ターレス プラス。 ターレスプラスとカリバーン比較 TARLESS PLUS(ターレスプラス) TARLESSの口コミ

TARLESS PLUS(ターレスプラス)販売のお知らせ

ターレス プラス

ターレスプラスとは? 旧機種からパワーアップした人気VAPEスターターキット。 VAPEとしてだけでなく、プルーム・テックのたばこカプセル用に特化した仕様(専用カートリッジ・専用モード)が人気の秘密。 特にVAPE初心者やPloomTechユーザーに支持されているロングセラーアイテム。 SNSなどであまり話題になることがないので「本当に人気があるの?」と思われがちですが、コアでディープなユーザーではなく、ライト層を中心にかなりの数が売れている製品です。 では、どこが進化したのか?詳しくみていきます。 メッシュコイルに!抵抗値も一新! TARLESS PLUS BOOSTカートリッジでは、内蔵コイルが メッシュコイルになりました。 今PODカートリッジで主流の仕様ですね。 それによって、コイル抵抗値も変更に。 それも当然、TARLESS PLUSというデバイス専用のカートリッジですから。 このカートリッジは、トップエアフローなのでリキッド漏れの心配が少ないのが最大のメリットとなっていて、初心者を悩ませるリキッド漏れが起こりにくくなっています。 従来品とは明らかに違います。 ロゴが違うだけではなくて、カートリッジのプラスチック部分の透明度が全く違います。 BOOSTカートリッジの方はかなり透明度が高いです。 リキッド残量がかなり見やすくなりました。 従来品と比べると一目瞭然、樹脂部分だけでなくコイル周りの作りも違います。 BOOSTカートリッジのコイルは、プリメイドコイルと同じような金属の筒に入ってます。 使い方などは従来品と全く同じですから、従来品から移行する場合も違和感なく使えます。 ただ、BOOSTカートリッジは個体によっては少し大きめで、TARLESS PLUS本体に取り付ける際に硬かったり、外しにくいものがありました。 取り付けるときは、最後に押し込むようにすれば取り付けられます。 外れないときは、ドリップチップをつまんで揺するようにすると外れやすいです。 ターレスプラス ブースト カートリッジを使ってみる 味わいは、 はっきりとわかるほど進化しています。 自分は、旧型のターレスの時にその利便性からヘビーユーズして、一時期はメイン機だったほど利用していました。 しかし、新型ターレスプラスがリリースされる時期に、他にも便利でしかも美味しいPODが次々と発売され、味わいの違いから新型ターレスプラスはほぼ使わないまましまいこんでいました。 それが、この新型カートリッジであれば『漏れないし使いたいな』と思えるほどの味わいアップです。 最初からこのカートリッジだったらなぁ… 寿命テスト 寿命が2倍になったということで、実際に使って試してみます。 使用するリキッドは、ニコリキ以上にガンクがつきやすい高濃度CBDリキッドです。 このリキッドは、CBD濃度が高いのに驚くほどの価格で話題になっているリキッド。 レビュー後も使い続けているのですが、結構早くガンク(というよりも沈殿物というようなネバネバしたもの)がついてしまい、味が落ちてしまうのです。 これが1週間ほどBOOSTカートリッジだけで運用したカートリッジ。 3タンク分ほど使用したものです。 流石に汚れてはいますが、 驚くことに味わいはあまり変化していません。 ガンクのつきやすさはリキッドに起因するので防ぎようがないですが、コイル周りの寿命は着実に伸びているように感じました。 ちゃんと高寿命化しています。 たばこカプセルの寿命は? ミスト量が増えたことによって、プルームテック・たばこカプセルを使用する場合は寿命が短くなってしまうということだったので実際に試してみました。 確かに、30パフほどで満足感が弱くなってしまいます。 しかし、これはプルーム・テック純正本体でもターレスプラス従来カートリッジでも同じで、カートリッジの劣化というよりはカートリッジ内の結露によるものなので、拭き取りや乾燥で若干復活したりもします。 ミストがたくさん通ることで、カートリッジ底の網目部分が詰まってしまっていたりしますので、拭き取ってやってから乾燥させてやると少しだけ復活します。 まとめ 味わいアップ!寿命もアップ!進化した専用カートリッジ! 悪くなったのは価格だけ…ですね。 値段据え置きだったら尚良かった。 でも、全体的に良くなっているわけですから、プライスアップは致し方ないかな、と。 といっても、寿命も延びているわけですから 実質的なコスパはアップしています。 つまりは、悪くなった部分はないという 正統進化版の製品です。 TARLESS PLUSユーザーには新型カートリッジをおすすめしますし、これからスターターキットを探している初心者の方にも勧められます。

次の

ターレスプラス(TARLESS PLUS)の先行販売が開始/ベプログ発・たばこカプセル対応の令和型電子タバコ

ターレス プラス

ターレスプラスとは? 旧機種からパワーアップした人気VAPEスターターキット。 VAPEとしてだけでなく、プルーム・テックのたばこカプセル用に特化した仕様(専用カートリッジ・専用モード)が人気の秘密。 特にVAPE初心者やPloomTechユーザーに支持されているロングセラーアイテム。 SNSなどであまり話題になることがないので「本当に人気があるの?」と思われがちですが、コアでディープなユーザーではなく、ライト層を中心にかなりの数が売れている製品です。 では、どこが進化したのか?詳しくみていきます。 メッシュコイルに!抵抗値も一新! TARLESS PLUS BOOSTカートリッジでは、内蔵コイルが メッシュコイルになりました。 今PODカートリッジで主流の仕様ですね。 それによって、コイル抵抗値も変更に。 それも当然、TARLESS PLUSというデバイス専用のカートリッジですから。 このカートリッジは、トップエアフローなのでリキッド漏れの心配が少ないのが最大のメリットとなっていて、初心者を悩ませるリキッド漏れが起こりにくくなっています。 従来品とは明らかに違います。 ロゴが違うだけではなくて、カートリッジのプラスチック部分の透明度が全く違います。 BOOSTカートリッジの方はかなり透明度が高いです。 リキッド残量がかなり見やすくなりました。 従来品と比べると一目瞭然、樹脂部分だけでなくコイル周りの作りも違います。 BOOSTカートリッジのコイルは、プリメイドコイルと同じような金属の筒に入ってます。 使い方などは従来品と全く同じですから、従来品から移行する場合も違和感なく使えます。 ただ、BOOSTカートリッジは個体によっては少し大きめで、TARLESS PLUS本体に取り付ける際に硬かったり、外しにくいものがありました。 取り付けるときは、最後に押し込むようにすれば取り付けられます。 外れないときは、ドリップチップをつまんで揺するようにすると外れやすいです。 ターレスプラス ブースト カートリッジを使ってみる 味わいは、 はっきりとわかるほど進化しています。 自分は、旧型のターレスの時にその利便性からヘビーユーズして、一時期はメイン機だったほど利用していました。 しかし、新型ターレスプラスがリリースされる時期に、他にも便利でしかも美味しいPODが次々と発売され、味わいの違いから新型ターレスプラスはほぼ使わないまましまいこんでいました。 それが、この新型カートリッジであれば『漏れないし使いたいな』と思えるほどの味わいアップです。 最初からこのカートリッジだったらなぁ… 寿命テスト 寿命が2倍になったということで、実際に使って試してみます。 使用するリキッドは、ニコリキ以上にガンクがつきやすい高濃度CBDリキッドです。 このリキッドは、CBD濃度が高いのに驚くほどの価格で話題になっているリキッド。 レビュー後も使い続けているのですが、結構早くガンク(というよりも沈殿物というようなネバネバしたもの)がついてしまい、味が落ちてしまうのです。 これが1週間ほどBOOSTカートリッジだけで運用したカートリッジ。 3タンク分ほど使用したものです。 流石に汚れてはいますが、 驚くことに味わいはあまり変化していません。 ガンクのつきやすさはリキッドに起因するので防ぎようがないですが、コイル周りの寿命は着実に伸びているように感じました。 ちゃんと高寿命化しています。 たばこカプセルの寿命は? ミスト量が増えたことによって、プルームテック・たばこカプセルを使用する場合は寿命が短くなってしまうということだったので実際に試してみました。 確かに、30パフほどで満足感が弱くなってしまいます。 しかし、これはプルーム・テック純正本体でもターレスプラス従来カートリッジでも同じで、カートリッジの劣化というよりはカートリッジ内の結露によるものなので、拭き取りや乾燥で若干復活したりもします。 ミストがたくさん通ることで、カートリッジ底の網目部分が詰まってしまっていたりしますので、拭き取ってやってから乾燥させてやると少しだけ復活します。 まとめ 味わいアップ!寿命もアップ!進化した専用カートリッジ! 悪くなったのは価格だけ…ですね。 値段据え置きだったら尚良かった。 でも、全体的に良くなっているわけですから、プライスアップは致し方ないかな、と。 といっても、寿命も延びているわけですから 実質的なコスパはアップしています。 つまりは、悪くなった部分はないという 正統進化版の製品です。 TARLESS PLUSユーザーには新型カートリッジをおすすめしますし、これからスターターキットを探している初心者の方にも勧められます。

次の

禁煙のための電子タバコ【ドローム】TARLESS PLUS(ターレス プラス)のクラウドファンディング

ターレス プラス

ロングカートリッジ(本体装着済み)• ショートカートリッジ• 充電用USBケーブル• 簡易マニュアル 前作を持っている方からすると、特に説明不要の内容となっています。 ロングカートリッジとショートカートリッジの違いは何なんだと言われると、ロングカートリッジではPloomTechのタバコカプセルを使用してニコチンも摂取できる煙の量を抑えたもの。 ショートカートリッジはタバコカプセルを使用せずに、リキッドの味とミストの量で味覚的・視覚的に満足感を得るためもの、と区別してくれればいいと思います。 詳しくアップデート内容を確認したい方は上のYoutube動画を全部見ていただければいいかと思います。 どこがどのように変わったかを細かく説明してくれていますので、お時間あるときにご覧ください。 私の方では、簡単にアップグレード内容をまとめてみましたので、概要だけで大丈夫な方はさらっと読み進めてくれればいいと思います。 好みの空気量というのは人によってまちまち。 新作Tarless Plusのカートリッジでは、全閉だとほぼ吸えない状態にまで絞ることが可能ですので、 自分の好みの吸い心地を見つけることができるようになりました。 でも、さらに漏れにくくなったということは悪いことではなくむしろいいことですのでご紹介まで。 前作のコットンよりも 上質なコットンに変更し、コットンを長くしたことによって ドライヒットしにくいという変更内容だそうです。 コットンの質に関しては不明ですが、コットンレッグが長くなったことはいいことだと思います。 コットンがリキッドに触れている面積が増えることで、コットンにリキッドが染み渡りやすくなります。 個人的にはこの辺りから人によっては爆煙に感じるようになってしまいますので、こういったPODタイプとしての使用には適していない抵抗値なように感じます。 良くも悪くもスイッチ式になったことにより、電源を入れやすくなりました。 カバンやポケットの中に入れていて偶然高速で5回ボタンが押される可能性は非常に低いものでした。 もしカバンの中などにしまうときには、きんちゃく袋などのカバーに入れておくなどの対処をしておいた方が安全は安全だと思いますが、その辺はご自身で対策を。 まとめ 前作のTarlessから大きく変わった点というのはありませんが、マイナーチェンジがされています。 前作で満足に使用できている人は、今すぐ新作Tarless Plusに乗り換える必要はないかもしれません。 ただ、今から電子タバコを始めようかなと思っている人は、どうせなら新作Tarless Plusを手に取った方が幸せになれると思います。 新作の魅力として特に触れられていませんが、 私が思う最大の特徴はそのデザインです。 スライドショーには JavaScript が必要です。

次の