マスク カバー の 作り方。 マスクカバーの作り方を紹介!手縫いで簡単に作ってみよう!

簡単マスクカバーの作り方!使い捨てでも清潔に保てる便利グッズを手作り♪

マスク カバー の 作り方

簡単プリーツマスクカバーの作り方 使い捨てマスクで定番人気のプリーツ型は、マスクカバーでも人気の型です。 手作りするには難しそうに見えますが、手縫いでも出来るんですよ! プリーツの仕組みがわかりにくい場合は、コピー用紙などの薄い紙を蛇腹のように折り、その紙に合わせて生地を畳むと簡単にプリーツを作れます。 プリーツの向きは上から下へと段になる向きが正しいので、縫い合わせる前に向きのチェックをお忘れなく! 手縫いマスクカバーの作り方 マスクの上に被せて使うマスクカバーは直に肌に触れるため、手作りする際にはソフトで優しい生地を選ぶのもポイント。 内側に肌触りの良い人気のダブルガーゼを使用したマスクカバーの作り方も基本的な筒状のマスクカバーと同じです。 柔らかい素材は針を刺しやすいので、ミシンの出番はなく、全て手縫いで完成します。 マジックテープ付きマスクカバーの作り方 筒型のマスクカバーはマスクの耳ゴムを使用するので、サイドからマスクをスライドさせるだけでセット完了です。 中にマスクを入れるとマスクカバーが若干膨らむため、サイドがパカっと広がってしまうことも。 サイドをマジックテープで取り付けてしっかり閉じることで、広がりを抑えたり、マスクがズレてしまったりと、小さなストレスを軽減できる手作りアイデアです。 マスクにもなるマスクカバーの作り方 せっかく手作りするなら、機能的なマスクがいいですよね!こちらはマスクとしてもマスクカバーとしても使える、2WAYマスクの作り方。 ベーシックな筒状のマスクカバーに、耳ゴムを通す部分をプラスしています。 マスクとして使いたい時は、耳ゴムを通せばOK!筒状なので中にフィルターなどを差し込んで使える、画期的な手作りマスクカバーです。 ポケット型マスクカバーの作り方 使い捨てマスクを丸ごと入れられるマスクカバーなら、何度も使ってヨレてしまった使い捨てマスクでもまだまだ頑張ってもらえますよ! 上部から出し入れ出来るポケット型は、マスクがスムーズにセットできます。 またマスク中心からプリーツがスタートするタックタイプなので、見た目は市販マスクのようですね。 少し大きめのサイズなので、小さめの布マスクを入れて使用してもOKです。 こちらは布用両面テープで貼るだけの、小さめマスクカバーの作り方。 マスクカバーは使用後は洗いたいので、必ず洗濯可能な両面テープを使いましょう。 生地には100均の手拭いを使っています。 手拭いは薄手で扱いやすく、マスクカバーとしても人気の素材です。 針を使わないマスクカバーの作り方 小さな子供がいるご家庭では、針を使ってマスクカバーを手作りする作業はとても気を使いますよね。 立体型マスクカバーの作り方 マスクには平面型、プリーツ型、立体型、折り上げ型などがあり、見た目だけでなく着用感にもそれぞれ個性があります。 息のしやすさで人気の立体型マスクがお好みの場合、手作りマスクカバーも立体型がいいですよね!こちらはどんなタイプのマスクも立体型マスクとして使える、マスクカバーの作り方。 1枚のマスクカバーで2パターンを楽しめるので、その日の気分によって使い分けができます。 こちらは工程の簡単さと、着け心地の良さから人気の高いマスクカバー作り方。 生地を筒状に縫い合わせた後、両サイドをそれぞれぐるりと手縫いし、玉留めする前にキュッと絞ります。 絞ることで自然とギャザーになり、立体的なマスクカバーにが簡単に仕上がります。 型紙なしマスクカバーの作り方 まずはじめに行う作業がマスクカバーのサイズ決めです。 手作りマスクカバーのサイズは、使い捨てマスクや布マスクなどがスムーズに収まるサイズがベスト。 耳ひもを好きな長さに調節できるので、長時間つけていても耳が痛くなりません。 着用中にちょっと耳が痛くなってきたなと思ったら、緩めることもできますよ! 着け心地の良さを追求できるのも手作りマスクカバーの魅力ですね。 子供用マスクカバーの作り方 子供にとってマスクの着用は煩わしいものですよね。 少しでもマスクの着用を楽しむためにも、マスクカバーが大活躍します。 こちらはカラフルな色やデザインの生地を使用した、子供用マスクカバーの作り方。 無地のシンプルな使い捨てマスクも、手作りマスクカバーで覆うことで、可愛いマスクに変身します。 使用後はクッキングペーパーはゴミ箱へ捨て、中の不織布マスクを手洗いすればOKです。 唾液やファンデーションなどが直接マスクに付くことを防げるため、マスク本体の汚れるのを最小限にとどめることができます。 裁縫をしたくない方に人気のアイデアレシピです! ネクタイマスクカバーの作り方 家にある物をリメイクしたマスクカバーの作り方は、生地を買いに出かける時間と手間をカットでき、出番がなくなっていたアイテムを再利用できることから、なんだか得した気分になりますね! こちらはなんとネクタイをリメイクした、ユニークな発想のマスクカバーの作り方。 カットクロスやハンカチなどにはない、ネクタイならではの柄やデザインが楽しめると人気です。 簡単マスクカバーの作り方まとめ 工夫やアイデアが詰まったマスクカバーの手作り方法がたくさんありましたね。 手縫いやテープでの接着など、自分に合った手作り方法でトライしてみて下さい。 マスクカバーを使うことで、ごわつきが気になる不織布マスクや小さめな布マスクなど、質感やサイズが合わないマスクでも自分好みのマスクにチェンジできます。

次の

マスクカバーの作り方を紹介!手縫いで簡単に作ってみよう!

マスク カバー の 作り方

サンキュ!STYLEライターのわんたるです。 マスク不足の現在、使い捨てマスクを何度も利用する人が増えていると思います。 使い捨てマスクって、お化粧をしていると顔に当たる部分はファンデーションがついてしまうし、外出時についた汚れも気になります。 洗って再利用したいと思っても、毛羽立ってつけ心地が悪くなりますし、何よりマスクとしての性能低下が気になります。 口の当たる部分にガーゼを入れてガーゼだけを取り替える方法もありますが、ずれてしまったりしてそれもストレス。 使い捨てマスクを何度も快適に使う方法がないかなと考えていると、「マスクカバーを使うといいらしい。 」と聞いたので早速試してみました。 マスクカバーって何? マスクカバーというのは、市販のマスクをセットして使うものなんです。 筒状になったマスクカバーの横から使い捨てマスクを入れて、ゴムの部分を両サイドから出すだけなので、使い方はとても簡単です。 マスクを1日使ったらマスクカバーを外してカバーだけ洗濯します。 キレイになったマスクカバーをまた使い捨てマスクにセットするだけです。 マスクカバーの作り方 このマスクカバーがいくつもあると便利ですよね。 ですが、マスクは大人用、女性用、子ども用とマスクによってサイズが少しずつ違うので、小さすぎると入らないし、大きすぎるとブカブカでカバーが動いてしまうんです。 ピッタリサイズのマスクカバーがほしいなと思ったので、手作りしてみました。 ハンドメイドはあまり得意ではなく、かなりおおざっぱな性格なので、きっちりアイロンをかけて丁寧につくるのは面倒!と思ってしまう私がつくった方法なので、こんな感じでつくれるんだなと思って読んでいただければと思います。 マスクの型紙は? まずは型紙。 「この型紙があればつくれる!」というものがあるといいのですが、残念ながらありません。 その理由はマスクによって大きさが微妙に異なるからです。 わが家にあったマスクを並べてみると、大人用、女性用、子ども用と大きさはそれぞれ違い、さらに右側2枚はどちらも子ども用ですが大きさが違いました。 マスクによってプリーツの数も違うので、型紙をつくるのがむずかしいんです。 型紙なしでつくる 型紙がないなら「型紙なしでつくってみよう」と思い、まずはマスクの大きさを測りました。 測るのはマスクの横の長さと、マスクを広げたときの縦の長さです。 縫い代1cmで布を切る サイズはマスクの横の長さと、広げたマスクの縦の長さを2倍にした大きさ。 これに縫い代1cmをたして布を切ります。 プリーツをつくる 布の中心がわかるように印をつけます。 マスクを横に並べておいて、マスクと同じ位置にプリーツができるように止めます。 本当は上から何cmのところを谷折り、山折りとするんだと思いますが、マスクと同じものができればOKと思って、測らずに止めました。 両サイドを縫う 5mmくらいのところを直線縫いします。 次に縫い代1cmのところで折り、直線縫いします。 始めから縫いしろ1cmでしっかりアイロンをかけると、縫うのは1回ですむかもしれませんが、プリーツをキレイに縫う自信がなかったので、5mmくらいのところで一度縫うことにしました。 中表にして上下をあわせる 布の表側が内側になるようにあわせて、上を縫い代1cmで直線縫いします。 ひっくり返してマスクをセット 縫い終わったマスクカバーをひっくり返すと完成です。 筒状になったマスクカバーの横から使い捨てマスクを入れて、ゴムの部分を両サイドから出します。 ピッタリサイズのマスクカバー完成 つくりたいマスクの大きさぴったりのマスクカバーが完成しました。 使い捨てマスクとマスクカバーのプリーツも同じなので、つけ心地はバッチリ!!今回は子ども用のマスクカバーをつくりましたが、同じように女性用も大人用もつくることができます。 柔らかめの布でつくったマスクカバーはつけ心地がいいので、いくつも準備しておくととても便利。 使い捨てマスクを何度も快適に使えるので、ぜひつくってみてください。

次の

中のマスクが見えないプリーツマスクカバーの作り方

マスク カバー の 作り方

簡単プリーツマスクカバーの作り方 使い捨てマスクで定番人気のプリーツ型は、マスクカバーでも人気の型です。 手作りするには難しそうに見えますが、手縫いでも出来るんですよ! プリーツの仕組みがわかりにくい場合は、コピー用紙などの薄い紙を蛇腹のように折り、その紙に合わせて生地を畳むと簡単にプリーツを作れます。 プリーツの向きは上から下へと段になる向きが正しいので、縫い合わせる前に向きのチェックをお忘れなく! 手縫いマスクカバーの作り方 マスクの上に被せて使うマスクカバーは直に肌に触れるため、手作りする際にはソフトで優しい生地を選ぶのもポイント。 内側に肌触りの良い人気のダブルガーゼを使用したマスクカバーの作り方も基本的な筒状のマスクカバーと同じです。 柔らかい素材は針を刺しやすいので、ミシンの出番はなく、全て手縫いで完成します。 マジックテープ付きマスクカバーの作り方 筒型のマスクカバーはマスクの耳ゴムを使用するので、サイドからマスクをスライドさせるだけでセット完了です。 中にマスクを入れるとマスクカバーが若干膨らむため、サイドがパカっと広がってしまうことも。 サイドをマジックテープで取り付けてしっかり閉じることで、広がりを抑えたり、マスクがズレてしまったりと、小さなストレスを軽減できる手作りアイデアです。 マスクにもなるマスクカバーの作り方 せっかく手作りするなら、機能的なマスクがいいですよね!こちらはマスクとしてもマスクカバーとしても使える、2WAYマスクの作り方。 ベーシックな筒状のマスクカバーに、耳ゴムを通す部分をプラスしています。 マスクとして使いたい時は、耳ゴムを通せばOK!筒状なので中にフィルターなどを差し込んで使える、画期的な手作りマスクカバーです。 ポケット型マスクカバーの作り方 使い捨てマスクを丸ごと入れられるマスクカバーなら、何度も使ってヨレてしまった使い捨てマスクでもまだまだ頑張ってもらえますよ! 上部から出し入れ出来るポケット型は、マスクがスムーズにセットできます。 またマスク中心からプリーツがスタートするタックタイプなので、見た目は市販マスクのようですね。 少し大きめのサイズなので、小さめの布マスクを入れて使用してもOKです。 こちらは布用両面テープで貼るだけの、小さめマスクカバーの作り方。 マスクカバーは使用後は洗いたいので、必ず洗濯可能な両面テープを使いましょう。 生地には100均の手拭いを使っています。 手拭いは薄手で扱いやすく、マスクカバーとしても人気の素材です。 針を使わないマスクカバーの作り方 小さな子供がいるご家庭では、針を使ってマスクカバーを手作りする作業はとても気を使いますよね。 立体型マスクカバーの作り方 マスクには平面型、プリーツ型、立体型、折り上げ型などがあり、見た目だけでなく着用感にもそれぞれ個性があります。 息のしやすさで人気の立体型マスクがお好みの場合、手作りマスクカバーも立体型がいいですよね!こちらはどんなタイプのマスクも立体型マスクとして使える、マスクカバーの作り方。 1枚のマスクカバーで2パターンを楽しめるので、その日の気分によって使い分けができます。 こちらは工程の簡単さと、着け心地の良さから人気の高いマスクカバー作り方。 生地を筒状に縫い合わせた後、両サイドをそれぞれぐるりと手縫いし、玉留めする前にキュッと絞ります。 絞ることで自然とギャザーになり、立体的なマスクカバーにが簡単に仕上がります。 型紙なしマスクカバーの作り方 まずはじめに行う作業がマスクカバーのサイズ決めです。 手作りマスクカバーのサイズは、使い捨てマスクや布マスクなどがスムーズに収まるサイズがベスト。 耳ひもを好きな長さに調節できるので、長時間つけていても耳が痛くなりません。 着用中にちょっと耳が痛くなってきたなと思ったら、緩めることもできますよ! 着け心地の良さを追求できるのも手作りマスクカバーの魅力ですね。 子供用マスクカバーの作り方 子供にとってマスクの着用は煩わしいものですよね。 少しでもマスクの着用を楽しむためにも、マスクカバーが大活躍します。 こちらはカラフルな色やデザインの生地を使用した、子供用マスクカバーの作り方。 無地のシンプルな使い捨てマスクも、手作りマスクカバーで覆うことで、可愛いマスクに変身します。 使用後はクッキングペーパーはゴミ箱へ捨て、中の不織布マスクを手洗いすればOKです。 唾液やファンデーションなどが直接マスクに付くことを防げるため、マスク本体の汚れるのを最小限にとどめることができます。 裁縫をしたくない方に人気のアイデアレシピです! ネクタイマスクカバーの作り方 家にある物をリメイクしたマスクカバーの作り方は、生地を買いに出かける時間と手間をカットでき、出番がなくなっていたアイテムを再利用できることから、なんだか得した気分になりますね! こちらはなんとネクタイをリメイクした、ユニークな発想のマスクカバーの作り方。 カットクロスやハンカチなどにはない、ネクタイならではの柄やデザインが楽しめると人気です。 簡単マスクカバーの作り方まとめ 工夫やアイデアが詰まったマスクカバーの手作り方法がたくさんありましたね。 手縫いやテープでの接着など、自分に合った手作り方法でトライしてみて下さい。 マスクカバーを使うことで、ごわつきが気になる不織布マスクや小さめな布マスクなど、質感やサイズが合わないマスクでも自分好みのマスクにチェンジできます。

次の