ビタミン c コロナ。 「新型コロナウイルスの特効薬はビタミンC」中国人有名医師の主張が世界的に話題! 治験も開始され… 結論に注目集まる!

新型コロナにはビタミンCをグラム単位で取れば、予防、軽症化できる可能性が非常...

ビタミン c コロナ

タイのメディカルニュース あと、これは余談なんですが初期症状で結膜炎でる人いるそうです。 これはソース貼るとまずそうなので、もし症状がでたよって方は呼吸器症状が出てないか確認したほうがいいですね。 ・息苦しさや咳、胸のあたりが痛い、喉の痛みなど徐々に出てくる可能性ありです。 症状軽かったら上記の2つをしっかり摂って休息! 情報収集を自分でされている方の多くが勘付いていたコロナって1回でもかかったら終わりじゃない?って話ありますよね? あれ、段々とわかってきたんですが間違ってなさそうな情報が徐々にあがってきました。 早い段階で薬飲めば大丈夫かも? YouTubeの映像にもあがってますが、再発すごいみたいですね。 HIVに似たタンパク質が入ってるって聞いて知識があるかたは、そのヤバさに気付いたと思います。 しかも、ワクチンないじゃん!ってね。 簡単に言うと発症して治ってを繰り返し続けます。 一生、完治しないから薬飲み続けないと死ぬって言えば皆さんもヤバさに気付くでしょう。 それに似たタンパク質入ってて大したことないさって言えるのは通院し続けられる人たちだけだと私は思います。 今の治療法だと入院して対症療法受けて回復したら退院です。 さて、今後どうなるんでしょうか。 思い違いであって欲しいです。 完治してくれることを願います。 でないとインフルエンザのように毎年流行し続けるってことですから。 皆さんも、あの国の暴露動画は見ておいた方がいいですよ。 それから日本の領土が狙われてるのは、ご存知の方も多いはず。 さて、日本人の人口が減ると誰が得をするのか。 陰謀論?そうかもしれません笑 是非ご自身でリサーチしてみてくださいね。 最近は情報統制されてきて削除や垢BAN増えてます。 本当に必要な情報はもう得られないかもしれませんね。 もし、運良く情報を拾ったらスクショ保存にしてください。 そうすれば後で見直せますので。

次の

新型コロナウイルスにはビタミンCの点滴が有効!?~ニューヨークで取り入れられている治療~

ビタミン c コロナ

これはオーソモレキュラー医学会という所が発表していることです。 研究によるとグラム単位でビタミンCを取れば、風邪の場合症状が3分の1、インフルエンザは85%症状が軽減したというのもあるのです。 風邪というのはウイルスや細菌の種類が200種類くらいあると言われています。 そして特定の風邪を起こすウイルスには数百種類の血清型があるわけで、毎年新しい方が出てきているわけですが、ビタミンCをグラム単位で取れば、その風邪に効くのです。 200種類のウイルス、数百種類の亜種に効くわけですから今回のコロナにも効く可能性が高いので、取り組む価値があるように思われます。 ビタミンCは粉末1g1円と安価ですし、IHERBでカプセルタイプのものを購入するとしても1g6,7円くらいでしょう。 副作用としては純粋なものの場合は多少の胃もたれするような人はいるのかもしれないです。 といっても食後に飲めばたいていの人は大丈夫でしょう。 あとは、おなかがゴロゴロするとか、ガスが溜まるとか、下痢するくらいで体内に常にある物質で基本的には非常に安全なのです。 ビタミンCを服用することに大きなリスクがある人を除いては(鉄過剰症や特定の酵素の欠損等 そういう人は非常に少ないと思いますが)可能な限り、各々の適量を皆が服用し試してみる価値のある状況でしょう。 香港ではビタミンCが配られましたし、ビタミンCの点滴を重症患者に行っている病院も中国にはあります。 ビタミンCがコロナに効くか正式に治験も行われています。 中国や韓国ではビタミンCの需要が急増したという記事もあります。 結果としては50人の中等度、重症の患者さんに各10g、20gの点滴を続けたところ、50人全員回復し、罹患期間は20~50%減少したとのことでした。 非常に重症の1人の人には50gの点滴を行うと、速やかに症状が改善されたとのことです。 ビタミンCはコロナを予防、軽症化できる可能性があるというか、もうほぼ確定的に一定の効果はありであろうと言える状況であり、それでいてすでに誰もが安価に入手可能なのです。 アビガンは副作用の懸念もあります。 妊婦さんは使えません。 予防的に家で使うのは難しいでしょう。 ビタミンCは予防、治療の両方に使える上に、基本的に誰でも使えます。 薬剤ではなく水溶性のビタミンであり、大量に取っても最終的に下痢するくらいで致命的な副作用はよっぽど特殊な人以外は出ないでしょう。 治験に使われている成分をほぼ副作用のリスクを負わずに試せるわけですから(と言ってもまれにビタミンCの服用を医者に止められているような人もいるかもしれないですが)、今感染のさらなる拡大が懸念されている東京や大阪などの人はすぐにでも試す価値があるのではないですか? というか飲める人は、皆飲んだ方が良い状況でしょう。 「新型コロナにはビタミンCをグラム単位で取れば、予防、軽症化できる可能性が非常に高いわけですが... 通常のビタミンCのサプリメントや錠剤は安くてお手頃でどこでも買えるが、残念ながらビタミンCは水溶性なので、飲んだら、すぐに体外にでてしまう。 =あまり、というか、ほとんど効果が見込めない。 だから普通のビタミンCのサプリメントをガバガバ、ガリガリ飲んで 喰って いるヒトを見ると、あ〜ムダなことやってんなぁ... って思っちゃう。 すぐにオシッコとして捨てちゃうのに、何てもったいない... アレ砂糖水ですし、アンなんで免疫力なんか、上がりませんから。 で、コロナに罹患する可能性が、かなり高いオレなんかは、ある医療機関から、体内に入ったビタミンCが、サプリと違い、かなり長時間体内に留まり、免疫力を大幅に上げる「モノ」を特別に譲って頂き、オレとヨメ、ムスメに投与している。 と量を決めて投与している。 さて、ホントに効いているのやら、いないのやら。 しかし、メンタマ飛び出るくらい高くても、死ぬよりはまだ全然マシだから。 あと、 コレ液体だけど、スンゲぇ「クソまずい」から要注意!... 自分らだけ ずるい!と、非難しないで。 オレら一家は医療関係者で、コロナのリスクは最大。 自分でベストアンサーを決めたのだから。 科学とりわけ医学や薬学、化学に関する基礎的といえるほどの知識がないため、 情報リテラシーが極めて低い。 不快にさせたら申し訳ないのですが、 ご質問の1行目から頭を抱えて倒れそうになりましたし、 「オーソモレキュラー医学会という所が発表している」まで読んだときには本当にめまいがしました。 まず、オーソモレキュラー療法は科学的な裏付けが得られていません。 現時点ではえせ科学、医学の皮をかぶったインチキ療法、藁をもすがる思いの素人から大金を巻き上げるためにだけ役立つトンデモ療法です。 もちろん、医学免許と博士号を持った医者がオーソモレキュラー療法を患者に施すクリニックもあります。 高額でね。 ですが、ポーリング博士の高濃度ビタミンC療法や、蓮見ワクチン、丸山ワクチンなどと同じです。 これらは臨床での結果が得られませんでした。 はっきり言い換えると、「確定的に効果がない」のです。 従って、根拠として挙げられているオーソモレキュラー医学会のURLはすべて、信じるに値しないのです。 ご質問に書かれている他の根拠もそうです。 >ビタミンCは風邪やインフルエンザなどのウイルス性の疾患にほとんど万能の効果を示すと言われているのです。 あなたはそのうち、どこかのエセ学会(学会と名乗るのに特別専門家の認証はいらないので誰でも好きなように作れます)が「ビタミンCはエイズにも万能の効果を示します。 だって、エイズはウィルス性疾患だもん!」を小難しい言葉で書けば信じそうですね。 >研究によるとグラム単位でビタミンCを取れば、風邪の場合症状が3分の1、インフルエンザは85%症状が軽減したというのもあるのです。 ビタミンCが風邪やインフルエンザに与える予防、軽減効果、症状を減らす効果については複数の研究が行われています。 世間一般に「ビタミンCを飲めば予防になる」という誤解が根強かったからです。 そしてほぼ結果は出ています。 「予防効果なし、多少症状を緩和し、半日ほど治りを早めてくれる」 です。 「研究では」とおっしゃいますが、いったい何をご覧になったのでしょうね?もしかして、似非インチキ医学会が発表したリソースでしょうか…? 確かに上海の医学会ジャーナルにおいて、ビタミンCの高容量点滴が新型コロナ肺炎で入院している患者に対して症状を緩和する効果が得られたのではないかという示唆が掲載されました。 しかし、ご質問に書かれているほど高い数字ではありませんでしたし、まだ「確定」ではありません。 それに、大事なことが3点あります。 あなたがこれらを見過ごすのであれば、「(自陣にもっともダメージを与える)無能な働き者」のそしりを免れないでしょう。 ・それらの患者は「高濃度ビタミンC点滴」だけ受けていたわけではない。 複合的な既存の治療を受けたうえで、有効な療法を模索する試みの一環としてビタミンC点滴を受けただけ ・症状の緩和及び重症からの回復期間を早めたことは予防と重症化を免れるとイコールではない。 ・入院するような症状の重い患者に対し、専門知識のある医者が「点滴で」投与している。 経口摂取と点滴では作用が違う。 この3つは、決定的に結果を変える要素です。 ついでにいうとたった数十名の症状が緩和したようだ、をもって「確定的」と言うと、少しでも知識のある人に呆れられるか一顧だにする価値なしと断定されるかどちらかですのでやめたほうがいいです。 ビタミンCが風邪やインフルエンザの予防に効くのでは、という誤解は日本のみならず多くの国に存在します。 そのため、「新型コロナウィルスに対しビタミンC摂取は有効か」について、英語で読めるだけでもきちんとした専門家複数が情報を発信しています。 結論は、「サプリメントで予防や軽症化ができると期待してはだめ」です。 異口同音にそう書いていますから、ググってみてください。 そもそも、インチキ医学会の何を根拠にしたのかわからない発表を根拠に、 「成人がおおむね安全に飲める耐用上限量の1. 5倍もの摂取をすすめる」 ことに、質問者さんは責任が取れるのですか?取れないでしょ? しかも専門知識がない。 1回1000㎎を摂取した場合の吸収率は非常に低いです。 90%以上は数時間で体外に排出されます。 また肝臓に貯蔵されるビタミンCの量は成人で2000mg程度とされています。 知っていて1回1g摂れと勧めるのですか? 最後に。 専門家でないものが怪しい情報をばらまくのは、混乱と悪化の素でしかありません。 あなたのご質問を読んでいると「地獄への道は善意で塗装されている」という言葉を思い出します。 やりたいことをやりたいようにやるのではなく、やらなければならないことをしっかり見定めて行動してください。 あなたの「やらなければならないこと」は、自分が専門的知識を持たないいい加減な情報をばらまくことではないはずです。 食料の買い出しの際に豊富な野菜、果物を買って毎日少しずつ召し上がってください。 葉物野菜は冷凍したり下ごしらえで加熱しておくと多少長持ちします。 野菜や果物はビタミンCを含むだけでなく、それ以外の抗酸化物も豊富な優れた食材です。 あなたがなんらかの病魔と闘うときには、そうした日々の食事がしっかりしていたことは手助けになってくれるはずです。 それが私たち一般人のなすべきことです。 あと、下痢を舐めちゃいけません。 「下痢ぐらい」ではありません。 必要な栄養が十分に摂れないままの可能性が高く、脱水症状に陥りやすいです。 この情勢の中、体格の小さな人や高齢者にとってはリスクを高めます。 軽んじてよいものではないですよ。

次の

「新型コロナウイルスの特効薬はビタミンC」中国人有名医師の主張が世界的に話題! 治験も開始され… 結論に注目集まる!

ビタミン c コロナ

新型コロナウイルス感染予防にはビタミンC 1グラム2回が効くらしい 新型コロナウイルスの感染が拡大しています。 ところで新型コロナウイルス感染予防には、 ・ビタミンC 1グラム(1,000mg)を1日に2回摂取する のが効くという話しがあります。 これは 岐阜大学・科学研究基盤センターの犬房晴彦教授による話しです。 YouTube動画も出ていますので、ご紹介いたします。 「新型コロナウイルス肺炎は間質性肺炎」岐阜大学 抗酸化研究部門 特任教授 犬房春彦 「新型コロナウイルス予防にビタミンCは効果があるのか?」岐阜大学 抗酸化研究部門 特任教授 犬房春彦 お聞きの通りですね。 以下にポイントを挙げてみます。 新型コロナウイルスによる肺炎は間質性肺炎 新型コロナウイルスによる肺炎は間質性肺炎といいます。 どういう特徴があるかといえば、次の通りです。 ・肺が白くなって間質組織の繊維化が起きる疾患 ・特発性間質性肺炎は日本では難病に指定 ・ウイルスが原因になり得る ・細菌感染性肺炎の治療は効果が無い ・特発性間質性肺炎はステロイドが有効 ・酸化ストレスが非常に高くなる 新型コロナウイルスに感染しやすい人 また感染しやすい人や重症化しやすい人は、次の通りといいます。 ・酸化ストレスが高い人 ・免疫が低下している人 ・高齢者 ・脳梗塞、糖尿病、高血圧などの基礎疾患がある人 ・タバコを吸う人 ・深酒をする人 ・太りすぎ(肥満)の人 ・睡眠不足 ・ストレスの多い人 ・体を冷やす といった傾向のある人といいます。 またこれらの傾向のある人は ・重症化しやすい ・死亡にも至りやすい ともいいます。 要するに ・酸化ストレス ・免疫力 がキーワードになるようです。 ビタミンC 1g(1000mg)を1日2回は効果が高い しかし ・ビタミンC ・ビタミンE などの抗酸化物質を摂取することで、 新型コロナウイルスの感染の予防と、肺炎の予防ができるといいます。 ビタミンCを使った対策では、 ビタミンC 1g(1000mg)を、1日2回取ると効果が高い といいます。 抗酸化力はすぐに下がるものではないので、1日2回でいいようです。 ビタミンCは、アスコルビン酸ともいいます。 岩城製薬から粉末のビタミンCが出ています。 これは サジ一杯が0. 5g 500mg)です。 サジ2杯で1g 1000mg 摂取になります。 新型コロナウイルス予防対策のまとめ その他の予防対策を含めて整理すると ・ビタミンC1,000mgを1日2回取る ・体を冷やさない(体を温める) ・睡眠をしっかり取る ・ストレスをため込まない ・深酒する人はお酒を控える ・タバコを止める ・太りすぎ(肥満)を改善する といったことも免疫力を高め、酸化ストレスを減らすようです。 新型コロナウイルスを必要以上に恐れる必要はない あと犬房晴彦教授は、「高齢者・基礎疾患のある方以外は大げさに恐れる必要はない というエビデンスがイタリアから出ています。 やはり酸化ストレスが高い方が亡くなっています。 」と言われています。 確かに、このことはニュースにもなっています。 イタリア国立衛生研究所の3月17日の発表によると、感染による死者のうち、 ・3つ以上の疾患を抱えていた人・・・49% ・全く疾患がなかった人・・・0・8% また死者のうち ・高血圧・・・76% ・糖尿病・・・36%は だったといいます。 感染者の平均年齢・・・63歳 死者の平均年齢・・・79・5歳 となっています。 コロナの感染源は酒場が多い? 以上がポイントの整理になります。 で、新型コロナウイルスは、 ・酸化ストレスの高まり ・免疫力の低下 によって感染し、間質性肺炎も引き起こしやすくなるというのは、 本当のことじゃないかと思います。 なぜならコロナの感染源は、 酒場(スナック、クラブ、バー)が多いとされているからですね。 ご覧の通りです。 コメディアンの志村けんさんも、銀座の高級クラブに通って、 そこで感染したのではないかとも言われています。 お酒を飲むと、体が酸化し、免疫も下がります。 なのでコロナが感染しやすくなるのかもしれませんね。 健康のためにも酸化ストレスを減らし免疫力を高める 新型コロナウイルスに関しては、まだわかっていないところもありますが、 上記の動画と考察は、参考になるのではないかと思います。 今すぐにでもできることは、 ・ビタミンC1,000mgを1日2回取る ・体を冷やさない ・睡眠をしっかりと取る ・ストレスをため込まない になると思います。 酸化ストレスを減らして、免疫力を高めることは、 新型コロナに対策のみならず、健康を維持する上でも大事ですね。 健康的であるためにも、 ・酸化ストレスを減らす ・免疫力を高める ということは心がけてまいりたいですね。

次の