ミレニアム パレード メンバー。 ミレニアムパレード(ミレパ)井口だけいない理由はなぜ?中指暴言炎上事件とは?

King GnuのMV制作/PERIMETRONのメンバーが凄い!ペリメトロンの意味も深いぞ

ミレニアム パレード メンバー

今回は、常田大希さんが主宰する音楽チーム 「ミレニアムパレード millennium parade : 通称ミレパ 」の メンバーや オススメ楽曲についてご紹介します。 常田大希さんと言えば、近年日本のロックシーンを賑わせているバンド 「King Gnu」のリーダーとして有名です。 millennium paradeにおいてもKing Gnuのメンバーが参加していますが、なぜか大人気ボーカリスト 井口理さんは現在まで参加していません。 本記事では、 「なぜ井口理さんは参加しないのか? 」という部分についても、 millennium paradeの目指す姿や 音楽性を絡めながら徹底解説していきます。 目次 常田大希のソロプロジェクト「ミレニアムパレード millennium parade 」とは 「ミレニアムパレード millennium parade : 通称ミレパ 」は、常田大希さんが2016年にスタートした 「Daiki Tsuneta Millennium parade(通称DTMP)」を原型として、2019年から本格始動した音楽チームです。 常田大希さんが主宰する クリエイティブ集団「PERIMETRON」が総合演出を務め、様々なアーティストやクリエイターを巻き込みながら、 独創的かつ先鋭的な作品を発表しています。 millennium paradeのテーマは 「世界から見た東京の音」。 「音」を「見る」という表現は一見不自然のようにも思えますが、実はこの表現こそが millennium paradeの真髄を表しています。 millennium paradeの作品は、音楽だけ聴いても新規性を感じるのですが、ミュージックビデオ MV も 最新技術や独創的手法が惜しみなく使われており、 「音を見る」という表現には納得できるでしょう。 また、ライブパフォーマンスも圧巻で、2019年5月に行われたmillennium paradeのローンチ・パーティでは 3Dビジュアルを用いた映像演出などで集まった観衆を驚かせています。 そんな唯一無二の 音楽チーム「millennium parade」ですが、一体どんな方々が活躍しているのでしょうか。 millennium paradeのメンバーについてご紹介していきます。 ミレニアムパレード(ミレパ)メンバー一覧 millennium paradeにおいて、 総合演出を行う PERIMETRON以外のメンバーは 作品によって流動的で固定されていません。 ここでは PERIMETRONのメンバーと、 参加した経験がある主なメンバーについてご紹介していきます。 プロジェクトリーダーである常田大希さん まずはプロジェクトを立ち上げた張本人であり、リーダーである 常田大希さんをご紹介します。 名前:常田 大希 つねた だいき 活動:「King Gnu」リーダー 「PERIMETRON」主宰 「millennium parade」リーダー 幼少期から培ってきた音楽センスと楽器演奏スキルによって、 「日本音楽界の至宝」との呼び声も高い 常田大希さん。 一番知られているのは2019年に日本で最も活躍した ロックバンド「King Gnu」での活躍ですね。 常田大希さんについては、以下の記事でも詳しく経歴などをご紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。 そして、 PERIMETRONや millennium paradeの話をする後者の方が、 明らかにテンションが高いことがファンの中で知られています。 常田大希さんにとって 「millennium parade」が如何に重要なのかが分かるラジオ音源がYouTubeに上がっていますので、聞いてみると面白いですよ。 総合演出を行う「PERIMETRON」のメンバー 次に、 「PERIMETRON」のメンバーをご紹介していきます。 2020年5月現在、公式ページによると主要メンバーは主宰する常田大希さんを含め10名です。 常田大希• 佐々木集• OSRIN• 神戸雄平• 西岡将太郎• 荒居誠• 森洸大• MARGT• 吉田健人• アップカミング井本(アシスタント) 1人ずつ簡単にですがご紹介していきましょう。 佐々木集 名前:佐々木 集 ささき しゅう 活動:「PERIMETRON」プロデューサー、デザイナー 佐々木集さんは、常田大希さんと、次にご紹介するOSRINさんとの3人で PERIMETRONを立ち上げた中心メンバーの1人です。 PERIMETRONでの役割は プロデューサー、デザイナー(Facebookでは プロデューサー兼クリエイティブディレクターとの記載)です。 ラジオ番組「PERIMETRON hub」では、常田大希さんとともに番組の進行も行う、常田大希さんの言わば 「相棒」的立ち位置ですね。 OSRIN 名前:OSRIN(おすりん、本名 かわち たけみち) 活動:「PERIMETRON」映像作家、アートディレクター OSRINさんも、常田大希さん、佐々木集さんとともに PERIMETRONを立ち上げた中心メンバーです。 PERIMETRONでの役割は 映像作家、アートディレクターで、millennium paradeの独創的なMVの映像演出を手がけています。 King GnuのMVのほぼ全てに関わっており、大ヒット曲「白日」のMVのディレクターを務めました。 millennium paradeの 第一弾MV「Veil」においてもディジタルアーティストとして参加しており、この頃から 映像演出の根幹を担う重要人物であることがわかります。 西岡将太郎 名前:西岡 将太郎(にしおか しょうたろう) 活動:「PERIMETRON」企画プロデューサー 「Asilis」プロデューサー 西岡将太郎さんは、広告映像制作会社から独立した経歴を持つ、PERIMETRONの 企画プロデューサーです。 millennium paradeでは 第三弾MV「Stay」にて、佐々木集さんとともに ミュージックビデオプロデューサーを担当しています。 PERIMETRON以外にも、2019年1月に俳優の 佐藤緋美さん(アーティスト名義:HIMI)とともにクリエティブレーベル 「Asilis」を始動させ、プロデューサーとして活動しています。 荒居誠 名前:荒居 誠(あらい まこと) 活動:「PERIMETRON」デザイナー 荒居誠さんは、PERIMETRONの デザイナー、イラストレーターで、millennium paradeの 最新MV「Fly with me」の エフェクトグラフィックデザイナーを担当しています。 また、King Gnuの 1stアルバム「Tokyo Rendez-Vous」のアートワークと、 King Gnu「飛行艇」のジャケットを手がけたことでも知られています。 森洸大 名前:森 洸大(もり こうた) 活動:「PERIMETRON」美術、デザイン 「Dirty Work Studio」 森洸大さんは、2020年から正式加入したPERIMETRONのメンバーです。 主に 美術、デザインを担当しているようです。 加入前から何度も作品に参加しており、2019年末の 「PERIMETRON hub」にて正式加入を発表しています。 millennium paradeの 最新MV「Fly with me」のクレジットには、一部 ボーカルにも名を連ねており、多才なキャラクターであることがわかります。 また、PERIMETRON加入より前から 「Dirty Work Studio」というボディペイントなどを行うチームの中心人物であり、現在でも精力的に活動しています。 MARGT 名前:MARGT(マーゴ) 活動:「PERIMETRON」デザイン MARGTさんは、PERIMETRONでは デザインを担当しています。 Arataさんがグラフィックを、そしてIsamuさんが映像を担当しているクリエイティブユニットです。 PERIMETRONにおいては、King Gnuの 3rdアルバム「ceremony」のジャケットや、millennium paradeの 「lost and found」のタイトルロゴを手がけています。 吉田健人 名前:吉田 健人(よしだ けんと) 活動:「PERIMETRON」プロデューサー 「TYO」所属 吉田健人さんは、 「株式会社ティー・ワイ・オー」に所属する プロデューサーです。 PERIMETRONの公式ページに名前はあるものの、参加した作品のクレジットには 「TYO」名義で記載されています。 millennium paradeの 「lost and found」で プロデューサーを務めています。 アップカミング井本 名前:アップカミング井本(本名 井本翔) 活動:「PERIMETRON」アシスタント アップカミング井本さんは、PERIMETRONの アシスタントで、 マネジメント業務などを担当しています。 公式ウェブページには名前の記載はないものの、millennium paradeの 「stay!!! 」「lost and found」では プロダクションマネージャーとしてクレジットに名を連ねています。 チームの愛されキャラクター的立ち位置で、加入時は 「高卒」とだけ書かれた履歴書を持って事務所を訪れたのだとか。 業務は非常に多忙であり、PERIMETRON hubでは本人も「死にそうだった」と話しており、リーダーの常田大希さんからも「よく辞めなかったな」とコメントをもらっています。 松田稜平(2019年8月脱退) 名前:松田 稜平(まつだ りょうへい) 活動:元「PERIMETRON」スタイリスト、衣装デザイン 松田稜平さんは、PERIMETRONで スタイリスト、衣装デザインを担当し、 2019年8月に脱退した元メンバーです。 現在も精力的に活動されています。 millenniumu paradeの作品クレジットに名前は見られませんが、 King gnuのMVには度々参加されています。 参加経験があるメンバー(抜粋) 総合演出を務めるPERIMETRONのメンバーとは別に、作品ごとに参加している方についてご紹介します。 と言ってもあまりにも人数が多いため、 参加回数が多い数名をピックアップしますね。 ermhoi 名前:ermhoi(エルムホイ) 活動:ソロアーティスト 音楽グループ「Black Boboi」 ermhoiさんは、millennium paradeの 全ての楽曲の作詞と、 「Stay!!! 」以外の楽曲でボーカルを務めている女性ボーカリストです。 ソロアーティストとしての活動や、3人組音楽グループ 「Black Boboi」でも活躍されており、注目を集めています。 日本人の父親とアイルランド人の母親のあいだに生まれたermhoiさんは、両親の影響で様々なジャンルの音楽に触れながら育ち、自然と音楽の道に進んで行ったというバックグラウンドを持っているようです。 江崎文武 名前:江崎 文武(えざき あやたけ) 活動:ソウルバンド「WONK」ピアノ、キーボード 江崎文武さんは、 ソウルバンド「WONK」で ピアノ、キーボードを担当しているアーティストです。 millennium paradeの 全ての作品にキーボードとして参加されているだけでなく、King Gnuの作品にも関わっており、 「白日」のMVでピアノを演奏しているのは江崎文武さんです。 東京藝術大学音楽部出身で、 卒業後に東京大学大学院に進学されており、常田大希さんにも劣らない輝かしい経歴をお持ちです。 新井和輝 名前:新井 和輝(あらい かずき) 活動:「King Gnu」ベース・シンセベース 新井和輝さんは、 「King Gnu」のベーシストとしておなじみですね。 millennium paradeにおいても 全ての作品でベースを担当されています。 常田大希さんの周りのアーティストは、「幼少期から楽器を…」や「有名な音大を…」という方が多い印象ですが、新井和輝さんが ベースを始めたのは14歳の頃。 ただそこからが凄く、ジャズ喫茶でジャズに出会い、それから 世界的ベーシスト日野賢二さんの弟子になり、と急激に成長を加速させています。 余談ですが、最近まで井口理さんと同居していたことでも知られていますね。 勢喜遊 名前:勢喜 遊(せき ゆう) 活動:「King Gnu」ドラム・サンプラー 勢喜遊さんも、新井和輝さんと同様 「King Gnu」のメンバーとして有名ですよね。 millennium paradeにおいても 「lost and found」「Fly with me」にて ドラムを担当しています。 両親がミュージシャンであり、幼少期から家にあった電子ドラムを叩いていたとのこと。 小中学生の頃はダンサー志望でダンススクールに通っていましたが、高校からドラムに転向しています。 ブラックミュージックに影響を受けていると思われるパワフルかつシンプルなプレースタイルでありながら、時に難解なリズムを打ったり、サンプラーを取り入れたりと、 唯一無二のドラマーとしての地位を確立しています。 唯一といえば、King Gnuの中で勢喜遊さんのみ 既婚者です。 常田俊太郎 名前:常田 俊太郎(つねた しゅんたろう) 活動:株式会社ユートニック 代表取締役 常田俊太郎さんは、 常田大希さんの実兄です。 幼少期からバイオリンを習っており、millennium paradeの作品にも バイオリンや ストリングスで参加しています。 弟の常田大希さんとは違い、一度は音楽とは違う道に進むことを決め、 東京大学工学部に進学しています。 恐ろしい兄弟… 卒業後は 経営コンサルティングの仕事をしながら、音楽には趣味という形で関わっていましたが、本当にやりたいことを考えていくうちに、 音楽やアートの領域に戻ってきました。 現在では、 株式会社ユートニックの 社長として、アーティスト向けプラットフォームサービスの開発・運営を行うことで、アーティストとファンの新たなコミュニティー作りを後押しするという仕事をしているようです。 ミレニアムパレード(ミレパ)に井口理がいない理由はなぜ? ここまで、millennium paradeの総合演出を手がける 「PERIMETRON」と、millennium paradeに多く参加しているメンバーについてご紹介してきました。 ここで気になるのが、King Gnuで唯一、 ボーカルの井口理さんだけが未だmillennium paradeに参加していないということでしょう。 冒頭でもお話ししましたが、millennium paradeのテーマは 「世界から見た東京の音」であり、独創的な作品を世界に向けて発信しています。 ここでいう 「東京」は、アジアの都市の特徴である 「ごちゃごちゃ感」を表す言葉で、常田大希さんの創作活動の根底にある 「トーキョー・カオティック」というテーマを語る上で 重要なキーワードです。 この 「トーキョー・カオティック」というテーマはKing Gnuの作品にも共通していますが、King Gnuにはこれにプラスして 「J-POPで売れる」というコンセプトがあります。 また、King Gnuの名前に込められた思いである 「老若男女問わず全ての人を巻き込んで大きな群れになりたい」にもあるように、King Gnuの楽曲は 狙って「万人ウケするように」作られています。 まとめると、 「トーキョー・カオティック」をテーマに様々な要素を自由に取り入れるとこまでは 両グループとも同じですが、 millennium paradeはその音を そのまま世界に発信し、 King Gnuは 「万人ウケするJ-POP」に加工して発信しているという点で 目指す方向が若干異なります。 そして、King Gnuの高度で独創的な楽曲を 「万人ウケするJ-POP」に変えているのが、常田大希さん曰く 「嫌われない声」を持っている 井口理さんです。 このように言わば 「変換器」のような役割も担っている 井口理さんの声は、 少なくともこれまでのmillennium paradeの作品においては、マッチしないと常田大希さんは考えたのかもしれません。 今の所はまだ参加していない 井口理さんですが、 今後参加する可能性は大いにあると思います。 ミレニアムパレード(ミレパ)オススメ楽曲動画も紹介 ここからは、 millennium paradeのおすすめ楽曲をご紹介していきます。 おすすめ楽曲と言っても まだ5曲しか (逆にいえば2019年からすでに5曲も)発表されていませんので、 正直全部聴いてしまうのが良いとは思いますけどね。 第一弾MV 「Veil」 記念すべき第一弾MV「Veil」をご紹介します。 「Veil」は2019年4月に発表されたmillennium paradeの 第一弾MVです。 動画のサムネイルからもわかるように、 CGを使った独創的な映像演出はさることながら、先にご紹介した ermhoiさんのボーカル、 江崎文武さんのキーボード、 新井和輝さんのベースなど、 様々なアーティストの奏でる音楽も圧巻のクオリティですね。 この楽曲は 「バイノーラル録音」という人が実際に音を聴く環境を模擬した録音を行い、実際にその場にいるような臨場感を再現する方式を取り入れています。 また、PERIMETRON hubでは 「ベースありきで作った映像」と言及されており、 新井和輝さんが奏でるベースの音に注目です。 「lost and found」は 第4弾MVで、 世界的ブランド「DIOR」とのコラボレーション作品です。 全編CGの 「Veil」とは異なり、 「lost and found」のMVは 実写の映像がメインの作品です。 MVに登場しているダンサーは海外でも活躍している 菅原小春さん。 なんと 撮影の数日前に急遽オファーをして、参加してもらったのだとか。 あまりにも短い準備期間にも関わらず、このクオリティに仕上がっているのは 菅原小春さん含む、 プロアーティスト集団millennium paradeの底力とも言えるでしょう。 この楽曲にはKing Gnuのドラマーの 勢喜遊さん、常田大希さんのお兄さんの 常田俊太郎さんが参加しています。 最新MV「Fly with me」 最後にご紹介するのは2020年4月に公開された 最新MV「Fly with me」です。 MVは 全編CGで、全5曲の作品の中で 最もストーリー性を感じやすい作品になっています。 楽曲は、millennium paradeとしての作品では 珍しく男性ボーカルも多く参加しています。 また本作のドラムは勢喜遊さんに加えて、King Gnuの前身バンド 「Srv. Vinci」時代の初代ドラマー 石若駿さんが参加していることもポイントの1つです。 公開後、常田大希さんはSNSに 「本当にやりきった」と興奮した様子でコメントする動画をUP。 このことからも本作は かなりの自信作であることが伺えます。 ミレニアムパレード(ミレパ)まとめ 今回は常田大希さんを中心とするmillennium paradeについてご紹介してきました。 millennium paradeもそうですが、PERIMETRONが関わる作品はMVの最後にクレジットが表示されることが多いです。 クレジットを見れば、今回ご紹介したメンバーの皆さんや、今後新しく参加されるアーティストの方達など、「この作品はこの人が参加しているんだ」などの楽しみ方もできますね。 あらゆる分野のアーティストたちが力を結集させて作り出すmillennium paradeの作品は本当に素晴らしいものばかりで、今後も目が離せません。

次の

キングヌー常田大希ミレニアム・パレードの新曲「Fly with me」、『攻殻機動隊』最新作のOP

ミレニアム パレード メンバー

来歴 [ ] で生まれる。 、卒業後、器楽科チェロ専攻に進学するが、「社会と結びついた音楽をしたい」という理由で中退。 が主宰する小澤国際室内楽アカデミーにチェロ奏者として在籍していたことがある。 2013年、「Srv. Vinci」(サーヴァ・ヴィンチ)という名前でバンド活動を開始。 その後、メンバーチェンジを経て2015年に現在の4人体勢となり、2017年にバンド名を「」と改名。 その後、2019年にアルバム「」でメジャーデビュー。 そして、2016年にスタートした「Daiki Tsuneta Millennium Parade」を原型とした音楽チーム「millennium parade」をスタートさせた。 人物 [ ]• 父はロボットエンジニア、母は音楽教師、2歳上の兄はとしても活動している常田俊太郎。 両親がピアノ弾きであったため(父はジャズピアノ、母はクラシックピアノ)、音楽に囲まれた環境で育った。 5歳よりチェロを習いはじめる。 小中は野球部であったが、中学3年の時に複雑骨折した事により合唱部に転部。 全国大会に出場した。 井口理は合唱部の後輩である。 中学、高校時代もバンド活動をしており、オリジナル楽曲やビートルズを演奏していた。 高校よりチェロ演奏を本格的に再開する。 に進学してから7年間、祖母と2人暮らしをしていた。 バンドのリハーサルやミュージックビデオの撮影も、祖母の家で行われている。 大学を中退後、同級生である、の江﨑文武らと藝祭にバンド出演、この時にと再会している。 また、石若と江崎はmillennium paradeにも参加しており、江崎はKing Gnuの楽曲にも鍵盤レコーディングメンバーとして数多く参加している。 ファンであり、ファンクラブに入っていた。 影響 [ ] やといった、や、といった、や、といったや、、、やからの影響をインタビュー等で公言している。 その他にはや、などのバンドも好んでおり、のような歌詞を書きたいと述べている。 活動 [ ] King Gnu [ ] 詳細は「」を参照 PERIMETRON [ ] PERIMETRON(ペリメトロン)は、常田が主宰しているクリエイティブチームである。 メンバーはプロデューサー、映像監督、CGアーティスト、グラフィックデザイナー、イラストレーター、スタイリストなど常田と同世代のクリエイターで構成されている。 主にアーティストのミュージック・ビデオ制作やジャケットデザインなどのアートワーク、ファッションブランドのコレクションムービー制作などの活動をしている。 自身のバンド・King Gnuのすべてのミュージック・ビデオの制作をしている。 参加楽曲 [ ]• 爱丽丝(2017年11月1日) のアルバム『』収録曲。 共同プロデュース兼アレンジ、演奏参加。 あなたの手を握ってキスをした 2018年12月12日 のアルバム『没落』収録曲。 楽曲提供。 Overflow (2019年4月17日) のアルバム『』収録曲。 楽曲提供。 のアルバム『CEREMONY』ではセルフカバーが収録された。 COMPILE FALL2020 COLLECTION (2020年4月3日) 2020年2月4日に開催されたのショーミュージックとして楽曲提供。 millennium parade [ ] millennium parade(ミレニアムパレード)は、常田のソロプロジェクトである。 Daiki Tsuneta Millennium Parade ( DTMP)を前身とする。 自身のクリエイティブチーム「 PERIMETRON 」と共に、様々なアーティストやクリエイターを巻き込み発信する音楽プロジェクトである。 また、他アーティスト、団体等に楽曲を提供するソロ名義でもある。 愛称は「ミレパ」。 作品 [ ] シングル [ ] 発売日 タイトル 販売形態 収録アルバム 配信限定シングル 1st Veil 2nd Plankton デジタル・ダウンロード 3rd Stay!!! Angya• Ennui• Mannequin• WWW• Onibi• Heroine• Kowloon• com• blank• Mirror Neuron• Ice will not burn. Sweet Complex• Internet meme• Brodsky• Ludovico Technique• Pr黎• Porter• Kink タイアップ [ ] 起用年 曲名 タイアップ 2019年 lost and found 『 and 』コラボレーションムービー 2020年 Netflix独占配信『』オープニングテーマ 楽曲提供 [ ]• ギター• Fano Guitars Alt de Facto RB6• Fender AMERICAN PERFORMER MUSTANG• Fender American Acoustasonic Telecaster• アンプ• Divided By 13 受賞 [ ]• 第20回 チェロ部門 高校の部、第3位• 最強プレイヤーズコンテスト2009 ベース部門、準グランプリ• 2020 BEST CREATIVE PERSON 出演 [ ] ラジオ [ ]• PERIMETRON HUB(2019年4月 - 、InterFM897) CM [ ]• 「」『大人エレベーター』シリーズ第35弾(2020年3月28日 - ) - と共演 脚注 [ ] [].

次の

【millennium parade】常田大希プロデュース「ミレパ」の魅力に迫る

ミレニアム パレード メンバー

概要 [ ] 2013年、を中心に Srv. Vinci(サーヴァ・ヴィンチ)という名前で活動を開始。 その後、メンバーチェンジを経て2015年に現在の4人体勢となった。 2017年、 King Gnuへ改名。 2019年1月にメジャーデビュー。 メンバーそれぞれが多方向の音楽から影響を受け、そこから新しい音楽を作り上げたことから、自身らの音楽を「 トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル」と称している。 バンドロゴには「JAPAN MADE」という言葉が入っている。 音楽面においてはのみならずや、など幅広いジャンルの要素を取り入れながら、然とした親しみやすいメロディーや日本語による歌詞を乗せることを重視しており、「 をやる」ということがKing Gnuの大きなコンセプトの一つとなっている。 同世代の他のバンドと比べ、曲中でが行われることが非常に多く、また常田がのためアレンジにが使用される事も多い。 ミュージックビデオの制作や、をはじめとするビジュアルデザインは、が立ち上げたクリエイティブチーム「 PERIMETRON 」が担っている。 メンバー [ ] 現メンバー [ ] (つねた だいき) 作詞作曲、ギター、ボーカル、チェロ、コントラバス、ピアノ、プログラミング、トラックメイキング担当。 (平成4年)生まれ、28歳。 、を経て、器楽科チェロ専攻に進学するが、「社会と結びついた音楽をしたい」という理由で中退。 の率いる小澤国際室内楽アカデミーにチェロ奏者として在籍していたことがある。 King Gnuにおける全ての楽曲の作詞作曲と、アートワークの統括をしており、バンドのリーダー兼プロデューサーでもある。 King Gnuとは別にソロプロジェクト「 millennium parade(ミレニアム・パレード)」としての音楽活動も行っている。 クリエイター集団「 PERIMETRON(ペリメトロン)」を主宰している。 アニメ「」のサウンドトラックにチェロ演奏、アメリカ版「」、映画「リバーズ・エッジ」、映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。 」、ドラマ「」の音楽などへ参加している。 他に、俳優 らとの「Gas Law」(ギターとドラムを演奏)、人力ミニマル楽団「 東京塩麹」(チェロ演奏)、スガダイローらとの「blacksheep」、有名ブランドへの楽曲提供も複数行っている。 第20回 チェロ部門 高校の部、第3位。 最強プレイヤーズコンテスト2009 ベース部門、準グランプリ。 楽曲で使われる弦楽器は常田(チェロ)と兄の常田俊太郎(ヴァイオリン)が演奏している。 やといったクラシック、や、といった、や、といったジャズや、、、やからの影響をインタビュー等で公言しているが、や、などのバンドも好んでいる。 のような歌詞を書きたいと述べている。 (せき ゆう) ドラムス、サンプラー、コーラス担当。 1992年(平成4年)生まれ、27歳。 プロミュージシャンの両親を持ち、幼少期から家にあった電子ドラムを叩いていた。 小、中学生時代にはダンススクールに通い、ダンサーを志望していた。 高校からドラムにシフトした。 上京後、セッションバーに通い新井と出会い、三味線デュオのいる輝&輝バンド初期メンバーとして参加。 その後また別なミュージックバーで、当時Srv. Vinciのドラムを探していた常田と出会う。 サンプラーは常田の提案で始めている。 ブラックミュージックをルーツとし、ファンクを好み、ラテンを聴いていた時代もあった。 また、なども好んで聞く。 skillkillsや踊Foot Worksらとも親交がある。 常田のプロジェクトであるmillenium paradeにもバンドメンバーとして参加している。 2019年10月30日、三味線奏者のと結婚したことを自身のInstagramにて報告した。 なお、婚姻届の証人には同じKing Gnuのメンバーであり、二人の出会いのキッカケを作った新井が担当した。 (あらい かずき) ベース、シンセベース、コントラバス、コーラス担当。 1992年(平成4年)生まれ、27歳。 を経て、卒業。 14歳よりベースを始める。 きっかけはバンドに誘われた際、ベースパートしか空いていなかったことから。 当時はのコピーをしていた。 高校入学後、に師事。 大学時代も音楽に没頭し、友人のいるに通って授業を受け、音楽の知識を得る。 国立音大公認の名門学生ジャズバンド、「NEWTIDE JAZZ ORCHESTRA」に参加(ギターとベースは外部から参加するのが通例だった) 、で最優秀賞を受賞。 大学4年よりジャズベーシスト宅に住み込み修行を積んだ。 King Gnuと並行して他アーティストのサポートや、ジャズのセッションマンとしても活動しており、元・ののアルバムやからアルバムを出しているIO()の音源にも参加している。 また常田のプロジェクトであるmillenium paradeにも勢喜と同様バンドメンバーとして参加している。 (いぐち さとる) ボーカル、キーボード、タンバリン担当。 (平成5年)生まれ、26歳。 、を経て、音楽学部声楽科卒業。 テノール。 兄は声楽家の井口達。 Srv. Vinci時代の名義は191(いぐち)。 他のメンバーより1歳年下だが、互いにタメ口で接している。 常田とは小学校、中学校が一緒の幼馴染。 中学時代合唱部に所属し、常田と共にの全国大会に出場している(常田はマリンバも演奏)。 常田曰く「嫌われない声」の持ち主 で、多くの人に届く声と評価している。 最も好んでいるミュージシャンは。 他にも、親の影響から、、、、、などの日本出身のアーティストを好んでいる。 少年時代に漫画『』を読んでいた にこの作品のテレビアニメのエンディングテーマに「」が使用される。 高校生の時にの出演経験がある。 バンドと並行して舞台俳優としても活動している。 に面識のない著名人(、、などと言ったミュージシャンは勿論のこと、やに至るまで)のアカウントにダジャレやKing Gnuのミュージックビデオといった無関係なリプライを送り付ける、シュールな一発芸を披露する、大の下ネタ好きであるなどメンバーの中では最も芸人気質が強いとされファンからはお笑い担当、ムードメーカーとしても認知されている。 初登場の際は一人だけ酩酊したように全身を振り乱しながら階段を駆け下りる、演奏中に変顔をするなどのパフォーマンスの結果、当日のTwitterトレンドに井口に関するツイートが多数ランクインする事態となった。 2019年3月13日から『』()の木曜日パーソナリティーを1年間務めた。 新井とルームシェアしていた。 Mrs. Vinci、Srv. Vinci時代の元メンバー [ ] 固定メンバーは常田のみで、他メンバーは流動的だった。 徐々に勢喜、新井、井口が加わり2015年に現在の形となる。 (いしわか しゅん) ドラムス、シンセベース担当。 1992年(平成4年)生まれ、27歳。 を経て、音楽学部器楽科打楽器専攻を首席で卒業。 常田とは大学の同級生。 常田が主宰するmillennium paradeにも初期から参加するなど現在でも親交は続いており、盟友ともいえる存在である。 勢喜や新井ともmillennium paradeなどでの親交がある。 詳細は本人記事を参考のこと。 経歴 [ ] 2013年 [ ] 常田が、らと共に自らのソロプロジェクトとして前身となる「 Mrs. Vinci」を結成。 ほどなく「 Srv. Vinci(サーヴァ・ヴィンチ)」へ改名。 当時はエレクトロニカ、現代音楽寄りの前衛的な音楽性のユニットだった。 7月19日、YouTubeに「ABUKU」のミュージックビデオをアップ。 2014年 [ ] 6月7日、YouTubeに「Stem」のミュージックビデオをアップ。 2015年 [ ] 9月16日に全国流通盤となる1stアルバム「」を発売。 現在のメンバーでのバンド編成となり、音楽性も現在のものへと変化していった。 2016年 [ ] 4月1日、『ロウラヴ』期間限定配信。 5月5日、『都』期間限定配信。 9月14日に、ミニアルバム「」を限定で発売。 King Gnuのプロトタイプともいえる作品である。 それに伴い9月2日渋谷WWWにて先行リリースパーティーTokyo Chaotic Festivalを開催。 2017年 [ ] らとへ参加、全米7カ所でのツアーを行う。 10月25日にKing Gnu名義では初となるアルバム「 」を発売。 収録曲「Vinyl」はのブランド広告「HAKEN ROCK!! 」に起用され、翌年からCM映像が公開された。 同月29日には、アルバム発売を記念したフリーライブを、タワーレコード横浜ビブレ店店内で開催(横浜VIVRE前の特設ステージで開催予定だったが悪天候で中止に)。 の楽曲「爱丽丝(ありす)」に常田が共同プロデュース・アレンジ・ギター、キーボードで元パスピエの Drums 、八十八ヶ所巡礼のマーガレット廣井 Bass と参加。 11月1日に、同曲が収録された米津のアルバム「」が発売された。 2018年 [ ] 1月28日に、キャリア初となるワンマンライブ「Tokyo Rendez-Vous」を渋谷WWWで開催。 チケット即日ソールドアウトに伴い追加公演を渋谷WWW Xで開催。 7月13日に恵比寿LIQUIDROOM、7月16日に大阪Shangri-Laでワンマンライブ「Flash!!! 」を開催。 即日ソールドアウトを記録。 同日より楽曲「 」の配信を開始した。 初のシングル「 」をにリリース。 同曲はフジテレビ系TVアニメ「」のエンディングテーマに起用された。 2019年 [ ] 1月6日、同月19日からスタートする、系 「」の主題歌として、新曲『 』を書き下ろしたことを発表。 バンド初のドラマタイアップである。 同楽曲は同年に配信限定でリリースされた。 1月16日、2ndアルバム「 」をリリース。 新録曲「Slumberland」は発売に先駆けて配信された。 また、バンドは『Sympa』のリリースを以て内のからメジャーデビューを果たした。 3月13日、メンバーの井口が『』()の木曜日パーソナリティーに就任。 7月19日、プロテニスプレイヤーの選手が出演するの国内版テレビCM『ひとには翼がある』篇のCMソングとして、新曲『 』を提供。 同楽曲は同年に配信限定でリリースされた。 8月22日、『飛行艇』のPVが公開。 10月11日、『』CMソングに提供した新曲『 』を配信リリース。 11月14日、同年12月31日にほかで放送される『』に出場することが発表された。 11月16日、アルバム『』が『』で優秀アルバム賞を受賞。 12月11日、にて公開されている『』のミュージックビデオが再生回数が1億回を突破。 12月31日、ほかで放送された『』に白組として出場。 「白日」を歌唱した。 2020年 [ ] 1月9日、「」のPVが公開。 1月15日、3rdアルバム「 」をリリース。 2月14日、「どろん」のPVが公開。 また同日に放送された「」に出演。 「どろん」をテレビで初披露した。 2月23日、「」に出演。 デビューから半年で密着開始と異例の早さでの出演となった。 3月24日、新曲『泡(あぶく)』が映画『』の主題歌に起用された。 なお『泡』は前身バンドSrv. Vinci時の楽曲のリメイクであることが常田のTwitterにて明かされた。 Vinci名義 [ ] デモ [ ] 1. Stem ・YouTubeにてMusic Videoが公開されている楽曲。 ABUKU ・YouTubeにてMusic Videoが公開されている楽曲。 後にKing Gnuで「泡(あぶく)」というタイトルでリメイクされた。 もっと静かに狂わせて 4. Cheap Transistor 配信限定シングル [ ] 発売日 タイトル 販売形態 収録曲 備考 1st ロウラヴ• ロウラヴ• サマーレイン・ダイバー• Vinyl• 破裂 タワーレコード限定発売 受賞歴 [ ]• -「白日」• -「白日」• 2019-ベストジャパンアクト賞• -優秀アルバム賞「Sympa」• 第34回「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」邦楽部門• 2020 BEST ROCK ARTIST• 第32回ミュージック・ペンクラブ音楽賞(新人賞) タイアップ [ ] 起用年 曲名 タイアップ 2018年 「HAKEN ROCK!! 」 7月13日 恵比寿LIQUIDROOM 7月16日 大阪Shangri-La King Gnu One-Man Live 2018 AW 11月7日 名古屋CLUB QUATTRO 11月8日 梅田CLUB QUATTRO 11月20日 マイナビBLITZ赤坂 2019 3月3日 新木場STUDIO COAST 3月7日 名古屋DIAMOND HALL 3月9日 福岡DRUM LOGOS 3月17日 大阪BIGCAT 3月18日 大阪BIGCAT 3月21日 高松MONSTER 3月22日 広島CLUB QUATTRO 3月30日 札幌cube garden 3月31日 札幌cube garden 4月5日 仙台Rensa 4月12日 新木場STUDIO COAST 4月15日 なんばHatch 追加公演 4月21日 Zepp DiverCity TOKYO 追加公演 10月14日 仙台GIGS 10月20日 KBSホール 10月22日 日比谷野外音楽堂 初の野外ワンマン公演 10月27日 Zepp Sapporo 10月31日 Zepp Nagoya 11月1日 Zepp Fukuoka 11月3日 BLUE LIVE広島 11月4日 高松festhalle 11月6日 Zepp Osaka Bayside 11月7日 Zepp Osaka Bayside 11月16日 Zepp DiverCity TOKYO 11月17日 Zepp DiverCity TOKYO 11月26日 Zepp Tokyo 2020 4月4日 新型コロナウイルスの感染防止のため開催見合わせ 4月5日 新型コロナウイルスの感染防止のため開催見合わせ 4月10日 新型コロナウイルスの感染防止のため開催見合わせ 4月11日 新型コロナウイルスの感染防止のため開催見合わせ 4月16日 新型コロナウイルスの感染防止のため開催見合わせ 4月17日 新型コロナウイルスの感染防止のため開催見合わせ 4月20日 新型コロナウイルスの感染防止のため開催見合わせ 4月21日 新型コロナウイルスの感染防止のため開催見合わせ 5月5日 新型コロナウイルスの感染防止のため開催見合わせ 5月13日 新型コロナウイルスの感染防止のため開催見合わせ 5月14日 新型コロナウイルスの感染防止のため開催見合わせ 5月31日 新型コロナウイルスの感染防止のため開催見合わせ 6月24日 新型コロナウイルスの感染防止のため開催見合わせ 6月25日 新型コロナウイルスの感染防止のため開催見合わせ 出演フェス・イベント [ ]• 6月3日 - 2017• 7月19日 - NIGHT ON THE PLANET! Presents『MAGICAL COLORS』• 7月30日 - '17• 8月12日 - 2017 in EZO• 10月9日 - MINAMI WHEEL 2017• 11月10日 - odol TOUR 2017 "視線"• 11月30日 - exPoP!!!!! vol. 103• 12月12日 - HOT STUFF presents Ruby Tuesday 27• 12月29日 - SHINJYUKU MARS 16th Anniversary!! 2月12日 - presents 『天体の音楽会』• 2月24日 - Flying Flags Vol. 2月27日 - STANDFORSOMETHING LIVE STYLE OF TOKYO VOL. 3月10日 - Snow Light Festival• 3月11日 - -ハルバン-'18• 3月16日 - HOPE! 3月17日 - ~BUSTA CUP 9th round~• 3月31日 - Talking Rock! presents 「ニューロック計画! 2018」• 4月7日 - SYNCHRONICITY'18• 4月10日 - presents「チャームポイント」• 4月22日 - CROSSING CARNIVAL'18• 5月3日 - 2018• 5月4日 - NIIGATA RAINBOW ROCK 2018• S ~YOSHIKI MIZUNO EDITION~• 5月13日 - CONNECT歌舞伎町MUSIC FESTIVAL 2018• 5月26日 - GREENROOM FESTIVAL '18• 5月27日 - 2018• 6月9日 - BEACH TOMATO NOODLE• 6月23日 - FUJI ROCK FESTIVAL '18 PRE-FESTIVAL PARTY• 7月29日 - FUJI ROCK FESTIVAL '18• 8月5日 - ホットフィールド2018• 8月11日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO• 8月22日 - FIND OUT presents MUST GO-GO Vol. 8月31日 - SPACE SHOWER 2018• 9月1日 - 2018• 9月16日 - ZIMA MUSIC FIGHTERS meets ライブナタリー• 9月22日 - 2018• 9月25日 - ツーマン・ツアー "ベッドルーム・シェイク・ツアー"• 9月29日 - PIA MUSIC COMPLEX 2018• 10月8日 - MINAMI WHEEL 2018• 10月22日 - InterFM897 Tokyo Scene LIVE vol. 10月26日 - ボロフェスタ2018• 10月28日 - Hot Stuff Promotion 40th Anniversary MASAKA• 11月4日 - Scramble Fes 2018• 12月15日 - VS• 12月23日 - 年末調整GIG 2018• 12月26日 - CROSS FM 25th Anniversary MUSIC JUNCTION 2018• 12月27日 - FM802 ROCK FESTIVAL 2018• 12月29日 - Date fm RADIO GIGA• 1月16日 - King Gnu メジャーデビューALBUM『Sympa』発売記念スペシャルLIVE• 1月23日 - ROCK AX vol. 4月28日 - 19• 4月29日 - FM802 30PARTY SPECIAL LIVE 紀陽銀行 presents REQUESTAGE 2019• 5月4日 - VIVA LA ROCK 2019• 5月11日 - FM802 30PARTY Rockin'Radio! -OSAKA JO YAON-• 5月19日 - OSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2019• 5月25日 - GREENROOM FESTIVAL '19• 5月26日 - TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2019• 6月1日 - 頂 -ITADAKI- 2019• 6月2日 - 2019• 7月21日 - 2019• 8月4日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019• 8月18日 - SUMMER SONIC 2019• 8月24日 - 2019• 8月25日 - 2019• 8月31日 - 達2019 -最後の花火-• 9月1日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2019• 9月7日 - Sunset Live 2019• 9月8日 - WIRED MUSIC FESTIVAL '19• 9月14日 - 2019 ~房総ロックンロール最高びんびん物語~• 9月18日 - MTV VMAJ 2019 -THE LIVE• 11月10日 - バズリズムLIVE2019• 12月25日 - FM802 RADIO CRAZY 2019• 12月31日 - 第70回NHK紅白歌合戦「夢を歌おう」• 12月31日 - スペシャル! ITOHISA - dance• Yu Nakajima• Shota Nakajima• Koichi Takagi• Hideaki Sakurai• Assistant to the dancer - Airi Nakano• Special Thanks to• Takaki Nakadai• Syoko Murakami - strings model• Yuriko Hiyama - strings model• Produce : VORDER• Director : Patanica• - 「Vinyl」を披露。 2018年 - 「Prayer X」を披露。 - 「傘」「Teenager Forever」「The hole」を披露。 2018年 - 「Flash!!! 」を披露。 - 「Slumberland」を披露。 2020年 - シブヤノオト Presents King Gnu LIVE SPECIAL• 2019年 - 「Flash!!! 」を披露。 2019年 - 「Slumberland」を披露。 2020年 - 「飛行艇」「Teenager Forever」を披露。 2019年 - 「Slumberland」を披露。 2019年 - 「白日」を披露。 2019年 - 「白日」を披露。 2020年 - 「Teenager Forever」を披露。 2020年 - 「どろん」を披露。 2020年 - 「The hole」を披露。 2019年 - 「Slumberland」を披露。 2019年 - 「白日」を披露。 2020年 - 「飛行艇」を披露。 2020年 - 「Teenager Forever」を披露。 2020年 - 「Teenager Forever」を披露。 (日本テレビ)• 2019年 - 「白日」を披露。 (2020年 )• Who is King Gnu? RADIO GNU(2018年 - 2019年3月、2019年12月16日()• (2019年1月4日、2019年4月 -2020年3月 、、井口のみ)• PERIMETRON HUB(2019年4月 - 、InterFM897、常田のみ) CM [ ]• 「」『大人エレベーター』シリーズ第35弾(2020年3月28日 - ) - 常田が出演。 と共演 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2018年1月18日閲覧。 2018年1月18日閲覧。 2018年1月17日閲覧。 BARKS JAPAN MUSIC NETWORK. 2018年1月25日. 2018年2月12日閲覧。 Spincoaster Spincoaster. 2018年11月21日. 2019年1月6日閲覧。 音楽ナタリー 2019年3月13日. 2019年3月13日閲覧。 音楽ナタリー 2019年3月13日. 2019年7月19日閲覧。 音楽ナタリー 2019年11月14日. 2019年11月14日閲覧。 Billboard JAPAN 2019年12月11日. 2019年12月11日閲覧。 2020年3月24日閲覧。 Billboard JAPAN. 2020年5月4日閲覧。 2018年4月5日閲覧。 2019年3月30日閲覧。 サッポロビール 2020年3月27日. 2020年3月27日閲覧。 外部リンク [ ]• - チャンネル• SNS [ ]• DaikiTsuneta -• kinggnu. jp -• daikitsuneta -• 191satoru -.

次の