落ちやすくなる パズドラ。 【パズドラ】アウストラリスの評価や使い道とテンプレ紹介

【パズドラ】目覚めスキルを持つキャラの一覧と効果|ゲームエイト

落ちやすくなる パズドラ

「目覚め」とは 目覚めとは 新インド神の、、などの持つ スキル「火の目覚め」「木の目覚め」「水の目覚め」の総称です。 使用すると3ターン指定色のドロップが15%落ちてきやすくなります。 の闇ドロップが落ちやすくなるスキル「ライジングダーク」も「闇の目覚め」と言われることがあります。 使用すると欲しい色のドロップが落ちやすくなるため、単色パや コンボパであれば 落ちコンの可能性が高くなり、火力を上げることが出来ます。 変換と違い、盤面を消せば消すほど効果を発揮するスキルなので中級者〜上級者に愛用されています。 逆に盤面に偏りが発生してしまうので 多色パにはオススメできません。 スキルマにするとゼローグ以外の新インド神たちは6ターンでスキルを発動できます。 2体のスキルマがパーティにいれば、スキル効果をループさせることが出来ます。 これを「目覚めループ」といいます。 パーティに組み込む際は LFで組ませるか、サブに2体入れるなどしてもいいでしょう。 継続的に欲しいドロップが供給されます。 ダンジョンギミックとして スペダンや 降臨で敵が使用してくることもあり、目覚め状態になっている場合、画面の右下に目覚め状態のドロップの色のアイコンが表示されます。 パズドラ専門用語まとめ その他の専門用語・略語一覧はこちら.

次の

【パズドラQ&A】闇ドロップが少し落ちやすくなる[No163273]

落ちやすくなる パズドラ

どーもどもども絨でーす! 今回はで登場する「目覚め」について検証してみたいことがあったので、記事にしました。 もしかしたら、をやっている た 皆さんも一度は気になったことがあるかもしれませんが、検証内容はズバリ・・・ 「ほんの少し落ちやすくなる」は、具体的に何%の確率で落ちて来るのか です。 今回は、の恩恵を少しでも多く受けるために、100回測定を行いました。 具体的な測定方法は以下に示しております。 目次の「測定方法」から飛べます 実際に何%落ちて来るのか分かれば、おおよその落ちてくる個数の期待値とかをイメージ出来ますし、多少なりとも便利にはなると思うので、参考にして頂ければと思います。 「ほんの少し落ちやすくなる」目覚めの概要 目覚めギミック自体は クリシュナといったかなり昔のキャラも持っており、新しいギミックな訳ではありません。 しかし、「ほんの少し落ちやすくなる」目覚めは2019年に入ってから登場したギミックで、99ターン目覚めが持続することが特徴です。 初めて出たのは、「コラボ」の と です。 のスキルは、「99ターンの間、木ドロップがほんの少し落ちやすくなる」。 のスキルは、のスキルの水ドロップバージョンです。 のキャプチャ画像 そして、コラボの「 如月ナイト」にも 「99ターンの間、光ドロップがほんの少し落ちやすくなる」というスキルが付与され、 かなりメジャーなスキルとして台頭してきました。 他にも、「ほんの少し落ちやすくなる」スキルが注目されるきっかけになったコラボの「 飛影」にも「99ターンの間、闇ドロップがほんの少し落ちやすくなる」スキルが付与されています。 飛影のキャプチャ画像 あれ、火ドロップの目覚めは、、、? 2. 測定方法 今や注目されるようになってきた「ほんの少し落ちやすくなる」スキル。 如月ナイトのスキルを使う 2. 1色陣や2色陣を使用して全消ししやすくする 3. 全消し 4. 落ちてきた光ドロップがいくつあるか数える この画像では4個 3. 測定結果 のメモ帳に、落ちてきた光ドロップの数を100回分メモしたので、まずはそれを載せます。 落ちてきた光ドロップの個数 100回分のメモ 意外と2桁が多いことが分かりますね。 なんとなく目覚めが発動していることを感じる事が出来ます。 ここから 落ちてきた光ドロップの総数を計算すると、 671個でした。 また、一回の全消しで、落ちてくる光ドロップの個数の平均は 6. 71個でした。 これらの計算結果から、今回の検証での「ほんのちょっと落ちやすくなる」の効果を数値で表すと、 ドロップを落ちる確率が 22. 71個 増加することが分かりました。 見解・まとめ まだ100回しか試行していないので、もっと試行回数を増やさないと正確な数値は得られませんが、今回の結果から 「ほんのちょっと落ちやすくなる」は、ドロップ落下確率を5~6%上昇させる という見解とさせて頂きます。 これだけ落下確率を上げると、欠損の確率も下がるので、 もし「ほんのちょっと落ちやすくなる」スキルを持っている方は、積極的に使用していきましょう! 「ほんのちょっと落ちやすくなる」スキルによってどのくらい欠損率が下がるのかについては、別記事で考えていく予定です。 ではではまたまた~ mathpacejyu.

次の

パズドラの「ほんの少し落ちやすくなる」は具体的に何%なのか

落ちやすくなる パズドラ

どーもどもども絨でーす! 前に上げた記事 の中で、「ほんの少し落ちやすくなる」目覚めについて、ドロップ落下確率を検証しましたが、 せっかくなので、本記事では 「ほんの少し落ちやすくなる」目覚めを使用することでどれくらい欠損率が減少するのか 検証したいと思います。 事前設定 1. 1 「目覚め」発動時のドロップ落下確率 まず最初に、「ほんの少し落ちやすくなる」目覚めが発動している最中のドロップの落下確率を設定する必要があるので、先に決めておきます。 今回は、前に上げた を反映して、 落下確率の上昇値を 5%とします。 2 ドロップをいくつ消すか 目覚めの確率検証の際は、30個のドロップを全消しして行いましたが、現実的には常に全消しは非常難しいです。 そのため、今回は安定して出せる7コンボ ドロップ21個分 を目安とし、 毎回ドロップを21個消した場合を考えることにしました。 7コンボした時のキャプチャ。 確かにドロップが21個消えている。 3 目覚めている色ドロップは全て消えている状態を想定 また本記事では、欠損率が一番高くなると考えられる「 残った9個のドロップの中には目覚ている色のドロップが無い」状況を想定して検証を行いました。 上記のような状況の時、 21個の落ちてきたドロップの中に目覚めている色ドロップが最低でも3個以上存在しないと欠損になってしまうため、 欠損率が高くなります。 光ドロップがほんの少し落ちやすい状態で7コンボして、消さなかったドロップに光ドロップが無い時のキャプチャ。 本記事ではこのような状態を考える。 4 オチコンは無しと仮定 今回は簡単のため、「オチコンによって目覚めた色が消えて最終的に欠損してしまった」などの状況は考えず、 オチコン自体が無しという状態で考えます。 5%ですか、、 えっと、これだけだと欠損しにくくなっているのかどうか判断が難しいので、 「ほんの少し落ちやすくなる」目覚め無しの条件でも欠損率を出してみました。 え、まじですか。 めちゃくちゃ欠損率が違いますね。 なんとダブルスコア以上も違う。 「ほんの少し落ちやすくなる」目覚めがあると、3割の確率で欠損してたのが、15%以下に抑えられる。 これは、、 「革命」 と言っても過言では無いと思います。 イナ・フェノンのような列パーティでは? せっかくなので、 イナ・フェノンのような列パーティでは欠損率はどれくらいになるのか検証してみました。 列パーティというのは、ドロップを横に1列並べて消すことで火力が出るパーティのことを指すので、当然 ドロップは6個必要ですね。 そのため、今回は 欠損の定義を「ドロップが5個以下」とします。 他の条件は全て「1. 事前設定」で決めた内容と同じとします。 列パーティでも、間違いなく 「ほんの少し落ちやすくなる」目覚めが発動していた方が欠損率が17%も低いことが分かりましたが、 目覚め有り無しに関わらず欠損率が 50%を超えていたので、 意識的に攻撃色ドロップを消さずに温存する or より強力な目覚めスキルを使う 等の対処が必要であると言えるでしょう。 まとめ 4. 1 普通の3個消しパーティの場合 目覚め有りでの欠損率は 0. 「ほんの少し落ちやすくなる」目覚め持っている人は、積極的に使おう。 2 イナ・フェノン等の列消しパーティの場合 目覚め有りでの欠損率は 0. こういった確率の話は奥が深いですね。 参考になって頂ければ幸いでございます。 どこかにボケを入れたかったのですが、入れ忘れてました。 すいません ではではまたまた~ mathpacejyu.

次の