ファイテン ブレスレット 効果。 効果に違いなし!?ファイテン エクストリームシリーズのおすすめネックレス

SEVルーパーの効果を検証。芸能人愛用のネックレスの真実。

ファイテン ブレスレット 効果

画像:ファイテン株式会社 ファイテンの最大の特徴は、薬液を使わずに金属を水溶化する独自技術「水溶化メタル技術」です。 ファイテンの前身であるファイルド株式会社時代にチタンを水溶化する事に成功し (アクアチタン)、現在はゴールド、シルバー、パラジウム、プラチナ等、様々な金属へと範囲を広げています。 アクアチタンの生成成功と同時に特許も取得済 (名称はチタン超微粒子分散水)。 【課 題】 チタン熔融物を含む生理活性用途を有する高機能水の製造方法及びその装置の提供。 【解決手段】 高圧水中で酸素と水素の混合ガスを燃焼させ、その燃焼ガスで金属チタンを融解させることによりチタン熔融物が水中に溶解したチタン熔融水を製造する。 ファイテンの定番商品「RAKUWAブレス」には独自技術で生成したアクアチタンが素材の繊維一本一本まで含浸 (素材に液体を浸して含ませる事)されています。 アクアチタンの効果 誰も成し遂げていなかったチタンの水溶化に成功した事自体は素晴らしいですが、重要なのは商品の効果。 ファイテンのHPに記載されている商品の効果は「体を本来のリラックス状態に導く」「ストレスや疲労の蓄積で狂った心身のバランスを最良に保つ」等、曖昧な説明しかされていません。 薬機法とは? 正式名称は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」。 では、具体的なアクアチタンの効果は全く分からないのかというとそうではありません。 2007年にファイテンが京都府立医科大学に寄付講座「予防健康医学講座」を開設した事がきっかけになって発足した「アクアメタル研究会」によってアクアメタルに関する種々の研究結果が発表されています。 研究に参加したのはブラウンシュバイク工科大学 (ドイツ)、カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (アメリカ)、マッセイ大学 (ニュージーランド)等。 画像:ファイテン株式会社 ファイテンのブレスレットには様々な種類がありますが、「アクアチタンを採用したもの」「メタックスを採用したもの」「素材に純チタンを採用したもの」「素材に水晶を採用したもの」に分かれます。 2,000円程度で購入できる買いやすいモデルもあるのでお試しには最適ですね。 「RAKUWAブレス メタックス クリスタルタッチ」や「RAKUWAブレス EXTREME ツイスト」等はファイテン最高の技術と公式で説明されているメタックスを採用した商品です。 純チタンを採用したブレスレットは定番の「チタンチェーンブレス」と純チタンにメタックスを採用し、傷がつきにくくなる特殊な表面加工を施した「ハードコートチタンブレス メタックス」が販売されています。 最後はファイテン伝統の水晶ブレスレット。 水晶の表面にチタンをコーティングした「チタン水晶コンビブレス」は水晶の大きさや長さが違うものが数種類販売されています。 まとめ 以上が健康アクセサリ業界で一二を争う有名メーカー「ファイテン」が製造・販売しているブレスレットの概要や特徴です。 ファイテンといえばネックレスのイメージがありますが、ブレスレットもアクアチタンやメタックスを採用したものなど、ネックレスと同じような商品が揃っています。 僕的には健康アクセサリに何かしらの効果を求めるならまずはネックレスをおすすめしますが、値段や気になる部位、デザイン的なものでブレスレットを選ぶ人もたくさんいました。 健康ネックレスは通常のファッションネックレスよりもスポーツに特化したデザインのものが多いので、ネックレスよりかは日常でもさりげなく着けられるブレスレットを選ぶ気持ちは理解できます。 ファイテンブレスレットにもたくさんの種類がありますので、いろいろ検討してみてお気に入りの一本を見つけてくださいね。

次の

コラントッテとファイテンの効果と違いを比較!肩こりに効くのか?徹底レビュー!|ちかどころ

ファイテン ブレスレット 効果

国内外のトップアスリートも愛用するこのネックレスは、ただのファッションではなく、 身体能力を高める、回復をサポートするなど、多くのメリットがあると言われています。 現在、様々なメーカーが、ネックレスを販売していますが、その中で最も有名なのが、フィギュアスケートの羽生結弦選手、プロ野球のダルビッシュ有選手も愛用している 「ファイテン」でしょう。 このサイトでも以前、ファイテンのネックレスについて、その効果を検証しました。 今回紹介するのは、ファイテンの次に人気があるネックレス 「SEVルーパー」です。 特許技術「SEV」を使用している、ファイテンとよく比較される商品です。 ちなみに、 SEVはネックレスだけでなく、自動車製品にも使用されています。 車雑誌の「カーグッズ・オブ・ザ・イヤー」も受賞しているので、車好きな人は聞いたことがあるかもしれません。 そんなSEV製品は現在、全世界に50万人以上の愛用者がいます。 しかし、着けるだけ効果があるという、非科学的で、怪しい謳い文句から、オカルト商品と呼ぶアンチも少なくありません。 そこで今回は、そんなSEVの効果について、客観的、中立的な立場から検証していきます。 これが、物質の「劣化」であり、生物の「老化」、有機物の「腐敗」です。 ということは逆に、 酸化した物質に電子を与えて還元することができれば、物質の劣化を防ぐことが可能ではないか、というのがSEVの基本コンセプトです。 この前提を理解したうえで、株式会社ダブリュ・エフ・エヌが主張するSEV技術のメカニズムを確認してください。 SEVのメカニズム 1.花崗岩系の天然鉱石が放射線を発生 2.数十種の金属が放射線を導電。 最も有名なものとしては、1982年に、NASAの医学顧問でもあったミズーリ大学の生化学者トーマス・D・ラッキー博士が発表した 「放射線ホルミシス効果」についての論文でしょう。 この論文では、 微量放射線を浴びることは、身体に有害どころか、むしろ生体を活性化させ、健康になるという内容が記載されています。 放射線ホルミシス効果については、日本でも研究が進められており、1993年に、電力中央研究所、東京大学、京都大学、東北大学、大阪大学など、14の大学、研究機関で実施された共同研究では、低線量照射によって、ラットにおけるがん転移率、糖尿症状の抑制などが確認されています。 身近なものでいうと、放射能泉として人気の「ラジウム泉」「ラドン泉」「トロン泉」などの温泉も、この効果を利用しています。 しかし、以上のことはあくまでも、微量放射線の有効性を証明した実験であり、SEV技術の有効性を証明しているわけではないので注意してください。 SEV技術そのものや、SEVネックレスの効果に関する論文について、「CiNii Articles」や「Google Scholar」などを検索しましたが、検証実験のデータは見つかりませんでした。 しかし1点、非常に気になる、ネガティブな情報があります。 それは、株式会社ダブリュ・エフ・ エヌが特許庁に対して行った、SEV技術の肝である「特許第3065590号:物質活性化方法および装置」の明細書に関する、訂正申請についてです。 2009年に審議されたこの申請では、7か所の訂正がされています。 その中でも、特に気になる部分が、「訂正事項2」にかかわる次の部分です。 変更前 これにより、放射性物質層11が放射する100ミリシーベルト程度の放射線は、ダクトD内を流れる吸入空気に作用してこれをイオン化させる。 特許審決データベースより引用(一部抜粋) 変更後 これにより、放射性物質層11が放射する100ナノシーベルト程度の放射線は、ダクトD内を流れる吸入空気に作用してこれをイオン化させる。 特許審決データベースより引用(一部抜粋) この箇所では、天然鉱石が放出する放射線量を、「100ミリシーベルト」から「100ナノシーベルト」に変更をしています。 福島第一原子力発電所事故以来、詳しくなった方も多いかと思いますが、ICRP(国際放射線防護委員会)が勧告している被爆限度は「年間1mSv以下」を目標としています。 変更前の100mSvはその100倍の数値です。 また、長崎大学の武藤浩二教授が2010年に学部の授業で使用したレジュメにおいて指摘しているとおり、Svは放射線の強度を示す単位ではなく、被曝量を計る単位のため、期間を明示しないと意味が通じません。 このように、 SEVの核となる技術の特許申請にもかかわらず、あまりにもお粗末な誤記載であるといえます。 そのため、科学的評価は、厳しいものがあるといえるでしょう。 ちなみに、この訂正申請自体、明らかな誤記であったと認めるべき根拠が不明瞭であるとして、却下されており、現在でも変更前の内容で特許登録されています。 そこで、実際にSEVショールームを訪問し、色々なSEV商品を体験、社員さんに質問してみました。 結論から言うと、SEVの効果は想像以上でした。 はじめてファイテンショップでファイテン商品を試した時も驚きましたが、それと比較しても、衝撃的な体感でした。 特に驚いたのは、 5分ほど試着したSEVブレスレットを外した約30秒後、装着していた手首に水が流れるような感覚があり、ポカポカと暖かくなったことです。 SEVショールームの社員さん曰く、この現象は身体が好転反応を起こしている証で、温泉に入った時の「湯あたり」と同じ状態だそうです。 その後、ファイテンショップでも定番の、ネックレスを腕に巻いた状態でダンベルを持つと、ダンベルが軽く感じる、という体験もしました。 ここで驚いたのは、 ダンベルを持つ手と反対の手にネックレスを持っても、ダンベルが軽く感じたということです。 これはファイテン商品では感じられない効果です。 そんな効果を実感しやすいSEVですが、なぜこれほどの効果があるのかは、SEVの社員さんでも、商品開発をしている人でも、完全には理解できていないようです。 そのため、SEVの説明はいつも釈然とせず、どこか抽象的です。 一部の間でオカルト的な扱いになってしまうのも、しょうがないかもしれません。 しかし、説明が足りなくても、SEVに高い効果があるのは事実です。 多くのトップアスリートが愛用していることが、その証明ともいえます。 もし、 SEV商品への疑念が払拭できないという人は、実際にSEVショールームを訪問してみましょう。 必ずや衝撃の体験ができるはずです。 運が良ければ、芸能人やスポーツ選手にも会えるかもしれません。 購入した商品 SEVルーパー typeM 人気No. 1のネックレスです。 妻が購入しました。 昨年、ファイテンのネックレス(ミラーボール)を着用して以来、重度の肩こりは解消していたので、今回は、明確な体感はないようでした。 ただ、ファイテンのデザインに飽きてきたということもあり、購入を決めたそうです。 3Mは女性の普段使いとしてボリュームがありすぎ、Gはゴールドが個人的に服装に合わせにくいということで、Mのブラックを選択しました。

次の

ファイテン(phiten)の効果とは?|ファイテンの技術・初心者向けのおすすめアイテム5選

ファイテン ブレスレット 効果

ファイテンのブレスレットのチタン効果が凄い!適正サイズから付け方まで徹底解説 早速ファイテンブレスレットの凄さをシェアしていきたいと思います。 ネックレスはが付けているので有名ですが、 ブレスレットだとゴルフの 松山英樹選手が愛用しています。 松山英樹選手はファイテンのブレスレットに絶大な信頼を寄せており、 トップアスリートに愛用されるぐらいの価値がファイテンのブレスレットにはあるのだという事がわかると思います。 それではどんなところがトップアスリートに愛され、評価されているのか、 効果などをあげながら徹底的に解説していきたいと思います。 ファイテン独自技術アクアチタンの凄さ ファイテンブレスレットの効果の源は、ファイテン独自技術である アクアチタンによるものです。 アクアチタンとは、 チタンを水溶化して製品(ネックレスやブレスレットなど)に含有させるという技術です。 チタンを水溶化させ製品に含有させるということはとても難しく、 ファイテンにしかできない独自技術になります。 ネックレスやブレスレットにチタンを含有させることにより、 競技中や日ごろの生活など 常にチタンの効果を得ることができます。 チタンで自律神経を整える ファイテンのブレスレットを付けることで、チタンの効果を得られるということがわかりましたが、 それではチタンにはどんな効果があるのでしょうか? チタンを身に付けることで、 自律神経を整える効果があります。 自律神経を整えるという効果はアスリートにとっては凄まじい効果で、 自律神経を整える事により 競技パフォーマンスを上げることができます。 競技中は特に、身体的にもメンタル的にもストレスがかかりやすく自律神経も乱れやすくなります。 自律神経が乱れると、 心拍数や血圧が乱れたり、筋肉の緊張を起こしパフォーマンスを低下させますので、 ファイテンのブレスレットを付けることで自律神経を正常に保つことができるのです。 テニスやバドミントン、卓球の場合は腕の緊張がほぐれるのでスイングスピード上がるといった効果が期待できますし、 ゴルフの場合は精神の乱れを解消してリラックスして競技に取り組むことができます。 サイズの決め方 サイズの決め方は競技によって変わってきます。 ラケット競技をされている方でしたら、 大きすぎると邪魔になり競技に影響するので気持ちフィット感強めにして、 ゴルフなど激しくない競技でしたら、逆にサイズ感にゆとりがあるものを選ぶと良いです。 基本的に 付けていても気にならないサイズが適正サイズと言えます。 ブレスレットの付け方とは? 意外と多い疑問が、 「ブレスレットの正しい付け方は?」 というものです。 留め具があるモデルは留め具を外して普通に着ければ良いですが、 RAKUWAブレスX50など留め具がないモデルは、 素材がシリコンなどで伸ばし付けても大丈夫です。 しかし、あまり伸ばし過ぎると当然切れてしまいますので、 少し伸ばしながら付けるようにしてください。 ファイテンブレスレットおすすめ4選 RAKUWAブレスS DUOタイプ(松山英樹選手愛用モデル) 最初に紹介するのは、 RAKUWAブレスS DUOタイプです。 こちらのモデルはプロゴルファーの松山英樹選手が愛用しているモデルです。 トップアスリートが愛用しているので凄く値段が高そうに思えますが、 税込2,592円とかなりリーズナブルです。 RAKUWAブレスX50(入門モデル) 次に紹介するのが、 RAKUWAブレスX50です。 まだファイテンのブレスレットを使ったことがない人向けの入門モデルです。 私も最初ファイテンブレスレットはこのX50から使い始めましたが、 最初からブレスレットの 効果を実感できたのを覚えています。 効果が期待でき税込2160円とかなりリーズナブルですから、 コスパが高いのでオススメです。 RAKUWAブレスX100 カーボン シルバー(本格派モデル) 次に紹介するのは、 RAKUWAブレスX100カーボンシルバーです。 このモデルは、 「少し高くてもファイテンのブレスレットを付けて効果を得たい!」 と思っている人向けの 本格派モデルです。 アクアチタンX100を採用しているので、先ほど紹介したX50より2倍のチタン効果を得ることができます。 税込14,040円と少々お値段は高めですが、 それだけ高い効果を得ることができます。 RAKUWAブレス メタックス クリスタルタッチ 最後に紹介するのは、 RAKUWAブレスメタックスクリスタルタッチです。 今まで紹介してきたものはアクアチタンを採用していましたが、 このモデルはメタックスを採用しています。 メタックスとはチタンだけではなく、 ゴールド、 シルバー、 パラジウム、 プラチナ、 の各種金属を水溶化して含有させる技術です。 このメタックスはファイテン公式でも最高技術と謳っていて、 X100以上の効果があるのではないかと言われています。 しかし、各種金属を含有していることにより自然とチタンの含有率も下がると考えられるので、 チタンの自律神経を整える効果を得たいのならX100を選んだ方が無難でしょう。

次の