首 の イボ 自分 で 取る 市販 薬。 首のポツポツの原因と取り方~首イボを取る市販薬や治療法とは?

首イボの原因と治し方、ぶつぶつに効果のある成分やお薬について知ろう

首 の イボ 自分 で 取る 市販 薬

気が付かない間に首筋やデコルテにポツポツ出来ていたイボ。 見つけたときにはショックですよね。 まず第一に、首周りにイボがあると、老けた印象になります。 おまけに、ネックレスや襟のある洋服が当たって痛くなることもあり、自由におしゃれが楽しめません。 こうなったら、少しでも早くこのイボとサヨナラしたくなります。 首イボを取るには、病院に行くのが一番ですが、出来れば自分で治したいと思いますよね。 でも実際、どんな市販薬を使うと一番効果があるのかわからないので気になります。 そこで、首イボに効果的な市販薬やその使い方について調べてみました。 首イボに悩んでいるなら、1日も早く対策を行いましょう。 そして、薄着の季節がやってくる前に、またキレイでスベスベのデコルテを取り戻しましょう。 首イボを取る市販薬って、どんなものがあるの? 首イボを取るための市販薬には、大きく分けて3種類あります。 まず一つ目はクリームタイプのものです。 首イボだけでなく、目元など顔のイボにも効果があります。 普段のお手入れにも使うことができ、首イボの除去だけでなく、お肌のターンオーバーを促進することにより、お肌全体をスベスベにしてくれる効果があります。 主な商品には、「クリアポロン」、「わらびはだ」「艶つや習慣プラス」などが、人気があります。 二つ目の主な市販薬はオイルタイプのものです 気になる部分にだけ朝晩塗り込めば、首イボは除去されきれいなお肌に戻してくれます。 クリームタイプとは違い、患部にのみ塗ればいいので、男性にも人気があります。 首イボって、女性だけでなく男性でも気になっている人が多いみたいですね。 人気があるのは、杏仁エキスが入った「アンミオイル」です。 首イボだけじゃなくて、目元にも使うことができます。 三つめは、飲む医薬品タイプのものです。 見た目の治療だけでなく、体の内側からボツボツの原因を除去し、イボや肌荒れを治してくれます。 今、肌の表面に表れているイボだけでなく、今後イボが出てくるのを防いでくれる優れものです。 「本草ヨクイニン錠S(第3類医薬品)」や新日本製薬の「ヨクイニンエキス錠SH(第3類医薬品)」などがあります。 飲むタイプは医薬品ですので、はやく効き目を実感したいからと言って多めに飲んではいけません。 ちゃんと用法・用量を守ってくださいね。 また、他にお薬を飲んでいる人や妊娠している人、アレルギーのある人は、必ずお医者さんに相談してください。 どの市販薬も即効性はありませんので、個人差はありますが少なくとも1ヶ月以上は続ける必要があります。 だから、首のイボに気づいたら、すぐにお手入れをはじめましょう。 首イボを自分で取るために市販薬を選ぶポイントと効果的な使い方 首イボを、市販薬を使って自分で取りたいと思ったら、まずはクリームやオイルを買わなければいけません。 ここではどんな市販薬を選んだらいいか、まとめてみました。 まず、イボの対策としては、硬くなったイボを柔らかくし、その上お肌の新陳代謝を促進し、新しい肌に生まれ変わるための手助けをする成分が必要になります。 イボを取りやすくする成分として効果的なのが「ハトムギエキス」です。 ハトムギに含まれるヨクイニンには、イボをやわらかくし取れやすくする効果があると言われています。 また、お肌のターンオーバーを促進する効果もあります。 杏仁オイルにも美肌のための成分パルミトレイン酸や新陳代謝を活性化させるオレイン酸が含まれています。 首イボのための市販薬を購入するときは、ハトムギエキスや杏仁オイルが含まれているものを選びましょう。 クリームやオイルは、基本的には朝晩の1日2回、塗るようにしましょう。 体の中からも調子を整えるために、錠剤を併用すると相乗効果が期待出来ます。 そして、最も大事なのは、毎日ちゃんとお手入れすることです。 せっかくの市販薬も、3日坊主ではその効果が実感できません。 首イボがなくなるまで、毎日必ず続けることが大事ですよ。 イボがなくなった後も、再発しないように、お肌のケアをしましょう。 まとめ 首イボが出来ると、おしゃれが楽しめない上に襟がすれると痛くなるなど、いいことは全くありません。 少しでも早く首イボをなくすためには、1日も早くケアをしましょう。 ハサミで切ったり、糸で縛るという方法もありますが、痛いうえに跡が残ったりデメリットがいっぱいです。 そんな方法を取らなくても、市販薬で綺麗に除去し、おまけにお肌までツルツルにすることができます。 ちゃんと効果を実感するためにも、市販薬を選ぶときには必ず成分をチェックしてくださいね。

次の

首イボを除去できる市販薬は?クリームで楽々治療、皮膚科は必要なし!

首 の イボ 自分 で 取る 市販 薬

首のイボは痛い? イボには種類があり、首のイボも痛みが発生するものもあれば痛みが少ないものもあります。 基本的に 老化によって発生するイボだったら痛みが生じないことが多いでしょう。 ただし、アクセサリーとかに引っ掛かってしまった場合は痛みが出るでしょうし、高確率で搔いてしまうような場所にあるイボも危険でしょう。 どこにできたのか、原因は何か、大きさはどれくらいかなどの 要素によって痛みを感じられるのかどうかが変わってくるでしょう。 あまり目立たない位置にできており、装飾品や洋服を身につけるときに特に当たらない部位にできているのであれば、気がつかなケースも多いでしょう。 首のイボの原因は? 首のイボができる原因は加齢や老化、そして紫外線や摩擦による刺激が大きいでしょう。 例えば 大体1~2mmの突起物であった場合は、老人性疣贅の一種である「アクロコルドン」の可能性が高いと思ってください。 これができやすいのは30代以降の方々でそのような方の場合は「アクロコルドン」ではないかと思われます。 それ以外では、 ウイルスが原因でイボができている可能性があります。 これはヒトパピローマウイルスという感染性ウイルスが原因となっており、 小さな傷から皮膚に入ってきてしまうことでイボになってしまうものなのです。 脂漏性角化症のように黒いイボができてしまうときもありますが、これも日焼けによってシミが紫外線によりさらに悪化して肥大化したものであり、根本的には「アクロコルドン」と同じ種類といえます。 首のイボの皮膚科での治療法は? この イボができた場合に行う治療法は、液体窒素を使って低温やけど状態にしてしまう治療法や、 レーザーを使ってイボを丸ごと除去する治療の他、 内服薬などを使って免疫力を高めて治療する方法もあります。 ほかには はさみやピンセットを使って除去する方法もあるでしょう。 ちなみに、これらの治療方法というのも原因によって使い分けられているようです。 一般的となっている、液体窒素を使って低温やけどをさせる方法は、アクロコルドンのような老人性疣贅には使わないで、 ウイルス性のイボと診断されたときに使うそうです。 この治療法はかなりきれいに仕上げることができるようですが、人によっては大きな痛みを伴うので覚悟が必要になるでしょう。 アクロコルドンの場合は「炭酸ガスレーザー」というものを麻酔を行った後に使うことのほうが多いかもしれません。 首のイボは市販薬で治せるの? 首のイボを治すために病院に行くのは面倒と考える人は多いでしょう。 そのため、できれば市販薬でどうにか治したいと考えるのではないでしょうか。 実際に首イボを市販薬で治したいのなら、 内服薬を使って肌のターンオーバーを整えて治すという方法や、塗り薬などを使って治す方法があるようです。 内服薬を使うのならヨクイニンを用いることが多いでしょうし、イボコロリなどを使う人も多いと思います。 しかし、イボコロリでも足に使うものでは「顔や首筋、粘膜のある部位には使用しない」などの記載があるので、首専用のものを用意する必要があるでしょう。 ただし、 市販されているものにおいて、首のイボの特効薬としてほぼ万人に受け入れられているものはなく、賛否両論があり使ってみなければわからない状態になっているので、下調べは必須になっています。 さしあたり、 使用前に薬剤師さんに相談した方がいいでしょう。 首のイボにはハトムギ化粧水が効果的? これもかなり意見が割れている案件です。 Sponsored Link 一説には「ヨクイニンはハトムギの生薬の名前であり首イボには効果的だからハトムギ化粧水などはお勧めである」とか「新陳代謝を促進し細胞形成が早まるビタミンとミネラルが大量にあるから効果的」という意見がありますが、それの反対意見として「ヨクイニンはウイルス性のイボなら効果があるかもしれないが老化などでできたイボには意味がない」とか「ビタミンやミネラルが補給できるのは素晴らしいが美肌効果と首イボが取れることは全く関係ないから何の意味もない」という意見もあるのです。 これは何とも言えない意見であり、どちらを信じたらいいのかわかりません。 ヨクイニンは医師が監修しているサイトでも「ハトムギから抽出したヨクイニンという薬を内服する治療方法はある」という記載があるので、正しいとは思いますし、肌のターンオーバーの促進が行われれば肌トラブルから解消されるという理論もわかりますので効果的と思うのですが、はっきり言って判断しにくい状況となっております。 これは 実際に問診を受けて相談した上で判断したほうがいいでしょう。 自宅でクリームを使ってイボが取れる? こちらも先ほどの意見と同じように 効果があるという人もいれば全くないという人もいます。 効果があるという人は「老人性のイボはヨクイニンが配合されているようなクリームならとれる」という意見が多く、否定的なものは「肌の老化によって古い角質層が固まって首イボになるわけではないので意味がない」というものでした。 確かに首のイボは良性の皮膚腫瘍ではありますが市販品で効果があるという商品がネット上で散見しているのも事実なのでこれも何とも言えない状況です。 実際にクリームに対する口コミなどを見てみると「2週間程で顔のイボが小さくなってきました」というものも多数あるので効果があるという人たちがいるのです。 こういった状況から合う人と合わない人がいるという感じではないかと思います。 自宅でオリーブオイルを使ってイボが取れる? 首のイボはオリーブオイルを使えば取れるという噂はありますし、実際にどのようなものを選べばよいのかを書いてあるサイトも多々あります。 それらを見てみると、オレイン酸含有量が高いエクストラバージンオリーブオイルを選べば効果が出やすいという記載が多いです。 もともと、このオレイン酸は一価不飽和脂肪酸と呼ばれるものであり、酸化しにくいという特性もあるので、首イボ治療に使いやすいようです。 ウイルス性のものでは効果が薄いようですがアクロコルドンには効果があるとされております。 首のイボの予防法は? 首のイボの原因は紫外線等の肌にダメージが蓄積されることや、加齢によって新陳代謝が低下して肌のダメージが回復しにくくなることにあります。 このダメージはついつい紫外線ばかりが注目されますが、それ以外にも洋服と肌がこすれることで蓄積されますので、摩擦が常に同じ場所で発生しているような人は注意してください。 これらを踏まえた上で予防法を考えると、 紫外線や摩擦をできる限り防いで、肌を保湿しつつ清潔に保ち、新陳代謝が低下しにくいように生活習慣を健康的なものにするというものでしょう。 首回りのイボが気になるという方は 日よけ目的で首にタオルを巻くという方法も正解です。 また、摩擦対策には締め付けの少ない下着や肌への刺激が少ない服を選ぶといった対応をとりましょう。 イボに関しましては次のページも参考にしてください。 首のイボの皮膚科での取り方や市販薬やクリームで自分で取る方法のまとめ 以上、いかがだったでしょうか。 今回は首のイボの取り方についていろいろと考察を重ねてまいりました。 やはり美容のカテゴリーになるとネット上でも情報がかなり錯綜しており、効果がある・なしの論争がなされています。 今回の首のイボの件でも、かなり意見が割れておりましたのでどのように判断したらよいのかわからないというのが正直なところです。 一番堅実な方法は皮膚科に行くことかと思います。

次の

首イボを除去できる市販薬は?クリームで楽々治療、皮膚科は必要なし!

首 の イボ 自分 で 取る 市販 薬

「首イボ」と呼ばれるアクロコルドン(スキンタグ)。 良性のできものですが、気になる場合は取ることもできます。 写真の茶色いポツポツが首イボ、赤いものは過去記事で解説した老人性血管腫です 加齢とともに首にできる「首イボ」。 医学的には「アクロコルドン(acrochordon)」もしくは「スキンタグ(skin tag)」という病名で、まさに皮膚(スキン)から飛び出した値札(タグ)のように見える良性のできものです。 同様の小さなイボは、首だけでなく、まぶた、わき、股から太もものあたりなどの体の柔らかい部分にできることもあります。 いずれも皮膚どうし、もしくは皮膚と洋服がこすれやすい部分で、皮膚の摩擦が原因になっていると考えられています。 肥満体型の方ではさらに皮膚がこすれやすくなるので、首イボができやすくなります。 30代を過ぎる頃から2ミリ程度の小さな肌色や茶色のポツポツが増え始め、50代にもなると数がかなり増えていることが多いです。 年齢を重ねてもできる数には個人差があり、体質によってできやすい人、できにくい人がいます。 首イボの症例画像 茶色の首イボ。 色は肌色のことも、茶色~灰色のこともある 首イボは良性のできもの…見た目を気にしなければ治療不要 首イボは良性のできものです。 そのため見た目以外の問題はなく、通常治療する必要はありません。 とは言え、首の後ろなどにできてこすれて炎症を起こし、痛みやかゆみなどの症状を繰り返す場合は、除去することをおすすめします。 再発することはあまりないですが、除去した場合でも年齢とともに新しい首イボが増えてきます。 また、医学的には問題がなくても、ご本人が感じる見た目の問題は残ります。 首が汚く見えてしまう、触るとざらざらとして気になるといった理由で、治療を求められる方は非常に多いです。 最近は「首イボ」という言葉自体も定着し、皮膚科のクリニックでも、問診票に最初に「首イボ」と記載される方や、「首イボを取りたくて受診しました」という患者さんも増えています。 首イボの取り方・皮膚科で受けられる治療法 首イボの治療法はいくつかあり、大きさによって最もいい選択肢が変わってきます。 首イボは皮膚から飛び出している部分が細くなっていて、先端の部分は丸く、太くなっています。 この細い茎のような細い部分には血管が一本走っています。 そのため、1~2ミリ程度の小さな首イボであればハサミで切るだけでもごく少量のじわっとした出血しかありませんが、3ミリ以上あるような首イボだと出血がじわじわと続くことがあります。 大型の首イボではラジオ波メスや炭酸ガスレーザーなど止血を同時にできる手段で除去した方がよいです。 1~2ミリ程度の小さな通常の首イボの場合は、出血もわずかできれいにとれます。 眼科剪刀という刃先の小さなハサミを使って一つずつ切り落としていきます。 少しちくっとする程度で、強い痛みはないことが通常です。 そのあとのキズもごく浅く、小さいので2~3日もすれば塞がります。 取ったあとはごく浅いキズになり、出血もほとんどありません。 熱が加わる分、ハサミで取るのに比べると痛みが強いので、広範囲であれば塗る麻酔、少ない範囲であれば注射の麻酔を使ってから取る方がよいです。 3ミリ以上の大型の首イボはハサミで切ると出血が多いので、通常はこちらの方法で取ります。 大型の首イボではこの方法を取ることもあります。 また、首イボ以外の、老人性いぼ、ウイルス性いぼなどの可能性がある場合には、この方法で治療し、とったできものを顕微鏡で見る病理検査に提出し、確実な診断をつけるために除去した組織を使います。 首イボを凍らせて低温やけどの反応を起こし、首イボの組織が壊すことで、イボを落とします。 しかし、周りの皮膚も影響を受けて黒ずんでしまうケースも多いことや、一回で取り切れないことが多いなどのデメリットがあるため、実際には他の方法をおすすめすることが多いです。 除去クリームや切除など、首イボを自分で取る方法のリスク また、市販のイボ取りの塗り薬を使ったものの肌が荒れて来院される患者さんもいらっしゃいます。 イボ取りの市販薬には、ウイルス性イボに効く可能性があると言われているヨクイニン(ハトムギエキス)や、角質を剥がすような成分が含まれていますが、どれもきれいに首イボをとる作用はないと考えてください。 首イボは皮膚のできものなので、物理的に切除することが大切です。 たかが首イボと考えてちぎってしまう患者さんも時にいらっしゃるのですが、首イボの中央には血管が走っているので、場合によっては出血が多いこともあります。 キズが大きいと感染したり荒れてしまうこともありますので、自分でちぎったり切除してしまうことはおすすめできません。 皮膚科を受診して適切に対処してもらうのがよいでしょう。 首イボの見た目が気になるなら皮膚科の受診を 首イボは加齢とともに皮膚から自然にできてしまう良性のできものです。 見た目が気になる場合は皮膚科を受診して取ってもらいましょう。 ハサミで切るほか、ラジオ波メス、炭酸ガスレーザーで止血しながら取ることで、あともあまり残さずきれいに切除することができます。 【関連記事】•

次の