さかい 珈琲 清水 店。 さかい珈琲 清水店

2019年11月オープンの大型カフェ【さかい珈琲 フォレストモール木津川店】でモーニングしてきました~

さかい 珈琲 清水 店

コンテンツ• 幅広い層の お客様の「憩い場」として誕生 静岡県2店舗目の『さかい珈琲 清水店』を2018年10月1日(月)にグランドオープンいたします。 さかい珈琲は世界一のパンケーキを目指しております。 クオリティーの高い人気のパンケーキ。 ご注文を頂いてからメレンゲと合わせて焼いた生地を合わせて焼きますのでふわふわ食感と、適度なまったり感が人気の秘密です。 店内は、お客様に「何度来ても心地よい」と感じていただくため、清潔感のあるホワイトヨーロピアン調のデザインを基調としたインテリアで、建物のタイルや食器等もオリジナルのものを使用しています。 ファミリー、お子様連れ、女性同士、団塊の世代、ご近所の方々、幅広い層のお客様の団欒などに利用できる「憩いの場」として誕生いたします。 さかい珈琲は世界一のパンケーキを目指しております。 クオリティーの高い人気のパンケーキ。 ご注文を頂いてからメレンゲと合わせて焼いた生地を合わせて焼きますのでふわふわ食感と、適度なまったり感が人気の秘密です。 また、オープン記念として、10月1日~3日まで、ご来店頂いたお客様に粗品をプレゼント。 清潔感のあるホワイトヨーロピアン調のデザインを基調としたインテリアで、建物のタイルや食器等もオリジナルのものを使用しています。 ご提供する「さかいブレンド珈琲」は、4種類のアラビカ種100%豆を長時間焙煎し、シティローストに仕上げた後、それぞれの特性を生かすべくオリジナル配合でブレンド。 また、フードに関しては従来の喫茶店領域を超えた商品を提供することにこだわり、フードメニューや店舗ごとのニーズに合わせた独自のメニューを導入。 手作りのココットやさかい厳選の自信作。 サラダ感覚で味わえるサラダごはん等、ひと手間加えた料理をご提供いたします。 詳細については店舗までお問い合わせください。 日本一の美味しさを目指します。 今後の展開の見通し 今回静岡県で2店舗目の出店ですが、関西地区を含め全国に展開予定。 今年度は北関東、中国地方にも初出店を予定しております。 新メニューとしてサラダごはん、季節のパンケーキ、さかい特製デザート、ココット、ステーキなど続々登場いたしますので乞うご期待くださいませ。 イベント内容や情報が変更になる場合がございます。 必ず公式サイトやお店にご確認してください。 , , , , ,• コメント:•

次の

スペシャルティコーヒーのさかい珈琲

さかい 珈琲 清水 店

他、12月以降に「木津川調剤薬局」「たけもとクリニック」「骨盤LOBO」、2020年に「CASIS REA」がオープン予定です😊 アメリカ西海岸の商業施設をモデルにされた(奈良TV放送より)という事で・・・なのか、施設の入口では南国を思わせる大きなヤシの木がお迎えしてくれました。 うーん、連日なかなかの盛況っぷりです! 混んでるお店に駐車するのがあまり得意では無いので、平日の朝におじゃましてみました。 現在、朝活にハマり中のわたくし。 箱型のグレーの建物におおきな字で 「さかい珈琲」とあります。 店内は広々としていてのんびりできそう。 やわらかなソファーは長時間座っていてもお尻が痛くなりませんでした😊 ただ、上記のメニューの中には来年以降提供となるモノもあるようですので、お気をつけください。 コメダ珈琲といえば長居ができるイメージですが、こちらのお店も座席の間は広くとってあり、のんびりゆっくり長居できる仕様です。 落ち着いたインテリアはおしゃべりに< 全集中!>できますね~😊 トイレに行く通路も広くとってあり、トイレもきれいでした。 壁紙を見た感じではキッズスペースかな?可愛いです😊(予約は不可みたいです) また、店員さんがすごーく可愛くて感じよかったです。 (若い女の子に弱いの💦 本当可愛いわ~💦) 他の学生アルバイトさん?も、まだ慣れてない感じが初々しくてホッコリさせていただきました。

次の

【楽天市場】家中に香りが広がる酸味を抑えた手作りのコーヒーをご家庭にお届けします。:自家焙煎コーヒー豆 さかい珈琲店[トップページ]

さかい 珈琲 清水 店

ただ今のおすすめ・季節限定コーヒー&限定スペシャルティコーヒー カカオのような 苦味とコク トリプル認証 高品質豆 【限定品】 ウガンダ・ シピ・ フォールズ 多彩な果実の フレーバー 華やかで 明るい風味 【限定品】 コロンビア・ ウイラ・ ピンクブルボン ほのかに 酸味の効いた 爽やかな味わい 【季節限定】 あじさい ブレンド グァテマラ SHB エチオピア モカ・クイーン ベリーダーク モカ ブラジル サントスNo. 「挽き方のご変更」など至急のご連絡につきましては、お電話でお願いします。 ご了承下さい。 発送日および お届け日について ご注文を頂いた翌日、又は翌々日に発送いたします (店休日みは除く) ゆうパック・・・発送日の 翌日にお届け (遠方離島は翌々日) メール便・・・発送日の 2日〜3日後にお届け 店長の酒井です。 お客様の声を元に酸味を抑えた家中に香りが広がる珈琲作りを心がけています。 より品質の高い豆を、こまめにお買求めいただける小サイズで、しかも出来る限りリーズナブルにご提供しています。 珈琲の話はありませんが、ゆるい気分になりたい時に最適の1冊!(笑) いかがですか。 神山なら、まろやかでクリアな風味の 極上アイスとしても楽しめます。 実際「直火」を店名に掲げる店が多いですね。 直火は難しく技術が必要とか、 豆の個性が一番引き出せる云々・・・ はたしてそうでしょうか? 焙煎機はその構造で3つに分かれます。 前述の『直火式』、当店の使う『半熱風式』、 大手メーカーが使う『熱風式』です。 こまめな焙煎が可能な小型の焙煎機の多くは 直式か半熱風であるため、自家焙煎店のほとんどが この2つの方式の焙煎機のいずれかを使っています。 ではここで、焙煎方式の違いによる味の差を イメージしやすいように、 各方式の焙煎方法を簡単に説明すると、 こんな感じです。 1)直火式・・・コンロの上に網を置いて生豆を煎る。 2)半熱風式・・・コンロでフライパンを使って生豆を煎りながら、 上からドライヤー(熱風)で加熱もする。 3)熱風式・・・コンロは使わず、ドライヤーだけで加熱する。 直火式は火が豆に直接当たるので、香味が強くなります。 ただし豆の外側から加熱するため、豆の中心まで火を通す間に どうしても豆の外側の方がよく焼けて、 全体的に苦味が先行しやすくなります。 半熱風式は、豆に直接火は当たりませんが、 鉄板越しに火が当たり豆の外側は焦げるため、 香ばしさが引き立ちます。 その一方、熱風でも加熱もするので、外側を焦がしすぎることなく 中心まで火を通すことができます。 そのため、外はこんがり、中はふっくらとした コーヒー豆を作ることができるのです。 焙煎する量が多くなると、 10キロ〜30キロ釜の大型焙煎機を導入し、 一度にたくさん焙煎できるようにするのが一般的です。 しかし当店は、鮮度にこだわり 少量の焙煎を心がけているので 2台ある焙煎機はどちらも5キロの半熱風釜です。 コーヒーの味を最大限に引き出し 鮮度の高い豆をお届けする、 これが当店のモットーです。 当店独自の焙煎方法で焙煎されたコーヒーの数々。 半熱風焙煎機ならではのまろやかな味わいを 是非お試しください。 価格 1,380円 税込 価格 1,380円 税込 価格 1,480円 税込 価格 1,850円 税込 価格 1,700円 税込 価格 2,250円 税込 価格 1,300円 税込 価格 6,990円 税込 お支払いについて 配送について お支払いは、楽天カード、VISA,マスター、JCB、AMEX、ダイナース、楽天バンク、代金引換、ローソン決済、セブンイレブン決済、銀行振込(楽天銀行)がご利用いただけます。 発送のスケジュールについて 18時以降のご注文は翌営業日の受注扱いとなります。 出荷は受注後2営業日以内にいたします。 ・配送は「ゆうパック」または「メール便(ゆうパケット)」で行います。 詳細は商品ページにてご確認下さい。 ・受注後、2営業日以内での出荷をこころがけております。 万が一ご出荷が遅れる場合はメールでご連絡致します。 ・ゆうパックでの配送は、時間指定も承ります。 指定できる時間帯は、午前中・12時〜14時・14時〜17時・17時〜19時・19時〜21時 です。 ・ゆうパックは午後の出荷となります。 お届け時間に「午前中」・「12時〜14時」を選択した場合、指定なしの場合よりも、お届けに1日多くかかる場合があります。 (ゆうパックのお届け日数は郵便局のホームページでご確認いただけます。 なお、出荷元の郵便番号は448-0855です。 配送日の指定があった場合は、3営業日前に発送いたします。 ・メール便配送商品につきましては、他の品(フィルターやカフェオレベースなど)を同梱することはできません。 その場合はゆうパックでの発送となり別途料金がかかる場合があります。 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 詳しくは営業カレンダーをご覧下さい。 なお、休業日に頂戴したメールへの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

次の