部屋干し アイテム。 洗濯物!部屋干しアイテム!DIY!これで雨も気にならない!│ちゅうたイズム

部屋干しの味方! ドラム式にも使える“酸素系”洗濯槽クリーナー「カビトルネード」【藤原千秋の使ってわかった! 便利家事アイテム】

部屋干し アイテム

部屋干しのおすすめ便利グッズ(必需品編)ラストを飾るのは、室内干し用洗剤です。 今は色々な室内干し用洗剤が出ていますね。 室内干しの難点は、どんなに気を使っても洗濯物の乾きはどうしても外干しよりも遅くなり、生乾きの匂いが出やすくなってしまうところです。 太陽光による消毒も出来ませんしね。 そこを室内干し用の洗剤に補ってもらいましょう。 抗菌作用のあるもの、生乾きの匂いが出にくいようにしてくれるもの、早く乾く成分が含まれているもの、など、色々とあります。 お好みの洗剤を是非見つけてみてください。 洗濯洗剤に関する記事を見つけました。 柔軟剤との人気の組み合わせも紹介されています。 部屋干しは洗濯物が臭くなりやすいので、いい匂いの柔軟剤などをうまく利用できると良いですよね。 是非、合わせてご覧くださいね。 室内干しのおすすめ便利グッズ(あったらいいな編)2番目は、便利フックです。 こちらの商品は上部のフックが6段階の角度に変えられるので、様々な場所に引っ掛けることが出来ます。 タンスの引き出し、クローゼット扉、なげし、壁面フック、ドア上部など、引っ掛かってくれたら嬉しい場所ばかりです。 室内干しは場所との闘いといっても過言ではありません。 特に場所をとるピンチハンガーは干し場所がなく、椅子の背やソファーのひじ掛けに悲しく引っ掛けられていることなどもしばしばですね。 そうなると部屋はとても散らかって見えますし、生活空間も狭くなり残念です。 また下の方に干されていると空気も湿りがちでなかなか乾きません。 そんな時もこの便利フックなら、なげしやドア上部にかけて干すことが出来、様々な問題をクリアすることが出来ます。 素晴らしい便利グッズですね。 エアコンの風は乾燥していて、洗濯物を乾かすのにうってつけです。 エアコンの風を利用するために、今までは部屋干し用の物干しをエアコンの前に持ってきたりしていました。 しかし、エアコンは大抵一番人が集まる場所に設置されているものですから、そこに物干しがドンとあるのも邪魔だったりして、なかなかうまく活用しきれない場合が殆どでした。 でもこのエアコンハンガーがあれば、邪魔にもならず、しっかりとエアコンの風を洗濯物に当てることが出来ますね。 設置、取り外しも簡単ですよ。 アレルギー持ちの方でなくても、アレルギー発症の原因となる物質はなるべく吸い込まない方が良いとのデータがあります。 外干しは短時間でカラッと乾いて気持ちいいですが、洗濯物に花粉、黄砂などがしっかりと付着してしまうんですよね。 取り込む時にバサバサと払っても、かなりの量の物質がくっついてしまったままです。 室内干しであれば、ホコリや花粉、黄砂の付着を防ぐことが出来ます。 ただ、あまりよくない環境で室内干ししてしまうと、今度はカビというアレルギー物質を増やすことになりますので、良い環境を作るようにしてくださいね。 前述の生乾き臭を防ぐために、部屋のスペースを空け、エアコンや除湿器や乾燥機をガンガン回して太陽に負けないように頑張ると、どんどん電気代がかかってしまいます。 最近の除湿器、乾燥機などはかなり電気代が抑えられる設計になっていますが、それでもただの太陽や風にはかないません。 外干しの利点も、やはりたくさんありますね。 臨機応変に使い分けられると良いですね。 どうせなら楽しく部屋干ししたい! いかがでしたでしょうか。 室内干しのおすすめ便利グッズ、お気に入りのものは見つかりましたでしょうか。 最近は本当に様々な部屋干しの便利グッズがありますね。 100均でも素晴らしい部屋干し便利アイテムがたくさんあり、びっくりしてしまいました。 部屋干しの利点もたくさんありましたね。 アレルギー体質の方などは外干しよりも、環境が整っていれば部屋干しのほうが安全ですね。 これからは雨だから嫌々部屋干し、ではなく、積極的に楽しんで部屋干しに取り組んで行きたいですね!•

次の

審査中! 「アイテムタグつけてね!」部屋干しスペース イベント | RoomClip(ルームクリップ)

部屋干し アイテム

梅雨の時期の悩みといえば、なんといっても 洗濯ではないでしょうか。 しかし、こんな環境ではなかなか乾くはずもなく…… 部屋干しって、そもそも十分な場所が確保できないため、結果としてなかなか乾かなかったり、生乾きのイヤ〜なニオイが残ってしまったりと、悩ましいものですよね。 特にひとり暮らしの狭い部屋では、物干し台などの導入も難しいです……。 私も長年悩んでいたのですが、さまざまなアイテムを駆使することで、ついに部屋干し環境を快適にすることに成功しました! 今回は、そのために使っているアイテムをご紹介します。 いつ、どこに干すべきかわかる「部屋干し番」 ひとつめは、洗濯物の乾きやすさがひと目でわかるアイテムです。 ドリテックの「部屋干し番」! 気温と湿度から判断した、洗濯物の乾きやすさを教えてくれます。 乾きやすさレベルは、Tシャツマークひとつで「乾きにくい」、2つで「ふつう」、3つで「乾きやすい」、4つで「よく乾く」となります。 こちらは別の日、別の部屋で撮影したもの。 体感ではわかりませんでしたが、湿度が高かったようです 洗濯物を干したい部分にこれをかけておけば、そのとき、その場所がどれくらい部屋干しに適しているかがひと目でわかります。 しかし「部屋干し番」を導入してからは、洗濯のタイミングや場所で悩むことがなくなりました。 洗剤は「部屋干し用」を使う 次は洗剤です。 これまでは部屋干しの場合も、いつもと同じ洗剤を使っていたのですが、「部屋干し用」とうたわれているものを使うと全然違うんです。 私は「部屋干しトップ 除菌EX」を使っています 粉末タイプの洗剤です。 白い粉の中に、青い粒が入っています 「ダブル除菌成分」「酵素」「除臭成分(活性ジンクイオン)」の働きで、部屋干しのニオイはもちろん、使い古しのタオルの「もどり生乾き臭」までも防いでくれるというすぐれもの。 これを使うと、部屋干しでも本当に生乾き臭がせず、ほんのりシトラスフルーティーの香りになります! 今では外干し用と部屋干し用で洗剤を使い分けるようになりました。 浴槽にタオルが干せるようになるアイテム 部屋干しにおける最大の悩みは、 十分なスペースがないことではないでしょうか。 狭いスペースに洗濯物を詰め込むと乾きにくいですよね……。 そこで、意外な場所が干し場所に変身するアイテムをご紹介します。 「バスルームでも使える室内物干し」です 閉じた状態だとイメージがしづらいですが、こちらはバスルームで使えちゃう物干しなんです! デッドスペースになりがちなお風呂場を活用できるのはうれしいですよね。 このように開いて、浴槽に干し場を作ることができます。 開く角度は調節可能。 また、横幅も約39〜69cmまで調節できます お見事! タオル類をしっかり干すことができました 足の部分はこのようにしっかり固定されるので、幅広いタイプの浴槽で使えそう また、平置き状態にしても使えます。 我が家のお風呂はサイズが小さく、全部を広げられませんでしたが……、セーターやマットなどを平置きして干すこともできますよ もちろん、お風呂場以外でも使用可能。 干せる量は減ってしまいますが、このように壁に立てかければタオル類を干せます。 角度を調節してさまざまな場所で使えます 収納時は、隙間に入れればじゃまになりません 重さ6. 洗濯機の横など、隙間に収納しておけるのでじゃまになりにくいです。 使いたいときにサッと取り出せるので、かなり重宝しています。 ハンガーをかける場所を増設! さきほどのアイテムでタオル類の干し場所は確保できましたが、一番欲しいのは、ハンガーをかけられる場所ですよね。 続いては、部屋の中に物干しスペースを増設できるアイテムです。 「室内物干しフック クロスフック」 この商品は、室内のドア枠や、ふすまなどの鴨居に取り付けて、物干しスペースを作れるアイテムです。 本体を軽く握ると、アームの先端がガバッと開きます。 5cmの鴨居やドア枠です クロスフック1個で使用する場合は、このようにピンチハンガーなどをかけると便利です 耐荷重は8kg。 結構重いものも干せますね! また、クロスフックを2個使うと、付属のポールを渡すことで物干し竿として活用できます。 ポールは伸縮可能で、約27〜46cm。 よくある突っ張り棒といった感じです このように取り付けます! あっという間に物干しスペースが作れました クロスフック2個使用での耐荷重は10kg。 十分な洗濯物が干せそうです。 バーだけでなく、クロスフック自体にもハンガーをかけることができます 早く乾くハンガーを使う さて、これで干し場所を確保できましたが、どんなハンガーを使うかも重要です。 私は、通気性がよくなる8の字形状のハンガーを使っています。 「Eaoike 速乾8の字ハンガー」 普通のハンガーとは異なり、文字通り8の字の形をしています この8の字部分は水平にも垂直にもなります。 かつ、ハンガーのあらゆるところが回転するようになっているので、動画でご確認ください。 シャツに使用するとこんな感じになります。 服が広がっているのがわかりますか? 衣類に空気の通り道を作ることで、早く乾かすことができるというわけです! ただ、服の素材によっては型崩れの可能性があるので、特に乾きにくそうな服にだけ使うなど、工夫しています。 先ほどのクロスフックにかけるとこんな感じです。 普通のハンガーよりもかさばってしまうので、4着程度が限界ですね 屋外に干す場合は、風を受けてハンガーがくるくると回転するため、より早く乾きますよ。 これが最強の部屋干し環境だ! 今回ご紹介したアイテムを駆使して、我が家ではこんなふうに部屋干しをしています。 タオル類はお風呂場です! 我が家の部屋干し環境 最適なタイミングで、さまざまな場所に干し、8の字ハンガーによって通気性もアップしたおかげで、今までよりもかなり早く乾く印象があります。 部屋干し用洗剤と、環境を整えたおかげで、どれも生乾きのイヤなニオイはまったくありません 8の字ハンガーによる型崩れは、個人的にはそこまで気になりませんが、伸びやすい生地や、大切な衣類では使わないほうが無難かも もちろん、除湿器などを使えばもっといい環境にできるとは思うのですが、今回ご紹介したようなお手頃な便利アイテムを活用するだけでも、部屋干しが苦ではなくなりますよ。

次の

プロも実践「部屋干しのすすめ」。外干しよりもメリットが多い理由とは

部屋干し アイテム

パナソニック「衣類乾燥除湿機 F-YHTX90」 オープン価格 実勢価格55,000円前後 従来は吹出口と洗濯物の間を40センチ以上離す必要があり、衣類の前や斜め前などに置くことが多かった衣類乾燥除湿機。 狭い空間であれば、その分のスペースを確保するのも大変ですよね。 パナソニックから登場した「F-YHTX90」は、新たなハイブリッド構成により、高さ33. 5センチを実現。 洗濯物の真下にも設置でき、効率よく衣類を乾かすことができるのです。 本体が真下に収まるので、部屋もスッキリみせることができます。 また、本体に「ナノイーX」を搭載。 気になる部屋干し臭を抑えてニオイのもととなる菌を除菌します。 本体は独自のハイブリッド方式を採用。 梅雨・夏に強いコンプレッサーと、秋・冬に強いデシカントの2つの除湿方式の組み合わせにより、衣類乾燥だけではなく、部屋の除湿も行え、年中快適に使用できます。 出しっぱなしでも気にならないシンプルなデザインも魅力的です。 さらに、「寝具ケアモード」も搭載。 ふとんなどの寝具表面のニオイや湿気を取りたい時にも使えます。

次の