君子危うきに近寄らず。 A応P 君氏危うくも近うよれ 歌詞

君子危うきに近寄らずの意味!孔子の漢文ってホント?

君子危うきに近寄らず

「君子危うきに近寄らず」の意味 「君子危うきに近寄らず」には、どんな意味があるのでしょうか。 君子危うきに近寄らずの「君子」は、教養や徳のある人格者の事を言います。 危うきは、危うしの連体形です。 危うしのは、危険が迫っているという意味になります。 近寄らずは、近寄らないという意味です。 人格者は、危険なところに近づかないという意味になります。 「君子危うきに近寄らず」の使い方 「君子危うきに近寄らず」は、どのような使い方をすればいいのでしょうか。 使い方は二つあります。 一つ目は、褒め言葉です。 相手の賢明な判断をした時に使う言葉になります。 危険を感じて回避して近寄らなかった人に対して、「君子危うきに近寄らず」と言うのです。 二つ目は、注意喚起をする時です。 家族や友人などに危険なところや人に近づかないように教えてあげる言葉になります。 「君子危うきに近寄らず」の例文 「君子危うきに近寄らず」の例文を紹介します。 「あなたの判断は正しかった。 君子危うきに近寄らず」です。 この使い方は、褒め言葉です。 判断が正しかったので、危険を回避する事が出来たという意味になります。 「あの人は怪しい。 君子危うきに近寄らず」です。 これは注意喚起の使い方になります。 あの人は怪しいから、近づかないほうがいいという意味になります。 「君子危うきに近寄らず」を正しく知っておこう 「君子危うきに近寄らず」の意味・語源・使い方を間違って覚えている場合があります。 「君子危うきに近寄らず」の君子は、王様と思ってしまいがちです。 君子とは、教養があり徳のある人格者の事を意味しています。 「君子危うきに近寄らず」に関して間違って覚えているのは、語源が論語だと思っている事です。 論語ではなく、「春秋公羊伝」に語源の文章になります。 「君子危うきに近寄らず」の使い方には、褒め言葉の場合と注意喚起の場合があるのです。 自分は、正しく知っているかどうか確認してみましょう。

次の

不動産 事業用不動産 業務用動産 収益不動産 サンワエステート株式会社 オープンネット

君子危うきに近寄らず

君子危うきに近寄らずだ。 用もないのに歌舞伎町へ行くべきではない。 君子危うきに近寄らずと言うだろう。 わざわざスラム街へ行くなんて愚か者がすることだ。 豪雨の中、畑の様子を確認しに行こうとしたら「 君子危うきに近寄らずよ」と怒られた。 「君子危うきに近寄らず」の由来 「君子危うきに近寄らず」の正確な出典は不明です。 「君子危うきに近寄らず」は孔子の言葉だと思っている人が多いですが、孔子の言行についてまとめた『論語 ろんご 』にはこれに似た言葉はありません。 そして、『春秋公羊伝 しゅんじゅうくようでん 』という本には「君子不近刑人」という言葉が出てきます。 この言葉は「君子は罪を犯した人間には近づかない」という言葉を表しています。 なので、「君子危うきに近寄らず」の由来にはこれなのではないかという説があります。 Discretion is the better part of valor. 分別は勇気の大半である まとめ 以上、この記事では「君子危うきに近寄らず」について解説しました。 読み方 君子危うきに近寄らず くんしあやうきにちかよらず 意味 教養があって徳がある人は自分の行動を慎むものだから、危険なところには近づかないということ 由来 不明だが、『春秋公羊伝』の「君子不近刑人」が由来という説が有力 類義語 臭しと知りて嗅ぐは馬鹿者、聖人は危きに寄らず、命を知る者は巌牆の下に立たず、など 対義語 危ない所に登らねば熟柿は食えぬ、枝先に行かねば熟柿は食えぬ、虎穴に入らずんば虎子を得ず、など 英語訳 Discretion is the better part of valor. 分別は勇気の大半である 「君子危うきに近寄らず」は有名な故事成語なので聞いたことがあるという人も多かったのではないでしょうか。 しっかりと意味を覚えて忘れないようにしたいものです。 また、ピッタリな場面があったら、自分から使ってみるのもいいかもしれません。

次の

「君子危うきに近寄らず」とは?意味や使い方をご紹介

君子危うきに近寄らず

では「君子危うきに近寄らず」を使った例文を挙げてみましょう。 「私はうますぎる話には乗らないことにしている。 命の危険や怪我の恐れなど、私たちの身の回りにはさまざまな危険が存在していますね。 つまり「命や身体に関わることはもちろん、身の破滅や何らかの損失・損害に繋がりそうなことなど、 リスクのある行為はあらかじめ避けるのが賢い人間のすることだ」ということです。 もっと言えば、何がリスクになり得るかを理解していることも、賢者の条件なのかもしれません。 例えば、 「危ないことは怪我のうち」は、「怪我をしそうな危ない行為は怪我と変わらないので、するべきではない」という意味のことわざです。 また 「触らぬ神に祟りなし(さわらぬかみにたたりなし)」は、「物事に深く関わらなければ、災いを招くこともない」という、「君子危うきに近寄らず」よりもかなり消極的なニュアンスのあることわざです。 「 瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず(かでんにくつをいれず、りかにかんむりをたださず)」は、ウリの生る畑やスモモの木の下で紛らわしい行為をすると泥棒に間違われる危険がある、つまり「他人から疑われるような行為はするべきではない」という意味で、これも危機回避法のひとつと言えます。 ことわざではありませんが、「 桑原、桑原(くわばら、くわばら)」というちょっと面白い言葉もあります。 これは元々雷を避けるためのおまじないだったのですが、転じて忌まわしいことを回避したいときに唱えるようになりました。

次の