モノ アシル グリセロール。 ジアシルグリセロール

2

モノ アシル グリセロール

一般の油(トリアシルグリセロール)はグリセリン骨格に3本の脂肪酸がエステル結合しているのに対し、ジアシルグリセロールは2本の脂肪酸がエステル結合したもので、ジアシルグリセロールには、1,3-ジアシルグリセロール及び1,2-ジアシルグリセロールの2つの構造異性体が存在します。 自然界におけるこれらの存在比は約7:3です(図-1)。 なぜジアシルグリセロール油には、トリアシルグリセロール油に比べて体重や体脂肪量が低減するといった栄養特性が認められるのでしょうか。 まず考えられるのがジアシルグリセロール油は普通の油に比べエネルギー(カロリー)が少ないのではないかということです。 摂取エネルギーが少なければ体に脂肪がつきにくくなるのは当たり前です。 この点について、ジアシルグリセロール油とトリアシルグリセロール油の燃焼熱と吸収率が調べられました。 同じ脂肪酸組成のジアシルグリセロール油とトリアシルグリセロール油の燃焼熱をボンブカロリーメーターで測定した結果は、それぞれ、38. 1日10g(日本における成人の平均的食油摂取量)の食用油をジアシルグリセロール油に置き換えた場合の摂取エネルギーの差は約0. 従って、摂取後の血中中性脂肪の上昇が小さく、体脂肪への蓄積が少ないというジアシルグリセロール油の栄養特性は、吸収したエネルギー量の違いによるものではないと考えられます。 体重や体脂肪量の低下は、食事として摂取したエネルギー量よりも体内で消費されるエネルギー量のほうが上回った場合に起こります。 そこでジアシルグリセロールが体内に吸収された後の代謝特性に関心が向けられました。 つまり、ジアシルグリセロールが吸収された後、体内で消費されるエネルギー量のほうにトリアシルグリセロールとの違いがあるのではないかということです。 ジアシルグリセロールの代謝メカニズム解析のため、まず小腸における消化、吸収、再合成についてジアシルグリセロールの特性が調べられました。 図-2に示したようにトリアシルグリセロールは、消化管内において両端の脂肪酸がリパーゼにより選択的に加水分解され、脂肪酸と2-モノアシルグリセロールに消化され小腸上皮細胞に吸収されます。 小腸上皮細胞では、脂肪酸と2-モノアシルグリセロールから再びトリアシルグリセロール(中性脂肪)が合成され体内に運ばれます。 この反応は極めて素早く起こることが知られています。 では、ジアシルグリセロールではどうでしょうか。 この1-モノアシルグリセロールができることは、ジアシルグリセロール摂取時の特徴と考えられます。 1-モノアシルグリセロールと2-モノアシルグリセロールとでは、グリセリンに脂肪酸が結合する位置が違うだけですが、中性脂肪への再合成の原料としては使いやすさに大きな差があることがわかっています。 この様に、ジアシルグリセロールの栄養特性の仕組みには、小腸における消化、吸収、再合成過程の特徴が関係しているのではないかと推測されています。 ジアシルグリセロールの作用機構について現在考えられている仮説を模式的に図-2に示します。 ヒューマンカロリメーターと呼ばれる部屋型の代謝測定装置を使うと、1日の生活でヒトがどれだけのエネルギーを消費して、どれだけの脂肪をエネルギーとして消費(燃焼)しているのかを測定することができます。 さらに、食事中の脂肪の炭素原子を安定同位体( 13C)でラベルしておくことで、食事で食べた脂肪の燃焼量を直接測定することができます。 ジアシルグリセロール油またはトリアシルグリセロール油を含む食事を食べたときの14名の成人男女(男性8名、女性6名)の1日の脂質燃焼量をヒューマンカロリメーターを用いて測定したところ、体脂肪率の高い男女(6名、平均体脂肪率 30. また、ジアシルグリセロール油またはトリアシルグリセロール油を 13Cでラベル化して、その呼気への排出を測定したところ、ジアシルグリセロール油摂取時にはトリアシルグリセロール油摂取時と比べて呼気への 13Cの排出が有意に速く、ジアシルグリセロール油がトリアシルグリセロール油と比較してすばやく燃焼されやすいことがわかりました(図-3)。 これらのことから、ジアシルグリセロールはそれ自身がエネルギーとして消費(燃焼)されやすいだけでなく、一緒に食べた食事の脂肪(トリアシルグリセロール)の燃焼性も高める性質があることがわかり、このことが体脂肪への蓄積が少ないというジアシルグリセロール油の栄養特性の理由のひとつではないかと考えられます。

次の

モノアシルグリセロール

モノ アシル グリセロール

PIP2のIP3およびDAGへの切断は細胞内カルシウムの放出とPKC活性化を引き起こす。 1,2-ジアシルグリセロールは、 IP 3 とともにCによるシグナルのとして働く。 IP 3が中に拡散してしまうのに対して、ジアシルグリセロールはのために上に留まることができる。 また IP 3はからをリリースするのに対して、ジアシルグリセロールは膜上でを活性化させる。 典型プロテインキナーゼCアイソザイムは、 IP 3によって濃度が上昇する原形質中のカルシウムイオンによっても活性化を受ける。 TPA などのは1,2- sn-ジアシルグリセロールのミミックとして働き、同様の作用を示す。 その他の生化学的機能 [ ] ジアシルグリセロールは細胞中で様々な機能を持つ。 の原料• プロテインキナーゼCの活性化• 内在性である2-アラキドニルグリセロールの前駆体 代謝 [ ].

次の

管理栄養士の過去問「第15049問」を出題

モノ アシル グリセロール

空腹時、トリアシルグリセロールは分解され脂肪酸になる 私たちの脂肪組織に蓄えられている トリアシルグリセロールは、空腹時に分解されエネルギー源(ATPの材料)として活用されます。 このとき脂肪組織中のトリアシルグリセロールを分解する酵素を ホルモン感受性リパーゼといいます。 ホルモン感受性リパーゼによって、トリアシルグリセロールはグリセロールと脂肪酸に分解され、脂肪酸のみが血液中に放出されます。 この血中に放出された脂肪酸は、単独で血液中を流れていくわけではなく、たんぱく質である アルブミンと結合して運搬される性質があります。 補足:血中遊離脂肪酸値が上昇するのは空腹時 血液中の脂肪酸を血中遊離脂肪酸と呼びます。 よく管理栄養士国家試験などで「 血中遊離脂肪酸が増えるのは食後? 空腹時?」みたいな問題が出題されています。 答えは簡単。 空腹時ですよね。 脂肪酸が分解された結果、アセチルCoAが生成します。 このアセチルCoAを起点としてエネルギー(ATP)合成を行うのです。 ちなみに空腹状態が持続し、いわゆる 絶食・飢餓状態になるとケトン体が生成します。 ゆえに、脂質代謝に必要なビタミンはビタミンB2といえるのです。 関連記事>> トリアシルグリセロールの授業まとめ 以上、空腹時のトリアシルグリセロール分解に関するお話でした。

次の