卒園 プレゼント 先生。 子供も先生も喜ぶ「卒園記念品」の選び方や贈り方、おすすめのプレゼントや手作りアイデアを大公開!

先生が卒園のプレゼントでもらって嬉しかったものは?金額は?

卒園 プレゼント 先生

幼稚園や保育園を卒園するときに、先生へ感謝の気持ちを込めて記念品を贈ることがあります。 先生への記念のプレゼントは必須ではありません。 しかし、お世話になった先生に感謝の気持ちを形で示したいという家庭が多い場合には、先生に喜んでもらえるものを選べると良いですね。 先生へのプレゼントは、形に残るものが人気です。 食べてなくなってしまうお菓子よりも、写真のように飾っておくことができるものや、マグカップのように日常的に使えるものなどが良いでしょう。 花であれば、ブリザーブドフラワーのような枯れないギフトが好まれます。 先生の好物や生花を贈りたいという意見が出ることがあるかもしれません。 いくつか意見があるときは、臨機応変に保護者の意見を取り入れていけると良いですね。 毎年、卒園式に先生にプレゼントをしている場合でも、「プレゼントは必要ない」と考える保護者もいるかもしれません。 先生へのプレゼントの予算についての意見もさまざまです。 プレゼントを選ぶ係になった場合は、保護者に向けてアンケートを実施すると安心です。 トラブルを避けるためには、「保護者の意見を聞くこと」と「意見を聞いた結果を報告すること」が大切です。 先生へのプレゼントを選ぶ際の大まかな流れは、下記の通りです。 1.卒園児の保護者に、「卒園時の先生のプレゼント」についてアンケートをとる 2.アンケートの結果をお便りやメールで報告する (多数派の意見に決定する場合は、その旨も報告) 3.プレゼントに向け、ママたちから集めるものなどを改めて報告 4.事前に知らせたものを集め、係のママやパパがプレゼントを用意する 先生へのプレゼントを用意する場合は、お金や写真を集める必要があります。 しかし、どうしても「払いたくない」「提出したくない」というママもいるかもしれません。 報告するお便りやメールには、念のため「賛同していただける方は」や「希望する方のみ」と添えると、反対している保護者にも安心してもらえるはずです。 さまざまな意見の保護者がいることを念頭に置くと、いざというときに戸惑わずに済みますよ。

次の

保育園の「先生へプレゼント」お礼の意が伝わるギフト集

卒園 プレゼント 先生

スポンサーリンク 卒園時に幼稚園の先生へプレゼントを個人的に贈る!受け取る先生側の意見は? 先生側の意見はどうでしょうか。 幼稚園の先生としては、個人的にプレゼントを頂いてもお礼をすることはできませんし、プレゼントをくれた方の子どもを特別に扱うことはできません。 私も年度末に個人的な贈り物としてプチギフトのようなものを頂いたことがありますが、実際にはとても断りにくく、困惑してしまいます。 年度末や卒園時には受け持ったクラスの子から寄せ書きやプレゼントをもらいますから、それだけで十分という気持ちです。 幼稚園の先生へのプレゼントを受け入れていない園でも、幼稚園全体に向けて寄付、寄贈という形で、保育に役立つものを贈るのであれば、先生への過度なお礼ということにはなりませんから、受け入れてもらえる場合が多いです。 どうしてもという場合は、検討してみるとよいでしょう。 幼稚園の先生へプレゼントを個人的に贈るなら何がおすすめ?親から先生へ 親から幼稚園の先生へ贈るプレゼント、おすすめはやっぱりお菓子 先生は卒園の折に花束や記念品などたくさんのものを受け取ります。 卒園式の時に渡すなら小さいものが目立たなくて良いでしょう。 菓子折りなどにするときは卒園式ではなく、前後の日にちで 他の保護者の方に分からないように渡すのがベターです。 個人的に親から先生に贈るもの、花は目立つので注意 卒園式のプレゼントの定番は花ですが、おそらくクラスからも花束をもらいますし、花束が複数となると持ち帰りや飾る際、負担に感じる方も多いのは確かです。 また、花は個人的に渡すとなると目立つアイテムです。 クラス単位で渡す花は役員や係の方が「クラス全員から」という思いでせっかく手配してくれたものです。 そういう経緯がある中でさらに個人的に花を贈るのはクラスの方々の印象が良くないのではないでしょうか。 そういった点においても控えた方が良いアイテムです。 幼稚園の先生は、写真立てをたくさんもらう機会がある 私が幼稚園のクラス役員をしていた時に、他の役員の方から先生へのプレゼントとして上がったのは「写真立て」。 しかし、幼稚園教諭を長くやっている知人に聞いたところ、 プレゼントとして一番もらったのは「写真立て」ということでした。 先生と子どものツーショットを入れた写真立てを渡したいという気持ちもあると思いますが、実は先生はいくつも持っているものかもしれません。 幼稚園の先生へプレゼントを個人的に贈るなら何がおすすめ?卒園児から先生へ 卒園児から先生にも何か渡したいと考えている方も多いですよね。 以前、娘がお世話になった幼稚園の担任の先生が結婚に伴う転居で退職されるということがありました。 その幼稚園は個人的な贈答品にはとても厳しかったため、仲良しの子どもたちが集まって、みんなで折り紙の花をひとつずつ折り、ストローで茎をつけて花束にして渡したことがありました。 お手紙も添えたので、大変喜んでいただき、子どもも嬉しそうにしていたのを覚えています。 立体の花は子どもが折るには少し難しいこともありますので、平面の花にするのも良いですね。 そういった場合は台紙に貼り付けるとメッセージカードのようになるのでおすすめです。 お手紙や写真も一緒にすると大変喜ばれるプレゼントになりますよ。 幼稚園の先生へプレゼントを個人的に贈りたい場合 卒園 まとめ! 卒園の際、幼稚園の先生に個人的にお渡しするプレゼントについてご紹介しました。 基本的に卒園の際はクラスからの贈り物として花束や記念品を用意していますから、個人的にプレゼントを用意する必要はありません。 そういったことをよく思わない保護者の方もいますから、個人的な贈り物を目立つように渡すのはよくないでしょう。 幼稚園の先生には子どもからのちょっとしたお手紙や別れ際に感謝の言葉を交わすだけで十分気持ちは伝わりますから参考にしてください。 よい卒園式になりますように。

次の

卒園でクラスの友達にプレゼントは?おすすめ5選と私の失敗談もご紹介!

卒園 プレゼント 先生

この記事の目次• お世話になった先生へ個人的にプレゼントを渡す?渡さない? 保育園によっては卒園式や先生の退職時に、クラスでまとめてメッセージカード付きのアルバムやプレゼントを渡すこともあるので個人的にプレゼントは渡さなくても…と思うママもいるかもしれません。 プレゼントの受け取りができない保育園もあるので、「どうしても贈りものをしたい!」と考えているなら園のルールを知って先生に喜ばれる渡し方をしたいですよね。 公立保育園は間違えると贈賄路になる場合も… 公立保育園の保育士たちは「公務員」として働いています。 公務員の規定として、プレゼントの受け取りは「贈賄路」となる場合があり、基本的にプレゼントは受け取らないことが多いようです。 しかし、子どもたちが歌をうたったり、先生の似顔絵や折り紙で作ったプレゼントなどは金銭的なプレゼントではないので保育園側としても喜ばれます。 公立保育園に限らずプレゼントの受け取りをしていない保育園もあるので、個人的にプレゼントを渡したい場合は、1度園に確認しておくと安心です。 個人的にプレゼントするなら…渡すタイミングに注意! クラスの園児たちがプレゼントをそれぞれ用意してるとは限りません。 先生側としても他の保護者や子どもたちがいる前で渡されるより、こっそりもらうほう嬉しいようです。 特定の先生だけに渡すならなおさらです。 もらった先生ともらっていない先生が保護者から見ても目立ちます。 なかなか先生が1人でいるところを探すのは難しいですが、できるだけ周りに人がいないときに渡すよう心がけたいですね。 先生のプレゼント選び!喜ばれるものとNGなもの 今までお世話になった先生なので、せっかくなら喜んでもらえるプレゼントを選びたいものです。 実際に保育園の先生がもらって嬉しかったプレゼントを調べてみました。 もらって嬉しかったプレゼント• 子どもが書いたイラスト 先生の似顔絵• 写真つきメッセージカード• 子ども・保護者からの手紙• 手作りのお菓子• ハンカチ• お花 子どもが描いた先生の似顔絵やお手紙は感謝の気持ちが形に残り、後から読み返しても嬉しいですよね。 ちょっとした手作りのお菓子にメッセージを添えたり、保護者からのメッセージもとても喜ばれます。 手作りのプレゼントは感謝の気持ちが伝わりやすいので、もらって嬉しい先生も多いようです。 NGなプレゼント 反対に、もらうことができない、逆に気を使わせてしまいそうなNGなプレゼントもあります。 金銭的なものはどの職業でも絶対にNGです。 高価なもの• 金券 商品券・クオカード・図書カードなど• 食品 高価なブランドものや食品も、後々お返しが必要で逆に気を使わせてしまうのでプレゼントとしては厳しいでしょう。 商品券などの金券もプレゼントとしては一般的ですが、先生が受け取ると金銭と同じ感覚になってしまうので注意が必要です。 保育園の先生に渡したい手作りプレゼント 保育園の先生に手作りのものを渡したいと考えたとき、子どもと一緒に作ったものは先生も喜ばれます。 あまり凝ったものを作ろうとすると、途中で子どもが飽きてしまう可能性があるのであまり時間がかかり過ぎないほうが良いかもしれません。 手作りを考えるときは、以下のことに注意して進めていきましょう。 子どもが手伝えるもの• 時間がかからないもの• 材料費がかかりにくいもの 間近でバタバタして作るより、余裕をもって子どもと一緒に作っていくと良いですね。 折り紙のお花と手紙をプレゼント 折り紙を使ったプレゼントは子どもも一緒にお手伝いができます。 どういう花を作るのか、一凛の花か花束にするのかも子どもと相談しながら決めていくと良いですね。 花と一緒にメッセージカードやお手紙を添えると先生も喜んでくれるはず。 チューリップの花の作り方は親子でも一緒に作ることができますよ。 作り方は以下を参考にしてみてください。 関連記事:折り紙 チューリップ 写真つきメッセージカード 写真付きメッセージカードは100均に売っている材料でかんたんにつくることができます。 【準備するもの】• カラー画用紙• 折り紙• はさみ• マスキングテープ・シール• 写真とメッセージが入る大きさの画用紙を用意する• 画用紙にマスキングテープでデコレーションします• 写真を貼る位置を決めます• 折り紙でメッセージ台紙をつくる 吹き出し・花・ハートの形など) 写真とメッセージだけでは隙間ができてしまうので、空いたスペースには子どもさんのイラストやシール、型抜きパンチを使ってデコレーションしていきます。 短時間でできるので忙しいママにもおすすめ! 手作りのお菓子 料理が好きなお子さんならお菓子を手作りするのも良いですね。 小袋にクッキーとメッセージカードを添えてプレゼントするのも気持ちが伝わりやすくなります。 手作りでも、凝ったお菓子や材料が明らかにかかり過ぎているお菓子は逆に気を遣わせてしまうので、かけすぎないほうが無難です。 あくまでも、「ちょっとしたお礼の気持ち」で渡すほうが喜ばれますよ。 お返しに困らない1000円以下のおすすめプレゼント 手作りせずに購入を考えているなら1000円以下で探すのがおすすめ。 日常や仕事で使えるものは先生も喜んでもらえます。 ハンカチ・ハンドタオル ハンカチやハンドタオルは毎日使うものなので、もらって困る人は少ないと思いますが、キャラクターがついたもの、個性的なものは好みがはっきり分かれやすいのでシンプルなものを選ぶと良いでしょう。 文房具 先生たちは毎日何かと書く作業が多いので、ボールペンやシャーペンなどの文房具も喜ばれます。 1000円程度のボールペンなら持っているだけでも高級感を感じさせてくれるので贈り物としても最適です。 エプロン 保育士はエプロンを毎日使うのでプレゼントとして喜んでもらえますが、過去にたくさんもらってきた、という先生もいるようです。 また、保育園によってエプロンの指定があったりすると使えないこともあるそうです。 お菓子 特定の先生だけでなく、全先生へ贈るお菓子のレゼントは気兼ねなく渡せて保育園側も受け取ってもらいやすくなります。 ゆっくりご飯を食べる時間がない先生たちも、保育の合間や園児が帰った後にちょっとしたお菓子が机にあると喜ばれます。 個人的なプレゼントがなくても感謝の気持ちを伝えるだけでも喜ばれます 卒園式では事前にクラスでまとめてお花やアルバムのプレゼントを準備してるので、個人的にプレゼントを渡すことは少ないかもしれません。 先生の退職や転勤は保護者に伝わるのがぎりぎりなのでお礼を言いそびれた…ということもあり得ます。 プレゼントの準備も先生の退職を知ってからしかできないので、結局なにも用意できずお別れの日を迎えてしまうこともあります。 個人的なプレゼントにあまりこだわりすぎず、準備ができるときは子どもと手作りし、できなかったときは先生に感謝の気持ちを伝えるだけでも涙を流しながら喜んでくれるでしょう。

次の