まいり まし た 先輩 ネタバレ 33。 まいりました先輩【33話】最新話のネタバレ。水川の優しさ

まいりました、先輩・第33話の感想とネタバレ|デザート3号|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

まいり まし た 先輩 ネタバレ 33

虎のビルが裏市に行った時に知ったというルイ先輩の秘密。 この第33話でその秘密があっさりと判明しました。 なのでこの記事はネタバレを避けたい人は読むのを辞めておいたほうがいいです。 ネタバレなしで今回の感想を少し書くとルイ先輩は非常に気高い獣だったと感じました。 学園の象徴であるビースターズという地位にこだわるのもこの秘密が原因なんでしょう。 そしてドライな性格なように私には見えていたのですが内面は非常に優しい獣だと感じるようになりました。 ネタバレを含めて33話の感想やあらすじを書いていきます。 ルイ先輩の秘密というのはそれは出生の秘密でした。 ルイ先輩は13年前5歳の時言葉も文字も教えられない状態で裏市でもタブー視される場所にいました。 その場所というのは肉食獣に生き餌を提供する場所。 生きたままの草食獣の子供を肉食獣に提供するという場所でした。 裏市の存在もショッキングでしたが今回のこの生き餌の提供というのは更にショッキングな描写でした。 ビースターズの舞台となっている世界は肉食獣と草食獣が共生している場所ですがちょくちょく肉食獣による草食獣の殺害が行われている世界です。 なので裏市のような暗黒部分は存在するのではないかと薄々感じていましたが今回の生き餌を提供する場所というのは非常にショッキングでした。 生々し過ぎます。 この場所でルイ先輩は文字も言葉も教えられず肉食獣に食われるのを待っているだけの存在でした。 しかしボーンズ財閥のオグマというアカシアの男がルイ先輩の前に現れます。 このオグマは財閥の一人息子ながら生まれつき子供を作ることができない体でした。 その為素性を持たないルイ先輩を実の息子として迎えることで財閥の繁栄を保とうします。 このオグマという男中々厳しい男で、ルイ先輩を試すためにナイフを持たせて生き餌を食べる直前の飢えた肉食獣の前にルイ先輩を押し出します。 しかしルイ先輩はたとえ自分が食われるとしても相手を傷付けることを良しとせずに自ら命を絶とうとします。 その気高さにオグマはルイ先輩を評価しこの世界を変えれるとルイ先輩を抱きしめながら語りかけます。 この強烈な体験がルイ先輩の今を形作っているのでしょう。 そして時間は現代に戻りルイ先輩は殺されたアルパカのテムの殺害現場に向かいます。 そして決してテムの死を忘れない。 世界を変えると誓ったとテムに花を手向けます。 今回の話でルイ先輩のことが少しわかりました。 虎のビルに脅迫されても全く動揺せず、銃を突きつけてビルを逆に脅迫仕返す強さはこの生き餌にされる場所で育ったことが根源にあるのでしょう。 そして肉食獣と草食獣の共生を願っているからビースターズにこだわっている。 これはビースターズを目指すと言ったジュノにとっては大きな障害になりそうです。

次の

まいりました、先輩33話/9巻のネタバレ!最新話はクリスマスデートの答え

まいり まし た 先輩 ネタバレ 33

高嶺の蘭さん【第33話】のネタバレ 完全にご立腹なお父さん! 皆が先に帰ってしまったため、完全に二人きりとなった蘭と晃は宿泊先のペンションの中で口づけを交わしそうになりますが、その瞬間に蘭のお父さんがサプライズ訪問として入ってきたのです! お父さん「は、離れなさい!」 まだ口づけの直前だったものの、お互いの身体が密着しているところを見られてしまったのです。 そのことにより、お父さんはご立腹な上に晃に対して失望してしまうのです。 お父さん「君には蘭と関係を絶ってもらう他ないからね!」 今後は晃との関係を認めない上に蘭も自分のスマホを取り上げられてしまいました。 二人の言い分に聞く耳すら持たないお父さんは、すぐに蘭だけを連れて帰ってしまいます。 届かぬ晃の謝罪 翌朝の登校や出勤時間になると、蘭はお父さんから塾が終わる時間を聞かれます。 蘭の方も答えますが、二人の前に晃が現れると同時に頭を深く下げて謝罪します! 晃「おはようございます!お忙しいと思いますが、少しお話しできる時間を・・・」 お父さん「悪いが仕事なんだ。 急ぐよ!」 晃の必死の謝罪も空しく、華麗にスルーされてしまいます。 翌日からも5日間に渡って謝罪に訪れますが、お父さんの方は全く聞いてくれないのです。 蘭の方も許してもらうらために必死で動き始めます。 晃が謝罪に来てくれた中で作ってきた謝罪文が1週間で完成します。 部屋に入ってきた妹からも彼氏がいることの大変さを同情される中で新たな難問が訪れます。 妹「 明日の結婚20周年記念、どうするつもりなんだろう!?」 蘭「すっかり忘れてた!!」 本来なら晃のお花屋さんでお祝いの花を準備する計画だったはずが、今回の騒動で蘭自身も忘却の彼方だったのです。 救世主はお母さん! この日の塾も終わって帰ろうとすると、お母さんが車で迎えに来てくれました。 お腹を空かせているだろう娘のために準備してくれたチョコを受け取るものの、今は食欲より晃やお父さんとの関係に対する辛さの方が遥かに大きいのです。 蘭「いけないことしちゃったのかな・・・気持ちを抑えきれなかった」 お母さんにとっても、蘭と恋愛のことで話すことになろうとは夢にも思っておらず、少しビックリしますが、お父さんの本心は寂しいことであり、この1週間はため息混じりにワインを飲んでいるというのです。 親子で話しながら車を走らせて辿り着いたのは自宅でなく、 晃の家であるお花屋さんだったのです! お母さん「だって人を好きになる気持ちって止められないわよね!」 お父さんは22時には帰ってくることを伝えた後、会ってくるように言ってくれます。 そして、お花屋さんの前まで進むと、晃もまた顔を出してきました。 やっと話せる二人! お母さんのおかげで、やっと晃と会って話せる機会を得られます。 蘭「お母さんがね・・・ちょっとだけ」 晃「そか・・・会えて嬉しい!」 蘭に対しても謝罪する晃ですが、彼女の方もやっと本心を話し始めます。 蘭「私は晃くんに触れて欲しかった。 だから謝らないで!」 晃「めっちゃ抱きしめたいけど、今は我慢する!」 そう言い合いながら、早くお父さんに許してもらえるように頑張ろうと誓い合います。 そして話は明日の両親の結婚祝いの花になりますが、晃が良い案を出して協力してくれます。 晃「蘭が作る?花屋として協力させて!オレと作ったことは秘密な」 蘭のお母さんが胡蝶蘭のブーケだったことを話すと、晃もお父さんのために胡蝶蘭で ブートニアを作ってくれました! 予想以上に厚すぎた過保護の壁! 翌日になると予定通りに両親の結婚20周年記念祝いが始まります。 お父さんの機嫌はまだ直らず、仏頂面で座っているものの、蘭は勇気を振り絞って、晃が作ってくれたブートニアを胸に刺してプレゼントします。 蘭「お父さん、おめでとう」 ブートニアを刺したことで妹も盛大に褒めることで照れ臭そうな表情を露わに出します。 お祝いパーティーも終わって部屋に戻った蘭は久しぶりに和やかな時間を過ごせたことに対しては嬉しかったものの、晃との関係はまだ許してもらえたわけではありません。 そんな時、お父さんが部屋にブートニアを付けたままで部屋に入ってきます。 お父さん「このブートニアで 僕の機嫌が直ると思ったのかな!?」 蘭「えっ!?」 満面な笑顔で話しながらも、晃のことは許せないことを遠回しに言われてしまうのです! 別冊フレンドネタバレ記事はこちら! — —• 月額1,990円 税別 が 31日間無料!解約も簡単!• 無料体験で 600円分の漫画が読める!• 映画やアニメ・ドラマが見放題!さらに、 人気雑誌も読み放題• 月額会員になると毎月1,200P付与!さらに、 全作品購入費用最大40%ポイントバック!• 4人までアカウントシェア可能!1人あたり実質500円 U-NEXTは、国内最大級の動画配信サービスです。 無料トライアルで31日間無料で動画を見ることができます。 登録時に600ポイントもらえるので、 高嶺の蘭さんを1巻無料で読めちゃいます。 31日経過すると、月額1,990円かかってしまいますが、解約すればもちろん料金はかかりません。 解約はわずか1分でできるのも手間がなく魅力。 また、動画配信サービスであるため、 映画やアニメが見放題なのも評価ポイントです!• 月額1,922円 税込 が 30日間無料!• 無料期間で 600円分の書籍&1,000円分の映画を楽しめる!• お得なクーポンが毎月もらえる! 100%OFFも!• スポーツや音楽の専門チャンネルも見放題!• ダウンロード可能でどこでも作品を楽しめる! music. jpは、国内最大級の総合エンタメサービスです、音楽だけでなく、動画やマンガも楽しむことができます。

次の

【あらすじ】『まいりました、先輩』最新34話(9巻)【感想】

まいり まし た 先輩 ネタバレ 33

すごいあからさまな権利ですね…笑 とにかく世里奈を理屈抜きに幸せにしたいと水川は言うのでした。 後日、学校で、世里奈にクリスマスプレゼントに何が欲しいか聞きに来た水川。 世里奈は聞き返すと、スタバのカードと言われました。 水川へのプレゼントとして、色々ネットでブックマークしている世里奈。 世里奈は色々案を出しますが、 私空気読めてない?こういう状況じゃないよねとふと我に返ります。 しかし、そんな世里奈を見て水川は俺はクリスマスが大好きだから、クリスマスまでワクワクして過ごすと優しく言うのでした。 世里奈はクリスマスまでの1ヶ月半、ダイエットやおしゃれに励むことに。 数週間後、先輩と学校で会った世里奈。 水川は、前に 世里奈が手紙を自分に渡そうとしていたことを樋口から聞いたと言います。 さらに 実は俺も手紙を書いて渡そうとしていたと白状。 世里奈はまだ持っていたらクリスマスに交換したいといいます。 水川はこの先何が会っても不安にさせないと証明をしたいけれど、どうしたらいいのかわからない。 一緒に考えて欲しいと提案。 世里奈はもちろん!と快諾します。 そして水川は クリスマスに世里奈にしたいことがある。 と言い、世里奈に「まず…お前の…」と耳打ちをします。 それを聞いて赤面し、腰が抜ける世里奈。 いつもの先輩のギアが入ってきている…とその場を後にするのでした。 一体なんと言ったのでしょうか?本編では明らかにされていないので妄想が膨らみます笑 クリスマス当日。 世里奈は頭にリボンを付け、目一杯おしゃれをします。 ネイルもバッチリ決め、服も靴も新品な様子。 一方、水川は… バラの花束を持って電車に乗っていました笑 隣に座っている女性の目が驚いています笑 待ち合わせ場所に着いた世里奈。 キラキラと装飾されて光る街並みにうっとりしながら水川を待ちます。 水川は先についた世里奈に電話を掛けると、世里奈は もう小さなことで不安になったりしない。 これからは私から先輩の思いやりに気づいたりする。 だから私を信じて頼って欲しいと言います。 そして、 会いたいと呟きます。 先輩と何ヶ月も一緒にいれない日々を過ごしていたので、 世里奈はその言葉を言えてとても嬉しそうな表情。 世里奈!と名前を呼ばれ、 振り向くとそこには水川が。 そして水川は、 僕ともう一度本気で付き合ってほしいと告白するのでした…。

次の