学 熟語。 速読英熟語の効率的な使い方

熟語

学 熟語

中医学の書籍を読むと良く出てくるのが四字熟語ですが、絶対に覚えておかなければいけないものなのでしょうか? 私は、中医学の書籍を何冊も読んでいますし、治療で調べるときにもよくみているので、何となく慣れてきたので、全てではないにしても、ある程度を覚えていますが、普段に使うことは少ないと思います。 大人数でカルテを共有しているような状況であれば、四字熟語で書いてあれば、どんな状況だったのか、治療としては何をしたかったのかが分かるのでしょうが、一人でやっている状況では、情報共有する相手がいないので、覚えていなくても何とかなっていきます。 ただ、情報共有するということは、そこにいる人が同じだけの知識量がある必要がありますし、鍼灸師が全員、中医学で治療をしている訳ではないでしょうから、四字熟語で表現をしても情報共有になるのかは疑問もありますね。 四字熟語で表現をすれば、どういった状況なのかを判断することが出来るので、非常に有用性があるのは事実なのですが、使えるかどうかは、その場所や相手によっても変化をしてしまうので、使える場所が限られるとも言えます。 私の周囲の鍼灸師でも四字熟語だけで会話が成り立つ割合ってどれぐらいなのかを考えたら、かなり低い確率になるだろうなという印象がありますが、これは全体にも当てはまるのではないかと思います。 ということは学習として覚えなくてもいいのかとなってくるでしょうが、四字熟語で簡潔に意味をまとめているので、中医学で持っているイメージを学習するのには四字熟語を覚えたり、理解したりすると中医学だけではなく、東洋医学を学ぶためには役に立つのではないかと思っています。 普段、使う所がないので、覚えたまま使用することはないですが、東洋医学イメージとしては役に立っているなと思うことが多いです。 例えば、四字熟語ではないですが、肝の話しで、柔肝(じゅうかん)という表現があるのですが、この熟語に含まれる意味としては、肝は軟らかく、柔軟であるというのが正常な状態なので、曲直である伸びやかな性質だと考えることが出来るので、考えさせられることが多いと思います。 基本は二字の熟語を組み合わせて四字熟語になっているので、二字の意味が理解できるようになると、四字熟語の内容を深く理解出来てくるのではないかと思っています。 英語や平仮名にすると、身体の状態を説明するのに長文になりますが、漢字には意味が含まれているので、内容を省略することが出来るので、熟語というのは本当に便利だなと思います。 ただ、熟語を話すということは相手も熟語を知っている必要があるので、相手の力量によって、どの程度使えるのかが決まってしまうので、日常の中では使用することはやはり少ないですね。 患者さんとの話しの中でも「治療方針は柔肝が大切ですね」と言っても、内容が伝わらない、イメージも伝わらないので、熟語をそのまま使用することが出来ないですね。 ですから、熟語の意味を理解して、噛み砕いて説明をしないといけないので、東洋医学の理解には役立ちますが、使いどころが少ないでしょうね。 ただ、四字熟語を自分の言葉を足すことによって、文章にしていくことが出来るので、病能把握・治療方針の説明にはかなり役立つことは多いです。 例えば、脾気虚証と判断したのであれば、言葉を足すことによって、「東洋医学で重要だと考えている脾という臓があるのですが、その働きが弱くなっています」と文章にすれば、そのまま説明文になるので、四字熟語を利用するのはいいことだと思います。 さらに言葉を足すと「消化吸収に関する働きが弱くなっているので、消化吸収の働きをよくしたいと思います」という文章に変えていくことは可能です。 この文章では脾の運化という働きが低下をしているという話しですよね。 脾気虚証に対する治療方針だと健脾益気になりますが、「脾の働きを強めることで、気の生成を増やすことが出来るので、身体の弱りに対処をしていきたいと思います」という文章に置き換えることは可能なので、四字熟語だから覚えるのが大変というのではなく、説明するのに簡潔な文章にしていくのに便利なツールだと思います。 もちろん、使いこなすのには経験が必要になってくるので、話してみて相手に理解をされるのかを考えながら説明をしていかなければいけないので、四字熟語がどういった内容を示しているのかを考えてみると、東洋医学の理解につながりやすいと思います。 四字熟語に慣れてさえしまえば、いろいろな本を読める力になるので、漢字が多くて嫌だと拒絶をしない方がいいと思います。

次の

「学」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ

学 熟語

流伝の古文字 《》 (漢) 《六書通》 (明) 意義 [ ]• まなんだこと。 まなぶ場所。。 日本語 [ ] [ ]• 音読み :• 、 :• 訓読み :• 人名 、 名詞 [ ]• ( )学んで得た。 「あとの三人が眠っている、か。 どこかで、読んだね。 ヴァン・ダイン。 甲虫殺人事件」「ホホウ。 お前は 学があるな」(坂口安吾「復員殺人事件」)〔1949年〕• 朝日軒の主人の敬吉は講義録など読み、枢密院の話などを客にして、かねがね 学があると煙たがられていた。 (織田作之助「織田作之助」)〔1942年〕• ( )こと。 学問に身を投じること。 とにかく幼少の頃より神妙に 学に志して、これぞという道にはずれた振舞いも無かった人であるが、どういうわけか、福運には恵まれなかった。 (太宰治山「竹青」)〔1945年〕• イデアリストの青年にあっては、 学への愛も恋への熱もともに熾烈でなくてはならぬ。 (倉田百三「学生と生活」)〔1937年〕• ( )。 科学ばかりが 学のように思い誤り思いあがるのは、その人が科学者であるには妨げないとしても、認識の人であるためには少なからざる障害となるであろう。 (寺田寅彦「科学者とあたま」)〔1933年〕• すべての 学は真理に対する愛に発し、真理に基く勇気を喚び起すものでなければならない。 (三木清「哲学入門」)〔1940年〕 接尾辞 [ ]• ( )特定の分野に関する。 物理 学。 ウイルス 学。 メディア 学。 翻訳 [ ]• 中国語 [ ]• ローマ字表記• : hok6• : ghoh4, yah4• : hag ha33 動詞 [ ]• ( )ぶ• ( )る 熟語 [ ]• 青空文庫(2016年6月18日作成)(底本:「坂口安吾全集 08」筑摩書房、1998年9月20日初版第1刷) 2019年5月24日参照。 青空文庫(2013年5月9日作成)(底本:「俗臭 織田作之助[初出]作品集」インパクト出版会、2011年5月20日初版第1刷) 2019年5月24日参照。 青空文庫(2000年9月19日公開、2005年10月31日修正)(底本:「太宰治全集6」ちくま文庫、筑摩書房、1989年2月28日第1刷) 2019年5月24日参照。 青空文庫(2005年9月10日作成)(底本:「青春をいかに生きるか」角川文庫、角川書店、1981年7月30日改版25版) 2019年5月24日参照。 青空文庫(2000年10月3日公開、2003年10月30日修正)(底本:「寺田寅彦随筆集 第四巻」小宮豊隆編、岩波文庫、岩波書店 、1997年6月13日第65刷) 2019年5月24日参照。 青空文庫(2007年4月12日作成、2012年7月19日修正)(底本:「三木清全集 第七巻」岩波書店、1967年4月17日発行) 2019年5月24日参照。

次の

「学」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ

学 熟語

「幾何学」を2つの言葉に分けて説明して行きましょう。 まず、「幾何」とは「物の形や位置、大きさや空間の形式てきな性質を研究する数学の部門」です。 「いくばく」と読むこともあります。 「いくばく」とは「数が不明」「少し」という意味を持っています。 「幾何(きか)」は「幾何学」の略語とも言われます。 「幾」は「どれくらい?」「いくら?」「いくつ?」ということです。 数がどのくらいなのかという疑問時に使用されます。 次に「何」ですが、こちらも「疑問の言葉」ということです。 「なに」「なん」と読むことが多いですね。 そして「学」ですが、「まなぶ」「研究する」という意味があります。 「幾何学」は「数がどのくらいなのか研究する」ということになります。 「幾何学」の英語表現と類義語 「幾何学」の英語表現 次に「幾何学」は、英語でどのように表現されているのかご紹介します。 geometry(幾何学)• geometric(幾何学的な) 【例文】• Geometric figures form a line(幾何学の図形が並ぶ)• He checks geometry(彼は幾何学について調べている) 「geometric」は「幾何学的な」と訳されます。 日本語で「ジオメトリック」と使われることもあります。 主に図形を表すことが多いです。 「幾何学」の類義語 「幾何学」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。 図形(ずけい) 「図形」は小さい頃から馴染みが多いと思いますが、「形を書いて表すこと」です。 四角や三角、平行四辺形、円、楕円などいろいろありますね。 それを組み合わせた模様が「幾何学模様」です。 「幾何学」の使い方の例文 最後に、「幾何学」の使い方を例文でご紹介します。 【例文】• 「幾何学はエジプトで生まれたもので、測量などで使われました」• 「幾何学は、図形や空間の性質を表す学問のひとつです」• 「幾何学模様の布で、オリジナルのワンピースを作ってもらう」• 「自然界にも幾何学なものはたくさんあるというが、どんなものが有るのだろうか」• 「数学で、幾何学模様の勉強をしたことがある」 「幾何学」は図形や空間の性質の研究ですから、身近で学習することができるのです。 「幾何学(模様)」「幾何学は(図形)」などと使用することが多いですね。

次の