さいので、結構家の中で見失います。。 特にうちは、この輪っかをままごと遊びでも使ってしまうので、ないなーと思っていたら、ままごとの鍋の中から出てきたり・・と、輪っかを見失う率は高いですね。。 でも、見た目もカラフルでかわいいし、5歳とかまでは使えるような気がしています。 アンパンマン レジスター• 合計金額やお釣り金額も読み上げてくれて、レジごっことして遊べる。 電卓モード・・・数字を押すと、「2+4は6!」など読み上げてくれる。 すうじモード・・・「5を押してね!」と問題を出してくれる。 計算モード・・・「2たす4は?」と計算問題を出してくれる。 読み上げたり問題を出してくれるのは、もちろんアンパンマンです。 モード2と4は、まだまだ2歳児には理解できませんが、 3の「すうじモード」は2歳児にちょうどいい難しさのようで、アンパンマンの問題に一生懸命ボタンを押して答えています。 ちなみに、「すうじモード」にもレベルが2段階あり、レベル1を全問正解するとレベル2になります。 レベル1は数字1〜9の1桁の問題なんですが、レベル2は10〜100の問題になるようです。 アンパンマンにはあと1年くらいで飽きるかもしれませんが・・モード2や4は計算問題なので、この先ももしかしたら 小学生くらいまで遊べる長持ちおもちゃになるんじゃないかなという予感がしています。 UNO 「えっ!? 2歳児にUNOは無理でしょ・・」と思うかもしれません。 はい、UNOをUNOのルールで遊ぶのは、もちろん無理です。。 ですが、 4色の色と0〜9までが描かれたカードが、2歳児の興味をそそるようです。 我が家には、たまたま家にディズニーのUNOがあったのですが、それを子供たちが見つけてきて遊びだしました。 色々遊び方はありますが、こんな感じで遊んでいます。 同じ色、同じ数字のカードを2枚ずつ3セットくらい集めて裏返して、 神経衰弱のように同じカードを見つける遊び。 母と娘と順番に裏返して競っています。 娘が持っているたくさんのカードの中から 「赤の4はどれですか?」など問題を出し、娘が見つける遊び。 娘が持っているたくさんのカードの中から 「これは何色ですか?なんの数字ですか?」と問題を出して娘が答える遊び。 同じ色のカードを 0から9まで順番に並べる遊び。 考えれば、遊び方はもっとあるかと思います。 ポイントは、これも 大人と会話をしながら遊ぶことですかね。 子供だけでは、あまり遊びが続きません。 でも最近は 私のマネをして、 「問題です。 赤の2はどれですか」「はい、これです」とか言いながら双子同士で遊んでいることもありますよ。 我が家のUNOはこれ。 おそらく買ってから15年以上は経っています。 これと同じUNOはもう販売していないようですが、調べてみるとキャラクターのUNOって結構あるみたいです。 お子さんの好みに合わせて購入してみてはいかがでしょうか。 UNO サンリオキャラクターズ 「数字に興味を持ち始めた子供たちに良い絵本はないかな」と本屋さんを訪ねた時に見つけた本なんですが、これ、めちゃめちゃ可愛いんです! シルバニアファミリーやドールハウスのような世界観の絵本で、大人も見ててワクワクキュンキュンしちゃいます。 そして、どうしてこれが「数字のおもちゃ」なのかというと、 各ページに1〜10までの数字が隠れているんです。 それが、大人も必死になって探さないとわからないレベルで、結構燃えますよ(笑)私も一緒になって1〜10まで順番に競い合いながら数字を探しています。 大人も子供も一緒に楽しめるオススメの絵本です。 まとめ 今回は「数字のおもちゃ」を4つ紹介させていただきました。 どのおもちゃも子供一人で数字と関わることができるものですが、 大人が一緒に会話をしながら遊ぶことで、より数字を理解できるように思います。 ぜひ数字のおもちゃをうまく活用して、数字の 知育を少し意識しながら、お子さんとの会話や遊びを楽しんでみてくださいね。

次の

【楽天市場】おもちゃ > 知育玩具 > かず・計算:木のおもちゃ&ギフト ニコリ

数字 おもちゃ

Contents• 1.3歳の知育玩具選びのポイント 3歳の知育玩具選びのポイントは3つです。 ポイント1 世界を広げる これまでの「自分とママやパパ」の狭い世界から友達や周りの人との関わりを意識し、触れ合う大切な時期です。 世界を広げるためにも知育玩具を通じて、気付きを与えていくことが必要です。 ポイント2 考える力をつける これから始まる教育・学習の大切な準備期間のスタートでもあります。 そのために自分で考える力を身に付ける知育玩具がこの時期には大切です。 ポイント3 創造性を引き出す 遊びながら創意工夫もしていくようになるのも3歳児の特徴です。 創造性を引き出すおもちゃもこの時期には大切です。 今回は、この3つのポイントを中心に、安心・安全で世界で認知されている3歳のお子さんにとって最適な知育玩具をご紹介していきます。 2.厳選した3歳の知育玩具 2-1.磁石のブロック マグフォーマー ベーシックセット62ピース テレビCMでもおなじみの、世界65ヶ国で話題の数字ブロック「マグフォーマー」です。 一般的なブロック遊びで育まれる力に加え、数学的センスや空間把握力、科学的思考など、「未来に向けて育みたい力」を刺激できるブロックとして、世界中の教育現場でも認められています。 瞬時にカチっとつながるスピード感が遊ぶ人を夢中にさせています。 平面から立体まで、2次元と3次元を行き来する作品づくりを、年齢に応じて楽しむことができます。 ベーシックセット62ピースは、正三角形・正方形・五角形のセットで基本の形だけで複雑で大きな構造物にまで発展します。 年齢に合わせて進化する遊び方ができるので、長く遊べるのも魅力です。 小学1~3年生までの算数でも、図形の理解を深めるための道具として活用できます。 子どもと一緒に、大人も夢中になって遊んでしまう面白さがあります。 動画はこちらをご覧下さい ブランド紹介 【マグフォーマー】(韓国) マグフォーマーは、アメリカで生まれ、日本を含むアジア、ヨーロッパなどにも広がっています。 各国へ届けるために、世界でも厳しいと言われる欧州の安全基準(CE)やアメリカの安全基準(ASTM もクリアしています。 子どもたちの学びをサポートするブロックとして、世界の教育現場でも高く評価されています。 2-2.ひも通し 透明ジャイアントビーズ(ひも通し) 半透明の大きめのビーズは、紐も太めなのでビーズに通しやすく、3歳頃のお子さまの指先遊びにぴったりです。 思った通りに手や指を動かすことは、視覚との連動、距離感、動きのコントロールなど、大人にとっては簡単なことでも子どもにとってはとても高度なことです。 指先の器用さや、想像力、集中力を養うことができます。 あそぶたびに前より上手にできるようになっていて、自分で成長、達成感を感じることができます。 ブランド紹介 【ジェグロ】(オランダ) ジェグロ社の商品は、シンプルなデザインで長く使えることが特徴です。 同じ「かず」に関する商品でも、子ども一人一人の特性に合わせて商品を選ぶことのできるような幅広いアソートがあります。 学校の先生の意見を取り入れながら商品開発をしており、実際の教育現場でも使われています。 透明ジャイアントビーズの他に、(4歳)・(5歳)などの知育玩具があります。 2-3.お風呂で遊ぶおもちゃ ラーニング・バスレター お風呂の壁にピタッと貼りつけて遊べます。 数字とアルファベットを楽しく学べます。 湯船にプカプカ浮かべて遊ぶこともできます。 AからZのアルファベット26コと、0から9の数字10コ、合計36コセットです。 バスタイムが楽しいお勉強タイムになりますね。 ブランド紹介 【マンチキン】(アメリカ) 1991年ロサンゼルスで創業し、世界45カ国以上で愛されるブランドです。 世界中の子育て家族が心から楽しめるグッズをいっぱい届けたいという想いで、商品開発をしています。 お風呂のおもちゃを中心に、バスタイムを盛り上げてくれます。 2-4.歯車のブロック カラフルギア イタリアのブランドらしいカラフルな色使いが特徴的なブロックとギアのセットです。 まずはブロックを組立てて、そこに歯車となるギア同士を噛み合わせるようにはめましょう。 ギアを上手く噛み合わせると、1つのギアを動かすだけで、全てのギアが連動し動きだします。 その発見と驚きに、子どもたちは大興奮します。 また、ギアの模様は、回転することでまた違った魅力を見せてくれます。 大人の方も思わず夢中になる面白さですよ。 動画はこちらをご覧下さい• COMMENT• 息子が赤ちゃんの頃1回目を買いました。 最初はただ長くまっすぐつなげるだけでした。 それだけでもひとつ回すと全部が回ることで夢中に。 その後複雑に組むようになり・・・そして買い足しました。 買い足すと大きなギアになり迫力満点です。 近所の児童館にはこれが壁一面に設置されておりすごい迫力です!そこまではできなかったけど・・・。 男の子にはたまらないおもちゃだと思います。 ブランド紹介 【ケルチェッティ】(イタリア) 1950年に創業して以来、子どもの興味を引き出し、創造性を育み、成長を助ける遊具を開発しているメーカーです。 どれもイタリアらしい鮮やかな色彩で、見ているだけで楽しくなるものばかりです。 教育現場を中心に世界中から支持され、ベスト教育玩具賞など、数々の賞に輝いています。 その理由は、教育的な観点と多彩な視点から開発・研究が行われていること、安全性が高く、高品質で長く使えることなどです。 一貫してイタリアの自社工場で製造するこだわりをもっています。 出展 ボーネルンド あそびのもり Vol. 46 P7 2-5.立体のパズル 知の贈り物 【賢人パズル】 「脳力」「知恵」をアップするエドインターの知の贈り物シリーズ(5種類)です。 幼児教室と共同開発した「考える」楽しさを知る、「考える」が好きになるおもちゃで、3歳から大人まで難易度別にレベル分けされた豊富な問題数のテキストブックで、ステップアップしながら長く遊ぶことができます。 その中の賢人パズルは、カラフルな7つのブロックを使って、さまざまな立方体を組み立てる立体のパズルです。 56種類の作品例を掲載したテキストッブックを参考に、柔軟に頭を使いましょう。 上級レベルは大人でも頭を抱えるほど難易度が高く、夢中で遊ぶうちに脳が活性化されます。 立方体が完成したときの満足感が繰り返し遊ぶ意欲を引出し、忍耐力と集中力を養います。 大人の方の脳の活性化にもつながりますので、ご家族みんなで楽しめますよ。 ブランド紹介 【エドインター】(日本) 幼児教室の設立をきっかけに1988年に誕生した会社です。 幼児教育の経験豊富な先生の生の声、お子さまの反応、保護者の方のご意見を活かして、本当に知育効果のあるもの、そして素材の温かみを大切にした木や布の知育玩具の開発に邁進しています。 日本における知育玩具のパイオニアです。 2-6.メモリーゲーム ファンラーニング マッチング・ペアーズ 複数の絵を見比べて、「同じ・違う」を認識すること、「記憶すること」は小さな子どもにとっては難しいことですが、フタを開けて見つけていくという「あそびの要素」を加えることで、楽しいあそびに変化します。 遊びながら楽しく色や形を見て、違いや共通点を見分ける認知力、物の位置関係を覚える記憶力を育てることができます。 これは、物を見分けて名前を覚えたり、人の顔や名前を覚えるなど、毎日の生活で必要な大切な認知能力です。 お友だちのお母さんを見分けられるようになってきた、楽しかった場面や場所を覚えているなど、記憶が続くようになったと感じた頃に、是非取り入れたいあそびです。 カードの図柄はかわいいイラストと写真の全8種です。 他に動物の木製ブロックも付いていて、低年齢にも認識しやすく多様なあそびができます。 【2種類の平面カードと木製ブロックについて】(難易度順) <木製ブロック> ブロックとして手に触れられることで、「同じ、違う、似ている、似ていない」という概念がもっとも伝わりやすいです。 全8種類、それぞれ2種類のモチーフが用意されていて、「色もかたちもまったく同じ」・「色は同じだが違う生き物」・「色は違うが同じ生き物」という3種類の分類ができるようになっています。 <写真カード> 毎日の生活で実際に目にするものと同じ、リアルな絵柄は子どもには認識しやすいです。 <イラストカード> デフォルメされたイラストレーションは「これは〇〇である」という認知が写真より難しいですが、親しみがあり、お話や関連の言葉など想像を広げやすいです。 ブランド紹介 【ナターン】(フランス) ナターン社は、フランスの学校で使用されるワークブックやドリルのような教材を発行する出版社として100年以上の歴史があります。 教科書だけでなく、目と手を使った体験を通して学びにつなげる遊具の開発も盛んに行われ、教育に携わる大人が一丸となって子どもの学びを応援しています。 マッチング・ペアーズの他に、(4歳)・(4歳)・(4歳)などの知育玩具があります。 2-7.お絵かき ファンラーニング 線でお絵かき!ピクチャー・ライン・アート お絵かきや文字に興味を持ち始めるころで、好きな絵や身の回りのものを描く「模写」を始めます。 しかし、自分の思った通りに表現できないのもこのころの特徴です。 「線」は、絵の輪郭や文字に繋がる表現方法です。 指でなぞる、ステンシルのように沿って輪郭を描いてみる、大きな円の中に小さな円を重ねてみるなど、シンプルな「線」を使った無限ともいえる表現を、楽しみながら親しむことができます。 見本カードの上に色と形が合うようにパーツを並べてみましょう。 絵柄を完成させていく中で、幾何学的なパーツが、時には顔のように見えたりお花に見えたり、様々な表現に使えることがわかります。 下絵を使ったあそびに慣れたら、真っ白な紙の上でお絵かきをするように線を使っていろいろなものを自由に表現してみましょう。 世界の実際のものには「輪郭」はありませんが、マンガの描き方のように絵を描くときには必ず輪郭を描きます。 このピクチャー・ライン・アートはその「輪郭によって物を描く」という認知力を体感を通して促してくれます。 ブランド紹介 【ロルフ】(オランダ) ロルフ社は100年以上の歴史を持つ、オランダでも有数の教育遊具メーカーで、ほぼすべての小学校でロルフ社の教育遊具が教材として使われています。 異年齢の子どもたちが同時に使えるよう、文字や数字での説明をできるだけなくし、3歳なら3歳なりに、6歳なら6歳なりの学びの発見があります。 ピクチャーラインアートの他に、(4歳)・(5歳)などの知育玩具があります。 2-8.磁石のパズル パズル・ワールドマップ マグネット式世界地図のパズルです。 92コのマグネットで世界地図を完成させます。 ひとつひとつのマグネットにはその国名や特長が、細かなディテールで描かれているので、絵で見て国の特徴を覚えることができます。 付属のヒモで壁に取り付けも可能なので、インテリアとしても使えます。 COMMENT• 楽しく世界地図が覚えられそうです。 さらに、その国の特徴も覚えることができると思います。 大人も子供も楽しめる地図パズルです。 ブランド紹介 【ジャノー】(フランス) 子どもの想像力を引き出すおもちゃ作りで知られるトイブランドです。 1970年にLois Janod(ルイス・ジャノー)により、フランスのブルゴーニュ地方で設立されました。 1歳のお子さまから遊べる木製トイに始まり、大きくなったら兄弟・家族みんなで遊べるファミリーゲームまで、幅広いラインナップを取り揃えています。 ディテールへのこだわりが感じられるデザインに加え、ヨーロッパブランドならではのモダンな雰囲気があり、トイとして遊んだ後はインテリアのアクセントにもなります。 2-9.ドールハウス マイドールハウスセット スウェーデンのデザインをベースに、現代的な要素を加えた、三角屋根が特徴の木製ドールハウスセットです。 セット内容は、ドールハウス、バスルーム、ベッドルーム、キッチン、ダイニングルーム、リビングルーム、人形(祖父母、両親、姉弟の計6人)となっており、必要な小物がすべて揃っていて、すぐに遊べるのがうれしいですね。 人形を動かしたり模様替えをしたり、いろいろなところから手を入れられるデザインで、あそびやすいように工夫されてたつくりになっています。 舞台演出家になったつもりで、家族の役割を変えたり、行動や会話を想像しながら人形を動かしてみましょう。 家具などは自由に動かすことができるので、色々な場面を想像しながら自分だけの物語をつくることができます。 ブランド紹介 【ボーネルンド】(日本) 子どもの健やかな成長に「あそび」を通して寄与したいと考えて、1977年に創業された会社です。 ボーネルンドのオリジナル遊具は、日本国内で丁寧に作られた「本物」なので安心して遊べます。 優れたあそびの道具と環境の提供を通して、子どもたちの健全な成長を応援しているすばらしい会社です。 2-10. 神経衰弱 ショッピングリスト 品物カードを裏返しにして神経衰弱をしながら、選んだ買い物リストと同じ品物を探します。 買い物リストと同じ品物を当てれば、自分のショッピングカートに入れることができます。 ショッピングカートを一番先にいっぱいにした人が勝ちです。 楽しく遊びながら、ショッピングリストに書かれた英単語を覚えることができます。 食べ物カードを使ってごっこ遊びをしたり、ショッピングリストなしで、料理のメニューを考えながらカートに必要な品物を入れていくというのも楽しいですね。 ブランド紹介 【オーチャードトーイ】(イギリス) 教育的な要素があるのですが、楽しく数や色を自然と遊びの中で学べるようになっています。 使っている素材の多くは環境に配慮したリサイクル資材ですが、厚紙のしっかりしたものが多いです。 イギリスの百貨店やおもちゃ売り場などでもよく見かけることができ、本国でも支持されていることがうかがえます。 ショッピングリストの他に、カードゲームの「」(3歳)、色と形を合わせるゲーム「」(3歳)、ルーレットとカードのゲームの「」(4歳)などのゲームがあります。 2-11. ブロック GENI Connectable Chain Cobit -12pieces エドインターの無限に遊びが広がる新感覚の組み立ておもちゃです。 球をスリットに差し込んでつないだら、クネクネ動かしたり、キャタピラのように回転させたり、自由自在に動くので、遊ぶ度に新しい積み上げ方・つなぎ方・動かし方の発見があり、遊びの世界がどんどん広がります。 自由に遊ぶ余白を残したシンプルなデザインで子どもが自分で遊びを創り出すことができます。 片手でピースをつなげてさかな釣りゲーム、お花やメガネなどの見立て遊びなど遊び方は無限大です。 子どもの自由な遊びを見守るヒントを掲載したブックレットつきで、ブックレットには、子育てに悩む新米ママやパパのため、大人から一見分かりづらい子どもの遊びの解説やつみきで遊ぶ段階ごとの子どもへの声かけのヒントを掲載しています。 大人から声かけ・一緒に遊ぶことで子どもはより集中して遊び、知育効果を高めます。 ギフトに嬉しいかわいいパッケージ入りです。 3.最後に 3歳はさまざまな能力が育つ時期です。 また、個人差が大きく出る時期で、言葉の遅れや運動能力の発達遅れが気になる時期でもあります。 しかし、子どもによって、成長のスピードはそれぞれで、夢中になる遊びもそれぞれです。 子ども一人一人の興味に合ったおもちゃを選んであげたいですね。 個性を大切にしてあげてることも大事です。 年齢別により詳しく紹介している記事もあります。 是非、ご覧下さい。

次の

3歳のおすすめ知育玩具 11選 |子供の可能性を広げる厳選おもちゃ

数字 おもちゃ

0歳の赤ちゃんも遊べる!手作りビーズ棒 ビーズ棒とは、大きめのプラスチックビーズやウッドビーズをゴムでつないで作る棒です。 0歳の赤ちゃんも使える知育玩具で、材料は100均で揃えられます。 100均で揃う!ビーズ棒の材料• 直径1cm前後の大きめのビーズ• クラフト用の細いゴム紐• ハサミ ビーズ棒の作り方• ビーズ1個にゴム紐を通して、 解けないようにしっかり結びます。 残りのビーズを通し終わったら、また紐の端を結んで完成です。 ゴムが解けると誤飲事故につながりますので、引っ張りながらしっかりと結びましょう。 今回は大きめのウッドビーズを使ったため5個にしましたが、10個つなげて長いタイプを作っても良いですし、5個タイプの場合も「1と4」や「2と3」など色を変えて作っても良いです。 ビーズ棒の使い方と効果 手作りしたビーズ棒は、引っ張ったり、ミルク缶などに入れて棒落としをしたり、おままごとの具に使ったりと色々な遊びに使えます。 まずはこういった遊びから、ビーズ棒を使うことに慣らしていきましょう。 ビーズ10個で1個のビーズ棒を作る場合、ビーズの色を変えて「1と9」「2と8」「3と7」「4と6」「5と5」の組み合わせを作りましょう。 2個ずつ色を変えれば「2、4、6、8」と2個飛びで数の概念を学べます。 赤ちゃんや幼児がビーズ棒を引っ張って遊ぶと、指先でつまむのが上手になり手先を器用に動かす訓練になります。 またママが声を出しながら数えることによって、 視覚と聴覚の両方で数字を感じられるので知育の効果が高まります。 4~5歳から遊べる!100玉そろばん 数を学べる知育玩具の定番とも言えるのが「100玉そろばん」です。 100玉そろばんとは、玉が一段に10個、それが10段ついていて、全部で100個の玉を使って 子供が数字を視覚的に覚えられる知育玩具です。 4~5歳から、小学校入学後も使えます。 お手軽!100玉そろばんの材料• ダンボール• 手芸用ワイヤー(サイズ#31)• ビーズ(直径約0. 布ガムテープとマスキングテープ• ハサミとカッター• 鉛筆と消しゴム• ビーズは100均のものを使いました。 100玉そろばんの作り方• ダンボールの左側に穴を開ける位置を下書きします。 今回は横幅18cmで作ります。 端を少し開けてから写真のように縦1. 3cm間隔で10個ずつ印をつけたら、目打ちで穴を開けましょう。 ダンボールの裏からワイヤーを通し、2色のビーズを5個ずつ計10個通します。 今回は太めのものを使いましたが、真っすぐ張るのが難しいのでビーズ用の細いワイヤーをおすすめします。 2段通したら、裏側でワイヤーをできるだけピンと張るようによくねじって留めます。 5段目まで通したら、ビーズの色の順番を反対にして10段全てにワイヤーとビーズを通します。 裏のワイヤーを隠すようにダンボールの左右を裏側にたたみ、ガムテープで留めたらマスキングテープで飾って完成!緩んできたワイヤーを調整するために、裏は開閉が楽になるように留めましょう。 100玉そろばんを赤ちゃん用にアレンジ 赤ちゃん用の100玉そろばんを手作りする場合は、花や星型など様々な形や色のビーズを使うものもおすすめです。 ビーズの形を変えると動かすのが少し難しくなることもありますが、 指先の良いトレーニングになります。 赤ちゃん用なので、段数は5段くらいと少なめでも問題ありません。 写真のように空き容器に穴を開け、ゴム紐を通して作ってみましょう。 手作り100玉そろばんの使い方 手作りの100玉そろばんが完成したら、上手に使って知育に活かしましょう。 幼児と小学生の場合の上手な使い方を見ていくことにしましょう。 幼児の場合 最初は自由に触らせながら遊ばせます。 慣れてきたら、少しずつ数を教えていきましょう。 玉を全て右に寄せ、1個ずつ玉を左に移動させながら1から10まで子供と一緒に数えましょう。 10までいったら1個ずつ減らして1まで数えます。 次は2個ずつ玉を動かします。 2、4、6と20まで数えます。 それができたら、次は5個ずつ50まで、10個ずつ100まで数えます。 さらにステップアップして、写真のように上の段から1、2、3と玉を階段状にして『数字の階段』を作ります。 その後は9、8、7と逆の数字の階段を作ります。 『数字の階段』が分かったら、5の数の合成と分解にチャレンジ!5段まで階段を作り、「1と4で5」「2と3で5」と言いながら、写真のように5個の玉を真ん中に集めていきます。 5段目(5と0で5)までいったら、今度は分解です。 「5は1と4」と言いながら最初の階段の形に戻していきます。 5の数の合成・分解に慣れたら、10の合成・分解をしてみましょう。 算数クイズで遊ぼう! 数字が分かってきたところで、「12は?」「36は?」などの問題を出し、クイズ形式で楽しみましょう。 親が言った数字を子供に100玉そろばんを使って示してもらったり、100玉そろばんで示した数字を子供に当ててもらったり、飽きないように工夫しながら遊んでみてください。 子供が興味を持ちながら楽しめそうであれば、簡単な足し算や引き算を出題してみるのも良いでしょう。 小学生の場合 入学後に算数の授業で計算問題を解くようになると、100玉そろばんはますます活躍します。 小学生で初めて100玉そろばんを使う場合は、最初に玉を動かしながら数えたり、 足し算や引き算の繰り上がり・繰り下がりの基本になる数字の合成・分解したりすることをおすすめします。 大きな数を覚える時にも、100玉そろばんが役立ちます。 千の数の理解には、玉1個を10として使います。 すると1段が100になり、10段で1000になります。 万なら玉1個を100として使いましょう。 小学2年生になると学校で九九を習いますので、1段ずつ玉を動かして暗唱してもらいましょう。 例えば3の段なら一番上の段から一番下の段まで、3個ずつ写真のように玉を左に動かしながら暗唱していきます。 すると、九九の数字と一緒に数の大きさもイメージできます。 リズミカルにやるのがコツ! 100玉そろばんを使った九九遊びは、算数の授業で九九を習い始めたけれど、なかなか覚えられない時におすすめです。 九九の暗唱はしっかりと声に出して、リズムよくやるとスムーズに覚えられます。 算数が得意になる!100玉そろばんの効果 よく「子供の頃にそろばんを習った人は、頭の中にそろばんがあって計算も素早くできる」といいます。 習い事として根強い人気を誇るそろばんですが、習い始める前から遊び感覚でできる100玉そろばんに触れておくと、数の概念を理解しやすくなります。 また小さい頃から手作りおもちゃのそろばんで数字に慣れていると、就学後の算数学習にも役立ちます。 100玉そろばんには、主に以下のような効果があると言われています。 市販のおすすめ100玉そろばん 手作りの数字おもちゃで試してもっと本格的なものを使いたくなった場合は、丈夫な市販品を購入するのもおすすめです。 100玉そろばんには大きく分けると、玉の色が5個ずつ変わっているタイプと1段ずつ色が変わっているタイプがあります。 手作りより丈夫ですし、テキストが付いているなど色々工夫されています。 ただし選ぶ際に気をつけなければいけないのは、 横のバーの長さ。 玉を左右に分けた時に真ん中で玉が重なってしまうと分かりにくくなるため、 しっかり幅を取ってあるものを選びましょう。 赤と黄色の玉が5個ずつ5段並び、6段目からは色が逆になり黄色と赤の玉が5段並んでいます。 5段で色を切り替えることにより5のかたまりを意識できるように作られています。 練習帳も付いています。 木製100だまそろばん 学研 4,000円+税 赤や青、黄色など1段ずつ色が変わっているカラフルな100玉そろばんです。 おけいこシートやドリル、数字・イラストカード、カードホルダー、ガイドブックと付属品が充実しているのが特徴です。 背板のシートを差し替えれば、足し算・引き算の操作がひと目でわかります。 七田式百玉そろばん しちだ・教育研究所 3,600円+税 幼児教育で有名な七田式のそろばんです。 10個ずつ1段ごとにカラフルな玉が並んでいます。 背板にはイラストと数が書いてあります。 他の商品は対象年齢が3歳からとされているものが多いですが、こちらは対象年齢1歳~となっています。 手作り数字おもちゃで遊ばせる際の注意点 今回紹介した手作りの数字おもちゃは、プラスチックビーズやウッドビーズ、ゴム紐などを使っています。 これらは、乳幼児の 誤飲事故などが起こる恐れがある材料。 乳幼児に遊ばせる際は、側にいる大人の注意が必要です。

次の