前髪 薄毛 女性。 前髪(生え際)が薄い女性におすすめ育毛剤は? 【頭頂部・おでこ・分け目】

女性が薄毛になる原因16選と対策!

前髪 薄毛 女性

薄毛が気になっている方や薄毛の方に似合う髪型をまとめてみました。 世代別• 髪の長さ別• 面長・丸顔さんに似合う髪型• くせ毛に似合う髪型• 薄毛の方におすすめのパーマヘア• 黒髪の方、白髪交じり、グレイヘア向け髪型• 芸能人・女優さんの髪型 など、いろいろな角度からチェックできるようにヘアカタログを作りました。 どんなヘアスタイルにしようか悩んだ際は、髪型をざっくりチェックしながら考えるとアイデアが浮かびやすいと思います。 髪型は20代~70代ぐらいまで幅広い世代に合わせられるものをピックアップしています。 ヘアモデルは若いですが、世代が高くなっても似合うような髪型をチョイスしています。 (白髪交じりの方やグレイヘア世代はショート~ミディアムぐらいを参考にしてください。 ) ヘアモデルが若いからといって、60代70代の人がその髪型をできないわけではないのでご安心ください。 また抜け毛や薄毛の際に意識したいお手入れ方法、おすすめヘアケア、スタイリング剤なども最後の方でご紹介しています。 ぜひご活用ください。 毛量が少ない人にショートは鉄板ですね。 レイヤー入れて、パーマで動きを出して、ワックスで仕上げるといい感じに仕上がります。 短い前髪だと可愛らしいイメージになりますね。 20代30代と言わず全世代にマッチするショートカットです。 先程のヘアスタイルよりも少し長めです。 ゆるいパーマをかけて髪を動かすことで髪が少なくてもカバーしやすいですね。 仕上げはワックスを毛先に揉み込むとOK。 髪が細い・柔らかい・毛量少ない・ぺたんこになる場合でもボブがしたい時に。 ボブですがウェーブを少し強めに出して、甘い感じに仕上げたかわいいヘアスタイルです。 20代30代にはピッタリですね。 20代30代大人女性にぴったり、色気を感じるふんわりパーマのショートカット。 マッシュショートにしっかりとカールが出るように大きめで強めのパーマをしています。 マッシュルームは毛量が少ない方、薄毛の方には避けたい髪型の一つですが、トップにレイヤーを入れてパーマをかけるといった工夫をすると、こういった髪型も大丈夫です。 レイヤーを入れた軽めのボブに、パーマでカールをつけています。 毛量が少ない方は通常の重たいボブをするよりも、レイヤーを入れたり、パーマをかけたりすると薄毛が目立ちにくくていいですね。 写真のパーマは少し強めにかかっていますので、毛先のカールが折り重なることでボリュームが出て、結果トップのボリュームもサポートすることができます。 ワックスでカールがダレないようにしておくと、なおいいですね。 こちらは少し重ためのボブにゆるいパーマをプラスしたヘアスタイル。 完全に薄毛になってしまった場合は避けたい髪型の一つにはなりますが、まだ毛量が少なくなりつつある場合には、パーマをかけて分け目を七三分けぐらいにしておくと、トップのボリュームもカバーできます。 またななめ前髪を作ってパーマをかけているので、顔の内側・外側両方をひし形シルエットにしていますので、面長さん・丸顔さんどちらの顔型でも似合う髪型ですね。 こちらも完全に薄毛になってしまった場合よりは、まだボリュームが気になりつつあるといった方におすすめなヘアスタイルです。 毛先にゆるい大きめのパーマをかけることで、ボリュームをカバーしています。 トップは真ん中よりも左右どちらかにずらす、トップもボリュームも作りやすいですね。 毛先を散らすことでボリュームを感じつつも、華やかな仕上がりになります。 ミディアムレイヤー、もしくはレイヤーボブ。 パーマを強めにかけてカールを散らすことで、ボリュームを感じやすいヘアスタイルです。 カールを崩さないように毛先を握り込みながらブロー、ワックスをつけて仕上げます。 毛先を散らすようにセットしているヘアスタイルなので、セットはあまり意識しなくても大丈夫、パーマさえあれば簡単にできますよ。 雨の日や湿気が多い時でも、こういったヘアスタイルは崩れないので、ボリュームがない方がぺたんとしやすい梅雨の時期などにもおすすめです。 40代50代の大人女性に似合う髪型 ショートにゆるふわパーマです。 40代50代の大人女性の方にピッタリなヘアスタイルですね。 ショートカットでパーマがあるのでトップのボリュームも出しやすく、シルエットも調整しやすいので、丸顔さん・面長さん・おでこ広いとお悩みの方でも似合う髪型です。 片耳に髪をかけているのでパーマがあってもスッキリとした印象です。 前髪に隙間を作ることもポイントですよ。 ショートボブにパーマで外ハネカールを作っている髪型。 前髪なしで、甘くなりすぎない感じが40代50代の大人女性にピッタリです。 頭頂部のボリュームが気になる方は、左右にずらしてジグザグに分け目を作るようにするといいですよ。 全体的に前に持ってきて分け目を作らないようにしているショートカット、おでこ広いのが気になるタイプにはピッタリにヘアスタイルです。 前髪がスカスカになってしまうタイプは、もう少し短い前髪を作ってアレンジします。 パーマがないと重い感じになりますが、トップにレイヤー入れて動きを出していますので、いい仕上がりです。 軽めにしたレイヤーボブに根元からスパイラルパーマをかけて、ボリュームを出しているヘアスタイル。 髪細い柔らかい少ない方や、びまん性脱毛症などの、全体的にぺたんとしやすい方にピッタリな髪型です。 全部をボリュームアップさせるのではなく、片耳かけてスッキリ見せる(メリハリを作る)のがポイントです。 外人さんのクールな感じのボブ。 前髪なしで外ハネ、ラフに仕上げることがポイントです。 薄毛が気になる方がする場合は分け目をサイドに持ってくることと、不規則に巻いたパーマを無造作に仕上げることで、ボリューム&動きがプラスされいい感じになります。 こちらはボリュームが気になり始めた方向け、頭頂部の薄毛が気になる方はNGです。 40代50代大人女性におすすめしたいのが、ゆるふわパーマです。 毛先を中心にパーマをかけて、ワックスやムースで揉み込んで仕上げるだけなので、とてもお手軽簡単なヘアスタイルです。 (でも、おしゃれで上品さがありますよね。 ) 毛先をカールとワックスを使うことで、トップのボリュームもカバー。 ミディアムレイヤーにスパイラルパーマのヘアスタイルです。 びまん性などのぺたんこ髪にしっかりとしたカールでボリュームを補います。 片方の耳は見せるようにするとスッキリとした印象になります。 髪が細い柔らかい、全体的に毛量が少ない方は、こういった大きいスパイラルパーマがボリュームを出せるのでおすすめです。 またスタイリングもワックスやムースを使ってカールを戻すようにセットするだけなので、お手入れが楽ですよ。 まだ薄毛がすすみきっていない方向け、前髪なしの長めのボブにパーマで毛先に動きをつけたヘアスタイルです。 まん丸のボブと違ってカールをつけたり、七三分けでトップのボリュームを作ったり、耳にかけたりしながらひし形シルエットを作っています。 バランスの整ったヘアスタイルなので面長さんだけでなく、丸顔さんにも似合う髪型ですよ。 こちらはミディアムレイヤーに外ハネのヘアスタイル。 薄毛になりきっていない方に。 これぐらいの長さでストレートだと全体的にぺたんとしやすい髪質の方は、ボリュームの無さを強調してしまいます。 ゆるいカールでいいので毛先に流れをつけていくと、華やかさがプラスされ、ボリュームのカバーもできるようになります。 あまり顔を覆ってしまわないように、片耳かけるとスッキリして見えるので、40代50代は顔見せ部分を意識するといいですね。 頭頂部がぺたんとしやすい人は、ムースをつけて立ち上げるとよりふんわりと仕上げることができます。 60代70代80代に似合うおしゃれな髪型 薄毛が気になる方にはショートレイヤーは鉄板です。 ワックスで頭頂部のボリュームを作りながら、ハネさしたりしながら全体的なバランスを整えます。 髪を染めない場合の白髪交じりやグレイヘアでも栄える髪型ですね。 こちらも上のショートカットとほとんど同じですが、トップの長さをやや長めに残し、やや丸みを感じる女性らしい仕上がりです。 上の写真はワックスのみでOK、こちらはゆるいパーマをかけるとセットがやりやすくていいと思います。 こちらはショートにパーマで外ハネもプラスしたヘアスタイル。 60代70代80代の人はこれぐらいの軽い前髪で、顔まわりをスッキリさせるのが好印象に見えるポイントです。 マッシュレイヤーボブに強めのパーマをかけてウェーブを出したヘアスタイルです。 マッシュは重い髪型でどちらかというと薄毛が気になる方には不向きなのですが、頭頂部にレイヤーを入れてパーマをかけることでカバーできますね。 ショートカット寄りのマッシュだと、シニアを世代にも合わせやすいですよ。 前髪の薄毛が気になる人は、写真よりもう少し短い前髪にして、ゆるいパーマをかけるといいですね。 サイドをタイトにまとめて、クールな仕上がりのボブです。 頭頂部のボリュームが気になる場合は、これぐらいの横分けにするとふんわり出しやすくすることができます。 また毛先にCカールが入るぐらいのゆるめのパーマがあると、スタイリングが楽でいいですね。 髪を染めてない白髪交じりでも、グレイヘアの場合でも、こういったシャープな感じのヘアスタイルは若く見えるし、とてもよく似合うのでおすすめです。 上と同じような髪型ですが、こちらは片耳に髪をかけずに下ろしたスタイルです。 ななめ前髪を作り、カールをつけて横流しにしていることで顔の内側も外側もひし形シルエットになっています。 顔の補正が効くので、丸顔さんでも面長さんでも、おでこ広いとお悩みの方でも大丈夫です。 前髪を短くしたショートボブに強めのパーマをかけたヘアスタイル。 薄毛が気になる方には重いストレートのボブは不向きですが、前髪を短くしたり、強いパーマをかけたりすることで目立たないようにできますね。 60代70代80代ではグレイヘアの比率も増えますが、グレイヘアだとこれぐらいメリハリを作った方が見栄えします。 ボブにパーマをかけたいという場合は根元からのスパイラルパーマもおすすめ。 大人女性&シニア女性に多い薄い頭頂部や全体的なボリュームをカバーできます。 こちらは上と同じ髪型(ボブ&スパイラルパーマ)ですが、グレイヘアです。 根元から強めのパーマをかけると全体にボリュームを出すことができるので、薄毛をカバーできます。 こういったヘアスタイルはムースなどのスタイリング剤でまとめると、キレイなカールも出せるし、お手入れが楽になりますよ。 こちらもボブに強めのパーマですが、ショートボブなのと、トップに多めのレイヤーを入れて動きが出やすいようにしています。 薄毛でぺたんこになりやすい人も、これぐらいのパーマをかけると気になりませんね。 前髪にもパーマをかけたい時は、写真のように前髪を上げたらキレイにスタイリングできますよ。 ヘレン・ミレンさんのミディアムレイヤーボブにスパイラルパーマのヘアスタイル。 外人さんには珍しく前髪を作っています。 やはり前髪があると顔の形をカバーできるのがいいですね。 丸顔・面長・おでこ広いなどの悩みには前髪を上手に使うといいです。 グレイヘアでも前髪があると可愛らしいイメージになります。 若々しいイメージといってもいいかな。 グレイヘアの場合はこれぐれらいカールをつけて華やかに仕上げると、とてもキレイですね。 育毛効果が早いと評判の「イクオス」 本気で育毛を考えるなら体の外側だけでなく、体の内側のケアも大切です。 業界唯一の「確かな育毛成分を配合した育毛剤」と、髪の発育に必要な「栄養素をサプリでサポート」するのはイクオスのみ。 インナーケアまでするから効果を感じやすく、また実感できるまでのスピードが早い。 もうこれでダメなら、副作用覚悟で医薬品に行くしかないと言えるぐらいです。 トップを立ち上げて、外ハネも取り入れつつ動きを出すようにしています。 バランスが良いヘアスタイルなので20代~80代まで幅広い世代に似合う髪型ですね。 ワックスで仕上げると、ふんわりを持続させることができますよ。 前髪が短いベリーショートカット。 ふんわりとしたゆるいパーマで女性らしさを感じる仕上がりです。 パーマがあるとワックスなしでも簡単にセットできるので楽ですね。 すべての世代におすすめ。 ピンパーマなどのゆるめのパーマをトップ中心にかけています。 マッシュっぽい仕上がりになっていますが、ベースのヘアスタイルはツーブロックです。 サイドと後ろを刈り上げています。 その上からかぶせることで丸みを強調することができます。 頭頂部や後頭部のボリュームが気になる方はレイヤーを入れつつかぶせて、サイドやえり足を刈り上げると、その部分が薄毛のぼかしにもなるのでいいですよ。 グラデーションボブのパーマヘアです。 髪細い柔らかい少ないタイプ、ぺたんこになりやすいタイプなど、こういった少し強めのパーマがおすすめです。 これだったら夜は普通に乾かして寝て、朝少し濡らすとこういった仕上がりにできます。 お手入れが楽な髪型ですね。 60代70代の方は顔や目を髪で覆ってしまわないようにする方が、明るくて良い印象になると思いますよ。 ショートカットにパーマで外ハネを取り入れてあり、華やかなヘアスタイルです。 ななめ前髪で顔の面積も調整していますので、面長さんやおでこ広いタイプの方が目立たないようにするにはピッタリですね。 頭頂部の薄毛が気になる方や、全体的にぺたんとしやすい方など幅広い方におすすめです。 ショートカットにくせ毛風パーマです。 大きくしっかりめにパーマをかけて、ハンドブローで引っ張りながら乾かしていくと、こういった感じに仕上がります。 全体的にぺたんこになりやすい方は、伸ばすようにブローするタイプのパーマをかけておくとボリュームケアができますよ。 ゆるふわパーマで動きを出してナナメ前髪で顔の面積も調整しているヘアスタイルは、面長さん・丸顔さん・おでこ広いタイプの方におすすめできる髪型です。 気になる部分の修正には誰しも目がいきやすいですが、それ以外にも、顔だけでなくヘアスタイルのシルエットを意識することも大切です。 一様にいえることは、バランスの取れたヘアスタイルは、どのタイプの顔型にも合わせられるということです。 顔側も髪の外側もひし形シルエットを目指しましょう。 ボブ、ロブ、ミディアムヘア 軽めのボブにレイヤーを入れて、パーマをかけたヘアスタイル。 丸いシルエットのボブだと丸顔さんには、まん丸を強調してしまいますが、毛先をちらして動きをつけると面長さんだけでなく、丸顔さんも大丈夫ですよ。 軽いボブベースにカットしておいて、パーマで動きをプラス。 外ハネカールがあることで華やかな印象です。 お手入れは案外簡単です。 手で軽く乾かした後、ワックスを揉み込むようにつけるとこういった仕上がりにすることができます。 外ハネカールの部分は指で摘むようにするのがポイントです。 薄毛が気になる方全体的に大丈夫ですが、特に髪がペタンとしやすい方などにはピッタリですね。 頭頂部の薄毛が目立たない人向けにはなりますが、こういった重めのボブもカールを入れれば大丈夫。 分け目は真ん中を避けて、横からボリュームを出すようにするとボリュームがある仕上がりにできます。 カールはあえて内巻きだけにせず、外ハネ・内巻きどっちになってもいいので、動きを作るヘアスタイルにすると楽でいいですよ。 ボブに縦巻きパーマをかけてラフに仕上げたヘアスタイル。 根元から巻くスパイラルパーマと違って、全体的なボリュームは控えめです。 中間~毛先にかけて強めのパーマをかけて、ムースかワックスで仕上げるイメージですね。 全体的にぺたんとしやすい人におすすめ。 長めのレイヤーボブ(ロブ)にゆるふわパーマ。 前髪を作ることでトップにもレイヤーを入れられるので、薄毛のカバーがしやすくなります。 パーマに慣れていない人は、前髪にはパーマしない方が扱いやすいですよ。 セミロング、ロングヘア ミディアムレイヤーにスパイラルパーマをかけたヘアスタイルです。 前髪は鼻先ぐらいの長めにとってあって、七三分けからトップにボリュームが出るようにかき分けています。 パーマがランダムに巻かれているのでウェーブが重なるように出ています。 こういったパーマはボリュームが出るので細い髪質の人におすすめです。 セミロングのハイレイヤーです。 前髪を作って頭頂部から多めにレイヤーを入れているので、薄毛が目立ちにくい髪型ですね。 ストレートにするよりも、毛先だけでもいいので外ハネさせると動きもプラスされて若々しさアップになりますよ。 巻き髪風ミディアムレイヤー。 レイヤーを入れて軽めにしている、パーマでカールをつける、といったポイントがふんわり感を出しやすいですね。 ストレートヘアでペッタンコだと薄毛が目立ってしまうので、パーマはぜひ取り入れたい施術です。 セミロングですがトップの長さはボブと同じぐらいにカットしてあります。 少し前に流行ったくびれカットですね。 くびれを作ることで後頭部に丸みを出すことができますし、髪の重さでぺたんとしにくくなります。 補正が効いているので頭頂部の薄毛が目立ちにくいヘアスタイルです。 髪のボリュームがなくぺたんこになりやすい人は、パーマをかけてふんわり仕上げるといいですよ。 セミロングにレイヤー多めにして、巻き髪風に仕上げたヘアスタイル。 全体的に軽めにしているので頭頂部も潰れにくく、また巻いてあげることでカールが重なり、ふんわり持ち上がります。 顔の形やおでこが気になる方は、ななめ前髪が最適です。 天然100% オーガニックシャンプー&コンディショナー <ハーブガーデンより> 100%天然由来でノンシリコン、無添加、オーガニックハーブにこだわった処方で「頭皮のフケかゆみ・ニオイ・抜け毛」といったトラブルに対応できるシャンプー&コンディショナー。 肌に優しいのはもちろん頭皮のケアまで一緒にできるから地肌が気になる人に最適。 今までどれを使っても肌に合わなかった人は試してみたいヘアケア。 面長さん丸顔さん・広いおでこが気になる方に。 顔のコンプレックス部分をカバーするポイントは、ななめ前髪で顔を見せる部分をひし形にすることです。 薄毛のカバーは、レイターを入れたトップをワックスを使ってふんわり仕上げることです。 (丸顔さんは特に) こういったショートはグレイヘアでも白髪交じりでも似合う髪型ですね。 短めのボブベースにレイヤーを入れて軽い感じにカットしておいて、全体的にパーマをかけて動きを出しているヘアスタイルです。 顔まわりは外ハネにしてスッキリしたヘアスタイルにカールでの動きもプラスされているので、重軽感がとてもバランスが良い仕上がりです。 こういった髪型は若い世代だけでなく、グレイヘア世代にも似合うのでおすすめです。 個性的なヘアスタイルですね。 マッシュっぽいヘアスタイルがベースにあり、パーマの動きが出やすいようにトップからレイヤーを入れています。 短めの前髪プラス、しっかりとカールを出して動きを強調。 顔周りにはオレンジ系のインナーカラー、外側には金髪アッシュ。 頭頂部の薄毛が気になる方や、おでこ広いとお悩みの方にピッタリの髪型です。 外人さんの動きがあるショートカット。 程よい長さのショートカットで顔を輪郭を出しすぎないのと、ななめ前髪で顔出し部分も調整できるので、面長さん丸顔さん・おでこ広い方におすすめできる髪型です。 あまり大人しくまとめてしまわずに、写真ぐらいに動きを強調して無造作感を作る方が顔の形をカバーしやすくできますよ。 ワックス、もしくはパーマがおすすめです。 面長・丸顔・おこで広い・薄毛が気になるタイプ、20代~80代まで全世代、黒髪でも白髪でも、どんなタイプでも万能に似合うのがこういったヘアスタイルです。 カールを散らさずふんわりと上品にまとめたショートカットで、ひし形シルエットで髪の外側のバランスが良く、またななめ前髪で隙間を作りながら顔の部分にもひし形を作っている、Wひし形ヘアスタイルです。 スッキリまとまって見える程良い長さのショートカットで、トップにボリュームが出るように根元を立ち上げながら乾かすことで、ふんわりとしたヘアスタイルになります。 ボリュームが出にくい場合は、ヘアスプレーやワックスでサポートするといいですね。 こちらもヘアスタイルも面長・丸顔・おこで広い・薄毛が気になるタイプ、20代~80代まで全世代、黒髪でも白髪でも、どんなタイプでも万能に対応できるアシンメトリーの個性的なショートカットです。 頭頂部の薄毛が気になる方もレイヤーがたっぷり入っているので立ち上がりやすく、サイドは耳を出すぐらいにスッキリととさせているので、60代70代でも清潔感がある髪型に仕上がっています。 またアシンメトリーの前髪がワンポイント ヘアスタイルを強調していて、おしゃれさんにはピッタリです。 おこで広い・面長・丸顔が気になる方も、ななめ前髪を作ることで補正してくれています。 こういったエッジの効いた髪型は白髪がある方、白髪交じり、グレイヘアにもとってもよく似合う髪型です。 ショートレイヤーボブ。 全体的に軽い仕上がりのボブですね。 面長さんには髪の外側の丸いシルエットがカバーしてくれて、おこで広い方や丸顔さんには内側のななめ前髪がカバーしてくれます。 レイヤーを入れた軽いボブなので、頭頂部が薄いと気になる方にも似合う髪型です。 芸能人・賀来千香子さんのハイレイヤーボブ。 60代70代80代の大人&シニア女性に。 短い前髪とトップから全体につながるレイヤーが特徴的なボブです。 面長さん丸顔さん両方におすすめできる髪型です。 頭頂部のボリュームが出にくい場合はピンパーマかゆるいパーマをかけると薄毛のサポートもできますよ。 ショートグラデーションボブ。 丸顔さん面長さん両方に似合う髪型です。 20代30代でも大丈夫ですが、おすすめは大人世代の40代~グレイヘアの80代にこういったカール強めのグラデーションボブが似合います。 少し強めのパーマをかけて引っ張りながらブローするとこういった流れるようなヘアスタイルにすることができます。 ボリュームが出にくいタイプでもしっかりとボリュームをカバーすることができますし、カールがあると華やかさもありますね。 前髪を横分けにして顔出し部分を調整しているのが、バランスを取りやすいポイントですね。 グレイヘアにも見栄えするヘアスタイルです。 ボブに短い前髪を取り入れたヘアスタイル。 面長さんに。 こちらのヘアスタイルがおすすめなのは、40代~70代ぐらいで薄毛がそこまで進んでいない女性にピッタリです。 顔を全部覆ってしまわないように片耳に髪をかけてスッキリと見せること、まん丸まん丸していまわないのがポイントです。 短い前髪があるとキュートな雰囲気になり、また若く見えるようにもなりますね。 髪が細い柔らかい、全体の毛量少ない、頭頂部や前髪の薄毛などが気になる方へのパーマ・ヘアスタイル 薄毛の人がパーマする場合は、ショートか長くてもボブ手前ぐらいがいいですね。 というのも、 長くなればなるほど頭頂部の薄毛部分が目立つようになるからです。 また長い髪は分け目ができてしまうので薄毛が目立ちやすくなりますし、髪の重みで頭頂部がペタンとしてしまうからです。 薄毛があまり進んでいない場合や、硬い太い髪質の薄毛の場合は、ボブやミディアムレングスでも七三分けぐらいでカバーできる場合もあります。 基本ショートかグラデーションボブぐらいでトップに分け目ができないようにして、ふんわりと仕上げるのがポイントです。 前髪短いショートレイヤーでピンパーマかゆるめのパーマをかけて、トップをふんわりとさせます。 短い前髪は薄毛にピッタリなヘアスタイルです。 これぐらいのショートだとトップにも動きを出しやすいので、頭頂部の薄毛をカバーしやすいですね。 ショートカットにパーマで動きをつけたヘアスタイルですね。 ワックスで毛束感を出したり外ハネを入れたりすると、髪に躍動感が生まれ、活発で若々しい仕上がりになります。 ヘアモデルさんは金髪ですが、落ち着いた色でもいい感じに仕上がります。 こちらは上の画像よりも長めのショートカットです。 前髪も全体的にも長めですね。 パーマは大きめで強めにかけてふんわり感を出しやすいようにしておきます。 仕上げにワックスかソフトムース、もしくはを使ってカールを出すようにするといい感じになりますよ。 ショートヘアに大き目パーマのヘアスタイル。 ボリュームが出にくい世代はパーマで動きをプラスすると華やかになりますね。 ワックスなしでも大丈夫なパーマヘアです。 シニア世代がこのヘアスタイルをする場合は、前髪の長さはもう少し短めにしてもいいと思いますよ。 芸能人の滝川クリステルさん。 ショートレイヤーボブですね。 薄毛の場合は同じボブにするのでも頭頂部にレイヤーを入れて、トップを立ち上がりやすくしておくのと、全体的に動きが出るようにしておくといいですね。 これぐらいの長さだと分け目なしにすることもできます。 ゆるめのパーマかけて、ハンドブローでざっくりと乾かし、ワックスを揉み込むようにセットするとこういった仕上がりにすることができます。 根元から強めのパーマをかけて七三分けにすると、トップのボリュームをカバーすることができます。 強めのパーマに対して好き嫌いありますが、お手入れが楽な髪型でもありますので、個性的なスタイルが好きな人はぜひ。 髪型に合わせて服装も変化をつけると一気におしゃれ感アップしますよ。 グレイヘアにはこういった髪型はとても良く似合います。 上のボブよりも長めのヘアスタイルです。 同じ様に根元から強めのパーマをかけて、しっかりとカールを出していますね。 違うポイントとしては、髪が長くなった分レイヤーを増やしています。 髪の重みでトップがへたりやすいので、その分を短くしてカバーしています。 前髪を作ったボブにパーマをかけた、甘い印象のヘアスタイルです。 トップの薄毛が目立たないように、分け目を真ん中からすこしずらしてボリュームを出すことが鉄則です。 あとはワックスで仕上げると、頭頂部のボリュームも潰れないですね。 ボブに強めのスパイラルパーマを根元からかけています。 ムース1本あればセットが楽なヘアスタイルですね。 20代~80代のグレイヘアまで全世代に似合う髪型ですが、グレイヘアの場合は髪を散らしすぎないようにして、もう少しまとまったカールを出すようにするといいですよ。 薄毛や髪のボリュームがないといった方が、ボリュームを出したい場合にはピッタリの髪型です。 ミディアムヘアに小さめカールのスパイラルパーマをかけたスタイルです。 髪が細い柔らかい、全体の毛量少ない方にピッタリの髪型です。 ウェーブをしっかり出すスパイラルパーマ全体的にそうですが、ムースでカールを戻すようにセットしていくので、パーマのお手入れが苦手という人にもやりやすいですよ。 カールを強く出しすぎると個性的なイメージも強くなりますので、カールをほぐしたりしながらが質感を調整するといいですね。 ロングヘアに根元近くからスパイラルパーマをかけています。 髪が細い柔らかい、全体の毛量少ない、20代30代40代ぐらいの方におすすめ。 この長さでこの大きさのカールを出す場合は、デジタルパーマの方が適しています。 所々にハイライトが入っていますし、とてもハイセンスな髪型ですね。 茶髪にハイライト、デジタルパーマとくれば、髪のダメージには気をつけたいところです。 60代70代80代におすすめしたいボブは、こういった頭頂部にレイヤーを入れたヘアスタイルです。 髪が細くペタンとしやすい頭頂部や後頭部、割れやすいつむじなども、レイヤーを入れてゆるめのパーマをかけることでふんわりと立ち上げられますね。 前髪をアシンメトリーにして顔をスッキリと見せているところも好印象で若く見えるポイントです。 アシンメトリーを取り入れると一気におしゃれ感アップになりますね。 黒髪部分がいい感じに残っていて、ハイライト&ローライトっぽく仕上がってますね。 女優・賀来千香子さんといえば、短い前髪にふんわりしたパーマをかけてるイメージがあります。 レイヤーを入れたボブにしっかり目のパーマをかけると、こういった仕上がりにすることができます。 前髪のパーマは控えめにする、もしくは前髪のみかけないようにする方が、全体がくるくるになってしまわずいいですし、老けて見えないポイントです。 髪を乾かす際には手で少し引っ張りながらブローすると、ボリュームと動きが出てくるようになります。 引っ張りながら乾かすだけなのでお手入れ楽ですよ。 ペタンとしてボリュームが出ない人にピッタリのパーマヘアです。 前髪が短くて可愛らしいショートカット。 前髪の毛先のニュアンスはぶ厚めにカットしておいて、おでこに沿わすようにセットします。 頭頂部付近にのにゆるめのパーマをかけています。 前髪と合わせて丸いシルエットを作るためですね。 (頭頂部のボリュームのカバーも) ボリュームアップしたいならこの1本 <haru 黒髪スカルプ プロより> 100%天然由来成分からできているボタニカルシャンプー。 なのに「キシまず・ゴワつかず・ボリュームアップ」もでき、さらにトリートメント不要で「頭皮ケア」もできるというクオリティーの高さ。 細毛でハリコシがほしい、薄毛が気になる場合におすすめの高機能シャンプーです。 硬くて太い、猫毛・細毛などの髪質• くせ毛の強さ(広がる?うねる?縮毛タイプ?)• 髪の長さ• 薄毛の状態や薄毛が気になる部位• 求めるヘアスタイル によってもできるできないは変わってきます。 くせ毛や天然パーマでもパーマがおすすめできるケース• 猫毛などの柔らかい細い髪質で、クセもあまり強くない場合• 髪の長さがセミロング~ロングヘアぐらいあって横広がりを感じにくい場合 といった場合は、くせ毛でもパーマはやりやすいのではないでしょうか。 逆に、 パーマをおすすめできないケースのくせ毛は、• 太くて硬い多い髪質• 広がりやすいくせ毛、縮毛タイプのくせ毛• 髪の長さが短く横広がりを感じてしまう髪型 です。 くせ毛の場合はこういったことを念頭に、パーマありなしを考えてみるといいですよ。 ここでご紹介している髪型で大雑把なイメージを掴んで、詳しくは担当美容師さんと相談して決めるようにしてみてください。 前髪短いベリーショートのレイヤースタイルです。 クセが強い人や天然パーマの人は、思い切ってカールを活かした方がセットが楽になります。 また梅雨の時期や夏日で湿気が多い日でも、地毛のくせを生かしてセットしていれば、ヘアスタイルが崩れる心配もありません。 カールを出す際にはムースなどを使うとセットしやすいですよ。 くせ毛で広がる髪質を上手にワックスでスタイリングした例。 動きが出ていて、まとまりも感じますよね。 前髪を上げているのでスッキリした印象です。 こういったセットをするにはワックスがいいですが、ワックスを使うと、頭頂部・後頭部・全体がぺたんこになりやすい方でもボリュームアップできますので一石二鳥です。 クセがある方のベリーショート カットです。 こういったベリーショートもクセがあることで、ぺったんこにならずに動きを感じることができます。 外ハネはヘアスタイルに躍動感が出るので、アクティブな感じに見えていいですね。 60代70代80代はとにかくペタンとしないようにすることがポイントです。 髪の毛が広がりやすいくせ毛におすすめしたいのが、ショートカットに短い前髪を取り入れたヘアスタイル。 顔周りのをスッキリとさせているので、広がりを感じにくくなります。 またショートカットは余分なボリュームが出ている部分をカットして削っていくことができるので、フォルムを調整しやすいことも広がるくせ毛にはピッタリですね。 60代70代80代は前髪がうっとおしく感じやすい世代でもありますので、思い切ってこれぐらい短くしてしまうと、おしゃれ感アップ&若く見えるのでいいですね。 カールやうねりが強く広がりやすいくせ毛におすすめなのが、ベリーショートで動きを強調したヘアスタイル。 おすすめ世代は60代70代80代、グレイヘアでも似合う髪型です。 前髪はありますがあえて下ろさず、トップの動きに合わせて流すようにスタイリング。 サイドはソフトに刈り上げてスッキリとしています。 くせ毛や天然パーマでカールがある人は、わざとカールを出すのが特徴を活かせるのでおすすめです。 ムースを使ってカールを戻すのもいいですが、ワックスで少しボサボサに仕上げるのも抜け感があっていいですよ。 おすすめ世代は20代~50代ぐらい、60代70代80代の方がこういったヘアスタイルをする場合は、前髪をもう少し短くしてスッキリさせておくと、顔がぼやけて見えなくていいですね。 20代30代40代50代の方はムースを使ってほぐし感を出して、無造作に仕上げていくとおしゃれな感じに仕上がります。 こちらも上とほとんど同じようなヘアスタイル。 より無造作感がある仕上がりです。 ワックスを毛先中心に揉み込みながらつけて、バランスを整えながらセットします。 耳付近は外ハネカールを入れるとワンポイントあっていいですね。 外ハネカールは内巻きにするよりも、顔が引き締まって見えるスタイリングです。 広がりを感じにくいので、くせ毛で広がりやすいと悩んでいる人はぜひ。 くせ毛や天然パーマでうまいことセットしにくい場合は、一層のこと、パーマでもっとカールを強めるのも1つの方法です。 これぐらいのショートボブ&強めパーマはヘアモデルさんのように若い女性だけでなく、シニア女性の方にもおすすめです。 若い世代は少し散らしながらセットすると無造作感が出ていい感じに仕上がります。 大人女性やシニア世代はこの写真ほど散らさないように、もう少しまとまりを作りながら仕上げると世代に合わせたヘアスタイルにすることができます。 こういったヘアスタイルは白髪交じりの方や完全に白髪の方でも似合う髪型です。 広がるくせ毛の方、天然パーマでカールが強く出る方は、思い切ってこういったツーブロックにするとスッキリ見せることもできますし、特徴を活かすことができるのでおすすめです。 薄毛が気になる際も、刈り上げ部分がぼかしのようになってくれるので、とってもマッチする髪型です。 グレイヘアでシニア世代の方がこういったエッジの効いたヘアスタイルをするのもありですよ。 黒髪、白髪交じり、完全に白髪のグレイヘアなどヘアカラーなしで薄毛に似合う髪型 ベリーショートにゆるめのパーマをかけたヘアスタイル。 ピンパーマでもOK。 カールを作ることで頭頂部にもボリュームを出しやすく、またペタンコだと地肌が透けて見えるので、そういった部分もカバーできるのでいいですね。 黒髪でも、白髪交じりでも、完全に白髪のグレイヘアでも似合う髪型です。 黒髪ショートボブ、マッシュショートに強めのパーマをプラスした髪型です。 重いヘアスタイルのショートボブやマッシュでも、カールを付けることで軽い感じにすることができますし、セットもムースでカールを戻すようにするだけなので楽です。 完全に白髪になってしまったグレイヘアの方でも可愛らしい仕上がりになるので、キュートなイメージにしたい方はぜひ。 ベリーショートにピンパーマで動きをプラスしています。 髪がぺたんとしやすい髪質の人や50代60代70代などのボリュームが出にくい世代にぴったりなヘアスタイルです。 前髪が短いことで、ボーイッシュというよりは可愛らしい印象に仕上がっています。 ショートカットのグレイヘアにピンパーマで若干の動きをプラス。 髪が細い柔らかい、全体の毛量少ない方はワックスを使うとボリュームケアできます。 白髪交じりグレイヘアにピッタリなのが、サイドや後ろを刈り上げたアシンメトリーのショートカットですね。 サイドや後ろを刈り上げているので、白髪があってもスッキリとして見えて、清潔感を出すことができます。 グレイヘアだとヘアスタイルもぼやけた感じになりやすいですが、アシンメトリーの前髪といった工夫を取り入れると、グッとおしゃれ感アップになりますね。 ショートカットを横に流し、サイドや顔周りをスッキリとさせたヘアスタイルです。 グレイヘアでも若く見える良い例ですね。 透明感のあるキレイなグレイヘアになっていますが、黄ばみが出ないように工夫することが大切です。 アメリカの女優、メリッサ・マクブライドさんです。 超超超ベリーショート、丸坊主が伸びた感じに近いヘアスタイルですね。 グレイヘアでも短い前髪(というか前髪ないですけど)は若々しく見えるポイントです。 多分くせ毛なんでしょうけど、ワックスなどで外ハネさせて動きをつけている所がまたいいですね。 ピンパーマかけてもいいし、なくてもワックスで同じ仕上がりにできますよ。 クールな感じのツーブロック ショートカット。 サイドをタイトにしながら、トップは逆に毛先を散らして動きを作ります。 グレイヘアの場合は、こういったエッジが効いたヘアスタイルが見栄えがするのでおすすめですよ。 ショートレイヤーに外ハネや動きを出したヘアスタイル。 髪に動きがあるのと、顔をスッキリして見せているので、シニアでも若々しく見えるヘアスタイルです。 顔は面長さんですが、ヘアスタイルのバランスがよいので、前髪で顔の面積を減らさなくても全然大丈夫です。 むしろ顔を出している方が若々しく見えますよね。 こちらは逆に落ち着いた感じのグラデーションボブに、パーマをかけてブローしたヘアスタイルです。 上品なマダムにピッタリのヘアスタイルです。 ショートボブに強めのパーマ、黒髪でも白髪でも似合う髪型です。 白髪がある場合でショートカット以外なら、カールを付けていたほうが見栄えがしていいですね。 ボブに内巻きパーマでふんわり仕上げたヘアスタイル。 前髪なしだとスッキリした印象に。 これもボブにパーマですが、ゆるめのパーマでふんわりとした仕上がりです。 片方は耳にかけてタイトに仕上げます。 完全に白髪の方でも、髪やファッションに気を配るとハイセンスな仕上がりになりますね。 グレイヘアのセミロング・ハイレイヤーです。 トップからレイヤーをたくさん入れたヘアスタイルで、頭頂部の薄毛が気になりやすい人にピッタリですね。 ハイレイヤーはストレートだとペッタンコになりやすいので、パーマでカールを作るようにするといいですよ。 長め前髪を流すようにして顔まわりに華やかさをプラス。 パーマがあると軽く乾かすだけで、こういった仕上げにすることができます。 グレイヘアの場合はヘアカラーをする代わりに、こういったパーマを3~4ヶ月に1回ぐらいの間隔でしてあげると、お手入れが楽になりますよ。 薄毛が気になる方でも似合う女性芸能人&女優さんのヘアスタイル 女優の蒼井優さん。 前髪も超短い、ボーイッシュに仕上げたベリーショート。 丸みを感じないようにラフに仕上げています。 どの世代でも、白髪交じりでも、完全白髪のグレイヘアでも似合う髪型です。 ワックスで崩すように仕上げると更にGOODですよ。 竹内結子さんのボブ。 衣装のスーツに合わせてかっちり感のあるパーマヘアです。 カールはありますがあまりボサボサにならないように、キレイにカールが出るように仕上げています。 分け目もタイトにして遊びの部分を少なめにしていますね。 薄毛がそこまで進んでいない方におすすめ。 辺見えみりさんのショートカット。 辺見えみりさんといえばこんなショートカットのイメージが強いです。 ファッションもいつもおしゃれなので、とてもハイセンスな仕上がりです。 大人女子系。 パーマをかけてワックスで仕上げると、薄毛が気になり始めた方でも大丈夫です。 松嶋菜々子さんといえばショートからロングまで幅広い髪型をされていますが、このミディアムレイヤーも似合っていていいですね。 レイヤーを多めに入れてカールをつけることで、ボリュームのカバーがやりやすくなります。 顔は面長タイプになりますが、斜め前髪とひし形シルエットでキレイなバランスを保っています。 同じく松嶋菜々子さん、レイヤーボブ。 レイヤーを多めに入れた軽いボブに、シャープになりすぎないようにパーマで動きをプラス。 こういった動きのあるボブもいいですね。 薄毛が気になる方がボブを試したい場合は、こういったヘアスタイルもおすすめです。 内田有紀さんのショートカット。 黒髪ショートがイメージが強く残っていますが、こういった茶髪のショートも似合っていますね。 ぺったんこになりやすい方はワックスでふんわりと仕上げましょう。 長澤まさみさんもショートカットをよくされているイメージです。 これはパーマを当ててないショートですが、ぺったんこになりやすい髪の場合は、ふんわりさせるだけのボディパーマをかけて、ベースを整えるといいですね。 50代ぐらいの方が芸能人の髪型検索すると、上位に上がってくるのが吉瀬美智子さんです。 ショートカットにパーマで流したり、外ハネカールを入れたりと、ひと工夫を取り入れています。 ひし形シルエットでバランスもキレイです。 女優の真木よう子さん、外ハネショートカット。 フェミニンさとクールな感じが合わさった仕上がりです。 かわいい雰囲気の人も、クールなイメージの人も両方いけそうですね。 安田成美さんといえば、もう少し短めのショートカットをイメージしますが、今回はボブにパーマのヘアスタイルです。 超短い前髪はこの方のトレードマークですね。 同じく安田成美さん、上の写真よりも短いヘアスタイルです。 ショートボブにレイヤー入れてパーマで動きを出すとこういった仕上がりにすることができます。 短い前髪はなかなか勇気が入りますが、若々しく見えるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。 石田ゆり子さんの外ハネを取り入れたレイヤーボブ。 こちらも短い前髪ですね。 年齢を重ねていくと顔周りをスッキリさせる方が見栄えが良くなるので、美容室でオーダーする時は意識してみてください。 米倉涼子さんは最近ではこれぐらいのボブを良く見かけます。 井川遥さんと同じく「大人・美人」のイメージが強いので、前髪なしのヘアスタイルはよく似合います。 ボブにもワンカールがあるとキレイです。 重めのボブで分け目がしっかりとできてしまうので、薄毛があまり進んでいない方におすすめです。 吉田羊さんのゆるめのパーマのボブ。 大人女性にピッタリのヘアスタイルですね。 大きめのパーマを中間~毛先にかけてあります。 軽く乾かしたあと、ワックスやムースでカールを戻すとこんな感じにできますよ。 女優の賀来千香子さん。 ミディアムヘアにハイレイヤーの髪型です。 ウルフっぽい感じですね。 トップがぺたんとなりやすい60代70代80代は、レイヤーを入れて立ち上がりやすいようにすると若々しく見えるようになります。 ハイレイヤーは根元を立ち上げるようにブローしないと逆にぺったんこになることもありますが、くるくるドライヤーなどで内巻きにすると意外と簡単にできますよ。 薄毛が気になる際にやってはいけないダメな髪型、避けたい髪型 見ていただいた通り、どの長さの髪型も重たい感じの仕上がりです。 ショートカットでもトップにレイヤーがなくまん丸のマッシュルームのような髪型は、頭頂部・後頭部・つむじの薄毛が目立ってしまいますし、髪が細い柔らかい全体の毛量少ないような髪質はぺたんこになってしまいます。 もちろんボブやミディアム、ロングと髪の長さが伸びてきて重い髪だと、余計に薄毛が目立つことは言うまでもありません。 前髪を作ってもやはり分け目などで目立ってしまうので、 基本薄毛が気になる場合は、レイヤーがほとんどない重たいヘアスタイルは避けるようにしましょう。 薄毛を目立たないようにしたい場合は、• レイヤーを入れて根元を立ち上げやすくする• パーマで動きを作る• コテやアイロンで巻く• ワックスやムースを使ってボリュームをカバーする• アシンメトリーやツーブロックなどメリハリを強調する といったことを意識すると薄毛に似合うように調整することができます。 髪の長さが長くなればなるほど、テクニックやセットの工夫が必要になってくるので、 何もセットをしたくなくて見栄え良く仕上げたいなら、レイヤーボブ~ショートカットぐらいまでの長さがおすすめです。 いつもまでもヘアスタイルを楽しむためには「育毛対策」が大切 髪がなくなってしまうと元も子もありません。 いつまでもヘアスタイルを楽しむためには、毎日のヘアケアに頭皮ケアを取り入れることが大切です。 そのためには、薄毛や頭皮ケアにアプローチできるシャンプー、トリートメント、育毛剤などを取り入れてみましょう。 100%天然由来の超自然派ボタニカルシャンプー。 なのにキシまずゴワつかず、さらにトリートメント不要で、• 頭皮ケア• 抜け毛・薄毛ケア• 育毛対策• 白髪ケア もできるというクオリティーの高さ。 お手入れが面倒で、シャンプー1本でマルチにケアしたい人向けシャンプーです。 以上、今回は薄毛が気になっている方や薄毛の方に似合う髪型をテーマに、20代~80代までほぼ全世代にご活用いただけるヘアカタログを作ってみました。 新しいヘアスタイルをお探しの際に、参考になれば幸いです。 他にもいろいろとヘアカタログを作りました。 もっといろんな髪型をチェックしたい場合は、下記リンクをご活用ください。 他のヘアカタログ 20代30代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 40代50代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 60代70代80代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 パーマ• / グレイヘア• / 薄毛が目立たない髪型• 毛量少ない人向けヘアカタログ /• 【女性】 / /• 【女性】 / /• 【男性】 / /.

次の

女性の前髪が薄毛に・・!前髪が薄くなる原因と対策を徹底解説

前髪 薄毛 女性

薄毛の女性にはボブがいい!? 女性にとってヘアスタイルはとても大切な身だしなみです。 でも、薄毛だとどんな髪型にしても決まらない気がする…。 そんな薄毛に悩む女性にオススメなのがボブスタイルです。 今回は薄毛の女性にオススメの髪型、ボブヘアーについて、バリエーションやスタイリングのコツをご紹介します。 薄毛改善のためのアドバイスもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。 薄毛の女性にボブがおすすめな理由 薄毛の女性にはボブスタイルがおすすめと聞いて、ちょっと疑問に感じた女性もいるかもしれません。 薄毛を隠すにはショートのほうがいいんじゃないの…? 確かにショートヘアーも薄毛を隠すのに効果的ではあるのですが、ちょっと間違うと余計に薄毛が目立ってしまうこともあるんです。 ヘタをすると地肌が見えてしまう可能性も考えられるんです。 その点ボブはショートよりも少し髪の毛を伸ばしたスタイル。 地肌が見えやすい部分があっても髪の毛の流れで隠すこともできます。 それでいてふんわりとボリューム感を出すことができます。 おすすめのボブのヘアスタイル画像 さて、ボブスタイルといっても意外とバリエーションがあります。 基本の前髪なしボブヘアーは分け目が一ヶ所で済みますので、薄毛の女性に一番オススメの髪型です。 おでこを三角形に出すことで小顔効果も期待できますから、一石二鳥ですよ。 でも前頭部の薄毛があまり気にならない女性なら、前髪を作るのも素敵です。 前髪を作ることによって、可愛く若々しいイメージになりますよ。 出典: 前髪アリのボブスタイルの場合でも、片方を耳にかけることよってまた違った雰囲気を演出することができます。 髪の毛全体をふんわりさせることでボリューム感にも変化が出ますし、こうしたアレンジができるのはボブスタイルならではですよね。 襟足を長めに、トップを少し短めにすることで頭頂部の気になる薄毛もふんわりと隠すことができます。 出典: 短めのボブスタイルでも、前髪を作ったり作らなかったり、耳にかけたりと 色々なアレンジが可能です。 完全なショートスタイルではここまでのニュアンスをつけるのは難しいですよね。 毎日のヘアスタイルに変化をつけられるのばボブスタイルの大きなポイントと言えます。 薄毛の女性がボブにする際の注意点 薄毛の女性にオススメのボブヘアーについてご紹介してきました。 ただ、薄毛に悩む女性の中には美容院に行きたくないと思う女性も少なくないかもしれません。 ボブヘアーくらいなら自分でもできる…と、自宅で切ってしまおうと思っていませんか? でもこれはNG。 自分で髪の毛を切ると、前から見たスタイルは大丈夫でも後ろ姿にどうしても違和感が出てしまいます。 おそらく薄毛が気になる場所は後ろや上から見るような場所にあることが多いと思うのですが、そういった場所もしっかりスタイリングしてもらうにはやっぱりプロの手を借りるべきなんですね。 美容師さんは日々色々な女性の髪の毛を見ていますから、薄毛の女性に合うボブヘアーもしっかり研究しています。 ぜひ、安心して美容師さんに任せてみてください! もっと自由に髪型を選びたい女性へ ボブヘアーにも色々なバリエーションがありますし、薄毛の女性でも十分アレンジを楽しめそうですね。 でも、やっぱりもっと色々な髪型をしたい… そう考える女性もきっと多いと思います。 色々な髪型に挑戦するためにも、やはり薄毛は改善していきたいですよね。 薄毛のお悩みがなくなれば、ベリーショートもロングヘアーも希望通りの髪型を楽しむことができるはず…! では、女性の薄毛のお悩みはどうすれば改善できるのでしょうか? 女性の薄毛の対策方法 の多くは生活習慣によるものだと言われています。 いきなり全ての生活を変えることは難しいかもしれませんが、できることから始めてみてはいかがでしょうか。 もし食事のバランスが悪いことに心当たりのある女性は、まず栄養バランスから考えていくといいかもしれません。 髪の毛の材料となるタンパク質を含んだ肉や魚、大豆。 髪の毛の健康を保つために必要なビタミンやミネラルは野菜から。 どうしても足りない分はサプリメントを利用するのもおすすめです。 ですから睡眠不足が続くと、いくら栄養を摂っていても薄毛になってしまうことがあるんです。 ぜひ、毎日の睡眠にも少しだけ気を配ってみてください。 特にオススメなのが時間帯です。 夜10時~深夜2時まではゴールデンタイムと呼ばれていて、成長ホルモンが多く分泌されると言われています。 疲労回復効果も期待できますので、どうしても睡眠時間が確保できない女性はこの時間帯に少しでも睡眠を取るようにするといいかもしれません。 女性が育毛剤だなんて…と思う人もいるかもしれませんが、今は女性用のオシャレな育毛剤も多く販売されています。 また、無添加・天然成分にこだわった女性の体に負担をかけない育毛剤もありますし、また産後の薄毛にも使用OKなものも多いので、ぜひ一度チェックしてみてください。 髪型を工夫しつつ、薄毛の改善を始めましょう 薄毛の女性にオススメの髪型や対策について、いかがだったでしょうか。 するための対策は、始めたらすぐに髪の毛は生えそろってくるわけではなく、長い間継続する必要があります。 それまでは髪型で工夫をしながら、毎日コツコツと健康な髪の毛を育てていきましょう。 日々の積み重ねが美しい髪の毛を作っていきます。 ぜひ、楽しみながらケアを続けていってください。 関連する記事• 2017. 18 目次 1. 40代で薄毛…なんとかごまかせない?2. 40代で薄毛に悩む女性におすすめの10の髪型画像3. そもそも40代女性の薄毛の原因ってなに?4[…]• 2017. 02 目次 1. 薄毛に悩む女性は坊主にするのもひとつの手段?2. 薄毛女性の坊主に関するメリット・デメリット3. 薄毛女性が坊主にしたらフルウィッグを検討[…]• 2017. 18 目次 1. 女性は髪型次第で抜け毛の本数が変わる!? 抜け毛が気になる女性におすすめの髪型3. ヘアスタイルによって抜け毛が改善できるパターン4. […]• 2017. 09 目次 1. 50代女性の薄毛は髪型選びが重要!2. 薄毛の50代女性におすすめの髪型10選!3. そもそも50代女性の薄毛はなぜ起こる?4. 薄毛の5[…]• 2017. 08 目次 1. 30代女性の薄毛は髪型でカバーしよう2. 薄毛の30代女性におすすめの髪型10選!3. 薄毛の30代女性にはおすすめできない髪型4. 30[…].

次の

女性が薄毛になる原因16選と対策!

前髪 薄毛 女性

Contents• ヘアスタイルによっては薄毛が目立ってしまうケースがある もしかすると、今のあなたのヘアスタイルは、薄毛を目立たせてしまうものかもしれません。 ヘアスタイルを変えるだけで、見た目がぐんと変わり、薄毛が気にならなくなるケースも多いです。 まずは薄毛が目立つ部分別にポイントをご紹介しましょう。 前髪(生え際)の薄毛は前髪を増やすかおでこを出してカバー ぱっくりセンター分けや左右どちらかに前髪を長くしている人は、 前髪やおでこの生え際が薄くなりがちです。 このタイプの薄毛には、後ろの毛を一部前に持ってくることでボリュームのある前髪にするか、逆にポンパドールやアップバングなどの前髪を全て上げ、おでこを出すスタイルがおすすめです。 前髪を多めにすると幼い印象になりやすく、おでこを出すとクールやアクティブな印象が強くなります。 フルバングは前髪の薄毛に最適 バングは前髪のことですが、トップからこめかみあたりまでを扇形を描くように前髪をつくるフルバングは、前髪部分の薄毛対策におすすめです。 まっすぐ下ろすと目元が強調されてキュートな雰囲気になりますが、軽く流すと大人っぽくなります。 さらに、8:2や1:9など大胆に分け目を斜めにつけると、 艶やかさがアップしますよ。 ポンパドールは髪の長さ問わず薄毛カバーにおすすめ ポンパドールは、髪の長さに関係なく前髪部分の薄毛カバーに適したヘアアレンジです。 左右の黒目の内側の延長線を目安にして、前髪に毛束を作り• 毛束を頭の上にふんわりと倒して、ねじる• ねじった部分を頭につけて、額の方へ少し押し出す• ねじった部分をピンで留める 前髪が短めの場合は、少量のワックスを内側からつけてみると毛束が作りやすくなります。 ロングで前髪を作っていない人にはアップバング 分け目をサイドに寄せ、長い前髪やサイドをグッとかき上げる アップバングは分け目やつむじの薄毛カバーに効果的です。 前髪を作っていない人や、長い髪を切りたくない人にもおすすめです。 髪を乾かすときは、トップの毛の根元を立ち上げて、かき上げるようにブローします。 仕上げは手にワックスを薄く伸ばし、髪をかき上げるようにセットします。 ワックスをつけすぎると、せっかくふんわりさせた髪がボリュームダウンしてしまうので、気をつけてくださいね。 ずっと同じ分け目にしていると薄毛になりやすい いつも同じ分け目にしていたためか、トップ(頭頂部)周辺の髪が薄くなることはありませんか?これは、 頭皮が硬化して毛根の成長が妨げられることが原因です。 こうしたケースでは、分け目を変えるだけで薄毛部分が目立ちにくくなります。 毛の流れに逆らった分け目になるので、トップのボリュームがアップして、薄毛をカバーしてくれます。 ずっと同じ分け目だった場合、クセが強く残っていることもあります。 ですが、お風呂上がりにいつもと違う分け目を作り、ヘアピンなどで固定しながらドライヤーで乾かすようにすれば2,3日で新しい分け目のクセがついてきます。 この時、女性用の育毛剤を一緒に使うと更に効果的です。 分け目は2,3ヶ月ごとに変更することをおすすめします。 真ん中分けにする場合は、分け目をジグザクさせることでトップのボリュームをアップできますが、縦長が強調されるので面長な人には不向きです。 育毛剤の男女共用はNG 夫婦やパートナーと育毛剤をシェアして使用している人もいるかもしれません。 ですが、体質や薄毛の原因は、男性と女性では違うので、共用は避けてください。 女性が男性用の育毛剤を使用し続けると、逆効果になってしまうケースもあります。 育毛剤を使用する場合は、必ず女性用を使ってくださいね。 ゆるふわパーマでボリュームアップ 全体的に髪のボリュームがない場合には、トップや毛先だけにゆるふわパーマをかけると、ボリュームアップしてスタイリングしやすくなります。 また、薄毛になるとトップがペタンコになりがちです。 ドライヤーを使ってトップにボリュームをもたせることで薄毛をカバーできます。 パーマは髪へのダメージが気になる人もいるでしょう。 ヘアアイロンやホットカーラーでも一時的にパーマのようなボリュームを出せます。 熱でダメージを受けやすいので、トリートメントなどをつけるといいですよ。 つむじ回りの毛束の根元にヘアアイロンを当て、毛流れと逆にアイロンを滑らせます。 つむじや分け目周辺の毛束全部に行いますが、毛束は少なめにすると、ヘアアイロンの熱が伝わりやすく、きれいにボリュームが出せます。 ドライヤーは髪を持ち上げて根元を起こすように ドライヤーを使って髪をボリュームアップする場合は、髪を持ちあげ、根元を起こすように風を当てます。 ブラシやクシを使ってもいいですが、引っ張りすぎないようにしましょう。 ボリュームアップに効果的なブローの仕方をご紹介しましょう。 全体的に髪が乾いた状態に、薄毛部分の根元だけを水の入った霧吹きで濡らす• つむじに両手を開いた状態で指を入れ、髪の根元を起こす• 熱くなりすぎないようにドライヤーの距離に注意• 髪が乾いたら、立ち上がった髪がつぶれないように気をつけながら手ぐしで整える 髪の長さ&年代別薄毛カバーにおすすめのヘアスタイル ここからは、薄毛カバーにおすすめのヘアスタイルを髪の長さと年代別にご紹介します。 ショートヘアは薄毛カバーに最も適している トップのボリュームがペタンコだと薄毛が目立ちやすいことは、すでにご紹介しているとおり。 しかし、 ショートヘアであれば、髪が短い分軽く、薄毛カバーに最も適しているスタイルと言えるでしょう。 髪を短くすることに抵抗がないのであれば、ショートヘアが1番です。 10〜30代はマッシュショート+シースルーバングがおすすめ さわやかなショートヘアとシースルーバングを組み合わせることで、生え際とトップをスタイリッシュにカバーしてくれます。 シースルーバングは、若い女性を中心に大人気の透け感のある前髪です。 30代以上はレイヤーで動きをつけたショートやミディアムボブ 30代以上でマッシュショートはカジュアルすぎるイメージを持たれるかも知れません。 そのため、 レイヤーで動きをつけるのがおすすめです。 シースルーバングも幼く見えるので、この年代にはあまりおすすめできません。 襟足を短くして後頭部の薄さをカバーできるくせ毛風のベリーショートも、薄毛隠しにはピッタリです。 前髪をざく切りしたショートヘアは、年齢問わず合わせやすいヘアスタイルですが、髪を短くして顔を出すのに抵抗感がある人も多いですよね。 その場合は、前髪を長めにしたボブスタイルがおすすめです。 前髪を作っていない人はサイドに流しましょう。 全体の髪が長めの場合は、前髪は短く、全体が短めの場合は前髪を長くするとバランスがいいといわれています。 ミディアムヘアはカールを付けてふんわりと 20代までは裾カールでキュートな雰囲気がおすすめです。 生え際が薄い場合は、シースルーバングに重めのミディアムヘアがいいでしょう。 30代以上はゆるいカールで優しい雰囲気に仕上げるのがおすすめです。 フルバングとハーフアップをあわせることで、前髪をトップの両方がカバーできます。 全体的に薄い場合は、ウルフレイヤーなどで動きをもたせ、トップにボリュームを出すといいですよ。 ロングは髪の重みで薄毛が強調されがち ロングは髪の重さで毛が下に引っ張られ、トップがペタンコに見えてしまいがちです。 また、薄毛でロングだと疲れて見えて、年齢も上に見られるケースが多いようです。 20代までは、厚めのフルバングとゆる巻きスタイルがおすすめです。 前髪が薄い場合は、後ろから髪を持ってきて前髪を作ります。 重めの前髪にしてスタイリングでふんわりさせれば、ロングヘアでダウンしているトップにもボリューム感が出ます。 30代以上は薄毛で長い髪はあまりおすすめできませんが、 ヘアアクセサリーをうまく活用すれば、変形夜会巻きなどトップのボリュームが出せる上にエレガントな雰囲気になります。 シースルーバングや厚めのバングのセルフカットは要注意 透け感を出したシースルーバングや、後ろの髪を一部前に持ってきて前髪を増量する場合は、自分でカットすると切りすぎるなど失敗するケースも多いです。 心配な人は美容師に切ってもらうことをおすすめします。 美容院でははっきりとオーダーしたほうがいい 恥ずかしいと思われるかもしれませんが、「薄毛が気になっているので、カバーできる髪型にしてほしい」というように、はっきりと要望を伝えたほうがいいです。 薄毛カバーにおすすめのヘアアレンジ ヘアアクセサリーを活用したり、ヘアアレンジによって薄毛がうまくカバーできるケースもあります。 お団子でトップのボリュームアップ ワックスを髪全体につけてなじませ、お団子を作りたい場所でポニーテールを結びます。 毛束をくるくるねじり、ヘアゴムが隠れるように巻き付け、ピンで固定するだけの簡単アレンジです。 ポニーテールはブラシでまとめるより、手ぐしにするとルーズ感が出ておしゃれです。 髪にボリュームがなくお団子が作りにくい時は、毛束を逆毛に立てたり、お団子用のヘアクッション(黒・茶のスポンジ状のもの・100均ショップなどでも購入できる)などを活用するときれいなお団子が作りやすくなります。 ただし、 同じ場所で結んでいると頭皮に負担がかかりやすく薄毛の新たな原因になるので、10日に1回くらいの頻度にするのがいいでしょう。 編み込みは生え際の薄毛カバーに最適 生え際の薄毛カバーには、斜め編み込みがおすすめです。 前髪を斜めに編み込んでピンで留めます。 編み込む髪が少ない場合は、後ろから持ってきて編み込みます。 スカーフやヘアバンドなど小物で隠す 髪をアップにしてスカーフを巻くのは、おしゃれ上級者向けと思われがちですが、簡単にできるアレンジです。 ショートヘアでも幅広のターバンで広範囲が隠せます。 柄で印象がガラリと変わるので、いろいろ試してみるといいですよ。 レースやビロードなど素材によっては結婚式などのフォーマルシーンにも使えるエレガントなものもあります。 ゆるふわに巻いた髪と一緒に編み込むスタイルがおすすめです。 カチューシャは太めのもので生え際を隠したり、細めのものでオールバックにする時に使えます。 オールバックにした時の後ろは、束ねてもそのままストレートや巻き髪などどんなスタイルにも合わせられます。 少し高い場所で束ねると、洗練された雰囲気になります。 スタイリング剤は少量で軽いテクスチャーのものを 薄毛をカバーするにはスタイリング剤をうまく活用することも重要。 ですが、長時間キープさせたいからと、 大量に使用するのは控えましょう。 スタイリング剤は、使いすぎると頭皮の刺激や毛穴トラブルのもとになるだけでなく、重みでボリュームダウンしてしまいます。 ジェルのようなしっとりして重いものは薄毛カバーには不向きです。 スタイリング別のおすすめスタイリング剤は以下のとおりです。 シャンプー前にぬるま湯でしっかり予洗いすると汚れがしっかり落とせますよ。 育毛剤やマッサージなどのケアも忘れずに ヘアスタイルやアレンジで薄毛をカバーすることはできます。 しかし、薄毛を根本的に解決するためには育毛剤の使用やマッサージ、生活習慣の改善などが必要です。 どちらもあわせて行い、少しずつ薄毛を改善していくことが大切です。 スポンサーリンク.

次の