拝見させて頂きました。 「させていただきたく存じます」の意味と使い方!言い換え表現も紹介

「させていただいております」の意味と使い方・漢字|二重敬語

拝見させて頂きました

「させていただく」は「させてもらう」の謙譲語 「させていただく」は、 「させてもらう」の謙譲語です。 文化庁は「基本的に他者の許可を得た上で、自分が行うことについて、その恩恵を受けることに対して敬意を払っている場合」に使うのが適切であるとしています。 つまり「させていただく」は、 ・相手や第三者の許可を受けて行う場合 ・それを行うことで恩恵を受けるという事実がある場合 の2つの条件を満たすときに使用するのが正しい使い方になります。 「させていただく」は、「 図々しくて申し訳ないが、相手が許可してくれたから〜する」という意味合いになります。 例えば、相手の資料をコピーしたい時に「その資料、コピーを取らせていただきますか」という場合。 これは相手にコピーして良いか確認してからその後行動に移しているため適切な使い方になります。 例文 「今回の件に関しては殘念ですが、コメントは控えさせていただきます」 「本日は急用のため、欠席させていただきます」 「誠に勝手ながらのスケジュールを変更させていただきます」 「一部内容に誤りがございましたので、訂正させていただきます」 「拝見」の誤用に注意! 「拝見いたします」も二重敬語 「拝見いたします」はよく使われる言葉ですが、 文法的に正しい使い方ではありません。 「拝見いたします」は 「見る」の謙譲語「拝見する」+「する」の謙譲語「いたす」になるため、二重敬語になってしまいます。 二重敬語は回りくどい印象を与えてしまうため、良くないとされていますが、ビジネスシーンで「拝見いたします」「拝見いたしました」は頻繁に使用されています。 文法的には正しくありませんが、慣習的によく使う表現なので、ほとんどの人にとってそこまで違和感のある表現ではありません。 ただ、実際には「拝見します」が正しい使い方なので覚えておきましょう。 「拝見していただく」は誤った敬語 「拝見していただく」は、誤った敬語です。 「拝見」という言葉は上述いているように、「見る」という言葉の謙譲語です。 そして、「〜していただく」は「〜してもらう」の謙譲語となります。 したがって、 「拝見していただく」という表現は、謙譲語を二つ重ねた二重敬語であるということになるため、誤った表現であるということになります。 相手に、「見てもらう」ということを丁寧な敬語で言い表すのであれば、 「拝見」の部分を尊敬語にして言い表した「ご覧いただく」が正しい表現です。 「見る」の尊敬語については後述します。 「見る」の尊敬語は「ご覧になる」 「見る」の尊敬語は、「 ご覧になる」「 見られる」になります。 尊敬語の場合、相手の行為に対して使います。 目上の人が何かを見る場合に、「ご覧ください」や「ご覧くださいましたか?」というのが正しい言い方です。 また、自分自身のものや会社のものなどを見てもらう場合には、「ご覧になる」に謙譲語「いただく」を付け加えた「ご覧いただく」を使います。 「ご覧いただく」は「見る」の尊敬語「ご覧になる」+「〜してもらう」の謙譲語「いただく」となるので、へりくだった印象を与えます。 また、「ご覧になる」のさらに丁寧な表現に「ご覧くださり」があります。 「ご覧になる」+「〜してくれる」の尊敬語「くださり」になるので、相手が行ってくれたことに感謝の意を表します。 ちなみに 「ご覧になられる」は二重敬語となるので、注意しましょう。 「ご拝見」も誤った敬語 「拝見」は、上述しているように、 謙譲語であるため自分の動作をへりくだって表現する言葉です。 したがって、「ご拝見ください」だと、 相手の動作に謙譲語を使っているので誤用となります。 相手に「見る」ということをお願いしたい場合は、「ご確認お願いします」といったように尊敬語を使用して表現します。 また、「ご拝見させていただく」は、 「ご」は謙譲語、「拝見」も謙譲語、「させていただく」も謙譲語なので、明らかに二重敬語となり誤用となりますので注意しましょう。 「拝見」の正しい使い方と例文 「拝見」は自分の動作のみ使う 「拝見」は、上述している通り、 「見る」という動作の謙譲語です。 「謙譲語」は 相手に敬意を示すために自分の行為をへりくだった表現にすることです。 したがって、 「拝見」という言葉を相手の見るという動作に使用することはできません。 相手の「見る」という動作を敬語表現に言い換える場合は、「ご覧になる」というような表現を使用します。 「ご覧」については上述していますので参考にしてください。 「拝見します」「拝見しました」「拝見したいです」の形で使うの正解(謙譲語+丁寧語) 「拝見」という言葉は自分の「見る」「見た」ということを相手に敬意を示すためにへりくだった意表現をする謙譲語です。 「拝見させていただく」や「拝見いたします」というように使われがちですが、これらは二重敬語となるため誤った表現になります。 「拝見」という言葉が謙譲語であるため、 ・拝見します ・拝見しました ・拝見したいです というように、 うしろにつく言葉は「丁寧語」になることが基本です。 「拝見いたしました」というような表現は、 日常的に使用されている言葉ではありあますが、正しい文法ではないので、使用することは避けるべきだと言えるでしょう。 例文 「今から、本日公開の最新作を拝見します」 「それでは、お持ちいただいた企画書を一人ずつ拝見します」 「まずは、人気のある作品を一通り拝見します」 「先日公開された募集要項を拝見しました」 「参考文献を送ってくださりありがとうございます。 さっそく拝見しました」 「先週募集した企画書をすべて拝見しました」 「とても話題になっている作品なのでぜひ拝見したいです」 「先週話題にあがった企画の進捗状況を拝見したいのですが」 「作者のメッセージを汲み取りたいのでゆっくり拝見したいです」 「お顔を拝見」「元気なお姿を拝見」など人に対しても使える 「お顔を拝見」「元気なお姿を拝見」などは、人に対して使うことができる言い回しです。 「お顔を拝見」は、「 お顔を見ることができて」「元気なお姿を拝見」は、「 元気な姿を見ることができて」という意味です。 「会うことができて嬉しいです」というニュアンスで使用される言葉で、「元気なお姿を拝見でえきて大変うれしく思います」というように使用します。 例文 「先日は、素敵な会にお呼びいただきありがとうございます。 本日は、久しぶりにご家族の元気なお姿を拝見し大変うれしく思います。 「読む」の謙譲語で、「 つつしんで読む」と言う意味です。 「拝見」と同じ自分のことをへりくだった言葉なので、相手の動作には使えません。 「この間送ったメール拝読いただけましたか?」といった表現は間違いになります。 「拝覧」は、「 見るということをへりくだっていう語」です。 「謹んで見る」ということを、「拝覧」と言います。 元々、神仏や仏像など高貴な人やものに対して使用される言葉で、 主に建物や美術品といったものを見る場合に使用される言葉です。 例文 「はじめて奈良の大仏を拝覧することができ、感動した」 「美術館で歴史ある作品を拝覧することが私の趣味だ」 「ぜひ、一度直接拝覧したいものだち常々思っている」.

次の

「拝見」に関連した英語例文の一覧と使い方

拝見させて頂きました

ビジネスの場面でよく耳にする「~させていただきます」。 Webサイトの原稿を取りまとめているときもこのフレーズがよく登場します。 丁寧な印象を与えようと多用しがちですが、使い方を間違えると逆に相手に無礼な印象を与えてしまうこともあるようです。 Webサイトは多くのユーザーが目にします。 そんな中で使い方を間違えた日本語表記があると、せっかく良い内容のページでも会社としての信頼性が薄れてしまうかもしれません。 私も日ごろ何気なく使っている言葉が、実は間違った使い方をしているということがよくあります。 正しい日本語表現を使うためにも、自分への戒めも込めて今回はこの「~させていただきます」の表現にフォーカスを当てて意味合いを理解していこうと思います。 「~させていただきます」の意味 「~させていただきます」を国語辞典で調べてみると、 「~いただく」「~頂く」(謙譲語) 自分自身が行うことを、相手の許可を受けて行い、そのことで自分が恩恵を受けるという事実や感謝の気持ちがある場合に使われる。 というのが本来の正しい使い方のようです。 正しい「させていただきます」の使い方例 スケジュールを変更させていただきます 「許可してもらえるとありがたい」「変更したい」という気持ちが込められています。 僭越ながらごあいさつさせていただきます 聴衆の「許可を得てあいさつする」という意味が込められています。 間違った「~させていただきます」の使い方 間違った使い方は、いくつかのパターンに分けられます。 文法間違いパターン (誤)拝見させていただきました (正)拝見しました 「拝見」は謙譲語で、「~いただきます」も同じく謙譲語となるため「二重敬語」となり、文法上の間違いです。 「拝見いたします」も「いたします」が謙譲語のため、文法的には間違いです。 過剰丁寧パターン (誤)本日はお休みさせていただいております (正)本日は休暇をとっております 休んでいる事実を謙虚に伝えるだけなら、「させていただく」は必要ありません。 また、だれを立てているのかが分からないパターンでもあります。 無礼な印象パターン (誤)説明させていただきます (正)説明いたします 頼んでもいない上に許可も得ないで一方的に宣言されるという、強引な印象になってしまいます。 相手に対しての配慮や気配りが欠けているという具合に受け取られる可能性もあります。 クドい遠回しパターン (誤)本日中にお送りさせていただきますので、ご確認いただけますでしょうか (正)本日中にお送りいたしますので、ご確認ください 言葉にすると舌を噛んでしまいそうな遠回しの言い方です。 過剰な丁寧と二重敬語で、読んでいる側からするとクドすぎる印象を与えてしまいます。 こうなると、でたらめ丁寧表現の押し売りとなってしまいます。 問題となっている「させていただきます症候群」 最近では「させていただきます症候群」と呼ばれるくらい問題にもなっています。 とりあえず「~させていただく」と語尾に付けておけば、丁寧な感じで失礼にはならないという勝手な意識が働くため、何かと便利な言葉と勘違いされています。 世代に関係なくテレビなどメディアを通じて誤用が広まっているようです。 「させていただきます」が連発された文章を見てみると、「長い・回りくどい・読みにくい」の3拍子で結局何も伝わらない…という事になってしまいます。 読んでいる側にとってもあまりに連発されると、丁寧というよりは「イラっ」と不快感を与えることになってしまうので注意すべきです。 「させていただきます」の解消には「いたします」 「いたします」は、自分がある行動をとることを単に宣言する表現である「~する」を丁寧に述べた謙譲語です。 相手に許可を得る必要がない場面で使用するのに適切です。 「させていただきます」より「いたします」を用いた方が、ハッキリと引き締まった言葉遣いになりカッコ良いです。 シーンにもよりますが、回りくどい印象よりも言い切れる人間の方が信頼感も大きいのでは無いでしょうか。

次の

「させていただきました」の使い方・敬語の種類・別の敬語表現

拝見させて頂きました

ビジネスの場面でよく耳にする「~させていただきます」。 Webサイトの原稿を取りまとめているときもこのフレーズがよく登場します。 丁寧な印象を与えようと多用しがちですが、使い方を間違えると逆に相手に無礼な印象を与えてしまうこともあるようです。 Webサイトは多くのユーザーが目にします。 そんな中で使い方を間違えた日本語表記があると、せっかく良い内容のページでも会社としての信頼性が薄れてしまうかもしれません。 私も日ごろ何気なく使っている言葉が、実は間違った使い方をしているということがよくあります。 正しい日本語表現を使うためにも、自分への戒めも込めて今回はこの「~させていただきます」の表現にフォーカスを当てて意味合いを理解していこうと思います。 「~させていただきます」の意味 「~させていただきます」を国語辞典で調べてみると、 「~いただく」「~頂く」(謙譲語) 自分自身が行うことを、相手の許可を受けて行い、そのことで自分が恩恵を受けるという事実や感謝の気持ちがある場合に使われる。 というのが本来の正しい使い方のようです。 正しい「させていただきます」の使い方例 スケジュールを変更させていただきます 「許可してもらえるとありがたい」「変更したい」という気持ちが込められています。 僭越ながらごあいさつさせていただきます 聴衆の「許可を得てあいさつする」という意味が込められています。 間違った「~させていただきます」の使い方 間違った使い方は、いくつかのパターンに分けられます。 文法間違いパターン (誤)拝見させていただきました (正)拝見しました 「拝見」は謙譲語で、「~いただきます」も同じく謙譲語となるため「二重敬語」となり、文法上の間違いです。 「拝見いたします」も「いたします」が謙譲語のため、文法的には間違いです。 過剰丁寧パターン (誤)本日はお休みさせていただいております (正)本日は休暇をとっております 休んでいる事実を謙虚に伝えるだけなら、「させていただく」は必要ありません。 また、だれを立てているのかが分からないパターンでもあります。 無礼な印象パターン (誤)説明させていただきます (正)説明いたします 頼んでもいない上に許可も得ないで一方的に宣言されるという、強引な印象になってしまいます。 相手に対しての配慮や気配りが欠けているという具合に受け取られる可能性もあります。 クドい遠回しパターン (誤)本日中にお送りさせていただきますので、ご確認いただけますでしょうか (正)本日中にお送りいたしますので、ご確認ください 言葉にすると舌を噛んでしまいそうな遠回しの言い方です。 過剰な丁寧と二重敬語で、読んでいる側からするとクドすぎる印象を与えてしまいます。 こうなると、でたらめ丁寧表現の押し売りとなってしまいます。 問題となっている「させていただきます症候群」 最近では「させていただきます症候群」と呼ばれるくらい問題にもなっています。 とりあえず「~させていただく」と語尾に付けておけば、丁寧な感じで失礼にはならないという勝手な意識が働くため、何かと便利な言葉と勘違いされています。 世代に関係なくテレビなどメディアを通じて誤用が広まっているようです。 「させていただきます」が連発された文章を見てみると、「長い・回りくどい・読みにくい」の3拍子で結局何も伝わらない…という事になってしまいます。 読んでいる側にとってもあまりに連発されると、丁寧というよりは「イラっ」と不快感を与えることになってしまうので注意すべきです。 「させていただきます」の解消には「いたします」 「いたします」は、自分がある行動をとることを単に宣言する表現である「~する」を丁寧に述べた謙譲語です。 相手に許可を得る必要がない場面で使用するのに適切です。 「させていただきます」より「いたします」を用いた方が、ハッキリと引き締まった言葉遣いになりカッコ良いです。 シーンにもよりますが、回りくどい印象よりも言い切れる人間の方が信頼感も大きいのでは無いでしょうか。

次の