ポケモン 剣 盾 ウオノラゴン。 【ポケモン剣盾】ウオノラゴンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾S2】追い風Wラゴンの可能性【構築記事】

ポケモン 剣 盾 ウオノラゴン

ウオノラゴンの育成論 ウオノラゴンの育成論はこのようになります。 性格:いじっぱり or ようき• 特性:がんじょうあご• 持ち物:こだわりハチマキ or こだわりスカーフ• 努力値:A252 D4 S252• 実数値:• ウオノラゴンのエラがみは先制を取らなければ弱い技ですが、倍率も高いため攻撃に補正をかけたいという面もあり悩ましいところです。 最速スカーフでもドラパルトは抜けないため、基本的には意地っ張りでいいかと思います。 環境にその間に属する素早さのポケモンが多かったり、どうしても抜きたい仮想敵がいるときは最速にすると良いでしょう。 特性はがんじょうあごを選ぼう! ウオノラゴンの特性は『ちょすい』『がんじょうあご』となっており、夢特性である『すなかき』については2020年1月現在は未解禁となっています。 持ち物はこだわりハチマキ、こだわりスカーフがおすすめ! ウオノラゴンはエラがみだけ撃っていれば強いポケモンなので、こだわり系と相性が良いです。 持ち物によって立ち回りも少し異なっていて、拘り鉢巻の場合には、強く出れる相手に対して繰り出し、交代先にも大きく圧力をかけていく動きとなっていきます。 拘りスカーフを採用すると戦える範囲が大きく広がるのもありますが、相手を消耗させた後の掃除役としての活躍も期待できることでしょう。 努力値はASぶっぱでOK! 努力値は基本的にASベースでいいでしょう。 耐久調整を施すのも全然ありなポケモンなのですが、ウオノラゴンは攻撃も素早さも落としたくないので、難しいところです。 もし、耐久調整するのであれば以下のような形になると思います。 性格:意地っ張り• 持ち物:拘り鉢巻• 努力値:H60 A244 B20 D4 S180• A187命の珠ドリュウズのダイアース 威力130 確定耐え• A161アイアントのダイワーム 威力130 確定耐え• ダイマックス時、A172命の珠ドラパルトのダイドラグーン 威力140 確定耐え• ダイマックス時、C152命の珠ドラパルトの流星群確定耐え 最低限、準速のギルガルドやバンギラス、素早さ微振りのロトムらを抜ける114はほしいところで、今回は準速のペリッパーや最速カイリキーまで抜ける118の素早さを確保することにしました。 ドリュウズを見れるのは嬉しいですが、ミミッキュはどのみち厳しいので、ここまでする価値があるかは微妙なところです。 おすすめの技 ウオノラゴンのおすすめの技を紹介します。 エラがみ エラがみを覚えるのがウオノラゴンを使う理由になるといっても過言ではないくらいの専用技です。 先制を取れれば威力170の大技になるので、採用しない理由はありません。 こおりのキバ 頑丈顎の補正を受けられ、エラがみの通りにくい草やドラゴンタイプのポケモンに有効な技です。 げきりん 威力120でタイプ一致なので、頑丈顎は効かないものの普通に強い技です。 ダブルでは使いにくいので、他のドラゴン技も一考の価値がありますが、ダイマックス時以外はエラがみを選択することがほとんどだと思われるので、ダイマックス前提でげきりんで良いでしょう。 サイコファング 頑丈顎の補正を受けられ、壁対策としても有効な技です。 かみくだく 通りの良い悪タイプの技で、頑丈顎の補正を受けられるのが嬉しい技です。 ねごと 「どうせエラガミしか使わない!」という人は、技を『エラがみ』と『ねごと』だけにすることで催眠対策も可能です。 寝言で選ばれない技として、『ダイビング』も一緒に採用しておくと、PPが切れた際に役に立つことがあるかもしれません。 ウオノラゴンの対策 ウオノラゴンはエラがみ以外大したことないので、「エラがみをどう防ぐか?」といった視点で対策を考えていきましょう。 ウオノラゴンの上をとる ウオノラゴンは陽気でも素早さ139とそれほど早くはありません。 スカーフウオノラゴンであっても、ドラパルトであれば普通に抜けますし、素早さ種族値76以上のポケモンであれば、スカーフを持たせることで抜いていくことができます。 スカーフ持ちには上を取られてしまうとしても、140〜の素早さを確保しておいて鉢巻持ちには抜かれないようにしておくのも重要だと言えます。 エラがみは先制を取らなければ威力は倍増しないので、上を取るのが一番の対策になるでしょう。 ドヒドイデや威嚇ギャラドスのような高数値のポケモンであれば、半減でも受けることが可能です。 どの型であっても受けれて、返しの技まで持ち合わせている ラプラスは、特に強力な対策となるでしょう。 まとめ ウオノラゴンは、先制を取れないと弱いポケモンなのですが、素早さもそこまで高くないためスカーフを持つことで動きやすくなります。 鉢巻をもたせて受けを崩していくのも強い動きになるので、相手にしたときには読み間違えないように注意する必要があるでしょう。 受けること自体は難しくないですが、弱点も少ないポケモンなので有利対面を作ることは難しいです。 繰り出すポケモンは再生持ちの耐久ポケモンや積み技持ちが望ましいでしょう。 ダブルだとサポートしてあげる動きも強いので、是非試してみてください。

次の

【ポケモン剣盾】化石ポケモンの復元方法とおすすめ【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン 剣 盾 ウオノラゴン

初めまして。 とっきーと申します。 剣盾シーズン2おつかれさまでした。 かわいいをパーティにいれて、最終順位が539位という結果を出すことができました。 誰かの参考になればと思い、構築記事を書いてみることにしました。 【構築経緯】 ウオノラゴンの鉢巻エラがみの高火力を押し付けてイーウィンをしやすいようなパーティにしようと考えた。 そのために、といやしのねがいが使え、切り返しができるを採用。 また、ダイジェットが使えてバトンタッチでSを引き継げるを採用。 ここで、がっぽい動きをしているので、的な炎枠と鋼枠が欲しくなり、とジュラルドンを採用。 最後に対や水技無効特性を持つに対する対抗策としてを採用しパーティが完成しました。 を使う関係で最速の必要がありません。 しかし、通常時も早い方が良いので、最速を抜けるように調整しました。 はエラがみを使いづらい時に、は壁破壊や他の技が使いづらい時に使っていました。 はックスをしたときに相手のSを下げるために採用しました。 使う機会はそこそこあったので、アリだと思います。 大抵の攻撃は一発は耐えてくれるが、二発は耐えない。 死に出しすることが多かったように思う。 カシブのみはドラパルトやが環境に多いので、ゴースト技を耐えてくれるように持たせた。 主な仕事は、して、いやしのねがいをして、消耗した仲間を復活させることです。 状況次第では、からサイキネを打って様子をみたり、で回復しながら粘ってみたりと、器用な動きができました。 使用してみて一番意外だったのは火力が無振りでもそこそこ出る点です。 相手のパーティ次第ですが、ックスして、サイコフィールドを貼りながらダイサイコでフィニッシャーとして活躍した試合がいくつかありました。 もともと、この枠はだったが、対にそこまで性能を発揮せず、また、がこのパーティに刺さっていたので、それに対するとして採用された。 持ちなので一撃技も怖くない。 また、との連携もハマり、中のエースとしても大活躍した。 ックスエースです。 ダイジェットして上昇したSを後続に引き継ぐのが仕事です。 ックス時に急所に当たったときの火力は凄まじいものがあり、だけで相手のパーティが半壊することがよくありました。 先発で出して、すぐさまダイジェットすることが多かったです。 「50%急所って弱そうだな」と思っていましたが、使ってみたら純粋に強いでした。 強者のの型を採用しました。 じならしを採用したのが異なる部分です。 これによってSを下げながら、次のターンに上から攻撃できるようになりました。 に対して、化けの皮を剝がしながらSを下げる動きは強かったです。 耐久もあり、使いやすかったです。 ( 他人の調整パクってばっかだな) 強者のジュラルドンの型を採用しました。 異なる部分はCの数値を少し下げて、Sに振りました。 (Dはあまり) これによって、Sが+1で最速が抜けるように調整しました。 のじならしとも相性がよかったです。 みがわりは、や、といったに刺さりやすく戦術を有利に運ぶ意味で使える技でした。 ウオノラゴンが物理のエースなら、ジュラルドンは特殊のエースだ! …と思って採用しましたが、環境のの多さや、と鋼枠が重複しているのであまり選出できませんでした。 ただ、対害悪に対しては十分な働きを見せてくれました。 選出率:6位(約25%) 【選出】 基本的に先発で出すのは、 、 、 ウオノラゴンのどれか。 どのを相手パーティに一貫させたいか、ということを考えて選出していた。 例えば、ウオノラゴンが刺さっていると思えば、先発(ックスでSをあげてバトンタッチ)+ウオノラゴン+(消耗したウオノラゴンを回復させる) のような並びになっていた。 これといって選出が決まっていたわけではないが ドラパルト の対面構築のパーティには、 ジュラルドンを出すと決めていた。 まず初手のドラパルトには、がックスして、ダイジェット+ダイフェアリーで倒す。 (初手ダイフェアリーは弱点保険を発動させて負けになる) 次に、出るはどっちでもよくて、が一発殴ってから、を出してorを使って倒す流れになります。 対はじならしを入れるとさらにいいです。 ジュラルドンはおまけみたいなものです。 (念のため対として持っていく。 ) 【辛かった】 こいつをどう処理するかが、勝負のすべてを決める。 が相手にいるだけでウオノラゴンを出しづらくなり、も貴重なックスターンを1つ消費する。 だけが後出しで上手く処理できる感じです。 出し負けしたら、終わり。 のいかくでごまかすか、が上から殴れるような状態にしておくのが対処法だと思われます。 のでんじはを当てるのが現実的かも。 の申し子。 ウオノラゴンならHB特化でも半分は削れますが、トーチカ持ちだと、ウオノラゴンに対する消耗が激しくなります。 こいつに対してはジュラルドンでみがわりして、を視野に入れた対応をするしかありませんでした。 【まとめ】 シーズンといわれたシーズン2でしたが、このパーティはで勝負が決まることが少なかったです。 個人的にはサクサク対戦ができて心地よかったです。 いやしのねがいの仕様変更など、知っておかなくてはならないことも多かったですが、いやしのねがいとかバトンタッチとかの動きがハマったときはとても愉快でした。 ただ、が初手ックスする影響で、相手の動きを後半止められなくなるケースが多々あり、それが負けにつながることが多かったのが反省点です。 来期もこのパーティを洗練させていくかは分かりませんが、最終2桁順位をめざしてがんばっていきたいと思います。 ご覧いただきありがとうございました。 tokkypoke.

次の

【剣盾S2シングル】鉢巻ウオノラゴンとムシャーナ入りS操作【最終539位】

ポケモン 剣 盾 ウオノラゴン

【ポケモン剣盾考察】ウオノラゴンについて考える【ネタバレ・都市伝説】 こんにちは 44 です。 ネタバレを含むのでネタバレ嫌な方は記事を読まないことをおすすめします。 やってますか? 今回は今作ポケモン剣盾のウオノラゴンについての記事です。 ウオノラゴンは今作におけるカセキポケモン枠 ウオノラゴンは今作におけるカセキポケモン枠(プテラとかカブトとかオムナイトみたいな)なんですが、今までのカセキポケモンと違って• カセキのトリ• カセキのクビナガ• カセキのリュウ• カセキのサカナ という4種類のポケモンのカセキから復元します。 (ちなみにカセキの簡単な入手方法は、のスキルが高い方に依頼することで入手しやすいのでおすすめです。 ウオノラゴンのカセキはシールドの方が出やすいです。 ) しかもこれは上半身下半身それぞれしかないので、どのように組み合わせても「異形」ができあがってしまうというトンデモ仕様です。 個人的には上下組み合わせて4種類っていうのは面白いと思ったものの、復元されるポケモンのデザインがカオスすぎて一瞬ポケモン剣盾の購入をちゅうちょしたレベルです。 こんな見た目なのでちまたでは「カセキメラ」なんて言われています。 カセキのサカナ+カセキのリュウ=ウオノラゴンとなります。 ウオノラゴンは尻尾の先に頭が乗っている? ご覧の通りウオノラゴンは 尻尾の先っちょに頭が結合されている という凄まじい見た目をしています。 しかも胴体のところは思いっきり断面図になってるんですね。 ウオノラゴンの図鑑説明 ウオノラゴンの図鑑No. は全国で882番、ガラル地方では376番となっています。 ウオノラゴンの図鑑説明をみてみましょう。 ずばぬけた きゃくりょくと あごの ちからで こだいでは むてきだったが えものを とりつくし ぜつめつした。 じそく60キロを こえる じまんの きゃくりょくで はしれるが すいちゅうでしか こきゅうできない。 無敵すぎて絶滅した• あごのちからがすごい• 時速60キロ以上で走れる• 水中でしか呼吸できない ということがわかりますが、すさまじくちぐはぐな図鑑説明です。 水中でしか呼吸できないのに陸上で走れるということで、図鑑説明も無理やりこじつけた感がすごいですね。 もしかするとカセキポケモンの図鑑説明は復元した人が適当に作った文章なのかもしれません。 ウオノラゴンは生命の冒涜? ウオノラゴンのフォルムがリークしてから、「こんなのは生命の冒涜だ!」みたいな人が湧きました。 たしかにこれまでなかったあからさまな「異形」ですよね。 ポケモンに何が起こったのでしょうか。 メッセージ性でも込められてるのでしょうか。 公式見解は一切出てきていませんが、メッセージ性があるとしたらどんなものでしょう。 最近は遺伝子組み換えも発展して、デザイナーベイビーなんかも作られ始めていますよね。 なので、1つはそういった遺伝子組み換えに対する1つの警鐘なのかもしれません。 あまりやりすぎると「異形」を生むぞ、というものですね。 もしくは逆に、今後遺伝子組み換えによって生まれたものが「異形」だとしてもそれが生き物なのであれば、生まれた後は気持ち悪がらずにウオノラゴンのように可愛がってあげてほしい、というメッセージかもしれません。 もしくは、僕たちが正しいと思っていることは実はこのウオノラゴンのように「めちゃくちゃなこと」なのかもしれない、そんなことを「正しい」と思っているのは愚かしい、ということを強烈に皮肉っているポケモンなのかもしれません。 人類が地球は平面と思って疑わなかったときもそうですし、実際僕たち人類もまさに化石でウオノラゴンのようにめちゃくちゃなことを「正しい」と思っていたこともあるそうです。 ウオノラゴンのフォルムは実在した復元ミスが元ネタ ウオノラゴンの頭は約4億年前に実在したとされる「」をモチーフとしているとされています。 ウオノラゴンはダンクルオステウス+ティラノサウルスのようなしていますが、復元ミスはむしろカセキのクビナガのモチーフであろうエラスモサウルスにて起こっています。 当時首長竜という存在が信じられないものだったためか、アメリカの古生物学者であるさんが、の復元時に尻尾の先に頭をつけて「これいい感じじゃね?」と復元ミスをしています。 このエピソード自体がもしかすると今回のカセキメラのカオスな復元の仕組みのモチーフとなっているのかもしれません。 実際カセキのクビナガはウオチルドンの復元の際に下半身としてエラスモサウルスらしき風貌をしています。 ちなみにウオノラゴンなどカセキメラたちの復元は、具体的にどのポケモンたちが元になっているのかについて考察している方もいて、これが非常に興味深い内容となっています。 ガチゴラス• アマルルガ• エレザード• ブロスター のカセキではないか、ということです。 また、ちぐはぐで生存戦略の真逆を行き絶滅にむかっていくようなカセキメラたちの図鑑説明から、「太古の昔に人に兵器として作り出されて、繁殖しないように命の制限をかけるためにあえてそのような生態になっている」というニュアンスのダークな考察もされていました。 ウオノラゴンに中毒性を示す人が続出? さて、このように異例の異形なカセキポケモンのウオノラゴンですが、激しい嫌悪感を抱く人と対照的にアンニュイなその風貌からか中毒性を持つ人が出てきているのも事実です。 ウオノラゴンがめちゃくちゃ好きそうな人もいました。 実はウオノラゴンはその見た目とは裏腹に、図鑑説明の通りに「無敵」の名に恥じない強さを持っています。 そのことから、厳選して育てていくうちに愛着が湧き始めている人もいるみたいです。 ウオノラゴンはランクバトルで最強? 「無敵」という図鑑説明のとおりウオノラゴンはランクバトルで猛威を振るっています。 というのも、• 特性:がんじょうあご(かみつきわざの威力1. 5倍)• わざ:エラがみ(威力85だが先制できれば威力2倍の水物理技)• ウオノラゴンのタイプ:水・ドラゴン(水のタイプ一致技の威力1. 5 に跳ね上がります。 さらにバフを重ねたバトンタッチなどで攻撃バフを引き継いだり、あまごいのあとでは、 すべてのポケモンを一撃で屠ることが可能 といわれるまさに無敵性能を誇っています。 しかもタイプが水・ドラゴンという「パルキア」のような伝説級ポケモンと同じで、ドラゴンとフェアリーしか弱点がないという強力なタイプの組み合わせになっています。 元ポケモン世界王者が今作のカセキメラに物申していたのではっておきますね。 それほどにバグった能力をもっています。 しかも隠れ特性(夢特性)として「すなかき」を持っていることが判明しています。 より先制攻撃しやすくなるこの特性が解禁されたときには、一層ウオノラゴンがランクバトルにたくさん現れることになるかもしれません。 ちなみに「」で紹介したレイド周回のムゲンダイナとならんでウオノラゴンによるレイド周回もみられるようになってきています。 ぜひウオノラゴンを使ってレイド周回で遊んでみてはいかがでしょうか。 無敵のウオノラゴン対策 無敵と思われるウオノラゴンですが、実はすでに対策がいくつか生まれています。 特性「ちょすい・かんそうはだ」による水技の無効化• デバフや強制退場によるバフ解除• 鈍足パーティ+トリックルームによる先制性能無効化 など、これだけ強力なポケモンですから十分に対策が取られていくでしょう。 それでもその一撃はスキを見せれば一瞬でもっていかれるほどの強さを見せ続けるのではないでしょうか。 まとめ:【ポケモン剣盾考察】ウオノラゴンについて考える【ネタバレ・都市伝説】 いかがでしたでしょうか。 一見してカオスなカセキメラポケモンたちですが、ずっと見ていると可愛く見えてくる。。。 かも? では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 「」の記事もどうぞ 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の