上沼 恵美子 紅白。 紅白審査員・上沼恵美子「緊張感ゼロ」の内部リークに”よくぞ言った!”の声

上沼恵美子,旦那上沼真平の顔画像と学歴? 息子は逮捕で離婚?

上沼 恵美子 紅白

西の大御所上沼恵美子が吠えた。 上沼は6日の『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)に出演。 昨年末に放送され、ゲスト審査員として出演した『NHK紅白歌合戦』について、辛辣な意見を口にしている。 過去に紅組司会も経験したことのある上沼は出演した感想として「あたしの知ってる紅白歌合戦ではなかった」とし「アーティストの中には、吐き出す人もいるんですよ、緊張で。 リハーサルから、そういう感じの番組だった」とした。 さらには「口パクはダメ」「あえて言わせていただくと、緊張感ゼロ」「(VTRや中継が多い点に)NHKホールのお客さんはお気の毒でした。 ほったらかし」「紅白歌合戦ではない。 歌のお祭りです。 これは考えた方がいい」と、タブーともいえる話を連発していた。 「ネット上では『全くその通り』『口パクが多すぎる』『当事者でもそうなんだからテレビで見て楽しいわけない』と、賛同の声が多く上がっています。 踊る人が多いことに関する『ごまかし』を指摘する声も多いですね。 最低視聴率も当然といえるかもしれません。 嵐の『口パク大トリ』も残念でしたし、VTR出演(しかも歌わない)なのに目玉のような米津玄師さんにも疑問が残ります。 一方『じゃあ出るなよ』という意見もチラホラ……今回上沼さんは、ある意味『潜入取材』をしたようなものでしょうね」(記者) まあ、それだけ番組の権威が落ちてる「オワコン」ということかもしれないが。

次の

上沼恵美子 紅白司会でいびられた/芸能/デイリースポーツ online

上沼 恵美子 紅白

タレントの(64)が1月6日、『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)に出演。 昨年放送された『第70回』について苦言を呈した。 今回、紅白にゲスト審査員として登場した上沼。 94年、95年には司会を務めたこともあった。 そんな上沼は昨年の紅白について「私の知っている紅白歌合戦ではなかった」とバッサリ。 続けて「NHKホールにいるお客さんを無視し過ぎ」とコメントした。 さらに「緊張感ゼロだった」とも回想。 この2〜3年は紅白を見ていなかったという。 それだけに、久しぶりに参加したことで感じたことが多かったようだ。 上沼の知っている紅白とは「緊迫感に満ち溢れたもの」だという。 最後に「あれは紅白歌合戦ではない。 歌謡祭です。 この上沼の発言にネットでは上沼に賛同の声が上がっている。 《さすが上沼さん! 歯に衣着せぬド正論だな》 《そうそう。 全曲生バンドで本気の歌合戦を見てみたい》 《番組に出演した人がきちんと問題提起できるのはいいことだ》 また徳光和夫(78)も、4日放送の『徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー』(ニッポン放送)冒頭で紅白を批評。 徳光も上沼と同じように「原点を失っている」と嘆き、「じっくりと歌を聴かせる番組に回帰して」と発言していた。 いっぽうで、こんな意見も上がっている。 《歌手が吐きそうになるほど緊張して、その緊張がこっちにまで伝わってくるような紅白がもう求められてないってことじゃないのかなぁ、確かにそこまでして絞りだされる声っていうのは人の心を動かすんだと思うけど》 《まあ、でしょうね。 上沼さんの意見はとてもわかるけれど、紅白歌合戦の形自体が時代に合わなくなってるんだと思う。 だからあんなごちゃごちゃした内容になってしまったんだろうな》 《紅白歌合戦も変革の時かもしれませんね。 昔はどこの家も紅白を見てるのが普通だったのに、今はどこの家も紅白を見ないのが普通になった気がします。 好きな番組だからこそ、今一度ガツンと面白くなってほしいですね》 出演者が後出しで次々と発表されたことや、紅白出場枠と企画枠があいまいな点も指摘された昨年の紅白歌合戦。 果たして、今年の紅白は上沼のような意見が活かされるのだろうか。 外部サイト.

次の

上沼恵美子 紅白司会でいびられた/芸能/デイリースポーツ online

上沼 恵美子 紅白

上沼恵美子の息子たちのプロフィールと経歴 上沼恵美子さんには二人の息子がおられますが息子が罪名窃盗未遂で逮捕、また逮捕写真があると噂になっています。 上沼恵美子さんの息子の名前は長男が「清太郎さん」、次男が「裕次郎さん」と言われます。 年齢ですが、長男清太郎さんが1978年4月生まれの現在40歳、次男裕次郎さんが1983年5月生まれの35歳です。 お二人は何のお仕事をされているのでしょうか。 確実な情報ではありませんが長男清太郎さんは大阪府豊中市で整骨院の医者だったという話です。 現在は医師の仕事を離れ上沼恵美子さんの所属する上沼事務所勤務のようです。 ちなみに大学は芦屋大学を卒業されているようです。 次男裕次郎さんは、自衛隊員であるという情報もありましたが、これもまた確実な情報では無く現在は東京で構成作家をしていると言われています。 次男の裕次郎さんの大学の情報は見つかりませんでした。 上沼恵美子の息子が逮捕?写真や罪名は? 上沼恵美子さんの息子が逮捕され、逮捕写真があるという噂が流れましたがどういうことでしょうか。 また罪名は? 実はこの噂全くのデタラメでそういう事実はなかったようです。 また逮捕写真が出ているという噂もデタラメでした。 逮捕の事実がなければ写真もあるはずないですよね。 しかし逮捕疑惑の罪名は何でしょうか?どうやら罪名は「窃盗未遂」のようです。 なぜこのような噂が広まったのでしょうか。 原因は名司会者と言われている「みのもんたさん」のようです。 2013年9月にみのもんたさんの次男の御法川雄斗さんが罪名窃盗未遂で逮捕されたことで上沼恵美子さんの息子も逮捕!となったようなのです。 スポンサーリンク 上沼恵美子が息子のもみ消し?やりかねないと言われる理由は? 噂で上沼恵美子さんの息子が罪名窃盗未遂で逮捕され、逮捕写真があると世間を騒がせましたが、さらに上沼恵美子さんが息子の事件をもみ消したという噂までが流れてしまいました。 「息子」「逮捕」「もみ消し」と検索しますと「上沼恵美子」と出るくらいです。 彼女ならそのくらいやりかねないという印象が強いその理由は上沼恵美子さんが息子を溺愛している発言をなさっているからでしょう。 上沼恵美子さん、迫力ありますしね。 母親にとって息子は特別可愛いものです。 私でも力があれば揉み消します。 上沼恵美子の息子の結婚は? 上沼恵美子さんの息子さんはご結婚されているのでしょうか。 調べてみますと、長男清太郎さんは20回以上のお見合いを得てようやく結婚に至ったようです。 結婚式はハワイで行われる事になったのですが、なんと帰国の飛行機内で奥さんから離婚したいと言われたようなのです。 なぜこんな早く破綻する事になったのでしょう。 理由は上沼恵美子さんにあるようです。 どうも礼儀作法などきつく指導されたようで「この家に嫁ぐ事は無理」と判断したようです。 どの時代も嫁・姑問題が無くなる事はないと言いますが本当ですね。 次男の 裕次郎さんの方は見合いでは無く恋愛結婚されているようです。 裕次郎さんの結婚に関しての情報は何も得ることは出来ませんでした。 何もないという事は逆に上手くいっていると思われます。 スポンサーリンク 上沼恵美子の旦那は? 上沼恵美子さんの旦那さんは、上沼真平さんです。 お仕事は元関西テレビ所属のテレビ演出家、プロデューサーでした。 R—1グランプリやM—1甲子園の審査員もされてあります。 かなりのやり手でその功績を認められ常務取締役・制作局長、元メディアプルポ(関西テレビ完全子会社)代表取締会長に就任されますが、せっかくの地位を捨て退職されます。 その後は趣味のゴルフ、ウクレレに没頭されているようです。 上沼恵美子の旦那が浮気? 上沼恵美子さんと上沼真平さんの馴れ初めは「日曜ドキドキパンチ」という番組で出会われました。 この番組のディレクターが上沼真平さんだったのです。 2年のお付き合いを経て結婚に至るのですが、周りからかなり反対の声が挙がっていたようです。 上沼真平さんが女優と浮気?と話題になりました。 しかしこの噂はガセのようです。 どうしてこの噂が広まったかというと結婚後一旦は引退し専業主婦になった上沼恵美子さんがやはり仕事を続けたく復帰するも、旦那さんより仕事の範囲を決められるなどの亭主関白の態度から、「子供と旦那のためだけに生きる専業主婦は嫌!好きな仕事を続けたい」という想いからホテル住まいとなり、ホテルから仕事場に向かう姿が見られるようになりました。 ここから二人は別居している!、旦那が浮気をしているとなったようなのです。 噂の相手が女優というのもただ旦那さんの仕事がテレビ関係の仕事だという理由だけのようです。 スポンサーリンク 上沼恵美子のプロフィール 上沼(旧姓:橋本)恵美子(かみぬまえみこ)さんは、1955年4月13日生まれの現在63歳、兵庫県三原郡福良町(現在の南あわじ市福良乙)出身です。 現在はローカルタレント、歌手、司会者、ラジオパーソナリティーと幅広く活躍されています。 所属事務所は上沼事務所。 上沼恵美子さんの父親が演芸好きで幼い頃からよく姉と二人で演芸や歌を見に行かれていたらしく、姉は浄瑠璃の真似を、自身は美空ひばりさんのモノマネをよくしていたらしいです。 本来漫才コンビとしてデビューするはずだった姉の相方がデビュー前にいなくなり、変わりにコンビを組むことになりました。 1971年に漫才コンビ「海原千里・万里」の妹海原千里(海原お浜・小浜門下)としてデビューします。 1973年NHK漫才コンテスト最優秀賞受賞、1975年レコード「大阪ラブソディー」が40万枚の売り上げで大ヒットします。 1977年5月上沼真平さんと結婚、姉とのコンビを解消し芸能界引退となります。 しかし、出産後の翌年1978年に芸能界復帰され現在に至っています。 上沼恵美子の結婚と出産 上沼恵美子さんの結婚・出産をまとめてみますと、NHK漫才コンテスト最優秀賞受賞、「大阪ラプソディー」大ヒットの中、周りからの反対を押し切って結婚し引退、長男出産後すぐに復帰、5年後次男を出産するも仕事は続けられます。 「自分には専業主婦は耐えられなかった」という述懐しています。 ご自身の言葉からも、テレビで楽しく喋っている様子からもこのお仕事が大好きなのだと感じました。 スポンサーリンク.

次の