つわり 寒気。 【助産師監修】妊娠初期寒気|原因や種類、風邪との違いや流産との関係は?|cozre[コズレ]子育てマガジン

妊娠初期の寒気は流産と関係する?ほてりや頭痛も?寒い原因と対策

つわり 寒気

妊娠中、特に妊娠初期に、抗いがたい睡魔に襲われることがあります。 実は妊娠中の眠気は多くの妊婦さんを悩ませています。 眠気もつわり症状の1つだと言われていて、「眠りつわり」もしくは「眠気つわり」という言葉も使われるようになってきていますが、と比べて まだまだ周りの理解を得にくい状況です。 このページでは、眠りつわりの原因と軽減対策について詳細にお伝えします。 眠気覚ましのツボもイラスト付きでご紹介していますので、ぜひお試しください。 眠りつわりの症状-睡眠時間が足りていても眠い 夜に十分に寝ていたとしても、まるで睡眠が全然足りていないかのように日中に眠くなるのが、眠りつわりの特徴と言えます。 妊娠中の眠気のパターンや強さには個人差がある• 昼食後など特定の時間・行動の後に眠たくなる• 日中を通して眠気に苛まされてしまう• 「なんだか眠いなー」程度の眠気がだらだら続く• 気が付くと意識が飛んで寝てしまっている このように、各人で症状は様々で、中には病的に重篤な場合もあります。 単に夜の睡眠時間を長くすれば解決する、というものではないので、働いている方やお子さんがいらっしゃる女性にとっては対策が難しく、特有のつらさがある症状です。 眠りつわりの原因は、黄体ホルモン 妊娠すると、黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きが活発になります。 黄体ホルモンは、卵巣から分泌されるホルモンで、妊娠を維持する働きがあります。 赤ちゃんが快適に過ごせるように、子宮のベッドをふかふかにするのです。 この黄体ホルモンには、体温を高温で一定に保とうとする働きもあるのですが、体は体温で覚醒と睡眠をコントロールしている面もあるため、体温差が少なくなると日中の眠気が強くなります。 また、黄体ホルモンの生成が活発な時期はその分解もよく行われるのですが、黄体ホルモンが分解されて出来る「アロプロゲステロン」には、お医者さんが処方する睡眠薬と同じくらいの催眠作用があると言われています。 妊娠期は、この2つの原因により、通常時とは異なる眠気に襲われてしまいます。 先述の黄体ホルモンは、妊娠16週目までの間にもっとも分泌されると言われています。 眠気は妊娠16週以降、分泌量の減少と共に収まってくる場合が多いのですが、例えば生理前に眠くなる等、普段から黄体ホルモンの影響を強く受けがちな方は、長引く傾向が見られます。 眠りつわりの軽減対策7案 以下に、妊娠中の眠気対策としてお調べした限りをお伝えします。 甘いものを控える 妊娠中は低血糖状態に陥りやすいという専門家の意見があります。 糖質が多く含まれた食べ物は血糖値を急激に高め、直後に急低下させます。 こうして 低血糖状態となった時にだるさや眠気が強まります。 食後に特に眠気が強くなる妊婦さんは、 血糖値の乱高下を防ぐことで、症状が軽減される可能性があります。 糖質が多く含まれた菓子やデザートを控える• 食事の際は糖質が低い葉野菜や海藻から食べ始め、魚やお肉(たんぱく質)をしっかり摂りつつ、お米やパンや麺などの主食(炭水化物)を控えめにする 上記を心掛けることで、急激な眠気を予防できるかもしれません。 周囲に理解を求め、眠れる時間を増やす なかなか理解を得ずらい症状ではありますが、まずは状態を周りに伝えてみてはいかがでしょうか。 「眠気はつわりの一種。 つわりで嘔吐する人がいるように、強烈な眠気に襲われる人もいて、どうやら自分もそうみたい。 これはコントロールできるものではないと お医者さんも言っている」 と、 権威を借りて話すと理解を得やすいかもしれません。 ちなみに、 20分程度の睡眠を取ることで症状が軽減する場合も多いようです。 体を動かす 外を散歩したり、室内でストレッチをする等、体を大きく動かすと目が覚めやすいです。 デスクワーク時など全身運動が難しい場合は、渾身の力を込めてグーチョキパーをしたり、足の指を動かすことでも、多少の改善が見込めるかもしれません。 ただ、あくまで私個人の体感ですが、一部分だけ体を動かしても、しっかり目が覚めるということはなかなか無い気がします。 職場で強い眠気に悩まされた時は、トイレに行くと言って席を立ち、誰もいないところで全力で「ラジオ体操第2」をする方が目が覚めるように思います。 眠気のツボを押す 東洋医学の分野になりますが、ツボ押しで一定の効果を感じられる方もいらっしゃるようです。 参考程度に特に有名な眠気覚ましのツボを出しておきます。 百会 左右の耳を頭頂部を通ってつないだ線の中心点。 合谷 親指の骨と人差し指の骨が合流する付近から若干人差し指側に進んだところにあるくぼみ。 いた気持ち良い程度の力で行ってください。 刺激が強めのものをなめる 体に刺激をもたらすことで、眠気を引っ込める作戦です。 どうにもならない時は、わさびや唐辛子を舐めたりするのも1つの手段かもしれません。 過剰摂取は膵炎を引き起こす可能性がありますので、摂取量はほどほどにお願いします。 体の温度を変化させる 先述のように、体が高温で一定になることも眠気を感じさせる原因です。 冷たい水を飲んだり、手や足、脇などをアイスノンを使って体を循環する血液を冷やせば、頭が冴える可能性があります。 ただし、妊婦さんに冷えは大敵です。 最悪流産を招きかねません。 あくまで一時的な対処として慎重に試して頂きたい所存です。 イケナイ妄想をしまくる このご提案で気分を害したら…と不安なのですが、事実、興奮すれば、眠気は吹き飛びます。 めくるめくエロスの世界に身をゆだねましょう。 意外と、効果的です。 個人的には一番効きました。 突っ込みはナシでお願いします。 理解を得ずらいのが、眠りつわりの一番の難点 どんなに頑張って眠気と戦っていても、「気づけば眠ってしまっていた」という状況になりかねないのが眠りつわりです。 特にデスクワークをされている女性は、このような状態に陥りやすいと想像します。 「眠りつわり」は一見元気そうにみえる上に世間の認知度が低いため、上司や同僚から「気がたるんでいる」「仕事をなめている」と思われ、 この苦しい状況をわかってもらえない場合も少なくないようです。 業務に仕様が出るほどの強い眠気つわりの際は、先にも述べましたが権威を借りつつ、眠気がれっきとした妊娠による症状であることを伝えてみましょう。 私が体験した眠りつわり 私の場合は、妊娠6週目から妊娠悪阻で入院していましたので、ずっと横になっており、ある意味寝たい放題でした。 退院後(妊娠5か月以降)も、主人が出張で週末しか家にいなかったため、寝たい放題でした。 眠気つわりに関して言えば、私は幸せな状況に身を置けていたのだと思います。 この経験から言える一番の眠りつわり対策は、「『気持ち悪さや他の諸症状で物凄く苦しい』という体で眠れる環境に身を置く」ことだと言えるかもしれません。 経験から言える眠りつわり対策の最終手段 本当に最終手段ではありますが、糖質を完全カットする食生活を3日程続けるとケトン体が出ますので、その状態でお医者さんに行かれたら、要休養の診断書位は書いてもらえると思います。 若干の演技が必要なのが難点ですが、眠りつわりも非常に困難なつわり症状の一つです。 どうしようもない時は選択肢の一つにしていただければと思います。 (但し、糖質カットの食生活は妊婦さん非推奨です。 実践の際は水分と栄養(ビタミン、ミネラル、タンパク質)はしっかり取り、短期間だけにしてください) みんなの眠りつわり体験談 妊娠中、酷い眠気に悩まされた方から体験談を頂いています。 あなたの励みや参考になれば幸いです。

次の

妊娠中の寒気の原因と対策!流産や腹痛から学ぶ寒気の症状

つわり 寒気

妊娠すると体の変化に伴って、さまざまなマイナートラブルが発生しますが、つら~い便秘もその一つ。 便秘を放っておくと、おなかが張って苦しいだけでなく、トイレで強くいきむことによって痔になってしまったり、おなかが張る危険性などもあります。 今回は、妊娠中の便秘について、原因や対策、解消法や注意点などをご紹介していきます。 生理予定日前などつわりの症状が早い人はいるの? 生理不順などがなく、生理周期が順調な人であれば、生理予定日よりも前につわりの症状が出ることはありません。 生理予定日前につわりのような症状が出ているとしたら、それはおそらく月経前症候群(PMS)の一つでしょう。 月経前症候群とは、生理の前の3〜10日間程度続く、精神的または身体的症状のことをいいます。 排卵日から生理予定日までの間には、黄体ホルモンというホルモンが多く分泌されます。 黄体ホルモンは腸の動きを鈍らせる作用があるため、便秘になりやすく、場合によっては吐き気をもよおすことがあります。 これがつわりの症状とよく似ているのです。 つわりの症状が出るのが遅い人やまったくない人もいるの? つわりの症状が出る時期は、個人差が大きく、その人の感じ方、性格、生活環境などによってもまったく違います。 ほとんどの人が、妊娠初期に何らかのつわりの症状を感じているでしょう。 ただ、「つわりが始まるのが遅い」というよりは、つわりだということを感じにくい、自覚しにくい人はいるかもしれません。 つわりの症状には、一般的によく知られている吐き気や食欲不振以外にも、眠い、だるい、熱っぽい、頭痛、においに敏感になる、食べものの好みが変わる、お腹がすくと気持ち悪くなる、唾液が出るなどさまざまあります。 吐くことはないにしろ、このような症状があれば、それもつわりの一つです。 また、なかにはつわりの症状がまったくないという人もいます。 つわりがないと、かえって心配になってしまうものですが、妊婦健診で赤ちゃんが順調に育っていることが確認できていて、出血や腹痛などの異常がなければ、とくに心配する必要はないでしょう。 つわりはいつから軽くなるの? つわりの始まりと終わりに個人差があるように、つわりの症状が軽くなる時期も人によって違います。 つわりの症状が重い人にとっては、いつになったら軽くなるのか知りたいところですが、一般的につわりが落ち着くといわれる妊娠16週くらいになっても治まらない人も珍しくありません。 またよく、出産直前までつわりが治らなかったという話をする人がいます。 妊娠後期以降に胃がムカムカしたり、食欲不振になったりするのは、つわりではなく、大きくなった子宮が胃を圧迫することによる症状でしょう。 後期になり、一度にたくさん食べられない場合は、1日の食事を小分けにして少しずつ食べるといいでしょう。 つわりの症状が突然なくなったら? 妊娠初期に、それまでつわりの症状があったのに、あるとき突然、ピタッとなくなり、急に気分がよくなったなど急な変化があった場合は、念のためかかりつけの産院を受診してみましょう。 赤ちゃんが残念な結果になることもないとはいえないからです。 「つわりは赤ちゃんが元気な証拠」だとよく言われますが、その通りです。 つわりの症状はつらくても、つわりがあることでママが安心できる一面もあるのです。 つわりの時期の食事はどうする? つわりの時期は1日3食にこだわらず、基本的に食べたいものを食べればOK。 さっぱりしてほどよい酸味のついたトマトや、水分の多い果物、冷たいおにぎりなどもおすすめです。 思うように食べられないと、おなかの赤ちゃんに栄養が届かないのでは、赤ちゃんが育たないのでは、などと心配になるかもしれません。 でもつわりの時期は食べられるものだけ食べていれば十分。 おなかの赤ちゃんが育たないということはありません。 つわりは必ず終わります。 症状がつらい時期は長く感じるかもしれませんが、つわりのことばかり考えると余計につらくなるので、本を読んで赤ちゃんのことを考えたり、体調がよければ外に出て散歩をしたりして、気分転換をすることが大切です。 つわりの程度は遺伝する? 母親がつわりが重いと、自分も重くなるのでは? と思う人もいるかもしれません。 ですが、つわりの有無やその程度が遺伝することはありません。 「母親が重かったから、きっと私も重いだろう」と思い込むと、それがストレスになり、本当につわりが重くなることも。 つわりは一時的なことなので、あまり深刻に考えすぎないようにしましょう。 二人目以降のつわりの症状は? つわりの症状は1回ごとの妊娠によって違います。 たしかに1人目の妊娠のときにつわりが重かった人は、2人目の妊娠以降でも重くなることは多いかもしれません。 でも、1人目のつわりは軽かったのに、2人目では重かった人、またはその逆の人もいます。 また一人目では吐きづわりだったのに、2人目では食べないと気持ちが悪くなる食べづわりになった、という人もいます。 妊娠ごとにつわりの重さや症状が違う理由は、そのときの体調や環境、ストレスなどさまざまなことが影響しているため、はっきりとしたことはわかりません。 いずれにしても、1人目、2人目ということにこだわらず、できるだけゆったりとした気持ちで過ごすことが大切です。 つわりの症状と対処法!こんなときは受診を! 食事がほとんどできない、水分もとれない、立っていられないほどつらい、体重が急に減ったなどの状態なら、すぐにかかりつけの産院を受診しましょう。 その状態が続くと体内のエネルギーが不足して、おなかの赤ちゃんどころかママにも影響があるからです。 放っておくと、肝臓と腎臓の働きが悪くなるだけでなく、意識障害を起こすことも。 通院をして点滴をする場合もありますが、症状によっては入院することもあります。 つわり経験者のおすすめ対処法&体験談 妊娠2カ月ごろら始まり、吐きけ、倦怠感などがありました。 水や食べ物のニオイがダメになり、夫にはキッチンの換気扇の下で食事をしてもらったり、外食したりしてもらいました。 空腹時に気持ち悪くなるので、吐きけがしたら果物を食べるように。 外出するときはマスクをしてアメをなめ、ニオイ対策をしていました。 (Kさん) 妊娠判明直後から6カ月まで、24時間ずっと吐きけが続きました。 仕事に集中しているときは治るのですが、帰宅すると悪化。 電車の中でも突然吐くので、外出時はポリ袋とおしぼりを持参。 料理をするのがつらく、塩やしょうゆをかけた豆腐ばかり食べていました。 つらいときはあおむけになり、ひんやりするボディクリームを塗るとラクに。 (Sさん) 妊娠超初期から熱が出てだるく、風邪だと思っていました。 2カ月ごろから魚のニオイで気分が悪くなるように。 症状が変わるので、そのつど対策を考えて過ごしました。 だるくてデスクワークがきついときに役に立ったのがかためのクッションです。 姿勢がラクになり、落ち着きました。 口寂しいときには、酸っぱいお菓子をつまんでしのぎました。 (Aさん) 胸やけ、倦怠感、吐きけ、食欲低下、頭痛が10週から始まりました。 朝に頭痛になることが多く、つらかったです。 好きなお茶を持ち歩いたり、抱き枕を抱いてリラックスするように心がけました。 夏だったので、食べるのは大好きなスイカばかり。 ニオイにも敏感になったので、仕事中はマスクをしてニオイを防御。 感染予防もできて一石二鳥でした。 (Mさん) 7週から16週まで空腹時に二日酔いのような状態が続きました。 歯磨き粉のニオイがダメで歯磨きが苦痛に。 酸っぱいもの、しょっぱいものが食べたくなり、梅のグミをいつも持ち歩き、夜は駄菓子のスナックをどか食い。 トイレにはグレープフルーツのアロマオイルを置いて吐いたときにニオイを嗅いでいました。 16週に入ると、嘘のようにすべての症状が治まりました。 (Eさん) 上の子のときは平気だったのに、下の子の妊娠中はつわりでダウン。 空腹を感じると吐きけと胃痛で炭酸水しか飲めず。 周囲のタバコやごはん、焼き魚、煮物、カレーやシチューのニオイがダメに。 吐きけがひどいときは、凍らせたフルーツや冷たいそうめん、炭酸水、アイスやゼリーをヘビロテ。 枕にはアロマを吹きかけて寝ていました。

次の

妊娠初期の寒気は流産と関係する?ほてりや頭痛も?寒い原因と対策

つわり 寒気

妊娠初期の症状で、多くの妊婦さんに見られる症状のひとつに「寒気」があります。 この寒気とは、季節やつわりなど、さまざまな原因が考えられています。 実は、寒気の種類によっては、おそろしい危険性を持つ場合があります! その危険性や、寒気の原因・対処法も見ていきましょう。 妊娠超初期に感じる寒気とは? 妊娠超初期!この時期に感じる寒気とは、背筋がゾクゾクッ!とする風邪の症状に似ていたり、「今日は冷え込んでいるな~」と思うほどに手足が冷たかったりすることから感じる寒気です。 気温の変化も考えられますが、「体温が低い」や「熱はないのに鳥肌が立つ」ような現象が見られます。 妊娠中の寒気の原因 ・血液の不足による貧血(血液の循環が悪いため体が冷えてしまう) ・妊娠中の体温上昇のため(体温は高いのに対し、気温が低いという温度差) ・風邪や冷え(実際に風邪症状が出ていたり、体が芯から冷えている) 貧血 妊娠時に感じる寒気には、貧血が原因とされている場合もあります。 体内の血液が不足していることからおこる貧血ですが、これはとても危険なことです。 血液が足りないと、赤ちゃんへ十分な栄養が送られず、赤ちゃんの発達障害を起こすリスクに繋がってしまいます。 貧血で倒れて流産のリスクも・・・などと、貧血には恐ろしい危険性があるのです。 体温が高くなるため勘違いしやすい? 「妊婦さんは湯たんぽみたい」と、皆口をそろえていいます。 そう、妊娠中は普段よりも少しだけ体温が上がってしまいます。 この体温が高くなる現象に伴って、風邪を引いたような寒気を感じてしまいます。 その上、気だるさや食欲不振などの「つわり症状」も出て来てしまうので、尚更風邪を引いてしまったと勘違いしてしまいやすいです。 低体温を引き起こす 「寒気」はママの体温を下げてしまいます。 妊娠すると体温は高くなることが一般的ですが、寒気が改善されないまま生活しているとママの体温は低くなり、低い体温だと血液の循環が悪い・子宮へ血液が送られにくい・頭痛や腰痛を招いてしまうなどの様々なリスクが起こってしまいます。 寒気による胎児への影響は? 寒気が起こす胎児への影響としては挙げられるものに、「冷え」があります。 ママの体が冷えていると、実は子宮も冷えていて赤ちゃんには居心地の悪い環境に。 すると、切迫早産や切迫流産のリスクも引き起こしてしまったり、赤ちゃんが体温の高いほうへ頭を向けることから逆子が治らないという状況になるケースもあります。 「妊婦さんは冷やしてはいけない」とよく耳にするように、ママが「寒い!」と感じてしまうときには、それだけの危険やリスクが起きやすくなっているのだと頭に入れておく必要があります。 症状が悪化する前に早めの対策をしましょう。 妊娠初期の寒気の対処法! 日々の生活で寒気撃退をしていきましょう。 お風呂による寒気対策 まず、お風呂を通じて寒気対策をしっかりと行うのが良いでしょう。 お風呂に入るとき熱いお湯(おおよそ40度から41度以上)が好きな人は、少しお湯の温度を下げて38度ぐらいにしましょう。 実は、このぐらいのお湯の温度の方が、体の芯まで温まりやすいのです。 また、熱すぎないお風呂に入ったほうが、湯冷めをしにくいともいわれています。 できるだけ体を芯から温め、また湯冷めを防ぐことで、寒気を感じることを極力防ぐことができます。 足湯や就寝時の靴下も効果的 お風呂の他にも足湯を日中時間があれば行うと大変良いでしょう。 足を温めるだけでも、血行が良くなり、体全体が温まります。 15-20分程度テレビを見ながら足湯をすると寒気対策としては大変効果的です。 足を温めることは非常に重要で、寝るときには靴下を履いて寝ると朝起きたときの寒気を軽減することができます。 室内の湿度に注意を 室内が乾燥していると寒気を感じやすいといわれています。 そのため、加湿器を利用して湿度をある程度一定に維持することが効果的です。 外出する時も寒気対策を 外出時には、保温効果のあるインナーを1枚着ておくことが大切です。 また、寒い時にサッと羽織れるようにカーディガンなども1枚あるとベストですね。 お腹や腰は出来る限り冷やさないようにすることや、足元も冷やさないように靴下やストッキングなどを穿いて工夫をしましょう。 この寒気対策は決して秋や冬だけのことではありません。 夏場でも冷房が強く効いている場所に滞在する場合には、こうした寒気対策を行うことが非常に重要です。 食生活を変えて妊娠初期の寒気を乗り切ろう 食生活を変えることで妊娠初期の寒気を乗り切るのは一つの方法です。 とりわけ体が温まる以下のような食品を積極的にメニューに取り入れてみてはいかがでしょうか。 ねぎ・しょうが・とうがらし・かぼちゃ・たまねぎ・にら・にんにく・だいこん・ピーマン・ブロッコリー・ゴマ・もち米・小豆・にんじん・れんこん・オレンジ・ライチ・鶏肉・いわし・えび・鮭・ひまわり油・紅茶・ココナッツミルク 逆に以下のような食材は体を冷やす食材ですので、できればあまり摂取しないようにしたほうが良いでしょう。 白いパン・豆腐・きゅうり・こんにゃく・しめじ・トマト・はくさい・ほうれん草・レタス・キウイ・スイカ・梨・パイン・かに・はまぐり・あさり・マヨネーズ・バター・コーヒー・緑茶・牛乳・清涼飲料水 ただ食生活を変える上での大前提は、食材は変えても全体の栄養バランスには考慮することです。 寒気対策だからといって偏った栄養を摂取するのは本末転倒です。 基本は、体の中からポカポカ温かくなるような食事をすることが大切です。 さらに胃や腸に優しいと、尚良いです。 飲み物も、冷えたジュースなどよりは、体温ほどの温度や、またはホットドリンクを飲みましょう。 しょうがやレモンなどを使用して、悪阻・食欲にあったオリジナルなものを作るのも、楽しいですね。 ashinari.

次の