メスティン シーズニング。 メスティンにシーズニングが必要な3つの理由!米のとぎ汁以外は何が使える?|山行こ

メスティン使い始め①シーズニングって必要?しないで使ってみた。|湘南で暮らすキャンパーのブログ

メスティン シーズニング

100均にありそうなヘラだけど、付属しているのはうれしい 男爆メスティン(鉄板・スキレット) シーズニング シーズニングは道具を育てる楽しみがあって必ずやっておきたいところですが、メスティンの米のとぎ汁のシーズニングと異なり、鉄板やスキレットのシーズニングは必須項目です。 ここで行うシーズニングとは、鉄製の鍋やフライパンを使う前に「慣らす」工程のことを指します。 男爆メスティン新品の時に行うシーズニング 鉄製品のシーズニングの目的は、 新品の時に付いてくる、オイルやごみを取ること。 鉄板に食用油を馴染ませ、新品の鉄臭さを取り除くこと。 この2つだと覚えましょう。 男爆メスティンをに蓋はありませんが、ダッチオーブンやスキレットの場合は蓋も含めて洗っておきましょう。 鉄製品のシーズニングの流れは同じです。 食器用洗剤が無くなるまでよくすすいで、購入した時に付いている油やごみを、きれいに洗い流しておきましょう。 いきなり強火で加熱せずに弱火から始めましょう。 鉄板全体が熱くなってきてから、強火で加熱していくと白い煙が出てきます。 白い煙は最初に塗られている油が残っていたもので、丁寧に洗剤で洗っておくと白い煙は少なくなります。 さらに過熱していくと鉄板の色が青っぽく変色してきますが、さらにさらに過熱していくと黒っぽくなってきます。 全体が黒っぽくなると最初の空焼きは終了ですので火を止めてそのまま冷まします。 水で冷ますなど急激な温度変化は厳禁です。 (サラダ油で代用可) 再び鉄板を加熱し油を鉄板に馴染ませていきます。 煙が出なくなったら火を止めて自然に冷ましましょう。 再び火にかけて水分を飛ばします。 5回くらい繰り返すと効果が高いとよく言われていますが、鉄板は使いこむことでもシーズニングと同じ効果が得られますので頻繁に使う鉄板ならば、そこまで繰り返さなくても大丈夫です。 これで油の馴染みができてきていますので、捨てる寸前の野菜で充分ですのでくず野菜を炒めていきましょう。 特にネギなどの臭いの強い野菜をじっくりと焦げる寸前まで炒めて食べずに捨てます。 湿気を避けるために、耐油紙や新聞紙で包んで収納しましょう。 男爆メスティンのシーズニングをやってみた 実際には教科書通りに作業できませんのである程度の妥協が必要です。 取り返しのつかない失敗をする方が難しいと思いますので。 今回使用したガスバーナーです。 洗剤で洗ったら鉄板が錆びやすくなるので 作業を始める寸前に洗いましょう 画像では鉄板の中央が熱で虹色に変化しているのがおわかりでしょうか?焼きが全体に広がるまで熱していきます。 鉄板はかなりの高温になりますので、うっかり素手で触らないように注意しましょう。 鉄板全体の色が変わってきたら、いったん火を止めて冷まし、サラダ油をたっぷり塗って再び男爆メスティンを焼いていきます。 ここで油を全体になじませながら男爆メスティンを焼いていきましょう。 画像の例のように油が偏ったまま焼きを入れていったら、鉄板の仕上がりにムラができてしまいました。 鉄板を自然に冷まします。 早く作業をしたいからといって絶対に水をかけて冷やしたりしないようにしましょう。 個人的な事情です・・・ 新聞紙は吸湿効果が高いため、新聞紙で包んでおけば紙が湿気を吸ってくれますので錆を防ぐ効果が期待できます。 これで錆の発生を抑えて機械臭もなくなり、男爆メステインを使う準備ができました。 男爆メスティン シーズニングの要点 鉄板に対して行うシーズニングは、鉄製品を何回も強火で焼くので、 火力の有るガスコンロがベストです。 焚き火やアルコールストーブ固形燃料ストーブでは火力が安定しないため上手くいかないでしょう。 家庭用ガスコンロは、強い火力があり鉄板のシーズニングに好適なのですが、 屋内で何回も油と鉄板を焼くとかなり部屋が油臭くなります。 コスト的にもCB缶を使用したガスストーブを使って、屋外で作業するのが良いでしょう。 男爆メスティンは使うことで鉄板が育ちます 鉄製品は料理に使うたびに手入れするのが基本です。 その作業を繰り返すことで、何十年もお気に入りの鉄製品を使いつづけることができるのです。 新品購入時にシーズニングを行っておくことで、鉄板を油に馴染ませておく状態にすることができますが、使うたびに手入れすることでさらに鉄板が育っていきます。 難しい場合はお湯を張らなくても大丈夫です。 付属のヘラで汚れやコゲをはがしていきましょう。 これは購入時に行ったシーズニングと同じ工程です。 使うたびにこの作業を繰り返すことによって鉄板が育っていきます。 男爆メスティンのトラブル 鉄製品のトラブルでは焦げたり錆びたりということが多いかと思います。 もし焦げや錆が発生した場合は、落としてシーズニングを行えばよいので深く考える必要はありません。 少しの焦げや錆ならば水洗いとスポンジで落としていきます。 スポンジで落ちなければ洗剤とたわしで落としていきましょう。 最終手段はクレンザーなどの磨き粉を使用すれば鉄板をきれいにすることができます。 強力な方法で汚れを落とすほど、シーズニングの効果も落ちていくため丁寧にシーズニングをしておくことが重要です。 男爆メスティンでステーキを焼いてみた 男爆メスティンのシーズニングが終わったのでステーキを焼いてみました。 アウトドア飯の予定でしたが、雨が降ってきたため室内で行いました。 買い物かごに入れたときに感じていたことですが、男爆メスティンではステーキを物理的に焼くことができません。 せめて、半分に切らないといけないかなぁと思っていたのですが半分でも厳しそうです。 OD缶を準備しました。 卓上ですと微妙に高さがあり、結局CB缶で肉を焼くことにしました。 関連記事: ステーキを断念して普通の焼き肉になっています。 メスティンでご飯を炊いておきました。 関連記事: イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB の五徳では微妙に不安定でしたので、ユニフレーム UNIFLAME バーナーパットを使用して滑り止めとしました。

次の

メスティンのバリ取りとシーズニングは不要?箱出しのまま固形燃料で炊飯するとどうなる?|富山のランチ・お出かけ・遊びのおすすめ情報「ココなび」

メスティン シーズニング

米のとぎ汁以外にも牛乳や野菜くずでもシーズニング効果があります。 あなたのやりやすいもので実践してみてください。 シーズニング自体、 メスティン購入のちょっとした慣らし作業みたいなもので、必ずやらなければいけないことではありません。 シーズニングをしなくとも調理はできますし、 アルミ臭さが出ても体に害はないです。 数回使っているうちに自然に皮膜は作られるので、そこまで神経質に考えなくても大丈夫。 基本は1回シーズニングすればOKですが、アルミ臭さが出てきたりした時は都度行いましょう。 シーズニング後に米炊き シーズニングがちゃんとできているか、 で実際に米を炊いて確認しました。 メスティンが届いたばかりの時はフタを開けただけでアルミ臭がすごかったのですが、 シーズニング後は無臭。 どちらのサイズも使い勝手抜群。 あなたのキャンプスタイルや環境に合わせて選んでください。 メスティンを手に入れたらキャンプ料理の幅がグッと広がります。 メスティンのブランドにこだわりがない方 トランギア製のメスティン以外にも、模倣された商品がいくつかAmazonから販売されています。 見た目はそもままメスティンの形をしており、トランギア製よりもだいぶ安く購入可能。 ( は送料無料) メスティンは時期によって価格の高騰が激しいですからね…。 安い時期に買えればいいんですが、夏のオンシーズンには3,000円以上値上がりすることもあります。 僕自身がこの商品を使っていないので詳細は省きますが、口コミでの星評価はなかなか高いです。 メスティンのブランドにこだわりがない方、「トランギア製を買う前の試しに…」と思っている方はこちらも検討してみてください。

次の

メスティンのシーズニングやバリ取りのやり方を解説します!│8aGarage

メスティン シーズニング

もくじ• メスティンを買ったらまずやるべき2つのこと 今テレビアニメで「ゆるキャン」が放送中でキャンプがプチ流行しており、作中でもシーズニングの話が出てきてタイムリーなネタのようです。 頑丈さや扱いやすさに定評のある人気メーカーですが、海外製ということもあり少し品質が落ちます。 メスティンの本体と蓋のフチにはバリが残っています。 切り口はかなり鋭利でエッジに手を引っ掛けたりすれば切り傷を負ってしまうレベルです。 調理に使用したり料理を食べる際には口を付けることもあり、手や口に怪我を負わないために「バリ取り」をしてフチを滑らかにする必要があります。 それがまず1つ目にやるべきことです。 ポイント バリは 紙やすりを用いて削り落とします。 60〜 1000の紙やすりセット(100円)がダイソーで購入できるのでおすすめです。 シーズニングとは表面に皮膜をコーティングすることで黒変化や焦げ付きを防ぐことです。 鉄鍋を「育てる」という言葉も聞きませんか? 大事に手入れをすれば一生モノになるということです。 今回のアルミ製のメスティンには何の表面加工もされておらず、シーズニングをする1番の目的は アルミ臭さを消すためです。 もちろんコーティングされた皮膜により黒変化の防止にもなるため定期的なお手入れとしてシーズニングは欠かせないものです。 注意事項 検索してみると重曹でのシーズニングはメスティンが黒ずむこともあるようで、賛否両論のように思いました。 もともとのアルミの酸化皮膜を落としてしまうらしい。 色々調べた結果、僕は米のとぎ汁を推奨します。 (あくまで個人の見解です。 ) バリ取りをしてみた 先述したダイソーの紙やすりセット(100円)を用意しました。 今回は 240(中目)でバリを削り落としてから 1000(細目)で仕上げ磨きをしました。 自分が触ってみて気の済むようにバリを削り落とせればいいので正解の順序とかはないと思いますので、あくまで参考までにどうぞ。 まずは 240を扱いやすいサイズにカットします。 バリ取りをすると鉄粉がたくさん出るので新聞紙などを敷いて作業をしてくださいね。 風があると舞ってしまうので注意です。 まだバリの多い序盤では 軍手・手袋などで手の保護をして下さい。 力強く紙やすりで擦っていると手が滑ってしまい切ってしまうかもしれないです。 心配な方はダイソーへ行ったついでに作業用の手袋なども仕入れておくといいですね。 メスティンのフチはとくに外側にエッジが効いているのでガンガン削り落としていきます。 フチ周辺には削り傷が付きますがそれも「味」だと思います。 手間をかけることで愛着も湧きます。 内側から外側にかけてフチ表面が丸くなるように意識しました。 終わったら細目の 1000で仕上げ磨きをします。 目が細かいので更につるつるになります。 メスティンと言えば同時にポケットストーブもセット購入する方も多いはず。 僕も正規品のエスビットを購入しました。 (ポケットストーブとは固形燃料を使用するためのポータブルストーブ。 ) ノーブランドの類似品が200円とか300円でも買えますが、そこはエスビットにしました。 このポケットストーブのフチも結構エッジが効いていたので、せっかくなのでこいつも紙やすりで削ってみみることにしました。 とくに角ばった箇所がチクチクに尖っているので怖いです。 メスティンと違って口を付けるわけではないのでそれほどバリ取りは重要ではないかもしれませんが、 この角ばった部分だけでも滑らかに削っておくと安心かと思います。 やはり小さく細かく角ばっているので削りにくかった。 写真じゃ伝えにくいんですが、これが気持ちいいくらいにつるっつるなんです。 ずっと触っていられる。 小一時間ずっとメスティンを撫でていました。 (大袈裟) どんなに強く指を擦っても切れる要素は皆無。 これで安心して扱える。 メスティンを買ったら「まずやるべきこと」というのも納得した。 誰かに触ってもらいたいくらいにつるつる。 これでバリ取り作業は完了しました。 シーズニングをしてみた メスティンの収まる鍋で米のとぎ汁を沸騰させます。 シーズニングで使用できるのは米のとぎ汁の他にも、 野菜くずを一緒に煮込んでもタンニンという成分が皮膜を作るそうです。 タンニンと言えば茶類にも含まれていますので代用になるかもしれませんね。 タンニンと鉄分が結びついてタンニン鉄という皮膜を生成するとかどうとか。 専門知識がないので難しい話です。 沸騰させた米のとぎ汁にメスティンを沈めます。 鍋にスペースがあれば蓋も一緒に入れてしまいます。 ちょうどいいサイズの鍋がない場合は 米のとぎ汁を入れたメスティンを火にかける方法でも有効です。 最低限必要なメスティンの内側部分だけに皮膜がコーティングされます。 やはり全部分に黒変化の防止をしたいので、鍋があればメスティン全体を沈めた方が良いですね。 メスティンを 15〜30分程グツグツと煮込みます。 蓋がはみ出てしまったので途中でひっくり返しています。 素手で作業すると火傷するためトングなど使用して下さい。 時間が経過したら軽く水洗いをして、キッチンペーパーなどで水気を拭き取ります。 乾燥させて完了です。 メスティンには何かしらの皮膜というか跡が残りました。 どこまでが皮膜で、どこまでが汚れか判断できないので無理に洗い流しませんでした。 米のとぎ汁の成分なので害はない。 外側に付着した跡も敢えて洗い落とさずに残しました。 スポンジでゴシゴシすればすぐに落ちそうですが、せっかくコーティングした皮膜も落ちてしまうんじゃないかと心配で。 というか見た目が渋くなったのでこれはこれでいい。 まだ調理に使っていないのに 一気にアンティーク感が増した。 玄人感がハンパなくてかっちょいい。 山の上でこのメスティンをおもむろに取り出せば 「アイツできる!」って思わせられるんじゃないか。 今はこれで気に入っているのでそのままですが、汚れからカビが発生しないか心配もある。 気が向いたら洗ってしまうと思います。 これで「バリ取り」と「シーズニング」が完了し、ようやく調理に使用できる状態になりました。 けっこうな手間がかかりましたが、 同時にメスティンへの愛着が湧く大切な作業でした。

次の