キャシー中島 の ブログ。 突然襲った指の痛み…キャシー中島が20年以上も闘う「ヘバーデン結節」 患者はほぼ女性

キャシー中島の愛娘、長女ななみが病気で死亡。肺がんの原因に旦那が関係?夫の今現在

キャシー中島 の ブログ

長女の七奈美さんが亡くなってから約11年が経過したことを報告した。 七奈美さんは2009年に肺がんのため29歳の若さで亡くなった。 この日キャシーは「母の日にかなえからもらった薄紫のバラがまた咲き始めました。 切り花もいいけど、鉢植えだと長く楽しめて嬉しいですね」と、次女で女優の勝野雅奈恵からプレゼントされたというバラの写真を公開。 続けて、七奈美さんの月命日のことに触れ「私は家に残ってハルコを見ています」と孫の看病のため自宅で待機していたことを報告。 一方で「勝野パパに七奈美のとこへ行ってもらいました」と明かし、「来月7日は七奈美の命日です。 この日が近づいて来ると気持ちがざわざわして、油断をするとすぐに涙が出てきちゃって・・・もうあれから11年も経ってしまうのに心は何も変わっていません!」と切ない胸の内をつづった。 最後に「気持ちを切り替えて、ハワイアンキルトをカットしています」と作業の様子を写真で公開し、「きれいな色の生地を触っていると少しづつ心が明るくなってきます。 色のパワーって凄いですね!」とコメント。 愛猫との写真を公開し、「我が家のニャンコーズで七奈美のことを知っているのはニウとミカリだけです。 13歳になるミカリ長生きしてね」とつづり、ブログを締めくくった。 外部サイト.

次の

キャシー中島の愛娘、長女ななみが病気で死亡。肺がんの原因に旦那が関係?夫の今現在

キャシー中島 の ブログ

タレントの(64)が24日夜、自身のブログを更新。 右目の下にテープを貼った写真を添え「イボを取ったのと言っていましたが実は皮膚ガンでした」と告白し、治療を受けていたことを明かした。 異変に気が付いたのは約1年半前。 当初は「小さな赤い点でした。 なんだろうニキビかなと思っているとだんだん大きくなり、半年後ぐらいには小さなイボのようになり、グチュっとした感じになり、かさぶたができては剥がれ、またできて剥がれを繰り返し皮膚にならずグチュグチュとしていました。 これは悪いものかもしれないっと思ったのは去年の11月頃でした」と経緯を説明。 「皮膚がんだったらすごく大きく切らなくてはいけないのじゃないかと不安で胸がいっぱいになり」と病院を行くことをためらっていたが、娘の勝野雅奈恵(34)に背中を押され今年1月に大学病院で組織検査を受診。 1週間後に検査結果が出て「基底細胞皮膚がん」だということが判明した。 家族に励まされ、手術を受けたのは2月10日。 「再発は嫌だったので大きく深く切って頂きました。 それから昨日までずーっとずーっとテープを貼ってカバーしてきました。 傷は縫ったのは一部であとは自然に盛り上がり治るのを待ちました」と経過を報告すると「心配してくださった生徒さん、ファンの皆さん、黙っていてごめんなさい。 そしてありがとうございました」と感謝の言葉を伝えた。 最後は「人生60代になるといろんなことが起こりますね。 でも私、どんなことがあっても前を向き歩いていきます。 それが私なので!」と結んでいる。

次の

立体マスクの作り方(ハワイアン)を紹介!キャシー中島の経歴情報も

キャシー中島 の ブログ

長女の七奈美さんが亡くなってから約11年が経過したことを報告した。 七奈美さんは2009年に肺がんのため29歳の若さで亡くなった。 この日キャシーは「母の日にかなえからもらった薄紫のバラがまた咲き始めました。 切り花もいいけど、鉢植えだと長く楽しめて嬉しいですね」と、次女で女優の勝野雅奈恵からプレゼントされたというバラの写真を公開。 続けて、七奈美さんの月命日のことに触れ「私は家に残ってハルコを見ています」と孫の看病のため自宅で待機していたことを報告。 一方で「勝野パパに七奈美のとこへ行ってもらいました」と明かし、「来月7日は七奈美の命日です。 この日が近づいて来ると気持ちがざわざわして、油断をするとすぐに涙が出てきちゃって・・・もうあれから11年も経ってしまうのに心は何も変わっていません!」と切ない胸の内をつづった。 最後に「気持ちを切り替えて、ハワイアンキルトをカットしています」と作業の様子を写真で公開し、「きれいな色の生地を触っていると少しづつ心が明るくなってきます。 色のパワーって凄いですね!」とコメント。 愛猫との写真を公開し、「我が家のニャンコーズで七奈美のことを知っているのはニウとミカリだけです。 13歳になるミカリ長生きしてね」とつづり、ブログを締めくくった。 外部サイト.

次の