非 認知 能力 を 育てる あそび の レシピ。 ‎Apple Booksで非認知能力を育てる あそびのレシピ 0歳~5歳児のあと伸びする力を高めるを読む

非認知能力を育てる あそびのレシピ 0歳~5歳児のあと伸びする力を高める (こころライブラリー)

非 認知 能力 を 育てる あそび の レシピ

非認知能力に関する本2冊目。 『非認知能力を育てるあそびのレシピ 0歳~5歳児のあと伸びする力を高める』を読みました。 タイトルに「あそびのレシピ」とあるように、0歳から5歳児が大好きなあそびが満載! 内容をご紹介します。 内容 非認知能力を育てるあそびのレシピが満載の本。 対象は0歳から5歳児。 2部構成で、1部では育児を通して非認知能力を育てる方法が文章で書かれている。 子どものいたずらやしつけなど、多くの親が持つ悩みについて「非認知能力を育てる」ために必要な親の考え方・行動を紹介。 第2章は非認知能力を育てるあそびのレシピ。 掲載されているあそびは大きく分けて ・体を動かすあそび ・自然の中でのあそび ・工作あそび ・なりきりあそび ・絵本の楽しみ方 ・大人と一緒にするあそび の6つ。 それぞれのあそびにどんな意味があるのか、どんな風に子どものあそびを手助けしてあげたら良いのかが書かれている。 感想 この本は0歳から5歳までの子どもが大好きなあそびが満載で、かつ、それらのあそびに親や身近な大人がどうやって関わっていったら良いかが書かれていて、とても参考になりました。 本のタイトルは『非認知能力を育てるあそびのレシピ』となっていますが、書かれているあそびはみなさんも子どもの頃にやったであろう遊びばかりです。 つまり、みんな「非認知能力」なんて言葉を知らなくても、自然と非認知能力を高めていた!ってこと。 じゃあ、「この本を読むメリットはないのか」というと、そうでもないです。 子どもが夢中になってあそんでいる時、つまり、あそびを通して非認知能力を高めている時に、親や周りの大人が邪魔をしてはもったいない! 親や周りの大人はこの本を読んで、子どもが非認知能力を伸ばす機会を奪わないようにしてあげる必要があるのではないかと思います。 それと、子どもと一緒にあそんで、子どもの非認知脳能力を伸ばすお手伝いをするのも親や周りの大人の役目。 絵が多く、文字が少ないので、本を読むのが苦手な人でも大丈夫! この本を読みながら、「昔こんな遊びしたなー。 そうか、私はあのあそびを通して非認知能力を高めていたのか!」と自分の子ども時代を思い出しながら読むと、とても楽しいです。 この本を読んだ後は、娘が最近よくやる、おむつやおしりふきを袋から出してしまうイタズラを見ても、「あら、非認知能力を高めているのね!」と思えるようになりました。 今日は段ボールであそんでいる娘の姿を見て、「頑張って非認知能力高めてね!」と心の中でつぶやいてみたり。 本書を読んで思ったのは、この本に書いてあることに関わらず、子どもが夢中になっているあそびは自然と非認知能力を伸ばすことにつながっているんだろうな、ということ。 非認知能力を伸ばすために何か特別なことをする必要はなく、大人は子どもが夢中になっていることを邪魔しないようにすればよい。 それと、できれば子どもと一緒にあそんで、自己肯定感と非認知能力を高めてあげる。 その2つだけ。 その結果、子どもの非認知能力はぐんぐん高まっていくのではないかと思います。 「非認知能力」なんて聞きなれない言葉が出てきて、何か特別なことをしなければいけないのでは?と思いがちだけど、何も特別なことはなく、子どものあそびを全力で応援してあげればいいのだと思います。 時間に追われる生活をしている大人にとって、それが一番難しいのかもしれないですけどね。

次の

非認知能力を育てる あそびのレシピ 0歳〜5歳児のあと伸びする力を高める 電子書籍版 / 大豆生田啓友 大豆生田千夏 :B00162195635:ebookjapan

非 認知 能力 を 育てる あそび の レシピ

他人とつき合うときは、ともだちと仲よくできたり、泣いている子に寄りそってあげたり。 自分とつき合うときは、自分で目標を決めてがんばれたり、「こんなにがんばったんだから大丈夫!」と自分に自信を与えるような強い気持ちを持てるようになります。 人って、自分のことがわからなかったり落ち込んだときに、どうやって立ち直ったらいいのかなかなか見つけられないことも多いですよね。 でも「小さなころから、こうした親切な心や自分で考えて行動する気持ちが育まれていくと、10年後、20年後に同じような場面に出くわしたとき、同じように他人とも自分ともうまく向き合うことができるようになれます」と森口先生が教えてくれました。 非認知能力が花ひらくとこんなステキな子になれる! これって、親になったらこんな子になってもらいたい!と思うことばかりです よね。 babycoの先輩ママで知育アドバイザーのいしびききょうこさんも「非認知能力 が生きる上でとても大切だと実感している」そうです。 非認知能力の高い子どもは、ともだち、先生、文化や考え方が違う人たちと 上手に通じ合えます。 同じ価値観を共有するだけでなく、自分とは違う考えを もった友だちをまるごと認めることができると、その子にも友だちの考えが知 識として備わりますよね。 だから人として成長もできるんです。 もちろん、思 いやりがもてるだけで友だちがまわりに集まってきますし、もしも自分が困っ たときは、友だちの数だけ勇気や笑顔をもらえるでしょう。 それだけでもう、 しあわせな人生じゃないかなと思うんです。 わたしには中学受験を控えている娘がいますが、勉強に飽きないように感情を コントロールしたり、弱点を伸ばすためには自分なりの努力が必要なのがよく わかります。 やる気スイッチってあるじゃないですか! これって、自己コント ロールですもんね。 成績を上げるためには、認知能力と非認知能力の両方が必 要だなぁ…と、ものすごく思うんです。 もっと早く知っておけばよかったな。 文:太田菜津美(babyco [ベビコ] 編集長) 10万人を超える会員を持つ産前産後のママ・パパメディア『babyco ベビコ )』の編集長であり、多くの実用書の企画編集に携わる編集者。 「おいしいっ てうれしいね」が口ぐせの母のおかげで、食べることが大好き。 新潟の山奥で 肉用牛を飼育しながら、野菜やくだものを育てる祖父母のお手伝いをきっかけ に、丹精込めて作られた食材のおいしさ、食べることや命の大切さを学ぶ。 babycoでは、離乳食・幼児食から産前産後食レシピや栄養コンテンツ、企業タ イアップコンテンツなど幅広く担当。 特集記事では毎回ママ・パパの気持ちに 寄り添った取材記事を制作し、Twitterでもバズり話題となる。

次の

楽天ブックス: 非認知能力を育てる あそびのレシピ 0歳〜5歳児のあと伸びする力を高める

非 認知 能力 を 育てる あそび の レシピ

送る 教育に関心のある方であれば、一度は目や耳にしたことがあると思われる 「非認知能力」。 しかし、その意味や重要性をきちんと理解し、子どもに身につけさせようと試みている方は、あまり多くないかもしれません。 そこで、今回は、あらためて非認知能力の意味や重要性をご説明したうえで、子どもの非認知能力を育む具体的な方法をご紹介します。 非認知能力って何? なぜ必要なの? 一般的に、 テストなどで測定できる能力を 「認知能力」、 測定しにくい能力を 「非認知能力」といいます。 前者は 読み・書き・計算などの学力が代表的なものといえますが、後者は「これ!」というものがひとつに決まっているわけではありません。 そのため、わかりにくいと感じる方も多いでしょう。 慶應義塾大学准教授の中室牧子氏は、下記のとおり、非認知能力の具体的なものを9つのグループに分けて紹介しています。 自己認識:自分に対する自信がある、やり抜く力がある 意欲:やる気がある、意欲的である 忍耐力:忍耐強い、粘り強い、根気がある、気概がある 自制心:意志力が強い、精神力が強い、自制心がある メタ認知ストラテジー:理解度を把握する、自分の状況を把握する 社会的適正:リーダーシップがある、社会性がある 回復力と対処能力:すぐに立ち直る、うまく対応する 創造性:創造性に富む、工夫する 性格的な特性:神経質、外交的、好奇心が強い、協調性がある、誠実 (引用元:conobie|) これら非認知能力が注目されるきっかけのひとつとなったのは、ノーベル経済学賞を受賞したシカゴ大学教授のジェームズ・ヘックマン氏が研究・分析した 「ペリー幼稚園プログラム」という社会実験です。 対象は58世帯の恵まれない家庭で育った就学前の子どもたち。 子どもたちは、 毎日2時間半ずつ授業を受け、週に一度は教師が家庭訪問して90分間指導をする 「質の高い幼児教育を受けるグループ」と 「受けないグループ」に分けられます。 そして就学前教育の終了後、約40年にわたって人生を追跡調査されました。 その結果、 質の高い幼児教育を受けたグループは、IQが高くなりますが、4年ほど経つと効果はすっかり薄れてしまい、「就学前の認知能力に対する早期教育はあまり意味がない」という結果となったそう。 しかし、最終的な追跡調査では、 質の高い幼児教育を受けたグループは、受けなかった子どもよりも 学歴・収入・持ち家率が高く、逮捕率が低かったのです。 このプログラムによって、 早期に非認知能力を身につけると、その効果は薄れることなく、将来の人間形成に多大な影響をもたらすということがわかりました。 また、日本でも、東京大学社会科学研究所が行なっている「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査」で、 非認知能力が将来の所得と関連することがわかっています。 同研究所の教授である石田浩氏いわく、 「非認知スキルが高いと学歴が高くなり、大人になってからの高い所得に結びついていると考えられる」のだそう。 つまり、早期に子どもの非認知能力を高めておくことは、その子の将来の学力、経済力に大きな影響を及ぼすのです。 非認知能力を育む具体的方法 では、子どもの非認知能力を育むために、親は何をすればよいでしょうか。 専門家が提案する具体的な方法をご紹介します。 失敗談をシェアする ライフコーチであり、娘のスカイさんが「全米最優秀女子高生」に選ばれたボーク重子氏によると、親の行動をシェアする際には、 「失敗こそシェアする」と心がけることが大切なのだそう。 失敗を見せることで、子どもは 「失敗は通過点であってやり直しができる」「ひとつの方法が駄目でも、ほかの選択肢や可能性を試せばいい」といったことを学んでいけると同氏は言います。 「子どもは親の姿を見て育つ」ということは、誰もが認識しているはず。 だからこそ、多くの親は自分の格好悪いところを子どもに見せようとはしません。 しかし、ボーク氏は、失敗する姿からも学ぶことがあり、それが 「回復力」や 「やり抜く力」といった非認知能力を高めることにつながるといいます。 ポイントは、 失敗までの経緯や、 その後どうしたのかというところまで見せること。 まずは、そんな話ができる関係づくりから始めるといいかもしれませんね。 「対話型鑑賞」を取り入れる アート・プロデューサーの三重野一氏は、 「対話型鑑賞」によって非認知能力が育まれると述べています。 「対話型鑑賞」とは、対話を介してグループでアート作品を観ること。 三重野氏は、 定期的に親子で一緒にひとつのアート作品を鑑賞し、感想や印象を話し合うことで、 子どもの非認知能力が育まれるといいます。 ポイントは、 子どもに自身が抱いた印象を自発的に語らせること。 また、子どもの発言を受け入れ、 「どうしてそう思うの?」と理由をたずねることで、子どもの論理的思考力を引き出します。 週1回、10分程度から始めるとよいでしょう。 アート作品を入手する際には、オンラインが手軽でおすすめです。 アメリカの一部の美術館では、オンラインで無料で所蔵作品を閲覧できるサービスを展開しています。 ニューヨークのメトロポリタン美術館 や、シカゴ美術館 では、一度は見たことあるような有名作品を数多く閲覧できますよ。 会員登録などは不要で、ワンクリックでダウンロードできるので、英語が苦手でも大丈夫。 プリントアウトして、ご家庭でアート鑑賞を始めてみてはいかがでしょうか。 自然体験をさせる 独立行政法人国立青少年教育振興機構理事長の鈴木みゆき氏によると、 海や山といった自然の中でさまざまな体験をすることによって 「たくましく生きていく力」が育っていくそう。 たとえば、山を登ったり、カヌーを漕いだりすることで 「やり抜く力」、家族や友だちとともに野外炊事などの体験をすることで 「関わる力」「耐える力」「乗り越える力」などが培われます。 子どもに体験の機会を与えるのに最適なタイミングは、本人が自発的に 「やってみたい」と言ったときだそう。 そのベストタイミングを見逃さずに、 をさせましょう。 子どもの望む習い事をさせる 教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏は、子どものやり抜く力を伸ばすためには、 が効果的だと言います。 習い事の種類は問わず、 「親がやらせたいもの」ではなく、 「子どもがやりたいもの」にすることが重要なのだとか。 子どもは自分のやりたいことを習い始めると、夢中になって取り組みます。 やがて目標を達成したり、逆に挫折したり、それを乗り越えたりといったことも経験するでしょう。 おおた氏によれば、 「夢中、達成、挫折、そして乗り越える——」という一連の経験こそが、 「やり抜く力」を育ててくれるのだそうです。 もしも、子どもが習い事に興味を持ったら、前向きに検討してみてはいかがでしょうか。 努力をほめる 子どもが100点を取ったとき、 「100点なんてすごい!」なんてほめ方をしてはいませんか? じつはそれ、NG発言。 非認知能力を育むためには、能力ではなく、 「よく頑張ったね!」と努力をほめることが大切です。 EQWELチャイルドアカデミー主席研究員の浦谷裕樹氏いわく、 能力をほめられた子どもたちは、点数が下がったときに 「自分に能力がないからだ」ととらえ、勉強へのやる気を失ってしまうそう。 *** 自分の失敗談を子どもに話したり、一緒にアートを観たり、子どもの努力をほめたりすることは、いずれも普段から親子のコミュニケーションが取れていないと難しいことです。 また、習い事や自然体験も、子どもの「あれやってみたい!」「あそこに行ってみたい!」というサインを見逃してはならないため、やはりコミュニケーションが欠かせません。 日頃から、 子どものことをよく見て、たくさん会話を交わすことが、子どもの非認知能力を育むための第一歩となるのではないでしょうか。 「東大生184人「頭のいい子」の育て方」, プレジデントFamily, 2019年10月号.

次の