コバエ ホイホイ 自作。 コバエホイホイが効果なし!めんつゆじゃない自作トラップが効いた話

コバエ退治トラップの自作10選!めんつゆやペットボトル、ビールを使ったやり方

コバエ ホイホイ 自作

コバエがホイホイの仕組みは香りでコバエを獲る?効果がない種類のコバエも注意! そもそも〈コバエがホイホイ〉とは、 どのような仕組みでコバエを捕獲しているのでしょうか? アース製薬のHPを見てみると、、、、 コバエを香りでおびき寄せ、容器の中に入っているゼリーに潜り込ませ殺虫する… という仕組みのようです。 コバエがホイホイでは、コバエをおびき寄せるため、 紹興酒と黒酢の香りを使っているのだそう。 先端がとがった特徴的な容器は、コバエをより一層、誘い込みやすくしているようです。 薬剤が容器の中に入っているタイプの商品なので、台所に置いておいても気になりませんが、小さなお子さんがいるご家庭では、取り扱いにご注意くださいね。 ただ、コバエがホイホイが 効果を発揮するのは以下の 2種類。 他の製薬メーカーの類似商品も300円台から買えるようなので、あれこれ試してみるのも良さそう。 効果があるのは約1ヶ月!でも、ちょっとの工夫で復活させられるよ コバエがホイホイは、設置してから 約1ヶ月間使用できるそうです。 ただ、設置する場所によっては、容器の中のゼリーが早く乾燥してしまうことも。 そんなときに、ちょっと手を加えるだけで 効果が復活するんですって。 その方法は、 お酢やめんつゆなど、香りの立つものを容器の半分くらいの量になるよう、水で薄めて入れるだけ! アルコール類もコバエをおびき寄せる効果があるようなので、ちょっぴり残ってしまったビールやワインでも良いそう。 そろそろ交換の時期かな…?と思っているコバエがホイホイもこの方法で復活させられるなら、お手軽ですよね。 ぜひ、試してみてください! まとめ コバエがホイホイは、香りでコバエをおびき寄せ、容器の中にあるゼリーに潜り込ませ殺虫するという仕組みの商品。 コバエがホイホイの効果が感じられない…と思っている方は以下2点を確認してみてくださいね。

次の

あの調味料が決め手。科学者が伝授、強力コバエホイホイの作り方

コバエ ホイホイ 自作

キッチンで見かけるようになったら赤信号。 小バエは食品を不潔にします コバエは俗名。 発生場所等によってその正体は異なります。 お風呂場などに出るコバエは主に、キッチンやゴミ捨て場などで発生し群れなすコバエは主にショウジョウバエの仲間です。 世界中で2500種、日本国内でも約250種が確認されていますが、人家内で見られるのは中でもほとんどがキイロショウジョウバエ、クロショウジョウバエです。 成虫の体長は2~3mm、体色は黄褐色から暗褐色、複眼は赤褐色から黒褐色。 メスは羽化した後、3~4日で産卵。 生存期間は約2週間から1ヶ月程度ですが、その間に500個以上の卵を産みます。 この産卵場所として好まれるのが、よく熟した果物、ぬかみそ、味噌など私たちにとって身近なもの。 特に酵母はショウジョウバエにとって最適な食品となるため、人間側としては「発酵食品」に特段の注意が必要ということです。 コバエの発生源、原因とは? 飲み残しのビールグラスなどにも要注意 発生源としては主に、(捨て忘れた)生ゴミ、汁気の多い生ゴミポリバケツ、腐敗した植物質のゴミ(特に土埋め、コンポストなど)、野積み野菜、自家製味噌、糠味噌、熟し切った果物、カブトムシやクワガタムシの飼育箱などが挙げられます。 ぬかみそなどの周囲でたくさん見るような場合、糠味噌のなかに産卵されていることが考えられます。 ウジが湧いてしまったような糠味噌は廃棄しましょう。 ゴミの処分方法、食材の備蓄方法、子どもの夏休みの自由研究の衛生状態などチェック、見直しを行うことが大事です。 集合住宅のバルコニーなどでは、生ゴミの他、ジュースやビールの空き缶の底に残され、発酵した液体の臭いに誘引され、窓から家に入り込み繁殖することも考えられます。 ゴミ関係は総じて捨て方の他、保管方法にも気を配り、さらに網戸はしっかり閉めて置くようにしたいものです。 コバエが大量発生したら?駆除・撃退方法 「ハエが集ってくるものはトラップのヒント」 コバエの生態から、割合身近な材料を使ってトラップを作成することが可能です。 要は果汁、酒、酢、乳酸といった液体のニオイや味を好まれ、そのせいでこちらも迷惑を蒙るわけなので、逆にそれらに誘引し集らせることで捕獲すればいいという考えです。 ビール、日本酒、ワイン、果汁入りサワーなどの飲み残し• 果汁ジュース、乳酸菌飲料などの飲み残し• 桃、メロン、スイカ、グレープフルーツ、バナナなどの皮、食べかす、食べ残し(汁などを加える)• 果物缶詰の残り汁• 酢の物のお酢、果実酢などの残り• 味噌、ぬかみそ、醤油、めんつゆなどの残り(味噌は水で溶いておく) これらを使い捨てられるカップやペットボトル等に注ぎ、食器用洗剤を少量注入して液体の表面張力を壊しておくことがポイント。 そうすることで、集ってきたコバエを溺死させます。 【参考文献】 【関連記事】•

次の

【コバエホイホイ】自作コバエ取りが全然効かない件!一応めんつゆトラップ作り方も

コバエ ホイホイ 自作

Sponsored Link めんつゆトラップでコバエがいなくなる理由 コバエは基本的に 食品のにおいが大好きです。 生ごみにも寄ってきますしね。 においが強く、コバエが集まりやすいので、 トラップにするなら めんつゆか お酢が適しています。 めんつゆやお酢は匂いが強くてコバエが気づきやすいようです。 これがコバエを呼び寄せる働きをするんですね。 そしてコバエは口からではなく、 体の 胸とお腹辺りにある 気門という穴から呼吸をしています。 コバエの気門の周りは脂で覆われていて、水をはじく様になっています。 においにつられてきたコバエが界面活性剤 洗剤 に触れると、 水をはじかなくなって気門がふさがれてしまい、窒息します。 めんつゆトラップってふざけているような気がしますが、 原始的で理にかなった罠だったんです。 めんつゆトラップの作り方! それではめんつゆトラップの作り方を紹介します ・必要なもの• 容器に水を1~3㎝ほど入れる• そこにお酢またはめんつゆを加える• 洗剤を5滴ほど垂らす• コバエがわいてくる所の近く 3角コーナーやゴミ箱の近く に置く• 1週間ほど放置 コバエの卵が孵化するまでに一週間~10日ほどかかるので、 1週間ほど置いておくと新しく孵化したコバエも全滅させられます。 お酢、めんつゆの量は 適量で大丈夫です。 発生源の臭いが強い場合は多めに入れると、コバエが寄ってきやすくなります。 動画で分かる! めんつゆトラップの作り方 結構ゴミの量がひどく溜まっていてコバエがわいた時は、 1週間ほどめんつゆトラップを置いておいたら全滅してました。 めんつゆトラップをずっと置いておくと、外からコバエを逆に呼んでしまいます。 必要がなくなったらトイレに流すなり処分します。 駆除が終わっても2度とコバエが出ないようにコバエ対策をしておきましょう!

次の