がるちゃん コロナ。 沖縄県 新型コロナ関連情報

バイリンガールちか炎上の理由は?みんなの反応まとめ|オタクの婚活情報net

がるちゃん コロナ

コロナウイルスの感染が拡大し、不安な日々が続いています。 そんななか、いちばん近しい存在であるはずの「家族」と意識のズレが生じ、モヤモヤした! という声も聞こえます。 ここではESSE読者220人にアンケート調査を実施。 身近な存在である家族と起きたトラブルや、困ったエピソードを教えてもらいました。 密閉空間であり、不特定多数が触るのに…と思って話しても、まったく聞いてくれません。 本人も肺がんで肺を切除しているし、義母も咳がとまらないといっているし、子どもは熱を出しているのに…と悲しくなりました。 (静岡県・38歳) 若者はマスクをちゃんとしますが、肝心の私の親世代がマスクをしません。 私が言わないとマスクをつけない始末で、困っています。 まだまだ他人事なのですね…。 (岐阜県・40歳) 年配者は買いだめする傾向があるようで、義理の母が紙製品を多めに買ったのか、「たりなかったら譲るよ」と連絡がありました。 そういうのやめた方がいいよ、と伝えたいけどなかなか言えません…。 (東京都・44歳) 実家の父が、風邪気味なのに熱もろくにはからず、毎日外出し、注意すると「俺をウイルス扱いするな」と逆ギレしてきます。 (千葉県・34歳) 母が、ネットのウイルス対策のデマを、ちゃんと確認せずにLINEで送ってきました。 よかれと思っての行動ではあるのですが…。 もう十分だと伝えても、心配が勝ってしまうようで、家の収納スペースからあふれそうです。 意味がわかりません。 私は一日中、子どもと家に缶詰状態。 ゴルフ行けるなら子どもを見ろよ、と思いました。 (福岡県・40歳) 自粛ムード直前の2月末に、私側の身内で集まってひなまつりを開催していました。 3月末に、今度は夫側の姪の卒業祝いに集まろうと言われたのですが、「落ち着いてからにしよう」と夫に提案したところ、「そっち側の集まりはやったのに?」と険悪ムードに。 親戚からも、「外食が嫌なら、そっちの家に集まろうか」と的外れな提案をされ、どうしたものかと困りました。 職場(会社の規模や職種)や立場(働いているか、子どもがいるか等)によっても、危機感が違うものだと感じています。 (茨城県・33歳) 夫は、こんな時期にも同窓会に行きたかったようで(しかも朝までコース)、そのことでケンカしました。 結局延期になりましたが、自分のことしか考えていない彼に失望。 (千葉県・34歳) 夫の危機管理が甘く、ストレスになっています。 平気で銭湯に行ったり、飲み会に参加したり。 自分だけは大丈夫と思っているのが、腹立たしいです。 夫が感染したら、私や子どもにも感染するだろうし、本当に困っています。 しょうがないと思い自宅のトイレットペーパーを渡しました。 きれいな家もいいですが、こんなときはもっと前もって行動してほしいなと思いました。 (千葉県・31歳) 妹の夫は満員電車で通勤しているのですが、少し体調が悪くなっただけで「コロナにかかってしまっているかもしれない」と、ずっと部屋に閉じこもろうとしていた。 妹が説得し、また仕事もテレワークになってようやく落ち着きましたが、あのままだったらコロナうつになっていたかもしれません。 (神奈川県・40歳) わが家は最低限のトイレットペーパーしか買っていませんが、兄夫婦が半年持つほど買いしめたあげく、まだ不安とか言っていて、どうかと思ってしまいます。 (埼玉県・36歳) 家族でも、危機意識や対策に差が出るのは、ある程度は仕方がないこと。 ただ、このような状況が長く続くと、ストレスにもなりえます。 言うべきことは言い、距離をおけるところはおきながら、ストレスをためないようにして乗り越えたいですね。 <取材・文/ESSEonline編集部>.

次の

外出自粛めぐり、再燃する「安倍VS小池」バトル

がるちゃん コロナ

今回の外出自粛は、コロナ感染を防ぐためのものです。 「ウイルスに感染しない、ウイルスを人にうつさない」ことが目的ですから、家にいるのであれば、何をしようが自由なはず。 実際、東京都のホームページにも、「ウチで楽しもう」というスローガンが掲げられています。 ニュース報道や、知人友人、相談者からの声によると、最近、非常にピリピリした人が増えたといいます。 今後、外出自粛は程度の差はあれ、数カ月先まで続く可能性は高いです。 今から、そんなにピリピリしていたら、確実に「コロナ疲れ」に陥ります。 自粛期間中でも楽しむことはやめなくてもいいんです。 お子さんと遊ぶ、ゲームをする、今まで見られなかったドラマやアニメ、映画などを楽しむ。 ピリピリしている人ほど、なにか楽しみを見つけたほうがいいでしょう。 特徴その3. 夜更かしする人 外出自粛の影響で、夜中までテレビを見る、ゲームをするなど、夜更かしをしている人も多いのではないでしょうか。 テレワークの人は出勤しなくていいので、「就業時間の9時直前に起きればいいや」と思うと、夜更かしに拍車がかかります。 遅寝遅起き、不規則な生活は、「体内時計」を狂わせます。 結果として睡眠の質を下げ、体調不良、メンタル不調に拍車をかけます。 コロナだからこそ「規則正しい生活」が大事 また、睡眠が悪化すると、免疫力も低下します。 不規則な生活は、「コロナ疲れ」を悪化させるのです。 ではどうすればいいのかというと、時間に余裕がある分、睡眠時間はしっかりと7時間以上とって、コロナ前と同じ起床時間を維持しましょう。 規則正しい生活を続けることが、とても重要です。

次の

不要不急と眼科…新型コロナ感染症で問われたこと!? : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

がるちゃん コロナ

コロナ報道に「申し訳ない」気持ちになる人も 「繊細さんの中には、刺激にあふれる職場より在宅勤務になって気持ちが楽になったという人もいます。 今回、新型コロナウイルスの報道や自粛生活をどう受け止めているかは、 繊細かどうかよりも個人の置かれた状況が大きく影響していると思います。 その置かれた状況が個人によってあまりに違いすぎるので、それが危機感の落差や意見のズレにつながっていて、社会に窮屈な空気が蔓延している。 繊細さんにお話を伺うと、 ウイルスそのものではなく、それに対する世の中の反応や変化でつらくなっている方が多いですね」 武田さんによると、もともと、繊細さんはたくさんのことを感じて、感じたことをひとつひとつ考えて処理をしながら進めていくのだそう。 たとえば、 買いものひとつにしても「透明ビニールのしきりができたんだ」「店員さんは大変だろうな」「お釣りもトレイに入れなきゃいけないよね」など、考えながら動く場面が増え、そのぶん、疲れやすくなるのだとか。 「情報の処理量が多くなっているのと同時に、心を揺さぶられるシーンも増えていますよね。 繊細さんはミラーニューロンの働きが活発だといわれていて、相手の痛みを受けとめやすいんです。 大変な状況にある人々の話を報道で見聞きした時、繊細さんのなかには 『申し訳ない』という気持ちになってしまう方がいる。 じつは、そこがいちばん心配なんです」 感染のリスクがありながらも一生懸命、働いている人を見て、「私は何もできていない」と無力感を感じたり。 休校中、兄弟姉妹の世話に大忙しのお母さんを見て、「うちは一人っ子で楽をしている」と自分を責めたり。 『何か役立つ情報をSNSで発信をしなくちゃ』と頑張ってしまったり、『他に大変な人がいるんだから自分は我慢しなければ』と気持ちを押さえ込んでしまったり。 インターネットから距離を置く まず、武田さんが指摘するのが「インターネットから距離を置く」ということ。 不安からついついネットニュースを見てしまう人も多いはず。 でも、有益な情報を得ようと見てみると、 人の悪意が渦巻く論争を目にしてどんより、という経験はみなさん、あるのでは? 「ネットが悪いわけではなく、自分が生活しているリアルな社会を見ることが大切なんです。 たとえば、ドラッグストアの店員さんがカスタマーハラスメントを受けているというのはネット上ですぐに話題になりますよね。 カスハラは実際にあって問題だと思います。 でも、自分の身の回りはどうだろうと冷静に見てみると、自分は店員さんに感謝しているし、同じように店員さんに丁寧に接している人もいる。 ネットで言われることが世の中のすべてではないんです」 そもそも、 ネットの世界では話題になること=大変なことがクローズアップされがち。 それが社会そのものだと思ってしまうとしんどくなってしまう。 また、「ネットだから」とわかったうえだとしても、人の悪意を目の当たりにするとヘルス・ポイントどんどん削られてしまいます。 だからこそ、「SNSやインターネットを見過ぎることで不安感が大きくなるのであれば、離れることが大切」なのです。 「でも、ただ『見ない!』と決めただけでは、それを守るのはとても難しいですよね。 なので、そのインターネットを見るという行動を、他の行動に置き換えてみてください。 まず、自分がどんなときにネットを見てしまうのかを把握して、『このままではずっと見続けちゃう……』というときは、スマホで漫画を読もう、あるいは、ほっこりするサイトをみよう、というようにマイルールを決めておくのです。 ネットを一切見ないのは難しくても、「害のない行動に置き換える」のならばやりやすい。 これを意識的に続けることで、不安をあおる記事とは距離をおけるようになります」 2. 納得のいくまで調べてみる また、「情報を遮断するのもひとつの手ですが、むしろ、どんどん調べるというのも情報の扱い方の方法のひとつ」と武田さん。 SNSは見ないにしても、内閣府の発表や論文を読む、感染症の歴史について調べる、経済政策について本を読むなど、自分で深く考えるというのも、恐怖や不安を減じる方法になるといいます。 「この3か月を見れば大変ですけど、人類はこれまで何度も感染症と戦っているわけです。 人類の歴史というところまで視点を引いてみる。 毎日、更新される情報か人類全体の流れにフォーカスするのか、何にフォーカスするかの違いですが、全体像が見えてくると、一喜一憂しなくてすみます。 深く考えることは繊細さんが得意なことですし、哲学的なことを考えるのが好きな方も多い。 徹底的に調べたり考察したりと、自分の得意技を使って不安に対処することもできるんです」.

次の