虫刺され 跡。 蚊やダニの刺され跡が残る原因!早く消す方法と隠すアイテム!

虫刺されの跡がほくろに!? 虫刺されの正しいアフターケア方法!

虫刺され 跡

「かゆい!と思ったら、いつの間にか蚊に刺されていた」という経験はありませんか? かゆくてたまらない上に、顔や腕、脚のような目立つ部分に跡がつくと気になりますよね。 ふつう、蚊に刺されるとまずプチッと小さな赤い跡ができてかゆくなり、その後徐々に引いていきます。 多くの場合は元に戻るのですが、 刺された跡が茶色っぽく残ってなかなか消えないこともあるんです。 どうすればいいのでしょう? 蚊に刺されるとなぜ腫れる? そもそもなぜ蚊は人間を狙っていて、なぜ刺されるとかゆくなるのでしょうか。 実は人間の血を吸う蚊は、すべてメス! 身近な蚊にはヒトスジシマカやアカイエカがおり、普段は花の蜜を吸って暮らしています。 ずっと花の蜜だけを吸っていてほしいところですが、産卵時期になると卵を育てるのに栄養が必要なため、メスの蚊だけが血を吸うのです。 蚊は吸血する時に唾液を注入します。 この唾液には麻酔のような物質や、血が固まるのを防ぐ物質が含まれており、数分するとかゆみを引き起こします。 これが刺された直後にかゆく感じ、プチッと赤くなる仕組みです。 ちなみに ヒトスジシマカは朝と夕方ごろに屋外で活動し、アカイエカは夕方から夜にかけて屋内で活動することが多いと言われています。 お出かけ先や時間帯に合わせて、虫よけスプレーで対策するのがオススメです。 2つの虫刺され跡に注意 刺された直後の赤い虫刺され 赤い虫刺され跡は数日もすれば腫れが引いて、まわりの肌とほとんど見分けがつかなくなります。 しかし、場合によっては茶色っぽく変化し、 数ヶ月から時には1年以上も残ってしまうことも。 実はこれには、虫刺されの赤い跡とは別の理由があるんです。 蚊に刺されると体はそれに反応して治そうと働きます。 この時、メラノサイトという細胞が活発になり、メラニンという色素を作るのですが、この色素がたくさん作られると肌に蓄積されて茶色っぽく見えてしまうのです。 茶色っぽい跡ができたとしても、多くは少しずつ肌の細胞が入れ替わることで時とともに消えていくので、心配しすぎる必要はありません。 とはいえ、年齢を重ねるにつれて新陳代謝がゆっくりになり、消えるまでに時間がかかるのも事実です。 長引きやすい茶色の虫刺され 続いて、茶色っぽく残る跡について。 虫刺され跡を長引かせないためには、何よりも「肌を刺激しないこと」が大切です。 かきむしる、ひっかく• 紫外線 以上2つの刺激は特に大きな要因となります。 特にひっかいて肌を傷つけてしまうと、腫れがさらにひどくなるばかりか指の爪から雑菌が入り込むことにもなりかねません。 「爪でバッテンをつける」、「唾をつける」という方法も、子どもの頃からの習慣でついやってしまう人が多いですが、避けた方がよいでしょう。 やさしく水で洗って清潔に保つ• 市販の虫刺され薬を塗る• 日焼け止めでカバーする などの方法で肌への刺激を減らしてくださいね。 かゆみが我慢できない時は そうは言っても虫刺されは時と場所を選ばないので、「どうしてもかゆい。 手元に虫刺され薬もない!」という場合もあるかもしれません。 虫刺されのかゆみを我慢するのは大人にとってもとてもむずかしいことです。 そんな時は 氷や保冷剤をタオルなどで包んであてて冷やしてみてください。 冷たい流水にあてるのも、かゆみを軽くしてくれる方法のひとつです。 寝ている時やボーッとしている時、ついつい無意識に手が伸びてしまうなら、絆創膏を貼ってかけないようにするのもよいでしょう。 メイクでカバーしてもOK 顔や首元、腕、脚などに虫刺されができるとどうしても気になります。 夏はいつもより露出が増える季節なのでなおさらです。 虫刺されのせいでお気に入りの服を着る気がなくなってしまうのはもったいないですよね。 赤みがある程度引いた後であれば、コンシーラーやファンデーションでカバーすることができます! まわりの肌の色に合ったものを選び、トントンとやさしくはたいてなじませましょう。 夏ならではのファッションを思いっきり楽しんでくださいね。 やってはいけないこと 反対に、蚊に刺された直後にやってはいけないことは何でしょうか? 赤い虫刺され跡は血行が促進されるとかゆみがひどくなるため、刺された直後は以下のような行動を避けるのがオススメです。 熱いお風呂やシャワー• 激しい運動 万が一、虫刺されをかきこわすなどして傷を広げたり、化膿してしまったりした場合は、皮膚科を受診してください。 蚊に比べてダメージが大きいブヨや蜂などによる虫刺されも同様です。 大切なのは、やっぱり予防 完璧に防ぐのはなかなか難しい虫刺されですが、蚊の習性を知って上手に避けるのがポイントです。 蚊がどのようにして吸血するターゲットを選ぶのか完全には解明されていないものの、人の体から排出される二酸化炭素の量に反応することが知られています。 二酸化炭素排出量が多ければ多いほど、蚊に刺されやすくなるのです。 体温が上がると二酸化炭素を多く排出するため、蚊に刺されやすいのは以下のような人です。 運動の直後で息が上がっている• 汗をよくかく• アルコールを飲んでいる• 赤ちゃんや小さな子ども• 妊娠中の女性 このような人は特に気をつけて、虫よけスプレーや蚊取り線香などで蚊を寄せつけないようにしましょう。 山の中や草の多いところには蚊がよくひそんでいるので、これらの場所に行く時には長袖の服を選び、首元にタオルを巻くなどすることも大切です。 通気性のいい素材を選び、こまめに水分補給をして熱中症にも気をつけてください。 また、小さな蚊は風に逆らって飛ぶことができないので、 室内であれば扇風機をかけるのも効果があります。 楽しいこともたくさんある夏、わずらわしい蚊を避けて過ごしてくださいね。

次の

虫さされチェック

虫刺され 跡

虫刺されなどを掻きこわしてしまうとなりやすい炎症後色素沈着。 跡を残さない方法はあるのでしょうか? 虫に刺されると赤く腫れてかゆくなりますが、これが長引くと黒っぽい色が跡となり、皮膚に残ることがあります。 医学的には「炎症後色素沈着」と呼ぶもので、皮膚が赤くなる炎症が長引くことで、メラニンが沈着してしまう現象です。 一度メラニンがついてしまうと皮膚から自然に排出されるのに時間がかかり、数カ月~年単位で黒っぽい色が残ってしまうことになります。 <目次>• 【症例画像】ニキビ跡・虫刺され跡の色素沈着 虫刺されに限らず、皮膚に炎症が起こればメラニンが沈着する可能性があります。 ニキビ跡の茶色っぽいシミやヤケド跡、けがの後に残るシミも、同じ炎症後色素沈着の病態です。 いくつか実際の症例写真を挙げてみましょう。 ヤケドやケガが深いとこのような色素沈着を起こしやすい ニキビ跡・虫刺され跡の予防法 虫刺され、ニキビ、ヤケド、湿疹などは、いずれの場合も炎症が長引くほど色素沈着しやすくなります。 適切な治療をして早めに治すことが、色を残さない秘訣です。 虫刺されや湿疹の場合はかゆみが強いですが、かきこわしてしまうと治りが遅くなりますし、かくことで傷になり、より色が強くなります。 まずはかきこわさないよう注意して、炎症を抑えるステロイドの塗り薬を使って早めに治しましょう。 ニキビの場合には赤いポツポツができて治すのが遅くなると、そこに茶色のシミが残ってしまいます。 ニキビの場合も皮膚科のクリニックでもらえる薬を適切に使い早めに治すことで、茶色のシミや、盛り上がったり凹んだりするニキビ跡ができるのを予防できます。 ヤケドやすり傷の場合も、細菌が入らないようにして早めに治療することで色が残るリスクを下げることができます。 感染して治りが遅くなれば、その分色が残るリスクが増えてしまいます。 跡をできるだけ少なくするためには早めに皮膚科を受診して適切に治療してもらうことが肝心です。 ニキビ跡・虫刺され跡の治し方・治療法 色素沈着を起こさないためには原因をできるだけ早く治療し、炎症が起きる期間を短くすることが大切ですが、それでも色が残ってしまうことはあります。 その場合には、まず日焼けを避けましょう。 顔の場合は日焼け止めを欠かさないようにし、体の場合は衣類で覆って日光の影響を避けましょう。 日が当たるとシミの部分はさらに濃くなってしまいます。 炎症後色素沈着は6ヶ月~1年ほどで自然に薄くなっていきますが、数年続くこともあります。 ヤケドやケガ、ニキビや虫刺されの跡の色素沈着を早く治したい場合や6ヶ月以上経っても薄くならない場合には皮膚科のクリニックを受診してみましょう。 炎症後色素沈着は医療保険で処方できる薬では治療が難しいですので、自費での治療がメインになります。 完全に色を消すのは難しいですが、顔のシミ治療に使われている塗り薬が炎症後色素沈着にも効果があることが多いです。 皮膚科のクリニックで保険外治療でよく処方されているハイドロキノンとトレチノインを数ヶ月塗ると、色が薄くなることがあります。 私も実際に処方することがよくあり、根気よく何ヶ月か塗ると、ヤケドあとの茶色いシミに効果がみられることが多いです。 ハイドロキノンはメラニンが作られるのを抑えるぬり薬、トレチノインはメラニンが外に排出されるのを早める塗り薬です。 短期間では効果がないので3~6ヶ月程度、長く塗り薬を続けて下さい。 顔に塗ることが多いハイドロキノンとトレチノインですが、腕や脚などほかの部分に塗っても問題ありません。 トレチノインは塗り始めの1~2週間は赤くなる、ガサガサするといった刺激性があることが多いので、保湿してからその上に塗るなど注意は必要ですが、塗っている間に次第にその刺激性は和らいでいきます。 その他にも、保険適応外ですがニキビに処方されることのあるアゼライン酸も炎症後色素沈着のシミに数カ月使使うと効果があると報告されています。 ビタミンC、トラネキサム酸といった女性の代表的なシミである肝斑によく使われる内服薬が炎症後色素沈着にも効くという報告があり、塗り薬と一緒に使うことがあります。 ニキビ跡や虫刺され跡治療にピーリングやレーザーは効く? ニキビや毛穴の治療に使うことのあるピーリングですが、グリコール酸やサリチル酸、乳酸を用いたピーリングが炎症後色素沈着にも有効なことがあります。 皮膚表面の代謝をよくして色素沈着の排出を早めることで、炎症後に皮膚表面に沈着したメラニンを除去します。 炎症後色素沈着に対してレーザー治療を行うことも有効なことがあります。 レーザーを強く皮膚に当てるとそれ自体で炎症が起きて悪化する場合があるので、レーザートーニングという弱くレーザーを当てる方法を使うことが通常です。 弱めにレーザーを当てるので1回での効果は期待できませんが、2~4週ごとに5~10回程度治療を続けると効果が期待できます。 経験上もレーザー治療で色素沈着は軽減しますが、レーザーを用いても完全に色を消すことは難しいです。 炎症色素沈着についてのまとめ 数ヶ月で徐々にうすくなっていく炎症後色素沈着ですが、一度できると場合によっては年単位で色が残ってしまうのでやっかいです。 虫刺されやニキビ、湿疹の跡に黒い色を残さないようにするにはなるべく早く治すことが一番の対策になります。 かきこわさない、皮膚科を早めに受診する、薬を毎日塗る、という習慣を心がけ、皮膚の炎症が長引かないようにしましょう。 炎症後色素沈着にそれでもなってしまった場合には、塗り薬、飲み薬、ピーリング、レーザー治療といった方法が有効なことがあるので、皮膚科に相談してみてください。 【関連記事】•

次の

虫刺され跡を消す薬と炎症性色素沈着を治す方法。いつ消える?

虫刺され 跡

蚊やダニの刺され跡が残る原因 蚊やダニなどに刺された跡が、いつもでも茶色くなったり、黒ずんだりして残ってしまうことがあります。 そんな蚊やダニの刺され跡が残る大きな原因は 色素沈着が多いです。 色素沈着っていうのは、肌の表面にメラニン色素が多く残ってしまっている状態です。 メラニン色素の塊がずっと肌の表面に付着してしまっていることによって、その部分が茶色くなったり黒ずんだりしてしまっています。 このメラニン色素っていうのは、肌が刺激を感じた時に、その刺激から肌を守ろうとして多く分泌されます。 普通ならば、メラニン色素が肌の表面に付着しても、肌のターンオーバーによって新しい皮膚が作られて、自然に古い皮膚が落ちていきます。 しかし、蚊やダニなど虫に刺されてしまった場所っていうのは、炎症を起こしてしまっています。 この炎症によって、 刺された部分の肌が乾燥状態になってしまっていて、肌のターンオーバーがうまくできなくなってしまい メラニン色素が多く付着してしまっている皮膚が、新しい皮膚に入れ替わることができなくなってしまい虫刺され跡がずっと残ってしまっています。 蚊やダニの刺され跡を早く消す方法 蚊やダニなど虫刺され跡が、いつまでも残ってしまっている原因は、肌のターンオーバーがうまく行えずに 色素沈着した古い皮膚が残ってしまっているっていうことについては、わかってもらえたと思います。 そこで、蚊やダニなど虫刺され跡を早く消していくには、色素沈着を起こしてしまっている肌の部分のターンオーバーを正常に戻していくことです。 その為に、大事になってくるのが、刺された部分の肌が乾燥してしまっているのを治していく為に しっかりと保湿をしていってあげることです。 虫刺され跡を消すおすすめの塗り薬 蚊やダニなどの虫刺され跡を早く消していくには、刺された部分をしっかりと保湿していくことです。 そこで、 おすすめの塗り薬が「アットノン」です。 「アットノン」には、ヘパリン類似物質という成分が含まれていて ・ 保湿 ・ 血行促進 ・ 抗炎症作用 の3つを行ってくれます。 これによって、肌のターンオーバーを正常にしてくれて、色素沈着してしまっている古い皮膚を新しい皮膚に入れ替えて再生していってくれます。 「アットノン」はマツモトキヨシなどドラッグストアーでも販売されているので、簡単に購入することができます。 スポンサーリンク 蚊やダニの刺され跡を隠すアイテム 蚊やダニなど虫刺され跡をすぐに目立たなく隠すアイテムとしては ・ コンシーラー ・ ファンデーション ・ 絆創膏 ・ パッチ などです。 コンシーラーやファンデーションなどの化粧品を塗ることによって、刺された跡を目立たなくすることができますし 完全に見えなく隠したい場合は、絆創膏やパッチなどを貼ることですね。 虫刺されを綺麗に隠すおすすめはカクシーラー コンシーラーやファンデーションを塗っても、うまく隠しきれない場合や 絆創膏やパッチなどは、あまり貼りたくない っていう場合に おすすめのアイテムは、 「カクシーラー」です。 「カクシーラー」は、コンシーラーと同じですが、コンシーラーの4. 5倍のカバー成分が含まれています。 なので、虫刺され跡を綺麗に隠していくことができます。 スティックタイプなので、簡単に刺され跡をピンポイントで塗ることができますし 汗や水などでも落ちにくいので、とても便利なアイテムです。 蚊に刺されてしまった時の対処法や症状を悪化させてしまうやってはいけないことなどについては、コチラの記事に書いてあります。 蚊やダニなどの虫刺され跡は、長い間残ってしまって目立ってしまうことが多いです。 そんな刺され跡が残ってしまう大きな原因は、肌のターンオーバーがうまくできていなくて メラニン色素が多く溜まってしまっている色素沈着です。 なので、蚊やダニの刺され跡を早く消していくには、肌のターンオーバーを正常に戻していく為に、刺された部分をしっかりと保湿していくようにしてください。 そして、すぐにでも刺され跡を目立たなく隠したい時は、コンシーラーやファンデーションなど化粧品を塗っておくようにします。 綺麗にしっかりと隠したい時は、「カクシーラー」がおすすめです。 服や衣類についているダニをしっかりと退治していく洗濯の仕方やクローゼット内の対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

次の