押す 番長 3 設定。 押忍!番長3 設定判別・設定差解析まとめ【スロット・パチスロ】

【押忍!番長3】天井恩恵・やめどき・設定差・朝一リセットまとめ|規定ベル回数での対決勝利時はやめどきに注意!|イチカツ!

押す 番長 3 設定

消化中に継続率を上げて継続ジャッジ。 継続ジャッジ3回クリアでAT。 レア役・ボーナス・頂SRUSHにいれて 差枚数上乗せさせて限界突破を目指す。 AT残り差枚数が300枚になると限界突破。 ボーナス終了後は残り差枚数299枚の頂SRUSHに復帰。 すぐに差枚数上乗せして300枚に行けば 再度限界突破してボーナスに突入する。 400G手前or400Gのゾーン抜け後から狙えそうです。 狙えるのは 天国のゾーンor200のゾーンの2つ。 500G以降は天井まで打った方がいいと思われますし、 その他のゾーンは期待度が低いので。 200のゾーンで煽りが来なかった場合は、 通常Bの可能性が高くなるので、 当たるまで追ってみてもいいと思います。 基本的にボーナス・AT終了画面後の、 シャッターパターンを見て、 ロゴ無しor白黒ロゴなら即やめ推奨。 奇遇推測には使えるが設定の高低はわかりづらい。 モード移行率 設定 通常A 通常B 天国 1 76. 偶数かつ高設定ほど移行しやすい。 レア役による高確A移行率 設定 弱チェリー 弁当 1 4. 高確中の弱チェリー直撃当選率 設定 高確A 高確B 超高確 1 8. 押忍弁当からの特命当選率 実戦値 設定 当選率 実質確率 1 16. 複数回出現すれば高設定に期待。 5>4>2>6>1>3の順に出現率が高い。 番長ボーナスの青7比率 実戦値 設定 青7 1 7. 設定5が一番突入しやすい。 頂クロスラッシュ突入率 頂クロスラッシュ突入率に設定差あり。 設定5・設定3は突入しやすい。 高設定濃厚パターンも存在。 当選契機によって振り分けが異なる。 設定5は複数セット振り分けが高い。 複数セットが選択されたいた場合も 引き戻しゾーンを経由するため、 そこでレア役を引くと判別が困難になるので注意。 突入時のセット数は最大3セットなので、 4セット以上継続した場合は、 引き戻しゾーンの抽選に受かっていなければ AT突入時に複数セット所持が濃厚となる。 設定5は別格に2セット以上比率が高い。 ATセット数振り分け メインルート 設定 1セット 2セット 3セット 2セット以上 TOTAL 1 92. どの設定でも2セット以上。 メインルートに比べると、 設定差はかなり少ないので、 設定推測をする際には無視していいでしょう。 ATセット数振り分け ボナ中の青7揃いor超番 設定 2セット 3セット 1 95. 3セット継続すれば設定5に期待。 ATセット数振り分け 直撃当選 設定 1セット 2セット 3セット 2セット以上 TOTAL 1 71. 通常は白文字だが黄文字で表示された場合、 その企業の種類で設定示唆。 モード 通常時のモードは3種類存在。 モードに応じて規定ゲーム数消化の高確移行や、 毎ゲームのマップ抽選に影響する。 奇遇推測には使えるが設定の高低はわかりづらい。 モード移行率 設定 通常A 通常B 天国 1 76. ボイスの内容で前兆期待度・モード示唆を行う。 調子はどう?に対する切りかえし パターン 示唆 部長「今日はA定食かなぁ」 モードB以上のチャンス 部長「今日はB定食だ」 モードB以上濃厚 林子「オラ幸せがもすね」 天国のチャンス 林子「オラ幸せだぁ」 天国濃厚 エリカ「もうすぐ晴れそうね」 ブルーレジェンドのチャンス エリカ「素晴らしい青空よ」 ブルーレジェンド濃厚 美佑「怪しいな」 前兆中濃厚 美佑「悪くないかも」 前兆中濃厚 内部状態 内部状態は通常、高確A・B、超高確の4種類存在。 レア役・規定ゲーム数消化時に移行抽選を行う。 高確Aは弱チェリー・弁当契機で移行。 高確Bは規定ゲーム数消化で移行。 高確Aと高確Bが複合すると超高確へ移行。 するのがメインの流れ。 偶数かつ高設定ほど移行しやすい。 レア役による高確A移行率 設定 弱チェリー 弁当 1 4. 高確AorB移行時は雫ステージに移行することが多い。 高確中の弱チェリー直撃当選率 設定 高確A 高確B 超高確 1 8. 剛天ステージに行けば大チャンス。 通常時のステージ パターン 示唆 轟ステージ 基本ステージ 鏡ステージ 基本ステージ 雫ステージ 小役で移行 高確A示唆 雫ステージ ゲーム数で移行 高確B示唆 剛天ステージ 超高確示唆 ハンコ 通常時は押し順中段ベル成立時にハンコを獲得。 リール下のノルマ枠にハンコがたまっていく。 10個たまると ・高確移行 ・CZ「特命」 ・番長ボーナス などの恩恵が受けられる。 ボーナス当選時に余った分は継続率に加算される。 消化中は轟と鏡がそれぞれ予算を獲得していき、 予算が多い方の連続演出に発展する。 予算が同数の場合は期待度の高い共闘演出に発展する。 ゲーム数によっては本前兆濃厚パターンもあり。 【マップ抽選】 マップ抽選時は31Gを超えると本前兆濃厚。 ハンコからの前兆ゲーム数 ゲーム数 フェイク 本前兆 4G — 6. 高確B以外でのレア役での前兆ゲーム数 ゲーム数 弱チェリー 押忍 弁当 フェイク 本前兆 フェイク 本前兆 3G以下 85. AT直撃当選時の前兆ゲーム数 ゲーム数 振り分け 11G 6. 4G継続すると青7以上。 5G継続すればAT直撃以上。 押忍弁当からの特命当選率 実戦値 設定 当選率 実質確率 1 16. 消化中の成立役で継続率を上げて継続ジャッジ。 継続ジャッジを3回突破して 完走できれば頂RUSH濃厚。 頂RUSH中・頂RUSH濃厚後は 継続するごとに差枚数上乗せ。 5>4>2>6>1>3の順に出現率が高い。 番長ボーナスの青7比率 実戦値 設定 青7 1 7. 継続ジャッジ前のゲーム数でのレバオン時に継続抽選、 継続失敗予定時はジャッジ中のレア役で継続書き換え抽選 を行う。 強チェリー・チャンス目成立時は継続濃厚。 消化中は7揃い確率が大幅アップし、 レア役での差枚数上乗せにも期待できる。 剛天カットインなら大チャンス。 弁当は乗りにくいが乗れば50枚以上。 AT中の差枚数上乗せ抽選 成立役 当選率 弁当 12. AT中は通常時の2倍の速さでハンコがたまる。 ハンコが10個たまるとハンコルーレットで ・高確移行 ・特命 ・差枚数上乗せ ・番長ボーナス ・頂SRUSH のいずれかの恩恵が受けられる。 ATの残り差枚数を表示。 残り差枚数が特定値に到達すると 頂SRUSH高確率状態に移行する。 残り差枚数が300枚になると限界突破。 轟AT 轟選択時はステージで前兆期待度を示唆。 当選時は主に対決演出で告知。 ステージでボーナス・頂RUSH期待度を示唆。 基本的に稲妻煽り・リールロック後に発生するが、 煽りなしで発生した場合は成功濃厚。 鏡AT中はバスバチャレンジ発生時点で成功濃厚。 赤背景は激アツ。 青背景なら頂クロスラッシュ突入濃厚。 鏡AT中の演出法則 パターン 示唆 BGM変化:ダレダレダレDA! ATセットストック1個以上 BGM変化:ジャジャスゴージャス ATセットストック2個以上 下パネル点滅 50枚以上の上乗せ濃厚 漢気演出で鉄板 or次回予告 頂クロスラッシュ or絶頂ラッシュ濃厚 引き戻しゾーン AT規定枚数消化後に突入。 3G継続し、レア役でAT引き戻しのチャンス。 ベルでも差枚数上乗せ抽選を行う。 ハンコによる上乗せも2倍になる。 2分割された画面で轟と鏡が共闘して上乗せする。 ハズレを含む全役で差枚数上乗せ抽選を行う。 消化中は漢気目確率が大幅にアップしていて、 漢気目が成立すれば大量上乗せに期待できる。 一度の上乗せは5枚~300枚。 終了後は番長ボーナスへ移行。 限界突破 AT中の限界突破メーターが300枚に到達すると発生。 発生時はフリーズが発生しBARの停止形に応じて その先の展開が変わる。 すぐに上乗せして差枚数が再度300枚に行けば 限界突破が発生する、という流れで出玉増を目指す。 毎ゲーム差枚数上乗せ。 7揃いすればゲーム数が加算。 出現するキャラで上乗せ枚数を示唆。 消化中のレア役の一部・押し順ベルコンプリート時に、 差枚数上乗せ抽選を行う。 決算ボーナス 決算ボーナス 突入契機 限界突破後BAR中段揃い 獲得枚数 50枚 総決算ボーナスの業務報告がないバージョン。 消化中のレア役の一部・押し順ベルコンプリート時に上乗せ。 規定枚数獲得したら終了。 対決演出 対決演出は全6種類。 登場するキャラによって期待度が変わる。 ボイスの内容で前兆期待度・モード示唆を行う。 タッチしてボイスが発生すれば何かしらの恩恵があり。 頂 クロ スラッシュ濃厚となるパターンも存在。

次の

押忍!番長3 設定判別・推測要素の総まとめ

押す 番長 3 設定

この記事に書かれていることは…• まずはその前に「押忍!番長3」の基本スペックをおさらいしていきましょう。 万枚の確率が高くなる設定5と6に注目しながらご覧ください。 30% 「押忍!番長3」の機械割は設定3から100%を超えてきます。 しかし万枚を達成するには、やはり設定5と6をプレイする必要があると言えますね。 頂ジャーニー(ART)獲得期待枚数 獲得期待枚数 設定1 約463枚 設定2 約469枚 設定3 約480枚 設定4 約504枚 設定5 約677枚 設定6 約583枚 1回当たりの獲得期待枚数が最も多いのは設定5となっています。 つまり一撃性という点では設定5が最も優れていると言えますね。 突入率 設定1 6. 25% 設定2 6. 25% 設定3 6. 25% 設定4 6. 25% 設定5 25. 0% 設定6 6. 25% こちらの確率は設定5が圧倒的に優遇されています。 万枚を達成するためには絶頂対決は欠かすことが出来ません。 ですので絶頂対決で万枚を目指す場合は、設定5をプレイする必要がありますね。 頂ジャーニー(ART)初当り時のループストック抽選 25%ループ 50%ループ 80%ループ 設定1 69. 53% 27. 34% 3. 13% 設定2 69. 53% 27. 34% 3. 13% 設定3 69. 53% 27. 34% 3. 13% 設定4 69. 53% 27. 34% 3. 13% 設定5 67. 97% 27. 34% 4. 69% 設定6 56. 64% 40. 23% 3. 13% こちらの特徴として、設定5は80%ループの確率が優遇されています。 設定6は他の設定よりも50%ループの確率が高いので、安定的な出玉に期待ができると言えますね。 以上が「押忍!番長3」の基本スペックとなります。 やはり万枚を達成するためには、一撃性の高い設定5か安定感のある設定6に座る必要がありますね。 それでは実践上でどのくらい「押忍!番長3」で万枚が達成されているか、データをご覧になってみてください。 「押忍!番長3」獲得枚数実践データ 差枚数 台数 割合 -7000 1 0. 05% -6000 11 0. 55% -5000 34 1. 70% -4000 76 3. 80% -3000 174 8. 70% -2000 268 13. 40% -1000 320 16. 00% 0 346 17. 10% このデータ上では、万枚達成率0. 70%となっています。 通常営業のホールでは設定を5や6にするところはほとんどありません。 その点を考慮するとこの万枚達成率は高い数字と言えるでしょう。 もちろん優良なホールやイベント時だけの実践値であれば、より万枚達成率は高くなると思います。 しかし今回ご紹介した万枚達成率は、不特定多数のホールで実践した数値になります。 そのため現実的な数値として見ても、「押忍!番長3」の万枚達成率は高いと思いますよ。 万枚報告者の口コミを読んで、期待を膨らませてみてくださいね。 「なんとかハマリながらも連チャンで約4000枚出していくと、その後止まらなくて15000枚まで出た」 「イベント時に番長3の設定6が数台入ってて、そのうちの一台で18000枚出した」 「ボーナス40回超えて16000枚オーバーしました」 以上のようにさまざまな万枚報告がネット上にあげられています。 他に多数の口コミがありますので、夢が膨らむコメントを探してみてください。 「押忍!番長3」で万枚を達成する近道は、プレミアフラグを成立させることです。 このプレミアフラグは3種類存在していますので、その特徴をご覧ください。 超番長ボーナス こちらのプレミアフラグは最大245枚獲得の純ボーナスとなっていて、次回のBB天国モードが確定となります。 純ボーナス中の平均ストック数は約2個となっていて、「番長シリーズ」ではおなじみのものになっていますね。 超番長ボーナス後はBB天国モード移行しますので、番長ボーナスが確定となります。 まずはこのプレミアフラグを成立させることが、万枚を達成させるスタートと言えるでしょう。 絶頂対決 続いてのプレミアフラグは絶頂対決になります。 このプレミアフラグの恩恵は対決に勝利するたび、ストックが上乗せされていくことです。 絶頂対決中の平均ストック数は約4. 6個となっています。 上記でお伝えした超番長ボーナスと比較すると獲得枚数は少ないですが、大量のストックに期待が持てるプレミアフラグです。 大量のストック上乗せは当然ですが獲得枚数に大きな影響を及ぼします。 ですのでこちらのプレミアフラグも万枚達成には欠かせないものとなっていますよ。 ループストック 最後にお伝えするプレミアフラグはループストックです。 「押忍!番長3」ではストック獲得時に、ループ率が0%、25%、50%、80%の4種類に振り分けられます。 この中でも80%ループに当選すると平均ストック数が5個も獲得できるんです。 単純に数字を比較すると、この恩恵は絶頂対決よりも強くなっています。 もちろん80%ループだけでなく50%ループを複数成立させることも重要になります。 上記でもお伝えした通り、設定5は80%ループが優遇され、設定6は50%ループが優遇されています。 さらに「押忍!番長3」では1セットあたりの獲得枚数が少ない分、対決でのストック獲得率が高くなっています。 この演出では高継続のループストックの獲得数にも期待が持てる仕様となっているんです。 ですので万枚を達成するため、まずはストックを獲得することが重要になってきます。 ストック獲得の主な契機は対決勝利になりますので、事前の対決回数を増やさなければなりません。 そこで重要になってくるのが豪遊郭ステージへの移行になります。 この豪遊郭ステージに滞在している期間は、対決間ベル天井が最大7回に短縮されます。 さらにこの豪遊郭ステージに番長ボーナスが組み合わさると、平均4回の対決回数に3~4回の上乗せが期待できるんです。 番長ボーナスにはループ性も備わっていますので、かなりのストック数獲得も夢ではありません。 もしもその中に80%ループがあれば、さらなる大爆発への期待が膨らみます。 ですのでこの3種類のプレミアフラグを併用しながら、万枚達成を目指してみてください。 万枚達成時の動画 ここまで「押忍!番長3」で万枚を達成するための近道をお伝えしてきました。 しかし特徴ばかりを知っても現実味がないかもしれません。 そこでここからは万枚を達成した時の動画をご覧いただこうと思います。 是非この動画を見て万枚達成への期待を膨らませてください。 上記の動画のように「押忍!番長3」で万枚を獲得してみてくださいね。 まずは高設定の台を見つけることが最優先となっています。 続いてその高設定台でプラミアフラグを数多く成立させることが、万枚達成への近道になります。 超番長ボーナス、絶頂対決、そして80%ループストックの恩恵を最大限に利用すると万枚を達成することも夢ではありません。 是非こちらの記事を参考にしてもらい、「押忍!番長3」で万枚を達成してみてください。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

番長3|設定判別ツール 終了画面 高設定確定演出 設定差まとめ

押す 番長 3 設定

パチスロ押忍! 番長3の最高設定である、設定6を8千回転、それを6台続けて回しました。 「やっぱり設定6なら万枚出るのかな!?」 「設定6でも大きなハマリがあるのか?天井にいくの?」や、 「好調な波を描いているのは設定6なのかな?」 等、ホールでの台選びや設定判別等の、実践に役立てば幸いです。 アプリでのシミュレーションとなりますので、確実に設定6だけのグラフを掲載しています。 番長3のアプリはレビューではかなり低評価なコメントを書かれています。 しかしグラフこそ生成されませんが、それ以外はほぼ実機と同じです。 本気で設定狙いをされる方や、時々にでも投資する方は所持すべきです。 様々な設定差のある設定判別要素 ベルモードでの通常AB判定や、引き戻しARTの演出確認、強制逆転当選などなど を事前に何度も体感で分かるようになれるからです。 事前に学習しておけば結果的にアプリの値段分は15分で回収できることになります。 ただ画像を並べているだけではなく、最後に各種データを分析して、どうこのパチスロ機種と向き合うか、どうすれば勝てるかを考察しています。 設定判別要素 主に外部から判別出来る要素をまとめました。 設定 引き戻し確率 1 5. また50Gまでの当選は基本的にART継続、ということです。 通常時ボーナス直撃確率 通常時の 初当たりがボーナスならそれは直撃です。 たいていRBでカウントされることが多いです。 0 その他設定判別要素• ベルモードでのモード判定• 引き戻しARTの演出確認• 強制逆転当選• 共通ベルのカウント• ART終了画面での設定確定画面 などなどが存在します。 が、これは実際に打ちながら出ないと把握できないため (外からの履歴やグラフでは確認できない) ここでは扱いません。 スランプグラフや差枚、確率の分析と解説 パチスロ押忍! 番長3最高設定の設定6、6台中、8000ゲーム時点で差枚数がプラスになっている台は6台でした。 勝率はさすがの100%! 差枚数 最高枚数は7687枚で、最低枚数は2558枚でした。 平均差枚数は、4144枚。 ハマリゲーム数 最大はまりゲーム数は1450Gでしたが、1000Gを超えることはこの1回しかありませんでした。 ホール実践では初当たりが1000Gを1回でも超える台は設定6の可能性が低くなる、と考えてもいいかもしれませんね。 番長3での設定6とは?どう向き合うべき? 押忍! 番長3での設定6とは 「一撃で出玉を増やす!」というよりも 「安定して出玉を増やす」 と、いうイメージのパチスロ機種ですね。 設定6を掴めば 「え、こんなところで当たるの!?」 という感覚でストレスなく終日打てる台になることでしょう。 設定6を早い内から見抜くには 外から見えない要素 ベルモードでの通常AB判定や、引き戻しARTの演出確認、強制逆転当選などなど を確認していくことも重要です。 是非事前にアプリでこの差を肌感覚で掴んで挑んで下さい。 ぶっつけ本番で行うよりミスが格段に減りますよ。 AメソッドとARTの設定判別の関係 Aメソッドでは設定判別の要素が少ないAタイプ(ノーマル機)、ジャグラーを中心に扱っています。 それは一つ一つの確率を全部計算してさらに総合的に判断するからです。 Aメソッドはこれだけに焦点を当てています。 当然理論を身に着けてしまえば、得意な機種に絞って、個別の要素を考えていけば普通に全スロットに使える理論です。 詳細は 関連:攻めと守り。 Aタイプの設定判別 ここではAタイプ、ノーマルタイプでの設定判別の話になりますが、基本は同じです。 設定判別には設定差の強い要素である、• ボーナス確率• 子役確率• モード移行や細かな設定差• ホール情況 等を複数見ることが大切です。 そしてカウントした複数の要素で判別します。 ですが、ホールの実践中にこんな面倒なことをいちいちやっていられません。 ARTタイプだと要素がもっと多くなり、大変過ぎます。 そんな問題に、カウントもしながら複数の条件を自動で設定判別が出来る、Aメソッド製の設定判別アプリを使って下さい。 ただ、ここまではみんな当たり前のようにやっていると思います。 こういったツール類はいわば「盾」です。 打つ前に複数の条件が分かることはないですし、確認できるまでに数千回転は回さないといけません。 自分の座った判断が正しかったのかを確認できる、転ばぬ先の杖となるものです。 打ちながら挙動が思わしくない時に、設定判別ツールを見てヤメるか続行するかを判断出来るのですね。 ですから盾もとても重要です。 が、私達には先に攻撃を仕掛ける武器が必要でもあるのです。 パチンコパチスロは自分の攻撃(台に座ること)が絶対に先になるからです。 Aメソッドでは、武器を開発しています。 あらかじめそれらの複数の条件が起こった時を一つずつ計算し、表にまとめ、すぐに使える期待値として表しました。 ホールをざっと見渡して、どの台が高設定なのかを即時に判断し、座ることが出来る武器です。 それがAメソッドです。

次の